水色の地に赤い雲取りと扇や几帳の色振袖【fui121】

【着物プロ監修】和装に合う髪飾りの選び方とヘアアレンジ完全ガイド

はじめに

着物を美しく着こなす上で重要なのがヘアスタイルです。特に、髪飾りは見た目を華やかに彩るものであり、その人の印象を大きく左右します。髪飾りは普段着ている洋装だけではなく、日本の伝統文化である着物にも重要な小物として扱われています。

着物は、成人式や卒業式といった特別な場面から、普段着まで、さまざまな場面で楽しまれています。場面によって着用する着物は異なるため、着物に合わせて髪飾りを選ぶことがポイントです。この記事では、着物に合わせた髪飾りの選び方から、特別な日やカジュアルな日におすすめのヘアアレンジまで、幅広く紹介します。

成人式と卒業式のための着物ヘアアレンジ

成人式や卒業式など、特別な日には自分をより美しく見せたいものです。特別な日の装いとして着物を選んだ時、ヘアスタイルは自分自身を美しく見せるための重要な要素の一つです。ここでは、成人式と卒業式にふさわしい着物に合わせた髪型髪飾りの選び方に焦点を当て、大切な日をより特別なものにするためのアイデアを紹介します。

成人式で輝く!上品な髪飾りとその選び方

成人式の日の着物として、よく選ばれるのが振袖です。振袖自体華やかで美しい着物ですが、さらに美しさを引き立てるために、髪飾りの選び方は非常に重要です。振袖に似合うおすすめの髪飾りかんざしです。ここではかんざしを中心に紹介していきましょう。

まず、金箔が施されたかんざしは豪華で格式高い印象を与えます。特に、振袖の豪華な柄と組み合わせることで、一層の華やかさを加えることができます。また、金色のかんざしは、赤やピンクといった暖色系の着物に特によく映え、成人式の華やかな雰囲気にぴったりです。

ここで、ゆめやでレンタル可能な、金がまぶされた、華やかな振袖に合うかんざしの一例をご紹介します。

表に出てくる部分が丸い形の、バチ型かんざしです。描かれたのは椿と鉄線(クレマチス・鉄仙)でしょうか。描いたあとに金粉をまぶし、花芯には七色のに輝く細工を施して、エレガントな仕上がりになっています。三味線のバチの形をしたバチ型かんざしよりも、柔らかい雰囲気のあるフォルムと絵付けです。

次に、パールやクリスタルをあしらったかんざしも人気があります。これらの素材は光を美しく反射し、顔周りを明るく見せる効果があります。白やクリーム色のパールは、どんな色の着物にも合わせやすく、上品で洗練された印象を与えます。

また、季節の花をモチーフにしたかんざしは、若々しくフレッシュな印象を与えることができます。例えば、梅の花を模したかんざしはこれから春を迎える成人式の時期に適しており、さらに新たな門出を象徴するデザインとして選ばれることが多いです。

かんざしの選び方のポイントは、着物の色や柄、そしてその日のメイクやその他の小物類とのバランスを考慮することです。全体の調和を考えながら、自分のスタイルに合った髪飾りを選び、成人式の記念に残る一日を彩りましょう。

卒業式を彩る!ヘアスタイルと髪飾りのマッチング

卒業式では、を着用することが多く、清楚で上品なイメージを目指すことが多いです。袴に合わせるヘアスタイルは、シンプルながらも凛とした美しさを表現することを意識してみましょう。ここでは、袴に合わせたヘアスタイルと、それを引き立てる髪飾りの選び方を紹介します。

には、やや低めの位置で結んだシンプルなポニーテールや、ゆるく編み込んだヘアスタイルがよく似合います。これに小さめの花かんざしを加えることで、控えめながらも華やかさを添えることができます。また、和風の髪飾りを使う場合は、色は袴の色と合わせて、赤や白などの基本色を選ぶと間違いないでしょう。

髪飾りを選ぶ際には、シンプルかつ上品なものが望ましいです。大ぶりのものや派手なものは避け、細やかなデザインのかんざしや、小さな花の飾りを選ぶとよいでしょう。また、髪飾りをつける位置も重要で、顔の形を美しく見せる位置で留めることがポイントです。

お子さま向けの着物によく合うヘアアレンジ

子どもたちも着物を着る場面があります。例えば、お祭りやお正月七五三などの行事が挙げられます。ここでは、お子さまの魅力を引き出すヘアアレンジに焦点を当て、カラフルな髪飾りのアイデアと簡単にできるヘアスタイルのコツを紹介します。

お子さまの魅力を引き出す!カラフルな髪飾りのアイデア

子ども向けの髪飾りは、カラフルで楽しいデザインが魅力です。例えば、小さな花やリボン、蝶々をモチーフにしたカラフルなかんざしは、お子さまのかわいらしさを引き立てます。特に、桜や梅の花を模した小さな飾りは、春のお祭りやお花見にぴったりです。また、夏祭りや秋の行事には、金魚や紅葉をデザインした飾りが季節感を演出してくれます。

これらの髪飾りは、着物の色や柄に合わせて選ぶことが重要です。鮮やかな色の着物には、同じ色系でまとめたり、対照的な色でアクセントを加えたりするとよいでしょう。例えば、赤い着物にはピンクや白の花飾りを、青い着物には黄色や緑のリボンを合わせることで、華やかさが増します。

また、髪飾りの素材にも注目してみましょう。布製のものは軽くてお子さまも快適に過ごしやすいですし、ビーズや小さな宝石をちりばめた飾りは、光に反射してキラキラと輝き、特別な日の装いがさらに特別になることでしょう。その際、安全な素材しっかりとした作りのものを選ぶことを忘れずに。お子さまが一日中安心して快適に過ごせるようにすることを心がけましょう。

着物に似合うお子さまのヘアスタイルを手軽に作るコツ

お子さまのヘアアレンジは、大人ほど複雑でなくとも、ちょっとした工夫ですてきに見せることができます。簡単ながらも効果的なヘアアレンジの一つに、ゆるく結んだポニーテールがあります。これに小さな花の飾りを加えるだけで、簡単に和の雰囲気を出すことができます。また、髪が短いお子さまでも、髪のサイドに小さなかんざしを挿すだけで、一気に着物に合ったスタイルに変わります。

ヘアアレンジをする際には、髪の毛を傷めないように気をつけることが大切です。特にお子さまの髪はデリケートなので、ゴムで結ぶ際は締め付けすぎないようにし、かんざしを使う場合は頭皮を傷つけないように気をつけてください。また、ヘアスプレーなどの化学製品は極力避け、自然なホールド力があるものを選ぶことをおすすめします。

着物で用いる髪飾りの基本

着物の装いを一層美しく見せるためには、髪飾りが必要不可欠です。特に、かんざしプリザーブドフラワーを用いた髪飾りを着物や袴に合わせることで、洗練された印象を与えます。ここでは、着物に合わせる髪飾りの選び方と、それらを使ったヘアスタイルのコツを紹介します。

かんざし:着物に欠かせない髪飾り

かんざしは着物のヘアスタイルに欠かせない髪飾りです。かんざしにはたくさんの種類があり、使い方もそれぞれです。また、素材には金属、木、ベッコウなどがあり、季節や着物の種類、イベントの内容によって、かんざしを選ぶ必要があります。

例えば、正絹の着物や豪華な振袖には、金や銀で作られたかんざしがよく似合います。これらのかんざしには複雑な細工が施されていることが多いです。中には、花や古典的な柄のかんざしもあります。特に、成人式や結婚式などのフォーマルな場正絹の着物を着る場合には、金箔を使ったかんざしや、パールや石がちりばめられた豪華なものを選ぶとよいでしょう。

普段着用の着物には、よりシンプルでナチュラルな素材のかんざしが適しています。木製や竹製のかんざしは、自然な質感がカジュアルな着物にマッチし、飾り過ぎず洗練されたスタイルを作り出します。また、季節の花を模ったかんざしは、春は桜や梅、夏は菖蒲や朝顔、秋は紅葉や菊、冬は椿や水仙といった具体的なデザインで季節感を表現することができます。

さらに、かんざしの挿し方一つでヘアスタイルの印象が大きく変わります。たとえば、サイドにさりげなく一本挿すだけで、控えめながらも上品なアクセントになります。一方、髪をアップスタイルにした際には、複数のかんざしを使って華やかに飾ることもできます。

プリザーブドフラワーで作るナチュラルな髪飾り

プリザーブドフラワーを用いた髪飾りは、自然な美しさがあり、近年特に人気があります。これらの髪飾りは、実際の花を特殊な方法で加工しているため、生花のような風合いを保ちつつ、長期間その美しさを楽しむことができます。

着物や袴と合わせる場合、プリザーブドフラワーの髪飾りは特に卒業式や結婚式などのフォーマルで華やかな場に適しています。色とりどりの花々は、着物の色彩を引き立て、自然な雰囲気を加えてくれます。例えば、淡い色の着物にはピンクや白、ラベンダー色の花を選ぶと、優しい印象になります。

プリザーブドフラワーをヘアアレンジに取り入れる際は、小さな花を数個選んでランダムに挿すスタイルや、一つの大きな花をメインにして、その周りを小花で飾るスタイルなどがあります。また、リボンやビーズなどを加えることで、より個性的で芸術的なデザインを楽しむことができます。

これらの髪飾りを上手に選び、着物の魅力をさらに引き立ててみてください。適切な髪飾りを選ぶことで、着物スタイルがより一層輝くはずです。

訪問着とカジュアルな着物に合わせるヘアスタイル

訪問着やカジュアルな着物を着る際、ヘアスタイルで装いをさらに引き立てることができます。ここでは、訪問着に合わせる上品な髪飾りカジュアルな着物に映えるシンプルなヘアスタイルを紹介します。どちらも着物の美しさを最大限に活かすことができるスタイルです。

訪問着にふさわしい上品な髪飾り

訪問着は、フォーマルな場面で着用されることが多く、ヘアスタイルもそれに合わせて上品に整える必要があります。また、訪問着に合わせる髪飾りとしておすすめなのは、シンプルでエレガントなデザインのものです。かんざしはもちろん、小さな花やパールなどを用いた髪飾りが適しています。

素材は、金や銀、パールなどが好まれます。光沢があるため、訪問着の高級感をさらに引き立てることができます。また、髪飾りの色は、着物の色に合わせて選ぶと調和がとれます。例えば、青や緑の訪問着にはシルバーや白いパール、赤やピンクの訪問着にはゴールドや赤い花の髪飾りが映えます。

ゆめやでレンタル可能な、訪問着にぴったりのパールを用いたおすすめの髪飾りをご紹介します。

静かな色合いの金色の土台には、葉っぱの彫りが施され、真珠や宝石を模した細工が取り付けられたかんざしです。大変エレガントなかんざしで、洋風のヘアアレンジに似合いそうです。

ヘアスタイルは、アップスタイルやハーフアップが一般的です。髪を高めの位置でまとめることで、顔周りをすっきりと見せ、よりフォーマルな印象になります。髪飾りは、大きめのものを一つだけ使うか、小さめのものをいくつか組み合わせるとよいでしょう。特に、かんざしは後ろ髪にさりげなく挿すと、上品で洗練された印象を与えることができます。

カジュアル着物に映えるシンプルヘアアレンジ

カジュアルな着物では、もっと自由でリラックスしたヘアスタイルが楽しめます。ここでは、シンプルでありながらもおしゃれなヘアアレンジを紹介します。例えば、ルーズなポニーテールやゆるく編み込んだヘアスタイルは、日常的に着物を着る際にぴったりです。

カジュアルな着物に合わせる髪飾りとしては、カラフルなリボンや布製の花、木製のかんざしなどが適しています。これらの髪飾りは、着物のカジュアルな雰囲気にマッチし、若々しく元気な印象を与えることができます。また、ビーズや小さなチャームをつけたヘアピンも、シンプルながらおしゃれなアクセントになります。

カジュアルなヘアアレンジでは、髪を全て結ぶのではなく、前髪やサイドの髪を少し残しておくと、よりリラックスした印象になります。また、髪飾りを使う際は、色やデザインが着物と合っているかを確認し、全体のバランスを考えることが重要です。

これらのヘアアレンジ髪飾りのアイデアを参考に、訪問着やカジュアルな着物に合わせたスタイルを楽しんでみてください。

色とデザインで選ぶ髪飾り

着物を着る際、髪飾りの色とデザインによって、見た目の印象が大きく変わります。そのため、着物を着る場面や状況に合わせた適切な髪飾り選びが必要です。ここでは、髪飾りを選ぶ際の色とデザインに注目し、どのように選べばよいかを紹介します。

色による印象の変化

髪飾りを選ぶ際、色は非常に重要です。色にはそれぞれ意味があり、その日の行事や季節、着物の色との調和を考えて選ぶ必要があります。例えば、成人式や結婚式などの華やかな場では、赤やピンク、ゴールドといった鮮やかで明るい色が好まれます。これらの色はお祝いの雰囲気を醸し出し、華やかな装いに彩を添えます。

一方、茶道や観劇などの落ち着いた行事には、ネイビー、グリーン、ブラウンといった自然を感じさせる色や、パステルカラーが適しています。これらの色は穏やかな印象を与え、優美で落ち着いたスタイルを作り出します。

色の選び方のポイントの一つは、着物の主色と対照的な色を選ぶことです。髪飾りがワンポイントアクセントとなり、際立った印象を与えます。例えば、淡い色の着物には濃い色の髪飾りを合わせると、アクセントとして機能し、顔周りを引き締める効果があります。また、同系色でまとめることで、洗練された印象を与えることもできます。

トレンドと伝統を融合させた髪飾り

髪飾りのデザインは、伝統的なものからモダンなスタイルまで多岐にわたります。トレンドを取り入れつつ、伝統的な要素を融合させることで、新しいスタイルを生み出すことができるでしょう。例えば、古典的な桜や菊の花をモチーフにしたかんざしは、金属や漆、パールを用いて現代的にアレンジされることが多く、古典美と現代的な美しさを併せ持っています。

また、素材に関しても、伝統的な金属や木材に加え、アクリルや布、レースなど現代的な素材を用いることで、軽やかで日常的にも使いやすいデザインが増えています。これにより、着物をカジュアルに楽しむ若い世代にも髪飾りが受け入れられやすくなっています。

髪飾りのデザインは、着る場面や着物のスタイルに合わせて選ぶことが大切です。フォーマルな場では伝統的なデザインを、カジュアルな場ではモダンで実用的なデザインがおすすめです。

このように、色とデザインを意識して髪飾りを選ぶことで、どんな場面でも自分らしいスタイルを演出することできるでしょう。

着物に合わせる簡単なヘアアレンジ

着物を着る際、ヘアスタイルもその装いに合わせて整えたいものです。しかし、初心者や忙しい方々にとっては、簡単にできるヘアアレンジを知りたいと思うことでしょう。ここでは、誰でも簡単にできるヘアアレンジと、着物スタイルを格上げするヘアアレンジ術を紹介します。

誰でもできる!簡単ヘアアレンジ

ヘアスタイルは、全体の印象を大きく左右します。しかし、複雑なアレンジは時間がかかり、初心者にとっては難しい場合があります。ここでは、ヘアピンなどの基本的な小物シンプルな手順でできる簡単アレンジをご紹介します。

まず、一番簡単なのは、高めの位置で一つに結ぶポニーテールです。これに小さな花のかんざしを加えるだけで、着物にぴったりの華やかさをプラスできます。また、前髪がある方は、前髪を軽く巻いてピンで留めるだけで、顔周りがぱっと華やかになります。

次に、ヘアクリップやバレッタを使った簡単アレンジもおすすめです。和柄のヘアクリップを用いて、サイドの髪を留めるだけでも、着物にマッチした雰囲気を作り出せます。特に、シルクや布製の花がついたヘアアクセサリーは和装によく合い、簡単に装着できるため便利です。

着物スタイルを格上げするヘアアレンジ術

着物をさらに美しく見せるためには、少し工夫を凝らしたヘアアレンジがおすすめです。ここでは、少し手間を加えるだけで、見た目が大きく変わるアレンジ方法を紹介します。

一つは、編み込みを取り入れたアップスタイルです。髪全体を三つ編みにし、それをねじりながらまとめてアップにすると、とても凝って見えるヘアスタイルになりますが、実際の手順は非常にシンプルです。このスタイルには、大きめの花のかんざしを挿すと、より華やかになります。

また、ハーフアップにする際に、後ろで髪をねじって留め、その上から和装用のリボンや布で作られた髪飾りを加えると、シンプルながらも洗練されたスタイルになります。この際、髪飾りの素材や色が着物と調和しているかを確認しましょう。

これらのヘアアレンジは、特別な道具を必要とせず、簡単に試すことができます。着物をより楽しむために、これらの簡単ながら効果的なヘアアレンジを試してみてください。

まとめ

この記事を通じて、着物に合わせるヘアアレンジ髪飾りの選び方について詳しく紹介しました。着物は日本の美しい伝統文化の一部です。着物を着る際には、適切なヘアスタイルと髪飾りを選ぶことで、その魅力をより一層引き立てることができます。これから着物を楽しむ際には、今回紹介したアイデアを活用して、自分だけのスタイルを作り出してみてください。日本の伝統的な装いを、現代のライフスタイルに合わせて楽しむことで、新たな発見や喜びが見つかるはずです。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

桔梗色に地紙と四君子の小振袖【hou30】

【プロ推奨カラー】紫の着物で洗練スタイル | 選び方と合わせ方のコツ

はじめに 紫色の着物は、その高貴で上品な色合いで多くの人を引きつけ、日本の伝統美を象徴するものの一つです。この記事では、紫色の着物の持つ独自の魅力に焦点を当て、選び方やスタイリングのコツ、そして着物をレンタルするための方 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!