色留袖イメージ

【着物のプロが監修】結婚式のお呼ばれ、留袖と訪問着の違いと選び方

はじめに

着物文化は、日本の伝統的な美を体現し、特別なイベントや祝いの日に広く着用されています。中でも、訪問着留袖は、結婚式や披露宴、入学式、卒業式など、さまざまな格式のある場面で着られる代表的な着物です。これらの着物にはそれぞれ異なる特徴や適したシーンがあり、正しい選び方や着こなし方を知っていることが重要です。

本記事では、訪問着と留袖の基本的な知識から、着物の選び方、着付け、マナーに至るまで、着物初心者の方にも分かりやすく解説します。

着物としての「訪問着」と「留袖」の基本知識

日本の着物は、その種類が豊富で、留袖や訪問着、振袖などがあります。留袖は、格式の高い場面にふさわしく、訪問着は留袖よりもややカジュアルな場面で人気です。色や柄、着物の種類を選ぶ際には、着る場面や季節、年齢、自身の体型に合わせて選ぶことが大切です。

訪問着と留袖の基本的な違い

着物は、日本の伝統的な服装として、多くの人々に親しまれてきました。中でも、訪問着と留袖は、多くの女性が特別なシーンで選び、着用する着物として知られています。両者は一見似ているように感じられるかもしれませんが、実際には多くの違いがあります。以下にそれぞれの違いをまとめました。

訪問着の特徴
訪問着は、留袖よりもややカジュアルな場面に着られる着物です。一般的に地色は明るく、袖や裾に華やかな模様が配されています。袖丈は比較的短く、上半身に幅広く模様が広がっています。訪問着は、特に未婚の女性や若い女性に人気があります。

留袖の特徴
留袖は、特に結婚式や披露宴などのフォーマルな場面で着られる着物です。黒や濃い色の地に色鮮やかな模様が描かれています。留袖は、披露宴や入学式、卒業式、七五三など格式のあるイベントに着用されることが多く、新郎新婦の親族として着られることが一般的です。

この章では、訪問着と留袖の違いをより明確にし、それぞれの特徴や適したシーンを紐解いていきます。

色やデザインでの見分け方

訪問着と留袖には、それぞれ色やデザインに特徴があります。それぞれの見分け方を紹介します。

訪問着の色とデザイン

訪問着は、色鮮やかな模様が施されることが多いです。上半身、特に胸元や裾にかけての模様が特徴的で、華やかな絵羽模様や古典的な柄が多く用いられます。訪問着は、華やかで正装として位置づけられることから、高い格式のある場面からカジュアルなシーンまでの着用に対応しています。

留袖の色とデザイン

留袖は、無地のものから色とりどりの柄まで、さまざまなデザインがあります。特に、黒留袖は格式の高い場面でよく選ばれ、その他のいわゆる色留袖は少しカジュアルな場面でも着用されます。柄は、袖や裾に集中して描かれます。色は、年齢やシーンに応じて選ばれ、若い女性は明るい色を、年配の女性は落ち着いた色を選ぶことが一般的です。

左が黒留袖、右が色留袖。

紋の数と位置での特徴

着物に紋を入れることで、着物の格を上げ、よりフォーマルな場面での着用にふさわしい着物にできます。しかし、訪問着と留袖では、入れられる紋の数が異なるので注意が必要です。

訪問着の紋の特徴

訪問着は、略礼装と呼ばれる格の和装です。訪問着に紋を入れると格が上がり、よりフォーマルな場面にふさわしい着物になります。通常、訪問着は一つ紋が入れられます。一つ紋の場合は背縫いの中央に配置され、格式を示すものとして位置づけられています。紋のデザインは、家紋を入れるのが一般的です。

留袖の紋の特徴

留袖には、黒留袖と色留袖があり、黒留袖は最も格の高い着物です。留袖には最大五つ紋まで入れられます。紋の位置や数は、背縫いの中央袖の後ろの3か所、または、背縫いの中央、袖の後ろ、両胸の5か所に配置されます。

それぞれの着物の格と場面

訪問着と留袖はそれぞれ格が異なるため、最適な着用シーンも異なります。それぞれの格や着用シーンについて紹介します。

訪問着の格と場面

訪問着は、留袖よりもよりもややカジュアルなシーンでの着用が一般的です。結婚式や披露宴はもちろん、入学式や卒業式、七五三、宮参りなど、さまざまな場面での着用が考えられます。未婚の女性が着る場合、友人の結婚式などのカジュアルな場面での着用が多いです。

留袖の格と場面

留袖は、格式の高い場面での着用が一般的です。結婚式や披露宴、特定の式典や慶事など、フォーマルなシーンでの出席を想定しています。特に新郎新婦の親族として結婚式に参列する際などは、留袖が適しています。

訪問着と留袖は、それぞれ異なる特徴と魅力を持つ日本の伝統的な衣装です。正しい知識を持つことで、シーンに合わせて適切に選び、美しく着こなしましょう。

訪問着と留袖の着用シーン

日本の伝統的な着物である訪問着と留袖は、それぞれ異なるシーンや場面で着用されます。正しい選び方を知ることで、着物の魅力を最大限に引き立てることができます。以下では、訪問着と留袖、そして振袖との比較について、それぞれの着用シーンについて詳しく説明します。

訪問着が適しているシーンとは

訪問着は、留袖よりもややカジュアルな場面で着用されることが多いです。以下のようなシーンで留袖が適しています。

  • 結婚式や披露宴:親族や友人として結婚式や披露宴に出席する際、訪問着は格式のある選択です。特に新郎新婦の親族として、堅苦しさを感じさせない格式を持っています。
  • 入学式や卒業式:お子さまや孫の入学式や卒業式、高校や大学の卒業式など、学校関連のイベントでの着用に適しています。格式がありつつも、ややカジュアルな雰囲気が魅力です。
  • 七五三や宮参り:お子さまの成長を祝う七五三や、お宮参りの際にも、留袖は適しています。親御さんや祖母、親戚としての参加時に選ばれます。

アンティークきものレンタルゆめやから、シーンごとにおすすめの訪問着をご紹介します。

結婚式や披露宴に参列される方におすすめの訪問着です。「藤紫色と中紅色のぼかしに春秋花柄の訪問着」藤紫色と中紅色のぼかしに、柔らかな色合いで花々を描いた華やかな絵柄です。百花繚乱の艶やかなデザインで、結婚式という晴れの場に華やぎを添えます。合わせる帯によって、さまざまな季節にお召しいただけるのも魅力です。

入学式や卒業式におすすめの訪問着です。「手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着」ぼかしを入れたブルーグレイの地に、手描き友禅で小花を描いた上品な絵柄です。気品ある色柄により、厳かな学校行事にも安心してお召しいただけます。

七五三や宮参りにおすすめの訪問着です。「手描き友禅桜や桐、花の本の蜂蜜色の訪問着」濃いベージュ色地に桜や桐、千代紙などを描いた上品ですっきりとした柄ゆきです。ほどよい華やぎがあり、お祝いの場にピッタリです。

訪問着は、留袖よりも地色が明るく、柄も華やかなデザインが多いです。格式がありながら、ややカジュアルな場面でも違和感なく着用できます。

留袖を着るべき披露宴や場面

留袖は、格式の高い場面や特別な儀式、祝い事などで着用されることが一般的です。以下のようなシーンで訪問着が適しています。

  • 結婚式や披露宴:親族や近しい関係者として結婚式や披露宴に出席する際に、留袖はふさわしい選択です。特に新郎新婦の親族として、格式ある着こなしを求められる場合に選ばれます。
  • 入学式や卒業式:お子さまや孫の入学式や卒業式など、学校関連のイベントでは、訪問着が適しています。親御さんや祖母として、格式の高い着物で出席することが一般的です。
  • 七五三や宮参り:お子さまの成長を祝う七五三や、お宮参りの際にも、格式のある訪問着が着用されます。親御さんや祖母、親戚としての参加時に選ばれます。

留袖は礼装であるだけに、どうしても着用機会が限定されます。結婚式や披露宴で留袖を着用する方の立場やドレスコードを保ちながら、さりげなく遊び心をプラスできるコーディネートをご紹介します。

左「大彦と龍村の組み合わせ、五つ紋付黒留袖」、右「牡丹の大彦に鶴松扇の龍村の帯、三つ紋付色留袖」。こちらの留袖は、実は同じ絵柄で仕立てられた非常に珍しいものです。結婚式・披露宴でお母様は一番格の高い黒留袖、ご親族は控えめな色留袖でコーディネートすると大変おしゃれですよ。このような特別感のある着こなしを楽しめるのも、多様な留袖を取り揃えているゆめやならではの魅力です。

留袖は、黒や濃い色調の地に鮮やかな模様が描かれており、堂々とした雰囲気を持っています。格式の高い場面での着用に適しています。

振袖との比較:どの晴れ着をいつ着るべきか

振袖は、若い女性が成人式や結婚式などの特別な行事で着用する着物です。振袖は華やかな色や柄、刺繍が特徴的で、一般的に未婚の女性が着用します。一方、訪問着や留袖は既婚者や親世代の女性にも広く着用されます。

  • 振袖の着用シーン:成人式や結婚式の二次会、結婚式の披露宴など、特別なイベントで若い女性が着用します。鮮やかな色や華やかな柄が特徴で、華やかな場面での着用が適しています。
  • 訪問着と留袖の着用シーン:留袖は格式の高い場面で、訪問着はややカジュアルな場面で着用されます。親族や親世代の女性は、結婚式や披露宴、入学式や卒業式など、格式のある場面で訪問着や留袖を選ぶことが一般的です。

振袖は若さを活かした華やかな着物であり、特別なイベントでの着用にふさわしいといえるでしょう。一方、訪問着と留袖は、格式の高い場面での着用が求められる伝統的な着物として、幅広い世代に愛されています。

訪問着と留袖の着付けのポイント

訪問着と留袖では、着付けのポイントが異なります。それぞれの着付けのポイントを紹介するので、着用する際は参考にしてください。

基本的な着付け方法の違い

訪問着と留袖、それぞれの着付け方法には微妙な違いがあります。

まず、留袖の着付け方法をご紹介いたします。留袖は格式の高いシーンで着用されることが一般的です。まず、着用する人の身長や体型に合わせて着物を選びます。袖丈や着丈、裾の長さなどがぴったりと調整されていることが重要です。袋帯や帯揚げ、帯締めも、留袖の色や柄に合わせて選びます。特に、帯結びは、華やかさや格式感を引き立てるポイントです。留袖は通常、振袖よりもおとなしい色や柄が選ばれ、結婚式や披露宴、宮参りなどのフォーマルな場面で着用されます。

一方、訪問着の着付けは、振袖と留袖の中間的な格式を持つ着物です。訪問着は留袖ほど厳格ではなく、カジュアルな場面から格式の高い場面まで幅広く着用されます。留袖の着付けでは、帯結びや帯揚げ、帯締めの選び方に工夫が凝らされます。帯結びのバリエーションは多く、シンプルな結び方から華やかな結び方まで、着る人の好みや場面によって選べます。訪問着の柄や色に合わせて、帯や小物の色を調和させることが、おしゃれな着こなしのポイントです。

帯や帯揚げ、帯締めの合わせ方

訪問着や留袖を着る際には、帯や帯揚げ、帯締めの組み合わせが重要です。留袖の場合、格式の高い場面では、帯や帯揚げ、帯締めが華やかなものが選ばれます。帯結びも緻密で凝った結び方が求められ、おしゃれのポイントとなります。また、訪問着の着付けは、カジュアルな場面ではシンプルな帯や結び方が選ばれることが一般的です。留袖や訪問着の柄や色に合わせて、帯や帯揚げ、帯締めを選ぶことで、バランスの取れた着こなしを楽しめます。

礼装である留袖に合わせる小物には、ある程度決まりがあります。帯は金銀糸が入った織りの袋帯を二重太鼓に締め、帯揚げと帯締めは白、バッグと草履は金色が基本です。帯には金銀の末広を挿します。一方、訪問着は着用するシーンや合わせる小物によって、幅広い着こなしを楽しめます。結婚式に着用するなら織りの袋帯を合わせて格調高く装いますが、おしゃれ重視なら名古屋帯を合わせてカジュアルな装いを楽しんでも問題ありません。ゆめやでは着物に精通したスタッフが、シーンに合わせた着こなしをサポートいたします。

半衿や長襦袢の選び方

訪問着や留袖の着付けには、半衿や長襦袢も欠かせません。半衿は着物の衿元を整え、衿芯(えりしん)と呼ばれる硬めの芯を使って、着物の衿元を美しく保ちます。訪問着や留袖の場合、半衿の色や柄は、着物の柄や色に合わせることが一般的です。長襦袢は着物の下に着る肌着で、着物の汚れを防ぎ、足さばきをよくしたり、保温したりする役割があります。訪問着や留袖の場合、長襦袢は着物と同じ長さのものを選び、裾の長さを調整することで、着物姿が美しく見えること間違いありません。

着物の魅力を最大限に引き立てるためには、着付けの細部にまで注意を払うことが大切です。華やかさや格式感を引き立てつつ、着る人の魅力をより一層引き立てる着付けを心掛けましょう。

訪問着と留袖のレンタルについて

近年、訪問着や留袖のレンタルに人気が集まっています。この章では、レンタルを利用する際に知っておきたいポイントを紹介します。

レンタルのメリットと注意点

訪問着や留袖のレンタルは、手軽に高品質な着物を着用できるというメリットがあります。留袖は格式の高い場面に、訪問着は格式のある場面やカジュアルシーンにぴったりです。レンタルサービスは、あらかじめ用意された豊富な品揃えから自分の好みに合ったものを選びます。サイズや着付けもプロのスタッフにお願いできるため、着用する際の手間や心配を軽減してくれます。

ただし、注意点としては、レンタル料金には、クリーニング代やアクセサリー、草履、バッグなどのレンタル料金が含まれているかを確認することが重要です。また、事前に予約をしっかりと行い、レンタル期間や返却方法についても理解しておきましょう。

相場や選び方のポイント

訪問着や留袖のレンタル料金は、デザインや品質、レンタル期間によって異なります。一般的に、格式の高い留袖は訪問着よりも高額です。また、特別な柄やデザイン、素材によっても価格は変動します。選ぶ際には、自身の予算や着用するシーンに合わせて適切なものを選ぶことが大切です。

選び方のポイントとしては、自身の体型に合った着物を選ぶことが挙げられます。着物のサイズや着付けがきちんとされていることで、着用時の美しさが引き立ちます。また、柄や色合いも自分の肌色や髪の色に合ったものを選ぶと、より魅力的に着こなせます。

着こなしの楽しみ方

着物のレンタルは、特別なイベントや儀式、結婚式などの格式の高い場面での着用の際に利用するのが一般的です。着物を着ることで、日本の伝統文化や、着物の美しさ、格式に触れられます。また、特別な日に特別な装いをすることで、自身の自信や気品も引き立ちます。着物の繊細なデザインや色彩、帯の結び方など、着付けやアクセサリーの選び方も楽しみの一つです。

また、着物は日本の伝統文化を体験するだけでなく、周囲の人々とのコミュニケーションを豊かにする手助けともなります。格式のある場面で着物を着用することで、他の着物愛好家と交流する機会も増え、新しい友人やビジネスのパートナーとの出会いが広がることでしょう。

訪問着や留袖のレンタルは、日本文化を身近に感じる素晴らしい機会であり、特別な日をより特別なものにできます。それぞれの人生の節目に、着物を通じて素晴らしい思い出を作れるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、大正から昭和に作られたアンティークを中心に多彩な着物をご用意しています。着物の仕入れからお直しまで、すべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。帯や草履、バッグといった小物類もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでレンタルしていただけます。また、ゆめやのレンタルなら着用後のお手入れや保管の心配もありません。着物を脱いだら、当日中に専用伝票で返送していただくだけでお片づけ完了です。コーディネートから面倒な後片づけまで、レンタルならではの気軽さで心ゆくまで着物をお楽しみください。

訪問着と留袖を選ぶ際の注意点

この章では、訪問着や留袖を選ぶ際の注意点を紹介します。色やデザイン、どんな着物にするか悩んでいる人は、参考にしてみてください。

色やデザインで間違えない選び方

訪問着や留袖を選ぶ際、まず考慮するべきは色やデザインです。色選びは、着用する場面や自身の肌色、年齢に合わせて行うのが基本です。たとえば、結婚式や披露宴などの華やかな場面では、明るい色や派手な柄を選んでも良いでしょう。しかし、新郎新婦の親族として出席する場合、格式の高い装いが求められます。格式の高い場面では、地色が黒や淡い色のものを選ぶと、上品に見えます。

デザインの選び方については、シンプルなものから繊細な模様までさまざまです。自分の好みや着る場面を考慮して、適切なものを選びましょう。また、黒留袖は五つ紋が入っていることが多いので、紋のデザインや位置にも注意を払いましょう。

専門家や知り合いからのアドバイスを知ろう

着物選びは、初めての方には難しいと感じることもあるでしょう。その際は、専門家や知り合いのアドバイスを活用するのがおすすめです。特に、着物の専門店やレンタル店では、経験豊富なスタッフがサポートしてくれます。自分の体型や好み、予算などを伝えることで、最適なアドバイスを受けることができます。

また、知り合いや親戚が着物に詳しい場合、より気軽に相談できるでしょう。

ゆめやではお選びいただいた着物に合わせて、熟練のスタッフが帯や小物をコーディネートしてお届けいたします。格調高い伝統的な装いから、現代的な要素を取り入れたモダンな装いまで、多彩な着こなしをお楽しみいただけます。

着る時の気持ちや着ようとする気持ちを大切に

着物を選ぶ際、最も大切なのは、自分自身の気持ちを大切にすることです。着物は、ただの服ではなく、日本の伝統文化や自分自身の気持ちを表現するものです。だからこそ、自分が着たいと思うもの、自分らしさを感じるものを選ぶことが大切です。

もちろん、場面やマナーに合わせた選び方も必要ですが、それだけではなく、着る時の気持ちや、自分らしさを感じられるものを選ぶことで、着物を着る楽しみや喜びを感じられるでしょう。着物は、自分を美しく見せるためのものだけでなく、自分の心を豊かにするものです。そのためには、着物を選ぶ際の気持ちを大切にして、自分らしい着物選びを楽しむことが大切です。

まとめ

訪問着留袖は、日本の伝統的な着物でありながら、それぞれ異なる特徴と適した着用シーンを持っています。訪問着は、華やかな柄や明るい色合いが特徴で、結婚式や披露宴、格式の高いパーティーなどの華やかな場面で着られます。一方、留袖は、落ち着いた色合いや繊細な紋が特徴で、神社や寺院への参拝やお宮参り、お食い初めなどの格式ある場面で着られます。より格式の高い黒留袖には五つ紋が入っており、格式の高さがより際立っています。

着物選びや着付けには多くのポイントがありますが、正しい知識を持つことで自信を持って着こなせます。適切な色や柄、着用する場面を理解し、専門家や知識のある人からアドバイスを受けることで、自分に最適な訪問着や留袖を選べます。また、着付けや小物の使い方にも注意を払い、マナーや伝統に則った着こなしを心掛けましょう。

訪問着と留袖は日本の伝統文化を体現した美しい着物であり、正しい知識と理解を持って着用することで、その魅力を最大限に引き立てられます。自信を持って、伝統と格式ある日本の美を堪能してください。

〈参考記事〉
https://sakuto.jp/kimono-column/tomesode-houmongi-chigai/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

宝船・松竹梅に鶴が舞う黒引き振袖【fuh04】

【初心者向け】振袖と引き振袖、どう選ぶ?成人式と結婚式の和装選択ガイド

はじめに 振袖と引き振袖の基本的な違い 日本の伝統的な衣装である振袖と引き振袖。これらは見た目が似ているため同じものとして見られがちですが、実はそれぞれに独特の特徴と使い方があります。まず、振袖は主に未婚女性が着用する正 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!