七五三イメージ

七五三の着物レンタルでレトロ・アンティーク衣装を選ぶ|魅力と準備

はじめに

七五三の季節が近づくと、多くの親御さんがお子さまのための特別な衣装を探し始めます。たくさんの選択肢の中で、伝統的な着物を着せたいと考える方は少なくありません。しかし、着物や和装について詳しくない方にとって、どのように準備を進めればよいのか、また、どのような着物を選べばよいのかなど、さまざまな疑問が浮かんでくることでしょう。この記事では、七五三における着物レンタルの選び方に焦点を当て、その中でも特にアンティークやレトロスタイルの着物について詳しくご紹介します。

この記事を通じて、アンティークやレトロな着物が持つ魅力、そしてそれらを選ぶ際のポイントをお伝えし、七五三の準備を少しでも楽しく、そしてスムーズに進められるようになることを願っています。

七五三レンタル着物の基礎知識

七五三には華やかな着物を身にまとい、家族で神社へ参拝するのが習わしです。しかし、着物は高額なものが多く、さらに子どもたちは成長が早いため、せっかく買っても着る機会がほとんどないまま着られなくなってしまう場合もあります。そこで注目されているのが、レンタルサービスです。レンタル着物は、経済的でかつ気軽に着物を手にすることができるため、便利な選択肢として多くの家族に選ばれています。ここでは、七五三レンタル着物の基礎知識と、そのメリットについて詳しくご紹介します。

七五三とは?その意義とは

そもそも七五三とは一体どのような行事なのでしょうか。七五三は、3歳、5歳、7歳の子どもたちの成長を祝う日本の伝統的な行事です。しかし、元々七五三という行事があったわけではなく、それぞれ3歳では「髪置き」、5歳では「袴着」、7歳では「帯解き」という儀式が行われていました。それが現代の七五三の起源とされています。現代において七五三は、子どもたちが初めて本格的な着物を着る機会にもなり、家族にとっても記念すべき日となるでしょう。また、着物は美しいだけではなく、長い日本の歴史と文化を伝える衣装でもあります。その中でも歴史を感じられるアンティーク着物レトロモダンなデザインの着物を選ぶことで、より歴史や伝統を感じられることができるでしょう。

レンタル着物のメリットと選ぶ際のポイント

レンタル着物の最大のメリットは、コストパフォーマンスが高いことです。購入すると数十万円する着物も、レンタルならば一式数千円から数万円で利用できます。また、サイズやデザインの選択肢が豊富で、専門のスタッフによる着付けサービスを利用できる点も大きな魅力です。

選ぶ際のポイントとしては、まず、お子さまの年齢や性別に合った着物を選ぶことが重要です。3歳の女の子にはかわいらしい被布、7歳の女の子には華やかな振袖、そして5歳の男の子には勇ましい羽織袴が人気です。また、アンティークやレトロモダンなどのデザインを選ぶことで、歴史や伝統を感じるより一層特別な記念日にすることができます。レンタルをする際はサイズ選びも重要で、成長が早い子どもたちのために、少し余裕を持たせたサイズを選ぶとよいでしょう。最後に、レンタル期間や返却方法、キャンセルポリシーを事前に確認しておくことで、当日をスムーズに迎えることができます。

また、七五三はお子さまだけではなく、親御さんにとっても着物を着る機会となります。親子で着物を着ることで、より思い出に残る七五三を過ごすことができるでしょう。ゆめやでは、七五三を親子で楽しむレンタル着物プランを用意しています。

七五三・親子プラン お子さま1人とお母さまのセット(計2点)【set19】
七五三のお子さま1人とお母さま、合計2着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも選ぶことができます。ゆめやのアンティーク着物はとても軽くて柔らかく、仕立てにも工夫を凝らしているため、お子さまが疲れることがありません。お母さまは訪問着フルセットの1着となります。着物を自由に選ぶことができる他、草履・バッグ等の小物もセットになっています。

レンタル着物を選ぶことで、経済的な負担を減らしつつ、七五三という特別な日を華やかに彩ることができます。子どもたちの成長を祝うこの日に、美しい着物ですてきな思い出を作りましょう。

アンティーク着物の魅力

アンティーク着物には、ただ古いというだけではない、深い魅力があります。それは、時代を超えて受け継がれてきた美しさ、繊細な手仕事による芸術性、そしてそれをまとうことで感じる過去との特別なつながりです。アンティーク着物は、過去の人々の生活や文化、技術を現代に伝え、次世代へと繋げる役割を果たしています。特に、七五三のような節目の行事でアンティーク着物を選ぶことは、子どもたちにとっても、家族にとっても、忘れられない思い出となるでしょう。

アンティーク着物で感じる歴史とロマン

アンティーク着物を手に取ると、その一枚一枚に込められた歴史や物語を感じることができます。例えば、大正ロマンを彷彿とさせるデザイン、昭和初期のモダンな柄など、それぞれの時代の美意識や流行が反映されています。

また、アンティーク着物の中には、手縫いの細かな刺繍や、時間をかけて丁寧に染め上げられた生地など、現代の技術では再現が難しい繊細な技術が用いられているものも少なくありません。これらの着物を身にまとうことで、過去の職人たちの技と心を身近に感じることができるのです。七五三でアンティーク着物を選ぶことは、子どもたちにとって、ただ着飾るだけでなく、日本の美しい伝統と文化に触れる貴重な機会となります

アンティークとレトロの違い

アンティーク着物とレトロ着物はしばしば混同されがちですが、その違いは明確です。アンティーク着物は、明治から昭和初期に作られた着物のことを指します。これに対しレトロ着物は、一般的に戦後の昭和後期に作られたものを指します。

アンティーク着物には、時代によって異なるさまざまな流行のデザインが施されています。また、当時の人たちは現代の私たちよりも小柄な人が多かったため、全体的にやや小さめに作られているのも特徴です。一方、レトロ着物は現代にあるようなデザインのものが多く、色合いもアンティーク着物ほど冒険しているわけではなく、どちらかといえば無難な色使いが特徴。どちらを選ぶかは、着る人の好みや目的、そして七五三のような特別な日のコンセプトによって異なりますが、どちらも日本の伝統美を現代に伝える大切な役割を担っています。

アンティーク着物を選ぶ際には、その歴史や背景を知ることで、より深い愛着を感じることができるでしょう。また、レトロ着物を選ぶ際には、現代の感覚で選択することができるため、自分やお子さまに合ったスタイルを見つけやすいです。いずれにしてもどちらも、七五三という特別な日に、家族の絆を深め、日本の美しい文化を次世代に伝えるための素晴らしい選択です。

七五三でのレンタル着物の選び方

七五三でお子さまに着物を着せたいと思っても、着物は種類が多いため、サイズやデザインの選び方に迷う方も少なくありません。そのため、いくつかのポイントを押さえておくことが重要です。ここでは、七五三にふさわしいレンタル着物の選び方について、性別・年齢別のポイントと、アンティーク着物のサイズとフィット感に焦点を当ててご紹介します。

性別・年齢別の着物選び

七五三では、3歳、5歳、7歳の子どもたちがそれぞれ異なる種類の着物を着用します。3歳の女の子は「被布(ひふ)」、5歳の男の子は「羽織袴(はおりはかま)」、7歳の女の子は「振袖と帯」を主に着用します。これらの年齢に応じた着物は、色や柄のバリエーションが豊富です。アンティークやレトロスタイルの着物を選ぶ際には、お子さまの好みや性格、さらには祝いの場の雰囲気に合わせて選びましょう。例えば、落ち着いた色合いの古典柄は格式高い場に、明るい色とモダンなデザインはカジュアルな雰囲気に適しています。

アンティーク着物のサイズとフィット感

アンティーク着物を選ぶ際の最も重要なポイントは、サイズとフィット感です。アンティーク着物は一点物が多く、サイズの選択肢が限られていることがあります。子どもたちの成長は早いため、レンタル期間や着用予定日に合わせて、少し余裕を持ったサイズを選ぶことをおすすめします。

また、着物は着付けによって多少のサイズ調整が可能ですが、あまりにも大きすぎたり小さすぎたりすると、見た目や着心地に影響します。レンタルする際には、お子さまの現在のサイズを測って、レンタル店舗に相談しながら最適な一着を選びましょう。また、足袋や草履のサイズも忘れずに確認することが大切です。体にフィットする着物は、お子さまが一日中快適に過ごすためにとても重要です。

ゆめやでは数々のお子さま用のアンティーク着物を用意している他、家族みんなで着物を着て七五三を楽しめるプランも用意されています。七五三を迎えるお子さまだけではなく、この機会に家族全員で日本の伝統を楽しんでみてください。

七五三・家族プラン お子さま2人とご両親のセット(計4点)【set22】
七五三のお子さま2人とお母さま・お父さま、合計4着のセットプランです。七五三のどの年齢でも、男の子でも女の子でも大丈夫です。また、兄弟姉妹は七五三の年齢ではなく付き添いの場合でも大丈夫です。着物は自由に選ぶことができます。お母さまは訪問着フルセットの1着、お父さまは男性用着物フルセットの1着となります。草履やバッグなどの小物も付属しています。

七五三のレンタル着物選びは、お子さまにとっても親御さんにとっても、そして家族全員にとっても特別な体験となります。アンティークやレトロスタイルの着物を選ぶことで、伝統を重んじつつ、個性を表現することができます。サイズやフィット感に注意しながら、お子さまの七五三を彩る最適な着物を見つけてみてください。

レトロモダンな着物スタイルの提案

七五三の衣装として、アンティークやレトロモダンな着物を選ぶことで、一味違ったお祝いをすることができます。レトロモダンな着物は、古典的な美しさと現代的なデザインが融合したスタイルで、七五三をより思い出深いものにしてくれます。ここでは、レトロモダンな着物スタイルを提案し、その魅力と選び方についてご紹介します。

レトロモダンスタイルで差をつける

レトロモダンスタイルの着物は、懐かしさを感じさせるような柄や色合いを基に、現代的なデザインやアレンジを加えたものです。例えば、大正ロマンを彷彿とさせるような華やかな柄の着物に、モダンな小物を合わせることで、伝統と現代の美が融合したスタイルを作り出すことができます。また、レトロモダンな着物は、色使いや柄も個性的で、お子さまのかわいらしさをより一層引き立てることができます。

このスタイルで大切なのは、着物の選び方と小物の合わせ方です。着物選びでは、着物の柄や色を生かしつつ、お子さまが着用することを考え、動きやすさや着心地の良さも重視する必要があります。また、小物選びでは、伝統的に用いられる草履や足袋、帯などに加え、髪飾りや巾着などは現代的なデザインのものを選ぶことで、レトロモダンな雰囲気をより一層強調することができます。

小物使いで魅せるレトロモダンのコーディネート

レトロモダンな着物スタイルを完成させるには、小物使いが非常に重要です。小物一つ一つが、着物の印象を大きく左右するため、選び方には特に注意が必要です。例えば、髪飾りは、伝統的なデザインのものを選びつつ、色は着物や帯と合わせてモダンな印象のものを選ぶことで、古典と現代の融合を表現することができます。また、帯締めや帯揚げにも、伝統的な素材や柄を選びつつ、色使いで現代的な感覚を取り入れることがポイントです。

さらに、草履や足袋も、レトロモダンなスタイルを際立たせる小物です。伝統的な形状のものを選びつつ、色や素材で遊び心を加えることで、足元からもレトロモダンな雰囲気を演出することができます。このように、小物一つ一つにこだわりを持つことで、七五三の着物スタイルに新たな魅力が生まれます。

レトロモダンな着物スタイルは、伝統的な美しさに現代的なセンスを加えることで、七五三をより特別にしてくれる選択肢の一つです。アンティーク着物やレトロモダンの魅力を生かしつつ、小物使いで個性を表現することで、お子さまの七五三をより印象深いものにすることができるでしょう。

七五三での着物レンタルの流れと準備

七五三でお子さまの着物を準備しようと思ったとき、着物や和装に詳しくない方にとって、準備は少し複雑に感じるかもしれません。ここでは、七五三での着物レンタルの流れと、当日の準備についてご紹介します。

レンタルの手順

七五三の着物レンタルは、以下の手順で進めることが一般的です。

  1. レンタル店舗選び: まずは、信頼できるレンタル店舗を選びます。インターネットでの口コミや、知人からの紹介も参考になります。
  2. 事前の予約: 七五三シーズンはレンタル着物が予約で埋まることが多いため、早めの予約が必要です。特に人気のデザインやサイズは早くから予約が入ります。
  3. デザインの選択: アンティークやモダン、レトロなど、お子さまに合ったデザインを選びます。お子さまの意見も取り入れながら、家族で選んでみてください。
  4. サイズの確認: サイズを正しく測っておくことで、お子さまにぴったり合う着物を選ぶことができます。サイズが合っていることは、着物が美しく見える重要なポイントです。プロのスタッフによる採寸をおすすめします。
  5. 小物類選び: 草履や足袋、帯などの小物も大切です。トータルコーディネートを考えて選びましょう。
  6. 着付けと返却のスケジュール確認: 着付けは自宅で行うのか、店舗で行うのかを確認し、返却日も忘れずにチェックしておきます。

七五三当日の準備と注意点

七五三当日は、以下の準備と注意点を心掛けることで、スムーズに進めることができます。

  • 早めの準備: 当日は思いがけず時間がかかることが多いです。特に着付けには時間が必要なので、余裕をもって準備を始めましょう。
  • 着物の扱いに注意: 着物や帯はデリケートな素材でできています。汚れや破損に注意しながら、お子さまが快適に過ごせるようサポートしてあげてください。
  • 快適な下着の準備: 着物の下には、肌触りの良い綿の下着を着用します。肌着は普段使っているもので構いません。お子さまが一日中快適に過ごせるよう、適切な下着を選びましょう。
  • 持ち物の確認: 必要な小物や着付けに必要なものを前日にリストアップし、当日忘れ物がないようにしましょう。
  • 写真撮影の準備: 写真撮影も忘れずに。カメラやスマートフォンの充電を確認しておきましょう。

七五三は、お子さまの健やかな成長を祝う大切な日です。準備やレンタルの準備を事前にしっかりと行うことで、当日をより楽しく、そしてスムーズに過ごすことができます。

よくある疑問

七五三は、子どもたちが主役です。特に着物を着ることで、子どもたちにとってその日の記憶がより一層特別になるでしょう。しかし、着物に関しては分からないことも多く、多くの疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。ここでは、レンタル着物に関するよくある疑問と、アンティーク着物レンタルのコストと価値について詳しくご紹介します。

レンタル着物に関するFAQ

Q1: 七五三のレンタル着物はいつ予約すればいいですか?
A1: 七五三のシーズンは秋に集中していますので、夏頃には予約をすることをおすすめします。特に人気のデザインやサイズは早くから予約が埋まることがあります。

Q2: レンタルできる着物の種類は?
A2: 男の子用の袴セット、女の子用の着物セットが一般的です。アンティークやモダン、レトロなどさまざまなデザインがあり、お子さまの好みや年齢に合わせて選べます。

Q3: レンタルの際、必要なものは?
A3: 基本的には着物セットに含まれています。お子さまに合ったサイズのものを選ぶため、事前にサイズを測っておきましょう。その際、足袋や草履などもサイズが必要になるため、足のサイズの測定も忘れずに。また、髪飾りや小物でさらに華やかにすることも可能です。

Q4: 着付けは難しいですか?
A4: レンタル着物には簡単に着られるように工夫されたものも多いですが、初めての場合や自信がない方はプロによる着付けをおすすめします。多くのレンタル店舗では、着付けサービスを提供しています。

アンティーク着物レンタルのコストと価値

アンティーク着物は、独特の風合いや歴史的価値が魅力です。レトロな雰囲気をお求めの方には特におすすめですが、新品の着物に比べてレンタル料金に差はあるのでしょうか。

コストについて
アンティーク着物のレンタル料金は、新品の着物と比較しても遜色ない、またはやや高価な場合があります。これは、アンティーク着物が一点物であり、保存状態が良いものは希少価値が高いためです。しかし、その分独特の美しさと価値を楽しむことができます。

価値について
アンティーク着物を選ぶ最大の価値は、歴史的な背景や繊細な手仕事です。また、七五三のような特別な日にアンティーク着物を着ることで、子どもたちにとって忘れられない思い出を作ることができます。さらに、アンティーク着物は写真映えもするため、家族写真をより一層特別なものにしてくれます。

アンティーク着物レンタルを選ぶ際は、コストだけでなく、その着物が持つ背景や価値を考慮に入れると、より満足度の高い選択ができるでしょう。

まとめ

この記事では、七五三における着物レンタルの選択肢について、特にアンティークやレトロスタイルに焦点を当ててご紹介してきました。七五三は、子どもたちの健やかな成長を祝う大切な日です。その記念すべき日に、アンティーク着物やレトロなデザインの着物を選ぶことは、過去から受け継がれる文化や価値を子どもたちに伝える意味もあります。

アンティーク着物は、その一枚一枚に歴史があり、手仕事による繊細な美しさが特徴です。レトロスタイルの着物は、モダンな感覚と古典的な美しさが融合しており、現代のファッションにも調和します。これらの着物をレンタルすることで、高額な購入費用を抑えつつ、特別な日にふさわしい装いを選ぶことができます。

なお、レンタルの際には、サイズやデザイン、レンタル期間、価格など、事前に確認すべき点がいくつかあります。また、着付けや小物の選び方、当日の流れなど、準備には少し時間が必要ですが、これらを事前にしっかりと計画することで、当日はスムーズに進みます。

着物や和装に詳しくない方でも、レンタル店舗のスタッフや専門家のアドバイスを受けながら、お子さまにとっても親御さんにとっても忘れられない七五三を迎えることができます。アンティーク着物やレトロスタイルの着物を選ぶことで、七五三の写真や記憶が、より色鮮やかなものになるはずです。

最後に、七五三の着物選びは、家族の絆を深め、日本の美しい伝統を次世代に伝える大切な機会です。アンティークやレトロな着物を通じて、子どもたちに美しい日本の文化と伝統の価値を教えることができます。

この記事が、七五三の着物レンタルを検討されている方々にとって役に立つ情報を提供できたなら幸いです。七五三の日が、お子さまにとっても親御さんにとっても、特別で幸せな思い出となることを心から願っています。

〈参考記事〉
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail01.html
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail13.html
https://kyoetsu-gion.com/arashiyama/about-antique-kimono/
https://www.yurakuichi.com/column/entry-6966/
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-kitsuke-howto/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

抹茶色×黒縞模様の振袖【fui25】

【初心者向け完全ガイド】成人式の振袖|ストライプ柄の魅力と選び方

はじめに 振袖は、成人式などの特別なイベントで着用される、日本の伝統的な和装です。その中でもストライプ柄の振袖は、古典的な美しさとモダンなデザインが融合した独特な魅力を持っています。特に若い女性たちに人気があり、個性的で […]

ひとつ前の記事

七五三イメージ

七五三の装いにレトロな着物を着せたい!古典柄とモダンデザインの魅力

はじめに 七五三は、子どもの健やかな成長を祝福する日本の伝統的な行事です。この日、子どもたちは晴れ着を身にまとい、神社に参詣して成長を祝います。中でも、レトロやアンティークの晴れ着はその独特の魅力で、子どもたちをこの日の […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!