羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式【utk07】

【着物のプロ監修】神前式で輝く白無垢選び!結婚式のための究極ガイド

はじめに

日本の伝統的な結婚式形式の一つである神前式は、その厳かな雰囲気と日本古来の美しさを今に伝える重要な文化です。この記事では、特に神前式で花嫁が着用する白無垢に焦点を当て、その魅力と歴史、そして選び方やコーディネートについて詳しく解説していきます。

着物や和装に詳しくない方でも理解しやすいように、基本から丁寧に説明していきますので、これから神前式の結婚式を控えている方や、単に日本の伝統文化に興味がある方にも役立つ内容となっています。

神前式とは?基本を知ろう

神前式とは、神社(あるいは神殿のある結婚式場)で行われる挙式のことを指し、夫婦が神前で結婚の誓いを立てる伝統的な式です。この式は、日本の自然崇拝や祖先崇拝の思想に基づいており、多くの場合、白無垢を着た新婦と黒紋付き羽織袴を着た新郎が、厳かな雰囲気の中で結婚の誓いを新たにします。

神前式では、神様への感謝と夫婦の幸福を願う儀式が行われ、その格式高い雰囲気は参列者にも深い感動を与えます。

白無垢の魅力とその歴史

白無垢は、文字通り「無垢な白」を意味し、純白の着物で、新婦が神前式で着用する伝統的な衣装です。この白無垢は、新婦が新しい家族に迎えられる際に、これまでの家族とのつながりを清算し、新たな人生を無垢な状態でスタートするという意味が込められています。

また、白無垢はその美しさだけでなく、細部にわたる繊細な手仕事や、着る人の身体を美しく見せるシルエットにも大きな魅力があります。長い歴史の中で受け継がれてきた白無垢は、多くの人々に愛され続けています。

この記事で分かること

この記事では、神前式と白無垢についての基本情報から、白無垢の選び方、着方、そして神前式における和装のコーディネートに至るまで、幅広く解説していきます。

また、白無垢を選ぶ際のポイントや、神前式でのマナーについても触れていきますので、これから結婚式を控えている方や、和装に興味がある方にとって、有益な情報を提供できることを目指しています。

着物や和装に詳しくない方でも、この記事を通じて神前式と白無垢の深い魅力に触れ、より理解を深めていただければ幸いです。

白無垢の選び方

白無垢を選ぶ際には、素材や品質、柄や色、そしてレンタルするか購入するかといった点が重要になります。神前式での結婚式において、白無垢は新婦の美しさを際立たせる重要な役割を果たすため、選び方には慎重になりたいものです。

ここでは、白無垢選びの際に注目すべきポイントを詳しく解説していきます。

素材と品質の見分け方

白無垢を選ぶ際、最も重要なのがその素材です。正絹はその光沢と質感が特徴で、非常に肌触りが良く、長時間着用しても快適です。品質を見分けるポイントとしては、生地の光沢と手触り、織りの密度を確認しましょう。

また、縫製が丁寧かどうかも重要なチェックポイントです。高品質な白無垢は、細部にわたるまで手仕事の美しさが感じられます

柄や色で表現する新婦の個性

白無垢は名前の通り白い衣装が基本ですが、実は細かな柄や色の違いで多様な表情を見せます。柄にはそれぞれ意味が込められており、幸福を願う吉祥文様や自然を象徴する柄があります。

新婦の個性や結婚式のテーマに合わせて、柄や色味を選ぶことで、より一層特別感を演出できます。例えば、桜や梅の花は新たな始まりを、鶴は長寿と幸福を象徴するなど、柄の意味を結婚式のテーマに反映させると良いでしょう。

レンタルと購入、どちらがおすすめ?

白無垢を選ぶ際には、レンタルするか購入するかを選ぶ必要があります。レンタルのメリットは、コストを抑えられることと、結婚式後に保管やクリーニングの手間がないことです。

一方、購入するメリットは、完全に自分好み、かつぴったり合ったサイズの白無垢を選べることと、結婚式後も記念として保管できることです。

どちらを選ぶかは、予算や結婚式に対する想い、将来的に白無垢をどう扱いたいかによって決まります。レンタルでも購入でも、自分たちの結婚式にとって最適な選択をすることが大切です。

ここで、ゆめやで取り扱っている白無垢から、「菱形に四季の花丸紋様白鶴刺繍の打掛一式」をご紹介します。

こちらは、菱紋、菱菊、花丸紋、亀甲の地紋様と、鶴、梅、菊などのおめでたい絵柄が正絹に織り出されたアンティーク白無垢です。貸衣装でよく取り扱われている化繊の白無垢とは違い、正絹はふんわりと身体に添い、軽くて柔らかいのが特徴です。

その違いは、お召しになると分かっていただけると思います。純白に身を包み、ご両家の幸せと繁栄を願ってまとう白無垢です。ぜひ本物の正絹でお嫁に行かれてください。

神前式の衣装コーディネート

神前式での結婚式は、その格式高い雰囲気と伝統的な美しさで多くのカップルから選ばれています。特に、白無垢をはじめとする和装は、この大切な日の装いに深い意味を持ち、新郎新婦の幸せを願う象徴となります。衣装選びから小物選びまで、全てにおいてこだわりを持つことで、一生の思い出に残る神前式を実現できます。

和装小物で彩る白無垢スタイル

白無垢は、その名の通り真っ白な着物で、新婦の純潔と新たな始まりを象徴しています。しかし、白無垢一つを取っても、その装いは小物によって大きく変わります。

たとえば、帯締めや帯揚げ、重ね衿などの色や柄を変えることで、季節感を表現したり、新婦の個性を演出することができます。

また、扇子や簪(かんざし)などのアクセサリーを加えることで、より華やかな印象になります。これらの小物選びには、結婚式のテーマや会場の雰囲気、さらには新郎の衣装とのバランスを考えることも重要です。

髪型とかつらの選び方

和装における髪型は、全体の印象を大きく左右する要素の一つです。特に白無垢を着る際は、伝統的な日本髪(島田髷や文金高島田など)や、よりモダンなアレンジを施した洋髪など、さまざまなスタイルから選ぶことができます。

日本髪にはかつらを使用することも多く、自分の顔立ちや和装のスタイルに合わせて選ぶことが大切です。また、髪飾りも重要なアクセントになります。小さな花をちりばめた簪(かんざし)や、派手すぎないシンプルな飾りなど、ドレスコードに合わせて選びましょう。

新郎新婦の衣装バランス

神前式において、新郎新婦の衣装は単に美しいだけでなく、二人の絆や調和を象徴するものです。新郎の羽織袴と新婦の白無垢や色打掛は、色や柄、素材感で互いを引き立て合うように選ぶことが望ましいです。

例えば、新婦が白無垢を着る場合、新郎はシンプルながらも格式高い黒や紺の羽織袴を選ぶと、統一感が生まれます。また、小物やアクセサリーも二人で色やデザインを合わせることで、より一層の結びつきを感じさせることができます。

重要なのは、二人で事前にしっかりと打ち合わせを行い、お互いの意見を尊重しながら最適な選択をすることです。

神前式での白無垢に合わせた小物使い

神前式の結婚式では、白無垢をはじめとする和装が中心となりますが、その装いをより一層引き立てるのが小物使いです。

小物一つひとつにはそれぞれ意味が込められており、結婚式という特別な日の装いをさらに美しく、意味深いものにしてくれます。

ここでは、神前式での白無垢に合わせた小物使いの基本と、その選び方についてご紹介します。

必須アイテムとその意味

神前式での白無垢姿を彩る小物には、いくつかの必須アイテムがあります。たとえば、白無垢を美しく見せる「帯締め」や「帯揚げ」は、新婦の純潔と美しさを象徴します。

また、「扇子」は、良縁を招くアイテムとして、また夫婦が仲良く暮らせるようにとの願いが込められています。これらの小物は、ただのアクセサリーではなく、結婚式という一生に一度の儀式をより深いものにしてくれる重要な役割を持っています。

華奢なアクセサリーの選び方

和装に合わせるアクセサリーは、洋装の時とは異なり、華奢で繊細なものを選ぶのが一般的です。白無垢に合わせる場合、金や銀の細工が施された「髪飾り」や「耳飾り」が特に人気です。

これらのアクセサリーは、和装のシンプルな美しさを引き立てるとともに、新婦の顔立ちをより華やかに見せてくれます。選ぶ際には、装い全体のバランスを考え、あまり派手すぎない、上品なデザインを選ぶことが大切です。

和装に合う帽子のスタイリング

神前式の和装に合わせる帽子としては、「綿帽子」や「角隠し」といった伝統的なものがあります。これらの帽子は、新婦の清楚さと貞節を象徴し、結婚式の厳かな雰囲気にふさわしい装いを完成させます。

また、最近では、よりモダンなスタイルを好む新婦に向けて、伝統的な形状を残しつつも、現代的なデザインが施された帽子も登場しています。和装の美しさを損なわないよう、全体のコーディネートに合わせて慎重に選びましょう。

白無垢の着付け方と注意点

白無垢を着る際には、美しく、かつ快適に過ごすためのポイントがいくつかあります。白無垢は、その素材やデザインが持つ伝統的な美しさを最大限に引き出すため、正しい着付け方と、着崩れを防ぐためのコツを知っておくことが重要です。

また、結婚式という長時間にわたるイベントを快適に過ごすためのアドバイスも心に留めておきましょう。

正しい着付けの手順

白無垢の着付けは、和装の基本に忠実に行うことが美しさを保つ秘訣です。以下の流れをもとに白無垢を着付けましょう。

  1. 事前の準備: 白無垢を着る前に、まずは和装下着や肌襦袢、裾よけといった下着類をしっかりと着用します。ラインを美しく見せたり、汚れの付着を防止したりするためのものです。
  2. 長襦袢の着用: 長襦袢を身に着けます。これは肌襦袢の上に着る襦袢で、見られてもよい下着という扱いです。寒い季節には防寒効果も兼ねています。
  3. 掛下の着用: 長襦袢の上、白無垢の下に着用する掛下着物です。白無垢(打掛)の下に着るため「掛下」といいます。
  4. 帯結び: 掛下を着付けた後、帯を「文庫結び」で結び付けます。帯は白無垢全体のデザインを引き立てるためにも重要なアクセサリーとなります。
  5. 白無垢の着用: いよいよ白無垢(打掛)の出番です。衿の後ろ部分を下げてうなじが見えるように着付けます。これを「衿を抜く」といいます。
  6. 綿帽子や角隠し(つのかくし)の着用: 最後に、頭を覆う綿帽子や角隠しを着用します。特に綿帽子は白無垢にのみ合わせることができる、まさに白無垢のためのための帽子です。

着付けには慣れが必要ですが、事前に練習しておくと当日スムーズに進みます。また、着付けの専門家に依頼するのもおすすめです。

着崩れを防ぐコツ

白無垢を美しく着こなすためには、着崩れを防ぐ工夫が必要です。特に、帯の締め方に注意しましょう。帯はしっかりと締めることで、全体のシルエットが保たれます

また、コーリンベルトや打掛ベルトを使用して掛下や白無垢を身体に固定することで、動いてもずれにくくなります。長時間着用する場合は、定期的に帯や腰紐の緩みをチェックし、必要に応じて調整することが大切です。

長時間快適に過ごすためのアドバイス

結婚式は長時間にわたるため、白無垢を着用する際は快適さも考慮する必要があります。まず、下着は肌に優しい素材を選び、摩擦や締め付けを避けることが重要です。

また、足元は草履を選ぶことが多いですが、フィット感のあるものを選び、可能であれば中敷きを使用すると疲れにくくなります。さらに、式場内の温度変化に備えて、羽織ものを準備しておくと安心です。快適に過ごすためには、事前の準備が鍵となります。

神前式の費用と準備

神前式の結婚式を計画する際、費用と準備は非常に重要な要素です。この章では、結婚式全体の費用相場から白無垢レンタルの平均価格、そして準備スケジュールとチェックリストまで、神前式を行う上で必要な情報を詳しく解説します。

結婚式全体の費用相場

結婚式の費用は、式場選びから衣装、食事、写真撮影などさまざまな要素によって大きく変動します。神前式の場合、式場となる神社の選定が重要で、地域や神社によって使用料が異なります。

一般的に、神社での挙式費用(挙式のみ)は10万円から40万円程度が相場ですが、これに加えて、食事会や披露宴を行う場合の費用も考慮する必要があります。全体として、神前式の結婚式でかかる費用の相場は、200万円前後程度を見込むと良いでしょう。

白無垢レンタルの平均価格

白無垢は、神前式で花嫁が着用する伝統的な和装です。新品を購入すると数百万円することもありますが、レンタルの場合は費用を大幅に抑えることが可能です。

白無垢のレンタル価格は、一式で10万円から30万円程度が相場となっています。この価格には、白無垢本体のほか、帯、草履、バッグなどの小物も含まれていることが多いです。また、着付けやヘアセットを含むプランを選ぶと、よりスムーズに準備を進めることができます。

ここで、ゆめやで取り扱っている白無垢から、「羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式」をご紹介します。

こちらは、何羽もの羽ばたく鶴が織り出されたアンティーク白打掛一式です。鶴の羽が銀やグレーで織られ、白い中にも表情のあるデザインの白無垢です。正絹特有のアイボリーがかった独特の色合いをお楽しみいただけます。掛下・半衿・筥迫なども、すべて正絹でご用意しています。

準備スケジュール

神前式の結婚式を成功させるためには、計画的な準備が必要です。一般的に、結婚式の準備は1年前から始めることが推奨されます。

まずは、希望する神社(または神殿のある結婚式場)の予約を確定させ、次に衣装や披露宴の会場選びを行います。6カ月前には招待状のデザインを決め、4カ月前には発送を開始します。

また、衣装の最終フィッティングや美容院の予約も忘れずに行いましょう。最後の1カ月は、細かな調整や最終確認の時期です。チェックリストを作成しておくと、準備を進めやすくなります。

重要なのは、余裕を持ったスケジュールで準備を進めることです。これにより、当日を迎えるまでの期間を楽しみながら、準備を進めることができます。

神前式を彩るシーン別コーディネート

神前式の結婚式では、白無垢をはじめとする和装が重要な役割を果たします。挙式から披露宴、そしてモダンと古典が融合したスタイルまで、それぞれのシーンに合わせたコーディネートが求められます。

ここでは、それぞれのシーンでの白無垢スタイルの選び方や、和装の変更ポイント、モダンと古典の組み合わせ方について解説します。

挙式中の白無垢スタイル

挙式中に着用する白無垢は、神前式の厳かな雰囲気にふさわしい、純白で素材感のあるものを選ぶことが大切です。白無垢は、新婦の純潔を象徴し、結婚式の中心的存在である新婦をより一層引き立てます

選び方のポイントとしては、正絹のものを選ぶことで、光沢感と高級感を演出できます。また、柄にも注目し、神前式にふさわしい伝統的な柄を選ぶことで、より格式高い雰囲気を作り出すことができます。

挙式中は、シンプルながらも格式を感じさせる白無垢を選び、新婦の美しさを最大限に引き出しましょう

披露宴での和装変更

披露宴では、挙式での白無垢から色打掛や引き振袖などに衣装を変更することが一般的です。この時、和装の変更は、新たな夫婦の門出を祝う意味も込められています。

色打掛は、華やかな色彩と細やかな柄が特徴で、披露宴の雰囲気を明るくします。引き振袖は、洗練された雰囲気を醸しながらも、格と上品さを保ちたい場合に適しています。

衣装を変更する際は、会場の装飾やテーマ、季節に合わせて色や柄を選ぶことがポイントです。また、アクセサリーや髪飾りも変更することで、トータルコーディネートの完成度を高めることができます。

モダンと古典の融合コーディネート

最近の傾向として、モダンな要素を取り入れつつ、古典的な和装の美しさを保つコーディネートが人気を集めています。例えば、伝統的な白無垢に、モダンなデザインのアクセサリーを合わせることで、新しいスタイルの和装を楽しむことができます。

また、髪型を洋髪にすることで、和装ながらも現代的な雰囲気を演出することが可能です。モダンと古典の融合コーディネートは、伝統を重んじつつも、自分たちらしいスタイルを追求したいカップルにおすすめです。重要なのは、和装の基本を守りつつ、自分たちの個性を表現することです。

まとめ

神前式と白無垢についての旅は、伝統と現代の美しさを融合させることから始まります。この記事では、白無垢を選ぶ際のポイントから、神前式での衣装コーディネート、小物使い、そして実際の着付け方法に至るまで、多岐にわたる情報をご紹介してきました。

結婚式は人生の中で最も特別な日の一つであり、その準備は楽しみながらも、多くの決断を必要とします。特に和装に不慣れな方にとっては、情報の海の中で迷うこともあるでしょう。しかし、適切な知識と準備があれば、この特別な日をさらに美しく、意味深いものにすることができます。

白無垢で叶える理想の神前式

白無垢は、その純白の美しさで新婦を神聖な存在として際立たせます。神前式での白無垢は、ただの衣装ではなく、二人の結びつきと新しい人生の始まりを象徴するものです。

選ぶ際には、素材や色、柄だけでなく、着る人の個性や式の全体的なテーマに合わせることが大切です。また、アクセサリーや小物を選ぶ際には、伝統的な美しさを尊重しつつ、自分らしさを表現することが重要です。

結婚式準備のポイント再確認

結婚式の準備は、細部にわたります。特に和装を選ぶ際には、白無垢だけでなく、帯、筥迫セット、草履といった小物選びも欠かせません。これらのアイテムは、全体のコーディネートを左右するため、慎重に選ぶ必要があります。

また、着付けは専門家に依頼することで、当日の美しさと快適さを保証することができます。準備の過程で最も大切なのは、自分たちの理想とする結婚式を実現するために、時間をかけてじっくりと選び、決めていくことです。

あなたの結婚式を特別なものに

結婚式は、二人の愛を祝福し、新たな人生の門出を祝う大切な儀式です。白無垢をはじめとする和装での神前式は、その伝統的な美しさと格式高さで、この特別な日をさらに際立たせます。

本記事が、あなたの結婚式準備に役立ち、理想の一日を実現する手助けとなれば幸いです。最後に、結婚式の準備は大変かもしれませんが、その過程を楽しむことも忘れずに。あなたの結婚式が、忘れられない美しい一日となりますように。

〈参考記事〉
https://news.yumeyakimono.jp/news/16809
https://www.bridal-esthe.com/hanayome-note/9162
https://shiromukuya.com/columns/shinzenshiki
http://www.studio-quon.net/shirouchikake/
https://kazoku-wedding.jp/howto/kimono-wedding-wig/
https://torutokoya.com/blog/no25_blog
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/wedding/for-wedding-sub/prepare/ceremony/fair-contents16/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

婚礼前撮りイメージ

専門家直伝!紅葉を背景に和装での前撮り写真撮影の究極ガイド

はじめに 前撮り写真は、結婚式前の特別な瞬間を捉える貴重な機会です。紅葉が見頃を迎える秋に和装を選ぶことで、その風景の中で二人の愛が永遠に刻まれます。この記事では、紅葉と和装の組み合わせが生み出す前撮りの魅力と、撮影にお […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!