振袖イメージ

【着物のプロ監修】結婚式の花嫁・新郎・親族の和装レンタル完全ガイド

はじめに

結婚式は、人生で最も記憶に残る日の一つです。その中でも和装での結婚式は、特別な魅力と意味を持ち、多くのカップルにとって憧れのスタイルとなっています。

日本の伝統美を象徴する着物を身にまとうことは、ただ式を挙げるだけでなく、文化や歴史を尊重し、それを自らの結婚式に取り入れることを意味します。

結婚式で着用する和装を購入するとなると経済面にやや難があることもあり、最近ではレンタルによって衣装を手軽に手に入れ、和装での結婚式を楽しむカップルが増えています。

和装での結婚式を選ぶカップルが年々増えている今日、その背景には、伝統とモダニティの融合、個性的な結婚式を求めるカップルの願望が反映されています。

結婚式用の和装レンタルサービスは、そんな願いをかなえる手段の一つとして近年さらに注目されており、特に着物を中心としたレンタルは、その手軽さと豊富な選択肢により、多くの花嫁にとって魅力的なオプションとなっています。

この記事では、結婚式で和装をレンタルすることの魅力と、なぜこれほど多くの人に選ばれるのかについて、深く掘り下げていきます。

結婚式用の和装レンタルの魅力とは

結婚式で着用する和装をレンタルする最大のメリットは、何と言っても豊富な選択肢と手軽さです。着物は、その種類、色、柄に至るまでその組み合わせによる無限に近い選択肢があり、一生に一度の特別な日に自分だけの装いを選ぶ喜びは計り知れません。

また、レンタルサービスを利用することで、高価な着物を購入することなく、理想のスタイルを手軽に実現することが可能になります。店舗やオンラインでの予約は簡単で、幅広いサイズやデザインから選べるため、身体のサイズや好みに合わせて最適な着物を選ぶことができます。

なぜ和装での結婚式が選ばれるのか

和装での結婚式が選ばれる理由は多岐にわたりますが、その中でも特に重要なのは、日本の伝統と文化を重んじる思いです。着物は、その繊細な美しさと、製作に込められた職人の技が反映された文化的遺産であり、このような装いを選ぶことで、結婚式に深い意味と価値を持たせることができます。

さらに、家族や親族間の絆を象徴する場面で着物を選ぶことは、先祖への敬意を表し、二人の新しい人生の始まりに祝福と尊重をもたらします

和装での結婚式は、見た目の美しさだけでなく、その背後にある意味と文化的価値を重視するカップルにとって最適な選択です。レンタルサービスの利用は、この特別な日をより手軽かつ、自分たちのスタイルに合わせてカスタマイズする絶好の機会を提供してくれます。

結婚式用の和装レンタルの基礎知識

和装での結婚式を考えているカップルにとって、レンタル着物は魅力的な選択肢です。高価な購入費用を抑えつつ、多様なスタイルから自分たちにぴったりの装いを選べる点が、その大きな理由の一つです。

この章では、結婚式用の和装レンタルの流れや予約方法、そして結婚式での着物の種類と特徴について、基本的な知識を解説します。

着物レンタルの流れと予約方法

和装での結婚式のレンタル着物を選ぶプロセスは、まずはじめにどのような種類の着物を着たいか、またはどんな式場やシーンに合わせたいかを考えることから始まります。一般的に、レンタルの流れは以下のように進みます。

  1. リサーチ: インターネットの情報や結婚式の準備ガイドブック、友人や家族からの情報などを元に、和装レンタルを提供する店舗やサービスを探します。
  2. 予約: 試着を希望する店舗に事前に連絡し、予約を入れます。この時点で、結婚式の日程や希望する着物の種類を伝えましょう。
  3. 試着と選択: 店舗に訪れ、実際にいくつかの着物を試着してみます。希望するスタイルや色、柄をスタッフに伝え、アドバイスをもらいながら最適な一着を選びましょう。
  4. 契約と予約確定: 着物、帯、小物などのセットとレンタル料金、着付けの有無や料金など、詳細を確認し契約します。この際、キャンセルポリシーも確認しておきましょう。
  5. 当日: 結婚式当日、約束された時間に店舗で着付けを受けるか、または式場など指定の場所に着物が配送されます。

結婚式での着物の種類と特徴

女性が結婚式で選べる着物には、大きく分けて以下の種類があります。

  • 白無垢: 花嫁の純潔と幸福を象徴する伝統的な白い着物。全身を白で統一し、装飾は控えめか金彩で華やかなものが多いです。
  • 色打掛: 白無垢に比べて色鮮やかで、豪華な装飾が施された着物。白無垢と同等の格があるため挙式でも着用されますが、お色直しや前撮りなどで着用する花嫁が多いです。
  • 振袖: 成人式で着用されるような通常の振袖と、引き振袖があります。未婚女性が着ることが多い袖が長い着物で、通常の振袖は結婚式の参列者や、花嫁であれば結婚式の二次会などで選ばれることがあります。一方で、引き振袖は地面に引きずるほど長い裾が特徴で、挙式・お色直しともに花嫁の衣装として人気です。
  • 留袖: 既婚女性が着用する着物で、袖が短め。主に新郎新婦の母親や既婚の親族女性が結婚式で着ることが多いです。

これらの着物は、その豊富なバリエーションと美しさで、結婚式を一層特別なものにしてくれます。レンタルを利用することで、これら伝統的な衣装を手軽に、そして経済的に楽しむことができます。

花嫁のための和装レンタルガイド

結婚式における花嫁の衣装は、その日の主役である彼女の美しさを最大限に引き出し、長い間記憶に残る重要な要素です。和装には、豊かな伝統と文化が込められており、特に日本の結婚式では、花嫁の装いがゲストに強い印象を与えます。

ここでは、和装のレンタルを検討している花嫁のために、白無垢と色打掛、引き振袖の選び方やそれぞれの衣装の役割と美しさについて解説します。

白無垢と色打掛の選び方

  • 白無垢: 日本の伝統的な花嫁衣装で、純白で統一された装いが特徴です。白は神聖な色とされ、新たな始まりや純潔を象徴しています。選び方のポイントとしては、式場の雰囲気や自身の肌の色に合う白さの度合いを考慮することが大切です。また、白無垢には金や銀の糸で織り込まれた繊細な柄が施されているものもあり、それらの柄から式のテーマや季節感を表現することも可能です。
  • 色打掛: 白無垢に比べてより華やかで色鮮やかな衣装です。伝統的な柄やモダンなデザインが豊富にあり、自分の個性や結婚式のテーマに合わせて選ぶことができます。色打掛を選ぶ際は、着物本体の色だけでなく、配色される帯や小物とのバランスも考えると良いでしょう。また、色打掛はその豪華さから披露宴やパーティーでも特に映えるため、式の流れに合わせて選ぶと効果的です。

ここで、ゆめやで取り扱っている結婚式用和装レンタルプランからおすすめのセットプラン「組み合わせ自由な婚礼・打掛・白無垢プラン(新婦2着・新郎1着)」をご紹介します。

こちらは、ご新婦様のお好きな打掛(1点、打掛の下に着る掛下着物が含まれます)、お好きな白無垢(1点、綿帽子と打掛の下に着る掛下着物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。

実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

引き振袖の役割と美しさ

  • 引き振袖: 袖が特に長く、華やかな装飾が施された着物で、主に未婚女性が着用します。結婚式において新婦が着用する振袖は主に「引き振袖」と呼ばれるもので、地面に引きずるほど長い裾が特徴の着物です。前撮りや結納など、結婚式本番以外のシーンでも選ばれる人気の和装となっています。選び方のポイントは、その豊富な色彩と柄の中から、自分の個性を最も美しく表現できる一着を見つけること。振袖は、花嫁の若々しさと幸せを象徴する衣装として、特に人気があります。

ここで、ゆめやで取り扱っている結婚式用和装レンタルプランからおすすめのセットプラン「着物を自由に選べる婚礼・黒引き振袖&色振袖の2点プラン(新婦2着・新郎1着)」をご紹介します。

こちらは、ご新婦様のお好きな黒引き振袖(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)、お好きな色振袖(1点、すべての小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。

実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

和装のレンタルを利用することで、これら伝統的な美しさを、経済的な負担を抑えつつ、自分の結婚式で実現することができます。さまざまな種類の中から、あなたにとって最も美しいと感じる和装を選び、忘れられない一日を彩ってください。

花婿の和装選び

結婚式における花婿の衣装選びは、花嫁の衣装と同様に重要な意味を持ちます。特に和装結婚式では、花婿の装いが式の格調を高め、伝統的な美しさを演出する重要な役割を果たします。

和装にはさまざまな種類がありますが、花婿にとって最も一般的な選択肢は、紋付き羽織袴です。この章では、紋付き羽織袴のスタイルと選び方、そして和装を選ぶ花婿の立場と役割について詳しく説明します。

紋付き羽織袴のスタイルと選び方

紋付き羽織袴は、正式な和装の一つで、結婚式などのフォーマルな場にふさわしい衣装です。紋付は家紋が入った羽織を指し、格式を示す重要な要素になります。袴は、長いスカートのような形の下着で、伝統的な男性の礼装とされています。

  • スタイルの選び方: 紋付き羽織袴を選ぶ際には、まず、結婚式の場所やテーマに合った色や柄を選ぶことが重要です。伝統的な式では、黒や濃紺の羽織に白やグレーの袴が一般的ですが、最近では、よりカジュアルな式や個性を出したい場合には、色鮮やかな羽織や個性的な柄の袴を選ぶ人も増えています。
  • 紋の選び方: 家紋を入れることで、よりフォーマルな印象になります。家紋がある場合は、ぜひ入れることをおすすめします。紋の種類や入れる位置も、伝統的なルールに従って選ぶと良いでしょう。

和装での花婿の立場と役割

和装を選ぶ花婿は、結婚式において、ただ自分が良く見えることだけでなく、式全体の美しさや伝統を重んじる姿勢を示すことができます。和装は、日本の文化や伝統を尊重し、それを次世代に引き継ぎたいという意志の表れとも言えます。

  • 式場との調和: 和装選びでは、式場の雰囲気や式のスタイルに合わせた選択が求められます。伝統的な神社での式では、より格式高い紋付き羽織袴が適していますが、ホテルやレストランでのカジュアルな式では、柔らかい色合いやモダンなデザインのものを選ぶことで、新しい和装のスタイルを楽しむこともできます。
  • ゲストとの関係: 花婿の和装は、ゲストに対しても敬意を表す手段です。伝統的な装いを通じて、家族や親族、そして友人たちに対する感謝の気持ちを示すことができます。

和装結婚式は、日本の美しい伝統を今に伝える貴重な機会です。花婿の和装選びは、その重要な一部を担っています。適切な紋付き羽織袴を選び、この特別な日にふさわしい装いで立つことで、花婿は自らの役割を全うし、記憶に残る結婚式を創り上げることができます。

親族・参列者の和装レンタル

結婚式では、新郎新婦だけでなく、親族や参列者の服装も大切な役割を果たします。特に和装結婚式においては、親族の着物選びは、式の格式を高めるとともに、家族の絆や伝統を象徴する重要な要素です。

和装のレンタルサービスを利用することで、親族や参列者も伝統的な美しさを手軽に身にまとうことができます。この章では、特に留袖の種類と選び方、未婚と既婚の親族の和装の違いに焦点を当てて解説します。

留袖の種類と選び方

留袖は、既婚女性が正式な場で着用する着物で、結婚式の親族の女性にとって最も一般的な選択肢です。留袖には大きく分けて二つの種類があります。

  • 黒留袖: 全体が黒色の地に、裾に向かって豪華な柄が入るのが特徴です。最も格式高い着物とされ、親族の中でも母親など特に近い親族が着用します。
  • 色留袖: 地色が黒以外の色で、柄が全体に施されています。黒留袖ほど格式は高くありませんが、華やかで明るい印象を与えるため、披露宴やパーティーに適しています。

留袖を選ぶ際は、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • 式の格式と親族の立場: 最も近い親族であれば黒留袖を、それ以外の親族は色留袖を選ぶことが一般的です。
  • 柄の意味: 留袖の柄にはそれぞれ意味があります。たとえば、鶴は長寿、亀は縁起の良さを象徴します。式の雰囲気や願いを込めて柄を選ぶと良いでしょう。
  • レンタルサービスの利用: 留袖は価格が高いものも多いため、レンタルサービスを利用することでコストを抑えつつ、多様な選択肢から理想の一着を選ぶことが可能です。

未婚と既婚の親族の和装の違い

和装では、未婚と既婚で着るべき着物が異なります。既婚女性は留袖が一般的ですが、未婚女性は振袖を着用することが多いです。

  • 未婚女性の振袖: 袖が長く、華やかなデザインが特徴の振袖は、未婚女性の晴れ着として選ばれます。結婚式では、新婦の姉妹や親族の未婚女性が振袖を着ることで、華やかさを加えます。
  • 既婚女性の留袖: 既婚女性は、落ち着いた印象の留袖を選びます。黒留袖は母親など特に重要な親族が、色留袖は少し遠い親族が着用することが多いです。

結婚式における和装選びは、単に美しいだけでなく、その人の立場や式の雰囲気に合わせた選択が求められます。

レンタルサービスを利用することで、未婚・既婚を問わず、多様な選択肢から自分や家族にふさわしい和装を選ぶことができ、結婚式をより一層特別なものにすることができます。

和装小物とその重要性

和装を選ぶ際、着物や帯だけでなく、和装小物も非常に重要な役割を果たします。これらの小物は、和装の美しさを引き立てるだけでなく、着こなしに深みや個性を加えることができます。

和装小物にはさまざまな種類があり、それぞれが和装のスタイルに大きな影響を与えます。この章では、和装小物の選び方とスタイルへの影響、おしゃれな和装小物の例とその使い方についてご紹介します。

和装小物の選び方とスタイルへの影響

和装小物を選ぶ際には、まず着物や帯の色や柄、結婚式のテーマや場所との調和を考えることが重要です。小物一つ一つが和装全体の印象を左右するため、慎重に選ぶ必要があります。

  • 帯締め・帯揚げ: 和装のアクセントとなる帯締めや帯揚げは、着物や帯と色を合わせるか、意図的に対照的な色を選んでアクセントをつけることでもおしゃれを楽しめます。結び方や組み合わせ方によっても、異なる印象を与えることが可能です。
  • 草履・バッグ: 草履とバッグは、和装を完成させる上で欠かせないアイテムです。草履の色や形、バッグの素材やデザインを、着物や帯と調和させることで、統一感のある装いを実現できます。
  • 髪飾り: 髪飾りは、和装の中でも特に個性を表現できるアイテムです。季節感を取り入れたり、結婚式のテーマに合わせたりすることで、和装をさらに華やかに演出できます。

おしゃれな和装小物の例と使い方

和装小物を効果的に使用することで、伝統的な着こなしからモダンなスタイルまで、幅広い表現が可能になります。ここでは、特におしゃれな和装小物の例とその使い方を紹介します。

  • 扇子: 和装に欠かせないアイテムである扇子は、色や柄を和装の色柄とのバランスを意識して選ぶことで全体の衣装のアクセントになります。また、持ち歩くだけでなく、写真撮影の際の小道具としても活用できます。
  • 簪(かんざし): 髪型に華を添える簪は、さりげない美しさをプラスします。伝統的なものからモダンなデザインまで、種類も豊富にあります。
  • 帯留め: 帯の中央に装着する帯留めは、和装の中でも特に注目される部分です。選ぶ帯留めによって、和装の印象が大きく変わります。

和装小物を選ぶ際には、自分のスタイルや結婚式の雰囲気に合わせて、慎重に選択することが大切です。レンタルサービスでは、さまざまな和装小物を試すことができるため、自分にとって最適なアイテムを見つけることができます。

和装小物を上手に取り入れることで、あなたの和装が一層引き立ち、結婚式の記憶に残る美しい装いを完成させることができるでしょう。

和装結婚式の準備とポイント

和装結婚式を成功させるためには、事前の準備が非常に重要です。特に、着物や和装小物の選び方、レンタルサービスの利用方法など、細かい部分に気を配ることが、式の全体の印象を左右します。

この章では、和装結婚式の準備における重要なポイントとして、下見と試着の重要性、そして和装結婚式のための上手な準備方法について解説します。

下見と試着の重要性

和装結婚式を計画する上で、最も重要なステップの一つが、下見と試着です。特に、着物や和装小物は、写真やカタログだけではその魅力を完全には伝えきれません。

また、着物はその人の体型や雰囲気によって似合う色や柄が異なるため、実際に試着してみることが重要です。

  • 店舗の選定: 和装結婚式の準備を始めるにあたり、まずは複数のレンタル店舗を下見しましょう。店舗によって取り扱っている着物の種類や価格、サービス内容が異なるため、比較検討することが大切です。
  • 試着の予約: 気に入った店舗が見つかったら、試着の予約を入れます。特に人気の店舗や時期によっては、予約が取りにくいこともあるため、早めの行動が推奨されます。
  • 多角的な検討: 試着では、異なる色や柄の着物をいくつか試し、どのスタイルが最も自分やパートナーに合うかを検討します。この際、専門のスタッフからのアドバイスも積極的に求めましょう

和装結婚式のための上手な準備方法

和装結婚式の準備には、さまざまなポイントがありますが、以下の方法を心掛けることで、よりスムーズに、かつ充実した準備を進めることができます。

  • 早期の計画: 和装結婚式の準備は、できるだけ早期に始めることが重要です。特に着物や小物のレンタルは、人気のアイテムほど早く予約が埋まってしまうため、早めの行動が求められます。
  • 予算の明確化: 和装結婚式の準備を進める上で、予算の設定は非常に重要です。着物レンタル、着付け、小物レンタルなど、必要なサービスの内容と予算を事前に明確にしておくことで、無駄な出費を避けることができます。
  • トータルコーディネートの検討: 着物だけでなく、帯、小物、ヘアスタイルに至るまで、トータルでのコーディネートを事前に検討しておきましょう。和装結婚式の魅力は、細部にまでこだわったトータルコーディネートにあります。

和装結婚式の準備は、多くの時間と労力が必要ですが、その分、自分たちの理想とする結婚式を実現することができます。上記のポイントを参考に、計画的に準備を進めていただければと思います。

まとめ

和装結婚式は、日本の伝統と文化を大切にするカップルにとって、人生の大切な節目を祝う最も美しい方法の一つです。この記事では、和装結婚式の準備から実施に至るまでの重要なポイントや、着物レンタルの利点について解説してきました。

最後に、和装結婚式を成功させるための最終チェックポイントと注意点をお伝えします。

和装レンタルでかなえる理想の結婚式

和装レンタルサービスを利用することで、多くのカップルが理想とする和装結婚式を実現しています。レンタルならではのメリットとして、豊富な選択肢、専門のアドバイス、経済的な負担の軽減などが挙げられます。

和装結婚式の準備をする際には、早めの行動、予算の明確化、そしてトータルコーディネートの検討が重要です。これらを心がけることで、スムーズで心に残る結婚式を実施することが可能になります。

最後に確認すべきポイントと注意点

和装結婚式の準備を進める中で、以下のポイントを最後に再確認してください。

  • 試着の重要性: 実際に着てみることで初めて分かる着心地や見た目の印象を確かめることができます。可能な限り複数の着物を試着し、最適な一着を見つけましょう。
  • 小物の選定: 和装のトータルコーディネートには、小物選びが欠かせません。着物や帯との調和を考え、全体のバランスを見ながら小物を選びましょう
  • 事前の準備と計画: 和装結婚式は準備に時間がかかるため、早めの計画と準備を心がけてください。特にレンタルアイテムは早期に予約を入れることが重要です。

和装結婚式は、その準備過程から当日の実施に至るまで、多くの思い出が詰まった特別な時間となるでしょう。今回ご紹介したポイントや方法を参考にしながら、二人らしい理想の結婚式を実現してください。

最後に、和装結婚式の準備と実施は大変かもしれませんが、そのすべてがかけがえのない思い出となり、結婚生活の素晴らしいスタートとなることを願っています。

〈参考記事〉
https://kimono-rentalier.jp/column/faq/faq-wedding-wasou-rule/
https://zexy.net/article/app002003018/
https://wedding.mynavi.jp/premium/contents/special_contents/wasou/
https://www.gogo-wedding.com/kimono-manners
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/montsukihaorihakamatoha/
https://bridal-torisetsu.net/relatives/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

渋いグリーンに辻が華染めの色振袖【fui60】

【2025年最新版】深緑の着物で成人式の主役に!振袖レンタルガイド

はじめに 成人式は、日本の伝統的なイベントです。この特別な日に着用する振袖は、その人の個性や美意識を表現するための重要な要素となります。特に、自然と調和する落ち着いた色合いの深緑の振袖は、新しい大人としてのスタートを象徴 […]

ひとつ前の記事

岩と流水に松と鷲の五つ紋付黒留袖【tom23】

【プロ監修】結婚式にふさわしいアンティーク黒留袖のレンタルガイド|選び方とコツ

はじめに:アンティーク黒留袖の魅力とレンタルについて 黒留袖は、結婚式などのフォーマルな場における女性の和装の中でも特に格式高い位置づけにあります。特にアンティークの黒留袖は、その独特の風合いや歴史的背景が、着用すること […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!