七五三イメージ

【着物のプロ監修】七五三で3歳の子に!レトロ&アンティーク着物レンタルガイド

はじめに

日本の伝統的な行事である七五三は、子どもたちの成長を祝う大切な節目です。特に3歳の七五三は、人生で初めての大きなイベントの一つとして、多くの家族にとって特別な意味を持ちます。

この節目には、伝統的な着物を着て、家族揃って神社へ参拝するのが一般的です。しかし、着物を一から揃えることは、時間もコストもかかります。そこで、着物レンタルのサービスが注目されています。レトロ着物やアンティークの着物をレンタルすることで、手軽に伝統を楽しむことができるのです。

七五三とは?―3歳の大切な節目

七五三は、子どもの健やかな成長を願う日本の伝統的な行事です。特に3歳の七五三は、「髪置きの儀」として知られ、子どもが無事に成長したことを祝い、さらなる健康長寿を願う儀式としての意味があります。

この年齢での七五三は、人生で初めての節目となるため、多くの家族が特別な衣装を用意し、記念撮影を行ったり、地元の神社でお祝いをします。この伝統は、子どもたちにとっても、家族にとっても、忘れられない思い出となります。

着物レンタルのメリット―手軽に伝統を楽しむ

着物をレンタルすることの最大のメリットは、何と言ってもその手軽さにあります。特に、着物や和装に詳しくない方でも、専門のスタッフが一式を揃えてくれるため、手間がかからず、七五三当日のイベントに集中することができます。

また、購入に比べてコストを抑えることができるため、経済的な負担も少なくなります。さらに、レンタルならではの豊富な種類から選べるため、お子さまの個性に合った着物を選ぶことが可能です。レトロやアンティークの着物を選ぶことでは、他とは違った特別感を演出することもできるので、個性を出したいというご家族には特におすすめです。

レトロ&アンティーク着物の魅力―時代を超える美

レトロやアンティークの着物には、現代のものにはない独特の魅力があります。これらの着物は、時代を超えて受け継がれてきた伝統的な技術と美意識が反映されており、着る人に格別の風格を与えてくれます。

特に、3歳の七五三にアンティーク着物を選ぶことは、お子さまの晴れ姿をより一層引き立て、見る人の心に深い印象を残します。また、アンティーク着物を選ぶことは、日本の美しい文化や伝統を次世代に伝える大切な行為でもあります。レンタルサービスを利用することで、これらの価値ある着物を手軽に体験することができるのです。

七五三で選ぶべき3歳女の子の着物スタイル

七五三は、子どもの成長を祝う大切な日です。特に3歳の女の子にとって、この日は人生で初めて本格的な着物を着る機会となります。着物選びは、その後の記憶にも長く残るため、慎重に選びたいものです。ここでは、アンティーク着物からモダンなデザインまで、3歳女の子にふさわしい着物スタイルをご紹介します。

アンティーク着物でかなえるレトロな世界観

アンティーク着物は、その一枚一枚に歴史と物語が宿っています。レトロな世界観を演出するアンティーク着物は、七五三にぴったり。特に3歳の女の子には、大正ロマンを感じさせる柔らかな色合いや、繊細な刺繍が施された着物がおすすめです。

アンティーク着物を選ぶ際は、着物の状態を確認することが重要です。絹100%の正絹であれば、肌触りも良く、お子さまも快適に過ごせるでしょう。

被布と着物セットの選び方

七五三で3歳の女の子が着る着物には、被布セットが一般的です。被布は着物の上に羽織る短いコートのようなもので、お子さまのかわいらしさを一層引き立ててくれます。セットで選ぶ際は、着物と被布が同じテーマや色で統一されているかを確認しましょう。

また、レンタルを利用する場合は、フルセットで提供されることが多いので、草履や小物が含まれているかもチェックが必要です。色は、女の子らしいピンクや赤、伝統的な白や紫が人気ですが、最近ではナチュラルやパステルカラーの着物も増えています。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三用のお着物レンタルセットから、お着物と被布のトータルコーディネートがかわいらしい、「錦紗縮緬に花々が踊る五つ紋付き3歳祝着」をご紹介します。

こちらは、朱色からピンクのぼかしが入った正絹の錦紗縮緬に、花々が手描き、手刺繍されたお宮参り用の五つ紋付きアンティーク掛け着物です。裾の裏は共布、肩に結ぶ紐も共布で、品の良い掛け着物です。

和風美の極み―鶴や梅の柄の意味

着物の柄一つ一つには、それぞれ意味が込められています。例えば、鶴は長寿と幸福を、梅は清純と忍耐の象徴です。七五三の着物を選ぶ際には、これらの柄の意味も考慮に入れると、より特別な一日を演出できます。

特にアンティーク着物には、古典的な柄が多く見られ、それらを身にまとうことで、日本の伝統美をお子さまにも伝えることができます。柄選びは、お子さまの個性やご家族の願いを反映させることも可能です。例えば、家族全員が健康で長生きを願うなら鶴、お子さまの純粋な心を大切にしたいなら梅を選ぶなどといった選択をすると良いでしょう。

これらのポイントを押さえることで、3歳の女の子の七五三にふさわしい着物選びができることと思います。アンティーク着物でレトロな世界観を、被布と着物セットで統一感のあるスタイルを、そして和風美を象徴する柄で特別な意味を込めて、一生の思い出に残る七五三を迎えましょう。

レンタル着物の選び方

七五三で3歳の女の子にふさわしい着物を選ぶ際、レンタルは非常に便利な選択肢です。特に、アンティークやレトロな着物を選ぶことで、一生に一度の特別な日をより思い出深いものにすることができます。

しかし、レンタルサービスで適切な着物を選ぶためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。サイズやデザインの選び方、レトロとモダンのアンティーク着物の見分け方、そしてフルセットレンタルの内容について詳しく見ていきましょう。

サイズとデザインのポイント

着物を選ぶ際、最も重要なのはサイズが合っているかどうかです。3歳の女の子に合ったサイズの着物を選ぶことで、着心地の良さと見た目の美しさの両方を確保できます。サイズ選びのポイントとしては、身長や体重、そして体型を正確に測定し、レンタル店のサイズ表と照らし合わせることが大切です。

また、デザインに関しては、七五三の意味やお子さまの好み、そしてご家族の希望を考慮に入れ、古典的な柄からモダンなデザインまで幅広く検討しましょう。特に、鶴や梅のような吉祥の意味を持つ柄は、七五三にふさわしい選択肢と言えます。

レトロ&モダン―アンティーク着物の見分け方

アンティーク着物とモダンな着物の最大の違いは、その年代とデザインにあります。アンティーク着物は、大正ロマンを彷彿とさせるようなレトロな雰囲気が特徴で、しばしば手仕事による繊細な刺繍や染めが施されています。

これに対し、モダンな着物は、現代の技術で作られた新しい素材や、現代的な色使いとデザインが特徴です。アンティーク着物を選ぶ際は、その着物がどの時代のものであるか、どのような物語を持っているかを確認することも、選択の楽しみの一つです。

フルセットレンタルの内容とは

フルセットレンタルは、着物だけでなく、被布、草履、足袋、帯、巾着、髪飾りなど、七五三に必要な全てのアイテムを含んでいます。これにより、別々にアイテムを探す手間が省け、統一感のある装いを簡単に完成させることができます

フルセットレンタルを選ぶ際は、セット内容を事前に確認し、特に小物の色やデザインが着物と調和しているかをチェックすることが重要です。また、着付け方法や小物の使い方についての説明書が付いている場合もあり、初めて着物を着る方でも安心して準備を進めることができます。

これらのポイントを押さえることで、3歳の女の子の七五三にふさわしい、美しく特別な着物をレンタルすることができるでしょう。

着付けと小物の選び方

七五三で3歳の女の子に着せる着物は、その日だけの特別な装いです。着付けと小物選びは、見た目の美しさだけでなく、お子さまが快適に過ごせるかどうかも大切になります。ここでは、初めての着物選びでも迷わないよう、簡単なガイドとおすすめの小物をご紹介します。

着付けの基本―3歳女の子のための簡単ガイド

3歳の女の子の着物着付けは、大人とは異なり、シンプルで簡単な方法が好まれます。まず、着物を着る前に、肌着または肌襦袢を着せ、足袋を履かせましょう。お子さまが細い体型の場合は腰にタオルなどを巻いて補正をかけます。

着物は背中心に合わせ、左衿が右衿より上になるようにしてください。帯を締めたら着物の着付けは完成です。お子さまが動きやすいよう、帯はきつ過ぎず、適度な締め付けに留めることがポイントです。最後に、被布を着物の上に羽織、トータルの装いが完成します。

草履と足袋―足元から完成させる和装

足元の草履と足袋は、和装の印象を大きく左右します。3歳の女の子には、歩きやすく、足に負担が少ない柔らかい素材の草履がおすすめです。足袋は、着物の色や柄に合わせて選ぶと統一感が出ますが、白やクリーム色などの無地でシンプルなものを選ぶと、どんな着物にも合わせやすくなります。また、足袋は足の成長を考慮して、少し余裕を持たせたサイズを選ぶと良いでしょう。

髪飾りと巾着―アクセサリーで彩る着物スタイル

着物スタイルを一層引き立てる髪飾りと巾着は、七五三の装いに欠かせないアイテムです。髪飾りは、着物や被布の色と合わせた花やリボンを選ぶと、統一感のある装いになります。小さな髪飾りをいくつか組み合わせるのもおしゃれです。

巾着は、着物と同じか、着物の柄に合わせたデザインを選ぶと良いでしょう。巾着は小さなお菓子やハンカチを入れるのに便利で、お子さまも喜びます。これらの小物選びにも、お子さまの好みを尊重することで、より一層七五三の日を楽しむことができるでしょう。

レトロ着物レンタルの流れと注意点

七五三で3歳の女の子にレトロやアンティークの着物を着せたいと考える親御さんはたくさんいらっしゃいます。しかし、実際にレンタルを利用するまでの流れや、契約時の注意点、そして大切な着物を長持ちさせるコツについては、詳しく知らない方もいらっしゃるでしょう。この章では、レトロ着物レンタルをスムーズに、そして最大限に楽しむためのポイントをご紹介します。

レンタル予約から当日までの流れ

レトロやアンティーク着物のレンタルは、特に七五三のシーズンには需要が高まります。そのため、希望する日にちで予約を確保するには、早めの行動が必要です。

まず、レンタルを検討している店舗のウェブサイトを確認し、利用可能な着物の種類や価格、レンタルセットの内容をチェックしましょう。次に、予約可能かどうか店舗に問い合わせ、予約が取れたら必要書類を提出し、契約を結びます。

契約時には、レンタル期間、返却方法、キャンセルポリシーなど、細かい条件を確認することが大切です。当日は、予約した時間に店舗へ行き、着物と小物を受け取ります。着用後は、指定された方法で着物を返却しましょう。

注意すべきレンタル契約のポイント

レンタル契約を結ぶ際には、特に以下のポイントに注意が必要です。まず、レンタル料金に何が含まれているかを確認し、追加で必要な費用がないかをチェックします。また、着物や小物に万が一の汚れや破損があった場合の対応策や、それに伴う費用負担についても事前に理解しておくことが重要です。

キャンセルポリシーについても、予約後に計画が変更になる可能性を考慮して、確認しておきましょう。これらのポイントを明確にしておくことで、トラブルを避け、安心してレンタルサービスを利用できます。

七五三写真撮影のコツ

七五三は、お子さまの健やかな成長を祝う大切な行事です。特に3歳の七五三では、愛らしいレトロ着物を着た姿を写真に残すことで、その記憶をより鮮明に保つことができます。

ここでは、レトロ着物が映える写真撮影のコツをご紹介します。着物の美しさを引き立てるポーズ、背景の選び方、そして何よりもお子さまの自然な笑顔を捉える方法に焦点を当てていきましょう。

レトロ着物が映える撮影ポーズ

レトロ着物での撮影では、着物の柄や色、形がしっかりと映えるポーズが重要です。特に、アンティーク着物の繊細な柄や色合いを生かすためには、シンプルなポーズが最適です。

例えば、正面からの撮影では、お子さまに手を軽く横に開いてもらい、着物の全体像を捉えます。また、少し斜めからのアングルを取ることで、被布や帯のディテールも美しく映し出すことができます。ポーズに自然な動きを加えることで、生き生きとした写真に仕上がります。

背景選びと光の使い方

背景と光は、写真の雰囲気を大きく左右します。レトロ着物が映える背景を選ぶ際は、和風の庭園や伝統的な建物が理想的です。自然光を上手に利用することで、着物の色鮮やかさを際立たせることができます。

特に、ゴールデンアワーと呼ばれる朝早い時間帯や夕方の柔らかい光は、肌の色を自然に見せ、着物の色合いをより美しく映します。直射日光は避け、影ができないように注意しましょう。

撮影で残したい、お子さまの自然な笑顔

七五三の写真撮影で最も大切なのは、お子さまの自然な笑顔を捉えることです。緊張して硬い表情になりがちなお子さまをリラックスさせるためには、撮影をゲーム感覚で楽しむことがポイントです。

お子さまの好きな話題で会話をしたり、小道具を使って遊びながら撮影すると、自然と笑顔がこぼれます。また、家族が一緒に写ることで、より温かみのあるシーンを切り取ることができるでしょう。お子さまの自然体の姿を大切に、心温まる一枚を残しましょう。

これらのコツを活かすことで、レトロ着物を着たお子さまの七五三の記念写真は、一生の宝物となることでしょう。美しい着物、自然な笑顔、そして家族の絆が詰まった写真は、歳月を経ても色褪せることのない、かけがえのない記憶となります。

よくある疑問と回答

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な行事です。特に3歳の七五三では、伝統的な着物を着せることが多いですが、その準備にはさまざまな疑問が生じるものです。ここでは、着物レンタルに関するよくある疑問に答えていきます。

レンタル着物での七五三は本当にお得?

七五三で着用する着物でレンタルサービスを利用することは、多くの家庭にとって非常に経済的な選択肢となります。特に3歳の女の子の場合、成長が早く、購入した着物を何度も着用する機会は限られています。

レンタルならば、高品質で美しいアンティークやレトロな着物を、一定期間だけ手頃な価格で借りることができます。また、フルセットでのレンタルが可能なため、被布や小物も一緒に揃えることができ、準備の手間を省くことができます。

さらに、専門店では着付けの方法についてのアドバイスや、当日のサポートを受けることも可能です。これらのサービスを利用することで、初めての七五三でも安心して準備を進めることができます。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三用のお着物レンタルセットから、帯や帯揚げ、被布などがセットになってお得な、「若草色に薬玉・貝桶・牡丹の3歳祝着」をご紹介します。

こちらは、若草色の錦紗縮緬に、薬玉、貝桶、見事な牡丹が手描きされた、アンティーク子ども用着物です。お宮参りの掛け着物としても、3歳の祝い着としてもお召しいただけます。黄色い帯と、赤い絞りの帯揚げで、元気にコーディネートしました。寒い季節には被布もご用意しています。

アンティーク着物の汚れや破損の心配は?

アンティーク着物は、その歴史と美しさが魅力ですが、使用する際には汚れや破損が心配になることもあります。しかし、レンタルを提供している多くの店舗では、着物のメンテナンスと管理に非常に気を使っています

レンタル前には、専門のスタッフが丁寧にクリーニングと点検を行い、小さな汚れや損傷も修復しています。万が一、レンタル中に着物を汚してしまったり、破損してしまった場合でも、事前に保険に加入している店舗が多く、追加料金なしで対応してくれることがほとんどです。ただし、レンタル契約をする際には、そのようなサポートの内容を事前に確認しておくことが重要です。

3歳のお子さまが着物を着る際のポイントは?

3歳のお子さまが着物を着る際には、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。まず、お子さまが着物を着ている間、快適に過ごせるようにすることが重要です。着物は和装特有の締め付け感があるため、事前に家で少し着慣れさせておくと良いでしょう。

また、着物の素材やデザインを選ぶ際には、お子さまの肌に優しい正絹や、動きやすさを考慮したデザインのものを選ぶと良いです。さらに、当日は着付けに時間がかかることを考慮し、余裕を持ったスケジュールを組むことが大切です。着物を着ることで、お子さま自身が七五三の特別な日をより一層楽しむことができるよう、準備と計画をしっかりと行いましょう。

まとめ

七五三は、子どもの成長を祝う大切な日本の伝統行事です。特に3歳の女の子にとって、その日に着る着物は、一生に一度の記念となります。ここでは、レトロ着物レンタルの選択がなぜ魅力的なのか、そしてアンティーク着物が持つ文化的価値と、七五三の準備を進める上でのポイントをまとめてみました。

七五三で3歳女の子に選ぶレトロ着物の魅力

レトロ着物は、現代のファッションに古典美を取り入れたい方にとって、理想的な選択肢です。特に3歳の女の子の七五三では、アンティークやレトロな着物が、その小さな体をより一層引き立て、華やかな雰囲気を演出します。

レンタルならではの利点として、高価なアンティーク着物を手軽に、そして経済的に楽しむことができる点が挙げられます。また、フルセットでのレンタルが可能なため、着物に必要な小物一式を揃える手間も省けます。これらのサービスは、着物に詳しくない方や、忙しい家族にとっても、大変便利な選択肢となっています。

アンティーク着物で受け継がれる文化と伝統

アンティーク着物には、ただ古いというだけではなく、長い年月を経て受け継がれてきた日本の文化や伝統が込められています。特に、七五三で3歳の女の子がアンティーク着物を着ることは、その美しさだけでなく、過去から現代へと続く絆を感じさせてくれるでしょう。

アンティーク着物の柄一つ一つには、それぞれに意味があり、幸福や健康を願う願いが込められています。例えば、鶴は長寿、梅は清純、波は困難を乗り越える力の象徴です。これらの着物を選ぶことで、お子さまに良い願いを込めることができます。

今後の七五三準備のために

七五三の準備を進めるにあたり、まずはレンタルする着物のスタイルを決めることが重要です。レトロやアンティークの着物を選ぶ場合は、早めに予約を入れることをおすすめします。

また、当日の着付けやヘアセットについても、事前にプロのスタイリストを予約しておくと安心です。着物のレンタル店では、着付けや小物の選び方についてのアドバイスも受けられるため、不安な点は遠慮なく相談しましょう。

最後に、七五三の日は、お子さまたちの成長を祝う特別な日です。準備の過程も含めて、家族で楽しむことが何よりも大切です。レトロ着物のレンタルサービスを通じて、七五三がより一層思い出深いものになることを願っています。

〈参考記事〉
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail01.html
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/753/1356/
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-3sai/
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-kitsuke-3sai/
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail85.html
https://news.yumeyakimono.jp/news/21298
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail48.html

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

成人式・振袖を自由に選べる前撮りプラン(ロケーション撮影)【set09】

【着物のプロ監修】東京で選ぶ!撮影に最適な着物レンタル完全ガイド

はじめに 東京でレンタルサービスを利用して着物選びをすることは、ただの衣装選びを超えた、まるで時代旅行のような体験になります。この街の選りすぐりの店舗では、アンティークから現代ものまで、あらゆるスタイルの着物が揃っており […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!