黒留袖イメージ

【着物のプロが監修】留袖はいつ着るもの?着こなし方は?場面と選び方

はじめに

着物の中でも、特別な場面で選ばれるのが留袖です。留袖は格式が高い着物で、日本の美意識と礼節を象徴しています。また留袖を着るためには、色や柄、着用するシーンに至るまで、多くの知識とマナーを知っておく必要があります。着物初心者の方にとっては、「留袖をいつ着るべきか」、「留袖を着る際にはどのようなことに気をつければいいのか」など疑問が尽きないことでしょう。この記事では、留袖を着る場面やマナーなどについて紹介します。

留袖の着用シーン

留袖は日本の伝統的な礼装です。そのため、いつ着るべきかと問われる場合、結婚式などの格式の高い式典であるというのが一般的な答えです。ここでは、留袖を着用する具体的なシーンと、それぞれの場での着用マナーについて詳しく見ていきましょう。

結婚式での留袖:格式高い場面での着用マナー

結婚式は留袖を着る最も代表的なシーンの一つです。特に、新郎新婦の母親親族の既婚女性が着用することが多く、結婚式のフォーマルな雰囲気に華を添えます。

結婚式で留袖を着用する際のマナーは非常に重要です。留袖の選び方においては、黒留袖が最も一般的で、五つ紋を付けることが礼装としての基本となります。柄は、披露宴の場にふさわしい華やかさを選び、格式を重んじるべきです。帯や小物も留袖に合わせた上品でフォーマルなものを選ぶことが大切です。

また、留袖の着用方法にも注意が必要です。比翼仕立ての留袖は、衿元が美しく見えるように着ることが求められ、帯結びや帯揚げ、帯締めの選び方にも格式が求められます。草履やバッグも、留袖の格に合わせたものを選び、全体の調和を考えることが重要です。

その他の式典での留袖:留袖はいつ着るのがふさわしいか

結婚式以外にも留袖を着る機会はありますが、多くはありません。具体的な着用シーンとしては、叙勲や祝賀会、家元の免許皆伝など、非常に限られたフォーマルなシーンが挙げられます。

留袖には黒留袖の他に、ピンクや青などが地色の色留袖があります。黒留袖の方が色留袖よりも格式が高くなりますが、色留袖も五つ紋を入れると黒留袖と同等の格式となります。

色留袖の紋の数によっては、略礼装として扱われることもありますが、留袖自体の格式が高いため、卒業式や入学式などの一般的な式典には向きません。そのような式典に参列する際にふさわしいのは、訪問着と呼ばれる種類の着物です。

留袖を着ることで、その場の雰囲気を重んじ、自身の立場を適切に表現することができます。留袖の選び方から着用方法、小物の選び方に至るまで、細部にわたって注意を払い、礼装としてのマナーを守ることが求められます。留袖を着ることは、日本の美しい伝統と文化を今に伝える大切な機会です。その重要性を理解し、適切な留袖の着こなしを心がけることで、どんな場面でも美しく、品格ある立ち振る舞いを実現できるでしょう。

左より黒留袖、色留袖、訪問着です。

留袖の選び方

留袖を選ぶ際には、その色や柄、さらには家紋に至るまで、多くの要素を考慮する必要があります。これらの要素は、留袖が持つ意味や格式、そして着用する場の雰囲気を大きく左右します。ここでは、留袖を選ぶ上でのポイントを、色と柄の意味、そして家紋の選び方という2つの観点から詳しく見ていきましょう。

色と柄の意味:留袖の色と柄が持つ意味とは

留袖の色と柄は、着用する場の格式や季節、着用者の年齢や立場を反映します。一般的に、留袖は黒が基調ですが、その上に施される柄にはさまざまな意味が込められています。例えば、松や鶴、亀といった長寿を象徴する柄は、おめでたい場にふさわしいとされます。また、四季折々の花や風景を描いた柄は、自然の美しさと移ろいを表現しており、着用する季節に合わせて選ばれることが多いです。

留袖の柄選びでは、以下のポイントを考慮するとよいでしょう。

  • 場の格式:結婚式などのフォーマルな場では、伝統的な柄が施された留袖を選ぶのがおすすめです。格式が高い場では、控えめながらも意味深い柄が適しています。
  • 季節感:春には桜、秋には紅葉など、季節に応じた柄を選ぶことで、その時々の美しさを表現できます。
  • 着用者の年齢と立場:年配の女性や親族の立場が重要な場では、落ち着いた色合いや伝統的な柄の留袖が適しています。一方で、若い女性が着用する場合は、比較的新しいデザインや色使いの留袖も選択肢に入れることができます。

大彦と龍村の組み合わせ、五つ紋付黒留袖」4~5月のご着用におすすめの黒留袖です。艶やかな牡丹を手刺繍の線画とぼかし染めで表見し、存在感のある着姿を演出します。

御所車と舟に柳の夏絽の五つ紋付き黒留袖」7~8月のご着用に最適な、薄物の黒留袖です。透け感のある横絽に小舟が浮かぶ水辺の風景を描いた、涼し気な一枚。金糸で御所車が表現され、豊かな将来を願う気持ちを装いに込めて。

葡萄と唐草の黒留袖」9~10月にピッタリな、単衣の黒留袖です。秋を代表する葡萄がたおやかに描かれた、季節限定の意匠。周りと差がつく、おしゃれな装いを叶えます。

椿尽くしの黒留袖」1~2月におすすめの黒留袖です。余白を活かして上前に椿、下前に梅をすっきりと描いた粋なデザイン。深い黒地に、日本美が際立ちます。

家紋の選び方:留袖における家紋の重要性

留袖に家紋を入れることは、着用者の家族や身分を示すとともに、格式を表す重要な要素です。留袖には一般的に五つ紋が入り、これは最も格式が高い着物の一つとされています。

家紋の種類や入れ方には、以下のようなポイントがあります。

  • 家紋の種類:家紋には数100種類があり、それぞれに意味が込められています。自身の家系や歴史を反映した家紋を選ぶことが一般的です。なお、レンタル留袖には、誰でも使える通紋が施されています。
  • 入れる位置:留袖に家紋を入れる位置は、背中の真ん中、両胸、そして両袖の後ろの計五か所です。この五つ紋が留袖の格式を示します。
  • 選び方:自分の家系に伝わる家紋がある場合は、それを使用します。もし家紋を持っていない場合は、通紋という誰でも使える家紋を選ぶとよいでしょう。

留袖を選ぶ際には、これらの色や柄、家紋の意味を深く理解し、着用する場の雰囲気や自身の立場に合ったものを選ぶことが重要です。留袖は、日本の伝統と文化を今に伝える大切な装いです。そのため、留袖選びには、適切な知識と敬意を持って臨むことが求められます。美しい留袖を選び、適切な場でそれを着用することで、日本の美しい礼節と伝統を体現することができるでしょう。

留袖のコーディネート方法

留袖を着る際、その美しさを最大限に引き出すためには、適切なコーディネートが不可欠です。留袖自体の色や柄の美しさを生かしつつ、小物選びにも気を配ることで、全体の調和を図り、格式高い場にふさわしい装いを完成させることができます。ここでは、留袖のコーディネート方法を小物との合わせ方、そして色合いと柄のコーディネートという2つの観点から掘り下げていきます。

小物との合わせ方:草履や帯で留袖を引き立てる

留袖のコーディネートにおいて、帯や草履といった小物選びは非常に重要なポイントです。これらの小物は留袖の印象を大きく左右し、全体のバランスを整える役割を持っています。

  • 帯の選び方:留袖に合わせる帯は、格式が高く、伝統的な柄があしらわれたものを選ぶことが一般的です。また、帯にはいくつか種類がありますが、留袖に合わせる帯は袋帯という最も格式が高いものが適当です。帯の色は留袖の地色や柄に合わせて選び、全体の調和を考慮します。帯結びは二重太鼓で結ぶことが一般的です。
  • 草履の選び方:草履は、留袖と同様に格式高いデザインのものを選ぶことが求められます。色は留袖や帯との調和を考慮し、落ち着いた色合いのものが選ばれることが多いです。また、バッグと草履はセットで選ぶことが一般的で、素材や色が合っていることで、より洗練された印象になります。

黒留袖に合わせる和装小物には、ある程度決まりがあります。帯は金銀糸が入った織りの袋帯を二重太鼓に締め、帯揚げと帯締めは白、バッグと草履は金色が基本です。帯には金銀の末広を挿します。アンティークきものレンタルゆめやでは着物に精通したスタッフが、黒留袖の着こなしをサポートいたします。着物に不慣れな方も黒留袖のコーディネートに悩むことなく、安心して晴れの日に臨んでいただけます。

色合いと柄のコーディネート:留袖の色と柄で注意すべき点

留袖の色と柄のコーディネートは、その装いの印象を決定づけます。留袖は柄によってさまざまな表情を見せます。そのため、小物を選ぶ際には、留袖の色と柄に合わせて慎重に選びましょう。

  • 色の調和:留袖の色と小物の色は、調和するように選びます。黒留袖の場合は、金や銀などの帯や、落ち着いた色の草履が適しています。色留袖の場合は、柄に合わせた色の小物を選ぶことで、全体のコーディネートに深みを与えることができます。
  • 柄のバランス:留袖の柄が大きく華やかな場合は、小物は比較的シンプルなものを選ぶとよいでしょう。逆に、留袖の柄が控えめな場合は、少し華やかな小物でアクセントをつけることができます。

ジャスパーグリーンに扇の手刺繍の色留袖」ぼかしを施した鮮やかなグリーン地に、ドロンワークの手刺繍で扇を表現した一つ紋付き色留袖です。立涌に宝相華や鳳凰を細やかに織り出した帯を締め、全体の柄ゆきのバランスを大切にしています。帯揚げ・帯締めは白を多く用いたものを選び、華やかなかつ格式高い装いとしました。

シメント色に鶴と菖蒲の五つ紋付色留袖」上品なシメント色の地に、水辺で遊ぶ鶴を描いた五紋付き色留袖です。菱形に宝相華を大きく織り出した帯を締め、色留袖の繊細な柄ゆきを引き立てました。金糸をたっぷりと用いた帯締めを装いのアクセントに。

留袖をコーディネートする際には、留袖の格式と着用する場の雰囲気を考慮し、色合いと柄の調和に注意を払うことが重要です。適切な小物選びにより、留袖の美しさを引き立て、格式高い場にふさわしい装いを完成させることができます。留袖のコーディネートは、日本の伝統的な美意識を体現することにつながり、その過程を楽しむこともまた、留袖を着る醍醐味の一つです。

レンタル留袖の選び方

留袖を着る機会は人生でそう多くはありませんが、特別な日には非常に重要な役割を果たします。そのため、特別な機会のために留袖を購入する代わりにレンタルを選択することがあります。ここでは、留袖をレンタルする際のメリットと、選ぶ際の注意点について詳しく見ていきます。

レンタルのメリット:留袖をレンタルする際の利点

留袖レンタルの最大の利点は、コストパフォーマンスの高さです。高品質な留袖一式を購入するとなると、非常に高額になりますが、レンタルであれば一定の料金で必要な一式を揃えることができます。特に、一生に一度か二度しか着ない可能性が高い留袖に多額のお金をかけるのは経済的ではないため、レンタルは賢い選択と言えます。

また、レンタルを利用することで、最新のデザインや流行を取り入れた留袖を選ぶことができます。自分では選ばないような色や柄に挑戦することも可能で、特別な日の装いをより一層楽しむことができます。

さらに、レンタルサービスでは、留袖だけでなく帯や草履、バッグといった小物もセットでレンタルできるため、全体のコーディネートをプロの手に委ねることができるのも大きなメリットです。これにより、自分で一からコーディネートを考える手間が省け、特別な日に向けての準備をよりスムーズに進めることができます。

選ぶ際の注意点:レンタル留袖を選ぶ時のポイント

レンタル留袖を選ぶ際には、いくつかの注意点があります。まず、レンタルする留袖の品質を確認することが重要です。高品質な留袖を提供しているレンタルショップを選び、実際に商品を見て、生地や縫製の品質をチェックしましょう。

また、レンタル期間や料金、返却に関する条件を事前に確認することも大切です。特に、結婚式や式典の日程に合わせて留袖を予約し、必要な期間だけ借りることができるかどうかを確認しておく必要があります。

サイズ選びも非常に重要です。留袖は日本の伝統的な衣服であるため、西洋の服とはサイズ感が異なります。自分の体型に合った留袖を選ぶためにも、試着をしてみるか、専門のスタッフに相談してみることをおすすめします。

最後に、レンタルショップ選びにも注意が必要です。信頼できるショップを選ぶためには、事前に口コミや評判を調べたり、実際に店舗を訪れてスタッフの対応を見るなど、情報収集を怠らないようにしましょう。

レンタル留袖は、特別な日を美しく彩る素晴らしい選択肢です。レンタルのメリットを最大限に生かし、注意点に留意しながら、最適な留袖を選ぶことで、忘れられない一日を過ごすことができるでしょう。

アンティークきものレンタルゆめやでは、大正から昭和に作られたアンティークを中心に多彩な留袖・訪問着をご用意しています。着物の仕入れからお直しまで、すべて当店のスタッフが手掛けて「本物の着物の素晴らしさ」をリーズナブルな価格でお届けします。帯や草履、バッグといった小物類もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでレンタルしていただけます。

留袖着用時のマナーとエチケット

留袖を着用する際には、ただ美しく装うだけでなく、適切なマナーやエチケットを守ることが求められます。これは、留袖が持つ格式高い文化的価値を尊重し、特別な場の雰囲気を損なわないために不可欠です。ここでは、留袖を着た時の正しい振る舞いと、留袖着用時に覚えておきたいマナーについて詳しく見ていきます。

着用時の振る舞い:留袖を着た時の正しい振る舞い

留袖を着用した際には、その装いにふさわしい優雅で落ち着いた振る舞いが求められます。まず、立ち振る舞いにおいては、姿勢を正し、落ち着いた動作を心がけましょう。留袖は動きを大きくすると着崩れやすいため、無駄な動きを避け、静かで穏やかな動作が基本です。

また、会話をする際にも、声の大きさや話し方に気を配り、品位を保つことが重要です。格式高い場では、落ち着いた口調で、相手を敬う言葉遣いを使うことが礼儀とされます。

食事のマナーにも注意が必要です。留袖を着ているときは、特に食べこぼしに注意し、ナプキンの使用や箸の扱い方など、基本的なテーブルマナーを守ることが求められます。

注意すべきマナー:留袖着用時に覚えておきたいマナー

留袖着用時のマナーには、以下のようなものがあります:

  • 着物の着方:留袖を着る際は、正しい方法で着付けを行い、帯結びや衿合わせが適切であることを確認しましょう。不慣れな場合は、プロの着付け師に依頼するのも一つの方法です。
  • 小物の使用:留袖に合わせる小物(帯、草履、バッグなど)は、留袖の格に合ったものを選びます。過度に派手な小物は避け、品のあるシンプルなものを選ぶことが大切です。
  • 移動の仕方:留袖を着用している際には、ドアの開閉や階段の上り下りに注意が必要です。特に階段を昇降する際には、上前を軽く持ち上げることで、つまずきを防ぎます。その際にも品位を忘れずに行動しましょう。

留袖着用時のマナーとエチケットを守ることは、自分自身を美しく見せるだけでなく、周囲への敬意を表し、特別な場の雰囲気を高めるためにも非常に重要です。適切な振る舞いとマナーを身につけることで、留袖を着ることの真の意義を体現し、格調高い装いを完成させることができるでしょう。

留袖と他の着物との違い

日本の伝統衣装である着物には、さまざまな種類があり、それぞれが特定のシーンや目的に合わせて着用されます。中でも、留袖は最も格式高い着物の一つとされ、特別な場に着用されることが多いです。留袖と他の着物との違い、特に訪問着との比較を通じて、留袖の独特な特徴を探っていきましょう。

留袖と訪問着の違い:両者の違いとは

留袖と訪問着は、いずれもフォーマルな場に適した着物ですが、用途やデザインにおいて明確な違いがあります。それぞれいつ着るのに適しているのか、また外見の違いはあるのかについて紹介します。

  • 用途の違い:黒留袖は主に既婚女性が結婚式などの非常にフォーマルな場で着用する着物です。特に、新郎新婦の母親や親族が着用することが一般的です。なお、色留袖も新郎新婦の親族が着用するのが一般的ですが、黒留袖と異なり未婚女性でも着ることができます。一方、訪問着は結婚式のゲストやパーティー、お茶会などの場に適しており、既婚・未婚を問わず着ることができます。
  • デザインの違い:留袖は通常、黒を基調とし、裾に豪華な柄が入るのが特徴です。また、五つ紋を入れることでその格式を示します。訪問着は色や柄により多様性があり、肩から裾にかけて全体に柄が入ることが多く、比較的自由度が高いデザインが特徴です。

白地にオシドリと青い鳥の訪問着」白地に花々やオシドリを手描きした、アンティーク訪問着です。「仲良し夫婦」を象徴するオシドリは、結婚式にぴったりのモチーフ。華やぎのなかに上品な落ち着きがあり、幅広い年齢の方にお召しいただけます。

鹿の子と板締めの絞りに手刺繍の花々の小振袖」鹿の子絞りと板締め絞りを施した地に、ふっくらとした手刺繍で花々を表現した小振袖です。贅を尽くした艶やかな装いが、着る人の若々しさを際立たせます。

留袖の独特な特徴:他の着物と異なる留袖の特性

留袖が他の着物と異なる最も特徴的な点は、その格式の高さと、着用する場が限られている点です。留袖は既婚女性の中でも特に親族としての役割を果たす場合に選ばれることが多く、日本の伝統的な美意識や家族の絆、社会的な立場を象徴する衣装です。

また、留袖は伝統と格式を重んじるため、着用する際には品格が求められます。例えば、留袖を着る際は、適切な帯や小物を選んだり、髪型や髪飾りの使い方に至るまで、細部にわたって気を配る必要があります。

留袖を着用することは、日本の伝統文化を体現し、尊重する行為です。留袖と他の着物との違いを理解することは、日本の着物文化の奥深さを知る第一歩と言えるでしょう。

まとめ

留袖は、日本の伝統的な礼装として、格式高い場における女性の美しさを象徴する着物です。この記事を通じて、留袖の選び方から着用時のマナー、コーディネート方法に至るまで、留袖に関する重要なポイントを解説してきました。留袖を着ることは、日本の美しい伝統に触れる特別な機会です。適切な準備とマナーを心がけることで、留袖を着用する全ての瞬間を、一生の思い出に変えることができるでしょう。

〈参考記事〉
https://yourstyle.net/column/irotomesode/06/
https://yourstyle.net/column/furisode/01/
https://kyotokimonorental.com/blog/article/id/kurotomesode_kamon?hl=ja
https://www.tomesode-rental-kikuzuru.jp/useful/deportment/
https://kouei-kimono.com/blog/about_houmongi

訪問着

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

和裁イメージ ゆめやの作業風景

【初心者必見】和裁における縫い方の種類と技術| 着物作りを学ぶ

はじめに 和裁は、着物を作るための技術です。この技術では、洋裁とは異なる布の扱い方や縫い方があり、それぞれに独自の名前や方法があります。この記事では、和裁の世界への第一歩として、基本的な縫い方の種類や、それを行う上で必要 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!