少人数結婚式イメージ

【着物のプロ監修】結婚式を彩る和装ウエディングのすすめ|選び方完全ガイド

はじめに

和装ウエディングは、その格式高い美しさと伝統的な価値によって、多くの方にとって特別な魅力を持つ結婚式のスタイルです。日本独自の文化としての和装は、結婚式においても重要な役割を果たし、特に花嫁の装いは、その日一日の記憶に残る重要な要素です。

白無垢、色打掛、引き振袖など、和装にはさまざまな種類があり、それぞれが持つ意味や背景には深い歴史があります。この章では、和装ウエディングの基本から、花嫁がウエディングで着る和装の魅力について詳しく解説します。

和装ウエディングの魅力とは

和装ウエディングの最大の魅力は、何と言ってもその美しさと伝統にあります。和装は、日本の結婚式において長い歴史を通じて受け継がれてきた装いであり、特に白無垢は純白でありながらも、その下には豊かな文様や色彩が施されています。

これらの文様には一つ一つ意味が込められており、幸せへの願いや夫婦の絆を象徴しています。例えば、鶴は長寿と幸福を、亀は不老長寿と繁栄を象徴しており、これらの吉祥文様は花嫁の衣装にしばしば用いられます。

また、色打掛は華やかな色彩と細かな文様で、花嫁の美しさを一層引き立てます。挙式や披露宴での和装は、見る人すべてを魅了し、式の雰囲気をより一層引き立てる重要な役割を果たします。

和装ウエディングでは、花嫁だけでなく、花婿も伝統的な和装である紋付き羽織袴を着用します。これにより、二人の装いは一体感を持ち、格式高い結婚式の雰囲気をより一層深めます。

また、和装ウエディングはフォトウエディングとしても人気があり、特別な日の記念を美しく残すことができます。

この記事を読んで分かること

この記事では、和装ウエディングにおける基本知識から始まり、花嫁・花婿の和装選び、和装に合わせる小物や髪型、そして和装が映える結婚式場の選び方に至るまで、幅広く紹介していきます。

読者の皆さまが和装ウエディングを検討される際の参考になるよう、基本から応用まで、わかりやすく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

和装ウエディングを選ぶことは、ただ単に伝統的な装いを楽しむだけではなく、日本の美意識や文化を深く理解し、大切な日にそれを取り入れることに意義があります。

和装でのウエディングを通じて、新しい人生の門出を美しく、格式高く彩りたいとお考えの皆さんに、この記事が役立つ情報を提供できれば幸いです。

和装ウエディングの基礎知識

和装ウエディングにおける和装選びは、結婚式のスタイルを大きく左右します。日本の伝統的な結婚式で着用される和装は、その種類の豊富さと、結婚式に込められた意味によって、特別な一日をさらに際立たせることができます。

この章では、和装ウエディングにおける和装の種類と特徴、そして選び方について基礎知識を紹介します。これらの情報は、和装選びに際して重要なポイントとなりますので、ぜひ参考にしてください。

和装の種類と特徴

和装ウエディングで花嫁が選ぶことができる衣装には、大きく分けて白無垢、色打掛、引き振袖があります。それぞれの衣装には、歴史や文化、そして意味が込められており、花嫁の装いを通じて結婚式の雰囲気を大きく左右します。

  • 白無垢: 純白の衣装で、新しい生活への清らかな始まりを象徴します。白無垢は、その名の通り「汚れなき純白」を意味し、花嫁の純潔と新たな人生への祝福を表します。この衣装は、神前式など厳かな雰囲気の中行われる挙式で着用されることが一般的です。
  • 色打掛: 色打掛は、白無垢に次いで着用されることが多い衣装で、豊かな色彩と文様が特徴です。色打掛の文様には、鶴や松竹梅などの吉祥文様が用いられ、夫婦の幸福や繁栄を願う意味が込められています。色打掛を着ることで、花嫁は一層華やかな姿を見せることができます。
  • 引き振袖: 引き振袖は、成人式で着用されるような通常の振袖よりも長い袖と、地面に引きずるほど長い裾が特徴の振袖です。中でも、黒の引き振袖は、特に格式高い婚礼で選ばれることが多く、黒地に金や銀で描かれた文様が、格式と美しさを象徴しています。この衣装は、特に結婚式のお色直しで着用されることが多く、花嫁の美しさを際立たせます

結婚式での和装の選び方

結婚式で着用する和装を選ぶ際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

  • 結婚式のスタイルと会場: 結婚式の全体的なスタイルや会場の雰囲気に合った和装を選ぶことが大切です。例えば、神社での神前式には、伝統的な白無垢や色打掛がよく合います。一方で、モダンな式場やレストランでの結婚式では、アレンジを加えたモダンなデザインの和装が適している場合もあります。
  • 花嫁の好みと個性: 和装選びは、花嫁の好みや個性を反映させる絶好の機会です。自分自身がどのようなスタイルを好むのか、また、どのような印象をゲストに与えたいのかを考慮して選びましょう。
  • 試着を重ねる: 和装は洋装とは異なり、着用感や見た目が大きく異なることがあります。可能であれば、実際にいくつかの和装を試着し、自分に最も合うスタイルを見つけることが重要です。

和装ウエディングの魅力は、日本の伝統と文化を現代に伝えることにあります。適切な和装を選ぶことで、花嫁はその日限りの特別な美しさを表現することができます。和装選びは、結婚式の準備過程において楽しい時間の一つとなるはずです。

ここに紹介した基礎知識とポイントを参考に、自分にとって最適な和装を見つけてください。

ここで、ゆめやで取り扱っている結婚式用の和装レンタルプランから、「組み合わせ自由な婚礼・白無垢・黒引き振袖プラン(新婦2着・新郎1着)」をご紹介します。

こちらは、ご新婦様のお好きな白無垢(1点、綿帽子と打掛の下に着る掛下きものが含まれます)、お好きな黒引き振袖(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計3点のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

花嫁の和装スタイルガイド

和装ウエディングにおける花嫁の装いは、その結婚式のハイライトの一つです。特に、白無垢と色打掛は日本の伝統的な結婚式において中心となる衣装であり、それぞれに深い意味が込められています。また、和装をより美しく見せるためには、適切な小物選びも欠かせません。

この章では、これらの衣装の美しさと意味、そして和装に合わせる小物選びのコツについて解説します。

白無垢と色打掛の美しさと意味

  • 白無垢: 白無垢は、その名の通り純白で、新たな始まりと純粋さを象徴しています。この衣装は、花嫁が新しい生活を始めるにあたって、過去を清算し純潔を保つ意味を込めて着用されます。白無垢のシンプルながらも深い美しさは、花嫁をより一層神聖な存在に見せ、結婚式の厳かな雰囲気を高めます。また、白無垢には金や銀で繊細な文様が施されていることもあり、それらの文様には夫婦の幸福や長寿、繁栄を願うさまざまな意味が込められています。
  • 色打掛: 色打掛は、白無垢に比べてより華やかで色彩豊かな衣装です。色打掛に使用される色や文様には、それぞれに幸せや良い縁を願う意味があります。例えば、鶴は長寿と幸福を、松は夫婦和合と永遠の若さを象徴しています。色打掛を着用することで、花嫁は結婚式の場に華やかさと伝統的な美しさをもたらし、ゲストの記憶に残る印象を与えます。

和装に合わせる小物選びのコツ

和装を着る際には、衣装だけでなく、それを引き立てる小物選びも非常に重要です。適切な小物を選ぶことで、和装の美しさをさらに際立たせることができます。

  • : 和装の中心とも言える帯は、衣装の印象を大きく左右します。白無垢や色打掛に合わせる帯は、衣装の色や文様と調和するものを選びましょう。また、結婚式には特に豪華な帯がふさわしく、金糸や銀糸が織り込まれたものが一般的です。
  • 髪飾り: 和装に合わせる髪飾りは、花嫁の顔立ちや髪型に合わせて選ぶことが大切です。生花を使ったものや、金や銀で作られた繊細な髪飾りは、和装の美しさを一層引き立てます。特に、白無垢にはシンプルながら格式高い髪飾りを、色打掛には色彩豊かな髪飾りを合わせると良いでしょう。
  • 足元の小物: 和装を着る際には、足元にも注意を払う必要があります。白い足袋と草履は和装の定番であり、これらを選ぶ際には、衣装と調和するデザインや色を選ぶことが重要です。また、結婚式用の草履は特に装飾が施されたものが多く、花嫁の足元を華やかに彩ります。

和装ウエディングにおける花嫁の装いは、結婚式の中でも特に注目される部分です。白無垢や色打掛の選び方から、それに合わせる小物選びに至るまで、ここに紹介したポイントを参考にして、自分にとって最適な和装を見つけてください。

美しい和装を身にまとい、人生の新たな門出を祝うこの特別な日を、最高に輝かしい一日にしましょう。

花婿の和装について

和装ウエディングにおいて、花嫁の装いが注目されがちですが、花婿の和装もまた、結婚式の重要な要素です。特に、紋付羽織袴は日本の伝統的な結婚式における花婿の正装とされ、格式高い印象を与えます。

この章では、紋付羽織袴の役割と魅力、そして花婿の和装に合わせるアクセサリーの選び方について解説します。

紋付羽織袴の役割と魅力

紋付羽織袴は、結婚式などの正式な場で着用される男性の和装です。紋付は、家紋が入った羽織を指し、袴は伝統的な日本のズボンを意味します。

この装いは、新郎が家族を代表する立場であること、そして結婚という新たな人生の節目において格式と伝統を重んじる意志を表現しています。

  • 格式と品格: 紋付羽織袴を着用することで、花婿は自身の家族の伝統と歴史を背負うことになります。これは、結婚式という一生に一度の特別な日にふさわしい品格と格式を象徴しています。
  • 伝統への敬意: 日本の結婚式において和装を選ぶことは、日本の文化と伝統への敬意を表します。紋付羽織袴は、その最も象徴的な表現の一つであり、花婿が伝統を重んじる心を示す服装と言えます。

花婿の和装アクセサリー選び

花婿の和装をより引き立てるためには、適切なアクセサリー選びが重要です。以下に、紋付羽織袴に合わせるアクセサリーの選び方をいくつか紹介します。

  • 扇子: 紋付羽織袴に合わせる扇子は、装いに華を添えるアイテムです。扇子には、祝いの意味を込めた文様や色を選ぶと良いでしょう。また、結婚式では、扇子を持つことで緊張をほぐす役割も果たします。
  • 羽織紐: 羽織紐は、羽織の胸元が開かないように留める紐です。さまざまな形状、色がありますが、羽織や着物だけでなく長襦袢の半衿の色や帯の色も考慮して選択することが大切です。なお、黒紋付羽織袴に合わせる羽織紐の色は白を選択することが決まりとなっています。
  • 足袋と草履: 和装の足元を整えるためには、足袋と草履の選び方も重要です。草履はフォーマルな場にふさわしいデザインのものを選び、足袋は清潔感のある白色を選ぶのが一般的です。

和装ウエディングにおける花婿の装いは、結婚式全体の雰囲気を引き締め、格式を高める重要な役割を担います。紋付羽織袴の選び方からアクセサリーの選び方に至るまで、ここで紹介したポイントを参考にして、花婿自身の個性と伝統が調和した和装を完成させてください。

格式高く、かつ個性を際立たせる和装を選ぶことで、忘れられない結婚式を創り出すことができます。

和装ウエディングにおける花嫁のヘアスタイル

和装ウエディングにおけるヘアスタイルは、花嫁の美しさを際立たせる重要な要素です。伝統的な髪型からモダンなアレンジまで、和装に合わせた髪型は結婚式の印象を大きく左右します。また、それを引き立てる和装小物の選び方にも、同じくらいの注意を払う必要があります。

この章では、和装ウエディングにおけるヘアスタイルの選び方と、それに合わせる和装小物について詳しく解説します。

伝統的な髪型とモダンなアレンジ

  • 伝統的な髪型: 和装には、伝統的な日本髪がよく合います。特に、花嫁の和装には「島田髷」や「文金高島田」などがあります。これらの髪型は、和装の美しさを引き立てると同時に、花嫁の優雅さと格式を表現します。伝統的な髪型は、結婚式の厳かな雰囲気にふさわしい選択肢と言えるでしょう。
  • モダンなアレンジ: 近年では、伝統的な和装にモダンな髪型を取り入れる花嫁も増えています。例えば、洋髪に和装小物を加えることで、伝統と現代の良いところを合わせたスタイルが完成します。モダンなアレンジは、個性的でおしゃれな印象を与え、和装との組み合わせに新鮮さをもたらします。

髪型に合わせる和装小物の選び方

和装ウエディングにおけるヘアスタイルをさらに美しく見せるためには、適切な和装小物を選ぶことが重要です。

  • 髪飾り: 和装に合わせる髪飾りには、簪(かんざし)や花を用いることが多いです。伝統的な髪型には、金や銀で作られた簪や、和装の色に合わせた生花がよく合います。モダンなアレンジの場合は、洋風のアクセサリーを取り入れつつ、和の要素がある髪飾りを選ぶと良いでしょう。
  • 綿帽子: 白無垢を着る際には、綿帽子を合わせることがあります。綿帽子は、花嫁の顔を優しく包み込み、清楚で上品な印象を与えます。伝統的な装いにはこの綿帽子が、美しさを際立たせるアイテムとして選ばれることが多いです。

和装ウエディングにおけるヘアスタイルと和装小物の選び方は、花嫁の個性と結婚式のテーマを表現する大切な要素です。伝統的な髪型とモダンなアレンジ、それぞれに合った和装小物を選んで、自分だけの特別なスタイルを完成させましょう。

美しい和装とヘアスタイルで、忘れられないウエディングを実現してください。

和装ウエディングの写真撮影について

和装ウエディングにおける写真撮影は、特別な日の記憶を美しく残すための重要な要素です。伝統的な和装での前撮りや当日撮影は、結婚式の雰囲気をより一層引き立て、後々まで大切にされる貴重な記録となります。

この章では、和装ウエディングにおける写真撮影のポイントと、美しい写真を残すためのコツについて解説します。

前撮りと当日撮影のポイント

  • 前撮りの利点: 前撮りは、結婚式当日の忙しさから解放され、ゆっくりと撮影を楽しむことができます。また、ロケーション撮影を含め、さまざまな場所や背景で撮影を行うことが可能です。前撮りを行うことで、和装の美しさを際立たせることができるだけでなく、撮影場所の自然や建築の美しさも写真に収めることができます。
  • 当日撮影の重要性: 結婚式当日の撮影では、式の雰囲気や感動的な瞬間を捉えることができます。ゲストとの集合写真や、挙式・披露宴のハイライトシーンは、当日にしか撮影できない貴重なものです。当日撮影では、時間の制約があるため、事前に撮影したいシーンやポーズをリストアップしておくと効率的です。

美しい和装写真を残すためのコツ

  • 光と影を意識する: 和装の美しさは、光と影によって大きく左右されます。自然光の柔らかな光を活用することで、和装の生地や色がより美しく映えます。また、影を利用して立体感を出すことも、写真に深みを与えるコツです。
  • ポーズと表情に工夫を: 和装は動きが制限されがちですが、その中でも自然体のポーズや表情を心がけることが重要です。特に、和装の魅力を引き出すためには、落ち着いた佇まいや優雅な姿勢が求められます。また、撮影者とのコミュニケーションを取りながら、リラックスした表情を心がけましょう。
  • 和装に合った背景を選ぶ: 和装での写真撮影では、背景が写真全体の雰囲気を大きく左右します。伝統的な日本庭園や神社、自然豊かな場所など、和装に合った背景を選ぶことで、写真の魅力を一層引き立てることができます。
  • 小物の活用: 扇子や花などの小物を上手に取り入れることで、写真に彩りを加えることができます。小物を使ったポーズは、写真に動きやストーリー性を加え、より印象的な仕上がりになります。

和装ウエディングの写真撮影は、結婚式の美しい瞬間を永遠に残すための大切な手段です。前撮りと当日撮影のそれぞれのポイントを押さえ、美しい和装写真を残すためのコツを活用して、一生の思い出を形にしましょう。

結婚式場選びと和装のバランス

結婚式場選びは、ウエディングの全体的な雰囲気を決定づける重要なステップです。特に和装を選んだ場合、その美しさが際立つ式場を選ぶことが、忘れられない結婚式を創り出す鍵となります。

この章では、和装が映える結婚式場の特徴と、式場選びで考慮すべき和装の要素について探ります。

和装が映える結婚式場の特徴

和装が映える結婚式場にはいくつかの共通点があります。これらの特徴を理解することで、和装にふさわしい場所を選ぶ際の参考としていただければ幸いです。

  • 自然との調和: 日本の伝統的な和装は、自然との調和が大切です。そのため、庭園が美しい式場や、四季の風景を楽しめる場所は、和装の魅力を引き立てます。特に、桜や紅葉など季節の花々と和装が織りなす景色は、写真に残しておきたい美しさです。
  • 伝統的な建築: 神社や旧家、伝統的な日本建築を活かした式場は、和装にぴったり合います。これらの場所では、和装の素材や文様がより一層引き立ち、格式高い雰囲気を演出することができます。
  • 和のデザイン要素: 和室や畳の間、障子や襖などの和のデザイン要素を取り入れた式場も、和装に合う選択肢です。これらの空間では、和装の美しさが自然と際立ち、ゲストにも伝統的な日本の美意識を感じてもらうことができます。

式場選びで考慮すべき和装の要素

和装を選んだ場合、式場選びにおいて以下の点を考慮することが重要です。

  • 色彩との調和: 和装の色彩や文様は、式場の雰囲気と合わせたものを選択する必要があります。明るい色の和装を選んだ場合は、ナチュラルな光が入る式場が合いますし、落ち着いた色の和装であれば、伝統的な雰囲気のある式場が適しています。
  • 移動のしやすさ: 和装は動きにくいことがありますので、式場内の移動経路がシンプルであることも重要です。また、階段の多い式場や、広大な敷地を持つ式場を選ぶ際は、事前に移動のサポート体制を確認しておくと良いでしょう。
  • 撮影スポット: 和装での撮影を考慮して、式場内外に美しい撮影スポットが多くあるかどうかもチェックポイントです。特に、自然光が美しい場所や、伝統的な日本の風情を感じられるスポットがあると、より魅力的なウエディングフォトが撮影できます。

和装ウエディングを検討しているカップルにとって、式場選びはその後の準備に大きな影響を与える重要な決断です。

和装が映える結婚式場の特徴を把握し、和装の要素を考慮しながら、二人の理想とする式場を見つけましょう。美しい和装と調和する結婚式場で、忘れられない一日を実現してください。

まとめ

和装ウエディングは、日本の伝統美と文化を大切にしながら、二人の結婚を祝う素晴らしい方法です。この記事を通じて、和装ウエディングを計画し、実行する上でのさまざまな側面を見てきました。

最後に、和装ウエディングを成功させるための最終チェックリストと、その美しさを最大限に引き出すためのヒントをご紹介します。

和装ウエディングを楽しむための最終チェックリスト

  • 和装の選定: 白無垢、色打掛、引き振袖、紋付羽織袴など、和装の種類とそれぞれの特徴を再確認し、あなたに最適なものを選びましょう。
  • 小物の準備: 和装を引き立てるための小物(帯締め、髪飾り、扇子など)を忘れずに準備しましょう。
  • ヘアスタイルの計画: 和装に合う伝統的またはモダンなヘアスタイルを選び、必要であれば事前に予行演習を行いましょう。
  • 式場の選択: 和装が映える式場を選び、和装と調和する美しい背景での撮影を計画しましょう。
  • フォトプランの確認: 前撮りと当日撮影のプランを立て、和装の美しさを残すための撮影シーンのリストを作成しましょう。

あなたの和装ウエディングを美しく彩るために

和装ウエディングは、ただの結婚式ではなく、二人の新しいスタートを象徴する芸術作品です。その美しさを最大限に引き出すためには、以下の点を心がけましょう。

  • 伝統と現代の融合: 和装の伝統的な美しさに現代的なアレンジを加えることで、唯一無二のウエディングスタイルを創り出しましょう。
  • 自然を活かす: 自然光や四季の風景を活かした撮影は、和装の魅力をより一層引き立てます
  • 細部へのこだわり: 和装の細部にまでこだわり、小物選びやヘアスタイルにも注意を払いましょう。それぞれが和装の美しさを引き立てる要素となります。

和装ウエディングの成功には、入念な計画と準備が鍵となります。この最終チェックリストとヒントを参考にして、あなたらしい和装ウエディングを実現しましょう。

伝統的な装いの中にも、個性と現代的な感性を織り交ぜることで、忘れられない一日を創り出すことができます。美しい和装で、二人の新しい門出を祝い、幸せな結婚生活の第一歩を踏み出してください。

〈参考記事〉
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/dress/japanese-style/01/
https://www.weddingpark.net/osusume/japanese/
https://wedding.mynavi.jp/premium/contents/special_contents/wasou/
https://zexy.net/article/app002003018/
https://bisveil.jp/bisveil-wedding/how-to-choose-shiromuku/
https://wakon-style.jp/iroha/6319/
http://www.studio-quon.net/shirouchikake/
https://www.bridal-esthe.com/hanayome-note/9479
https://wakon-style.jp/iroha/6684/#i-5
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/haorihimotoha/
https://www.weddingnews.jp/magazine/146518
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/hairstyle-makeup/japanese-hairstyle/06/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅の花に檜扇、御所車の黒振袖【fuk02】

【初心者必見】黒の振袖の魅力解説|成人式での選び方とスタイリング

成人式は人生の大きな節目であり、この特別な日に選ぶ振袖の色やデザインは、その日の思い出をさらに華やかに彩ります。特に黒の振袖は、シックで大人っぽい雰囲気を持ち、その格式高い印象から多くの女性に選ばれています。 黒の振袖は […]

ひとつ前の記事

笹竹に花丸紋と扇面の五つ紋付黒振袖【fuk66】

【40代花嫁必見】黒引き振袖で魅せる!大人の結婚式和装スタイルガイド

結婚式は人生における最も華やかで記憶に残る瞬間の一つです。特に40代の花嫁にとって、結婚式は人生の新たな出発を祝う大切な機会となります。この特別な日に選ぶ衣装は、その人の個性や価値観を反映することで自己表現をし、美しさを […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!