栗山吉三郎・水色の縮緬に紅型染の色振袖【fui117】

【成人式準備】珍しい色や柄の振袖を選んで一歩差がつく着こなしを!

はじめに

成人式は、大人への第一歩を踏み出す大切な日です。この特別な日には、多くの人が伝統的な振袖を着て祝いますが、友達と同じ色やデザインになりたくないと感じる人も少なくありません。また、SNSが広まっている今、同じ日の写真が多くシェアされることから、他の人と違う振袖を着たいという気持ちが強まります。そのため、最近では珍しい色の振袖が注目されています。

この記事では、珍しい色の振袖をどのように選べばよいのかについて詳しく紹介します。珍しい色の魅力や選び方、さらに周りと差をつけるコーディネートのポイントまで、幅広く解説していきます。

基本の振袖の色:赤とピンク

成人式で多く選ばれる基本の振袖の色は、ピンクです。これらの色は、伝統的な美しさと現代の感性を兼ね備えており、多くの方に愛されています。ここでは、それぞれの色の魅力と特徴、そして友達とかぶらない工夫について詳しく解説します。

赤の振袖と伝統的な柄

の振袖は、長い歴史を持つ伝統的な色です。赤は、情熱や活力、幸福を象徴し、特別な日にふさわしい華やかさがあります。日本の文化において、赤はお祝い事やおめでたい場面でよく用いられる色で、多くの方に選ばれています。

赤の振袖に合う伝統的な柄は、多岐にわたります。以下に代表的な柄を紹介します。

  • 花柄:桜や梅、菊などの花柄は、季節感を感じさせる美しいデザインです。花柄は、女性らしさを引き立てるため、成人式にぴったりです。
  • 鶴や亀の柄:これらの柄は、長寿や繁栄を意味する縁起の良いデザインです。特に鶴の柄は、優雅で美しく、赤の振袖によく映えます。
  • 松や竹の柄:これらの柄は、力強さや成長を象徴します。赤の振袖に取り入れることで、格式高く見えます。

友達とかぶらないための工夫としては、次のようなポイントが挙げられます。

  • 個性的な小物を選ぶ:帯や帯揚げ、帯締めなどの小物で個性を出すことができます。例えば、帯に鮮やかな色や珍しいデザインを選ぶことで、全体の印象が大きく変わります。
  • オリジナルのヘアスタイル:髪型も大きなポイントです。古典的な和装ヘアスタイルにモダンなアクセントを加えることで、個性を引き立てることができます。
  • 特別な柄の振袖を選ぶ:伝統的な柄でも、珍しい配置や色使いのものを選ぶことで、他の人とは違った印象を与えることができます。

ピンクの振袖と現代的な柄

ピンクの振袖は、かわいらしく愛らしい印象を与えます。ピンクは、若さや明るさを象徴し、成人式という特別な日にふさわしい色です。日本の文化においても、ピンクは春を象徴する色で、新しい始まりを祝う場にふさわしい色と言えます。なお近年では、現代的な柄との組み合わせが人気です。

ピンクの振袖に合う現代的な柄としては、以下のようなものがあります。

  • モダンな花柄:大きな花柄や色とりどりの花がデザインされた振袖は、目を引くこと間違いなしです。色鮮やかな花柄は、ピンクの振袖に明るさと華やかさを加えます。
  • 抽象的な柄:幾何学模様や抽象的なデザインは、現代的な印象を与えます。ピンクの振袖に合わせることで、おしゃれで個性的なスタイルが楽しめます。
  • 動物柄:かわいらしい小動物や鳥の柄は、ピンクの振袖にぴったりです。特に、うさぎや小鳥の柄は、愛らしさと親しみやすさを感じさせます。

友達とかぶらないための工夫としては、次のようなポイントが挙げられます。

  • ユニークな小物使い:ピンクの振袖に合わせる小物も個性を出すポイントです。特に、帯や髪飾りに珍しいデザインや色を選ぶと、全体の印象が変わります。
  • オリジナルなメイク:メイクで個性を出すことも重要です。現代的なメイクと伝統的な振袖を組み合わせることで、ユニークな印象を与えることができます。
  • 他にはない柄選び:一般的な花柄ではなく、少し珍しいデザインや配色の振袖を選ぶことで、他の人と差をつけることができます。

赤とピンクの振袖は、それぞれ異なる魅力を持っていますが、どちらも成人式にふさわしい華やかさがあります。友達とかぶらないための工夫を取り入れながら、自分だけの特別な振袖を選んでみてください。

成人式で周りに差をつける珍しい振袖の色:グレー、クリーム、水色

成人式は一生に一度の特別な日。だからこそ、周りと少し違う個性的な振袖を選びたいと考える人も多いでしょう。そこで、ここでは珍しい色の振袖として、グレー、クリーム、水色の3色を紹介します。これらの色は他の人と差をつけるのにぴったりで、洗練された印象を与えることができます。

グレーの振袖とシンプルな柄

グレーの振袖は、上品で落ち着いた印象を与えるため、大人っぽい雰囲気を好む人におすすめです。一般的にはあまり見かけない珍しい色ですが、そのシンプルさが逆に目を引きます。グレーの振袖に合う柄は、シンプルで控えめなものが多く、全体のバランスを取りやすいのが特徴です。

グレーの振袖に合う柄の例

  • 無地や細かい模様:無地や非常に細かい模様の柄は、シンプルで洗練された印象を強調します。
  • 落ち着いた花柄:桜や梅など、控えめな花柄がよく合います。色彩も抑えめにすると上品にまとまります。
  • 幾何学模様:モダンな印象を与える幾何学模様は、グレーの振袖にぴったりです。

グレーの振袖は、その落ち着いた色合いから、小物や帯でアクセントをつけることが大切です。金色やシルバーの帯を合わせることで、全体に華やかさをプラスすることができます。また、帯揚げや帯締めに鮮やかな色を取り入れると、個性的なコーディネートが完成します。

クリームと水色の振袖と繊細な柄

クリーム色水色の振袖も、珍しい色として人気があります。これらの色は、柔らかく優しい印象を与えるため、ナチュラルで上品なスタイルを好む人に向いています。特に、繊細な柄と組み合わせることで、独特の魅力を引き出すことができます。

クリーム色の振袖に合う柄の例

  • 淡い花柄:淡い色の花柄は、クリーム色の振袖に優しい雰囲気を加えます。特に、桜や菊などの柄がよく映えます。
  • 金箔や銀箔の装飾:金箔や銀箔の細かい装飾が施された振袖は、クリーム色の上品さを引き立てます。
  • 細かい刺繍:繊細な刺繍が施された振袖は、クリーム色の柔らかさと調和し、エレガントな印象を与えます。

水色の振袖に合う柄の例

  • 青系の花柄:青系の花柄は、水色の振袖に自然な調和をもたらします。藤や桔梗などが特におすすめです。
  • 流水模様:流水模様は、水色の涼しげな印象をさらに強調します。動きのあるデザインが魅力です。
  • 淡い色合いの風景柄:風景柄も水色の振袖にぴったりです。特に、山や川などの自然風景が描かれた柄が美しいです。

こちらは風景画が描かれた水色の振袖です。柔らかい水色に鮮やかな色合いで描かれる風景がアクセントになっています。

栗山吉三郎工房の現代物色振袖です。全体の印象はグレーがかった水色で、街や木々に混じり、家々やお寺や送り火跡の風景が描かれています。帯はブルー地に派手やかな模様が描き出された袋帯を結びました。細工物の黒い帯締めと、鹿の子絞りの赤い帯揚げで、レトロな雰囲気に仕上がりました。

クリーム色や水色の振袖は、柔らかい印象を持つため、小物や髪飾りで華やかさをプラスすることが大切です。特に、パールや淡い色の宝石を使った髪飾りがよく合います。また、ヘアスタイルもシンプルにまとめると全体のバランスが取りやすくなります。

振袖のレンタルと購入

成人式の振袖は、一生に一度の特別な装いです。そのため、多くの人が振袖をレンタルするか購入するかで悩みます。振袖を購入すると多額の費用がかかるため、頻繁に着用する機会がない場合にはレンタルがおすすめです。振袖をレンタルするには、実際に店舗でレンタルする場合と、オンラインでレンタルする場合があります。ここでは、店舗での振袖探しとオンラインでのレンタルについて詳しく説明します。

店舗での珍しい色と柄の振袖探し

直接店舗でレンタルする振袖を探す場合は、実際に試着ができるため、振袖の色や柄、そして自分に合うかどうかを確認することができます。特に珍しい色や柄の振袖を探している場合は、店舗での試着が非常に有効です。

店舗での振袖探しのポイント

  • 豊富な品揃えの店舗を選ぶ:珍しい色や柄の振袖を取り扱っている店舗を選ぶことが大切です。インターネットで事前にリサーチして、評判の良い店舗を訪れるとよいでしょう。
  • 試着を重ねる:複数の振袖を試着してみることで、自分に最も似合う色や柄を見つけることができます。試着時には、友人や家族に意見を聞くのもおすすめです。
  • 予約は早めに:成人式の時期になると、人気のある振袖はすぐに予約が埋まってしまいます。早めに予約をすることで、選択肢が広がります。

店舗での振袖選びの際には、スタッフに相談することも忘れずに。経験豊富なスタッフは、自分に合った色や柄を提案してくれるでしょう。また、試着時には帯や小物も一緒に合わせてみると、全体のコーディネートがイメージしやすくなります。

オンラインでの珍しい色と柄の振袖レンタル

最近では、オンラインでの振袖レンタルも非常に人気があります。インターネットを通じて、豊富な種類の振袖から自分に合ったものを選ぶことができるため、忙しい人や遠方に住んでいる人にとっては特に便利な方法です。

オンラインレンタルのポイント

  • 豊富な選択肢:オンラインショップには、店舗では見られない珍しい色や柄の振袖が揃っています。写真や詳細な説明を見ながら、ゆっくりと選ぶことができます。
  • 試着サービスを利用する:多くのオンラインショップでは、事前に試着できるサービスを提供しています。このサービスを利用することで、実際に着てみて確認することができます。
  • 料金プランの確認:オンラインレンタルでは、料金プランもさまざまです。レンタル期間やセット内容を確認して、自分に合ったプランを選びましょう。

オンラインレンタルの最大のメリットは、自宅にいながら振袖を選べることです。ただし、試着サービスを利用する場合には、余裕を持って早めに申し込むことが大切です。

珍しい色の振袖と帯の組み合わせ

成人式に向けて振袖を選ぶ際、珍しい色の振袖を選ぶだけでなく、帯との組み合わせも重要です。帯の色や柄を工夫することで、振袖全体の印象が大きく変わります。ここでは、珍しい色の振袖に合う帯の選び方や、色と柄の調和について詳しく説明します。

色と柄で印象を変える帯の選び方

帯は振袖の雰囲気を大きく左右する重要なアイテムです。特に珍しい色の振袖に合わせる場合、帯の色と柄を工夫することで、個性的で魅力的なコーディネートが完成します。以下に、色と柄で印象を変える帯の選び方を紹介します。

色の選び方

  • ゴールドやシルバーの帯:華やかさと高級感をプラスするには、ゴールドやシルバーの帯が最適です。特にグレーやクリーム色の振袖と相性が良く、全体を引き締める効果があります。
  • 鮮やかな色の帯:鮮やかな色の帯は、振袖にインパクトを与えます。例えば、水色の振袖には、赤やピンクの帯を合わせると、対照的な色合いで目を引きます。
  • 淡い色の帯:柔らかい印象を与えるには、淡い色の帯を選ぶとよいでしょう。クリーム色や淡いピンクの帯は、優雅で上品な雰囲気を演出します。

柄の選び方

  • 伝統的な柄:古典的な柄は、振袖全体に落ち着きと品格を与えます。鶴や亀、松竹梅などの伝統的な柄は、格式高い印象を作り出します。
  • 現代的な柄:抽象的なデザインや幾何学模様などの現代的な柄は、個性的でモダンな印象を与えます。珍しい色の振袖に合わせることで、斬新でおしゃれなコーディネートが完成します。
  • シンプルな柄:無地や細かい模様の帯は、シンプルで洗練された印象を与えます。特に珍しい色の振袖には、シンプルな帯を選ぶことで、色の美しさを引き立てることができます。

こちらはゆめやで取り扱っている、白地の振袖です。個性的な柄が振袖全体に施された珍しいものです。このような振袖に調和するよう、帯は大柄の花がゴールドとシルバーで織り出されたものを合わせています。

本紋が織り出された白い正絹に、更紗柄が描き出されたレトロな色振袖です。前身頃にも後身頃にも、手描き・金駒刺繍で更紗柄が大胆に描かれています。裏地は紅絹で仕立てられています。家紋は入っていませんので、さほど古いものではありませんが、レトロ感の漂う、インパクトの大きい色振袖です。

帯と振袖の色と柄の調和

振袖と帯の色や柄が調和することで、全体のコーディネートが一層引き立ちます。ここでは、帯と振袖の色と柄をうまく組み合わせるためのポイントを紹介します。

色の調和

  • 同系色でまとめる:振袖と帯を同系色でまとめると、全体に統一感が生まれます。例えば、淡いクリーム色の振袖には、淡いピンクやベージュの帯を合わせると、柔らかく優しい印象になります。
  • 対照的な色を取り入れる:振袖と帯に対照的な色を使うと、コントラストが生まれて華やかさが増します。水色の振袖に赤い帯を合わせると、鮮やかで目を引くコーディネートが完成します。

柄の調和

  • 柄のバランスを考える:振袖と帯の柄があまりに違いすぎると、全体のバランスが崩れてしまいます。例えば、振袖が派手な柄の場合は、帯をシンプルなデザインにすることで調和が取れます。
  • 同じテーマの柄を選ぶ:振袖と帯に同じテーマの柄を取り入れると、一貫性が生まれます。例えば、振袖に花柄がある場合は、帯にも花柄を取り入れることで、統一感が増します。

帯と振袖の組み合わせは、コーディネートを考える楽しみの一部でもあります。色や柄の組み合わせを工夫することで、自分だけのオリジナルスタイルを作り上げることができます。珍しい色の振袖に合う帯を選ぶ際には、ぜひこれらのポイントを参考にしてみてください。

特別な日に映える振袖のスタイリング

成人式は人生の一大イベント。だからこそ、振袖選びだけでなく、小物やヘアスタイルなどのスタイリングにもこだわりたいものです。ここでは、珍しい色と柄の振袖に合わせる小物の選び方や、成人式で輝くためのスタイリングの秘訣についてご紹介します。

珍しい色と柄の振袖に合わせる小物の選び方

振袖に合わせる小物は、全体の印象を大きく左右します。特に珍しい色や柄の振袖には、小物選びが重要です。以下に、小物選びのポイントをまとめました。

髪飾り

  • 華やかな花飾り:花飾りは振袖にぴったりの髪飾りです。特に、生花や大きな造花を使った華やかな飾りは、成人式の特別感を演出します。色や種類を振袖に合わせて選ぶと、全体のコーディネートが引き立ちます。
  • パールのアクセント:上品なパールがあしらわれた髪飾りは、クリーム色や淡い色の振袖にぴったりです。控えめながらも華やかさを加えることができます。

帯留め

  • 個性的なデザイン:珍しい色の振袖には、個性的なデザインの帯留めを選ぶとよいでしょう。例えば、アンティーク風のデザインや手作りの帯留めは、振袖の個性を引き立てます。
  • カラフルな帯締め:帯締めにカラフルな色を取り入れることで、アクセントを加えることができます。特に、振袖の色とコントラストをつけることで、全体のバランスが取れます。

草履とバッグ

  • 統一感を持たせる:草履とバッグは、振袖の色に合わせて統一感を持たせると、全体がまとまりやすくなります。例えば、グレーの振袖にはシルバー系の草履とバッグを合わせると、洗練された印象になります。
  • 異素材の組み合わせ:バッグにビーズや刺繍を取り入れると、個性的なコーディネートが楽しめます。草履も、刺繍やビーズが施されたものを選ぶと、華やかさが増します。

成人式で輝くスタイリングの秘訣

成人式で輝くためには、振袖と小物の組み合わせだけでなく、ヘアスタイルやメイクも重要です。ここでは、スタイリングの秘訣をいくつかご紹介します。

ヘアスタイル

  • アップスタイル:アップスタイルは、振袖の華やかさを引き立てる定番のヘアスタイルです。特に、編み込みやロールアップを取り入れると、より一層華やかな印象になります。
  • ボブスタイル:ショートヘアやボブスタイルの方には、カールを加えて動きを出すと、振袖とのバランスが取れます。髪飾りをポイントにして、アクセントを加えるとよいでしょう。

メイク

  • ナチュラルメイク:振袖の色や柄が華やかな場合、ベースメイクはマットな質感にし、アイメイクやリップははっきりとさせることで、全体の調和が取れます。
  • リップカラーの選び方:リップカラーは振袖の色に合わせて選ぶとよいでしょう。赤やピンクの振袖には、同系色のリップを合わせると統一感が出ます。水色やグレーの振袖には、ベージュ系のリップを選ぶと、上品な印象になります。

全体のコーディネート

  • 色のバランスを考える:振袖と小物、ヘアスタイル、メイクの色のバランスを考えることが大切です。全体のバランスが取れていると、統一感のあるコーディネートになります。
  • 個性を大切に:成人式は自分らしさを表現する絶好の機会です。自分の好きな色やスタイルを取り入れて、個性を大切にしたコーディネートを楽しみましょう。

これらのポイントを参考に、特別な日にふさわしいスタイリングを楽しんでみてください。

まとめ

この記事では、友達と同じにならないための珍しい色の振袖を選ぶポイントについて詳しく解説しました。赤やピンクといった基本の色から、グレー、クリーム、水色などの珍しい色まで、それぞれの魅力と特徴を紹介しました。

さらに、振袖のレンタルや購入方法、帯との組み合わせ方、小物の選び方やスタイリングの秘訣など、成人式で周りと差をつけるためのコツをお伝えしました。個性を大切にし、自分にぴったりの振袖を選んで、素晴らしい成人式を迎えてみてください。

〈参考記事〉
https://www.kyotokimonoyuzen.co.jp/magazine/other-210305

成人式

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

黒留袖イメージ

【着物のプロが監修】留袖はいつ着るもの?着こなし方は?場面と選び方

はじめに 着物の中でも、特別な場面で選ばれるのが留袖です。留袖は格式が高い着物で、日本の美意識と礼節を象徴しています。また留袖を着るためには、色や柄、着用するシーンに至るまで、多くの知識とマナーを知っておく必要があります […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!