振袖ポーズの選び方 | 成人式で最高の写真を!【着物のプロが監修】

振袖ポーズの選び方 | 成人式で最高の写真を!【着物のプロが監修】

はじめに

成人式と振袖の重要性

日本の文化の中でも特に重要な場面の一つに、成人式があります。成人式は、20歳になった若者が大人としての責任と義務を認識し、新たな一歩を踏み出す大切な節目となります。成人式は多くの新成人が参加し、友人や家族とともに祝い、一生の思い出を作る大切な瞬間です。成人式という華やかな舞台で着るのが、「振袖」と呼ばれる中振袖の着物です。

振袖は名前のとおり「振り袖」、つまり「袖を振る」という意味からきています。長い袖が特徴で、華やかな柄や色彩が若さや新たな人生の門出の象徴です。成人式以外にも卒業式や披露宴など、特別な場で着られています。

振袖の魅力は豊かな色彩と細やかな柄、そして晴れ着をまとったときの自分自身の変化です。着物に合う帯や小物をコーディネートをすると一層魅力を引き立ててくれます。また、振袖を着るということは、自分自身を最高に美しく見せることも意味します。振袖に合わせてヘアスタイルやメイク、ネイルなども考慮し、着物単体ではなく全体のコーディネートが重要となります。

振袖を着る際の大切なポイントは着こなし方と、写真撮影時のポーズです。良いポーズで撮影すると自分の魅力を一層引き立て、写真映えします。また、振袖の着こなしはその日の印象を大きく左右します。この記事では、振袖を美しく着こなし、最高の写真を撮るためのポーズを紹介していきます。

この記事の目的と活用方法

この記事の目的は、振袖を着用し、成人式などの特別な日に最高の写真を残すためのポーズの紹介です。この記事で紹介するポーズやコーディネートは、プロのカメラマンやスタイリストからのアドバイスを元にしたもので、どんな方でも簡単にマネできるものばかりです。

前撮りから当日までの撮影プランや振袖の選び方、最適なポーズの取り方までを詳しく説明します。着付けのポイントや撮影スタジオの予約方法、振袖レンタルの選び方なども紹介します。最高の一枚を残すためにはどのようにカメラマンとコミュニケーションを取るべきか、撮影中の表情や動きのコツなど、具体的なアドバイスも紹介します。

振袖を着用する際のポーズは、着物姿の魅力を最大限に引き立てる大切な要素となります。どのようなポーズが自分に合っているのか、どのようなポーズが一般的に推奨されるのかといった情報をしっかりと把握しておきましょう。

この記事を読んでいただくと成人式や卒業式、その他の特別な場面で振袖を着用する際に、より自信を持ってその瞬間を楽しめるようになります。それでは、一緒に最高の一枚を残すための旅を始めましょう。

振袖撮影の基本

振袖での写真撮影の流れ

成人式や卒業式など、振袖を着る大切な日には華やかな姿をぜひ写真に残しましょう。振袖での写真撮影の基本的な流れについて紹介します。

最初は、振袖の選び方です。好みの色や柄、そして自分の魅力を最大限に引き立ててくれるデザインを選びましょう。レンタルを利用する場合は、多くの店で豊富な種類の振袖を揃えているのでじっくりと選んでください。帯や小物、ショールなども合わせて選ぶと、全体のコーディネートが一層引き立ちます。

次は、振袖の着付けです。着付けは振袖専門店や美容院などでプロに頼むことができます。振袖レンタルを利用する場合は、着付けを含むプランが多く用意されています。着付けをプロに任せると着崩れすることなく一日を過ごせます。

振袖を着る際にはヘアスタイルやメイク、ネイルも忘れないでください。髪型は自分の顔立ちや振袖のデザインに合わせて選びましょう。メイクは自然で上品に、ネイルは振袖の色やデザインに合わせて選ぶと、一層華やかな印象になります。

そして、いよいよ撮影です。撮影はプロのカメラマンに依頼する、自分自身や家族が撮る、友人が撮るなどの選択肢があります。プロに依頼する場合は、事前の予約が必要です。撮影当日は、自分が一番美しく見えるポーズをとり、自然な笑顔を絶やさないように心掛けましょう。

プロに任せるか、自分で撮るか?

振袖姿の写真撮影をプロに任せるか、素人が撮るかは、目的や予算、スキルによって異なります。プロに任せる場合の最大のメリットは技術力と経験です。プロのカメラマンはあなたの魅力を最大限に引き立て、一生の思い出に残る写真の撮影をすることが可能です。

プロにお願いすると、撮影の流れをスムーズに進められます。特に、成人式の当日は、時間が限られているため撮影はプロに任せると余裕をもって一日を過ごせるでしょう。プロのカメラマンは、自然な笑顔や最適なポーズを引き出すためのアドバイスをくれるので、自信を持って撮影に挑めます。

一方、素人が撮る場合は自由度の高さがメリットです。自分の好きな場所や時間で撮影ができ、自分のイメージどおりの写真を撮ることができます。予算の削減も可能です。

ですが、素人が撮る場合は、振袖の美しさを最大限に引き立てる写真を撮るためのテクニックや知識が必要となり、事前の準備や練習が必要となります。ポーズや表情を自分で調整しなければならないため、難しいと感じる方は、プロにによる撮影を検討してみてください。

撮影スタジオとロケーション撮影のメリット

撮影場所として考えられるのは、撮影スタジオとロケーション撮影(出張撮影)の二つです。

最初に撮影スタジオのメリットについて見てみましょう。撮影スタジオでは、プロのカメラマンがさまざまな角度から美しい着物姿を撮影します。照明や背景などもプロがセッティングするため、最適な状態で撮影が可能です。スタジオには多くの道具や装飾が揃っているため、多種多様な雰囲気の写真を撮影できます。

一方、ロケーション撮影のメリットは、自分の好きな場所で撮影が可能という点です。お気に入りの場所や思い出の場所で撮影すると、より思い入れの深い一枚になるでしょう。自然の光を活かした撮影は、スタジオでは得られない自然体の表情や雰囲気を引き出してくれます。

ロケーション撮影は、公園や観光地、自宅など自分が選んだ場所で行えます。大切な家族や友人との撮影も可能なので、一緒に過ごす楽しい時間を写真に残せるでしょう。自分自身が好きな場所でリラックスして撮影ができるため、自然な笑顔やポーズが可能です。

ただし、ロケーション撮影を行う場合は、事前に撮影場所の許可を得なければならない場合があります。天候に左右されるため、予備の日程の設定も大切です。プロのカメラマンに依頼する場合は、出張費用が発生する可能性がありますので、予算内に収まるよう事前に確認しましょう。

撮影スタジオとロケーション撮影には、それぞれに異なる魅力があります。希望する写真、撮影環境、予算などを考慮して、最適な撮影方法を選びましょう。

いずれの方法を選んでも、大切なのは自身が満足できる一枚を撮ることです。そのためには、事前の準備や打ち合わせが欠かせません。プロのカメラマンに依頼する場合は、事前に撮影の流れや希望する写真のイメージをしっかりと伝え、一緒に計画を立てていきましょう。

ここまで、振袖撮影の基本について解説しました。自分自身の着物姿が最高に美しい一枚を残すための参考にしていただければ幸いです。

ゆめやでは、成人式が開催される1月以外の、2月~12月に東京都内で前撮りができる「ロケーション撮影プラン」と、全国どこでもご利用いただける「成人式前撮りプラン」をご用意しています。ロケーション撮影プランでは、着物と小物一式はもちろん、カメラマン・着付け・ヘアセットなど、撮影に必要な準備や手配は全てゆめやが対応させていただきます。ご安心ください。

振袖のポーズの選び方

成人式の振袖写真は一生に一度の大切な記念です。写真撮影の際にはポーズ選びも重要な要素となります。このセクションでは、人気のポーズとそのポイント、自分の個性を活かしたポーズの選び方、基本的なポージングのコツについて紹介します。

人気のポーズとそのポイント

始めに、振袖の写真撮影でよく見られる人気のポーズをいくつか紹介します。

美しい後ろ姿:振袖は色や柄だけでなく、豪華な帯結びや袖など、後ろ姿も魅力的です。後ろを向いたポーズは、振袖の魅力を引き立てつつ、少し恥ずかしげな雰囲気を演出できます。カメラマンに背中を向け、振り返りざまの笑顔を撮影するのもおすすめです。

上品な座り姿:床に座り、手元に扇子を持ったポーズは、和装の落ち着いた雰囲気を演出します。正面だけでなく少し角度をつけると、体のラインを美しく見せられます。

顔のアップ:振袖姿の顔アップは、ヘアスタイルやメイク、小物選びのセンスを見せるのに最適なポーズです。特に目元や口元をアップで撮影すると、表情が際立ちます。

上記のポーズはどれも定番で、失敗が少ないポーズです。写真撮影で硬くならず自然な笑顔を心掛け、自分の体型や振袖の特徴に合ったポーズ選びがポイントです。

自分の個性を活かしたポーズの選び方

次に、自分の個性を活かしたポーズの選び方について紹介します。ポーズ選びは、自分らしさを表現する絶好の機会です。自分の好きなことや個性を生かして、オリジナルのポーズを考えてみましょう。

たとえば、スポーツが好きな人は、そのスポーツで使う道具をアクセサリーとして取り入れ、それに合わせた動きをすると個性的になります。おしゃれが好きな人は、最新のヘアスタイルやネイル、小物をコーディネートし、それを引き立てるポーズを考えてみましょう。

自分が持つ特徴も活かせます。たとえば、長い脚を活かして立ち姿を撮影したり、大きな瞳をアップで撮影したりと、自分の長所を引き立てるポーズを選びましょう。

基本的なポージングのコツ

では、基本的なポージングのコツについて説明します。

自然な笑顔:ポージングが完璧でも、笑顔が硬かったり不自然だったりすると全体の印象が下がってしまいます。普段から鏡の前で笑顔の練習をするなど、自然な笑顔を心がけましょう。

手の位置:手の位置も重要なポイントです。手や腕の位置によっては体のラインを美しく見せられ、手元に小物を持つと手がぎこちなくなるのを防げます。

姿勢:背筋を伸ばして、自信を持って振袖を着ましょう。姿勢が良いと全体的に美しいシルエットになります。

自然な動き:ポーズを決めすぎると硬く見えてしまいます。リラックスして、自然な動きを心掛けましょう。

振袖のポーズ選びは、自分の個性を引き立てるためにとても重要な要素です。自分らしさを大切にしながら、これまでのポイントを参考に素敵な一枚を撮影しましょう。

100年の時を越えてゆめやにたどり着いたゆめやのアンティーク振袖なら、自然と背筋が伸びますし、ポーズも優雅になりますよ。手刺繍の補修、裏地の張り替え、金泥・銀泥細工の補修など、ゆめやの職人が手を尽くせるだけ尽くして蘇らせ、皆さまのもとにお届けしています。

菜の花色に花菱立涌、鳳凰孔雀の振袖」は、菱紋様を背景に、肩には孔雀、裾には鶴と対峙する牡丹唐草獅子、全体的には竹、梅、菊などが豪華にあしらわれた、五つ紋付の由緒正しいアンティーク振袖です。地色は菜の花色ですが、白で絵付けされた部分が多いので、今流行の白い振袖にも見えそうですね。

プロおすすめ!振袖ポーズカタログ

お待たせしました。プロフェッショナルな視点からおすすめの振袖ポーズを紹介します。これらのポーズは、プロのカメラマンによって撮影され、多くの成人式写真で活用されています。

ポーズカタログの活用方法

振袖のポーズカタログの活用方法の紹介です。ポーズカタログとは、さまざまなポーズが掲載された資料で、これを参考にすると自分に合ったポーズを見つけられます。

ポーズカタログは、写真館やレンタル店、ネット上でも閲覧ができます。ただ見るだけではなく、以下のように活用するとより効果的です。

自分の体型や振袖の柄、帯などに合ったポーズを選ぶ

自分の特徴や振袖の特徴に合わせて、ポーズを選ぶとより魅力的な写真になります。

複数のポーズを選び、バリエーションを持つ

同じポーズばかりでは写真が単調になります。いくつかのポーズを選び、撮影中に切り替えるとさまざまな表情や雰囲気の違う写真の撮影が可能です。

撮影前にポーズを練習する

鏡の前でポーズを練習しておくと撮影当日に自然な表情や姿勢で撮影できます。

PinterestとInstagramを参考にする

次に、SNSを活用したポーズの探し方を紹介します。特にPinterestとInstagramは、写真中心のSNSであり、振袖のポーズの参考になる写真が多く掲載されています。

Pinterestでは、「振袖 ポーズ」などのキーワードで検索するといろいろなポーズの写真を見ることができます。好みの写真を「保存」すると自分だけのポーズカタログの作成も可能です。

Instagramでも、同じように「#振袖ポーズ」などのハッシュタグで検索すると多くのポーズの写真を見ることができます。特にInstagramは、実際の成人式の写真が多く投稿されるため、リアルな雰囲気を感じられます。

これらのSNSを活用し、自分だけのオリジナルなポーズを見つけましょう。

撮影当日の注意点とチェックポイント

撮影当日は、振袖の着付けからポーズまで、細部にわたる準備が必要です。一生に一度の成人式の記念撮影を成功させるためのチェックポイントと注意点を紹介します。

メイクアップとアクセサリーのチェックポイント

メイクアップとアクセサリーは、振袖姿をさらに引き立て、華やかに見せるための重要なポイントです。以下に、メイクアップとアクセサリーのチェックポイントを紹介します。

メイクアップ:撮影は長時間にわたるため、崩れにくいメイクがおすすめです。振袖や帯の色、柄と合わせたメイクを心掛けましょう。たとえば、振袖が赤色なら、リップやチークはピンク系で統一すると柔らかい印象になります。撮影で表情が映えるように、目元やリップのメイクには特に気をつけましょう。

ネイル:ネイルも振袖の全体的なコーディネートに影響します。振袖や帯の色に合わせたネイルや、成人式らしい華やかなデザインがおすすめです。指先が映るポーズが多く、手元を美しく見せるためにもネイルケアは欠かせません。

アクセサリー:アクセサリーは、振袖の装いを一段と華やかに見せます。しかし、振袖自体が豪華なため、アクセサリーは控えめにするのがポイントです。振袖や帯、ヘアスタイルとのバランスを考えてアクセサリーをつけましょう。

以上のポイントを押さえながら、自分らしいメイクやアクセサリーを選んでください。

ポーズを美しく、可愛く見せるコツ

次に、ポーズを美しく、可愛く見せるコツを紹介します。写真撮影では、少しの角度やポーズの変化で大きく印象が変わるため、以下のポイントを参考にしてみてください。

小顔効果のあるポーズ:小顔効果として、顔を少し傾けたり、髪の毛で顔の一部を隠したりするポーズがあります。カメラから少し距離を置いて撮影すると、顔が小さく見える効果があります。

スッキリとしたシルエット:肩を落とし、背筋を伸ばすと、全体的にスッキリとした印象です。手や腕の位置にも注意しましょう。手を腰にあてる、袖を持つなど、腕を体から少し離すと全体的にスッキリとしたシルエットになります。

自然な笑顔:強張った表情ではなく、自然な笑顔を心掛けましょう。緊張してしまいがちですが、心から笑うと自然な笑顔が引き立ちます。

SNS映えする写真の撮り方とアップのタイミング

最後に、SNS映えする写真の撮り方と、そのアップのタイミングの紹介です。SNSに振袖姿の写真をアップすると遠くにいる友人や親戚にも自分の成人式の様子を伝えられます。

SNS映えする写真の撮り方:SNS映えする写真は、撮影のアングルやライティング、バックグラウンドが重要です。具体的には、自然光を活用した明るい写真、個性を出すための小物の活用、バックグラウンドに風景や花を入れるなどがポイントとなります。

アップのタイミング:写真をアップするタイミングも重要です。成人式当日に撮影した写真をその日のうちにアップすると、リアルタイムでその様子を共有できます。撮影後にゆっくり選んでからアップするのも良いでしょう。

以上が、撮影当日の注意点とチェックポイントです。一生に一度の成人式の撮影を、最高のものにするために、ぜひ参考にしてみてください。

振袖写真の予約と請求について

成人式に振袖を着るためには、撮影の予約と請求についての知識が必要です。ここでは、振袖写真の予約の流れとおすすめのタイミング、請求とコストパフォーマンス、その他のサービス(家族写真、前撮りなど)との組み合わせについて説明します。

予約の流れとおすすめのタイミング

振袖の予約は、早ければ前年の成人式直後から始まります。そのため、おすすめの予約タイミングは早めが基本です。早めに予約をすると自分の好きな振袖を選びやすくなり、撮影スケジュールも柔軟に調整が可能となります。

1. カタログやウェブサイトで振袖を探す:予約の第一歩は、振袖探しから始まります。各店舗のカタログやウェブサイトを利用して、自分が着たい振袖の色や柄、帯のデザインを選びましょう。

ゆめやの振袖をもう一つご紹介します。

ブルーやマゼンダの染め分けの本紋地に、手描き・手刺繍で花車の色振袖」は、本紋が大きく織り出された正絹地が、白・マゼンダ・ブルーに染め分けられ、花いっぱいの花車が帯から下を埋め尽くすように描かれています。人気の白地でもあり、大正ロマンの大きな花柄のアンティーク振袖でもあります。

2. 店舗で試着と予約:振袖を選んだら、次は店舗で実際の試着です。自分に似合う振袖を見つけたら、予約をします。このときに撮影日も決めます。

3. 撮影当日:予約日に振袖での撮影です。撮影は一日かけて行われる場合もあります。

4. 振袖の返却:撮影が終わったら店舗への振袖の返却です。ここで清算が行われる場合もあります。

請求とコスパについて

振袖のレンタルと撮影の請求は多くの場合は一括請求となります。振袖のレンタル料、撮影料、着付け料、メイクアップ料などが含まれた請求です。振袖のレンタルにかかる費用は、振袖のデザインや品質、店舗のサービス内容によって大きく変動します。

コストパフォーマンスを考える場合は、以下のポイントを参考にしてみてください。

レンタルと購入の比較:振袖をレンタルするか、購入するかで費用は大きく変わります。購入後の保管やメンテナンスも考慮に入れると、レンタルの方がコスパがいいことが多いでしょう。

サービス内容の確認:撮影に含まれるサービス内容の確認も重要です。たとえば、メイクアップやヘアセット、小物のレンタルが含まれているかなどを確認しましょう。

プランの選択:多くの店舗では、さまざまなプランが用意されています。成人式だけでなく卒業式など、他のイベントでも使用できる振袖を選ぶなど、プランによってはさらにコスパを高められます。

他のサービス(家族写真、前撮りなど)との組み合わせ

成人式の振袖撮影と一緒に、他のサービスの組み合わせも可能です。たとえば、家族写真や前撮りを一緒に予約するとさらに記念に残る写真を撮ることができます。

家族写真:成人式は家族にとっても一大イベントです。家族全員で写真を撮ると特別な記念となります。振袖を着た自分と、家族の笑顔が一緒に写る家族写真は、一生の宝物になるでしょう。

前撮り:成人式当日は友人との写真撮影やパーティーなどで忙しくなる場合も多いです。おすすめは前撮りの利用で、成人式当日の混雑を避けて、ゆったりとした時間の中で撮影を行うことができます。

卒業式やパーティーでの使用:一部のレンタル店では、振袖や袴を卒業式やパーティーでも着用できるプランを提供しています。このようなプランを利用すると一度のレンタルで複数のイベントの振袖の着用を楽しめます。

これらのサービスを組み合わせれば、自分だけの特別な成人式を演出することができます。多くの店舗では、複数のサービスを一緒に予約すると割引が適用される場合もあるため確認してみましょう。

以上が振袖写真の予約と請求の情報です。この記事を参考に最適な振袖レンタルと撮影を選んで、一生に一度の成人式をより特別なものにしましょう。

まとめ

振袖ポーズ選びの要点再確認

成人式に向けて、振袖を着る準備が進んできたところで再度、振袖ポーズ選びの要点を確認してみましょう。振袖のポーズ選びは、一生に一度の記念になるため、大切なポイントとなります。

振袖のポーズは自分の体型や特徴を最大限に活かすものを選びましょう。たとえば、小顔効果を狙うなら、少し伏し目がちにし、笑顔を作ります。手元や後ろ姿など、振袖特有の美しさを引き立てるポーズも忘れないようにしましょう。

次に、ポーズを決める際には、振袖や帯、小物など全体のコーディネートを考えます。振袖の色や柄に合わせて、最適なポーズを選ぶと一層華やかさや上品さが引き立つでしょう。

ポーズを決める際は、自分自身が自然体でいられるものを選ぶことが重要です。あまりにも不自然なポーズだと、写真からもその不自然さが伝わってしまう可能性があります。撮影当日は、自分自身が楽しめるようなポーズを選びましょう。

振袖撮影の楽しみ方と思い出作り

振袖撮影は、一生の思い出となる大切な時間です。楽しみながら思い出深い撮影をするためのポイントをお伝えします。

振袖を着る準備から撮影までの流れを楽しみましょう。振袖や帯、小物の選び方から、ヘアメイクやネイルの準備、そして撮影までの流れをしっかりと楽しむと成人式当日の思い出が一層深まります。

撮影のプラン選びも楽しみの一つです。前撮りや家族写真、卒業式などのイベントに合わせてプランを選べば、より豊かな思い出作りが可能になります。振袖のレンタル店や撮影スタジオの予約も早めに行うと自分の希望するスケジュールで撮影ができます。

最後に、撮影後の思い出作りも忘れてはいけません。撮影した写真は、SNSにアップするだけでなく、アルバム作りや部屋のデコレーションなどにも活用できます。撮影当日のエピソードや感じたままを日記に書くなどして、その日の思い出を形に残すのもおすすめです。

以上が、振袖撮影の楽しみ方と思い出作りのポイントです。成人式は一生に一度の大切な節目です。振袖選びからポーズ選び、撮影までの一連の流れを楽しみながら、自分だけの特別な一日を作り上げてくださいね。

ゆめや の成人式前撮りプラン

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

ベージュと茶色のまだら模様のショール【swl018】

【2024年最新】成人式用ファーショール単品レンタルの完全ガイド

はじめに 成人式は、若者にとって一生に一度の特別な節目です。この日、多くの方が着物や振袖を着用し、その装いをさらに美しく見せるために、ファーショールやアクセサリーを選ぶことが一般的です。 特にファーショールは、その豪華さ […]

ひとつ前の記事

成人式ロケーション撮影プラン3-2

【初心者向け】振袖で写真だけ?前撮り・撮影プランの選び方

はじめに:振袖写真の重要性と記事の概要 成人式を迎える皆さん、おめでとうございます。20歳という節目の年に、素敵な振袖を身に纏い、家族と共に記念撮影を行うことで、何よりも価値のある思い出を一生残すことができます。この記事 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!