セットでお得な婚礼・ご両親プラン(計2着)【set06】

留袖レンタルの決定版!小物セットから選ぶ黒留袖の品質とスタイルガイド

はじめに

留袖レンタルの基本

留袖は、特別な日の装いとして長い間日本の女性たちに愛されてきました。留袖は、結婚式や重要な式典など、フォーマルな場で着用される女性の正装です。特に黒留袖は、結婚式で新郎新婦の母親が着用することが多く、格式の高い和装として知られています。

しかし、留袖を所有するのは費用がかかるため、多くの方がレンタルを選択します。留袖のレンタルは、必要な時だけ高品質な着物を手軽に着ることができるため、経済的です。

レンタルする際は、留袖一式に含まれる小物類も重要です。帯、帯揚げ、帯締め、草履、バッグなどがセットで用意されていることが多く、これらの小物が留袖の装いを一層引き立てます。

留袖をレンタルする際のポイントとして、まず、着用するシーンやサイズを確認することが大切です。結婚式などのフォーマルな場では、黒留袖が適しています。また、サイズは体型に合わせて選び、快適に過ごせるようにすることが重要。

さらに、レンタルする留袖の品質や柄、色合いも事前に確認しましょう。これらのポイントを押さえることで、安心して留袖をレンタルすることができます。

黒留袖とは?その特徴と魅力

黒留袖は、その名の通り、基本的に黒色の地に金や銀の糸で美しい柄が織り込まれた着物です。特に重要なのが柄です。結婚式などの祝いの場にふさわしい、鶴や松、桜などの吉祥の意味を持つ柄が用いられることが多いです。

これらの柄は、祝福や長寿、幸福など、ポジティブな意味合いを持ち、お祝いの場にふさわしい装いを与えてくれます。

また、黒留袖の魅力は、その格式高い美しさにあります。黒地に金や銀の糸で織り成される緻密な柄は、遠目にも存在感があり、祝いの場に華を添えます。さらに、留袖には家紋が入ることが多く、家族の格式を象徴する衣装としても重要な役割を果たします。

留袖の着こなし方も大切です。着付けは正しく着崩れないように行い、小物選びも慎重に行う必要があります。帯や草履、バッグなどの小物は留袖と調和するものを選び、全体のバランスを考えることが大切。また、髪型やメイクも和装に合わせて上品に整えることが求められます。

留袖レンタルは、これらの点を考慮しながら、ご自身に合ったものを選ぶことが大切です。豊富な種類の中から、自分のスタイルに合った留袖を見つけ、特別な日を美しく彩りましょう。

留袖レンタルの選び方

留袖のサイズと色の選び方

留袖を選ぶ際に最も重要なのが、サイズと色です。まず、サイズ選びにおいて、留袖は日本の伝統的な衣装であるため、体型に合わせた適切なサイズを選ぶことが重要です。着物のサイズは一般的な洋服とは異なり、身丈、裄丈、袖丈など複数の寸法で決まります。これらの寸法を事前に確認し、自身の体型に合った留袖を選びましょう。

次に、色の選び方ですが、留袖といえば、伝統的には黒地に金や銀の糸で絢爛な柄が描かれたものが一般的です。しかし、現代では色々な色や柄の留袖が存在します。

例えば、淡い色の留袖や、細かい柄の留袖など、さまざまなデザインがあります。ただし、結婚式などのフォーマルな場で新郎新婦の既婚の親族は、黒留袖が最も適切とされています。

留袖の色や柄を選ぶ際は、着用する場の雰囲気やご自身の好みに合わせて選びましょう。また、留袖の柄には、鶴や松などの吉祥文様がよく用いられ、これらは祝福や幸福を象徴する意味があります。留袖の柄は、その日の重要さや意味を考慮して選びましょう。

結婚式や披露宴に適した留袖の選び方

結婚式や披露宴に適した留袖を選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。まず、結婚式や披露宴は非常にフォーマルな場であるため、格式高い留袖を選ぶことが重要です。黒留袖はその中でも最も格式が高く、特に新郎新婦の母親が着用することが多いです。

さらに、結婚式や披露宴には、留袖以外にも必要な小物が多くあります。例えば、帯、帯揚げ、帯締め、足袋、草履、バッグなどです。これらの小物は留袖との調和を考えて選ぶことが大切。また、留袖のレンタルを選ぶ際には、小物がセットになっているものを選ぶと便利です。

着物レンタルショップのゆめやでは、新郎新婦の親御さんにおすすめの、セットでお得な婚礼・ご両親プランが用意されています。このプランでは、母親用のお好きな留袖(1点、すべての小物が含まれます)と父親用の着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計2点のお得なセットプランです。着物と小物はゆめや東京店で試着する際に選ぶことができます。初めて子どもの結婚式に参列する親御さんは、ぜひこのプランをご検討ください。

また、結婚式や披露宴に出席する際には、留袖の着付けも重要です。正しい着付けは、留袖の美しさを最大限に引き出し、かつ着崩れしにくいため長時間の式典でも安心です。着付けは自分で行うこともできますが、特別な日のためにプロの着付け師に依頼するのもおすすめです。

最後に、留袖レンタルの際は、料金やレンタル期間も事前に確認しておきましょう。留袖レンタルは、新しいものを購入するよりも経済的であり、特別な日をより特別なものにしてくれます。留袖を選ぶ際には、これらのポイントを念頭に置いて、最適な選択をしましょう。

小物レンタルの必要性と重要性

留袖に合わせる小物の種類

留袖を着用する際、その装いを完成させるためにはさまざまな小物が必要です。留袖の小物は、単なるアクセサリーではなく、和装の一部として非常に重要な役割を果たします。以下は留袖に合わせるべき主な小物の種類です。

  • : 留袖の装いを決める重要な要素で、留袖の柄と調和するものを選びます。また、留袖の格式に合わせて、帯も格式高い織の帯を選びましょう。
  • 帯揚げと帯締め: 色や素材が留袖の格式と調和するものを選び、全体のバランスを整えます。
  • 草履とバッグ: 草履は足元の装いを整え、バッグは留袖の色や柄に合わせたものを選びます。
  • 足袋: 白色の足袋が基本です。
  • 長襦袢: 留袖の下に着用し、汗や皮脂が留袖に付着するのを防ぐ他、着崩れの防止の役割もあります。また、衿元の美しさを演出します。
  • : 末広(すえひろ)とも呼びます。儀式用に用いられるため、広げたりあおいだりして使うことはありません。通常は帯と帯揚げの間に挿しておきます。

これらの小物は、留袖の美しさを引き立てるために欠かせないものです。留袖レンタル時には、これらの小物がセットになっていることを確認することが重要です。小物一つ一つが留袖の装い全体に大きな影響を与えるため、選び方には細心の注意を払いましょう。

お呼ばれや親族としての留袖小物の選び方

結婚式などの特別な日に留袖を着用する場合、適切な小物の選び方は非常に重要です。特に、お呼ばれや親族として出席する際には、以下のポイントに注意して小物を選びましょう。

なお、お呼ばれとして出席する場合は黒留袖を着用することはふさわしくありません。その場合、色留袖を着用するようにしましょう。

  • 場の格式に合わせる: 留袖の小物は、結婚式や披露宴の格式に合わせて選びます。格式が高い場では、より伝統的で格式高いデザインを選ぶことが望ましいです。
  • 留袖のデザインとの調和: 留袖の色や柄に合わせて小物を選び、全体の調和を大切にします。留袖がシンプルな場合は、少し華やかなものを選ぶことも一つの方法です。
  • 控えめなヘアアクセサリーを選ぶ: 基本的に和装の際は、ネックレスなどのアクセサリーは身につけません。一方で、ヘアアクセサリーを身につけることはできます。しかし、派手なアクセサリーはあまり合わないため、控えめで上品なデザインのものを選びます。
  • 着用する留袖の年代や立場を考慮する: 式典における自分の立場や年齢を考慮して選びましょう。例えば、新郎新婦の母親であれば、品格を感じさせる柄がおすすめ。一方で若い方であれば大きく華やかな柄を、年配の方であれば柄の位置が低めで、落ち着いたものを選ぶとよいでしょう。
  • 足元の快適さも重要: 長時間の着用を考慮して、足に合った草履を選ぶことが重要です。

留袖を着用する際の小物選びは、ただ単にアクセサリーを選ぶこと以上の意味があります。和装の伝統と美しさを表現するためには、これらの小物選びにも細心の注意を払い、全体のバランスを考えることが必要です。これらのポイントを参考にして、特別な日の留袖スタイルを完成させましょう。

着付けと和装小物の知識

留袖の着付けステップ

留袖の着付けは、その美しさを最大限に引き出すための重要なプロセスです。初めての方や着物に慣れていない方でも理解しやすいように、留袖の着付けステップを順を追って説明します。

  1. 肌着の着用: まず、和装用の肌着を着用します。肌着は体に直接触れるものなので、快適さが重要です。
  2. 長襦袢を着る: 次に、留袖の下に長襦袢を着ます。長襦袢の衿は、留袖の衿と美しく重なるように調整します。
  3. 留袖を着る: 留袖を丁寧に着ます。ここで大切なのは、留袖の着丈を長めにすること。そして、背中の紋が衿と帯のちょうど真ん中になるように、両胸の紋は高さを揃えましょう。
  4. 帯を締める: 留袖に合わせた帯を選び、帯締めと帯揚げを使って適切に締めます。帯は二重太鼓で結びます。これは、良いことや喜びが重なるようにとの願いが込められています。
  5. 小物を付ける: 最後に扇などの小物を身に付けます。扇は帯と帯揚げの間に挟むように身につけましょう。

留袖の着付けは練習と経験が必要ですが、これらの基本的なステップに従って着ることで、留袖の美しさを最大限に引き出すことができます。

必須和装小物: 帯締め、帯揚げ、扇

和装における小物選びは、留袖の印象を大きく左右します。特に、帯締め、帯揚げ、扇は留袖の装いにおいて欠かせないアイテムです。

  • 帯締め: 帯締めは、帯をしっかりと固定する役割があります。色は白が基本ですが、白地に金や銀が施された高級感のあるものを選びましょう。
  • 帯揚げ: 帯揚げは帯の上部を固定するものです。また、留袖の装いに深みと華やかさを加えます。帯揚げの色も白が基本です。綸子や縮緬、絞りのものを選びましょう。
  • : 扇は留袖に欠かせません。持つだけで装いに一層の優雅さを加えます。通常は帯と帯揚げの間に挿しておきますが、挨拶をする時は手に持ちます。この時、扇は広げず閉じたまま扱いましょう。

これらの小物は、留袖と一緒にコーディネートすることで、和装の魅力を最大限に引き出します。留袖のレンタル時には、これらの小物がセットになっているかを確認し、必要に応じて追加でレンタルすることも検討しましょう。適切に選ばれた小物は、留袖をより一層引き立て、特別な日の装いを完璧にします。

留袖レンタルで注意すべきポイント

留袖レンタル時のマナーと注意点

留袖レンタルを利用する際には、いくつかのマナーと注意点があります。これらを守ることで、スムーズで快適なレンタル経験が可能になります。

  • 事前の予約: 特に結婚式シーズンは留袖の需要が高まるため、早めの予約が重要です。急な対応ができない場合もあるので、余裕をもって予約しましょう。
  • サイズの確認: 自分のサイズに合った留袖を選ぶためには、事前に身体の寸法を正確に測定しておくことが大切です。また、レンタルをする前に必ず試着をするようにしましょう。
  • レンタル期間と条件の確認: レンタル期間や返却条件を明確に理解し、守りましょう。返却遅延は追加料金が発生する場合があります。
  • 留袖の状態の確認: レンタルする留袖の状態をチェックし、汚れやダメージがないかを確認しましょう。問題があればすぐにレンタル店に報告してください。
  • 着用後の取り扱い: 着用後は留袖を丁寧に取り扱い、汚れやシワをつけないよう注意します。また、レンタルした留袖はクリーニングせずに返却するのが一般的です。

これらのポイントを押さえることで、留袖レンタルの利用がよりスムーズになり、快適にレンタルをすることができます。

サイズや格式の確認方法

留袖レンタルにおいて、サイズや格式の確認は非常に重要です。適切なサイズと格式を選ぶことで、見た目の美しさとふさわしい格式を両立させることができます。

サイズの確認方法:

  • 身長、体重、バスト、ウエスト、ヒップのサイズを事前に測定します。
  • 着物のサイズは身長に合わせて選ぶのが基本ですが、体型によっては特別な調整が必要な場合もあります。
  • レンタル店に自分の寸法を伝え、適切なサイズの留袖を提供してもらいます。
  • 留袖を検討する際は、必ず試着することをおすすめします。

格式の確認方法:

  • 留袖の柄や色、紋の有無で格式が変わります。よりフォーマルな場では、伝統的な柄や豪華な刺繍が施され、五つ紋の留袖を選ぶことが一般的です。
  • 着用する場の格式や自分の立場(例えば、新郎新婦の親族かどうか)に応じて留袖を選びます。
  • 不明な点はレンタル店のスタッフに相談し、適切なアドバイスを求めましょう。

サイズと格式を適切に選ぶことで、留袖を美しく着こなし、特別な日をより印象深いものにすることができます。

留袖レンタルにおける費用とレンタル期間

留袖レンタルの平均費用

留袖レンタルを考える際、費用は重要なポイントの一つです。留袖レンタルの費用は、レンタルする留袖の品質、デザイン、付属する小物の種類や質によって異なります。以下は留袖レンタルの平均費用の概要です。

  • 基本的なレンタルセット: 通常、留袖レンタルの基本セットには、留袖本体、帯、帯揚げ、帯締め、足袋、草履が含まれます。この基本セットの平均費用は、約10,000円から30,000円程度です。しかし、レンタルするショップや式場によっては費用が10万円以上する場合もあります。予算に合わせて選びましょう。
  • 高品質または豪華な留袖: より質の高い素材や、繊細な刺繍、特別なデザインの留袖は、それに応じて費用が高くなります。これらの留袖のレンタル費用は、相場以上になることが一般的です。
  • 追加の小物レンタル: 扇やバッグなど、基本セットに含まれていない小物を追加でレンタルする場合、追加料金が発生します。

留袖をレンタルする際には、予算に合わせて適切な留袖を選ぶことが大切です。また、レンタル料金には差があるため、事前に複数のレンタルショップの料金を比較することをおすすめします。

レンタル期間と予約のタイミング

留袖レンタルの期間は通常、数日間から1週間程度です。しかし、これはレンタルショップによって異なるため、事前に確認することが重要。また、特に結婚式やお祝い事が多い時期には、留袖の需要が高まるため、早めの予約が必要です。

  • レンタル期間の平均: ほとんどのレンタルショップでは、2日から3日間が基本のレンタル期間です。これには、着用日と前後の日が含まれます。
  • 予約のタイミング: 結婚式やお祝い事の日程が決まったら、すぐにレンタルの予約をすることをおすすめします。特に春や秋の結婚式シーズンは、早めの予約が必要です。
  • ピークシーズンの注意点: 結婚式などのピークシーズンでは、留袖の在庫が不足することがあります。そのため、可能な限り早めに予約し、希望する留袖を確保することが大切です。

留袖レンタルの際には、これらのポイントを押さえておくと、スムーズにレンタルを進めることができます。費用とレンタル期間を事前にしっかりと確認し、計画的に留袖をレンタルしましょう。

まとめ

留袖レンタルの選び方のまとめ

この記事を通して、留袖レンタルに関する重要なポイントをいくつか見てきました。ここで、留袖レンタルの選び方についての要点を簡潔にまとめてみます。

  • サイズとスタイルの選定: 自分の体型に合ったサイズ選びと、着用する場にふさわしいスタイルや柄の選定が重要です。
  • 小物の重要性: 留袖と一緒にレンタルする小物(帯、帯揚げ、帯締め、草履、バッグなど)は、全体のコーディネートを左右するため、選び方に注意しましょう。
  • 着付けの理解: 留袖を美しく着こなすためには、正しい着付け方法を学ぶか、プロの着付け師に依頼することが望ましいです。
  • 予算とレンタル条件の確認: 留袖のレンタル料金と、レンタル期間や条件を事前に確認し、自分の予算やスケジュールに合った選択をしましょう。

これらのポイントを押さえることで、留袖レンタルをよりスムーズに、そして満足いくものにすることができます。

留袖レンタルでの上品な着こなし方

留袖を着用する際は、上品さと格式を最大限に引き出すことが大切です。以下は留袖を美しく着こなすためのポイントです。

  • 全体のバランスを考える: 留袖、帯、小物の色や柄が調和するようにコーディネートします。
  • 適切な小物の選択: 帯揚げや帯締めは留袖の格式に合わせて、白を選ぶことが基本です。足袋も白が基本。草履はフォーマル感を損なわないように選びます。
  • ヘアスタイルとメイクの調整: 和装に合った上品なヘアスタイルとメイクは派手すぎず、品良く仕上げて、全体の印象を整えます。
  • 着姿の美しさを保つ: 正しい着付けで留袖の着姿を美しく保ち、立ち振る舞いにも気を配りましょう。

留袖を着ることは、特別な日の装いとしてだけでなく、日本の伝統文化を体現する機会でもあります。これらのポイントを意識することで、留袖をより上品に、そして美しく着こなすことができるでしょう。

〈参考記事〉
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/tomesode/840/
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/kimono/917/
https://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/magazine/furisode-220907
https://kimono-rentalier.jp/column/wedding/kurotomesode-kikonashi/
https://ichiru.net/column/kurotomesode/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

成人式前撮りプラン・ロケーション撮影プラン

成人式写真撮影の極意!スタジオ選びから前撮りテクニックまで完全ガイド

はじめに:成人式写真撮影の重要性 成人式は、一人の若者が大人の仲間入りをする大切な節目です。この日は、新たなスタートを切る記念日であり、家族や友人と共に祝う特別な日です。そして、この記念すべき日の思い出を形に残すために欠 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!