ゆめやTOP画像_成人式イメージ

成人式の振袖レンタル|プロが教えるベストチョイスは青い振袖

はじめに

成人式は、若者が社会人の仲間入りをする人生の節目を祝うイベントであり、女性にとってはどんな振袖を着るかが大きなテーマになる大切な日です。この記事では、白や黄色と並んで人気のある青色の振袖について、レンタルするための基本知識振袖の選び方コーディネートのポイントまで、詳しく解説します。これから成人式を迎える方や、振袖の色選びに迷っている方にとって、参考になる情報を提供しますのでぜひ最後までご覧ください。

振袖の青の魅力とレンタルのメリット

青色の振袖の魅力は、清楚で上品な落ち着いた印象にあります。青は日本の伝統色の一つであり、着物の色としても古くから親しまれています。またバリエーションも豊富で、青の系統色としては、縹色(はなだいろ)藍色甕覗(かめのぞき)浅葱色(あさぎいろ)
水色紺青色(こんじょういろ)御納戸色(おなんどいろ)鴨頭草(つきくさ)瑠璃色などがあります。ここでは、青色の振袖の魅力について詳しく解説します。

青色の振袖が選ばれる理由とその魅力

青色の振袖は、清楚でありながらも華やかさを兼ね備えた色として人気です。青色の振袖の魅力選ばれる理由を以下に解説します。

青色の持つ意味と魅力

  • 清潔感:青は清潔で爽やかな印象を与える色です。成人式という門出の日にふさわしい色合いと言えます。
  • 落ち着きと品格:青には落ち着いた印象があり、上品であると同時に着る人の品格を感じさせます。
  • 多様なコーディネート:青色の振袖は、帯や小物とのコーディネートがしやすく、さまざまなスタイルを楽しむことができます。

青色の振袖のデザインと種類

  • 古典柄:王朝文様や有職文様などの古典柄は、象徴的な意味と品格、そして華やかさを兼ね備えています。成人式や結婚式のお呼ばれなどにもふさわしい柄と言えます。
  • モダン柄:現代的なデザインや大胆な配色を取り入れたモダン柄は、個性的でおしゃれな印象を与えます。
  • 色のバリエーション:紺色や水色、グレーがかった青や群青色など、さまざまな青色のバリエーションがあります。それぞれの色が持つ独特の雰囲気を楽しむことができます。

成人式にふさわしい青色の振袖を選ぶことで、思い出に残る一日にすることができます。

振袖をレンタルするメリット

成人式の振袖を調達するためにレンタルサービスを活用することは、多くの女性にとって賢明な方法と言えます。レンタルサービスを利用することで、高価な振袖を購入することなく、美しい着物を着ることができます。振袖をレンタルするためのメリットは以下のようなものがあります。

  • コストの節約:振袖を購入すると非常に高額な費用がかかりますが、レンタルならば格安の費用で着用することができます。
  • 多様なデザイン:最新のデザインやトレンドに合わせた振袖を選ぶことができます。
  • フルセットで提供:振袖、帯、襦袢、小物などが全てセットになっているため、一度にそろえることができます。

青色の振袖の選び方

成人式の晴れ着として青色の振袖は、清潔感と上品さを兼ね備えた色のため人気があります。ここでは、自分に似合う青色の振袖の選び方と、古典柄モダン柄の選び方について詳しく解説します。

自分に似合う青色の見つけ方

青色の振袖は、豊富な色彩のバリエーションと上品な印象から、誰にでも似合う万能な色に見えますが、実際には微妙な色の違い肌の色との相性を考慮することが大切です。自分に似合う青色を見つけるためのポイントを以下に紹介します。

肌の色に合った青色を選ぶ

  • 明るい肌色の方:明るい水色や淡い青色がよく似合います。肌のトーンを引き立て、清楚で爽やかな印象を与えます。
  • 中間的肌色の方:鮮やかな青や紺色がおすすめです。華やかさと落ち着きを兼ね備えたバランスの良い色合いが、肌色と釣り合います。
  • 暗い肌色の方:濃紺や深い青が肌の色と調和し、シックで洗練された印象を与えます。

好みのスタイルに合った青色を選ぶ

  • 伝統的なスタイルが好みの方:古典柄の振袖には、深い青や紺色がよく合います。格式高く、落ち着いた雰囲気を作り出します。
  • モダンなスタイルが好みの方:鮮やかな青や明るい水色は、現代的で洗練された印象を与えます。個性的なデザインの柄との相性も抜群です。

古典柄とモダン柄の選び方ガイド

振袖の柄選びは、振袖の印象を大きく左右します。古典柄とモダン柄、それぞれの特徴と選び方について解説します。

古典柄の特徴と選び方
古典柄は、日本の伝統的な柄を取り入れたデザインで、格式高く華やかな印象を与えます。代表的な古典柄とその選び方を以下に紹介します。

  • 桜柄:春の象徴である桜はさまざまなデザインで文様化されており、いずれも華やかで可憐な印象を与えます。青色の振袖に桜柄を取り入れることで、上品で女性らしい雰囲気を表現することができます。
  • 宝尽くし柄:吉祥文様の一つである宝尽くし柄は、縁起が良いとされる宝物を集めた柄で、成人式にふさわしいめでたさと格式を感じさせます。
  • 御所車柄:王朝文様と呼ばれる柄の一つである御所車柄は、高貴さと重厚な印象を与えます。深い青や紺色の振袖に御所車柄を選ぶと、成人式にふさわしい格式ある装いが完成します。

モダン柄の特徴と選び方
モダン柄は、現代的で個性的なデザインが特徴です。カジュアルな雰囲気から洗練された印象のものまで、幅広いスタイルを楽しむことができます。

  • 幾何学模様:シンプルで洗練された幾何学模様は、現代的でクールな印象を与えます。鮮やかな青や明るい水色の振袖に幾何学模様を取り入れることで、スタイリッシュな装いが完成します。
  • 抽象画風のデザイン:個性的で斬新な印象を与える抽象画風のデザインは、他とは違った印象を求める方にぴったりです。明るい青やグレーがかった青の振袖に抽象画風のデザインを選ぶことで、ユニークでモダンなスタイルが楽しめます。

自分に似合う青色の振袖と好みに合った柄を選ぶことで、成人式を思い出に残る一日にすることができます。

「ゆめや」がご用意した、成人式で着ていただける青色の振袖になります。菊、桜、梅が、ブルー地に良く映え、永久に続く波が金泥(きんでい)で表された、アンティーク色振袖です。金色の菊や赤い菊、桜などが着物の青地によく映えて配置されており、波にも花が舞っています。帯はおめでたい文様として、振袖や帯によく使われる亀甲柄のものを選びました。

成人式での青の振袖のコーディネート術

青色の振袖は、清潔感と上品さを兼ね備えた色として人気があります。この記事では、青色の振袖をより美しく見せるためのコーディネートのポイントについて詳しく解説します。

振袖と帯のカラーコーディネート

振袖と帯のカラーコーディネートは、全体の印象を大きく左右するポイントです。青色の振袖に合う帯の色とそのコーディネートの勘所を以下に紹介します。

  • 白色の帯
    白色の帯は、青色の振袖とのコントラストが美しく、清楚で上品な印象を作り出します。白色の帯には金や銀の刺繍が施されたものを選ぶと、成人式らしい華やかさが増します。
  • 金色の帯
    金色の帯は、豪華で華やかな印象を与えます。青色の振袖に合わせることで、エレガントで格調高いスタイルが完成します。成人式という特別な日にふさわしい豪華な感じが出せます。
  • 紺色の帯
    紺色の帯は、同系色の青色の振袖との相性が良く、落ち着いた印象を与えます。また、紺色の帯にシルバーのアクセントが入ったものを選べば、シックでモダンなコーディネートが完成します。
  • ピンク色の帯
    ピンク色の帯は、青色の振袖に対して柔らかな印象をプラスします。特に、淡いピンク色の帯を選ぶと、全体が優しい雰囲気になります。

小物選びのおすすめポイント

振袖と帯のコーディネートが決まったら、次は小物選びです。和装小物の選び方次第で、全体の印象が大きく変わります。ここでは、振袖に合わせる小物選びのおすすめポイントについて紹介します。

帯締め
帯締めは帯の中央部分に結ぶ紐で、振袖と帯とのコーディネートのアクセントになります。青色の振袖には、以下のような帯締めがおすすめです。

  • 金色や銀色の帯締め:晴れの日らしい華やかさをプラスします。
  • 赤やピンクの帯締め:女性らしい柔らかさと温かみを加えます。
    最終的には帯や帯揚げ、振袖の色柄との対比を考えながら、望むイメージに近づけられるものを選ぶようにします。

帯揚げ
帯揚げは帯の上部に装着する布で、色や柄を選ぶことにより振袖と帯とのコーディネートをより引き立てることができます。青色の振袖には、白やピンク、金色の帯揚げがよく合います。

草履とバッグ
草履とバッグはセットでそろえることが多いですが、振袖との調和を考えて選びます。青色の振袖には、礼装用の白や金色の草履とバッグを合わせるとよいでしょう。

髪飾り
髪飾りは、全体のコーディネートにおいて仕上げの役割を果たします。以下のような髪飾りがおすすめです。

  • 花のモチーフ青色の振袖には、白やピンクの花飾りがよく合います。
  • かんざし:伝統的な和風の髪飾りでさまざまな種類があり、可憐で上品な印象を与えます。

小物選びは、振袖と帯のコーディネートを引き立てる重要なポイントです。この記事を参考に、成人式にふさわしい自分だけのスタイルを見つけてください。

振袖をレンタルする手順と注意点

成人式の準備に振袖のレンタルサービスを利用することで、多くの時間と手間の節約ができます。ここでは、振袖をレンタルする手順注意点について詳しく解説します。

振袖をレンタルする手順と流れ

振袖をレンタルする手順は、以下のようになります。

  1. 予約
    振袖をレンタルする際は、成人式の約1年前から予約をするのが一般的です。人気のあるデザインや色は早めに予約が埋まることが多いので、できるだけ早く行動することが重要です。予約は、店舗に直接訪れるか、オンラインで行うことができます。オンラインの場合は、試着サービスを行っていない店舗もあるので、よく確認しましょう。
  2. 試着
    試着ができる場合は、店舗への訪問予約をしておくことで、待ち時間を短くすることができます。試着では、実際に振袖を着てみて、サイズやデザインが自分に合っているかを確認します。専門のスタッフがアドバイスしてくれるので、それを参考にして選ぶと良いでしょう。自分に合った一着が見つかったら、正式にレンタル契約を結びます。
  3. 受け取り
    レンタル期間の前日か前々日に、振袖を受け取ります。店舗での受け取りのほか、配送サービスを利用することもできます。受け取りの際には、レンタル品が全てそろっているか、確認リストをもとにチェックしましょう。
  4. 着用
    成人式当日は、プロの着付け師に振袖を着付けてもらうのが一般的です。着付けサービスは、多くのレンタルショップが提供していますので、予約時に一緒に申し込むことができます。
  5. 返却
    使用後は、指定された期日までに振袖を返却します。多くの場合、クリーニングは不要で、レンタルショップが行います。返却方法は、店舗へ直接持ち込むか、配送サービスを利用することができます。

レンタル時に注意すべきポイント

振袖のレンタルを利用する際には、いくつかの注意点があります。以下のポイントを押さえて、スムーズなレンタルを心がけましょう。

  • 早めの予約
    前述の通り、人気が高いデザインの振袖は早めに予約が埋まります。そのため、成人式の1年前から準備を始めることをおすすめします。
  • 試着は必須
    オンライン予約だけではなく、必ず試着を行いましょう。試着することで、サイズやデザインが自分に合っているかを確認できるだけでなく、実際の色味や質感も確認できます。また、帯や小物との相性も見極めることができます。
  • 返却期限の確認
    返却期限を守ることが大事です。期限を過ぎると追加料金が発生する場合がありますので、事前に返却方法と期限を確認しておきましょう。
  • クリーニング不要
    通常、振袖のレンタルではクリーニングは不要です。しかし、万が一、汚れや破損が発生した場合には、追加料金が発生することがあります。使用時には注意を払い、万が一のトラブルにも備えましょう。
  • 小物の確認
    振袖のレンタルには、帯や襦袢、小物類が含まれていますが、セット内容は店舗によって異なります。必要なものが全てそろっているか、事前に確認しておくことが重要です。

これらのポイントを踏まえて振袖のレンタルを利用すれば、成人式をスムーズに迎えることができます。

「ゆめや」が提供する、成人式にぴったりな青色の振袖になります。爽やかな水色の水面に波が打ち、扇や花々が手描き・手刺繍された、アンティークの五つ紋付色振袖です。扇・牡丹・菊・橘などの絵柄に手刺繍や金駒刺繍がほどこされています。帯は着物コレクターの池田重子先生から譲り受けた丸帯にいたしました。ベージュ地に龍や鳳凰が織り出されています。絞りの帯揚げは着物の色にすんなりとなじませ、帯締めは淡い色の曲線が多い帯の柄の上で、引き締め効果のある濃い色の市松にしました。

振袖のレンタル価格とプラン

振袖のレンタルサービスは、成人式を迎える多くの女性にとって、費用を抑えつつ華やかで美しい装いを楽しむための理想的な方法です。ここでは、振袖のレンタル価格とその内容、またフルセットレンタル単品レンタルの違いについて詳しく解説します。

振袖のレンタル価格と内容

振袖のレンタル価格は、レンタルする店舗やプランによって大きく異なります。平均的な価格帯その内容について見ていきましょう。

  • 振袖単品プラン
    振袖単品プランの価格帯は、30,000円から50,000円程度です。このプランでは、振袖、帯、襦袢、帯締め、帯揚げ、草履、バッグなどの基本的なアイテムが含まれます。初めて振袖をレンタルする方にとって、振袖単品プランはコストパフォーマンスが良く、手軽に美しい装いを楽しむことができます。振袖はシンプルなデザインが多いですが、成人式にふさわしい華やかさを持ち合わせています。
  • フルセットプラン
    フルセットプランは、200,000円から300,000円の価格帯で提供されており、振袖単品プランに加えて、メイクやヘアセット、着付け、写真撮影などのサービスに、髪飾りほかの追加の小物が含まれます。フルセットプランでは、デザインや素材のバリエーションが豊富で、高級感のあるアイテムがそろっており、晴れの日のために一段と華やかな装いを実現できます。

レンタル価格には大きな幅がありますが、それは振袖や帯の素材とか、織りや染め、刺繍などの加工方法の違いによります。ポリエステルの振袖は正絹の振袖に比べれば非常に安価ですし、友禅染や辻が花染の振袖や西陣織の帯となると、非常に高価なものが多いです。プランの内容にもよく目を配ることをおすすめします。

フルセットレンタルと振袖単品レンタルの違い

振袖のレンタルプランには、フルセットレンタル振袖単品レンタルの2種類があります。それぞれの特徴と選び方について解説します。

フルセットレンタルは、 振袖、帯、襦袢、帯締め、帯揚げ、草履、バッグ、髪飾り、ショールなど、必要なアイテムがすべてそろっています。ただし、店舗によっては、髪飾りが含まれないとか、多少の違いがある場合があるので、セット内容はよく確認してください。フルセットレンタルのメリットは、 一度にすべてのアイテムがそろうため、手間がかからないということです。また、コーディネートもプロが行っているため、統一感のある美しい装いが実現します。着物初心者にとっては、心強いサービスだと言えます。

一方、振袖単品レンタルは、 振袖と帯や小物だけをレンタルするプランです。自分で持っているアクセサリーなどと組み合わせることができます。それ以外のメイクやヘアセット、着付け、前撮りなどが必要な場合は、別途予約する必要があります。着付けを自分でできる方は、費用を最小限に抑えることができるというメリットがあります。

初めて着物をレンタルするという方の場合は、 フルセットのレンタルがおすすめです。ヘアセットや着付けまで含めて、すべてのアイテムがそろっているため、安心して準備が進められます。プロの手で装いのすべてがコーディネートされるため、着物姿を純粋に楽しむことができるでしょう。成人式という晴れの日にふさわしい、すてきな装いを楽しんでください。

前撮りと当日の準備

成人式では、日常にはない振袖を着るという特別な体験ができるため、多くの女性たちは前撮りを行って思い出を写真に残します。ここでは、前撮りのメリットと注意点、そして当日の準備と着付けのポイントについて詳しく解説します。

前撮りのメリットと注意点

前撮りには以下のようなメリットがあります。

  • 時間の余裕:成人式当日は多忙な一日となるため、前撮りを行うことで写真撮影に十分な時間をかけることができます。
  • 撮影方法の選択:ロケーション撮影を計画している場合、天候が悪化した時のためにスタジオ撮影も予約しておけば、天候に左右されずに確実に記念写真を残すことができます。
  • リラックスした環境:前撮りは成人式当日よりもリラックスした環境で行えるため、自然な笑顔やポーズで写真を撮ることができます。
  • 複数のロケーション:前撮りを行うことで、異なる場所や背景で撮影を楽しむことができ、バリエーション豊かな写真を残せます。

前撮り時注意点としては

  • 早めの予約:人気のある季節や場所は早めに予約が埋まるため、できるだけ早く日程を決め予約するようにしましょう。
  • 天候の確認:屋外での撮影を予定している場合、天候の確認を忘れずに行い、雨天時の対策も考えておきましょう。
  • 持ち物の準備:撮影当日に必要な小物やアクセサリーを忘れずに準備しておきましょう。また、予備のメイク用品やヘアアクセサリーも用意しておくと安心です。
  • ヘアメイクの確認:前撮りの際にヘアメイクを試すことで、成人式当日のイメージを具体的に確認できます。気に入らない部分があれば、事前に変更を依頼することができます。

当日の準備と着付けのポイント

当日の準備のポイントとしては

  • 早めの行動:成人式当日は時間に余裕を持って行動することが大切です。特に着付けやヘアメイクには時間がかかるため、余裕を持ってスケジュールを組みましょう。
  • 持ち物のチェック:必要な持ち物を前日に確認し、忘れ物がないように準備しておきましょう。特に、草履やバッグ、髪飾りなどの小物類は忘れやすいので注意が必要です。
  • ヘアメイクの予約:ヘアメイクは事前に予約をしておくことが重要です。人気のあるスタイリストは早めに予約が埋まるため、できるだけ早く予約を取りましょう。

着付けのポイントとしては

  • 帯の結び方:帯は振袖姿で最も人目を引く部分です。美しく結ぶためには、プロの指導を受けるか、事前に練習しておくことが大切です。
  • 衿の合わせ方:衿の合わせ方ひとつで、全体の印象が大きく変わります。衿をきちんと合わせることで、清潔感と上品さが際立ちます。

振袖の着用中の注意点としては

  • 適度な休憩:長時間立っていると疲れやすいため、適度に休憩を取り、座る際には着崩れに注意しましょう。
  • 足元の注意:草履を履き慣れていないと歩きにくかったりするので、足元に気を付けながら歩きましょう。着物姿の時は、歩幅を小さくしてゆっくりと歩くことが大切です。
  • 動きの制限:振袖は動きが制限されるため、無理な動きを避け、周囲に注意しながら行動しましょう。袖が長いため、グラスや器物に引っかけないように注意が必要です。また、階段や段差のある場所では特に気を付けてください。

以上のポイントを押さえることで、前撮りや成人式当日もスムーズに予定をこなし、美しい振り袖姿を楽しむことができます。

まとめ

この記事では、成人式に着る青色の振袖の魅力レンタル方法から、レンタル価格の相場前撮り着付けのポイントに至るまで詳しく解説しました。成人式には青色の振袖を着たいと思われたら、この記事を参考にして、お気に入りの一着を見つけて、素晴らしい成人式をお迎えください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

青海波柄の紫苑色に菊や紅葉の小振袖【hou44】

【完全ガイド】青色着物レンタル|初心者向けスタイルと着こなし

はじめに 日本の伝統衣装である着物は繊細な美しさで人気がありますが、中でも訪問着は、年齢の制限がない上に既婚未婚の区別なく着られることから、さまざまなフォーマルな場で重宝されています。この記事では、特に青色の訪問着に焦点 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!