青磁色グラデーション辻が花の訪問着【hou03】

【最新版】初心者でも簡単に美しく!訪問着レンタル&着付けガイド

はじめに

特別な日にふさわしい装い、訪問着。その選び方や着方について不安を感じる方は多いかもしれません。この記事では、訪問着のレンタルや着付けサービスを初めて利用する方へ向けて、スムーズに美しい装いを作り上げるためのポイントを、わかりやすくご案内します。

レンタルの流れ、プロによる着付けのメリット、さまざまな場面での適切な訪問着の選び方まで、一連のプロセスを丁寧に解説しますので、大切な一日をすてきに演出するための知識を深めていただければ幸いです。

訪問着レンタルの流れ

特別な日にふさわしい訪問着を身にまとう時、その準備は少し大変に感じることでしょう。しかし、心配にはおよびません。

ここではまず、訪問着のレンタルの流れとして、予約から受け取りまでの手順と、レンタル時に確認すべき重要な点、さらには一般的なレンタル料金まで、丁寧に解説します。これらのポイントを押さえることで、レンタルプロセスがより簡単で快適になるはずです。

予約からお受け取りまでの簡単ガイド

訪問着のレンタルを予約する際、以下のステップに従うことで、スムーズに進められます。

  1. 事前の準備使用日の少なくとも一カ月前には予約を始めることが理想的です。これにより、希望する訪問着が利用可能かどうかを確認し、必要に応じて他の選択肢を検討する時間が確保できます。
  2. 選択と予約:訪問着のスタイルや色、サイズを選び、必要な日付と時間を店舗に伝えます。多くの店舗では、オンラインまたは電話で予約が可能です。
  3. 試着と調整:可能であれば、予約後に一度試着を行い、サイズの調整が必要な場合はその旨を店舗に伝えます。これにより、当日のトラブルを避けることができます。
  4. 受け取り:訪問着は通常、使用する数日前に店舗から受け取るか、配送してもらいます。受け取り時には、帯や小物がすべて揃っているか確認しましょう。

レンタルするときのチェックリスト

訪問着をレンタルする際にチェックすべき点は以下の通りです。

  • 品質と状態の確認:訪問着や小物が清潔で、破損や汚れがないかを確認します。
  • 付属品の完全性:帯、帯揚げ、帯締め、足袋など、必要な小物が全て揃っているかをチェックします。
  • 返却条件:レンタル品の返却期限や条件を確認し、追加料金が発生しないように注意します
  • キャンセルポリシー:万が一の事態に備え、キャンセルポリシーを事前に確認しておきます。

これらのガイドとチェックリストを活用することで、訪問着のレンタルプロセスを無事に完了し、大切な日を美しく過ごすための準備が整います。

着付けとレンタルのセット料金

訪問着をレンタルし、プロの着付けサービスを受けることは、特別な日に適切な装いをするための簡便で経済的な方法です。レンタルと着付けのセット料金は、提供する店舗や地域によって異なりますが、一般的には15,000円から40,000円の範囲で設定されています

この料金設定の背後には、以下のようなさまざまな要素が含まれています。

  • 訪問着本体のレンタル:選ぶ訪問着の種類によって料金が異なりますが、一般的には正絹の高品質な着物が提供されます。
  • 帯のレンタル:装いを引き締める帯もセットに含まれており、多様なデザインから選ぶことができます。
  • 必要な下着の提供肌着襦袢もレンタルセットに含まれており、これにより着物がより美しく見えるように調整されます。
  • 着付けアクセサリー:帯枕や帯締めなど、着付けを完璧に仕上げるためのアクセサリーがセットに含まれています。
  • プロの着付けサービス:着付けは経験豊富なプロフェッショナルによって行われ、着崩れを防ぎつつ快適に過ごせるようサポートします

以上のサービスを利用する利点は、高価な訪問着を購入する必要がないことに加えて、専門の着付けによって任意の行事で最高の印象を与えることができる点です。

また、プロの着付けによって、装いが整い、イベント中も快適に過ごすことができるため、記念日や特別な集まりにも最適です。これらのサービスを利用することで、手軽にでも格式高い日本の伝統美を体験することができるでしょう。

訪問着の選び方

訪問着は、結婚式やお茶会など、さまざまなフォーマルな場での装いとして選ばれます。その際、イベントの性質や時間帯に合わせた適切なスタイリングが求められます。ここでは、最適な訪問着の選び方とスタイリングのポイントについて、イベント別にご紹介します。

結婚式で注目される訪問着のスタイリング

結婚式に出席する際の訪問着は、格式ある装いが求められるため、色や柄の選び方が重要になります。通常、明るい色や華やかな柄が好まれますが、新郎新婦を引き立てるためにも派手すぎない配慮が必要です

以下に、結婚式用訪問着選びのポイントを紹介します。

  • 色選びパステルカラーなどの柔らかい色合いが適しています。鮮やかながらも落ち着いた色を選ぶことで、華やかさと上品さを兼ね備えたスタイルが完成します。
  • 柄の選択伝統的な花柄や吉祥文様は、お祝いの席にふさわしい選択です。大きな柄よりも細かい柄を選ぶと、洗練された印象になります。
  • 小物の使い方:帯や帯締め、帯揚げを適切に選び、色と柄のバランスを考えることが大切です。アクセサリーは控えめにし、着物が主役となるように調整します。

お茶会や観劇に適した訪問着の選び方

お茶会や観劇などの落ち着いた場では、控えめながらも品のある装いが求められます。これらのイベント用の訪問着選びでは、以下のようなポイントに注意しましょう。

  • 色と柄:落ち着いた色合いの訪問着を選び、派手すぎない柄が理想的です。地味になりすぎないよう、深みのある色や小さな柄を選ぶと良いでしょう。
  • 素材季節に合わせた素材選びが重要です。夏は涼しげな絽や紗、冬は暖かみのある袷の着物が適しています。
  • 小物の選び方:帯や帯締めはシンプルなものを選び、全体のバランスを大切にします。和装バッグや草履も同様に、場の雰囲気に合わせた品のあるものを選びます。

これらのポイントを意識することで、それぞれのイベントの場にふさわしい、上品で落ち着いた訪問着スタイルが完成します。

ここで一つ、ゆめやでもおすすめの着物をご紹介しましょう。久保田一竹作、辻が花の訪問着です。金糸が織り込まれた白生地に、絞っては染め、絞っては染めの、手間の掛かる手仕事が繰り返され、見事なグラデーションに。さりげなく小花が浮かび上がっています。帯も辻が花の帯で揃えました。ブルーとグレーの2色からお選びいただけます。どんなお席でお召しになっても、人目を引く着物と帯です。

お子さまの行事に合わせた訪問着のスタイリング

お子さまの重要な行事に出席する際、適切な訪問着を選ぶことは、その日の記憶を美しく彩る重要な要素です。入学式や卒業式、七五三やお宮参りなど、お子さまの大切な節目では、親御さんもまた格式ある装いで参加することが望まれます。この章では、これらの行事にふさわしい訪問着の選び方とスタイリングのポイントを詳しく解説します。

入学式や卒業式に選びたい訪問着

入学式や卒業式は、新たなスタートを切る重要な日です。これらの式典には、落ち着いた色合いの訪問着を選ぶことが多いですが、春らしい明るい色を取り入れることも一般的です。

以下は選び方のポイントです。

  • 色選び春の入学式には、桜の花びらのようなピンクや淡いブルーが好まれます。卒業式では、より落ち着いた紺やグレーが選ばれることが多いです。
  • 柄と素材季節を意識した素材選びが大切です。春には薄手の素材、秋には少し厚みのある素材が適しています。柄は控えめで洗練されたものを選び、格式を感じさせるデザインが望ましいです。
  • 小物のコーディネート:訪問着に合わせる帯やバッグ、靴も式典の雰囲気に合わせて選びます。明るい色の訪問着には、落ち着いた色の小物でバランスを取ることがポイントです。

春のお祝いには、こちらのピンクベージュの着物などいかがでしょうか。
現代物の手描き友禅の訪問着です。まだ新品です。梅、桐、竹などの草花紋様が織り出された正絹の淡いピンクベージュの地に、菊、牡丹、菖蒲などが咲き、背中から肩にかけては桜が描かれています。帯は、デフォルメされた桜が地紋様と手刺繍で織り出されたピンクの袋帯を二重太鼓に結びました。帯揚げ、帯締めは着物になじむ若葉の色にして、帯留め、帯締めの中心のライン、重ね衿に、ポイントとなるオレンジを配しています。入園、入学などの春の行事にぴったりの着物です

七五三やお宮参りでの訪問着選び

七五三やお宮参りは、お子さまの健やかな成長を祝う行事です。これらの場では、華やかさが求められ、親御さんもまた明るく豪華な装いを楽しむことができます。

選び方のポイントは以下の通りです。

  • 色と柄鮮やかな色合いの訪問着が好まれます。特に、赤や緑などの明るい色が人気です。祝い事にふさわしい吉祥文様や、季節の花が描かれた訪問着を選ぶと良いでしょう。
  • 素材:季節に応じて適切な素材を選びます。夏は涼しい絽や紗の着物が、冬は暖かみのある袷の着物が適しています。
  • 小物:華やかな場に合わせて、金や銀の糸が織り込まれた帯や、装飾的な帯留めを選ぶと全体の印象を高めます

行事にふさわしい訪問着を選ぶことで、家族の大切な記念日をより特別なものにすることができます。各行事の雰囲気に合わせた訪問着の選び方とスタイリングを理解し、それぞれの節目を美しく、そして心に残るものにしましょう。

知っておきたい着付けの基本

訪問着を美しく着こなすためには、正しい着付け方法を理解しておくことが重要です。ここでは、訪問着の着付けの基本的なステップと、プロによる着付けサービスの利点をご紹介したうえで、着付け中に困った場合の対処法を解説します。これらの知識を身につけることで、着物をより楽しむことができるようになります。

プロの着付けってどんなもの?時間と手順

プロによる着付けサービスは、訪問着を美しく、そして正しく着用するために非常に重要です。このサービスを利用することで、着物の魅力を最大限に引き出すことができます。

着付けにかかる時間は、通常30分から1時間程度ですが、着用者の経験や着物の種類によって異なります。ここでは、プロの着付けプロセスを詳しくご紹介します。

  1. 準備段階:まず、適切な下着(肌着と襦袢)を身につけます。これは着物が直接肌に触れるのを防ぎ、着崩れを防ぐために重要です。
  2. 訪問着の着用:次に、訪問着を丁寧に身にまとい、肩や腰の位置を調整します。これにより、着物が体に美しくフィットするようになります。
  3. 帯の結び方帯は訪問着の印象を大きく左右する要素です。プロの着付け師は、帯を効果的に結び、全体のバランスを整える技術を持っています。
  4. 細かな調整:着物と帯の位置を確認し、衿元の整え方にも注意を払います。この段階で、着物の着心地と見た目の両方を最適な状態に調整します
  5. 小物の配置:最後に、必要な小物を加え、髪型を整えることで全体の装いが完成します。小物一つ一つが全体の印象を高め、よりフォーマルな雰囲気を作り出します。

プロの着付けを利用する利点は、完璧な着姿を実現するだけでなく、長時間快適に過ごせることにもあります。しっかりと着付けてもらうことで、着崩れを気にすることなく、イベントや特別な日を存分に楽しむことができるでしょう。

着付けで困ったときの対処法

着付け中に何か問題が生じた場合、以下の対処法が役立ちます。

  • 衿元の乱れ:衿元がうまく整わない場合は、衿を少し引き出して再調整します。これにより、首回りがすっきりと見えるようになります。
  • 帯のずれ:帯がずれてしまった場合、帯を一度緩めてから、しっかりと再結びします。帯留めを使用すると、帯がずれるのを防ぐことができます
  • 裾の調整:裾が長すぎる場合は、裾上げクリップを使用して調整するとよいでしょう。これにより、歩くときにつまずくことなく、スムーズに動けるようになります。

これらの基本的な対処法をマスターすることで、着付け中の小さなトラブルにも対応することができるようになります。

まとめ

この記事を通じて、訪問着の選び方から着付けについて学んでいただけたことと思います。訪問着は日本の伝統文化を色鮮やかに表現する素晴らしい衣装です。これらの知識を活かし、特別な日には自信を持って訪問着を選び、着こなす楽しさをぜひ体験してください。美しい訪問着で、記憶に残る一日をお過ごしいただけますように。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

抹茶色×黒縞模様の振袖【fui25】

【初心者向け完全ガイド】成人式の振袖|ストライプ柄の魅力と選び方

はじめに 振袖は、成人式などの特別なイベントで着用される、日本の伝統的な和装です。その中でもストライプ柄の振袖は、古典的な美しさとモダンなデザインが融合した独特な魅力を持っています。特に若い女性たちに人気があり、個性的で […]

ひとつ前の記事

青磁色グラデーション辻が花の訪問着【hou03】

【完全ガイド】初めての訪問着|おしゃれな着物スタイルをレンタルで実現

はじめに 訪問着は、フォーマルな式典からカジュアルなイベントまで、幅広い場で着ていただける着物です。お子さまのお宮参りや七五三、卒園式や入学式・卒業式、また結婚式やお茶会などのお呼ばれの席にもふさわしく、晴れの日を彩る格 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!