結納イメージ

【プロが監修】結納・顔合わせ食事会で好印象!カジュアルな服装選び

はじめに

まず、結納の場には特別な雰囲気が流れています。結婚に関する一大イベントとして、両家が顔合わせをする重要な場です。特に女性にとって、その日の服装はたいへん悩みがちなポイントの一つです。当日を迎える前に、何を着ればいいのか、どんなスタイルが適しているのか、きちんとした格好で行くべきなのか、カジュアルすぎるのはNGなのか。そんな疑問が頭をよぎることでしょう。

今回は、結納にのぞむにあたり、どのような服装で参加すればよいか、詳細な解説と役立つ情報をご紹介します。

結納の服装に関する悩み

結納は結婚式よりもフォーマルな場であると言われます。そのため多くの女性が服装について不安を感じることでしょう。結納の多くはレストランやホテル、料亭などの上品な場で行われます。フォーマルすぎず、カジュアルすぎない、ちょうど良いバランスを取ることが求められます。

例として、以下のような疑問や悩みが挙げられます。

  • ドレスは、どの程度のフォーマルさが求められるの?
  • ワンピースはOK? それともスカートの方がよい?
  • カジュアルなスタイルでも、場の雰囲気を壊さないようにしたい。どう合わせればよい?
  • 和装と洋装、どちらを選ぶべき?
  • 男性はジャケットが必須? それともカジュアルなスタイルもOK?

このような疑問を持つのは自然なことです。結納の日になって焦らないためにも、事前にしっかりと準備をして、自分らしいスタイルで結納を迎えましょう。

この記事で得られる情報

この記事では、結納の際の女性の服装に焦点を当て、どんなスタイルがおすすめなのか、どのようなアイテムを取り入れると良いのかを詳しく紹介します。結納の場の雰囲気やマナーを意識しつつ、自分らしいスタイルでのぞむためのポイントを解説していきます。

具体的には以下のような内容を取り扱います。

  • 結納の場に適したドレスやワンピースの選び方
  • カジュアルなアイテムを上手に取り入れる方法
  • 結納における男性の服装のポイント
  • 和装を選ぶ際の注意点
  • 洋装での結納の場にふさわしいスタイル例

結納は、新郎新婦はもちろん、両家の親御さんや家族にとっても大切な場です。服装一つでその場の雰囲気や印象が変わってしまうこともあります。だからこそ、しっかりとした準備と知識が必要です。この記事を参考にして、結納の日を迎える前の服装選びの不安を少しでも軽減していただれば幸いです。

結納とは:基本的な流れとマナー

結納の意味とは

結納は、結婚の意向を固めた両家の間で行う伝統的な儀式の一つです。両家が結ばれ、信頼関係をより深める場ともいえます。この記事を通して、結納の意義やマナーについて解説していきます。

当日、両家が集まる場所としては、高級ホテルや料亭、または女性側の家が選ばれることが多いです。会場の選び方一つで、その日の雰囲気や家族の印象が変わってきます。フォーマルな場所を選ぶことで、結納の格式や大切さを演出することができます。

顔合わせと結納の違い

顔合わせ」と「結納」、これら二つの言葉は、結婚を前にした新郎新婦や家族にとって馴染み深いものです。さて、この二つの違いは何でしょうか。

  • 顔合わせ: 新郎新婦の両家が初めて会う場です。カジュアルな雰囲気の中で、お互いの家族を知ることを目的としています。レストランやカフェでの食事が一般的です。
  • 結納: 結婚の意志を明確にし、両家の結びつきを深めるための儀式です。顔合わせとは異なり、結納には特定のマナーやルールがあります。

結納は、結婚式よりもフォーマルな雰囲気で行われることが多いです。スタイルや服装も、その格式に合わせたものを選ぶ必要があります。

結納の主なマナーと注意点

結納をスムーズに行うために、以下のマナーや注意点を心掛けましょう。

  • 服装について: 結納はたいへんフォーマルな場なので、適切な服装は必要不可欠です。男性はスーツやジャケット、女性はワンピースやドレスなど、きちんとした装いを心掛けましょう。和装を選ぶ場合もありますが、その際は事前に相談しておくと良いでしょう。
  • 場所の選び方: 結納はホテルの個室や料亭など、静かで落ち着いた場所で行うのが一般的です。予約を行う際には、人数や時間などをきちんと確認しましょう。
  • マナーとしての準備: 結納金や手土産など、結納には欠かせないものがいくつかあります。これらは、結納の流れや意味を持つ大切なものなので、忘れずに事前に準備しておきましょう。
  • 気持ちの持ち方: 結納は両家の結びつきを深める大切な儀式です。緊張するかもしれませんが、互いに尊重し合う気持ちを忘れずに、心のこもったあいさつや会話を楽しむようにしましょう。

結納は、新郎新婦だけでなく、両家の結びつきをより深める役割もあります。大切なのは、形式やマナーだけでなく、心からの気持ちを込めて行うことです。結納を通して、新しい家族との絆を深めてください。

ここまで、結納に関する基本的な情報やマナーについての紹介でした。結納を控えている方は、ぜひとも参考になさって、すてきな一日を迎えてください。

結納でのカジュアルな服装のメリット

結納は、結婚を前に新郎新婦の両家が一堂に会し、両家の結びつきや未来の幸福を祝う大切な儀式です。そのような場では、当日の服装選びも重要なポイントです。フォーマルな和装やスーツが多い中、実はカジュアルな服装もおすすめなのです。この記事では、カジュアルな服装の魅力とメリットについて紹介します。

リラックスして結納を進行できる

結納は、正式なマナーや格式が求められるイメージがありますが、場所や雰囲気に合わせて、少しラフなスタイルで行うのも一つの選択肢です。

たとえば、結納をレストランやホテルの個室で行う場合のドレスコードは少しカジュアルにしてもOKです。女性ならシンプルなワンピースやスカートにブラウスの組み合わせ、男性はジャケットやスーツはあえて避け、シャツとスラックスの組み合わせで、きれいめカジュアルに仕上げるのも良いでしょう。

  • ポイント: カジュアルな服装は、緊張しがちな結納の雰囲気を和やかにし、リラックスして会話を楽しむための一助となります。

華やかさを保ちつつも自由なスタイルで

カジュアルといえど、結納は結婚の前段階となる大切な儀式です。そのため、華やかさは必要です。カジュアルでも、色使いや小物の選び方、素材感などで、上品さや華やかさを演出しましょう。

女性なら、明るめの色合いのワンピースや、少し光沢感のある素材のスカートを選ぶことで、カジュアルながらも華やかな雰囲気を持たせることができます。アクセサリーやシューズの選び方も大切です。シンプルな服装には、少し大ぶりのピアスやネックレスでアクセントを加えるのもおすすめです。

  • ポイント: 服装の基本はシンプルでも、小物やアクセサリーでのアクセントを意識することで、結納にふさわしい華やかさを出すことができます。

両家の親御さんや兄弟姉妹とのコミュニケーションをスムーズに

結納の際は、新郎新婦だけでなく、両家の親御さんや兄弟姉妹も参加することが多いです。そのため、コミュニケーションをスムーズに取ることは大切です。カジュアルな服装は、堅苦しい雰囲気を和らげ、よりオープンに会話を弾ませることができるでしょう。

例えば、結納を食事会として行う場合に、カジュアルな服装であれば家族同士の距離を縮める一助となります。また、カジュアルな雰囲気は、新郎新婦や両家の家族が普段の自分を出しやすく、より深い関係を築くきっかけとなります。

  • ポイント: カジュアルな服装は、家族間のコミュニケーションを積極的に促し、新しい家族としての絆を深めるのに役立つでしょう。

まとめると、結納の服装をカジュアルにすることで、リラックスした雰囲気を作り出し、自由なスタイルながら華やかさを保ち、両家のコミュニケーションもスムーズに図ることができるのです。結納の服装選びで迷った際には、この記事を参考にしていただければ幸いです。

結納の会場に合わせた服装の選び方

結納は、結婚を前に両家が顔合わせを行い、結婚の意志を固める大切な儀式です。そのため、服装選びも結納の成功を左右するポイントとなります。そこで、結納の場所や雰囲気に合う、おすすめの服装を紹介します。

家での結納 vs 結婚式場や個室での結納

家での結納は、リラックスした雰囲気が求められます。一方、結婚式場やレストランの個室での結納は、ややフォーマルなスタイルが好ましいとされています。

家での結納の場合

  • 女性: ワンピースやスカートにブラウスを着こなし、派手すぎないデザインと色を選ぶと良いでしょう。
  • 男性: スラックスにシャツ、ジャケットは必要に応じて着用しましょう。ネクタイはなしでも大丈夫です。

結婚式場やレストランの場合

  • 女性: フォーマルなドレスやワンピースで、靴も上品なものを選びましょう。
  • 男性: スーツを選び、シャツに合わせたネクタイも忘れないようにしましょう。

和装と洋装、どちらがふさわしい?

結納の服装としては、和装も洋装もどちらもOKです。ただし、会場や家族の意向、自分のスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

和装の場合

  • 女性: 振袖や訪問着など、華やかなものを選びましょう。ただし、挙式で着る予定のものは避けてください。
  • 男性: 紋付や羽織袴などで、格式を意識したアイテムを身に着けましょう。

ご自宅でも、結婚式場やレストランでも、昔ながらの格式高い結納を交わすのであれば、あまり派手ではない中振袖や小振袖をおすすめいたします。ゆめやの小振袖から、格式高い結納におすすめの「鹿の子と板締めの絞りに手刺繍の花々の小振袖」をご紹介いたしますね。白に赤で鹿の子絞りと板締め絞りがほどこされた上質の正絹地に、花々が手描き・手刺繍で描き出された、品格のある豪華な小振袖です。絞りの生地も、衿元の刺繍もふっくらとしていて、お顔の表情を和らげてくれます。たいへんな手間暇をかけて仕立てられた、贅沢な小振袖ですよ。

洋装の場合

  • 女性: フォーマルなワンピースやドレスがおすすめです。
  • 男性: スーツやジャケット、スラックスを基本としましょう。

会場の雰囲気や料理、飲物に合わせて

結納の雰囲気や内容に合わせて服装を選ぶことは、相手の家族に対するマナーでもあります。場所がレストランの場合は、そのお店の雰囲気や、予定されている食事のスタイルを考慮して服装を選びましょう。

例えば、高級料亭での結納の場合は、女性はフォーマルな和装やドレスを、男性はスーツや和装を選びます。また、カジュアルなレストランでの結納なら、女性はシンプルなワンピースやブラウスとスカート、男性はカジュアルスーツやジャケットとスラックスの組み合わせが良いでしょう。

和装で格式高い結納の場合は、派手ではない振袖や訪問着がおすすめです。「クリームイエローに牡丹や菊が咲く小振袖」は、立涌の地紋様に、牡丹や菊などの春秋柄が手描き・手刺繍された、アンティーク小振袖です。艶のある綸子地にも、春秋柄の手描き・手刺繍にも、熟練の技が光る一品です。画像では、秋の風情で菊の丸帯を結んでいますが、季節に合わせて、梅・牡丹・桜の帯など着物の柄を活かす帯を組み合わせて、秋から春にかけてお召しいただけます。

カジュアルな結納でしたら、付下げもよろしいでしょう。「アイボリーにチューリップが咲く春の付下げ」は、アイボリーから裾のピンクにかけて、春霞のような正絹地に、白や赤やアイボリーのチューリップが咲き誇っています。地紋様にもチューリップが織り込まれていて、かわいらしい付下げです。3月~4月にかけてのカジュアルな結納でしたら、ぜひお選びください。

服装選びの際には、自分自身のスタイルやイメージを大切にしつつ、相手の家族や結納の場所、内容を意識して選びましょう。何よりもその日の気持ちや雰囲気を楽しむことが、結納を成功させる鍵となります。

この記事を参考に、結納の服装選びを行い、すてきな結納の日を迎えてください。

カジュアルでありながらも、きちんと感を出すアイテム選び

顔合わせの場所がレストランやホテルの個室だったりすると、普段のカジュアルスタイルとは違い、少し気を使うものです。ただし、やりすぎてしまうと緊張してしまうでしょう。そこで、カジュアルでありながらも、きちんと感を出すアイテムの選び方について解説します。

男性の場合:パンツスタイルのコツ

男性の場合は、カジュアルでありながらも、場に合った服装というのは案外難しいものです。結納や顔合わせの場では、スーツやジャケットは基本ですが、少しカジュアルダウンしたい場合は、パンツスタイルがおすすめです。

  • パンツ: スラックスやチノパンは、清潔感を演出できるアイテムです。特に、深い色のパンツは場にもマッチします。
  • シャツ: シャツはシンプルなものにしましょう。白やライトブルーが無難です。衿のデザインや素材感にも注意してください。
  • ジャケット: カジュアルなジャケットもOKです。ただし、色味やデザインは控えめにしましょう。
  • : 革靴はもちろん、近年人気のスリッポンもOKです。

このような組み合わせで、カジュアルながらも清潔感のあるスタイルを目指しましょう。

女性の場合:ワンピースやブラウスの選び方

女性の場合は、ワンピースやブラウスは結納や顔合わせにおいて、スタイルを決める重要なアイテムです。まずは、その選び方を紹介します。

  • ワンピース: 上品なシルエットのものを選びましょう。長すぎず短すぎない丈が好ましいでしょう。
  • ブラウス: シンプルなデザインのものや、少し華やかさを持ったブラウスもOKです。ただし、露出は控えめにしましょう。
  • スカート: Aラインやフレアのものがおすすめです。色は淡いものやベーシックな色が良いでしょう。
  • : パンプスやフラットシューズが無難です。ヒールは高すぎるものは避けるようにしましょう。

これらのポイントを意識しつつ、自分のスタイルをしっかりと持つことが大切です。

服装の色味や髪型、靴の選び方

服装だけでなく、髪型やアクセサリー、靴の選び方も大切です。顔合わせの場では、印象に直接関わる部分なので注意しましょう。

  • 色味: 基本的には落ち着いた色が良いでしょう。過度に派手な色は避け、シンプルな色でまとめましょう。
  • 髪型: 清潔感を出すことが大切です。アップヘアやシンプルなダウンヘアをおすすめします。
  • アクセサリー: あまり多くのアクセサリーは避け、必要最低限にしましょう。例えば、小さなピアスやシンプルなネックレスなどがおすすめです。
  • : 歩きやすさを考慮しつつ、場の雰囲気に合わせて選びましょう。ハイヒールはなるべく控えましょう。

顔合わせの日は、結婚の一大イベントです。その日の服装やアイテム選びは、両家の印象にも関わる大切なものになります。この記事を参考に、最適なスタイルを見つけて、すてきな一日を迎えてください。

カジュアルな結納服の注意点とアドバイス

結納の場は、新郎と新婦、お二人の新しい門出を祝う大切な場所です。ですが、今ではカジュアルな雰囲気で行われることも増えてきました。引き続き、カジュアルな結納服を選ぶ際のポイントやアドバイスを紹介します。

きちんと感とカジュアル感のバランスを保つ

結納と聞くと、格式のあるイメージが強いかもしれません。とはいえ、最近の結納はレストランやホテルの個室など、リラックスできる場所で行うカップルが増えています。そこで大切なのは、"きちんと感"と"カジュアル感"のバランスを保つことです。

  • ワンピースやドレス: 華やかさはあるものの、堅苦しくないデザインのものを選ぶのがおすすめです。
  • スカート: 丈が短すぎるものは避け、膝下〜膝上のものがベストです。
  • アイテムの組み合わせ: ジャケットやブラウスを合わせることで、カジュアルすぎず上品な印象を演出できます。

親しき仲にも礼儀あり:結納でのマナー

結納は両家の家族が顔合わせをする大切な儀式です。場所や服装がカジュアルだからといって、マナーを忘れてはいけません。以下に、結納での基本的なマナーをまとめました。

  • あいさつ: 当日は、親御さんや兄弟姉妹さまへのあいさつをしっかりと行いましょう。一般的な言葉遣いと気配りは欠かせません。
  • 食事: レストランでの結納の場合は、料理のチョイスや会話の内容にも気を付ける必要があります。
  • 結納金やギフト: 事前に準備や確認をして、当日スムーズに渡せるようにしましょう。

落ち着いた印象を与えるアイテムの組み合わせ

カジュアルな結納でも、落ち着いた印象は大切です。以下に、女性が結納の際に選びたいアイテムの組み合わせを紹介します。

  • 上品なブラウス: ネクタイのない男性のシャツと合わせて、リラックスした雰囲気を演出します。
  • スカートやパンツ: 基本的には深い色を選ぶと、全体のバランスが取りやすくなります。
  • アクセサリー: シンプルなものを選び、華やかさをプラスしましょう。ですが、派手すぎるものは避けるよう心がけてください。
  • シューズ: 清潔感があり、歩きやすいものを選びましょう。

結納の場での服装は、お互いの家族との絆を深める重要なものです。カジュアルでも、気配りやマナーを忘れずに、心地よい時間を過ごしましょう。

まとめ

顔合わせや結納は、結婚前に新郎新婦や両家が一堂に会する大切な場です。その際の服装は、その場の雰囲気や気持ちを表すポイントとなります。この記事では、カジュアルな結納服の魅力と選び方、そして成功のポイントについて深めていきます。

カジュアルな結納服の魅力と選び方

結納のイメージは、格式高い場所での儀式と思われがちです。ですが、最近では、レストランやホテルの個室など、リラックスできる場所で行われることも増えてきました。そのような場では、堅苦しい服装よりもカジュアルなスタイルがおすすめです。

カジュアルな結納服にする魅力として、次のようなポイントが考えられます。

  • 自分らしさを出せる: 普段着ることの多い服であれば、緊張せずに自然体でいられるでしょう。
  • 場所に合わせやすい: レストランやカフェ、ホテルの部屋など、さまざまな場所に適応します。

選び方の参考として、以下の点を意識するとよいでしょう。

  • 清潔感を持ったアイテムを選ぶ: Tシャツやジャケット、スカートなど、シンプルで清潔感のあるものを基本にしましょう。
  • ドレスコードを確認する: 会場や両家の意向に合わせた服装を心がけましょう。
  • 靴や小物も気を付ける: 靴はきれいなもの、アクセサリーは控えめにしましょう。

最後に押さえておきたいポイント

結納の服装を選ぶ際のポイントを、最後にいくつかお伝えします。

  • 自分のスタイルを大切に: 自分らしさを忘れずに、場のマナーも意識しましょう。
  • 事前の準備: 当日の服装や流れを事前に確認し、準備をしっかりと行うことで安心感が増します。
  • 印象を考える: 初めて会う方もいるかと思います。良い印象を与えるための服装を心がけましょう。

服装で結納を成功させるためのアドバイス

結納を成功させるための服装に関するアドバイスをいくつか紹介します。

  • 親御さんや兄弟姉妹と相談を: 自分の服装だけでなく、家族全体の服装のバランスも考えると、統一感が出てよいでしょう。
  • リラックスすること: 堅苦しく考えず、楽しく準備することが大切です。緊張をほぐすための小物やアクセサリーを利用するのも一つの方法です。
  • 華やかさも忘れずに: 結納は結婚の前段階です。華やかな雰囲気を持ったアイテムを取り入れると、場の雰囲気が明るくなるでしょう。

以上、結納の服装に関する情報をまとめました。大切な結婚式や結納が、最高の思い出となるよう心からお祈りしています。

結納のお席で、もしも婚礼衣装の話題が出ましたら、ゆめやを思い出してくださいね。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

淡いピンクベージュに菊、牡丹、菖蒲が咲く訪問着【hou05】

【東京での結婚式に!】訪問着レンタル&着付けサービス選び方完全ガイド

はじめに 結婚式という一生に一度の特別な日に、訪問着を選ぶことは、その日の思い出を美しく彩る大切な役割を果たします。 訪問着は、格式高い場にふさわしい装いでありながら、個人のセンスや美意識を表現する手段でもあります。 し […]

ひとつ前の記事

神前式 結婚式イメージ

【保存版】披露宴なしで神前式だけ挙げたい! そのメリットと注意点

はじめに 結婚式、特に披露宴は、多くの女性が一生の中で一番華やかで特別な時間を過ごすことができる場所。ですが、最近のトレンドとして「神前式による挙式のみで、披露宴は行わない」というスタイルが注目されています。その魅力は一 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!