着物を自由に選べる婚礼・前撮り用衣装レンタルプラン(撮影無し)【set08】

【2024年最新】結婚式前撮りでの和装選びのポイントと撮影プラン紹介

はじめに

結婚式前の前撮りは、特別な日の記憶を美しく残すための大切な機会です。特に和装での前撮りは、その伝統と美しさで多くのカップルから選ばれています。本記事では、前撮りの魅力やおすすめの時期、さらには着用する和装の選び方まで、詳しくご紹介します。まずは、和装での前撮りの魅力と、和装での前撮りが選ばれる理由について掘り下げていきます。

和装での前撮りの魅力

前撮りとは、結婚式前に行う写真撮影のことです。この撮影は、結婚式当日の忙しさから解放され、ゆっくりとした時間の中で、二人だけの特別な写真を残すことができる大きな魅力があります。ここではまず、前撮りに和装を着用する魅力について、お伝えしましょう。

日本の伝統的な文化の継承

一つ目の魅力は、伝統を紡ぐことです。前撮り衣装に和装を選ぶことで、日本の伝統文化を感じられるとともに、結婚式の記憶をより豊かなものにすることができます。和装は、その繊細な色使いや柄、着物の種類によって、花嫁の美しさを際立たせ、独特の雰囲気を演出します。また、着物は単なる衣装ではなく、手から手へと受け継がれる文化的価値を持ち、その物語と共に写真に残ることで、一生の宝物となるでしょう。和装での前撮りは、単に美しい写真を残すだけでなく、結婚という新たな人生のスタートを、伝統に敬意を払いながら祝福する方法なのです

ゆったりとしたロケーション撮影

二つ目の魅力は、挙式の忙しさから離れ、二人だけの時間をゆっくりと過ごせることにあります。和装での前撮りは、白無垢色打掛など、多種多様な衣装から選ぶことができるため、日本の四季を背景にしたロケーション撮影も可能です。

季節の花々や伝統的な建築物を背景に撮影することで、日本の四季や文化の美しさを写真に残すことができます。また、プロのフォトグラファーによる撮影では、和装の美しさを最大限に引き出し、二人の自然な表情や愛情を捉えた写真を残すことが可能です

和装での前撮りの魅力

前章では、和装での前撮りの魅力をお伝えしました。しかし、そうした恩恵を得るには、いくつかのポイントに考慮する必要があります。そこで、本章では前撮りを楽しむためのポイントをご紹介します。

結婚式と前撮りのタイミング:いつがベスト?

結婚式と前撮りの最適なタイミングは、主に結婚式の日程と季節によって異なります。一般的には、結婚式の1~3カ月前が推奨されています。この時期なら、結婚式の準備が一段落していることが多く、撮影に必要な準備や衣装の選定にじっくりと時間をかけることができます。また、季節によっては、桜や紅葉などの自然の美しさを背景に撮影することも可能で、より印象的な写真を残すことができます

和装選びのポイント:伝統と現代の融合

和装を選ぶ際のポイントを押さえておくことも、前撮りを楽しむための必須条件です。例えば白無垢は純白で神聖な印象を、色打掛は華やかで個性的な印象を与えます。また、小物選びにもこだわり、髪型やメイクとの調和を考えることが重要です。撮影スタジオや衣装店では、プロのスタイリストが相談に乗ってくれるため、自分たちのイメージに合った和装を見つけることができます。伝統的な美しさを大切にしつつ、現代の感覚を取り入れた和装で、二人だけの特別な前撮りを実現しましょう。

スタジオ選びのコツ

和装での前撮りは、結婚式の大切な前哨戦とも言えます。特に和装は、その美しさと伝統をどのように写真に残すかが重要になります。スタジオ選びは、この美しさを最大限に引き出すための鍵となります。和装に特化したスタジオや、ロケーション撮影が得意なスタジオなど、選択肢は多岐にわたります。ここでは、前撮りに最適なスタジオの選び方を紹介します。

和装に特化したスタジオ選び

まず、和装の撮影に特化しているかどうかを確認しましょう。和装は特有の光の扱いや色の再現が求められるため、これに長けたスタジオを選ぶことが重要です

次に、撮影プランの内容を詳しくチェックします。衣装の種類、ヘアメイクの有無、撮影できる背景やロケーションのバリエーションなど、自分たちの希望に合ったプランを提供しているかがポイントです。例えば、「風情溢れる庭園で撮影できるスタジオ」や「伝統的な和装撮影を得意とする老舗スタジオ」など、さまざまな特色を持ったスタジオがあります。これらのスタジオでは、季節ごとに異なる美しい日本庭園や、伝統的な建物を背景に撮影することができます。

駅近の便利な立地でありながら、静かで落ち着いた撮影が可能なスタジオも人気です。スタジオ選びの際は、アクセスの良さや撮影環境も重要なポイントになります
最後に、事前にスタジオのポートフォリオを見て、その写真のスタイルが自分たちの理想と合っているかも確認しましょう。

スタジオ選びで後悔しないためのチェックリスト

スタジオ選びで後悔しないためのポイントを、以下のチェックリストにまとめました。

  • 和装撮影の実績と専門性
  • 提供される衣装の種類と質
  • ヘアメイクのオプションとスキル
  • 撮影できるロケーションや背景のバリエーション
  • ポートフォリオや過去の作品から感じる写真の質とスタイル
  • スタジオスタッフとのコミュニケーションのしやすさ
  • プランの内容と総費用、追加費用の有無

これらを事前にしっかりと確認し、納得のいくスタジオ選びを心がけましょう。また、可能であればスタジオ訪問をして、実際の雰囲気やスタッフと直接話をすることも大切です。自分たちの大切な前撮りを任せるスタジオ選びは、時間をかけて慎重に行うことが望ましいです。

衣装と小物の選び方

和装での前撮りは、結婚式の前に行う特別な撮影です。この撮影で最も重要なのは、衣装と小物の選び方です。和装はその豊富な種類と美しさで知られており、選ぶ一着がその撮影の印象を大きく左右します。ここでは、打掛から小物まで、和装前撮りでの衣装選びのポイントと、花嫁の髪型やメイク、色選びの重要性について解説します。

和装前撮りでの衣装選び:打掛から小物まで

和装前撮りでの衣装選びは、まず打掛や白無垢などの主要な衣装から始めます。打掛は色とりどりで華やかなデザインが特徴で、白無垢はその純白で神聖な雰囲気が魅力です。どちらを選ぶかは、撮影のコンセプトや個人の好みによりますが、どちらも日本の伝統美を際立たせる選択肢です。

衣装を選んだら、次は小物選びです。帯締め、帯揚げ、髪飾りなど、細部にまでこだわることで、より一層の華やかさと個性を演出できます。特に髪飾りは、花嫁の顔周りを華やかに彩る重要なアイテムです。和装の色やデザインに合わせて、繊細な花の髪飾りや伝統的な簪(かんざし)を選ぶと良いでしょう。

ゆめやでは、着物だけでなく、婚礼小物が全てセットとなったプランもご用意しております。「一生残る婚礼写真」だから、着物にこだわりたい方におすすめです。100年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に、200点以上をお得なプラン専用価格でご提供しています。 プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎の着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)が含まれます。実際の着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。ご試着からお申し込みください。

花嫁の髪型とメイク:和装に合わせたスタイリング

和装に合わせた髪型とメイクは、前撮りの印象を大きく左右します。髪型は、伝統的な日本髪からモダンなアレンジまで、和装のスタイルに合わせて選びます。日本髪は技術を要するため、専門の美容師に依頼するのが一般的です。また、モダンなアレンジでは、和装の雰囲気を生かしつつ、現代的な美しさを加えることができます。

メイクに関しては、和装に合わせたナチュラルで上品な仕上がりが求められます。白塗りのメイクは伝統的なスタイルですが、最近ではよりナチュラルな肌色に合わせたメイクが好まれています。チークやリップは控えめにし、目元のメイクで印象を強調すると、和装の美しさを引き立てることができます。

和装前撮りにおける色選びの重要性

和装前撮りでは、衣装や小物の色選びが非常に重要です。色はその人の印象を大きく変えるため、撮影のテーマや季節、そして花嫁の個性に合わせた色を選ぶことが大切です。春なら桜のようなピンクや淡い色合いが、秋なら紅葉を思わせる赤やオレンジがおすすめです。

また、色選びは撮影場所の雰囲気とも調和させる必要があります。例えば、自然豊かな庭園での撮影なら、緑に映える色を選ぶと良いでしょう。和装の色選びは、撮影全体の印象を左右するため、衣装選びと同じくらい慎重に行うことが推奨されます

和装での前撮りは、結婚式前の大切な思い出作りの一つです。衣装や小物、髪型やメイク、そして色選びに至るまで、細部にわたるこだわりが、美しい写真を残す鍵となります。

撮影プランとオプション

スタジオや衣装の選び方をご理解いただけたところで、次に撮影プランの選び方、加えるべきオプションなどについて詳しく解説します。和装での前撮りは、ただ写真を撮る以上の意味があります。それは、日本の伝統美を背景に、二人の絆を形にすること。適切なプラン選びから、撮影当日までの準備に至るまで、全てがその一瞬を最高のものにするための重要なプロセスなのです。

和装前撮りのための撮影プランの選び方

和装前撮りを成功させるためには、まず、どのようなスタイルの写真を残したいのか、どんなロケーションで撮影を行いたいのかを明確にしましょう。和装であれば、伝統的な日本庭園や神社、自然豊かなロケーションが人気です。スタジオ撮影を選ぶ場合は、和装に合ったセットが用意されているかも確認が必要です。

プランを選ぶ際には、撮影できる写真の枚数、衣装の変更が可能か、メイクやヘアセットは含まれているかなど、細かなサービス内容をチェックすることが大切です。料金プランもさまざまなので、予算内で最適なサービスを受けられるプランを選びましょう。また、事前にオンラインや店舗でカウンセリングを受け、撮影のイメージを共有することも重要です。

オプションで加えるべき撮影アイテムとは?

和装前撮りでは、基本の撮影プランに加えて、さらに特別感を出すためのオプションが豊富に用意されています。例えば、花嫁の美しさを引き立てるヘアアクセサリーや、和装に合わせた特別な小物のレンタルなどがあります。また、撮影のクオリティを高めるために、プロのフォトグラファーによるポージング指導や、特別な照明の使用も検討する価値があります

ロケーション撮影を選んだ場合は、移動手段や撮影許可の取得など、事前の準備が必要になることも。これらのオプションを事前に確認し、計画に含めることで、当日はスムーズに撮影に臨めます。オプションを選ぶ際は、最終的なアルバムのイメージを考えながら、必要なものを選ぶようにしましょう。

ロケーション撮影の魅力と準備

ロケーション撮影は、和装前撮りの中でも特に人気の高い選択肢です。自然の美しさや歴史的な建造物を背景に撮影することで、写真に深みと物語性を加えることができます。桜の季節に古い神社で撮影する、紅葉が美しい庭園での撮影など、四季折々の日本の風景を背景にすることで、一生の記念に残る写真を撮ることが可能です。

ロケーション撮影を成功させるためには、事前の準備が欠かせません。撮影場所の選定から、撮影許可の申請、当日のスケジュール計画まで、細かな点を事前に確認しましょう。また、天候に左右されるため、代替プランを用意しておくことも大切です。撮影場所によっては、特定の季節や時間帯にしか撮れない貴重なショットもあるため、計画には慎重性が求められます。

ゆめやでは、ロケーション撮影までも含んだレンタルプランのご用意もあります。プランにはご新婦様のお好きな衣装(1点、そのほか筥迫、末広、抱え帯、草履、かんざしなどすべての婚礼小物が含まれます)とご新郎の着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も可)のほか、カメラマン・着付け・ヘアメイクなど、ロケーション撮影に必要な準備や手配が含まれます。ゆめや提携先のカメラマンと事前にしっかり打ち合わせ。ご希望の場所や撮影リクエストにも対応します(東京都内限定・要相談)。「着物専門店ならでは」のこだわりの品揃えから、お好きな組み合わせをお選びください。 実際の着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずはご試着をお申し込みください。

撮影当日の流れと注意点

和装での前撮り撮影は、結婚式の前に特別な思い出を残す大切なイベントです。撮影当日は、計画的に進めることでスムーズに、そして美しい写真を残すことができます。この章では、撮影当日の流れと、撮影を成功させるための準備と注意点について解説します。

和装前撮り:撮影当日の流れ

撮影当日は、早朝から準備が始まります。まず、和装の着付けとヘアメイクからスタートし、これらは2時間程度かかることが一般的です。着付けとヘアメイクが完了したら、スタジオやロケーションでの撮影に移ります。撮影は通常、2〜3時間を要し、さまざまな背景やポーズで多くの写真が撮られます。撮影プランにもよりますが、屋内のスタジオ撮影と屋外のロケーション撮影を組み合わせることで、より多彩な写真を残すことが可能です。撮影終了後は、着替えて撮影の疲れを癒す時間を持ち、その日のうちに撮影した写真の選択やアルバムの打ち合わせを行うこともあります。

撮影をスムーズに進めるための準備と心構え

撮影当日をスムーズに進めるためには、事前の準備が重要です。まず、撮影に必要な小物や衣装の最終確認を行い、忘れ物がないようにしましょう。また、撮影場所や時間、移動手段の確認も必須です。和装は動きにくいため、移動は計画的に行いましょう。さらに、撮影中は自然体でいることが大切です。緊張せず、カメラマンとのコミュニケーションを楽しみながら、リラックスした表情で撮影に臨みましょう。心構えとしては、「自分たちらしさ」を大切にすることです。和装での前撮りは、新郎新婦の個性や愛を形に残す貴重な機会となります。

注意すべきポイントとは?撮影当日のチェックリスト

まず、天候による影響を考慮し、屋外撮影の場合は代替プランを準備しておくことが大切です。また、和装特有の着崩れを防ぐために、着付け師との連携を密にし、定期的な衣装チェックを行うことも重要です。撮影当日のポイントは、以下のチェックリストにもまとめました。

  • 衣装と小物の最終確認
  • 撮影スケジュールと場所の再確認
  • 移動手段と時間の計画
  • 天候対策(日焼け止め、雨具など)
  • 着崩れ防止グッズ(ピン、テープなど)
  • 水分補給用の飲み物や軽食
  • 心を落ち着けるためのアイテム(音楽プレイヤー、本など)

撮影当日は、準備と心構えが成功の鍵を握ります。これらのポイントを押さえ、和装での前撮りを存分に楽しみましょう。

費用とプランニング

和装での前撮りには、衣装や撮影、スタジオ選びなど、考慮すべき費用が多く発生します。この章では、和装前撮りの費用相場と予算の組み方、コストを抑える秘訣、そして費用対効果を最大化するプランニングのポイントについて詳しく解説します。

和装前撮りの費用相場と予算の組み方

和装前撮りの費用は、選ぶ衣装や撮影プラン、スタジオやロケーションによって大きく変わります。一般的に、和装前撮りの費用相場は20万円から50万円程度とされていますが、これには衣装レンタル、ヘアメイク、撮影料金、写真の仕上げ費用などが含まれます。予算の組み方としては、まずどのようなスタイルの前撮りを希望するかを明確にし、必要なアイテムやサービスをリストアップすることが重要です。その上で、各サービスの市場価格を調査し、優先順位をつけて予算配分を行います。

コストを抑えるための秘訣とは?

コストを抑えるための秘訣は、まず衣装選びにあります。アンティーク着物やレンタル衣装を上手に選ぶことで、大幅なコストダウンが可能です。また、撮影スタジオやロケーション選びでは、パッケージプランを利用するか、オフシーズンに撮影を行うことで割引を受けられる場合があります。さらに、ヘアメイクや小物は自分で準備することで、追加費用を抑えることができます。重要なのは、事前にしっかりとリサーチを行い、複数の業者から見積もりを取ることです。

プランニングのポイント:費用対効果を最大化する方法

費用対効果を最大化するためには、まず明確な目標を設定することが大切です。どのような写真を残したいのか、どのようなスタイルで撮影を行いたいのかを具体的に決め、それに必要な要素だけに絞り込むことが重要です。また、撮影プランを比較検討する際には、単価だけでなく含まれるサービスの内容や品質も考慮に入れる必要があります。最後に、撮影当日は計画に則って進行することで、追加料金が発生するリスクを最小限に抑えることができます。事前にスケジュールを立て、余裕を持ったプランニングを心がけましょう。

まとめ

結婚式の前撮りは、結婚という人生の大イベントを記念する大切な瞬間です。特に和装での前撮りは、日本の伝統美を背景にした非常に特別な体験となります。この記事では、和装前撮りを成功させるためのポイントをご紹介してきました。最後にもう一度、重要なポイントをおさらいしましょう。

和装前撮りで叶える理想の結婚式前撮り

和装での前撮りは、ただ写真を撮るだけではありません。それは、結婚という新たな門出を迎える二人の絆を、美しい日本の伝統衣装である着物を通して表現することです。和装を選ぶことで、結婚式の前撮りはただの写真撮影を超え、一生に一度の特別な体験となります。着物の豊富な色や柄、細部にわたる装飾は、二人の個性や愛を映し出す素晴らしいキャンバスとなります。また、撮影場所を選ぶ際には、季節の花や伝統的な建築物を背景にすることで、より一層美しい和装前撮りが実現します。

選び抜かれた和装で残す、一生の記憶

和装前撮りで最も大切なのは、衣装選びです。1985年創業のゆめやでは、混じりけのない絹100%の正絹のアンティーク着物を中心に、多くの着物を取り揃えています。各着物は、手から手へと受け継がれてきたものであり、その一つ一つに宿る温もりと美しさは、前撮りの写真を通じて、一生の記憶として残ります。選び抜かれた和装で、二人だけの物語を紡ぎましょう。撮影前の打ち合わせで、希望するイメージや色合い、小物使いについて詳しくご相談し、理想の一枚を実現します。

最後に:和装前撮りを成功させるための心得

和装前撮りを成功させるためには、いくつかの心得があります。まず、撮影は計画的に。結婚式の準備は忙しくなりがちですが、前撮りは早めに計画を立て、ゆとりを持って準備しましょう。次に、プロのフォトグラファーとしっかりとコミュニケーションを取り、撮影のイメージを共有することが重要です。また、和装を着る際は、専門のスタイリストによる着付けやヘアメイクをお勧めします。これらのプロの手によって、より美しく、より特別な和装前撮りが実現します。最後に、当日は楽しむことを忘れずに。前撮りは、結婚式の前に二人だけの特別な時間を過ごす大切な瞬間です。和装での撮影を通じて、二人の愛を深め、美しい思い出を残しましょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

白無垢イメージ

【和装完全ガイド】白無垢の魅力とレンタル方法、結婚式での着こなし方

はじめに 日本の結婚式では、婚礼衣装として多くの花嫁が白無垢を選びます。白無垢は、日本の伝統的な花嫁衣装であり、その白という色は花嫁の純潔と結婚の神聖さを象徴しています。この記事では、白無垢の魅力と、なぜ多くの花嫁がこの […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!