黒留袖イメージ

【初心者向け】留袖レンタルと着付けを一括で!安心の黒着物セット選び方&結婚式スタイルガイド

はじめに

留袖は、結婚式などのフォーマルな場において、女性にとって非常に重要な役割を果たします。この記事では、留袖をレンタルする際の基礎知識から、結婚式で留袖を選ぶ理由、種類、サイズ選び、予約方法、着付け、料金相場まで、留袖レンタルに関するあらゆる情報を網羅的に解説します。留袖をレンタルすることの多くの利点とともに、結婚式での留袖選びのポイントについても触れていきます。着物に詳しくない方でも安心して留袖レンタルを利用できるように、やさしい言葉で丁寧に解説していきますので、この記事が皆さんの大切な一日をより特別なものにするお手伝いができれば幸いです。

留袖レンタルの基礎知識

留袖には二種類あり、黒地に家紋を配した正礼装の「黒留袖」は、主に既婚女性が結婚式などの格式高い正式な場で着用する正礼装です。地色が黒以外の「色留袖」は、未婚・既婚に関わらず、比較的カジュアルな場面でも着用できる礼装です。留袖レンタルを利用する最大のメリットは、高価な留袖を購入する必要がなく、また保管や手入れの手間を省ける点にあります。レンタルをする際には、種類(黒留袖、色留袖など)、サイズ、柄、セット内容(帯、草履、バッグなどの小物が含まれるか)などを選ぶことができます。また、着付けサービスをオプションで利用することも可能です。

結婚式で留袖を選ぶ理由

結婚式で留袖を選ぶ最大の理由は、日本の伝統と格式を重んじる場での礼装としての役割を果たすためです。留袖は、家族や親族間での絆を象徴する家紋が入っていることが多く、格式高い装いを求める場で重宝されます。また、留袖を選ぶことで、新郎新婦への敬意を表すとともに、自身も華やかな場にふさわしい装いをすることができます。

結婚式では、母親や親族の既婚女性が黒留袖を着用することが一般的であり、その選び方や着こなし方には特に注意が必要です。留袖の色や柄、帯の結び方などには、それぞれ意味が込められていることも多く、結婚式の雰囲気や季節、自身の役割に合わせた選択が求められます。

留袖レンタルのプロセス

留袖レンタルのプロセスは、特別な日を迎える上で非常に重要なステップです。適切な留袖を選び、予約し、そして着用するまでの一連の流れを理解することは、結婚式や重要な行事において、スムーズかつ美しく過ごすための鍵となります。ここでは、留袖レンタルを行う際の基本的な手順、特にネットでの予約方法と店頭での試着と選び方について詳しく解説します。

ネットでの予約方法

近年、インターネットの普及により、留袖レンタルもオンラインで簡単に手続きが可能になりました。ネットでの予約方法は、時間や場所に縛られずに留袖を選べるため、多忙な方や遠方に住んでいる方にとって非常に便利です。予約プロセスは以下のような流れになります。

  1. レンタルサービスのウェブサイトを訪れる:まず、信頼できる留袖レンタルサービスのウェブサイトを探し、アクセスします。
  2. 留袖の種類やセットを選ぶ:留袖の色や柄、サイズ、レンタルセットの内容(帯、草履、小物などが含まれるかどうか)を選びます。
  3. 予約日を決める:結婚式や使用する予定の日にちを考慮して、レンタル日や期間を決定します。
  4. 個人情報を入力し、予約を確定する:名前、住所、連絡先など必要な情報を入力し、予約を確定します。

ネット予約の際は、サイズ選びが特に重要です。身長や体型に合った留袖を選ぶために、事前に自分のサイズを正確に測定しておくことが大切です。また、ウェブサイトによっては、試着サービスを提供している場合もありますので、そのオプションを利用することも一つの方法です。

店頭での予約と試着

一方、店頭での試着をするメリットは、直接留袖を見て触れることができる点にあります。実際に留袖を着てみることで、色や柄、素材感を確認できるため、より納得のいく選択が可能になります。店頭での留袖選びと試着の流れは以下の通りです。

  1. 事前に予約する:混雑を避けるため、事前に試着予約をすることをおすすめします。
  2. 希望の留袖を選ぶ:店頭に並ぶ留袖の中から、色、柄、サイズを考慮して選びます。
  3. プロのスタッフに相談する:サイズが合っているか、帯の結び方や小物の合わせ方など、専門スタッフに相談しながら最適な留袖を選びます。
  4. 試着をする:実際に留袖を着てみて、動きやすさや見た目を確認します。

店頭での試着では、留袖の着心地やデザインだけでなく、着付けにかかる時間や手間も体験できるため、当日の準備に役立つ情報を得ることができます。また、プロのスタッフからのアドバイスを直接受けられるのも、店頭での試着の大きな魅力です

留袖レンタルのプロセスを理解し、自分に合った方法で留袖を選ぶことが、特別な日をより美しく、そして快適に過ごすための第一歩です。ネット予約も店頭での試着も、それぞれにメリットがありますので、自分の好みや結婚式など参加する場の雰囲気に合わせて選択してください。

留袖の種類と特徴

留袖を選ぶ際には、その種類と特徴を理解することが大切です。ここでは、留袖の種類とそれぞれの魅力について、そして季節に応じた留袖の選び方について解説します。

正絹留袖とその魅力

正絹留袖は、その名の通り、100%絹でできた留袖のことを指します。正絹留袖は光沢があり、色鮮やかで、繊細な柄が特徴です。正絹の留袖は、結婚式などの特別な日に、格式高い装いを望む女性にとって最適な選択肢と言えます。また、正絹は保温性と吸湿性に優れており、長時間着用しても快適さを保つことができます。そのため、結婚式などでも長い一日を通して、美しさと快適さを兼ね備えた装いを楽しむことができるのです。

正絹留袖の魅力は、その豪華さと格式の高さにあります。伝統的な技法で織り上げられた正絹は、見る角度によって異なる表情を見せ、着る人の美しさを一層引き立てます。また、紋付きの留袖は特に格式が高く、家紋を入れることで家族の歴史や伝統を表現することができます。

季節に応じた留袖の選び方

留袖を選ぶ際には、季節を考慮することが重要です。季節によって適した色や柄があり、それを取り入れることで、より季節感のある装いを楽しむことができます。

  • :桜や梅などの花柄が特徴的な留袖は、春にふさわしい選択肢です。明るい色合いや花びらを散りばめたデザインは、春の訪れを感じさせます。
  • :夏は涼しげな色合いの留袖がおすすめです。青や緑などの爽やかな色味、または夏を感じさせる風物詩を描いた柄が適しています。
  • :秋には、紅葉や実りの柄が描かれた留袖がぴったりです。温かみのある色合いで、秋の深まりを表現できます。
  • :冬は、雪の結晶や松など、冬の風物詩を描いた留袖を選ぶと良いでしょう。また、暖色系の色合いで温かみを感じさせるデザインが適しています。

留袖を選ぶ際には、季節感だけでなく、結婚式の場所や時間帯、そして自分の役割や立場も考慮することが大切です。留袖を適切に選び、着こなすことは、その場の雰囲気を高め、記憶に残る美しい一日を創り出すことにつながります。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えています。結婚式で着用する黒留袖についても、ぜひご相談ください。

川面を帆掛け船が走る黒留袖【tom02】
白黒のぼかしの中に、青海波と帆掛け船が、見事に手描き、手刺繍された、昭和初期の五つ紋付きアンティーク黒留袖です。当時は斬新なデザインだったことでしょう。裏には赤い紅絹という生地が使われています。麻布のお嬢さまが、お嫁に行かれるときにお誂えになった留袖です。帯は、おめでたい図柄の松竹梅、菊、笹、梅が手刺繍で描かれています。

唐草に花束のカメオのような黒留袖【tom03】
現代ものの、手描き友禅に、手刺繍の黒留袖です。変わったデザインの唐草文様に、金色で縁取りされたカメオのような図柄が描かれ、その中にあしらわれた花々が花束のようです。袖、袖口、衿には比翼が施されております。帯は、黒地の立涌柄に、松竹梅、鶴、宝尽くしの柄行が金色であしらわれた袋帯です。

着付けサービスの選び方

結婚式や正式な行事で留袖を着る際には、美しく正確な着こなしが非常に重要です。着付けは専門的な技術を要するため、多くの方がプロの着付けサービスを利用されます。しかし、着付けサービスを選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。ここでは、フルセットレンタルのメリットと、自宅での着付けと会場での着付けの違いについて詳しく解説します。

フルセットレンタルのメリット

フルセットレンタルとは、留袖だけでなく、帯や草履、バッグといった小物一式を含むレンタルパッケージのことを指します。このサービスを選ぶメリットは大きく分けて以下の通りです。

  • 一貫性のあるコーディネート:留袖と小物がセットで提供されるため、色や柄が統一され、スタイリッシュな着こなしが可能になります。
  • 準備の手間が省ける:必要なものを一から揃える必要がなく、準備の手間が大幅に削減されます。
  • コストパフォーマンス:個別にレンタルするよりも、セットでレンタルした方が総合的にコストを抑えられることが多いです。
  • 専門家のアドバイス:フルセットレンタルを提供するショップでは、専門のスタッフがコーディネートのアドバイスをしてくれるため、着物に詳しくない方でも安心です。

フルセットレンタルは、特に着物や和装小物に不慣れな方、また時間や手間を節約したい方におすすめのオプションです。

自宅での着付けと会場での着付けの違い

着付けサービスを利用する際には、自宅で着付けを行うか、会場で着付けを行うかを選択する必要があります。それぞれの選択肢には以下のような特徴があります。

自宅での着付け

  • メリット:自宅でゆっくりと準備ができるため、当日の慌ただしさを避けられます。また、自宅であれば、家族や友人と一緒に準備を楽しむことができます。
  • デメリット:会場まで留袖姿で移動する必要があります。これにより、着崩れのリスクが高まる可能性があります。

会場での着付け

  • メリット:会場で着付けを行うことで、移動による着崩れのリスクを避けられます。また、プロの着付け師が多く在籍している場合が多く、当日のトラブルにも対応しやすいです。
  • デメリット:会場によっては着付けスペースが限られている場合があり、プライバシーが確保されにくいことがあります。また、会場によっては着付け料金が高めに設定されていることもあります。

どちらを選択するかは、結婚式や行事のスケジュール、個人の好み、プライバシーの重視度によって異なります。自宅でのんびりと準備をしたい方、移動を最小限に抑えたい方は、それぞれのメリットを考慮して選択してください。

留袖レンタルの料金相場

留袖をレンタルする際、最も気になるポイントの一つが料金です。留袖レンタルの料金相場は、選ぶ留袖の種類やセット内容、レンタル期間、オプションサービスの有無によって大きく異なります。ここでは、高級留袖とレギュラー留袖の料金差と、オプション料金とその内容について詳しく解説します。これらの情報を把握することで、予算に合った留袖選びが可能になります。

高級留袖とレギュラー留袖の料金差

留袖レンタルの料金は、その品質やデザインによって大きく変わります。高級留袖は、使用されている素材の質や、柄の繊細さ、希少性などにより、料金が高く設定されています。一方で、レギュラー留袖は、より手頃な価格で提供されることが多く、一般的な結婚式やフォーマルな場に適しています。

  • 高級留袖:一般的に、高級留袖のレンタル料金は数万円からとなっています。特に、正絹や手描きの柄、有名作家によるデザインなどは、その価格がさらに上昇します。高級留袖を選ぶ際には、結婚式の格式や自身の役割を考慮することが重要です。
  • レギュラー留袖:レギュラー留袖のレンタル料金は、一般的に1万円台から数万円程度です。デザインや素材にもよりますが、比較的リーズナブルな価格で留袖をレンタルできます。コストパフォーマンスを重視する場合には、レギュラー留袖が適しています。

料金差の主な要因は、使用されている素材の質、デザインの複雑さ、希少性などにあります。高級留袖は、特別な日にふさわしい最高の装いを求める方におすすめですが、予算やシーンに応じて適切な留袖を選択することが大切です。

オプション料金とその内容

留袖レンタルにおいては、基本的なレンタルセット以外にも、様々なオプションサービスが用意されています。これらのオプションサービスを利用することで、より充実したレンタル体験が可能になりますが、料金は別途必要になることがほとんどです。

  • 着付けサービス:自宅や会場でのプロによる着付けサービスは、多くのレンタルショップで提供されています。料金は一般的に数千円から1万円程度で、地域やサービス内容によって異なります。
  • 小物一式のレンタル:草履やバッグ、帯締めなど、留袖に合わせた小物のレンタルも可能です。これらの小物を個別にレンタルする場合、料金は数千円からとなりますが、フルセットレンタルの場合には、これらが含まれていることが多いです。
  • 配送サービス:留袖や小物を自宅や会場へ配送してくれるサービスもあり、遠方に住んでいる方や準備に手間をかけたくない方には便利です。料金は配送距離によって異なりますが、数千円程度が目安です。

留袖レンタルの際には、これらのオプション料金も考慮に入れて予算を立てることが重要です。必要なサービスを事前にチェックし、トータルでのコストを把握しておくことで、スムーズなレンタルが可能になります。

留袖に合わせる小物選び

留袖を着用する際、その装いを完成させるためには適切な小物選びが欠かせません。小物一つ一つが持つ役割や、留袖との調和を考えることで、より一層華やかで品のある着こなしが可能になります。ここでは、特に重要な草履と足袋、そして和装バックとその他の小物の選び方について解説します。

草履と足袋の選び方

  • 草履:留袖に合わせる草履は、全体の装いを引き締める役割を持っています。草履の色は留袖の色や柄に合わせて選び、一般的には黒や金、銀などの落ち着いた色が選ばれます。また、留袖に合わせる草履は、比較的ヒールが高めのものが選ばれることが多く、足元に華やかさを加えることができます。
  • 足袋:足袋は、留袖のフォーマルな装いを完成させる重要な要素です。白色の足袋が一般的で、清潔感と格式を演出します。サイズは足にぴったり合うものを選ぶことが大切で、足袋がずれると見た目にも美しくないため、注意が必要です。

和装バックとその他の小物

  • 和装バック:留袖に合わせる和装バックは、全体の装いに調和するデザインを選びます。一般的には、留袖と同じく落ち着いた色合いのものが好まれ、小さめのサイズが選ばれます。バックの中には、必要最低限の物だけを入れ、スマートに持ち歩くことがポイントです。
  • その他の小物:留袖の装いをさらに豊かにするためには、帯締めや帯揚げ、扇子などの小物も重要です。これらの小物は留袖や帯との色のバランスを考えて選び、全体の調和を意識します。特に、帯締めや帯揚げは留袖のアクセントになるため、色や素材にこだわって選ぶと良いでしょう。

留袖に合わせる小物選びは、装い全体の印象を左右します。草履や足袋、和装バック、その他の小物を選ぶ際には、留袖の色や柄、季節感、そして着用する場の雰囲気を考慮して選ぶことが大切です。適切な小物選びによって、より一層美しい留袖の装いを完成させましょう。

留袖レンタルの注意点

留袖レンタルをする際には、いくつかの重要なポイントを押さえておく必要があります。特に、サイズ選びとレンタル期間、返却に関するルールは、トラブルを避けるために事前に理解しておくべきです。ここでは、留袖レンタルをスムーズに行うための注意点について詳しく解説します。

サイズ選びのポイント

  • 正確なサイズを知る:留袖をレンタルする際には、自分のサイズを正確に知っておくことが非常に重要です。身長、バスト、ウエスト、ヒップのサイズはもちろん、袖丈や裄丈などの着物特有のサイズも必要になる場合があります。
  • 試着の機会を利用する:可能であれば、レンタルする前に試着をすることをおすすめします。特に、オンラインでレンタルをする場合は、サイズ違いでのトラブルが発生しやすいため、試着ができるサービスを選ぶと良いでしょう。
  • プロのアドバイスを受ける:不安がある場合は、プロのスタッフに相談するのも一つの方法です。レンタルショップのスタッフは、サイズ選びの経験が豊富なので、適切なアドバイスを受けることができます。

レンタル期間と返却のルール

  • レンタル期間を確認する:留袖のレンタル期間は、ショップによって異なります。結婚式やイベントの日程に余裕を持ってレンタルすることで、当日の準備を安心して行うことができます。また、レンタル期間を超えてしまうと追加料金が発生する場合があるため、注意が必要です。
  • 返却方法を把握しておく:レンタルした留袖の返却方法についても、事前に確認しておくことが大切です。返却は郵送で行うのか、直接店舗に持ち込む必要があるのか、また返却時の注意点(クリーニングの有無など)を確認しておきましょう。

留袖レンタルを利用する際には、これらのポイントを事前に確認し、準備を整えておくことで、当日をよりスムーズに、そして快適に過ごすことができます。サイズ選びやレンタル期間、返却ルールをしっかりと把握して、留袖レンタルを最大限に活用しましょう。

まとめ

留袖レンタルを成功させるためには、事前の準備と注意点の理解が不可欠です。ここまでは、留袖選びからレンタルのプロセス、着付け、小物選び、そして注意点まで、留袖レンタルに関わる各ステップを詳しく解説してきました。

留袖レンタルで失敗しないためのチェックリスト

留袖レンタルをスムーズに行うために、以下のポイントを事前に改めて確認しましょう。

  • 事前にサイズを測定:正確なサイズを把握し、レンタルショップに提供することで、サイズミスを防ぎます。
  • レンタル期間の確認:イベントの日程に合わせて十分なレンタル期間を確保し、余裕を持ったスケジュールを立てます。
  • 返却ルールの理解:返却期限や方法を事前に確認し、追加料金が発生しないように注意します。
  • 小物の選定:留袖に合わせる小物を事前に選び、全体のコーディネートを計画します。
  • オプションサービスの利用検討:必要に応じて着付けサービスや配送オプションを利用します。

結婚式で華を添える留袖選びの最終アドバイス

最後に、結婚式で華を添える留袖を選ぶためのアドバイスをいくつかご紹介します。

  • 式の場の雰囲気に合わせる:結婚式の格式や雰囲気に合わせて留袖を選びましょう。
  • 季節感を考慮:季節に応じた色や柄の留袖を選ぶことで、より一層の華やかさを演出することができます。
  • 個性を大切に:自分の好みや個性を反映させることで、唯一無二の装いを実現します。
  • 専門家の意見を参考に:不安な点があれば、レンタルショップのスタッフやプロの着付け師に相談をしましょう。

留袖レンタルは、結婚式を彩る大切な要素の一つです。この記事が、あなたの留袖選びとレンタルプロセスをサポートし、記憶に残る美しい一日を過ごすためのお手伝いができれば幸いです。

〈参考記事〉
https://kimono-rentalier.jp/column/tomesode/wedding-tomesode-shinzoku/
https://kimono-rentalier.jp/column/tomesode/wedding-kurotome-rental/?gad_source=1&gclid=CjwKCAiAibeuBhAAEiwAiXBoJGTWH3euXWPRg6P7IukkUwHiS-6swcWC0qZaPF84FvjE6m0xIAESAxoC2REQAvD_BwE

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

黒地に雪輪、菊、松、橘の総絞り色振袖【fui102】

【成人式】黒の絞り振袖の魅力に迫る|着物レンタルのすすめ

成人式は一生に一度の大切なイベントです。その特別な日に着る振袖は、女性にとってとても重要な選択です。 成人式にふさわしい振袖を選ぶ際、「絞り」の技術は特別な魅力を持っています。中でも「黒の絞り」が施された振袖は、シックで […]

ひとつ前の記事

黒留袖イメージ

【実績多数!】留袖の柄を選ぶコツとは?初心者向け黒留袖の着こなし術

はじめに 留袖とは、特別な式典や結婚式などのフォーマルな場で着用される、女性の正礼装です。特に黒留袖は、結婚式で新郎新婦の母親や親族の既婚女性が着用することが多く、格式高い着物の一つとされています。この黒留袖の特徴は、そ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!