色とりどりの鶴舞う黒留袖【tom11】

留袖レンタル実績300件以上!相場と選び方の最適解

はじめに

留袖と言えば、日本女性の正装であり、結婚式やお宮参り、式典などのフォーマルな場で着用されることが多い着物です。ですが、留袖を自宅に保有している方は少なく、また高価なため購入をためらう方も多いでしょう。そこで便利なのが留袖のレンタルサービスです。本日は、そんな留袖レンタルについての情報を詳しく紹介したいと思います。

特に結婚式で着用する場合は、留袖の選び方は新郎新婦はもちろん、母親や姉妹、親族の方々にとっても重要なポイントとなります。どの色や柄を選ぶと良いか、どのようにコーディネートすれば良いのか、着付けに必要な小物は何か、などの知識が必要となります。また、一般的に留袖の価格は非常に高く、数十万円から数百万円となりますが、レンタルサービスを利用することでコストを抑えることができます。

本記事では、そんな留袖レンタルの流れや相場、選び方についての情報を一挙にご紹介します。レンタルする際のポイントや、留袖にまつわるマナーなど、結婚式を迎える女性やその家族の方々にとって参考になる情報を詰め込んでいます。また、オンラインでの留袖レンタルについても詳しく解説し、ネットでの予約や確認方法、料金についても詳しく見ていきます。

留袖レンタルの際に最も重要となるのは、やはりその「価格」です。自分の予算内で、良い品質の留袖を選ぶことが求められます。本記事では、留袖レンタルの相場や価格の比較、費用に含まれるものと別途必要なものなど、留袖レンタルにおける「お金」に関する情報をまとめています。この情報を参考に、自分にぴったりの留袖を選んでいただければと思います。

  

ゆめやの黒留袖は、大正時代から昭和初期にかけて仕立てられた着物がほとんどで、100年の時を越えた逸品もございます。その中でピックアップしてご紹介するのが「賑やかな御所人形の黒留袖」。

名古屋の旧家から譲り受けた五つ紋付の黒留袖です。幽玄なぼかしに、梅・千代紙・橘・扇・紙吹雪などが手描き友禅で描き出されています。袂裏は紅絹、裾裏は共八掛(表と同じ絵柄)で仕立てられています。

結婚式のお母さまにおすすめ | 賑やかな御所人形の黒留袖

さらに、留袖レンタルには着付けやクリーニング、返却などの手間がかかることもあります。そのような手間を省くためのサービスや、便利なオプションも詳しく紹介します。また、どのショップを選ぶと良いか、どのように予約すれば良いのかなど、初めての方でも安心してレンタルできるような情報も掲載しています。

結婚式の留袖選びは、新郎新婦だけでなく、母親や姉妹、親族の方々も一緒になって考えるほど大切なことです。どの留袖を選ぶと良いか、どのように着ると良いか、どれほどの費用がかかるのか、といった情報をこの記事を通してしっかりと把握していただければと思います。

本記事を通して、留袖レンタルの流れや選び方、料金について理解を深め、素敵な結婚式を迎えるための一助になれば幸いです。留袖選びが一生の思い出になるよう、この記事を最後までご覧いただき、ぜひ参考にしてください。それでは、さっそく詳細を見ていきましょう。

留袖とは? とその立場

結婚式や成人式、七五三などのお祝い事でよく見かける留袖。その名前は耳にしたことがあるかもしれませんが、具体的に何を指すのか、その特徴や役割については詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。ここでは、留袖についての基本的な知識と、その色や柄の意味、着る立場について詳しく解説します。

留袖の基本知識

留袖は、和服の中でも最も格式の高い正装で、結婚式などの晴れの日に出席する既婚女性が着用するものです。字面どおり、「袖を留める」ことからその名がつきました。留袖の最大の特徴は、袖の長さと装飾です。袖は短く、裾に豪華な刺繍や柄が施されています。高級な留袖の代表格とも言える桂由美など、種類も多く豊富です。

着る立場:既婚女性の晴れ着として

留袖は、既婚女性の晴れ着として着用されます。結婚式場だけでなく、お宮参りや七五三などの行事にも着ることができます。また、自分自身が主役ではない場合でも、新郎新婦の母親や親族の女性などが留袖を着ることが一般的です。留袖を着ることで、格式を保ちつつも華やかさを演出できます。ただし、既婚未婚に関わらず、未成年の方が留袖を着ることはマナー違反となります。未成年の方は、振袖や訪問着など他の衣装を選びましょう。

留袖の色と柄の意味:黒とその他の色、桂由美柄、富貴な刺繍

留袖にはさまざまな色や柄がありますが、最も一般的な色は黒です。これは、格式の高い席に相応しいとされる色で、一般的には黒地に五つの家紋が入ったものを指します。その他の色は色留袖で、場の雰囲気や自分の好みに合わせて選ぶことができます。

人気のある留袖に桂由美柄という柄があります。桂由美柄は、著名な着物デザイナーである桂由美氏がデザインした留袖で、彼女独自の世界観を表現したものです。

ゆめやでも、豪華な手刺繍の黒留袖をご用意しています。大正時代のアンティーク五つ紋付黒留袖で、青い流水・ぽってりとした白い梅の花・金色に輝く笹の葉を背景に、大きな鶴が朝日に赤く輝いています。裏地は紅絹、裾回しは共八掛(表と同じ絵柄)で、たいへん豪華な手刺繍の黒振袖です。

色とりどりの鶴舞う黒留袖

留袖は華やかである一方で格式も重視されます。どのような色や柄を選ぶかは、その日の場の雰囲気や自分の立場、衣装のバランスなどを考慮に入れて決めると良いでしょう。

以上が、留袖の基本的な知識とその立場についてです。留袖は、日本の美を表現するための最良の衣装であり、格式のある席における女性の装いとして重要な役割を果たしています。これから結婚式を控えた新郎新婦やその親族の方々は、留袖選びにこの情報をぜひ活用してください。次のセクションでは、留袖レンタルの相場について詳しく解説します。

留袖レンタルの相場とは?

華やかな結婚式や特別な行事にふさわしい衣装として留袖は重宝されますが、実際にレンタルする際にはいくらくらいの費用がかかるのでしょうか。留袖レンタルの相場について解説し、どのような要素が料金に影響を及ぼすのか、また延長料金やキャンセル料についても説明します。

留袖レンタル料金の相場:いくらかかるか?

留袖のレンタル料金は、店舗やサービスの種類、留袖の品質、レンタル期間などによって大きく変動します。一般的な相場としては、2万円から10万円程度が目安となります。しかし、特別なデザイナーの留袖や高品質の生地を使用したものなどは、それ以上の価格になることもあります。

また、留袖レンタルには通常、留袖本体だけでなく帯や帯揚げ、帯締め、草履やバッグといった小物、そして着付けに必要なものがセットになっています。ですが、店舗によってはこれらが別料金となっている場合もありますので、確認しておくことが重要です。また、着付けやクリーニング、送料などの別途費用も考慮に入れて全体の予算を考えましょう。

ゆめやの留袖レンタルは、驚きのフルセットです。留袖レンタルの価格に、帯・草履・バッグ・ショール(冬季のみ)・帯締め・末広(すえひろ)・長襦袢・半衿・重ね衿・肌着・裾よけ(ワンピース型)・衿芯・コーリンベルト(1本)・伊達締め(2本)・帯板(1枚)・帯枕・腰紐(5本)・三重仮紐・補整パッド・足袋が含まれています。往復の送料やクリーニング料金も含めたレンタル料金で、お得で安心です。

ゆめやなら、ご姉妹さま、花嫁さま、お父さまといっしょにお借りいただけます。

お母さま、お祖母さま、ご姉妹さま向けの留袖を、ぜんぶ見てみましょう。

結婚式参列 お母様・ご親族様向け留袖

 

期間による料金変動:何日借りるかでどれくらい変わるか?

留袖のレンタル料金は、レンタル期間によっても変動します。一般的には、レンタル期間が長くなると料金も上がる傾向にあります。例えば、1日レンタルが2万円の場合、3日間であれば3万円程度になることもあります。ただし、店舗によっては期間が長くなっても料金がそれほど上がらないところもありますので、自分の利用予定を見据えて選びましょう。

また、予定よりも留袖を長く借りることになった場合は、延長料金が発生することもあります。その金額は店舗によって異なりますが、一般的には1日あたり数千円から数万円程度となることが多いです。一方、利用日が近くなってキャンセルする場合も、キャンセル料が発生することがあります。これらの料金についても、事前に確認しておくことが大切です。

ゆめやの着物レンタルは3泊4日です。ご着用の2日前にご指定の場所にお届けいたしますので、セット内容をゆっくりとご確認いただくことができます。ご返却はご着用日の翌日までに同梱の返却伝票で返送なさってください。クリーニングは不要です。

延長料金とキャンセル料

予定よりも留袖を長く借りることになった場合や、利用日が近くなってキャンセルする場合には注意が必要です。延長料金やキャンセル料は、店舗により異なりますが、その金額は1日あたり数千円から数万円程度になることが多いです。予めこれらの料金について確認しておき、予算内で留袖をレンタルできるように計画しましょう。

ゆめやの場合は、「ご利用の流れ」「よくあるご質問」で詳しくご説明しています。どうぞご確認ください。

留袖レンタルは、費用や条件が店舗によって大きく異なるため、事前に複数の店舗を比較し、自分にとって最適なサービスを選ぶことが大切です。料金だけでなく、サービスの内容や品質、利便性などを総合的に比較することで、最良の選択をすることができます。次のセクションでは、留袖の選び方について詳しく解説します。

留袖選びのポイントとおすすめデザイン

結婚式や晴れの日にふさわしい留袖。多種多様なデザインや色があるため、どの留袖を選べばいいのか迷ってしまうことも少なくありません。このセクションでは、留袖選びのポイントやおすすめのデザイン、どのような結婚式にふさわしい留袖なのかについて解説します。

留袖選びのポイント:どう選ぶべきか?

留袖選びの際に考慮していただきたいのは「自分の体型や好み」、「結婚式場や行事の雰囲気」「予算」の3つです。

まず、自分の体型や好みに合った留袖を選びましょう。留袖は体型をカバーする効果もありますが、自分自身が着てみて、自信をもてるものを選ぶことが大切です。また、好みも重要なポイントで、好きな色や柄、デザインを選ぶことで自分らしさを表現できます。

次に、結婚式場や行事の雰囲気に合った留袖を選びます。たとえば、格式の高い場所での結婚式には黒留袖が適しています。また、季節に合った柄や色を選ぶのもおすすめです。

最後に、予算を考慮しましょう。留袖は一般的に価格が高めですが、レンタルであれば予算内で留袖を手に入れることができます。ただし、レンタル料金だけでなく、着付け料やクリーニング費用、送料などの別途費用も考えると、予想以上に費用がかかることもありますので注意が必要です。

おすすめのデザイン:人気の柄と色、kotohogiや桂由美など

留袖の中でも、特に人気のある柄や色、デザインについて紹介します。一般的には、黒留袖がよく選ばれますが、中でも桂由美のデザインは人気があります。これらは華やかさがあり、格式ある席にふさわしいとされています。

また、kotohogiのデザインもおすすめです。これは、祝い事の際に良く見られる、豪華な金銀の刺繍が特徴的なデザインで、特に結婚式や成人式など、華やかな場にぴったりです。

ゆめやの留袖は、大正時代から昭和初期に仕立てられたアンティーク着物がほとんどです。絹100%の光沢のある正絹に、手描き、手刺繍で絵柄を描き出した逸品ばかりです。

結婚式参列 お母様・ご親族様向け留袖

どんな結婚式にふさわしい留袖か?

留袖を選ぶ際は、どのような結婚式に出席するのか、その雰囲気を考えることも重要です。格式の高いホテルでの結婚式であれば、一般的には黒留袖が適しています。また、少しカジュアルな雰囲気の結婚式であれば、色留袖も選択肢に入れてみると良いでしょう。

また、自分の立場も考えて留袖を選びましょう。新郎新婦の母親であれば、格式を保ちつつも華やかな留袖を選ぶことが一般的です。一方、親族や友人として出席する場合は、少し控えめなデザインの留袖を選ぶことがマナーとされています。

以上が、留袖選びのポイントとおすすめデザインについての説明です。次のセクションでは、留袖レンタルの際の注意点や、留袖を長くきれいに着るためのポイントについて解説します。

留袖レンタルの注意点と便利なオプション

留袖をレンタルする際には、いくつかの注意点とともに、利用できる便利なオプションについて知っておくと良いでしょう。ここでは、サイズやフィッティングに関する注意点、クリーニングや配送、保険などのオプション、そして会員限定のサービスや特典について解説します。

サイズとフィッティングの注意点

まずは、留袖をレンタルする際の一つ目の注意点として「サイズとフィッティング」があります。着物は身長や体型に合わせてある程度の調整が可能です。ですが、なるべく、ぴったりとフィットする留袖を選ぶことが大切です。

そのため、レンタルを検討する際は、事前に試着をすることをおすすめします。店舗を訪れて試着することが難しい場合や、ネットでレンタルを検討している方は、自身のサイズを正確に測定して、サイズ表と照らし合わせることが大切です。また、試着時には、動きやすさや着心地もチェックしましょう。レンタル料金に試着料が含まれているショップもあるので、詳細を確認してみてください。

クリーニングや配送、保険などのオプション

次に、レンタルする際に便利なオプションについて解説します。その一つが「クリーニング」です。留袖をレンタルした場合は、多くのレンタルショップでレンタル料金にクリーニング料が含まれています。これにより、使用後の手間を省き、安心して留袖を着ることができます。

また、「配送」も重要なオプションの一つです。店舗に直接取りに行く時間がない場合や、遠方に住んでいる場合には、配送サービスを利用すると便利です。一部のショップでは、配送の際の送料が無料となっている場合もありますので、その詳細についても事前に確認しましょう。

さらに、「保険」もオプションとして考慮していただきたい点です。留袖は高価なアイテムのため、万が一の汚れやダメージに備えて、保険に加入しておくことがおすすめです。多くのレンタルショップでは、保険料がレンタル料金に含まれていますが、保険内容については各ショップで異なりますので、詳細を確認してみてください。

会員限定のサービスや特典

最後に、会員限定のサービスや特典について紹介します。一部のレンタルショップでは、会員になるとさまざまな特典があります。たとえば、メンバーズカードを利用すると、レンタル料金が割引になったり、誕生日月に特別な割引があったりすることもあります。また、新商品情報やセール情報をいち早く入手できるといったメリットもあります。

一部のショップでは、レンタル回数に応じてポイントがたまるシステムを導入しており、たまったポイントを次回のレンタル料金の割引に使えるといったサービスもあります。このような会員限定のサービスや特典は、頻繁に留袖をレンタルする方にとっては、大きなメリットとなるでしょう。

ゆめやにはポイント制はございませんが、「新婦さまとお母さまのセットプラン」や、「お母さまとご姉妹さまのセットプラン」、お父さまにも和装を楽しんでいただく「ご両親プラン」をご用意しています。

 

以上、留袖レンタルの際の注意点と便利なオプションについて説明しました。留袖選びだけでなく、レンタルする際のポイントもしっかりと押さえて、最適な一着を見つけることができるようにしましょう。

留袖レンタルをオンラインで行う方法

近年、オンラインでのレンタルが増えてきている留袖。その魅力とは一体何でしょうか。ここでは、インターネットでの留袖レンタルの予約方法、オンラインショップ選びのポイントとおすすめサイト、そしてネットでのレンタルとショップでのレンタルの違いについて解説します。

インターネットでの予約方法

留袖のレンタルをオンラインで行う際の予約方法は非常にシンプルで便利です。まずは、レンタルしたい留袖を選びます。オンラインショップのページには、留袖の詳細な写真や説明が掲載されていて、柄や色、価格を確認しながら、自分の好みや予算に合った一着を見つけることができます。

選び終えたら、レンタル期間やサイズを指定して、カートに入れます。その後、必要な情報(名前、住所、電話番号など)を入力し、支払い方法を選択します。支払いが完了すれば、予約は完了です。留袖が自宅に届く日を楽しみに待つだけです。

オンラインショップ選びのポイントとおすすめサイト

次に、オンラインショップ選びのポイントについて説明します。まず、選ぶべきポイントの一つとして「商品の豊富さ」が挙げられます。自分の好みやシーンに合った留袖を選ぶためには、多くの種類から選べるオンラインショップがおすすめです。

また、レンタル料金や配送料、保険料などを確認することも重要です。すべての料金が明瞭に表示されているサイトを選ぶと、後から予期せぬ費用が発生する心配がありません。

さらに、留袖のサイズや条件についての詳しい説明、試着サービスや返品・キャンセルポリシーなど、ユーザーサポートがしっかりと整っているサイトを選ぶと、初めてのレンタルでも安心です。

ネットでのレンタルとショップでのレンタルの違い

最後に、ネットでのレンタルとショップでのレンタルの違いについて説明します。ショップでのレンタルでは、実際に留袖を試着でき、専門スタッフのアドバイスを直接受けることができます。ですが、店舗に行く時間や手間がかかります。

一方、ネットでのレンタルは、自宅や外出先からでも24時間いつでも予約が可能で、自分のペースでじっくりと選ぶことができます。また、全国どこでも留袖をレンタルできるため、地域による品揃えの制限がないというメリットもあります。

ただし、ネットでのレンタルでは試着が難しいため、サイズ選びには注意が必要です。また、質感や色味を確認するのも難しく、商品が届いて初めて実際の見た目を確認することになります。

ゆめやでは、「ネットからレンタル」「東京店で試着してレンタル」「自宅で試着してレンタル」の3つの方法をご用意しています。自宅で試着できるプランは、他店さまにはなかなか無いサービスです。しかも、初回の試着は無料となっています。事前に実物を触って確認できますので、遠方の方はぜひ「自宅で試着プラン」をご検討ください。

ゆめや でレンタル ご利用の流れ

よくあるご質問

以上、オンラインでの留袖レンタルの方法について解説しました。自分のライフスタイルや条件に合った方法で、最適な留袖をレンタルしましょう。留袖選びは、結婚式などの特別な日を彩る重要な一部です。ぜひこの記事を参考に、自分にぴったりの留袖選びを楽しんでください。

まとめ

この記事では、留袖レンタルについて詳しく解説してまいりました。これから留袖をレンタルする方、その選び方や注意点について知りたい方の参考になれば幸いです。

留袖についての基本的な知識からおさらいしましょう。留袖は、結婚式などの格式高い場に出席する際に着用する、正式な着物です。多くの留袖は黒地に色とりどりの柄が施されており、とても華やかな印象を与えます。結婚式では新郎新婦の母親や親族が着用することが一般的で、立場や格式を示す重要な衣装となります。

次に、留袖レンタルの相場についてです。留袖レンタルの料金は、一般的に3万円から10万円程度で、レンタル期間やセット内容、留袖の質やブランドにより価格は変動します。また、延長料金やキャンセル料、別途必要な小物の費用などを確認しておくことが大切です。

留袖選びのポイントについても触れました。留袖選びでは、自分の体型や好み、また結婚式のテーマや色合いに合った柄や色を選ぶことがポイントとなります。人気のデザインとしては、kotohogiや桂由美などのブランドの留袖が挙げられます。

ゆめやの留袖は、アンティークであることが売りです。大正時代から昭和初期に仕立てられた、正絹100%に、職人の手仕事で絵柄を描き出した逸品ばかりです。

結婚式参列 お母様・ご親族様向け留袖 ← 一覧はこちら

圧巻の組み合わせで、式場を盛り上げてはいかがでしょうか。お母さまは大彦の牡丹絵の黒留袖に龍村の帯。お祖母さまが同じ大彦の牡丹絵の色留袖をお召しになって、ご姉妹さまは横ラインの幅広デザインが特徴的な色留袖です。牡丹の花がインパクトの強い大きさですので、それに負けないデザインの色留袖で揃えましょう。

さらに、留袖レンタルの注意点と便利なオプションについて説明しました。サイズ選びやフィッティングの注意点、そして、クリーニングや配送、保険などの便利なオプションサービスについて知っておくと、留袖レンタルがよりスムーズに進みます。

また、オンラインで留袖レンタルを行う方法についても紹介しました。自宅からでも24時間いつでも留袖を選び、レンタルできるオンラインレンタルは、忙しい方や遠方の方にとって大変便利です。ただし、ネットでのレンタルとショップでのレンタルには違いがあり、それぞれの特徴を理解して、自分に合った方法を選びましょう。

留袖レンタルする際のチェックポイントとしては、以下の点が挙げられます。

  • 自分に合ったデザインとサイズの留袖を選ぶ
  • レンタル料金やその他の費用を確認する
  • サービス内容やサポート体制をチェックする
  • レンタル期間や返却方法を理解する

ゆめやでは、「ネットからレンタル」「東京店で試着してレンタル」「自宅で試着してレンタル」の3つの方法をご用意しています。

ゆめや でレンタル ご利用の流れ

よくあるご質問

今後も留袖レンタルに関するさまざまな情報を提供してまいります。それぞれの記事で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

留袖レンタルは、自分の理想の一日を彩る大切な一部です。この記事が、素敵な留袖選びの一助となり、特別な日がより素敵なものとなることを願っています。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2025年最新版】七五三の日本髪に合う髪飾りレンタルの秘訣

はじめに 七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。中でも、7歳の女の子が、伝統的な日本髪と美しい着物を身にまとい、華やかな髪飾りで装う姿は、まさに日本の美の象徴と言えるでしょう。しかし、7歳の女の子の七五三を迎える […]

ひとつ前の記事

白無垢とショートヘアの結婚式スタイル!おすすめ3種類を徹底解説

はじめに 結婚式は人生の一大イベントで、その日のために花嫁はドレス選びからヘアメイクまで、多くの準備を行います。和装での結婚式も人気があり、その中でも伝統的な白無垢は、清楚で美しいイメージだと、多くの女性から愛されていま […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!