七五三・親子プラン お子さま1人とお母様のセット(計2点)【set19】

【東京でレンタル】七五三の着物選びガイド | 着付けのやり方も解説

はじめに

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。

この特別な日には、伝統的な着物を着て、家族での記念撮影を行います。

着物を選び、着付ける過程は、ただの準備ではなく、文化を感じ、家族の絆を深める貴重な時間となります。

しかし、七五三の着物をレンタルしたり、着付けたりするのは着物になじみのない現代東京の親御さんには少しハードルが高いかもしれません。

そこで、この記事では、レンタル着物の選び方から着付け、記念写真の撮影のコツまで、初心者でも分かりやすいように詳しく解説します。

七五三という晴れの日に、お子さまに最高の着物を着せてあげられるようなアドバイスとなれば幸いです。

【東京版】七五三着物のレンタルガイド

東京で七五三を迎えるご家族にとって、着物のレンタルは大切な準備のステップです。

この特別な日を思い出に残るものにするために、着物の選び方から予約の仕方、当日に向けての準備まで、しっかりとした情報があれば安心ですね。

東京にはさまざまなスタイルやサービスを提供する着物レンタルのお店がたくさんあります。

ここでは、そのようなお店で、どのようにして自分たちにぴったりの着物を選び、予約から当日までスムーズに進めるかについて、わかりやすく説明します。

予約から当日までの完全マニュアル

東京で七五三の着物をレンタルする際には、事前の準備が非常に重要です。

特に、七五三のシーズンが始まる数カ月前から予約を受け付ける店舗が多いため、希望する着物を確実に借りるためには早めの行動が求められます。

以下に、予約プロセスの重要なポイントをまとめて説明します。

【予約プロセスのポイント】

  • お子さまのサイズ測定:お子さまの身長、体重、腕の長さなどの詳細な寸法を測定し、予約時に伝えることが重要です。これにより、着物がぴったりフィットし、お子さまも快適に過ごせるようになります。
  • 着物のスタイルとカラーの選択:お子さまの年齢や性別、イベントの性格に合わせて適切なスタイルを選びます。例えば、3歳の女の子には明るい色の被布セット、7歳の女の子には華やかな四つ身の着物(振袖)が適しています。また、お子さまの肌の色や好みも考慮して色を選ぶことが大切です。
  • アクセサリーの選択:着物に合わせて必要なアクセサリーも選びます。これには髪飾りや草履などが含まれます。
  • 着付け師や撮影の予約:着付け師の予約や家族写真の撮影もこの段階で行うと、当日の流れがスムーズになります。

【事前の試着をおすすめする理由】

  • 実際に店舗を訪問して着物を試着することで、サイズ感と質感の確認をすることができます。また、試着を通じてお子さまがどの着物を気に入るかも確認できます。

このように、七五三の着物レンタルでは、予約プロセスをしっかりと行うことが、特別な日をさらに思い出深いものにするための鍵となります。

早めの準備によって、お子さまにとっても家族にとっても快適で楽しい一日を過ごすことができるでしょう。

当日に必要なもの:事前チェックリスト

七五三の日をスムーズに過ごすためには、事前の準備が非常に重要です。

当日を迎える前に、必要なものをリストアップしておくことで、何も忘れずに準備することができます。

以下に、準備すべき主なアイテムとポイントをまとめました。

【必要なアイテムのチェックリスト】

  • 着物セット:レンタルした着物、帯、草履、バッグ
  • アクセサリー:髪飾りや扇子など、必要に応じたアイテム
  • 着付け小物:腰紐や伊達締めなど、着付けに必要な小物類
  • 快適グッズ:お子さまが快適に過ごせるよう、スナックや飲み物、お気に入りのおもちゃや本

【当日の着付けとお子さまへの配慮】

着付けには予想以上に時間がかかることがありますので、時間に余裕を持ったスケジュールを組むことが大切です。

また、着物を着た後は動きにくくなるため、着付けが終わった後には、お子さまがリラックスできる環境を整えましょう。

快適な控え室の用意や、お子さまが楽しめるおもちゃや本を持参することがおすすめです。

【家族写真撮影の準備】

特別な日の記念として、プロのカメラマンに撮影を依頼することも一つの選択ですが、自分たちで撮影する場合は、カメラの設定や撮影場所の選定を事前に確認しておくことが重要です。

撮影時には、お子さまが自然な笑顔を見せるように、お気に入りのおもちゃやアニメの話題で気を引くなど、リラックスした雰囲気作りを心がけましょう。

これらの準備と心構えが、七五三の日をさらに特別なものにしてくれるでしょう。

事前にしっかりと準備をして、家族みんなで楽しい一日を過ごしてください。

お子さまに最適な七五三着物の選び方

七五三は、お子さまたちの成長をお祝いする日本の大切な行事です。この日には、お子さまたちが着る着物選びが特に重要になります。

東京にある着物レンタルのお店では、さまざまなスタイルやデザインの着物が揃っており、お子さまの個性や好みに合わせて選べるようになっています。

この章では、お子さまの年齢や性別に合わせた着物の選び方を紹介します。

年齢・性別別の着物スタイルガイド

七五三は、お子さまたちの成長をお祝いする大切な日本の行事です。この日には、お子さまたちが着る着物が特に注目されます。

着物は、お子さまの年齢や性別によって選び方が異なり、それぞれの成長段階に合わせたスタイルがあります。

【年齢・性別に応じた着物スタイル】

  • 3歳の女の子:一般的には被布セットを選びます。このスタイルは、明るく華やかな色合いで、お子さまのかわいらしさを強調します。
  • 5歳の男の子袴を着用し、小さな武士のような風貌を演出します。
  • 7歳の女の子:成長した姿を見せるために、四つ身の着物(成人式などで着られる振袖のような着物)を着用します。

地域によっては3歳の男の子も七五三を行います。
その場合は、女の子と同じように、被布セットが選ばれることが多いです。

【着物の色選び】

着物の色選びも、性別と年齢によって異なります。

女の子の着物では、赤やピンクなどの明るい色が好まれる傾向にあります。
一方、男の子の場合は、青や緑など落ち着いた色が選ばれることが多いです。

また、年齢が上がるにつれて、装飾の細かさや豪華さも増していきます。
これは、お子さまの成長と社会的な地位の向上を象徴するためです。

【季節や式典の場所に合わせた選び方】

着物を選ぶ際には、季節や式典の場所も考慮する必要があります。

春や秋に行われる七五三では、気候に合わせた素材や色を選ぶことが大切です。
暖かい季節には薄手の素材を、涼しい季節には少し厚手の素材を選ぶことで、お子さまが一日中快適に過ごせるようにします。

これらのポイントを踏まえることで、七五三の日にお子さまたちが自信を持って着物を着用できるようになるでしょう。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三を迎えるお子さま用のお着物のレンタルセットから、「七五三・兄弟姉妹プラン お子さま2人のセット(計2点)」をご紹介します。

こちらは、七五三のお子さま2人、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、ご兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。

着物はご自由にお選びいただけます。ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません

せっかくの参詣ですので、ぜひ和装でお出掛けになり、記念に残してください。

お子さまの個性に合わせた選び方

七五三の着物選びは、お子さまの個性を最大限に生かす大切な機会です。東京のレンタル店では、お子さまにぴったりの着物を見つけるために、さまざまなスタイルやカラーの中から選べる試着をおすすめしています。

ここでは、お子さまの性格や好みに合わせた着物選びのポイントを紹介します。

【お子さまの性格に合わせた着物選び】

  • 活発なお子さま:動きやすく、鮮やかな色や大胆な柄の着物がおすすめです。これにより、お子さまが自由に動き回ることができ、着物を着ること自体が楽しい体験となります。
  • おとなしいお子さま:シンプルで落ち着いた色の着物を選ぶことで、心地よく過ごせます。派手すぎないデザインが、お子さまの落ち着いた性格を反映し、安心感を与えるでしょう。

【着物選びの楽しみ方】

  • お子さまの好みを尊重:お子さまが好む色やモチーフを選ぶことで、着物を着ることがより楽しいものになります。お子さま自身が着物選びに積極的に関与することで、自己表現の一環として楽しむことができます。
  • 試着を活用:実際に着物を試着することで、見た目だけでなく着心地も確認できます。これにより、当日の気持ちも高まり、自信を持って七五三の行事に臨むことができます。

七五三は、お子さまの成長を祝う特別な日です。個々のお子さまの性格と好みを尊重することで、彼らが自信を持ってこの行事に臨むための最適な選択が可能となります。

このように、七五三の記念日には、お子さま一人一人にとって特別な意味を持たせることができるのです。

東京で見つかる:着付けのプロの極意

東京は、さまざまな文化や伝統が混ざり合う街で、特に着物に関する技術やサービスが充実しています。

この章では、東京で受けられるプロの着付けサービスにスポットを当てます。

自分で簡単に着る方法から、専門家の手による細かなサポートまで、幅広い情報をお届けします。

自宅で挑戦! 簡単着付けガイド

着物の自宅での着付けは、手順を覚えることで誰でも美しい仕上がりを実現できます。

以下では、七五三用の着物の着付け方を年齢性別に分けてご紹介します。

【3歳の被布セットの着付け】

  1. 足袋と肌着の着用:着物を着た後に足袋を履くのは難しいことが多いので、まずは足袋を履きましょう。続いて、肌襦袢や裾除けなどの肌着を着用します。これらの肌着は肌に直接触れるものなので、肌触りが良く汗を吸収しやすい素材を選ぶことが重要です。肌着は着物のシルエットを美しく見せるためにも必要です。
  2. 体型の補正:タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正します。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用:長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。
  4. 着物の着用:長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。このとき、着物が開かないようにしっかりと固定します。
  5. 帯の締め方:3歳の着物には本格的な帯ではなく兵児帯(へこおび)と呼ばれるやわらかい素材の帯を使用します。兵児帯を着物の腰部分に巻きつけ、後ろで蝶結びにしましょう。結び方にはリボン結びやバラの花を模した結び方などたくさんのアレンジがあるので、お子さまの好みに合わせて選びましょう。
  6. 被布の着用:着物を着たら被布を着物の上から着せてあげましょう。着物の中心と被布の中心が合っていることを確認してください。
  7. 最終的な調整:着物と被布の位置を最終的に調整し、全体のシルエットが美しく見えるようにします。細部にわたってチェックし、必要に応じて微調整を行います。

【5歳男の子の羽織袴の着付け】

  1. 肌着と足袋の着用:着物を着る前に、まずは肌襦袢(はだじゅばん)や裾除けなどの肌着類を着用します。肌襦袢は着物専用の下着ですが、お子さまが慣れているアンダーウエアでも構いません。その場合はVネックのものが外から見えないのでおすすめです。また、着物を着てから足袋を履くのは難しいので、先に足袋も履いておきましょう。肌着類は着物が直接肌に触れるのを防ぎ、快適な着心地に欠かせません。肌触りが良く、汗を吸収しやすいものを選びましょう。
  2. 体型の補正:タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正します。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用:長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。長襦袢には色や柄が付いているものもあり、袖口などからチラリと見せることによって、おしゃれ感をアップさせることができます。
  4. 着物の着用:長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。このとき、着物が開かないようにしっかりと固定します。さらに、長襦袢の衿を着物の衿から1cmほど出し、衿元を整えましょう。
  5. 角帯の着用:5歳の男の子の場合、帯はお子さまが活発に動いてもずれにくいようにしっかりと腰に巻きます。ただし、過度な締め付けはお子さまが嫌がるので、お子さまに苦しくないか確認しながら帯を巻きましょう。
  6. 袴の着用角帯が袴の上から1cmくらい見える位置で袴を着用します。袴の紐をしっかりと腰に結び、適切な丈に調整します。
  7. 羽織の着用:最終的に羽織を着用し、羽織紐で留めます。羽織紐には装飾的な役割もあり、全体のスタイルを引き締めます。羽織の丈や袖の長さもお子さまの体型に合わせて選ぶことが重要です。
  8. その他小物類の装着:羽織まで着用で着たら、草履や扇子、懐剣などの小物類を装着しましょう。

【7歳女の子の着物の着付け】

  1. 足袋と肌着の着用:着物を着た後に足袋を履くのは難しいことが多いので、まずは足袋を履きましょう。続いて、肌襦袢や裾除けなどの肌着を着用します。これらの肌着は肌に直接触れるものなので、肌触りが良く汗を吸収しやすい素材を選ぶことが重要です。肌着は着物のシルエットを美しく見せるためにも必要です。
  2. 体型の補正:必ずしも必要ではありませんが、タオルなどを腰に巻き付け、体型を補正します。着物を着る際は、あえて「寸胴」の体型にすることで、着崩れを防止します。
  3. 長襦袢の着用:長襦袢は着物と肌着の間に着用する着物のことで、肌襦袢と同じように、主に肌と着物が直接触れることを防ぐ目的があります。長襦袢には色や柄が付いているものもあり、袖口や振りからチラリと見せることによって、おしゃれ感をアップさせることができます。
  4. 着物の着用:長襦袢を着たら、いよいよ着物を着用します。着物を広げ、背中心に合わせて体に巻き付けます。まず右側を体に沿わせ、その上から左側を重ねます。左衿が上に来るようにすることがポイントです。続けて、着物の前合わせがきれいになるように調整し、腰紐を使って仮留めします。このとき、着物が開かないようにしっかりと固定します。さらに、衿元を整えましょう。女性の場合、首筋が美しく見えるように衿を拳一つ分くらい後ろに引くのが一般的です。
  5. 帯の締め方:帯を着物の腰部分に巻きつけ、一度しっかりと結びます。その後、帯を美しく整え、帯結び(お太鼓結びなど)をします。帯締めを使用して帯がずれないように固定し、全体のバランスを整えます
  6. 最終的な調整:着物と帯の位置を最終的に調整し、全体のシルエットが美しく見えるようにします。衿元や袖の長さなど、細部にわたってチェックし、必要に応じて微調整を行います。

信頼できる東京の着付けサービス選びのポイント

東京には、七五三や結婚式、成人式など、さまざまな正装の場面に対応する着付けサービスがあります。

これらのサービスは、専門の技術と経験を持つプロの着付け師によって提供されており、お客様一人ひとりの希望に合わせたカスタマイズが可能です。

プロの着付け師は、着物の種類や素材に応じて、最も適した着方を提案し、完璧な装いを実現します。

信頼できる着付けサービスを選ぶためには、以下のポイントが重要です。

  • サービスの評判や口コミのチェック:事前にサービスの評判や口コミを調べることで、サービスの質を確認できます。
  • スタッフの技術レベルと接客態度:実際にサービスを提供するスタッフの技術や接客態度も、サービス選びの大切な基準です。多くの着付けサロンは、初めてのお客様にも丁寧に対応し、柔軟に要望に応えることを心がけています。

さらに、東京の着付けサービスは、アフターケアやフォローアップも充実しています。

着付け後に生じる可能性のある小さな問題も迅速に解決できるよう、着崩れを防ぐアドバイスや、着物の保管方法など、プロフェッショナルな視点からの貴重な情報を提供してくれます。

これにより、特別な日だけでなく、日常的に着物を楽しむ文化も広がっています。

東京の着付けサービスは、高い専門性と心からのおもてなしで、訪れるすべての人に満足感を与えてくれます

これらのサービスを利用することで、大切な日をより特別なものにすることができるでしょう。

七五三写真撮影のコツと東京のおすすめ撮影スポット

七五三は、お子さまたちの成長をお祝いする日本の伝統的な行事です。
この特別な日には、家族の大切な思い出を残す素敵な写真を撮るチャンスがあります。

この章では、七五三での写真撮影におけるユニークな技術やアイデアにスポットを当て、家族みんなで楽しめる撮影のコツや、東京にあるおすすめの撮影スポットをご紹介します。

家族で楽しむ記念撮影のコツ

七五三の記念撮影は、お子さまたちの自然な表情を捉える絶好の機会です。

撮影で最も大切なのは、リラックスできる環境を整えることです。
以下に、撮影に役立つポイントをまとめました。

【撮影前の準備】

  • 撮影場所の事前見学:撮影場所を事前にお子さまに見せておくことで、当日に慣れた環境で撮影ができます。
  • お気に入りのアイテムの持参:お子さまの好きな玩具や絵本を持参し、自然体で遊ぶ様子をカメラに収めましょう。これにより、強制されたポーズよりも生き生きとした写真が撮れます。

【光の使い方】

  • 自然光の活用:自然光を最大限に利用しましょう。特に朝や夕方の柔らかい光は、お子さまの肌を美しく見せ、写真に暖かみを与えます。
  • 直射日光を避ける:直射日光は避け、影が顔に落ちないように注意しましょう。
  • フラッシュの使用:フラッシュの使用は控えめにし、より自然な色合いを保持することが大切です。

【家族写真の撮り方】

  • 自然な交流の捉え方:家族全員が写る写真は、親子で手をつなぐ、兄弟がお互いを見つめるなど、自然な触れ合いを含めたシーンが理想的です。これにより、見る人に暖かい気持ちを与えることができます。
  • 個々の性格や関係性の反映:それぞれの性格や関係性が反映された写真は、ただの記念写真以上の価値を持ちます。

これらのポイントを踏まえることで、七五三の撮影は、お子さまたちの成長を美しく残す貴重な記録となります。
家族みんなで楽しむことができる撮影を目指しましょう。

東京のおすすめ記念撮影スポット

東京には七五三の撮影に最適な場所がたくさんあります。
以下に、特におすすめの撮影スポットを紹介します。

【伝統的なスポット】

  • 浅草の仲見世通り日本の伝統美が背景となり、お子さまたちが色鮮やかな着物を着てポーズをとる姿は、見る人すべてに感動を与えます。
  • 皇居周辺:歴史的な建築物が美しい背景を作り出し、記念撮影にぴったりです。

【自然豊かな公園や庭園】

  • 新宿御苑:季節の花々が美しい背景を作り出し、お子さまたちの晴れやかな姿を引き立てます。
  • 井の頭公園自然と触れ合いながら遊ぶお子さまたちの生き生きとした写真を撮ることができます。

【モダンな背景で撮影したい場合】

  • 六本木ヒルズ都市の景観と自然の美しさが調和した独特の写真を生み出します。
  • お台場海浜公園:現代的な建築と広々とした公園が、七五三の写真に新たな魅力を加えます。

これらのスポットでは、異なるテーマの写真を撮ることで、家族のアルバムに多様な表情やシチュエーションを加えることができます。

各撮影スポットが持つ独自の魅力を活かし、家族の個性やお子さまの成長を美しく切り取ることが、これらの場所での撮影の醍醐味です。

これらの写真は、七五三という特別な日の記憶だけでなく、家族の歴史の一部として大切にされるでしょう。

東京での着物レンタルサービス選びのコツ

東京で七五三や他の特別な日に着物を借りる際には、質が良くてもお財布に優しい選択をしたいものです。

ここでは、良質で手頃な価格の着物レンタルを見つけるコツを紹介します。

経験豊かなレンタル店の選び方や、割引や特典を上手に利用する方法など、東京での賢い選択をするためのポイントをお伝えします。

着物レンタルサービス選びのポイント

東京の着物レンタル市場は競争が激しく、多くの店舗が異なる価格帯やサービスを提供しています。

特に着物初心者にとって、最適な店を選ぶのは難しいかもしれません。
価格だけでなく、サービスの質も比較することが大切です。

多くの店では、基本的な着付けからヘアセット、撮影サービスまで、さまざまなオプションがパッケージに含まれています。

また、アクセサリーの貸し出しや特別な帯結びを追加料金なしで提供している場合もあります。

賢い選択をするためには、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  • 口コミや評価のチェック:インターネットでの口コミや評価を事前に調べ、店舗の評判を確認します。
  • 店舗訪問:実際に店舗を訪問して、雰囲気やスタッフの対応を確かめることが有効です。
  • 重視する点の明確化:予算内で最高の体験を得るために、何を重視するかを事前に決めておくことが成功の鍵です。

これらのポイントを踏まえて、自分に合った着物レンタル店を選ぶことが、満足のいく体験につながります。

着物レンタルサービスをお得に利用するコツ

着物レンタルの費用を節約するためには、いくつかの効果的な方法があります。

特に東京のような大都市では、選択肢が豊富なため、どの店を選ぶかが重要です。
以下に、コストを抑えつつも質の高いサービスを受けるためのポイントをまとめました。

【着物レンタルの費用節約方法】

  • オフシーズンの利用:多くの店舗がオフシーズンに割引価格を提供しています。七五三や成人式などの繁忙期を避けると、よりリーズナブルな料金でレンタル可能です。
  • 早期予約の割引数カ月前に予約をすることで適用される割引プロモーションを利用しましょう。
  • グループ割引や家族割引:家族や友人と一緒にレンタルすることで、一人当たりのコストを大幅に削減できる場合があります。
  • 返却条件の確認:レンタルした着物の返却条件を確認し、追加料金が発生しないよう注意しましょう。

【サービスの質と価格のバランス】

  • 高級レンタル店の選択:高級レンタル店では、伝統的な技法で仕立てられた高価な着物を扱っており、特別な日にふさわしい選択となります。
  • トータルコーディネートサービス:アクセサリーや草履まで含めたトータルでのコーディネートサービスがある店を選ぶと、着物初心者でも安心して利用できます。

これらのポイントを踏まえることで、計画的に行動し、特別な日を美しく彩りながらコストを抑えることが可能です。

価格だけでなく、提供されるサービスのクオリティも考慮し、満足のいく着物レンタルを実現しましょう。

着物スタイル選びとヘアアレンジ

着物選びは、自分のスタイルや文化的なアイデンティティを表す方法の一つです。

特に、七五三のような日本の伝統的な行事では、選んだ着物がその日の思い出に深く関わってきます。

この章では、主に7歳の女の子が着る着物の選び方やアクセサリー選び、シンプルで洗練された髪型の提案を通して、どうやって個性を際立たせるかをご紹介します。

7歳の女の子向け!七五三の着物スタイルの提案

7歳の女の子の七五三は、一生に一度の特別な節目です。

この年齢での着物は、華やかな四つ身の着物(成人式で着る振袖を想像すると分かりやすいです)が一般的で、彼女たちの成長と美しさを際立たせる重要な役割を果たします。

ここでは、7歳の女の子におすすめの七五三着物スタイルをご紹介します。

【着物の選び方】

  • 色選び明るく華やかな色合いがおすすめです。赤やピンクは特に人気があり、お子さまらしさと華やかさを演出します。また、淡い色の着物も清楚で上品な印象を与えるため、選択肢に入れると良いでしょう。
  • 柄の選定:花柄や古典的な柄が定番ですが、最近ではモダンなデザインやキャラクターを取り入れた着物も増えています。お子さまの好みに合わせて選ぶことが大切です。

【アクセサリーの選び方】

  • 髪飾り花をモチーフにした大きな髪飾りが一般的です。色とりどりの花が着物の美しさを引き立てます。
  • 草履とバッグ:草履とバッグは着物と同じ色、または合わせやすい金や銀で統一感を出すと良いでしょう。

このように、7歳の女の子の七五三着物は、色や柄、アクセサリーの選び方によって、お子さまの個性や美しさを最大限に引き出すことができます。

大切な節目を迎えるお子さまに、最も美しい着物を選んで、忘れられない一日を演出しましょう。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三用の着物レンタルセットから、「七五三・親子プラン お子さま1人とお母さまのセット(計2点)【set19】」をご紹介します。

こちらは、七五三のお子さま1人とお母さま、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でもお選びいただけます。

ゆめやのアンティーク着物はたいへん軽くてやわらかく、仕立てにも工夫を凝らしていますので、お子さまが疲れることはありません。

お母さまは訪問着フルセットの1着となります。着物はご自由にお選びいただけますし、草履・バッグ等の小物もセットになっていますので、安心してご依頼ください。

ぜひ母子揃って和装で七五三のお参りにお出かけください.。

7歳の女の子の七五三着物スタイルに合わせるシンプルなヘアアレンジ

7歳の女の子の七五三では、着物に合わせたヘアアレンジも大切なポイントです。
シンプルでありながら、華やかさを加えるスタイルが◎

ここでは、着物にぴったりなシンプルなヘアスタイルやそれに合わせる小物、さらにヘアアレンジのポイントをご紹介します。

【おすすめヘアスタイル】

  • ハーフアップ:髪の前半部分を取り上げて後ろで留めるスタイルです。顔周りをスッキリさせつつ、後ろ髪を自然に流すことで、優雅な印象を与えます。
  • ローポニーテール:首の後ろで一つに結ぶポニーテールは、シンプルで動きやすく、活発なお子さまたちにもぴったりです。リボンや飾りゴムでアクセントをつけると、より華やかに。
  • シンプルなおだんごスタイル:髪を一つにまとめておだんごにするシンプルで上品なスタイルです。

【アクセントを加える小物】

  • かんざし:伝統的なかんざしを使ってヘアスタイルに和の要素を加えることができます。シンプルなヘアスタイルに一本さすだけで、ぐっと華やかに
  • フラワーピン:小さな花のヘアピンを使って、ヘアスタイルに自然な美しさをプラスします。色は着物に合わせて選ぶと統一感が出ます。

【ヘアアレンジのポイント】

  • バランスを考える:ヘアスタイルは着物の柄や色とのバランスを考えて選びます。大きな柄の着物にはシンプルなヘアスタイルが、シンプルな着物には少し凝ったスタイルが似合います。
  • 快適さを保つ:長時間着物を着ているため、ヘアスタイルはお子さまが快適に過ごせるようにすることが重要です。きつすぎず、でもしっかりと留まるスタイルを心がけましょう。

これらのヘアアレンジは、7歳の女の子の七五三において、着物の美しさを引き立てるだけでなく、特別な日の装いを一層特別なものにします。

シンプルながらも、華やかさとお子さまらしさを兼ね備えたスタイルで、七五三の日を彩りましょう。

まとめ

この記事では、七五三着物の選び方やレンタルの利用方法、基本的な着付け、さらには記念撮影のコツについても説明してきました。

東京の着物レンタルサービスは、その高品質と多様な選択肢が特徴です。
七五三などの特別な日にふさわしい着物を選ぶ際に、これらの情報が役立つでしょう。

着物を選ぶときは、色や柄だけでなく、着る人の体型や年齢、その日のイベントに合わせた選び方が重要です。
また、全体の印象を左右するアクセサリー選びも大切です。

以下に、着物選びのポイントをまとめます。

  • 色や柄の選定:個人の好みだけでなく、イベントの性格に合わせた選び方をします。
  • 体型や年齢に合わせた選択:着る人の体型や年齢に合わせて、最も似合うスタイルを選びます。
  • アクセサリーの選択:着物と調和するアクセサリーを選び、全体のバランスを考えます。

この記事が、着物文化の魅力を再発見し、特別な日をより豊かにする手助けとなることを願っています。

〈参考記事〉
https://www.kimono-365.jp/girl-7age_753/
https://inuzuka.co.jp/blog/shichigosan_kimono_or_western-clothing/
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-kitsuke-howto/
https://maisonmorino.com/column/7_girls_hair/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

抹茶色×黒縞模様の振袖【fui25】

【初心者向け完全ガイド】成人式の振袖|ストライプ柄の魅力と選び方

はじめに 振袖は、成人式などの特別なイベントで着用される、日本の伝統的な和装です。その中でもストライプ柄の振袖は、古典的な美しさとモダンなデザインが融合した独特な魅力を持っています。特に若い女性たちに人気があり、個性的で […]

ひとつ前の記事

七五三イメージ

【初心者も安心】七五三出張撮影と着付けレンタルのおススメガイド完全版

はじめに 七五三は、お子さまの健やかな成長を家族で祝うお祝いの日。神社参りと一緒に、家族そろっての記念写真撮影も定番になりつつあります。中でも人気なのが、出張撮影と着物のレンタルがセットになったプラン。思い出の場所で、プ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!