着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

婚礼前撮りイメージ

フォトウェディングを安く済ませる方法! 費用節約のためのアイデア

はじめに

幸せいっぱいのプレ花嫁のみなさん、大切な結婚式に向けての準備は順調でしょうか。結婚式といえば、もちろん挙式や披露宴も大切ですが、その中でも「フォトウェディング」が今、多くのカップルの人気を集めています。フォトウェディングを上手に活用すれば、結婚の大切な記念をすてきな写真として残すことができるからです。

そこで、気になるのはその費用ではないでしょうか。まずは、具体的にフォトウェディングの魅力とは何なのか、なぜ「安く済ませる」ことが求められるのか、この二つのポイントに焦点を当ててお伝えしていきたいと思います。

フォトウェディングの魅力とは

フォトウェディングとは、主に結婚式を行わないカップルがウェディングドレスや和装、洋装を着て、カメラマンに撮影してもらうことを指します。その魅力を以下に紹介します。

  • 一生の思い出を写真に残せる: 結婚式は一生に一度の大切なイベント。その特別な時を、高品質の写真として残すことができます。
  • 自分たちのペースで撮影が可能: 挙式や披露宴中の撮影は、時間の制約があることがほとんどです。ですが、フォトウェディングなら、自分たちのペースでゆっくりと撮影ができます。
  • さまざまなロケーションでの撮影が楽しめる: スタジオだけでなく、自然の中や街中、好きな場所での撮影が可能です。季節や天候によっても雰囲気が変わりますので、二人にふさわしい背景を選ぶことができます。

こうした魅力を十分に享受するためには、料金やオプションに関する知識が必要です。

なぜ「安く済ませる」ことが求められるのか

フォトウェディングはとても魅力的ですが、正直、予算が気になるところ。特に以下のような理由から、料金をできるだけ抑えたいと考えるカップルは多いでしょう。

  • 結婚式にかかる費用がかさむ: ウェディングドレスや挙式、披露宴の料金、その他の小物やオプションなど、結婚にはさまざまな費用がかかります。そうした中で、フォトウェディングの費用をなるべく節約したいと考えるのは自然なことです。
  • 多くのオプションから選びたい: フォトウェディングにはさまざまなオプションがあります。ヘアメイクや衣装の変更、撮影場所の移動など、希望するオプションを追加すると、予想以上に料金がかさんでしまいます。
  • 納品の形式による価格の違い: 写真のデータ形式や納品の仕方、カット数などによっても価格は異なります。これらをしっかりと確認し、自分たちの希望や予算に合わせて選ぶことが大切です。

フォトウェディングの基礎知識

新しい人生の扉を開く結婚。そんな大切な節目の日を、すてきな写真で残したいと考える花嫁は多いのではないでしょうか。ウェディングドレスや和装をまとい、キラキラと輝く瞬間をキャッチするフォトウェディングについて、基本的な知識を紹介します。

フォトウェディングとは

フォトウェディングとは先述のとおり、ウェディングドレスや和装を身にまとってカメラマンによる写真撮影を行うことです。結婚式の代わりとして婚礼衣装での撮影を行うだけでなく、前撮りや後撮りとして結婚式とは別の日にスタジオや好きな場所で撮影を行うのも一般的です。

  • 前撮り: 結婚式の前に行う撮影。式の忙しさから解放され、ゆったりと撮影を楽しめます。
  • 後撮り: 結婚式の後に行う撮影。挙式や披露宴の疲れを忘れ、再び花嫁の気分を味わえます。

このような撮影を選ぶメリットはいくつかありますが、一番の魅力は、自分たちのペースで、さまざまなロケーションや衣装で、思い出深い写真を残せることです。

フォトウェディングと結婚式の写真撮影の違い

結婚式中に行う写真撮影とフォトウェディングには、大きな違いがあります。

  • 時間の制約: 結婚式の撮影は、時間の制約がかなりあります。ですが、フォトウェディングは比較的自由に、時間にも余裕を持って撮影を行うことが可能です。
  • 撮影場所: 結婚式場内での撮影が主となるのが、結婚式当日の写真です。それに対して、フォトウェディングはロケーション撮影を選ぶことが多く、好きな場所での撮影が楽しめます。
  • 衣装の変更: フォトウェディングでは、何度も衣装を変えることができるので、和装や洋装、さまざまな衣装を楽しむことができます。
項目結婚式の写真撮影フォトウェディング
時間制約あり比較的自由
場所式場内好きな場所
衣装限られる多様性が楽しめる

一般的なフォトウェディングの流れ

では、フォトウェディングの際は、どのような流れで進められるのでしょうか。一般的な流れをご紹介します。

  1. 打ち合わせ: カメラマンやスタジオのスタッフと、どのような撮影を希望するのか、イメージや要望をしっかりと伝えることが重要です。
  2. 衣装選び: 自分の体型や好み、撮影する場所に合わせて、和装やドレスなど最適な衣装を選ぶのがポイントです。
  3. 撮影当日: 打ち合わせをもとにヘアメイクや着付けを行った後に、撮影を開始します。ロケーション撮影の場合は、移動も含まれます。
  4. データの確認: 撮影した写真の中から、お気に入りのカットを選びます。
  5. 納品: 選んだ写真をもとに、アルバムやデータとして受け取ります。

この流れの中で、特に気を付けたいのは打ち合わせです。しっかりと自分の希望を伝え、満足のいく撮影をするための準備をすることが大切です。

これらの情報を頭に入れて、自分たちにふさわしいフォトウェディングを楽しんでくださいね。

さて、今回の記事では、一般的なウエディングフォトについて解説してまいりますが、すでにある程度の知識を持って、この記事を読まれている方もいらっしゃるでしょう。ちょっと先走りにはなりますが、アンティークきものレンタル ゆめや の「婚礼ロケーション撮影プラン」をご紹介しておきますね。

着物を選んでいただくだけで、小物のコーディネートも、撮影場所の手配も、全てゆめやにおまかせいただいてOK! 新郎新婦の衣装・小物・着付け・ヘアメイク・プロカメラマンによる撮影・撮影データがセットになったプランです。

次の章では、なるべくお金をかけずにフォトウェディングを楽しむための方法をご紹介します。

安く抑えるための撮影方法とアイデア

スタジオ撮影とロケーション撮影、どちらがお得?

フォトウェディングを計画する際に、最初に考えるのが撮影場所です。スタジオ撮影ロケーション撮影、それぞれにメリットとデメリットが存在します。どちらを選ぶかは、お二人の希望や予算によって大きく変わります。

スタジオ撮影のメリット

  • 料金: スタジオ撮影は料金が明確で、多くの場合一定です。
  • 天候に左右されない: スタジオ内での撮影なので、雨や風に悩まされることがありません。
  • 必要な設備が整っている: メイクルームや更衣室、多くの背景オプションなど、撮影に必要なものが揃っています。

ロケーション撮影のメリット

  • 独自性: お二人だけのオリジナルな雰囲気を演出することができます。
  • 自然光: 外での撮影は、自然光の下で行われるため、写真に自然な仕上がりが期待できます。
  • 多彩な背景: 一つの場所だけでなく、移動しながらさまざまな背景で撮影ができます。

ロケーション撮影は天候の変更や移動時間などが発生するため、料金が変動しやすく、準備が必要な点がデメリットとして考えられます。スタジオの方が一定料金での撮影が可能である一方、ロケーション撮影は個性的な写真を求めるカップルにおすすめです。

平日やオフシーズンを利用する

平日やオフシーズンに撮影を行うことで、料金を安く抑えることができます。特に結婚式場やロケーション撮影の場所は、土日や祝日には予約が込み合っていることが多いです。そのため、平日に撮影を行うことで、割引や特典がつくこともあります。

オフシーズンとは、特定の季節やイベントなどに結びつかない時期を指します。この期間は一般的に需要が少なくなるため、料金が安くなる傾向があります。例えば、冬はウェディングシーズンから外れることが多いため、この時期に撮影を行うと費用を抑えることができるかもしれません。

フリーランスのカメラマンやフォトグラファーを利用する

大手のスタジオや結婚式場に依頼するのではなく、フリーランスのカメラマンやフォトグラファーに撮影を依頼することで、料金を安く抑えることが可能です。フリーランスのプロは、大手に比べて運営費や人件費が少なく、その分、料金を抑えることができます。

ただし、フリーランスを選ぶ際は、事前の打ち合わせや作品の確認が大切です。自分たちのイメージや希望をしっかりと伝え、撮影の流れや内容をしっかりと示し合わせていくことが大切です。

自分たちの私服を使用する方法

フォトウェディングで高額になりやすいのが衣装のレンタル料です。ドレスや和装など、専門的な衣装は、レンタル料が高くなりがちです。そのため、自分たちの私服や、手持ちの衣装を使用することで、費用を抑えることができます。

もちろん、結婚式という特別な日の記念には、特別な衣装を選びたいという気持ちも分かります。ですが、私服を選ぶことで、より日常的で自然な雰囲気の写真を残すことができます。撮影場所やテーマを自由に選ぶことができるのもメリットの一つです。

フォトウェディングは一生の思い出に残るものです。予算を考えつつ自分たちの満足する形で撮影を行って、大切な記念の一枚を残しましょう。

費用を節約するための予約・準備のポイント

フォトウェディングは、結婚の大切な思い出を形にするためのものです。ですが、その費用は予算を圧迫することも少なくありません。そこで、節約しながらもすてきなフォトウェディングを実現できる、賢い予約と準備の方法についてお伝えします。

予約の際の注意点

撮影を行うスタジオやカメラマン、場所の予約は、フォトウェディングの成功の鍵となります。以下、予約の際に気を付けたいポイントをまとめました。

  • 期日確認: 予約日が土日や祝日であれば料金が高くなることがあります。平日を選ぶことで、少しでも安く済ませることが可能です。
  • オプション料金の確認: 基本の撮影料金の他に、ヘアメイクや衣装、ロケーション移動などのオプション料金がかかることがあります。明確に何が含まれているのかを確認しましょう。
  • キャンセルポリシー: 天候や体調不良などの理由でキャンセルする場合の料金を事前に確認しておくことは大切です。

複数のスタジオやカメラマンと比較して厳選する

フォトウェディングの料金は、スタジオやカメラマン、撮影の場所によって異なります。可能であれば複数のスタジオを比較して、お得な撮影を実現しましょう。

スタジオの比較(一例)

項目スタジオAスタジオBスタジオC
基本料金10万円12万円8万円
衣装レンタルあり持ち込み可持ち込みのみ
ヘアメイクありなしあり
データ数50カット70カット40カット

上記はあくまでも一つの例ですが、このようにスタジオごとの料金や提供内容を一覧で比較することで、どれが一番自分たちの希望や予算に合っているのかを見極めることができます。

撮影の曜日や、選ぶ衣装によって価格が変わる店舗が多い中で、ゆめやの婚礼ロケーション撮影プランは一定料金です。いつ撮っても、何を着ても、同じ価格なのは安心ですよね。ゆめやのプランには、衣装・着付け・ヘアメイク・介添え・撮影・撮影データが含まれます。お渡しする画像データはなんと200カット以上! アルバムにしてご両親にプレゼントしたり、パネルにして披露宴会場に飾ったり、ご挨拶状や年賀状に使ったり、さまざまに活用していただけます。気になる料金を他店さまと比較してみましょう。

準備するものと事前に確認しておくべきこと

当日のフォトウェディングをスムーズに進めるためには、事前の準備が必要です。また、確認しておくべき点もあります。

準備するもの

  • 衣装: レンタルする場合は、事前にサイズやデザインを確認しておきましょう。持ち込む場合は、クリーニングやリペアを行うことを忘れないようにしましょう。
  • 小物: 髪飾りやアクセサリー、ブーケなど、写真に映る小物も準備しておきましょう。
  • メイク道具: スタジオやカメラマンによってはヘアメイクがついていない場合があります。自分でメイクをする場合は、必要な道具や化粧品を忘れずに持参しましょう。

事前に確認しておくべきこと

  • 撮影場所の確認: ロケーション撮影の場合は、当日の移動ルートや駐車場の確認をしておきましょう。
  • 撮影の流れ: スタジオやカメラマンと事前に打ち合わせを行い、撮影の流れや希望するポーズなどを確認しておくとスムーズに進みます。

フォトウェディングのポーズや撮り方のコツ

花嫁として、フォトウェディングの撮影は結婚の大切な思い出として後悔しない写真を残したいものです。そこで、撮影時のポーズや撮り方のコツを紹介します。コツをつかむことで、より満足度の高い写真を撮ることができるでしょう。

基本的なポーズのコツ

他の方の写真を見ていて、花嫁やカップルが決まったポーズをとることが多いのに気付いたことはありませんか? これは、一般的に知られる美しいポーズやアングルが存在するからです。

ここでは、基本的なポーズのコツをいくつか紹介します。

  • 顔の角度: 顔を真正面に向けるよりも、少し左や右に傾けることで、より自然で柔らかい雰囲気を出すことができます。
  • 手の位置: 手を自然に体の側に下ろすのではなく、ドレスのスカート部分を少し持ち上げたり、花嫁が髪をかきあげるポーズは、手元の美しさを強調します。
  • 足の位置: 片足を一歩前に出すことで、スタイルが良く見えるだけでなく、動きのある写真になります。
  • 目線: カメラを直接見るのではなく、少し上や下、または遠くを見つめることで、夢見るような雰囲気を出すことができます。

フォトウェディングの撮影では、持ち込みの衣装や小道具を使えるケースが多くあります。ですが、これらを持ち込む際にはいくつかの注意点があります。

  • 衣装: 持ち込むドレスや和装は、事前にしっかりとクリーニングを行い、撮影当日はきれいな状態で持参しましょう。また、衣装の着付けに時間がかかる場合は、十分な時間を確保することが大切です。
  • 小道具: 手作りの小物やアクセサリーなど、自分たちらしい小道具を持ち込むことで、よりオリジナルな写真を残すことができます。ですが、小物を大量に持ち込む場合は、事前にスタジオやカメラマンに確認し、許可を取ることが必要です。
  • 持ち込み料: 一部のスタジオやロケーションでは、持ち込みに料金がかかることがあります。事前に料金や持ち込みのルールを確認しておくことで、後でトラブルになることを避けられます。

撮影は一生の思い出となる大切な時間です。上記のポイントを参考に、自分たちらしい最高のフォトウェディングを実現しましょう。

費用の内訳と安く抑えるための方法

フォトウェディングを考えるカップルは増えていますが、どうしても予算のことが気になりますよね。安く、そして満足のいくフォトウェディングを実現するための方法をご紹介いたします。

一般的なフォトウェディングの費用の内訳

フォトウェディングの費用は、以下のような項目で構成されています。

  • 撮影料: カメラマンやスタジオの料金。
  • 衣装レンタル: 和装や洋装のドレス、小物など。
  • ヘアメイク: 美容師の料金。
  • データ: 写真のデータ化やアルバム作成の料金。
  • ロケーション撮影料: オプションとして場所を選ぶ際の料金。
  • 移動費: ロケーション撮影の場合は、移動の費用。

これらの内訳を見ると、撮影料や衣装レンタルが主な費用となります。特に、洋装や和装の選び方や、どれだけのカットを撮影するかによって料金が異なるので注意が必要です。

また、平日と土日祝日では料金が異なることもあります。平日は少し安い場合が多いので、日程が柔軟な方は平日を選ぶとよいでしょう。

結婚式場やスタジオでの特典を利用する

結婚式場やスタジオには、フォトウェディングを利用するカップル向けの特典がある場合が多いです。例えば、結婚式場で挙式や披露宴を行った場合は、写真撮影の割引が受けられるという特典があります。

その他、スタジオやフォトグラファーが提供するキャンペーンやセットプランを利用するのも一つの方法です。期間限定のキャンペーンや、衣装とヘアメイクがセットになったプランなど、多種多様に提供されています。

もちろん、利用するサービスや特典にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、自分たちの希望や予算に合わせて選びましょう。

出張撮影の際の節約方法

ロケーション撮影を選ぶ場合は、場所によっては料金の高い出張撮影になるケースがあります。自然の中や思い出の場所での撮影は、特別な雰囲気を残すことができます。

出張撮影の際に費用を節約する方法として、以下のポイントが挙げられます。

  • 移動費の節約: スタジオから距離の近い撮影スポットを選ぶことで、タクシーなどに乗車する際の移動費を節約することができます。
  • 持ち込み小物: アクセサリーや小物を自分たちで用意することで、レンタル料を抑えることができます。
  • 時期を選ぶ: 冬の寒い時期や雨の多い時期など、季節や天候によってはロケーション撮影の料金が少し安くなることもあります。

フォトウェディングは一生の思い出となる大切なもの。予算内で満足のいく撮影を行うために、しっかりと打ち合わせを行い、自分たちの希望を伝えることが大切です。最高の1日、そして最高の一枚が撮影できることを心より願っています。

まとめ

ウェディング撮影が心に残るものとなることを願って、フォトウェディングの準備や節約ポイントを再確認しましょう。

フォトウェディングを安く済ませるためのポイントを再確認

  • 平日の利用: 土日や祝日は料金が高くなることが多いので、平日を選ぶことでコストを抑えることができます。
  • ロケーションの選び方: 人気の場所や遠方のロケーションは移動費やロケーション料がかかることもあります。近場の美しい場所を選び、移動時間を節約しましょう。
  • 持ち込みオプション: 衣装や小物を自分たちで用意することで、レンタル料を節約できます。ただし、持ち込み料が発生する場合もあるので、事前に確認が必要です。
  • パッケージの比較: 結婚式場やスタジオでは、多くのフォトパッケージが提供されています。希望する内容が含まれているものを選び、不要なオプションは削ることで予算内に収めるようにしましょう。
  • オフシーズンを利用: 冬などオフシーズンに撮影することで、特別料金やキャンペーンを利用できる可能性があります。
  • 打ち合わせをしっかり行う: 打ち合わせの際に、予算や希望をしっかり伝えることで、後から追加料金が発生することを避けられます。

これらのポイントを心がけることで、フォトウェディングをよりお得に、そして満足度の高いものにすることができます。

節約しつつも満足感を得るための最後のアドバイス

節約は大切ですが、それだけにとらわれず、二人の思い出作りとしてフォトウェディングを楽しむことも重要です。

  • 自分たちのスタイルを大切に: 他のカップルや流行にとらわれず、自分たちの好きなスタイルやテーマで撮影を行いましょう。一生の思い出となる写真ですから、二人らしいものを残すことが何よりも大切です。
  • カメラマンとのコミュニケーション: カメラマンとの打ち合わせやコミュニケーションをしっかりと行うことで、理想の写真を残すことができます。カメラマンも二人の要望をかなえるための撮影の専門家です。信頼し、一緒に最高の一枚を作り上げましょう。
  • 写真のデータを活用: 確認した写真データを使って、アルバムを作ったり、家族や友人と共有することで、節約しつつも最大限に活用することができます。

最後に、節約は大切ですが、予算の中で最も価値のある選択をすることが重要です。価格だけでなく、サービスの質や内容、そして自分たちの希望や夢をかなえるための選択を大切にしましょう。

以上、フォトウェディングを安く済ませつつ、最高の思い出を作るためのポイントとアドバイスをお伝えしました。小さな節約でも、それが二人の大切な一日をよりすてきなものにする手助けとなることでしょう。

結婚式&披露宴の本番の衣装も、ゆめやにお任せください ↓↓↓

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

江戸友禅に手刺繍の南蛮船、大彦製五つ紋付黒振袖【tom44】

【プロ監修】母親が結婚式で着用する黒留袖、着こなし術と帯の選び方

はじめに 大切に育み、慈しんで育てた愛する我が子。成長し「生涯の伴侶をみつけた」との報告は何よりも嬉しく、子育てが報われた瞬間ですね。お子さまの晴れ舞台である結婚式は、家族にとって特別な儀式です。神聖で晴れやかな結婚式、 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!