和装花嫁衣裳選びのコツ・第2回 抑えておきたい黒引き振袖のポイントとは?

結婚式・婚礼での和装。

興味はあるけれど、ウエディングドレスと違って、わかりにくい、難しそう、そもそも何から考えれば良いかわからない。

そんなプレ花嫁さんのために、和装花嫁衣装選びのコツをご紹介するコラム連載第2回です。

前回に引き続き、テーマは「黒引き振袖」。第1回で魅力をお伝えした黒引き振袖について、今回は、柄や袖丈、振袖との違いなど、もう少し詳しく解説いたします。


抑えておきたい黒引き振袖のポイント

目次

1.黒引き振袖の柄の量
2.袖の長さ
3.振袖と「引き振袖」の違い
4.「白無垢」と「黒引き振袖」の両方が着たい!
5.「黒引き振袖」にするか「色引き振袖」にするか

1.黒引き振袖の柄の量

まずは、質素・倹約家として好まれる、柄が少なめのものがあります。袂の下だけ、きものの裾だけに、吉祥の柄が描かれています。結婚式の後は、袂を切れば留袖としてお召しいただけますね。「婚礼のために仕立てた衣裳は一生使いますよ」という、倹約家ならではの絵柄です。お引き摺りになされば、懐かしく好感のもてる絵柄の量ですね。

そして、紋だけが入った黒一色のものがあります。テレビや映画などで、江戸時代の嫁入りに多く見られる黒紋付です。こちらも、袂を切って黒留袖として一生使うものです。紋だけが入った黒一色のきものというのは、悲しいイメージを持たれる方もいらっしゃるかも知れませんが、もともとはこの形が正装でした。伝統文化の世界では、現代でも黒一色の衣裳で演奏や演技をおこないます。お祝いごとのお引き摺りにももちろん通用します。真っ黒なきものに、金色の帯と紅白の持ち物。半襟も赤になさって、由緒正しい古の花嫁衣裳になりますよ。

近年馴染みがあるのは、全体的に絵柄が施された黒引き振袖です。袂全体や帯から下に、思い切った吉祥の絵柄を施し、衿や肩にも程良く絵柄が配置されています。たいへん豪華でモダンな黒引き振袖ですね。

2.袖の長さ

言わずと知れた独身女性の第一礼装は、訪問着などと比べて袖の長い「振袖」ですが、袖の長さには3段階があります。格上から、「大振袖(本振袖)」「中振袖」「小振袖」となります。

成人式で一般的に着用されるのが「中振袖」で、袖の長さは二尺五寸(94.5cm程)です。ご親類の結婚式などでもお召しいただけます。

ちょっとしたお呼ばれや、卒業式で袴と合わせてお召しいただけるのが「小振袖」で、袖の長さは二尺(75.6cm程)です。卒業式まで着るつもりで仕立てて、成人式でお召しになるお嬢さんもいらっしゃいます。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

和装花嫁衣装選びのコツ・第1回 黒引き振袖の魅力とは?

結婚式・婚礼での和装。 興味はあるけれど、ウエディングドレスと違って、わかりにくい、難しそう、そもそも何から考えれば良いかわからない。 そんなプレ花嫁さんのために、和装花嫁衣装選びのコツをご紹介するコラムを始めました。 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!