婚礼イメージ

【着物のプロが監修】打掛の歴史と変遷|婚礼衣装として今に残る魅力

はじめに:打掛とは何か?

打掛は、日本の伝統的な衣装の一つであり、特に結婚式などのフォーマルな場で着用される女性の着物です。この美しい衣装は、その長い歴史とともに、日本の文化や伝統を象徴するものとして、多くの人々に愛され続けています。打掛について深く掘り下げる前に、この衣装が持つ基本的な意味と起源、そして日本文化におけるその役割について紹介します。

打掛の基本的な意味と起源

打掛の歴史は、室町時代まで遡ります。当時、武家の女性たちが正装として着用していた着物が、その起源です。打掛は、もともとは小袖の上から打ちかけるように身に着け、身分や格式を示す役割を果たしていました。江戸時代に入ると、打掛はより華やかな装飾が施されるようになり、花嫁の結婚式の衣装としても広く用いられるようになりました。

この衣装が持つ「色」は、その時代時代の文化や価値観を反映しており、特に結婚式においては、花嫁の幸福や夫婦の繁栄を願う意味が込められています。例えば、打掛の一種である白無垢は純潔や新たな始まりを象徴し、とりどりの色で装飾された色打掛は、生活が豊かで幸福になるようにと願う、祈りの意味があります。

打掛が日本の文化において果たす役割

打掛は、単なる衣装を超えた存在として、日本の文化や伝統を今に伝える重要な役割を担っています。結婚式という人生の大切な節目において、打掛を着ることは、過去から受け継がれる文化や家族の絆を大切にする日本人の心の象徴です。また、打掛の豊富なデザインや色彩は、日本の四季や自然を表現しており、日本独自の美意識を反映しています。

着物としての打掛は、その着用方法や装飾の細部に至るまで、精緻な技術と深い美意識が求められるため、日本の伝統工芸としても高く評価されています。打掛を通じて、職人の技術や文化財としての価値を後世に伝え、日本の伝統文化の普及に寄与しているのです。

打掛に関する知識は、日本の歴史や文化に興味を持つ人々にとって魅力的な学びの対象となります。日本の伝統に対する理解を深め、文化的な豊かさを感じることができるでしょう。次の章では、打掛の色が持つ意味や、その歴史的変遷について、さらに詳しく掘り下げていきます。

アンティークきものレンタルゆめやでは、特別感のある花嫁姿に導く多彩なアンティーク婚礼衣装をご用意しています。白無垢のほか、お色直しにピッタリな色打掛や引き振袖も取り揃えています。お色直しで装いの印象をガラリと変えることで、写真のバリエーションが増えることはもちろんゲストにも喜んでいただけます。ゆめやのアンティーク婚礼衣装は、今では再現できない高度な染色技術や繊細な手仕事によって生み出された逸品です。贅を尽くしたアンティーク婚礼衣装で、特別感のある晴れの日をお迎えください。

打掛の色とその意味

打掛は、日本の伝統的な結婚式で花嫁が着用する衣装の一つであり、その色彩には深い意味が込められています。この章では、打掛の色が持つ文化的背景と結婚式で選ばれる色の理由について掘り下げていきます。

色が持つ文化的背景

日本の伝統衣装である打掛の色は、長い歴史を通じてさまざまな意味を持つようになりました。室町時代から江戸時代にかけて、武家や貴族の間で着用されるようになった打掛は、その色使いによって着る人の身分や季節、さらにはその時の心映えまでも表現していたのです。

例えば、白は清廉と純潔の象徴であり、結婚式での新しいスタートを意味する色として花嫁によく選ばれます。打掛、掛下、帯など全身の白で統一したスタイルを白無垢、白打掛と呼びます。また、赤は生命の色、幸福と縁起の良さを象徴し、花嫁の幸せを願う心から結婚式で選ばれる色です。

江戸時代に入ると、庶民の間でも打掛が着用されるようになり、より多彩な色が用いられるようになりました。この時代から、染めや彩色の技術が発展し、色彩を用いた表現がさらに豊かになります。着物や打掛の色は、それを着る人の個性や美意識を映し出す手段としても用いられるようになりました。

結婚式で選ばれる色とその理由

結婚式において打掛を選ぶ際、多くの女性がその色に特に注意を払います。色は見た目の印象だけでなく、その日の記憶にも深く関わってくるからです。結婚式で特に人気のある色には、以下のようなものがあります。

  • 新たな始まりと純潔を象徴し、日本の結婚式では最も伝統的な色です。白無垢はこの考えを体現しています。
  • :幸福と良縁を象徴し、生命力や活力の色としても受け取られます。赤い打掛は、花嫁に幸せをもたらすと信じられています。
  • 金・銀:豪華さと華やかさを象徴し、特別な日の装いとして選ばれます。金や銀の糸で織りなされた打掛は、結婚生活の豊かさと繁栄を願う心を表します。

相良刺繍で梅・牡丹・鳥の白打掛一式」全ての絵柄を相良刺繍で表現した、立体感が際立つ豪華な白打掛です。遠目にも美しさが際立ち、ゲストの印象に残る花嫁姿を叶えます。

枝垂桜とオシドリ 総刺繍の色打掛一式」上品な赤地にオシドリや桜、波を総手刺繍で表したアンティーク色打掛です。相良刺繍と蘇州刺繍という2種類の刺繍技法を駆使し、艶やかな立体感と光沢をもたらしています。

金色の輝きの中で孔雀・鳳凰・鶴が羽ばたく色打掛一式」黄金色に輝く地に鳳凰や孔雀、鶴といった吉祥の鳥を織り出した色打掛です。光を受けるとキラキラ輝き、花嫁の荘厳な美しさを際立たせます。

これらの色は、それぞれが持つ文化的な意味と結びついており、結婚式という一生に一度の特別な日に、花嫁がどのような願いを込めているかを象徴しています。色選びは、単に好みの問題ではなく、その人の価値観や願い、そして日本の伝統的な美意識を反映する重要なプロセスです。

結婚式で打掛を選ぶ際、これらの文化的背景を理解すると、より深い意味での色選びにつながります。打掛の色一つ一つに込められた願いや祈りの意味を知ることで、花嫁は自分の結婚式をより特別なものにできるのです。

打掛の歴史的変遷

打掛の歴史は古く、室町時代から存在していたとされ、時代を経るごとにその色彩、意味合いが変化してきました。この章では、打掛の歴史的変遷について、特に戦国時代から桃山時代への変化、そして近代における普及と変化に焦点を当てて紹介します。

戦国時代から桃山時代への変化

戦国時代から桃山時代にかけての日本は、社会的、政治的に大きな変動期でした。結婚に関していえば、それまでの婿入り婚から、嫁入り婚へ移行する時期です。この時代、武家の女性たちは、正装として打掛の着用が一般的でした。室町時代にはすでに存在していた打掛ですが、戦国時代に入ると、より豪華で色鮮やかなものが好まれるようになります。これは、当時の社会状況が反映されたもので、武家社会の権力争いが激しく、その力を誇示するために豪華な衣装を好む風潮がありました。武家に生まれた女性は対立する勢力圏に和平の証として嫁入りします。そのため、花嫁衣装で実家の富裕度、権力を誇示する必要があったのです。

桃山時代に入ると、日本の経済が発展し、文化が花開きました。特に茶の湯や能、歌舞伎などの文化が栄え、それに伴い衣装もより一層の発展を遂げます。打掛はこの時代に大きく変化し、より派手で華やかなものが登場しました。色彩は金や銀を基調としたものが多く、豪華絢爛な刺繍が施されるようになりました。これらの打掛は、現代においても結婚式などで花嫁が着用する衣装として、そのデザインが受け継がれています。

近代における打掛の普及と変化

江戸時代に入ると、社会が安定し、武家だけでなく庶民の間でも経済力が向上しました。これにより、庶民の間でも打掛を着用する文化が広がり始めます。特に富裕な商家の結婚式では、花嫁が白無垢から色打掛へと衣装を変える習慣が生まれ、現代の結婚式におけるお色直しの原型となりました。色打掛は、その名の通り色鮮やかなものが多く、花嫁の幸せと豊かな生活を象徴する衣装として、多くの人々に愛されてきました。

近代に入ると、西洋文化の影響を受け、日本の結婚式も多様化しましたが、打掛を着用する習慣は変わらず受け継がれています。現代では、伝統的な日本の結婚式だけでなく、和洋折衷な結婚式で打掛を選ぶ花嫁も増えています。打掛のデザインも多様化し、伝統的なものからモダンなデザインまで、幅広い選択が可能となりました。また、色彩も豊富で、個々の花嫁の好みや結婚式のテーマに合わせて選べるようになっています。

打掛の歴史的変遷を通じて、日本の文化や社会の変化が反映されていることがわかります。戦国時代から桃山時代にかけての豪華絢爛な打掛から、近代における多様化する打掛まで、時代と共に進化を遂げながらも、その根底には日本の美意識と文化がしっかりと息づいています。打掛は、ただの衣装ではなく、日本の歴史と文化、そして女性たちの美しさを表現するための大切なアイテムであり続けています。

打掛の特徴と種類

打掛の最大の特徴は、その豪華な装飾と色彩にあります。伝統的には、白無垢から色打掛へと衣装替えし、花嫁が新しい家族の一員となることを象徴しています。

着物にはさまざまな種類がありますが、主に結婚式で使用されるものとして、白無垢、色打掛、黒引き振袖があります。白無垢は、その名の通り白色が基調の衣装で、純潔や新たな始まりの象徴です。一方、色打掛は豊かな色彩と細やかな装飾が特徴で、幸福と繁栄を願う意味が込められています。黒引き振袖は、主に武家の女性が着用していた衣装で、格式高い正装とされています。

左より白打掛、色打掛、黒引き振袖です。

小袖との違いとは?

打掛と小袖の最大の違いは、その用途と形状にあります。小袖はもともとは下着として着用されていたもので、室町時代に入ると外出着としても用いられるようになりました。現代の着物の原型です。一方で打掛は、結婚式や特別な式典でのみ着用される、より格式高い衣装です。小袖は身体にフィットするデザインが多いのに対し、打掛はゆったりとした作りで、豪華な刺繍や染めを大胆に見せる点が特徴です。

神社婚と和婚での打掛の選び方

神社婚や和婚での打掛選びは、その式の趣旨に合わせて慎重に行う必要があります。神社婚では、伝統的な白無垢を選ぶ花嫁が多いですが、色打掛を選ぶ場合もあります。色打掛を選ぶ際は、神社の雰囲気や季節に合わせた色や柄を選んでください。和婚では、より自由度が高く、個人の好みや結婚式のテーマに合わせて色打掛を選択できます。どちらの場合も、打掛選びは結婚式の重要な部分であり、花嫁の個性や美しさを最大限に引き出すために、細心の注意を払って選ぶことが推奨されます。

打掛の選び方においては、色や柄だけでなく、着物全体のバランスや着る人の体型、式場の雰囲気など、総合的な観点から選ぶことが重要です。また、予約や試着を通じて、実際に自分が着用することをイメージして選ぶと、後悔しない打掛選びの鍵となります。

打掛は、日本の伝統と文化を今に伝える貴重な衣装です。結婚式という特別な日に、この美しい衣装を身に纏うことは、多くの女性にとって一生の思い出となるでしょう。打掛の歴史や特徴を理解し、自分にとって最適な一着を選ぶことで、その日の幸せと喜びをより一層深いものにできます。

打掛を収蔵する資料館と文化財

日本の伝統的な衣装である打掛は、その美しさと歴史的価値から、多くの資料館や文化財に収蔵されています。打掛は、結婚式などの正装として着用された衣装であり、日本の結婚式の象徴的な存在です。これらの打掛は、色彩豊かで繊細な柄が特徴であり、日本の美意識や歴史、文化を今に伝える重要な役割を果たしています。

重要な収蔵品としての打掛

全国の資料館には、室町時代や江戸時代の貴重な打掛が多数収蔵されています。これらの打掛は、武家や貴族、商家の女性が着用していたものであり、当時の社会状況や文化、技術の進歩を大きく反映しています。例えば、室町時代の打掛は武家の女性が着用し、色や柄には家紋や武家の象徴が用いられていました。江戸時代に入ると、庶民の間でも打掛が着用されるようになり、より多様な色や柄が登場します。これらの打掛は、当時の染色技術や織物技術の高さを今に伝える貴重な資料であり、それぞれの時代の女性たちの生活や文化を垣間見ることができます。

訪れるべき資料館の紹介

日本全国には、打掛をはじめとする伝統的な着物を収蔵している資料館が数多く存在します。これらの資料館では、打掛の歴史や文化、技術について学べるだけでなく、実際に貴重な打掛を間近で見学できます。訪れるべき資料館としては、以下のような施設があります。

  • 東京国立博物館:日本最大級の博物館であり、多数の歴史的な打掛を含む着物コレクションを有しています。特に、江戸時代の豪華な打掛や、特定の歴史的人物が着用したとされる打掛など、見どころが満載です。
  • 京都文化博物館:京都の伝統文化や歴史に焦点を当てた博物館で、京都ならではの色鮮やかな打掛が多数展示されています。京都が長年にわたり日本の文化やファッションの中心地であったことを感じさせる展示内容です。
  • 共立女子大学博物館:江戸時代から昭和初期までの女性の衣装が多数展示されています。平安時代への回帰を思わせる豪華な打掛、美麗な振袖などの収蔵品は着物好きでなくても眼福の極みです。

これらの資料館を見学すると、打掛だけでなく、日本の伝統文化や歴史について深く理解を深めることができます。また、事前に予約をしておくと、特別展示やガイドツアーに参加できる場合もありますので、訪問前に各資料館のウェブサイトで詳しい情報を確認してください。

打掛を通じて、日本の豊かな文化や歴史を体感できる資料館の訪問は、着物や日本の伝統に興味がある方にとって、忘れがたい体験となるでしょう。

打掛を着る機会とプラン

打掛は、その豊かな歴史と美しさから、特別な日にふさわしい衣装として選ばれています。特に結婚式では、花嫁の装いとして重要な役割を果たし、日本の伝統美を象徴するアイテムの一つです。この章では、結婚式での打掛選びと、特別な日のための打掛プランについて詳しく紹介します。

結婚式での打掛選び

結婚式における打掛は、花嫁の個性や式のテーマ、季節感を反映させて選びます。打掛は、室町時代から武家の女性たちの間で正装として着用され、江戸時代には庶民にも広がりました。そのため、打掛を選ぶ際には、その豊かな歴史と意味を理解することが重要です。

  • 色の選び方:打掛の色は、結婚式の雰囲気や花嫁の願いを象徴します。伝統的には、白無垢から始まり、結婚式の途中で色打掛に着替える例が多いです。白無垢は新たな始まりを、色打掛は夫婦が共に歩む豊かな人生を象徴しています。色にはそれぞれ意味があり、例えば赤は幸福と情熱を、青は安定と信頼を表します。
  • 柄とデザイン:打掛の柄には、鶴や亀、松など長寿や繁栄を願う意味が込められています。季節の花をあしらったデザインは、その時期ならではの美しさを演出します。花嫁の個性や好み、結婚式のテーマに合わせて、最も心に響くデザインを選びましょう。
  • 予約と準備:結婚式で打掛を着用する場合、早めの予約が必要です。特にオーダーメイドやレンタルの場合は、数ヶ月前には選び始めることをおすすめします。打掛を美しく着こなすには、事前の試着や着付けのレッスンを受けると効果的です。

ゆめやでは、2種類の婚礼和装プランをご用意しています。「結婚式向け和装プラン」は、アンティーク婚礼衣装をお得な価格でレンタルしていただけるプランです。抱え帯・草履・筥迫・末広といった婚礼小物もこだわりの逸品を取り揃え、フルセットでお貸出しいたします。撮影はプランに含まれないため、遠方の方にも気軽にご利用いただけます。「和装レンタル前撮りプラン」は、婚礼衣装レンタルとロケーション撮影がセットになったお得なプランです。着付け・ヘアメイクから撮影・データお渡しまで、全て込みの明瞭な価格設定です。

打掛の選び方と試着のポイント

打掛は、結婚式など特別な日に女性が身に纏う伝統的な衣装です。今日では結婚式を彩る花嫁の衣装として、また日本の伝統文化を象徴する装いとして親しまれています。この章では、そんな打掛を選ぶ際のポイントと、試着時に留意すべきことを紹介します。

自分に合った打掛の選び方

打掛を選ぶ際は、まずその色と意味を理解してください。伝統的に、白は神聖さを、赤は幸福と縁起の良さを象徴しています。しかし、現代ではさまざまな色の打掛が登場しており、個性やテーマに合わせた選択が可能です。例えば、青や緑は新たな始まりを、黒は格式高い装いを意味します。

次に、打掛の歴史や文化的背景を踏まえた上で、自分の結婚式のテーマや場所、季節に合わせて判断します。神社での厳かな式には伝統的な色とデザインを、ホテルでのモダンな式には新しいスタイルの打掛など、場に応じた選択が求められます。

また、打掛を選ぶ際は、自分の体型や好みのスタイルに合ったものを選びましょう。伝統的な打掛は体型を選ばず、どんな女性にも美しく着こなしていただけますが、試着をしてみて自分に似合うデザインや長さを確認してください。

試着時の注意点とコツ

打掛の試着は、結婚式の衣装を選ぶ上で非常に重要なプロセスです。試着をする際は、以下の点に注意してください。

  • 予約制の場合が多い:打掛を取り扱う店舗は予約制の場合が多いため、事前に連絡して予約を入れておきます。特に人気のある店舗や混雑する時期は早めの予約をお勧めします。
  • 着物に合わせた下着を着用:試着時は、着物に合わせた専用の下着を着用することが望ましいです。これにより、打掛や掛下が体にきれいにフィットし、実際の結婚式当日の姿をより正確にイメージできます。
  • 髪型をシンプルに:試着時は、髪型をシンプルにまとめておきましょう。打掛の全体的なバランスを確認しやすくなります。また、持参するアクセサリーは最小限に留め、打掛本来の美しさを確認することを優先しましょう。
  • 写真を撮る:試着した全ての打掛を写真撮影しておくと、後でじっくりと見返すことができます。また、友人や家族に意見を求める際にも役立ちます。

打掛を選ぶことは、結婚式を控えた女性にとって大切な儀式の一つです。色やデザイン、歴史や文化的意味を理解し、自分に合った打掛を選ぶと、結婚式の日をさらに特別なものにできます。試着を通じて、自分にとって最適な打掛を見つけてください。

まとめ:打掛を通じて伝わる日本の美と文化

打掛は、単なる結婚式の衣装を超え、日本の豊かな文化と歴史を映し出す鏡のような存在です。室町時代から続くこの伝統的な衣装は、武家の女性の正装から始まり、江戸時代を経て、現代の花嫁も愛用するまでに至りました。打掛の色やデザインは、時代ごとの美意識や価値観、さらには着る人の願いや個性を映し出しています。

打掛から学ぶ日本の伝統と文化

打掛を深く理解することは、日本の伝統と文化を学ぶことに他なりません。例えば、白無垢は純潔や新たな始まりを象徴し、色打掛は祝福と喜びの色彩であることから、結婚式における花嫁の衣装として選ばれます。これらの衣装からは、日本人が大切にしてきた価値観や美意識が伝わってきます。また、打掛に施される細やかな刺繍や染めは、日本の職人技の粋を集めた芸術作品ともいえるでしょう。これらの技術は、長い歴史の中で培われ、現代に受け継がれ、世界中で注目されています。

打掛を選ぶ際の最終アドバイス

打掛を選ぶ際は、まず自分がどのような式を挙げたいのか、どのような花嫁になりたいのかを明確にすることが大切です。そして、色やデザインだけでなく、その衣装が持つ歴史や意味にも注目してみてください。打掛一つ一つには、それぞれに物語があり、着る人に対する願いや祝福が込められています。また、着用する際は、予約や準備に十分な時間を確保し、可能であれば婚礼専門の着付け師に依頼すると、より美しく、そして快適に着用できます。

打掛を通じて、日本の伝統美を身に纏い、特別な日をさらに輝かせてください。この美しい伝統が、これからも多くの女性に愛され、日本の文化として次世代に受け継がれていくことを願っています。打掛について、さらに深く学びたい方は以下のサイトも参考にしてください。

<参考記事>
https://www.tnm.jp/
https://www.kyoritsu-wu.ac.jp/muse/
https://www.kyohaku.go.jp/jp/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【プロ監修】お宮参りの着物レンタル|選び方から着付けまで完全ガイド

はじめに お宮参りは、赤ちゃんの健やかな成長を願う大切な行事です。 そのため、お宮参りの着物選びには悩む方も多いのではないでしょうか。 以下のような悩みを抱えている方に、この記事がお役に立てれば幸いです。 この記事では、 […]

ひとつ前の記事

振袖イメージ

黒振袖が持つ意味は?色ならではの特徴と、成人式の着物としての役割

はじめに 振袖は、成人式や結婚式など、特別な日に女性が着る華やかな和装です。中でも黒振袖は、その深い色合いと高級感で、多くの女性たちを魅了し続けています。今回は、黒振袖が持つ意味と、成人式におけるその役割について深掘りし […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!