婚礼イメージ

【着物のプロが解説】白無垢で結婚前撮り|ウェディングフォトのコツ

はじめに

和装をはじめとした伝統的な日本の装いは、深い意味を持ち、多くの女性たちの憧れとなっています。白無垢(白打掛)は日本の結婚式での主役として魅力を放ち続けています。今回は白無垢の前撮り撮影について、撮影の際のおすすめのポイントを紹介します。

白無垢前撮りの魅力とは

結婚式は多くの人にとって一生に一度の特別な日です。洋装のウェディングドレスも魅力的ですが、白無垢は日本の伝統的な婚礼の装いとして、純白の美しさと格式ある雰囲気で、多くの新婦を魅了しています。

白無垢は「純白の衣装」を意味します。結婚式の際に新婦が身にまとう白い衣装は、清らかさや純粋さを象徴し、新たな生活への期待や希望を感じさせてくれます。加えて、白無垢の刺繍や柄、掛下の色彩は花嫁の魅力をより一層引き立ててくれるのです。

白無垢で前撮りをする理由として、当日の挙式や披露宴に向けて多忙になる中で、ゆっくりと撮影を楽しむ時間が持てるというのも大きな魅力です。撮影場所やロケーションを選べるのも前撮りならではの利点です。桜の季節に神社で、夏には庭園で、秋には紅葉と共に…。四季折々の日本の美しさと白無垢の組み合わせは、本当に心打たれるものがあります。

記事の目次

この記事では白無垢の前撮りについて詳しくご紹介していきます。

白無垢の前撮りの魅力や選び方、撮影の際のポイントなどの情報です。結婚を控えている方、写真を残しておきたい方、和装に興味がある方など、どんな方でも、白無垢の前撮りの魅力を感じていただける内容になっています。ぜひ最後までお付き合いください。

白無垢の選び方

色とスタイルのこだわり

一般的に、白無垢は「純白」をイメージする方が多いです。ですが、実際にはさまざまな「色味」や「柄」が存在します。例えば、純白の中にも微妙に生成りがかったもの、伝統的な刺繍を施したもの、シンプルなデザインなど、種類は豊富です。

ロケーションや撮影の雰囲気に合わせて色を選ぶことも可能です。例えば、春の桜の季節には、桜の刺繍や柄が施された白無垢を選ぶと、一層の春らしさを感じることができます。

スタイルについても、自分の好みや体型に合わせて選びます。例えば、華やかな刺繍が施されたもの、シンプルなデザイン、伝統的な柄を持つものなど、自分の「イメージ」や「憧れ」に合わせて選ぶことが大切です。

2種類の衣装:白無垢と色打掛

結婚式や前撮りで和装を選ぶときは、主に「白無垢」と「色打掛」の2種類が考えられます。

白無垢(白打掛)」は白色の着物で、新婦の純潔や清らかさの象徴です。伝統的な日本の結婚式では、挙式時に白無垢を着用します。神社での挙式には白無垢がぴったりです。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。中でも、婚礼衣装には特に力を注いでいます。もちろん、前撮りでも同じ衣装をご提供していますよ。

ゆめやの婚礼衣装から、「羽ばたく鶴が白・銀・グレーで織り出された白打掛一式」を見ていただきましょう。正絹特有の独特な白の中に、羽ばたく鶴が何羽も織り出されています。鶴の羽が銀色やグレーになっていて、軽やかな動きを感じられる白無垢です。新しい世界に羽ばたく喜びを感じていただけるでしょう。

一方、「色打掛」はカラフルな色合いと豪華な刺繍が特徴的な着物です。色打掛は主に結婚式の披露宴に着用されます。色や柄、刺繍のデザインにはさまざまな選択肢があります。

ゆめやにもたくさんの色打掛をご用意しています。その中から「唐織の松に鶴、花々と御所車の色打掛一式」をご紹介しましょう。。松に舞い飛ぶ鶴と、牡丹・菊・御所車が賑やかに織り出されたアンティーク色打掛です。唐織は最高級の織物とされていて、主に京都の西陣で織られています。格式高い会場や撮影場所でも、雰囲気がぴったりと合いますよ。

この二つの衣装を組み合わせて、挙式とレセプションでの衣装チェンジを楽しむ花嫁も多いです。自分の好みや結婚式のテーマに合わせて選びましょう。

豊富な商品から選ぶポイント

白無垢や色打掛の選び方には、豊富な和装の中から自分に合ったものを見つける魅力もあります。選ぶポイントを知らないと迷ってしまうため、ポイントをいくつか紹介します。

自分の体型や好みを知ることが大切です。首の長い方は白無垢がよく映えます。華やかなデザインや豪華な刺繍を楽しみたい方は、色打掛を中心に選んでみると良いでしょう。

撮影場所や結婚式のテーマと合わせることも重要です。例えば、伝統的な神社での挙式を予定しているなら、伝統的なデザインの白無垢がおすすめです。一方、モダンな会場やアウトドアでのロケーション撮影を考えているなら、色鮮やかな色打掛や、柄が豊富なものを選ぶと良いでしょう。

予算も大切です。白無垢や色打掛にはさまざまな価格帯の商品があるため自分の予算に合わせて選びましょう。

以上のポイントを参考に、自分らしい和装を選んで、素敵な結婚式や前撮りを楽しんでください。

前撮りスタジオとその選び方

前撮り撮影は結婚の大切な節目となります。美しい和装や洋装を選び、自分たちの素敵な瞬間は、思い出作りの一部としてとても重要です。東京都内には多くのスタジオがあり、それぞれのスタジオには違った特徴や魅力があります。今回は、おすすめのスタジオの選び方や特徴について紹介します。

エリア別おすすめスタジオ

東京や神奈川には多様なエリアがあり、それぞれ異なる雰囲気を持っています。表参道では洗練された都会的なスタジオ、鎌倉や横浜では伝統的な和の雰囲気を持つスタジオが見受けられます。

表参道エリアは、都会的な雰囲気を持つスタジオが多く、モダンな背景やシックな内装を楽しめます。一方、鎌倉や横浜では、伝統的な日本の美を感じることができるスタジオが人気です。特に鎌倉のスタジオは、古都の雰囲気を感じながらの撮影が可能となります。

どのエリアも、自分たちのイメージや好みに合わせて選びましょう。事前にスタジオの料金やプランを確認した上での予約をおすすめします。

ゆめやのロケーション撮影プランでご提案している撮影スポットは、東京都内の古い洋館や、和風建築物、和風庭園などたくさんございます。衣装自体が100年の時を経てきたものばかりですから、背景となる建物や自然も歴史の趣を感じるところが釣り合いますよね。平成庭園、目白庭園、浜離宮恩賜庭園などの候補地をチェックしてみてください。もちろん、お二人のご希望の場所での撮影も、可能かどうか検討させていただきますので、ご遠慮なくお知らせくださいね。

ブライダルフェアやギャラリーを活用してスタジオ探し

ブライダルフェアやギャラリーを活用すると、スタジオが選びやすくなります。イベントやサービスは、スタジオの雰囲気や撮影の様子を事前に知ることができるため、実際に自分たちが撮影するイメージを持つのに役立ちます。

ブライダルフェアでは、実際のスタジオの空間や設備を見られるだけでなく、スタッフとの対話を通じて自分たちの希望や要望を伝えられます。特別なプランや料金の割引など、フェア限定のサービスの利用も可能です。

ギャラリーを活用すると過去の撮影例やスタジオの雰囲気を感じられます。自分たちが希望する衣装やテーマに合わせた撮影の例を参考にすると、撮影のイメージを具体化するのに役立ちます。

結婚式の準備は大変ですが、前撮り撮影は二人の特別な時間です。スタジオ選びを通して、最高の思い出を作りましょう。

フォトグラファーの選び方

撮影は、結婚式や前撮りで大切な瞬間を残すための不可欠な要素です。特に和装の撮影は伝統や美しさを引き出す技術が求められるため、どのフォトグラファーを選ぶかが、たいへん重要となります。以下では、フォトグラファーの選び方やポイントについて紹介していきます。

プロのフォトグラファーとは

プロのフォトグラファーは、撮影技術や知識が豊富で、結婚式や前撮りなどの特別な日を美しい写真に収められる写真家です。撮影は単にカメラを持ってシャッターを押すだけではありません。和装の撮影では、白無垢や色打掛などの伝統的な衣装の魅力を最大限に引き出すための技術や知識が求められます。

例えば、白無垢や色打掛の色や刺繍、掛下や小物とのカラーや柄のバランス、着物の繊細な感じをしっかりと写真に残す必要があります。自分自身の好みや結婚式の雰囲気、憧れのイメージに合わせて、撮影のスタイルやアングルを伝えましょう。

ランキングやコメントを活用した探し方

フォトグラファーを選ぶ際には、インターネットのランキングやコメントを活用するのも一つの方法です。例えばSNSをチェックし、実際の結婚式や前撮りの撮影例を見ると、フォトグラファーの技術やスタイルの確認ができます。

撮影後の花嫁さんや花婿さんからのコメントやレポートを読むと、フォトグラファーとのコミュニケーションの取りやすさや、撮影中の雰囲気などの情報を得られます。和装の撮影は技術や知識が求められるため、実際の撮影例やコメントを参考にしながら、自分の希望やイメージに合ったフォトグラファーの選択がおすすめです。

フォトグラファーのスタイルと合わせるポイント

フォトグラファーを選ぶ際には、フォトグラファー自身の撮影スタイルや特徴をしっかりと確認し、自分の希望やイメージと合わせることが重要です。例えば、自分が憧れる撮影スタイルが伝統的な和風であれば、和装の撮影経験が豊富で伝統や美しさを引き出す技術や知識があるフォトグラファーを選ぶと良いでしょう。

前撮りや結婚式のロケーション、使用する衣装や小物、挙式のスタイルなどの情報をフォトグラファーに伝え、その上で相談や打ち合わせを行うと、より良い撮影が可能となります。

撮影は特別な日の思い出を形に残すためのものです。自分自身の好みや憧れ、そして大切な人との思い出をしっかりと写真に残すために、フォトグラファー選びはたいへん重要です。しっかりと準備や打ち合わせを行い、素敵な撮影を楽しんでください。

結婚式や前撮りの撮影は、一生の思い出となるものです。フォトグラファー選びは慎重に行い、自分自身の希望やイメージに合った撮影をしてもらうことを心がけましょう。

白無垢前撮りのポイント

着こなしと色彩の表現術

白無垢の前撮りは、花嫁が和装の美しさと繊細な色彩を最大限に引き出す特別な時間です。白無垢は「純白」の着物で、婚礼時に新婦が着る伝統的な衣装の一つです。シンプルでありながらも、高貴なこの衣装は、特に写真撮影において絶妙な雰囲気を生み出してくれます。

色の選び方や小物の使用、さらには刺繍や柄のこだわりは、白無垢を魅力的に見せる要素となります。白無垢の刺繍の中に、桜や季節の花をあしらったものを選ぶと、撮影の時期や季節感をさらに引き立ててくれます。

小物の色彩や柄を撮影してもらう際には、自分の好みや撮影のイメージをしっかりと伝えましょう。自分のイメージを伝えておくと、より一層自分らしい撮影となるでしょう。

ゆめやの白無垢から、こだわりの刺繍の白無垢をご紹介しておきましょう。「オフホワイトに鶴や松のビーズやスパンコールが輝く白打掛」は、鶴の羽根や松の葉などの要所要所が、銀糸の手刺繍とビーズやスパンコールで加飾された、アンティークの白打掛です。日光の下でも、スタジオの照明でも、キラキラと荘厳に輝くことでしょう。間近で撮っても美しいですし、遠景でも存在感が強い衣装です。大自然にも、重厚な建築物にも負けませんよ。

新郎とのコーディネート

白無垢の前撮りは、新婦の美しさを引き立てるものですが、新郎とのコーディネートも忘れてはなりません。新郎とのコーディネートも大切な要素の一つとなります。白無垢の撮影では、新郎も伝統的な黒紋付羽織袴の衣装を選びます。

ゆめやにも、男性の第一礼装である「黒紋付羽織袴」をたくさんご用意しています。

例えば、新婦が淡い色の打掛を選んだ場合は、新郎はシンプルな色味の衣装を選ぶと二人のバランスが良くなります。新婦が洋装のウェディングドレスを選ぶ場合は、ドレスの色やデザインに合わせて、新郎の小物の色を選ぶのもおすすめです。

撮影場所や条件の選び方

白無垢の前撮りでは、撮影場所や条件も大切なポイントとなります。日本には多くの美しいロケーションがあり、自分たちのイメージに合った場所を選ぶのは、楽しみの一つと言えるでしょう。

伝統的な雰囲気を求めるなら古都の鎌倉や、多くの神社や庭園が点在する東京都内の撮影がおすすめです。四季折々の自然の中での撮影も、白無垢の美しさを引き立てる要素となります。桜の季節には、桜と白無垢のコントラストが絶妙な写真を生み出してくれます。

撮影条件としては、天候や季節、時間帯などの考慮が大切です。例えば、自然光を活かした撮影を希望する場合は、晴れた日の午前中がおすすめです。夕暮れ時の柔らかい光の中での撮影も、白無垢の美しさを一層引き立ててくれます。

ゆめやのロケーション撮影プランをじっくり見てみましょう。撮影日や衣装によって金額差が出る店舗が多いなかで、ゆめやは均一料金をご提示しています。いつ撮っても、どれを着ても、同じ料金です。白無垢は汚れが目立つので料金を高く設定している店舗が多いのですが、ゆめやは白無垢でも同じ料金ですよ。

ヘアスタイルによって必要な小物が大きく変わってくる「かんざし/髪飾り」と「日本髪+角隠し」については別料金とさせていただきますが、基本的なヘアメイク・着付け・介添え・カメラマン・200カット以上の撮影データは込みの価格で設定しています。

白無垢の前撮りは、その一瞬を大切にし、自分たちの思い出を残すための特別な時間となります。撮影場所や条件をしっかりと選び、最高の一枚を求めて、素敵な時間を過ごしてください。

お洒落な和装の着こなし方

白無垢と色打掛の違い

結婚式の際に和装を選ぶ花嫁にとって、白無垢と色打掛の選択は一大事です。衣裳の違いをみていきましょう。

白無垢は、純白の着物です。日本の伝統的な結婚式、挙式の際に新婦が着ることが多く、最もフォーマルな衣装とされています。白無垢は綿帽子と合わせると一層の格式を感じさせます。ゆめやでご紹介している白無垢(白打掛)を見ていただくと、白の美しさと細かな刺繍や掛下の模様の豊富さに驚かれるでしょう。

菱形に四季の花丸紋様白鶴刺繍の打掛一式」は、静かで高貴な印象のアンティーク白無垢です。菱紋・菱菊・花丸紋・亀甲の地紋様と、鶴・梅・菊などのおめでたい絵柄が正絹で織り出されています。正絹はふんわりと身体に添い、軽くて柔らかいのが特徴です。過度な装飾は無く、純粋に正絹の輝きと織り模様だけとなりますので、日本庭園や古い日本家屋・神社・お寺などでの撮影に向いています。

一方、色打掛は、カラフルな色彩と華やかな柄が特徴的な着物です。結婚式のあとの披露宴などの場面で着用することが多いです。

打掛の色や柄の選び方は花嫁の個性やこだわりを反映する大切な要素となります。ゆめやのサイトではさまざまな色味やデザインの色打掛を一覧として紹介していますので、ご自分の好みや雰囲気に合ったものを選ぶ楽しみが広がりますよ。

花嫁のこだわりとは

結婚式や前撮りの撮影では、花嫁自身のこだわりがとても重要です。和装のこだわりはどのような形で表れるのでしょうか。

衣装選びの際は、自分自身のイメージやテーマを持ちましょう。春の結婚式なら桜をモチーフにした着物、シンプルで洗練されたデザイン、あるいは伝統的な柄を取り入れたものなど、自分の好みや結婚式のコンセプトに合わせて選ぶことができます。

髪飾りや足元の草履まで、全てが一つのコーディネートとなり、花嫁の全体の印象を左右します。ゆめやのサイトでは、さまざまな和装小物を紹介していて、それぞれのアイテムの特徴や、どのような衣装と合わせると良いかなどのアドバイスも掲載しています。

美しい色彩の選び方

和装の魅力の一つは色彩の美しさです。ゆめやの白無垢(白打掛)は、のっぺりとした白の単色ではなく、正絹の持つ独特な色合いや輝きがあり、織りや刺繍で変化に富んでいます。また、ゆめやの色打掛の豊富なカラーバリエーションは、多くの花嫁を魅了します。

色彩の選び方には、季節やテーマ、花嫁自身の肌の色や好みによって、最適なものが変わります。春の結婚式には、桜や花柄の明るい色がおすすめです。一方、秋の結婚式では、紅葉や黄葉をイメージした落ち着いた色味が素敵です。

色彩は単に衣装だけでなく、小物や場所の選び方とも関連してきます。撮影場所も、選んだ衣装の色と調和するようなロケーションを選ぶと、写真全体の雰囲気も一層引き立ちます。自分の好みやイメージに合った色彩を選び、最も美しい瞬間を記録してみてはいかがでしょうか。

まとめ

白無垢前撮りでの最も重要なポイント

白無垢の撮影は、結婚式の大切な記念として多くの花嫁が選ぶ特別な時間です。自分の体型や好みに合わせて最適なものを選びましょう。掛下の色柄や、小物の選び方も、自分らしさを表現する大切な要素となります。

次に、撮影ロケーションの選択です。各地には、伝統的な神社や庭園、またはおしゃれなスタジオなど、さまざまな撮影スポットがあります。自分たちのイメージや雰囲気に合った場所を選びましょう。

撮影のプランや料金、スケジュールなどを事前にしっかりと確認しておくことも大切です。撮影当日は緊張するかもしれませんが、自分を信じ、楽しむことが何よりも重要です。その瞬間、瞬間を大切にし、最高の一枚を残しましょう。

東京都内での撮影でしたら、ゆめやのロケーション撮影も候補に加えていただければ幸いです。

婚礼

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

卒業式イメージ

【2024年卒業式】袴に合う髪型は? 最新ボブ・ショートヘア特集

3月が近づくと、多くの学生が新しい門出を迎える卒業式の季節がやってきます。卒業式といえば、袴の装いが人気です。お母さまやお祖母さまが着ていた振袖を着用する方や、レンタル袴を利用する方も多く、おしゃれな袴選びを楽しむ姿が見 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!