結納イメージ

【必見】結婚前の顔合わせ! 結納における兄弟姉妹の立ち位置と役割

はじめに

結納は、結婚を前に新郎新婦の両家がお互いの家族と顔を合わせ、結婚の意志を確認し合う大切な儀式です。この儀式で初めて両家がお会いするということもあると思います。

そんな重要な場面で、兄弟姉妹の役割は何なのでしょうか。今回は、結婚前に両家が顔を合わせる結納という場で新郎新婦の兄弟姉妹がどんな立ち位置と役割、立ち振る舞いを求められるのかという点について解説していきます。

結納は主役である新郎新婦のみならず、その家族の人となりを示す重要な場です。長く続く家族の結婚生活を応援するためにも、第一印象で失敗しないための知識を得ておきましょう。

\TPOに合わせた理想の訪問着が必ず見つかる!豊富な品揃えと安心のサポートで特別な日を/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

結納の基本的な知識

結納は、日本の結婚文化における重要なステップの一つと言えます。これから結婚を控えたカップルが、結納を行う上で知っておきたい基本情報を見てみましょう。

結納の意味と流れ

結納は、両家の家族から結婚についての承諾を得るためのものです。新郎新婦の意思を固くするため、そして結婚後も両家が良好な関係を築くための大切な機会となります。

結納の流れ

  1. 両家のあいさつ: お互いの家族が正式にあいさつを交わします。
  2. 結納品の交換: 伝統的には結納金や婚約指輪など、さまざまな品を交換します。
  3. 食事会: 両家での食事会を開くことが多いです。結婚式の準備や当日の流れなどについても話し合うことができる、良い機会となります。

結納を行う場所

結納を行う場所は、多くの場合は、新婦側の自宅となります。ですが、最近ではホテルや結婚式場で行うケースも増えてきました。遠方の親戚が参加する場合や、自宅が狭い場合など、それぞれの都合に合わせて場所を選ぶことが大切です。

このように、結納は結婚を迎える上での大切なステップです。しっかりと準備をして、スムーズに進めることが望ましいですね。

兄弟姉妹が結納にどう関わるのか

結納の場には、新郎新婦や仲人のほか、両家の親御さんや親族が出席することが多いです。では、兄弟姉妹はどのような役割を持つのでしょうか。

兄弟姉妹の参加

結納の場に兄弟姉妹が参加することは一般的です。特に、家族が少ない場合や、親御さんが高齢である場合など、サポートが必要な場面で兄弟姉妹の存在は大変重要になります。

役割とマナー

兄弟姉妹が結納に参加する場合は、以下のようなマナーや役割が期待されることが多いです。

  • 介添え役: 両家の間を取り持つ役割です。あいさつや進行をサポートします。
  • お料理の運び役: 食事会がある場合は、料理を運んだり、飲み物を注いだりするサポートをします。
  • 紹介役: お互いの家族や親戚を紹介する際に、名前や関係を説明する役割を果たします。

このように、兄弟姉妹が結納の場に参加することで、より良い雰囲気を作り上げることができます。両家が一つになる大切な機会となる結納で、兄弟姉妹の存在がさらに温かな雰囲気を生むことでしょう。

\訪問着選びなら、迷わずゆめやで。プロのアドバイスであなたにぴったりの一着を見つけよう!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

結納の目的とは

結納は、結婚を前にしての大切な儀式の一つとされています。多くのカップルやその家族にとって、結納は正式な結婚の意思を示す大切なステップです。ここでは、結納の基本的な目的について詳しく解説します。

両家の顔合わせの場としての結納

結納は、結婚を予定しているカップルの両家が初めて正式に顔を合わせる場となることが多いです。この機会に、両家がしっかりと顔を合わせ、お互いの家族を知ることができます。結納では、以下のようなことが行われます。

  • 両家のあいさつ: 新郎新婦それぞれの家族が正式にあいさつを交わす場となります。このあいさつを通して、結婚に向けてのお互いの意気込みや意向をしっかりと伝えることができます。
  • 家族同士の親睦: 両家が一緒に食事をすることで、お互いの家族の雰囲気や性格などを知ることができます。これは結婚後の関係性を築く上でたいへん大切な時間となります。
  • 結婚に向けての話し合い: 結婚式の日程や準備、費用の話など、結婚に関わるさまざまな情報交換を行う場としても利用されます。

結納を行うことで、新郎新婦および両家が結婚に向けての準備や気持ちを確認することができるのです。

結納金と結納品の意味

結納には「結納金」「結納品」という二つの要素があります。これらは結納の際に新郎側から新婦側へ贈られるもので、その意味や背景には深い伝統があります。

結納金: これは新郎側が新婦側に対して、結婚の意思を示すために贈る準備金のことです。金額は両家の相談で決めることが一般的です。

結納品: 結納品は、婚約の証として結納金と一緒に新婦側へ贈られる品物のことを指します。これには、それぞれ夫婦円満や子孫繁栄、長寿への願いが込められています。具体的には以下のようなものがあります。

  • 鯛: 結納の際には、鯛を贈ることが多いです。これは「めでたい」という言葉にかけて、結婚生活が幸せでありますようにとの願いが込められています。
  • 海苔: 海苔は、さまざまな料理の具材として使われることから、「多くの子孫が繁栄すること」を願う意味があります。
  • お酒: これは両家の絆を深めるためのものであり、お互いに乾杯をして結びつきを深めることが期待されています。

結納金や結納品は、結婚を前にしての両家の絆を深めるための重要な役割を果たします。これらを通して、新郎新婦の結婚生活が幸せであることを願う気持ちが表現されているのです。

ここまでが、結納の基本的な目的と結納金・結納品の意味についての解説です。結納は結婚を迎えるカップルやその家族にとって、たいへん意味深いものなのです。

\TPOに合わせた理想の訪問着が必ず見つかる!豊富な品揃えと安心のサポートで特別な日を/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

兄弟姉妹の結納への参加

結納とは、結婚を前にしての大切な儀式ですが、当事者である新郎新婦だけでなく、家族として兄弟姉妹の参加も考えられます。そこで、兄弟姉妹が結納に参加することのメリット・しないことのデメリット、そして参加する際の注意点について詳しく解説していきましょう。

兄弟姉妹が結納に参加するメリット

結納は、結婚を前にしての新郎新婦とその家族の顔合わせの場として行われます。この際に、兄弟姉妹が参加することで以下のようなメリットがあります。

  • 家族の絆を深められる: 結納は両家が正式に顔を合わせる場となります。兄弟姉妹も参加することで、家族全員が結婚に対する意気込みや意向を共有し、お互いの家族をより深く知ることができます。
  • 結婚式の準備をスムーズに行える: 結婚式の際にも、兄弟姉妹の協力は必要となります。結納の段階から参加してもらうことで、結婚式の準備や役割分担について事前に話し合う機会となります。
  • 両家の親睦を深められる: 両家が一緒に食事をすることで、家族同士の雰囲気や性格を知ることができます。兄弟姉妹が多い家庭では、特に大切な時間となるでしょう。
  • 緊張を和ましてくれる: 結納は緊張するものです。兄弟姉妹がそばにいることで、新郎新婦がリラックスし、スムーズに進行することができます

兄弟姉妹が結納に参加しないデメリット

兄弟姉妹が結納に参加しないケースでは、以下のようなデメリットが考えられます。

  • 両家の理解が浅くなる: 兄弟姉妹が参加しないことで、家族全員の顔合わせの機会が減るため、お互いの家族に対する理解が浅くなる可能性があります。
  • 結婚式の準備に不安: 兄弟姉妹が結納の段階から参加していない場合は、結婚式の際の役割分担や協力の内容について、事前にしっかりと話し合う機会が少なくなります。
  • 新郎新婦の負担が増える: 兄弟姉妹がいれば、新郎新婦をサポートする役割を担うことが期待されます。逆にそのサポートが得られない場合は、新郎新婦の負担が増えてしまいます。

参加する際の注意点

兄弟姉妹が結納に参加する際には、以下のような注意点があります。

  • 服装やマナーの確認: 結納は正式な場となるため、服装やマナーをしっかりと確認し、準備して参加することが大切です。特に女性は、髪型やドレスの選び方に注意が必要です。
  • あいさつの仕方: 兄弟姉妹にとっても義理の家族になるわけですから、あいさつの仕方や言葉遣いに注意を払うことが大切です。
  • 結納品や結納金に関する知識: 兄弟姉妹も結納に参加する場合は、結納品や結納金に関する基本的な知識を持っておくと安心でしょう。
  • 両家の意見や希望を尊重: 兄弟姉妹としても、両家の意見や希望を尊重し、無理な提案や要求は避けるよう心掛けることが必要です。

結納は結婚を前にした大切な儀式となります。その中で、兄弟姉妹が参加することで、さらにその意義が深まります。ですが、参加する際には上記の注意点を心掛け、両家が心から納得し合えるような進行を心掛けることが大切です。

\訪問着選びなら、迷わずゆめやで。プロのアドバイスであなたにぴったりの一着を見つけよう!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

結納の服装について

結納とは、結婚を前にしての大切な儀式です。そんな大切な場だからこそ、服装について悩まれてしまうことと思います。家族や兄弟、そして新郎新婦の服装は、その日の雰囲気作りに大きく影響してきます。正式な場である結納の際に、どんな服装を選ぶかはたいへん重要です。

新郎新婦と家族はフォーマルな服装に

結納は、結婚の意志を公然と示す場としての役割があります。新郎新婦とその家族は、最もフォーマルな服装を心がけるのが一般的です。

  • 新郎: スーツはマストです。ダークカラーのスーツに、白いシャツ、そしてネクタイや蝶ネクタイを合わせるのが良いでしょう。靴やベルトなどの小物も忘れずに準備しましょう。
  • 新婦: ドレスやスーツ、ワンピースなどが選ばれることが多いです。気品あるデザインを選び、過度な露出は避けるように心掛けましょう。
  • : 父親は新郎と同じくスーツ、母親は着物やドレス、スーツなどが良いでしょう。

ポイント

  • 着物を選ぶ場合は、黒留袖や色無地などのフォーマルなものを選びましょう。
  • 洋装を選ぶ際には、明るすぎるカラーや派手な柄は避けるようにしましょう。
  • しっかりとしたヘアスタイルやメイクも欠かせません。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。ゆめやの婚礼ゆめやの訪問着では、シーンやお立場別におすすめの着物をご紹介していますので、ぜひご覧ください。格式高い結納に参列なさる姉妹さまは、色留袖や色無地、さりげない訪問着がおすすめです。

シックな地色に相良刺繍で花丸が描かれた訪問着」は、一見すると地味に見えるかもしれませんが、お若い方がお召しになると、ぐっとおしゃれになります。練色からタバコ色という地味なグラデーションに、相良刺繍の控えめな色合いで花丸が描き出された、アンティーク訪問着です。ご年配の姉妹さまにも、お若い姉妹さまにも、上品に着こなしていただけます。

兄弟姉妹のセミフォーマルとデイリーカジュアルの選び方

結納に参加する兄弟や姉妹は、新郎新婦や親御さんほど正式ではありませんが、あまりカジュアルすぎるのもNGです。そこでセミフォーマルやデイリーカジュアルの選び方を解説します。

  • 兄弟: ライトカラーのスーツやジャケットにスラックスを合わせるのがベストです。ネクタイはなしでもOKです。
  • 姉妹: ワンピースやブラウスにスカートを合わせると、上品でありながらもカジュアルさが出ます。

ポイント

  • あまりにも派手な色やデザインは避け、控えめなものを選ぶよう心掛けましょう。
  • 靴やバッグも、あまりカジュアルすぎないものを選び、全体のバランスをとることがポイントです。

カジュアルな着物でも良い雰囲気の結納でしたら、「黒地に市松やたたき模様の粋な訪問着」はいかがでしょうか。正絹の黒い綸子地に、たたき模様や市松、水紋などが描きだされた、粋でおしゃれな訪問着です。画像のように、格式の高い帯と組み合わせれば、結納にもお召しいただけます。

和装と洋装、どちらがふさわしい?

結納の服装として、和装と洋装、どちらを選ぶかは、両家の雰囲気や希望、そして結納の場所やスタイルによっても変わってきます。

和装を選ぶメリット

  • 日本の伝統的な儀式である結納にふさわしい。
  • 色や柄、素材などで、フォーマル度を調整しやすい。

洋装を選ぶメリット

  • 着慣れている人にとっては、動きやすく、リラックスできる。
  • 着物に比べると、準備や手間が少ない。

ポイント

  • 両家の意見や希望をしっかりと話し合い、結納のスタイルや雰囲気に合わせて、和装か洋装かを決めると良いでしょう。
  • 結納の場所や行われる内容にも、服装を合わせるようにしましょう。

どちらのスタイルを選ぶにしても、大切なのはその日の意味をしっかりと共有し、お互いの家族と絆を深めることが大切です。服装選びはその一部として、心に留めておきたいポイントですね。

格式の高い結納には、一つ紋付もふさわしい着物です。「薄ピンクに雪輪と花々の一つ紋付訪問着」は、淡いピンク色の正絹に、たくさんの雪輪が描かれ、雪輪の中には花々が描き出された、格調高い一つ紋付訪問着です。手描きに加え、手刺繍も施されています。たいへん奥ゆかしい印象の着物ですので、結納に参列なさるお姉さまにもお妹さまにもお似合いのことと思います。

\TPOに合わせた理想の訪問着が必ず見つかる!豊富な品揃えと安心のサポートで特別な日を/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

結納の流れとマナー

結納とは、結婚を前にお互いの家族同士が一堂に会し、結婚の意志を固くする大切な儀式です。結納は結婚式の数カ月前に行う儀式で、新郎新婦やその家族にとって初めての正式な顔合わせとなることもあります。そのため、どのような流れで行うのか、マナーはどういったものがあるのかをしっかりと理解しておくことが必要ですね。

結納の一般的な流れとは

結納は一般的には両家の代表者が参加し、新郎新婦はもちろんのこと、親御さんや兄弟姉妹も参加することが多いです。結納の内容や流れは家によって違いがありますが、基本的な流れを以下に解説します。

  1. 開始のあいさつ: 両家の代表者がお互いにあいさつを交わし、結納を始める合図とします。この時に気をつけたいのは、しっかりと相手の目を見て、すがすがしい声であいさつをすることです。
  2. 家族の紹介: 両家が正式に顔を合わせるこの機会に、新郎新婦がそれぞれの家族を紹介します。
  3. 結納品の交換: 両家がそれぞれ用意した結納品を交換します。結納品は、結婚の意志を示すものとして大切なものです。最近では、具体的なものではなく、金額でのやりとりをするご家庭も増えています。
  4. 食事の時間: 両家が一緒に食事を楽しむことで、お互いの家族の親睦を深める大切な時間となります。
  5. 結納の終了とお礼: 食事が終わった後に、両家の代表者がお礼の言葉を交わし、結納を終了します。

両家のあいさつに関するマナー

結納の際のあいさつはたいへん大切です。マナーを守りつつ、自分たちの気持ちや感謝の意をしっかりと伝えることが重要です。

  • あいさつの際の立ち位置: 新婦が新郎の家に嫁ぐ場合は、新郎側が新婦側の家を訪れます。その際は、新郎側に上座に座っていただくのはもちろんですが、ご家族での並び順には地域差があります。上座から、新郎→父親→母親と座る地域もあれば、父親→新郎→母親と座る地域もあります。新郎が婿養子として新婦の家に入る場合は、新郎の家で結納を行い、新婦側が上座に座ります。兄弟姉妹はその後に続きます。新郎新婦で地域の風習に違いがある場合は、嫁ぐ先の風習に合わせましょう。
  • あいさつの内容: 「本日はお忙しい中、お招きいただきありがとうございます。」など、感謝の言葉を前に述べることが大切です。また、新郎新婦が互いの家族を紹介する際には、「私の父、○○です。」といった形で、シンプルかつ分かりやすく紹介しましょう。
  • 礼儀正しく: お辞儀の深さや言葉遣いなどに注意して、礼儀正しくあいさつしましょう。

兄弟姉妹が注意すべきポイント

結納に参加する兄弟姉妹も、新郎新婦や親御さんと同様に、マナーや服装に注意を払う必要があります。

  • 服装: 前述したとおり、セミフォーマルな服装でのぞみましょう。明るすぎる色や派手な柄は避けてください。
  • あいさつ: 新郎新婦や親御さんの後に、兄弟姉妹も一言ずつあいさつをします。あいさつは、シンプルながらも感謝の気持ちを伝える内容にしましょう。
  • 食事時のマナー: 食事時のマナーも大切です。食べ物や飲み物の取り分け、食事の進め方など、基本的なマナーを守りつつ、会話も楽しむことが大切です。

兄弟姉妹がマナーを守ることで、両家の関係はより良好になるでしょう。結納は家族同士の絆を深める大切な機会です。全員が気を付けるべきポイントやマナーを理解し、心から感謝の気持ちを伝えることで、新しい家族との関係を築いていってください。

\訪問着選びなら、迷わずゆめやで。プロのアドバイスであなたにぴったりの一着を見つけよう!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

その他の結納の基礎知識

結納は、結婚を前にお互いの家族が顔を合わせる大切な行事で、日本の伝統的な婚約の儀式です。結納に関する基礎知識やマナーは多く、一般的にあまり知られていないポイントがまだまだあります。ここでは、結納に関連するさまざまな基礎知識を詳しく解説します。

結納返しについて

結納の後に、新婦側から新郎側へお返しをするのが「結納返し」です。一般的には、結納品の半額程度のものを選び、結納後1週間から1カ月以内に行うのがマナーとされています。

  • 目的: 結納返しは、結納品を受け取ったお礼として、新婦側から新郎側へ感謝の気持ちを伝えるものです。
  • 内容: 結納返しの内容は地域によって異なりますが、一般的に食事の招待や小物、服装などさまざまです。最近では、新郎新婦が一緒に選ぶことも多く、自分たちの好みや価値観を大切にしているケースが増えています。

結納返しは感謝の意を示すものなので、しっかりと相手の家族の意見や好みを考慮しながら、準備を行うことが大切です。

結納と結婚式の違いとは

結納と結婚式、どちらも結婚を祝う行事ですが、意味や目的が異なります。

項目結納結婚式
目的両家が初めて正式に顔を合わせ、結婚の意志を固める。新郎新婦が結婚の誓いを立て、親戚や友人と一緒にその喜びを祝う。
参加者両家の家族や親戚。親戚や友人、同僚など、多くの人が参加することが多い。
場所新婦の家やホテルの個室など、静かな場所。結婚式場やホテル、神社や教会など、さまざま。
内容結納品の交換や、食事をしながら親睦を深める。挙式や披露宴を行い、新郎新婦の結婚を祝う。

結納は家同士がつながるための儀式、結婚式は婚姻することを周囲に報告するための儀式です。結納と結婚式の違いを理解することで、それぞれの意味や大切さを感じることができるでしょう。

結納における家族の役割とは

結納に参加する家族の役割はたいへん大切です。特に新郎新婦の親御さんは、その役割が重要とされています。

  • 新郎新婦: 主役として、結納の流れを進める役割があります。また、それぞれの家族を紹介し、お互いの家族との橋渡しをするのも二人の役割です。
  • : 両家の代表として、結納品の交換やあいさつを行います。また、新郎新婦を支え、結納の雰囲気を和やかに進める役割もあります。
  • 兄弟姉妹: 新郎新婦をサポートし、結納の雰囲気を盛り上げる役割があります。特に、同じ年代の兄弟姉妹がいる場合は、結納の場を楽しくする役割が期待されます。

結納は、結婚を前にお互いの家族が顔を合わせる大切な機会です。その中で、家族の役割をしっかりと理解し、両家の関係を深めることが大切です。

以上、結納に関するさまざまな知識を解説しました。これらのポイントを参考にして、結納をスムーズに行えるようにしましょう。

結婚式でも結納でも、新婦さまやお母さまとご一緒にレンタルなされば、ずいぶんとお得になります。どうぞご覧くださいね。

\最高の一日に最高の着物を。豊富な品揃えから運命の一着が必ず見つかる!/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

まとめ

結納は、結婚を前に行う大切な行事として、日本の文化に深く根付いています。新郎と新婦、そして両家の家族が集まり、お互いの絆を確かめ合う重要な機会です。最後に、結納における兄弟姉妹の役割の大切さや、結納の準備と心構えについて深く掘り下げてみましょう。

結納での兄弟の役割の大切さ

兄弟姉妹、特に兄や姉は、結納において一層重要な役割を持っています。結納は、新郎と新婦が主役であり、両家の家族が参加して、お互いの結納品を交換する儀式ですが、兄弟姉妹もこの場において大切な役割を果たします。

  • 場の雰囲気作り: 結納は緊張する場面も多く、その緊張を和らげるのが兄弟姉妹の役割です。特に同じ年代の兄弟姉妹が参加することで、場の雰囲気が和やかになります。
  • お互いの家族との橋渡し: 兄弟姉妹は、新郎新婦とは異なる視点から、お互いの家族との関係を築くことができます。また、話の流れや会話の中で、新郎新婦が気付かないポイントを拾い上げ、良い雰囲気を作るサポートを行います。

結納に兄弟姉妹が参加することで、両家の絆がより深まることは言うまでもありません。また、結納の後の食事や会話により、家族同士の親睦がより深まるきっかけとなるでしょう。

結納の準備と心構えについて

結納を迎える前に、しっかりとした準備と心構えが必要です。結納は、結婚の大切なステップの一つであり、その意味や重要性を理解して、心からの感謝の気持ちを込めて行いましょう。

準備に関するポイント

服装の選び方: 結納は正式な行事ですので、服装もそれに見合ったものを選ぶのがマナーです。一般的には、男性はスーツ、女性はきちんとしたワンピースやドレスを選ぶことが多いです。

結納品の用意: 結納品は、結納の際に新郎側から新婦側へと渡されるものです。その内容は、家の考え方やしきたり、地域による違いがありますので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

会場の選び方: 結納は、一般的に新婦の家で行われますが、最近ではホテルの個室や結婚式場でも行われることが増えています。場所の選び方は、参加する家族の人数や都合、費用などを考慮して決めることが大切です。

心構えに関するポイント

感謝の気持ちを忘れずに: 結納は、新郎新婦が結婚する意志を固め、その旨を両家に伝える大切な儀式です。この日のために、家族が集まり、多くの準備をしてくれています。そのことを忘れずに、感謝の気持ちを持つことが大切です。

結納を迎える際は、しっかりとした準備と心構えが求められます。結納は、新郎新婦の未来を祝福するとともに、両家が一つの家族となる大切な一歩となります。その大切な一歩を踏み出す前に、これらのポイントを参考にして、最良の結納を迎える準備をなさってくださいね。

\TPOに合わせた理想の訪問着が必ず見つかる!豊富な品揃えと安心のサポートで特別な日を/

ゆめや公式LINEはこちら
ゆめや公式無料お問い合わせフォームはこちら

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

結納イメージ

【プロが監修】結納・顔合わせ食事会で好印象!カジュアルな服装選び

結納は、伝統的な婚約の儀式であり、両家が顔合わせをする結婚のプロセスにおける一大イベントです。金品のやり取りが伴う儀式のため、結婚式よりもフォーマルな場であるとも言われます。女性にとっては、その日はどんな服装をすればいい […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!