婚礼イメージ・立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

【安心・格安】色打掛レンタルガイド | 結婚式で美しい和装を選ぶ

はじめに

日本の結婚式は、その格式と伝統的な美しさで知られています。特に和装での挙式は、日本の文化と伝統を色濃く感じさせる素晴らしいものです。この記事では、和装の中でも目を引く「色打掛」のレンタルについて、そして和装の重要性について詳しく解説していきます。

色打掛のレンタルについての基本知識

色打掛は、花嫁が結婚式で着用する、色鮮やかで装飾的な着物の一種です。特に披露宴やフォトウェディングなどで着用されることが多く、その華やかな柄や色で場の雰囲気を明るく彩るのが特徴です。

  • レンタル: 色打掛を購入するとなると高額になることが多いため、何度も使わないのであればレンタルする方が経済的な選択といえます。レンタルは用途に合わせて期間を選べますし、費用面でも買うのに比べてかなり抑えられます。
  • プランやキャンペーン: 色打掛のレンタルは、店舗やプランによって価格が異なります。格安でレンタルできるプランやキャンペーンを利用することで、大幅にコストを削減できる可能性があります。
  • 早めの予約: 人気の色打掛は早めに予約が埋まってしまうこともあります。予約はできるだけ早めに行い、詳しく条件や価格を確認できるようにしましょう。

色打掛は、花嫁の美しさをさらに引き立てる役割を果たします。またその鮮やかな柄や色は写真撮影においても大きな影響を与え、美しい記念写真を演出する大事な要素となります。

アンティークきものレンタルゆめやでは、大正から昭和にかけて作られたアンティークを中心に多彩な色打掛をご用意しています。アンティーク色打掛は、今では再現できない高度な染色技術や繊細な手仕事によって生み出された極上品です。白打掛から色打掛に掛け替えるだけで、装いの印象をガラリと変えていただけます。贅を尽くしたアンティーク色打掛で、特別感のある花嫁姿をご堪能ください。

結婚式での和装の重要性

日本の美と文化を象徴し、結婚式において重要な意味を持つ和装。格式や伝統を感じさせる日本の結婚式にあって、特に神社での挙式では和装がふさわしいとされています。

  • 和装の種類: 和装には、白無垢、色打掛、振袖、紋付袴などさまざまな種類があります。これらの衣装は結婚式のさまざまなシーンで着用されており、それぞれに持つ格式や意味合いが、結婚式をより一層特別なものにしてくれます。
  • 伝統の表現: 和装は日本の伝統や文化を表現するための重要な要素でもあり、神前式や仏前式などにおいては特に和装の美しさが調和します。
  • 小物のコーディネート: 和装には帯や足袋、扇子などの小物が伴いますが、これらの小物を揃えたコーディネートもまた、和装の魅力をさらに高めてくれます。特に豊富な色や柄のある色打掛においては、小物とのコーディネートによってさらに美しさを引き出すことができます。

左から白無垢、色打掛、引き振袖です。

和装は、結婚式において主役である花嫁や花婿の美しい姿を一段と輝かせてくれるものです。だからこそ、色打掛を含めた和装の選び方やコーディネートについてもしっかりとしたイメージや準備が求められるのです。

以上の基本的な情報をもとに、ここからは結婚式での和装選びや色打掛のレンタルについて、具体的に解説をしていきます。

色打掛の魅力と種類

日本の結婚式において、色打掛は花嫁の美しさを象徴する特別な衣装とされています。伝統的な意味合いを持ちつつも、現代でも多くの花嫁に愛される色打掛の魅力とは何なのでしょうか。どのような場面で利用されるのかという点も含めて掘り下げていきます。

色打掛の特徴と人気の色

色打掛は和装の中でも特に目を引く豪華な衣装で、その美しさと色彩が花嫁の幸せを象徴しています。まずは色打掛の主な特徴を挙げていきます。

  • 豊富な色と柄: 色打掛は色彩豊かで、赤や紫、黒といった伝統的な色から、ピンクや水色といった柔らかな色まで多くのバリエーションがあります。また、鶴亀や花、雲や流水といった吉祥の意味を持つ柄も施されています。
  • 豪華な装飾: 金銀の糸で描かれた柄や精緻な刺繍が施された装飾が色打掛の価値をさらに高め、花嫁をより美しく見せています。
  • 伝統的なデザイン: 色打掛は日本の伝統的な意匠を備えたものはもちろん、現代のファッションセンスを取り入れたモダンなデザインのものも増えています。

色打掛としては赤色が特に人気で、祝いの色の王道カラーとして伝統的に愛されています。また、黄色や黒、紫といった色も人気があり、花嫁の個性や好み、結婚式場のイメージなどに合わせて選ばれています。

ゆめやの色打掛から、赤色の一枚をご紹介します。「唐織の松に鶴、花々と御所車の色打掛一式」赤色や橙色、金色といった暖色系のベースに、鶴や花々を織り出したアンティーク色打掛です。立体感が魅力的な唐織が用いられ、正統派の花嫁姿を叶えます。

現代での色打掛の利用シーン

色打掛は、結婚式の中でも特に重要なシーンで着用されています。以下、現代での色打掛の利用シーンをいくつか見てみましょう。

  • 披露宴: 色打掛の着姿が、新郎新婦の入場や退場の際に注目を集めることが多い披露宴。色打掛の豪華な装飾は披露宴の華やかな雰囲気をさらに高めてくれます。
  • 写真撮影: 前撮りや披露宴中の写真撮影では、色打掛の美しさが際立ちます。色打掛の色鮮やかさが写真に美しい色彩を加え、すてきな記念写真を作り上げます。
  • 神社での挙式: 神社での挙式には、伝統的な和装が求められます。色打掛は白無垢と並び、その格式高いシーンにふさわしい衣装とされています。

結婚式のさまざまなシーンで花嫁の美しさを引き立ててくれる色打掛。レンタルする際には、ご自身の好みや結婚式場の雰囲気、利用するシーンなどに合わせて、フィットする色やデザインを選ぶことが大切です。できれば試着を行ってサイズもしっかり確認し、快適に着用できる色打掛を選ぶことも重要なポイントです。

色打掛を格安でレンタルする方法

結婚式は人生で一度きりの特別な日、であるからこそ費用もかなりかかるもの。美しい色打掛を着用するのにも、高額なものが多いのが実情です。ただ、少しの工夫と情報収集次第で、色打掛をお得にレンタルできる方法もあるんです。ここでは色打掛レンタルの基本的な価格相場と、コストを抑えるためのポイントについて解説します。

色打掛レンタルの基本的な価格相場

色打掛のレンタル価格は店舗や期間、デザインなどによって異なりますが、一般的には50,000円から200,000円の範囲が相場となります。以下、色打掛レンタルの価格相場に影響を与える主な要因を挙げてみます。

  • デザインや装飾: 豪華な装飾や独特のデザインの色打掛は価格が高くなる傾向にあります。
  • レンタル期間: レンタル期間が長ければそれだけ費用も高くなります。
  • セットレンタル: 色打掛だけでなく小物類までセットでレンタルすると、当然色打掛単体で借りるよりも高くなります。ただし小物を個々にレンタルするのと比較すると、全体としては割安になるケースもあります。

これらを確認の上、自分の予算に合わせて選ぶようにしましょう。

コストを抑えるためのポイント

結婚式全体の費用を抑えるためにも、色打掛のレンタルにおいても賢く節約する方法を知っておきたいものです。以下、コストを抑えるためのポイントをいくつか紹介します。

  • 早めの予約: 店舗などによっては早めに予約することで割安にレンタルできる「早割」などが用意されている場合があります。
  • 比較検討: 一つの店舗で探すのではなく、複数のレンタル店やネットレンタルを比較し、価格とサービスを検討しましょう。
  • セットプランの利用: 小物や袴も含めてセットでレンタルすることで、個別にレンタルするよりも割安になる場合があります。
  • オフシーズンの利用: 結婚式自体の日取りをオフシーズンに設定する必要がありますが、こうした時期には色打掛のレンタルも価格が下がっていることがあります。

これらのポイントを参考にしながら、ご自身の予算内に収まるすてきな色打掛をレンタルで用意できるようにしてくださいね。

ゆめやでは、お得な婚礼和装プランをご用意しています。ご新郎・ご新婦向けのベーシックプランのほか、ご家族で着物をお召しいただけるプランなど、ご希望に合わせてお選びいただけます。貴重なアンティーク着物で、生涯の思い出に残る晴れの日をお迎えください。

色打掛と他の和装衣装との組み合わせ

結婚式においては、挙式と披露宴とで着るものを変えたり、もしくは披露宴中にお色直しとして着替えたりすることで、一日のうちに異なる衣装を楽しむことができます。また、新郎の衣装とのコントラストも見る目に美しいもの。

ここでは、色打掛と他の和装衣装との組み合わせについて見ていきます。

白無垢や紋付羽織袴との組み合わせ

色打掛と他の和装衣装との組み合わせ方は、結婚式の形式や雰囲気によって異なります。伝統的な日本の結婚式においては、特に白無垢や紋付羽織袴を目にする機会が多いでしょう。

白無垢と色打掛の組み合わせ

  • 白無垢は、純潔や神聖を象徴する白色の着物です。白無垢と色打掛の組み合わせは、結婚式の神聖な雰囲気を白無垢で纏いつつ、色打掛で華やかさも加えられる関係性と言えます。
  • 通常、神前式などの挙式では白無垢を、披露宴では色打掛を着用するのが一般的です。

白無垢は光に合わせて無数の鶴が浮かび上がる「織り出された鶴が輝く白打掛一式」、色打掛は卓越した織り技法が輝く「グリーン地に鳳凰と花丸紋の色打掛一式」です。白無垢から色打掛にお色直しすると、印象がガラリと変わりゲストにも楽しんでもらえます。写真のバリエーションが増えるため、フォトブック作りにも役立ちます。

紋付羽織袴と色打掛の組み合わせ

  • 紋付羽織袴は新郎の正式な和装です。鮮やかな色打掛と黒い紋付羽織袴のコントラストは、結婚式の格式を高めつつ、見る人にも凛とした印象を与えます。
  • 新郎と新婦がそれぞれ紋付羽織袴と色打掛を着用することで、伝統的な日本の美しさを夫婦で体現することができます。

こうした衣装と衣装の組み合わせ方を考えるのも楽しいものです。準備の際は、色打掛と掛け合わせる和装衣装についてもしっかり試着をしておくようにしましょう。

色打掛のサイズと試着

色打掛をレンタルする際のサイズ選びと試着も、結婚式当日を快適に過ごし、美しい着姿でゲストに見てもらうためにも非常に重要な工程です。ここでは、色打掛のサイズ選びのポイントと、試着時に注意したい点について詳しく解説していきます。

色打掛のサイズ選びのポイント

特にレンタルする際に重要な、色打掛のサイズ選び。以下に、色打掛のサイズ選びのポイントをいくつか挙げてみました。

  • 身長と体型に合わせる
    色打掛のサイズは主に身長と体型によって選びます。適切なサイズの色打掛を選ぶことで花嫁の体型を美しく見せ、動きやすさをもたらしてくれます。
  • ゆとりを持たせる
    色打掛にはある程度ゆとりを持たせることで、動きやすく快適に過ごせるようになります。特に披露宴では移動や立ったり座ったりの動作が多いため、十分なゆとりが重要となります。
  • 袖丈と裾丈の確認
    袖丈と裾丈もしっかり確認しておきたいところです。色打掛の全体的なバランスを保つために重要です。

これらのポイントを参考に、最適なサイズの色打掛を選ぶようにしましょう。

試着に関連して注意しておきたいこと

色打掛のレンタル店では、事前の試着が可能な場合があります。色打掛を試着してみることで、見るだけでは分からないサイズ感や着心地を確認することができます。色打掛の試着は、結婚式当日に快適に過ごせるかどうかを左右する重要なプロセス。以下、試着時に注意する点をいくつか挙げてみました。

  • 動きやすさを確認する
    試着時には、歩く、座る、立つなどの基本的な動作を行ってみて、その色打掛が動きやすいか、窮屈でないかなどを確認します。
  • 小物とのバランスを見る
    色打掛と一緒に足袋や帯、ヘアアクセサリーなどの小物も合わせて確認したいところ。全体のバランスを見ることも重要です。
  • サイズ調整が可能かを確認する
    サイズを微調整することでちょうど良いサイズ感になりそうな場合、その色打掛がサイズ調整可能な商品かどうかを確認しましょう。
  • 時間に余裕を持って試着しておく
    試着は、結婚式までの日程に余裕のある段階で行っておくのがお勧めです。前もって試着をしておくことで、必要に応じたサイズ調整や小物の変更なども余裕を持って行えます。

試着は面倒、という気持ちもあるかもしれませんが、花嫁が美しい着姿で色打掛を着こなすためにも大切なことです。ぜひ時間に余裕のあるうちに、ご自身にフィットするサイズ感を追求しておきましょう。

美しい色打掛の写真を撮るコツ

結婚式の記念として残る写真は、生涯の宝物となるものです。ここでは、前撮りと披露宴での写真撮影の違い、色打掛の美しさを引き出す撮影方法について説明します。

前撮りと披露宴での写真撮影の違い

前撮りと披露宴の写真撮影とでは異なるポイントがあります。その主な違いが以下の通りです。

  • 撮影の時間と場所
    前撮りは結婚式前に計画して行われるもので、時間や場所を自由に選ぶことが可能です。一方、披露宴での撮影は披露宴の進行と並行して行われるため、どうしても時間や場所の制約があります。
  • 撮影のスタイル
    前撮りでは、カジュアルな雰囲気や自然な表情を捉えることが重視されるようです。一方の披露宴では、式の進行やゲストとの交流を記録するため、よりフォーマルなスタイルの写真が求められます。
  • 衣装の種類
    前撮りでは色打掛や白無垢のほか、カジュアルな衣装を着用することもできます。披露宴では色打掛や白無垢など式場でのフォーマルな和装がそのまま撮影されるため、カジュアルな服を持ち込んで撮ってもらう、などはできません。

これらの違いを理解した上で、それぞれに適した準備を行うようにしましょう。

ゆめやから、写真映えするとっておきの色打掛をご紹介します。「松竹梅に舞鶴遊亀紋様刺繍の打掛一式」松竹梅や鶴亀などの絵柄がすべて手刺繍で表現された、豪華絢爛なアンティーク色打掛です。レンズを通しても立体感が際立ち、特別感のある花嫁姿を写真に残していただけます。

枝垂桜とオシドリ 総刺繍の色打掛一式」総手刺繍で全ての絵柄を表現した、アンティーク色打掛です。相良刺繍と蘇州刺繍という2種類の刺繍技法を使い分けて鴛鴦や枝垂桜、波などを色彩豊かに描いています。重厚感漂う豪華な一枚は、アップでも引きでも極上の美しさを撮影していただけます。

マゼンダからグレーのぼかしに鶴が羽ばたく色打掛一式」濃いピンク色から紫色へのグラデーションが美しい、新しい感性が光る現代ものの色打掛です。花を織り出した色鮮やかな地に、伝統的な鶴が羽ばたくコントラストを効かせた意匠。写真映りの良さも抜群で、文金高島田はもちろん洋髪にも似合います。

色打掛の美しさを引き出す撮影方法

色打掛の美しさを引き出すためには、以下を考慮してみてください。

  • ライティング(光)を効果的に利用する
    色打掛の色や柄を美しく見せるためには、屋外撮影や陽光の入る場所であれば自然光、スタジオであれば発光装置の光を効果的に利用することが大切です。
  • 背景を意識する
    色打掛の色やデザインに合わせた背景を選ぶことで、花嫁の美しさをより一層引き立てることができます。
  • アングルを工夫する
    高い位置から、低い位置からなど、通常とは異なるアングルから撮影することで、色打掛の豪華なデザインや花嫁の表情を多角的に捉えることができます。
  • プロのカメラマンに依頼する
    一度きりの結婚式、やはり写真撮影はプロのカメラマンに依頼するのが安心です。色打掛の美しさも最大限に引き出してくれることでしょう。

これらのポイントを考慮の上、色打掛の美しさが際立つ写真を結婚式の特別な思い出として、長く残せるようにしてくださいね。

ゆめやの「和装レンタル前撮りプラン」は、衣装にも写真にもこだわりたいお二人のためのお得なプランです。白無垢をはじめ打掛や振袖、引振袖など、多彩なアンティーク着物からお気に入りの婚礼衣装をお選びいただけます。洋髪のほか日本髪風のヘアセットにも対応し、お好みのコーディネートで撮影に臨んでいただけます。200カット以上という充実の内容で、お二人の最高の瞬間をカタチに残していただけます。

まとめ

結婚式は人生の大切な節目であり、花嫁さんはその日一日を美しく、そして特別な気持ちで過ごすことを夢見ていることと思います。色打掛は、日本の伝統的な美しさと、そんな花嫁の幸せな気持ちを表現するのに最適な衣装といえるでしょう。改めて、格安で色打掛をレンタルするポイントと、結婚式を彩る色打掛の選び方についてまとめていきます。

色打掛を格安でレンタルするポイント

色打掛のレンタルには、適切な計画と情報収集が大切です。以下、格安で色打掛をレンタルするためのポイントを再度挙げてみます。

  • 店ごとの比較: 色々なレンタルショップやオンラインサイトを調べ、価格やレンタル条件を比較しましょう。
  • 早期の予約: 人気の色打掛は早めに予約されることが多いため、早めの予約を心がけましょう。割引が適用される場合もあります。
  • 割引やキャンペーンの利用: レンタルショップが設置する割引キャンペーンなどがあれば、それらを積極的に利用しましょう。
  • アクセサリーや小物の選択: 色打掛と一緒にレンタルするアクセサリーや小物も価格に影響しますので、必要なものだけを選ぶようにしましょう。場合によっては一式セットで借りた方が安いケースもあるかもしれません。

これらのポイントを参考に、予算内で色打掛をレンタルできるようにしてください。

結婚式を彩る色打掛の選び方

結婚式の雰囲気や花嫁の個性を反映させる色打掛の選び方について、いくつかのポイントを紹介します。

  • 色とデザインの選択: 色打掛の色やデザインは、結婚式の雰囲気や花嫁の好み、個性などに合わせて選びましょう。
  • サイズと試着: 可能であれば試着を行い、サイズが合う色打掛を選びたいものです。
  • 写真撮影に適したデザイン: 写真撮影を予定している場合、写真映えするデザインという観点で選ぶのも良いかもしれません。
  • アクセサリーや小物とのコーディネート: 色打掛と合うアクセサリーや小物を選び、トータルコーディネートも楽しんでみてください。

色打掛は結婚式の華とも言える存在です。しっかりと慎重に選んで、その特別な日をより美しく、より印象的に演出してください。美しい色打掛で、すてきな結婚式を迎えられることを祈っています。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

梅の花に檜扇、御所車の黒振袖【fuk02】

【初心者必見】黒の振袖の魅力解説|成人式での選び方とスタイリング

成人式は人生の大きな節目であり、この特別な日に選ぶ振袖の色やデザインは、その日の思い出をさらに華やかに彩ります。特に黒の振袖は、シックで大人っぽい雰囲気を持ち、その格式高い印象から多くの女性に選ばれています。 黒の振袖は […]

ひとつ前の記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

黒振袖で差をつける!成人式のためのかっこいい振袖コーディネート術

はじめに:黒振袖の魅力とは? 振袖は日本の伝統的な衣装であり、特に成人式などの人生における重要な節目で若い女性が着用します。そうしたなかで近年、黒を基調とした「黒振袖」が若者の間で注目を集めています。黒振袖はその深みのあ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!