手描き友禅桜や桐、花の本の蜂蜜色の訪問着【hou08】

【東京で大きいサイズの着物レンタル】初心者向け!安心の選び方ガイド

はじめに

手軽に利用ができる着物レンタルは、日本の伝統文化を身近に感じる素晴らしい機会を提供します。本記事を通じて、着物が持つ無限の可能性を発見していただければ幸いです。

東京で着物レンタルを選ぶ理由

東京は多様性が溢れる都市であり、商業の中心でありながら観光地も多く、世界各国が注目しています。その文化的背景をよく表すものの一つが着物です。大都会であるからこそ、着物の種類も取り扱っている店舗も豊富で、そこから生まれる各店舗の価格競争とサービス合戦により、気軽に和を身に纏うことができるのです。特に、着物レンタルは最高級の品を手頃な価格で利用できる素敵なサービスです。日本全国の名品が集まる東京だからこそ味わえる、素敵な出会いがあなたを待っています。

大きいサイズでも楽しめる着物の魅力

着物は洋服と違い、あまり体型を選ばずに着用が出来ます。元々、女性の着物はおはしょりを作って着るくらい長く作られていることからも、洋服では考えられない調整力があります。また、色柄が豊富で体型のコンプレックスを隠すのも得意です。さらに、小物による調整も出来るため、多くの方に楽しんでいただける衣装です。

着物レンタルの基本知識

着物レンタルを利用する際には、そのプロセスを理解し、適切な準備をすることが非常に重要です。ここでは、着物レンタルの流れ、サイズ選び、そして予約時の注意点について詳しく説明します。

着物レンタルの流れと予約方法

着物レンタルのプロセスは、基本的にはシンプルですが、事前の準備と計画が必要です。プロセスは以下のステップで構成されます。

  1. リサーチと選択:まず、利用可能なレンタル店舗をリサーチし、希望する着物の種類やデザイン、レンタルプランを選択します。特に、東京の場合は店舗数も豊富なので、取り扱い内容もサービスも金額もピンからキリです。また、立地や着付け前後の経路など多角的な視点で分析して、選択しましょう。
  2. 予約:オンライン、電話、または店舗訪問により予約を行います。この際、着用日、サイズ、必要なアクセサリーなどの詳細を伝えます。店舗によっては、その場で試着もできますので時間に余裕を持っておきましょう。また、オンライン店舗も近年は多く、その場合も可能な限り試着が出来るよう交渉しましょう。
  3. 試着と調整:予約した日に店舗を訪れ、実際に着物を試着し、必要に応じて調整を行います。この時点で、小物も決定します。レンタルサービスの中にはヘアメイクも込みになっている場合がありますので、そちらもこの時点で決めてしまうとイベント当日の動きが楽になります。
  4. 着付けと返却:店舗での着付けサービスを行っている場合は、着用日に再度店舗を訪れ、プロに着付けてもらいます。オンラインの場合、着用日の数日前に届くので適宜着用します。着用後は、指定された方法で着物を返却しましょう。

どんなサイズが大きいサイズに含まれるの?

着物のサイズは着物の構造を知ることで理解が進みます。

  • 身丈:首の付け根から裾までの長さで、身長±5㎝が最適です。
  • 裄丈:首の付け根から手のくるぶしまでの長さであり、その長さが最適です。
  • 袖丈:袖の上から下までの長さで、振袖は身長の約2/3、それ以外は約1/3が最適とされます。
  • 前幅:ヒップサイズの1/4に+1㎝くらいが最適です。
  • 後幅:ヒップサイズの1/4に+5〜6㎝くらいが最適です。

以上となります。ただし、レンタル着物の場合は上記の基準を基に多くが身丈と裄丈から大体の比率でサイズ展開をしています。ですので、ご自身の身長を中心に選ぶことで大体の場合は問題なく着用が出来ます。同様に、S・M・Lでのサイズ表記の場合も上記に合わせて、最も自身の体型に近い着物を選びましょう。不安な場合は、店舗に相談しましょう。

予約時の注意点

着物レンタルをスムーズに行うためには、以下の点に注意してください。

  • 早期予約:特に人気のシーズンや週末は早くから予約が埋まるため、早めの予約が推奨されます。
  • キャンセルポリシーの確認:予約時には、キャンセルポリシーを確認し、万が一の状況に備えておくことが重要です。

以上を踏まえて、最適な一枚をレンタルしましょう。ゆめやきものも、高身長な現代人に最適な着物を豊富に取り揃えています。

大きな熨斗目に吉祥柄の総絞りの色振袖【fui73】
大きな熨斗目の柄に、御所車や梅、菊などがラメ糸で手刺繍された、現代物の色振袖です。ラメ糸ではありますが、全体が黒の総絞りですので、引き締まった印象があります。金糸の手刺繍の袋帯に、水色の帯揚げ、帯締めを合わせました。

成人式はもちろん、結婚式にも最適な一級品です。

着物レンタル店を目利き

東京には、着物レンタルを専門に扱う店舗が数多く存在します。これらの店舗では、様々な体型のお客様に対応するため、豊富なサイズとスタイルの着物を取り揃えています。ここでは、その中から最適な店舗を見つけるヒントをお伝えします。

各店舗の特徴と取り扱いサイズ

着物のレンタルを行っている店舗も複数に分かれており、それぞれに特徴があります。

  • 呉服店:着物の販売からレンタルまでを専門に取り扱うまさに専門店です。商品点数とバリエーション、サイズに優れ、老舗ならではの豊富なサービスが売りです。ただし、店舗ごとの差が大きいです。
  • 衣装店:着物に限らず衣装レンタルを専門に行うお店です。レンタルというサービスに特価したプランに優れる一方、着物の取り扱いは種類もサイズも呉服店に劣ります。
  • 振袖専門店:振袖を専門に扱うレンタル着物店です。特化型の経営方針なだけあって、振袖の種類とサイズは豊富です。
  • オンライン着物レンタル店:実店舗を持たないないことで、格安で着物レンタルを実現します。手軽さも売りである一方、実物は届かないと分からない危険性があります。

東京にはこれらの店舗が混在していますので、比較検討を行う必要があります。

カップルやグループでのレンタルプラン

激戦区東京だからこそ、レンタルプランも新たなものが生み出されています。例えば、結婚式での和装をお得に借りられる新郎新婦向けのプランや、気楽に和装デートに最適な着物プランなどのカップルプランを用意している店舗もあります。また、観光客を意識したグループ用のプランもあったりとニーズに合わせて多様になっています。

店舗選びのポイント

着物レンタル店を選ぶ際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

  • 取り扱いの着物タイプとサイズ:着用シーンにあった着物のタイプと自分の体型に合ったサイズが用意されているか確認しましょう。例えば、振袖専門店には既婚者が着る留袖の取り扱いは通常ありません。不明な場合は事前に確認を入れましょう
  • 提供サービス:着付けやヘアセット、写真撮影など、利用したいサービスが提供されているかをチェックします。オプションの場合もありますが、セットプランとして付帯していることもあります。
  • 店舗の口コミや評判:実際に利用した人の声を参考に、サービスの質やスタッフの対応を確認しましょう。

大きいサイズを求める方向けの着こなしテクニック

大きいサイズの着物を選ぶ際には、ただサイズが合っていれば良いというわけではなく、着こなし方一つで、スタイリッシュかつ品のある装いを実現することができます。ここでは、大きいサイズの着物を美しく、かつおしゃれに着こなすための具体的なテクニックを細かく解説します。着物の選び方から小物の使い方、さらには写真映えするポーズまで、着物をより魅力的に見せるための秘訣をお伝えします。

スタイリッシュに見せるコーディネート

大きいサイズの着物をスタイリッシュに見せるためには、色合いと柄の選択が重要です。

  • 色選び:ぽっちゃりな方は白に近い色は膨張色なため、黒に近い色合いを選ぶとスッキリとした印象になります。また、パーソナルカラーを意識した色選びは顔色に大きく影響を与えます。
  • 柄選び:ぽっちゃりな方は縦のラインを意識した柄が、コンプレックスのカバーになります。逆に、ほっそりとした方は横のラインを意識した柄が柔らかな印象を生みます。また、高身長の方は大柄がバランスが取りやすく、小柄な方は柄も小さめの方が体型が強調されずにバランスが取りやすいです。

アクセサリーや小物の選び方

着物に大きいサイズがあるので、小物にも大きいサイズがあるのかと言えば、帯などは関係してきます。身幅があると帯のきれいな部分が上手に出ないため、専用に仕立てたものが用意されていることが多いです。また、帯締めも長いものが用意されているので着付け師と相談しながら決めましょう。アクセサリーで言えば、大きいヘアアクセサリーは小顔効果が期待できます。着付けに関して言えば、高身長の方は帯の位置を高くすることでスタイルアップ効果を、低身長の方は帯位置を低くすることで女性らしい雰囲気を演出が出来ます。

着物レンタルでのオプションサービス

着物レンタルの多くは、個性的なオプションサービスが用意されており、それぞれのニーズに合わせてカスタマイズが出来ます。写真撮影サービスから特別なイベント向けのプラン、賢いオプションの選び方と予算計画まで、ここでは着物レンタルをさらに楽しむための情報をご紹介します。

写真撮影サービスの利用法

着物姿での写真撮影は、特別な思い出を残す絶好の機会です。レンタル店によっては、プロのフォトグラファーによる撮影を提供している場所も多く、着物の美しさと和の雰囲気を最大限に活かした写真を残すことができます。撮影は店内スタジオだけでなく、歴史的建造物や自然豊かな公園など、外でのロケーション撮影を選択することも可能です。よくあるのが成人式の前撮りサービスや、結婚式の前撮りサービスです。どちらもイベント当日から切り離された、和やかな時間を収められます。

記念日や特別なイベント向けの特別プラン

人生の節目や記念日には、特別な着物でその瞬間を彩りたいものです。結婚式、成人式、七五三といったイベントごとに特化したプランを提供しているレンタル店もあります。これらのプランでは、選び抜かれた着物一式に加えて、プロの着付け師による着付け、ヘアスタイリストによるヘアセットと、トータルでサポートしてくれることが多いです。また、追加オプションで特別なアクセサリーや小物のレンタルも用意されていることもあり、一層華やかな装いを完成させることができます。

オプションの選び方と予算計画

レンタルする着物と一緒に選ぶオプションサービスは、自分のニーズに合わせて慎重に選ぶ必要があります。特に重視すべき点は、サービスの質や内容、そして予算です。オプションサービスを選ぶ際には、サービス内容の詳細や料金プランをしっかりと確認し、自分の求める体験に合ったサービスを選びましょう。予算内で最適なプランを選ぶためには、複数のレンタル店のオプションサービスと料金を比較検討することをお勧めします。

ゆめやきものも様々なプランと素敵な着物を用意しています。

手描き友禅桜や桐、花の本の蜂蜜色の訪問着【hou08】
現代スタイルのお嬢さまにも、着物を楽しんでいただきたいと思い仕立てた、長身用のゆめやオリジナル着物です。濃いベージュ色に、桜、桐、千代紙などが、手描き友禅で施されています。帯は、竹や桜などが織り出された、西陣織の袋帯を結びました。帯締め、重ね衿も、ゆめやオリジナルです。

着物レンタル時の料金とお得な利用法

大きいサイズの着物を探している方にとって、料金の詳細や予算に優しい利用法を理解することは、計画的にサービスを楽しむ上で非常に重要です。ここでは、着物レンタルの基本料金から追加料金、お得なキャンペーン情報の見つけ方、さらには予算を抑えるコツまで、幅広い情報を提供します。

基本料金と追加料金の解説

着物レンタルの基本料金は、店舗ごとに大きく変わります。全て単品で選ぶ場合から、着物、帯、小物を含めたフルレンタルプランまで様々です。手頃な数万円から十数万円の本格派、ブランドものは数十万円くらいの金額感です。着付け+ヘアセットで数万円取る美容室もあるので、着物レンタルにそれらもセットしているところは割安の価格で提供してくれている印象です。この金額をベースにオプションを付けていくため、気が付けば予算を十万円も超えていたということにもなりかねません。繰り返すようですが、予算を決めることが大切になります。

お得なキャンペーン情報の探し方

着物レンタル店では、季節に応じたキャンペーンや割引プランを定期的に実施しています。これらのお得な情報は、店舗の公式ウェブサイトやソーシャルメディア、メーリングリストを通じて発信されることが多いです。

予算を抑えるためのコツ

その他にも着物レンタルの予算を抑えるには、以下のポイントが有効です。

  • 期間限定の割引プランを利用:早期予約割引やオフシーズンの割引プランを利用することで、基本料金を大幅に節約できます。
  • 平日のレンタルを検討:週末や祝日は料金が高くなりがちです。可能であれば、平日にレンタルすることをお勧めします。
  • グループ割引を利用:友人や家族と一緒にレンタルすることで、グループ割引が適用される場合があります。
  • 必要なサービスのみを選択:追加オプションは魅力的ですが、必要最低限のサービスに絞り込むことで、追加料金を抑えることが可能です。

着物レンタルのトラブル回避策

着物をレンタルするということは、少なからぬトラブルに遭遇する可能性があります。しかし、適切な予防策を講じることで、これらのトラブルを未然に防ぎ、着物レンタルを安心して楽しむことができます。ここでは、着物レンタルにおける一般的なトラブルとその対処法、事前に確認すべき事項、そして安心してレンタルを楽しむための秘訣について解説します。

よくあるトラブルとその対処法

着物レンタルにおいてよくあるトラブルには、以下のようなものがあります。

  • サイズ不一致:事前の測定ミスにより、実際に着用した際にサイズが合わない。
  • 着付けの問題:着付けが不適切で、着崩れを起こす可能性。
  • アクセサリーの不足:必要な小物が足りず、コーディネートが完成しない。

これらのトラブルに対する対処法は以下の通りです。

  • 試着の徹底:実際に着物に袖を通すことでサイズミスを防ぎます。
  • プロの着付け師の確保:経験豊富な着付け師によるサービスを利用する。
  • アクセサリーの詳細確認:予約時に必要なアクセサリーの有無を確認し、必要なら追加でレンタルする。

事前に確認すべき事項

着物以外にもサービスを利用する場合は以下の内容も確認しましょう。

  • ヘアメイクサービス:提携している店舗の場所と、予約を確認しましょう。よくあるのが、美容院と提携はしているものの予約はお客個人が行う必要があり、結果着用当日のヘアメイクの予約が取れずにサービスが利用できないなどのトラブルが起きがちです。
  • 写真撮影サービス:こちらも事前に店舗と、予約方法について確認が必要です。また、サービス内容も写真枚数やアルバムの種類に制限がある場合もあるので、別途オプションなどで費用がかかるかどうかも確認しておきましょう。
  • 返却時の確認:あまり多くはありませんが、追加でクリーニング費用が発生することもあります。返却時のルールやトラブル時の対応に関しても事前に確認しましょう。

まとめ

着物のレンタルは、日本の伝統文化に触れる貴重な機会を気軽に提供します。本記事では、特に東京での着物レンタルを主体に考察し、また現代人に合う大きいサイズの着物について解説してきました。以下に、着物レンタルを利用する上でのポイントを改めてまとめます。

着物レンタルで楽しむ東京散策

東京には、歴史的建造物や美しい庭園が点在しており、着物で訪れることでその魅力を一層深く感じることができます。浅草の仲見世通り、銀座のショッピング街、皇居の周辺など、着物で歩くことで日常とは異なる特別な体験が待っています。気軽に手軽にレンタル店で着物を借りることで、快適に東京散策を楽しむことが可能になります。事前に予約をして、好みの柄や色、サイズを選択することが重要です。

レンタルで気軽に和服美を体験

着物は、特別な日のみならず、気軽に楽しむことができる文化財です。レンタルサービスを利用することで、様々な種類の着物を試すことができ、和服の美しさを身近に感じることができます。成人式、結婚式、卒業式、七五三など、人生の節目での利用はもちろん、友人とのお出かけや特別なデートで着物を楽しむのも素敵です。着物を着ることで、日常に新たな彩りを加えることができます。

あなたにぴったりの着物レンタルを見つけよう

商業の中心である東京には数多くの着物レンタル店があり、着物の種類もサイズも豊富にあるので、あらゆる体型の人が着物を楽しむことができます。予約時には、サイズやデザインの希望を明確に伝えることが大切です。また、レンタルプランに含まれるアイテムや提供されるサービス内容も店舗によって異なるため、事前に確認することが重要です。この記事が、あなたの東京での着物レンタル体験をより豊かなものにする一助となれば幸いです。

〈参考記事〉
https://kitsuke-school.jp/basic/680/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

色とりどりの鶴舞う黒留袖【tom11】

目黒雅叙園でのウエディング・列席に!東京で留袖レンタルの選び方

はじめに 目黒雅叙園での結婚式や特別な行事に参列される際、レンタルは多くの方にとって欠かせない選択肢の一つが着物のレンタルだと思います。この美しい伝統的な衣装を着用することで、特別な日をより華やかに、そして心に残るものに […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!