婚礼ロケーション撮影プラン

【和装で撮るウェディングフォト】安いプランの上手な選び方と注意点

はじめに

ウェディングフォトとは、結婚を祝う一生に一度の大切な瞬間を写真に残すための撮影のことです。近年では、伝統的な和装を取り入れた撮影が人気となっています。一方で、結婚準備にはさまざまな費用がかかります。今回は、経済的で、美しく、心から満足できるウェディングフォトを追求する方への情報を紹介していきます。

ウェディングフォトと和装の組み合わせの魅力

結婚式といえば、多くの方が洋装をイメージなさるかもしれません。白いドレスやタキシードに身を包み、挙式や披露宴を行うのが一般的ですね。ですが、和装には独自の魅力があふれています。

  • 深い伝統と格式: 和装は日本の歴史や文化を色濃く反映していて、着物を着ることで、その歴史や格式を感じることができます。特に、白無垢や打掛は、日本の結婚式の中でも最も格式の高い衣装と言われています。
  • 多彩なバリエーション: 和装にはさまざまな種類やカラーがあります。白無垢から色打掛、引き振袖など、選ぶ楽しさが魅力の一つです。また、アイテムや小物にもこだわることで、自分たちらしいスタイルを演出できます。
  • 自然な雰囲気の撮影: 和装は、自然なロケーション撮影と相性が良いと言われています。神社や庭園、屋内の和室など、和装と合わせて撮影することで、日本らしい風情ある背景との一体感を楽しむことができます。

和装でのウェディングフォトは、日本の美しさと伝統を感じられるため、多くのカップルから愛されています。

予算を抑えたいカップルへのアドバイス

結婚準備は楽しい反面、さまざまな費用がかかることも事実。特に、ウェディングフォトはその中でも大きな出費となることが多いです。ですが、少しの工夫と準備で、予算を抑えつつ素敵な写真を手に入れることができます。

  • 平日やオフシーズンの撮影: スタジオやフォトグラファーの料金は、土日や祝日、シーズン中は高くなることが多いです。可能であれば、平日やオフシーズンに撮影を予約することで、料金を抑えることができます。
  • 必要なオプションの選択: プランに含まれていない追加のオプションやアイテムは、別料金となることが多いです。事前に打ち合わせをしっかりと行い、必要なものだけを選択することで、無駄な出費を抑えることができます。
  • 和装のレンタル: 和装の購入は高額ですが、レンタルすることで大幅にコストを抑えることができます。また、多くの店舗では、ヘアメイクや小物のレンタルもセットになっていることが多いので、トータルでのコスパを考慮して選ぶと良いでしょう。
  • 写真データの取得: アルバム制作などの追加オプションを選ばず、写真データのみを取得することで、後から自分たちでアルバムを作成することも可能です。

アンティークきものレンタル ゆめや の「和装レンタル 前撮りプラン」は、自信満々のお得なプランです。撮影は東京都内のみとはなりますが、衣装を選んでいただくだけで、かんざし/髪飾りを除く小物は全てセット。着付け・ヘアメイクも、カメラマンや撮影場所の手配も、当日の介添えも、まとめてゆめやにおまかせいただけます。お渡しする写真は、データで200枚以上。アルバムやご挨拶状、結婚式当日のパネルなどに、ご自由にお使いいただけますよ。大自然、洋風庭園、洋風建築物などでの撮影が、アンティーク着物に合います。

結婚式やフォトウェディングの準備は、二人の思い出作りの大切な時間。予算は気にしつつも、心から楽しむことが最も大切です。上記のアドバイスを参考に、おしゃれで経済的な撮影を楽しんでくださいね。

和装フォトの基礎知識

結婚式やウェディングフォトは、新郎新婦の人生の中で特別な日の一つです。近年、和装を選ぶカップルが増えてきています。和装で撮影するウェディングフォトも人気です。そこで、和装でのウェディングフォトを取り入れる際の基本的な知識や相場、費用についての情報を事前に入手しておくことが必要です。

和装フォトウェディングの主流

和装フォトウェディング(以下、和装フォト)は、日本の伝統的な衣装を取り入れたウェディングフォトのことを指します。結婚式場やスタジオ、自然の中でのロケーション撮影など、さまざまなシチュエーションで撮影が行われています。ここでは、和装フォトで選ばれる衣装をご紹介します。

  • 白無垢: 日本の伝統的な結婚式で新婦が着る、真っ白な和装です。清らかさや純粋さを表現する衣装として、多くのカップルに選ばれています。
  • 色打掛: 白無垢に次いで人気のある和装です。カラフルで華やかなデザインが魅力で、挙式後の披露宴などでよく選ばれます。
  • 引き振袖: 裾が長い振袖です。昔は黒が基本でしたが、近年ではカラフルで華やかな柄のものも多いです。振袖は未婚女性が着る和装ですので、結婚式で着る引き振袖が振袖の着納めとなります。
  • 紋付袴: 新郎が結婚式で着ることが多い和装です。格式のある装いとして、神前式などの伝統的な結婚式でよく見られます。

和装フォトの魅力は、日本の伝統や文化を感じながら、二人らしい写真を撮ることができる点にあります。ロケーション撮影を選ぶ場合は、神社や庭園など、和装との相性が良い場所を選ぶと、より一層、写真が引き立ちます。

ゆめやの「婚礼前撮りプラン」では、白無垢・色打掛・引き振袖などの婚礼衣装の中から、お好きな着物を選んでいただけます。もちろん新郎さまのお衣装も前撮りプラン料金に含まれます。

一般的な和装フォトの相場と費用

和装フォトを取り入れる場合に、最も気になるのは費用ではないでしょうか。和装のレンタルやヘアメイク、撮影料など、さまざまな費用が発生します。一般的な費用の相場をまとめてみました。

和装レンタル: 50,000円〜150,000円

白無垢や色打掛の種類、ブランド、新旧などによって価格は異なります。

ヘアメイク: 30,000円〜50,000円

和装に合わせたヘアスタイルやメイクが必要です。プロのヘアメイク師に依頼すると、より一層写真が美しく仕上がります。

撮影料: 20,000円〜200,000円

スタジオ撮影やロケーション撮影、撮影時間やカット数によっても価格は異なります。

写真データやアルバム: 30,000円〜100,000円

撮影した写真のデータやアルバム制作の料金です。自分たちの希望に合わせて、必要なものを選ぶと良いでしょう。

和装フォトの費用は、選ぶアイテムやサービスによって大きく変わります。事前にしっかりと打ち合わせを行い、予算内で満足のいく撮影を目指しましょう。

ゆめやの「婚礼前撮りプラン」は、サービス内容にも、価格にも自信があります。他社さまと大きく違う点は、平日でも休日でも、ブライダルシーズンでも、同一料金でのご提供! というところです。他社さまにはなかなか打ち出せない価格だと思いますよ。ちょっと比較してみましょう。

標準的なヘアメイクはセットに含まれますが、日本髪+角隠しの場合は別途料金が発生いたします。また、かんざし/髪飾りも、ご使用になるかどうかが大きく分かれますので、料金を別途とさせていただいています。詳しくは「ゆめやの和装レンタル前撮りプラン」をご覧ください。

結婚式やウェディングフォトは、人生の中でも特別な時間です。和装を取り入れることで、伝統的な日本の美しさを感じながら、一生の思い出を作ることができます。せっかくの撮影のために、しっかりと準備をして、最高の一日を迎えてくださいね。

安く抑えるためのコツ

ウェディングフォトの撮影は、人生の大切な一瞬を切り取るもの。だからこそ、素敵な写真を残したいと誰もが思いますよね。ですが、予算を気にしながらも、質の良い写真を残すためのコツや方法を知っていると、より満足のいく撮影ができることでしょう。

オフシーズンや平日の撮影のメリット

ウェディングフォトの撮影を安く抑える方法として、オフシーズンや平日の撮影を選ぶという選択肢があります。

  • 料金のメリット: 一般的に、土日や祝日は多くのカップルが結婚式を挙げるため、フォトグラファーやスタジオの料金が高くなる傾向があります。一方、平日やオフシーズンに撮影をすることで、多少なりとも料金を抑えることができます。
  • ロケーションの選択肢: 土日は撮影スポットが混雑していることが多いですが、平日であれば人が少なく、思いのままの場所で撮影を楽しむことができます。
  • ゆったりとした撮影: 混雑しない日を選ぶことで、撮影の進行もスムーズになり、フォトグラファーとのコミュニケーションも取りやすくなります。

早朝や夜の撮影で特別なショットを狙う

撮影のタイミングを工夫することで、特別な写真を残すことができます。特に、早朝や夜の撮影は、日中とは違った雰囲気の中での撮影が楽しめます。

  • 早朝の撮影: 朝日の柔らかな光を背景に、新婦の白無垢や色打掛、引き振袖がより一層映えます。また、人通りも少ないため、人気のロケーションスポットでもゆっくりと撮影が進められます。
  • 夜の撮影: 夜のライトアップされた背景や都会の夜景など、ロマンチックな雰囲気の中での撮影が楽しめます。特に、夜の神社や庭園などは、幻想的な雰囲気が漂い、一味違った写真を残すことができます。

ロケーション撮影の選び方と注意点

ロケーション撮影は、自分たちの好きな場所や思い出の場所での撮影ができるため、多くのカップルから人気があります。

  • 場所の選び方: 二人の趣味や好み、共有している思い出などを基に、撮影場所を選ぶのがおすすめです。また、季節や時間帯によっても、撮影の雰囲気は大きく変わるので、それらの要素も考慮すると良いでしょう。
  • 注意点: ロケーション撮影をする際には、事前に撮影許可を取得することが必要な場所も多いです。また、撮影料や入場料などの費用が発生する場所もありますので、事前の打ち合わせや確認が大切です。

撮影を安く抑えるためのコツは、少しの工夫や情報収集がポイント。大切な日の記録として、予算内で最高の一日を迎えられるよう、準備をしっかりと行いましょう。

プラン選びのポイント

結婚は一生の思い出となる大切な日。その記念として、ウェディングフォトを撮影するカップルは多いですね。そんな大切な日の撮影を、お手頃な価格で、そして素敵な内容で実現するためのプラン選びのポイントをご紹介します。

格安のフォトウェディングプランの選び方

ウェディングフォトの撮影は、想い出の一つとして残すもの。ですが、予算を気にしながらも、質の良いプランを選ぶことは十分可能です。

  • 比較サイトを活用: 最近はウェディングフォトの比較サイトが多くあります。そこで、料金やサービス内容を比較し、自分たちの予算に合ったスタジオやフォトグラファーを見つけることができます。
  • オプションの確認: 格安のプランだと、基本的な撮影しか含まれていないことも。ですが、追加料金でアイテムやロケーション撮影などのオプションを選べる場合もあります。事前に確認し、必要なものだけを選ぶことで、コスパ良く撮影を行うことができます。
  • 平日やオフシーズンを狙う: 平日やオフシーズンには、コスパの良いプランがあることも。そういった期間を狙って予約することで、さらに料金を抑えることができます。

メニューやオプションの整理と選択

ウェディングフォトのプランには、さまざまなメニューやオプションが用意されています。それぞれの内容や価格をしっかりと理解し、自分たちにとって最適なものを選ぶことが大切です。

  • 衣装の選び方: 和装や洋装、1着のみや2着以上といった選択肢があります。また、レンタルの衣装を利用するか、自前の衣装を持ち込むかも選べます。自分たちの希望や予算に合わせて選んでみましょう。
  • 撮影ロケーション: スタジオ撮影だけでなく、外でのロケーション撮影も魅力的。自然の中での撮影や、特別な場所での撮影など、さまざまな背景を選ぶことができます。
  • オプションの選び方: ヘアメイクや小物、アルバム作成など、さまざまなオプションが提供されています。自分たちの希望に合わせて、必要なものだけを選ぶことで、予算を抑えることができます。

撮影許可が必要なロケ地のチェック

ロケーション撮影を希望する場合は、撮影許可が必要な場所も多いです。事前に確認して、スムーズな撮影を行うための準備をしましょう。

  • 公共の場所での撮影: 公園や海、神社など、公共の場所での撮影は、事前に撮影許可を取得する必要があります。また、撮影料が発生する場所もあるので、予め確認しておくと良いでしょう。
  • 有料のスポット: 有料の観光地や施設での撮影は、入場料の他に撮影料がかかることも。また、混雑を避けるため、平日やオフシーズンを狙って撮影することをおすすめします。
  • 自然の中での撮影: 海や山など、自然の中での撮影は四季折々の風景を楽しむことができます。ですが、天気や季節によっては撮影が難しい場所もあります。事前にチェックし、最適な日を選ぶことが大切です。

ロケーション撮影の候補地として、ゆめやでご提案しているのは、日本庭園や古い建物が多いです。アンティーク着物に似合いますからね。邸内に使用された木材や家具、ステンドグラスなど、撮影のポイントがいっぱいです。施設への撮影許可の申請等はゆめやが担当させていただきますので、どうぞご安心ください。

プラン選びは、自分たちの希望や予算に合わせて、しっかりと情報を収集し、最適なものを選ぶことが大切です。予算を抑えつつ、素敵な撮影を実現するためのポイントを参考にして、最高の一日を迎えてください。

衣装とロケーションのこだわり

ウェディングフォト撮影の衣装とロケーションの選び方はとても大切です。それぞれの選び方やこだわり方について、詳しく見ていきましょう。

安くても素敵な和装の選び方

和装は日本の伝統的な装いで、ウェディングフォトでは人気があります。ですが、高価なものも多い中、予算を気にしつつも素敵な和装を選ぶコツをご紹介します。

  • レンタルショップの比較: 複数のレンタルショップの料金や品揃えを比較することで、自分たちの希望に合った和装を見つけることができます。また、レンタルショップによっては基本のセット内容が異なりますので、料金と合わせてセット内容の確認も忘れないようにしましょう。
  • アクセサリーや小物のこだわり: 和装の印象は、帯や髪飾りなどの小物で大きく変わります。予算内で、おしゃれな小物を選ぶことで、全体の印象をグッと良くすることができます。

シックな背景やカテゴリ別のロケ地の選択

撮影の背景やロケ地は、写真の雰囲気を大きく左右します。シックな背景や特定のカテゴリにこだわりたい方のためのロケ地の選び方を見ていきましょう。

  • 自然を活かしたロケ地: 海や山、庭園や神社など、自然の美しさを背景にした写真は、四季折々の風情を感じることができます。
  • 歴史的建造物を利用した撮影: 古い建物や石畳の道など、歴史を感じる場所での撮影は、シックで格式のある写真を撮影することができます。
  • テーマに合わせたロケ地の選択: 例えば、レトロな雰囲気を求めるなら、昭和の香り漂う町並みを選ぶといった具体的なテーマに合わせてロケ地を選ぶと良いでしょう。

カメラマンやフォトグラファーとのコミュニケーションのコツ

良い写真を撮影するためには、カメラマンやフォトグラファーとのコミュニケーションが欠かせません。スムーズなコミュニケーションのためのコツをいくつかご紹介します。

  • 撮影前の打ち合わせ: 事前に自分たちの希望やイメージをしっかりと伝えることで、当日の撮影がスムーズに進みます。
  • 具体的な希望を伝える: 「こんなポーズで撮りたい」「このアングルがいい」といった具体的な希望を伝えることで、理想の写真に近づけることができます。
  • カメラマンの意見を尊重する: プロのカメラマンやフォトグラファーは、多くの結婚式や前撮りを経験しています。その経験を活かした提案には、きちんと耳を傾けましょう。

撮影は二人の大切な思い出作りの一部です。どんな衣装やロケ地を選ぶにしても、その時の楽しい気持ちや愛を感じることが最も大切です。最高の一日となるよう、心から楽しんでください。

準備と当日のポイント

ウェディングフォトの撮影は、一生の思い出となる大切な時間です。そんな大切な時間をより良くするための準備や当日のポイントを紹介します。

事前の打ち合わせや相談で満足度を高める方法

撮影の成功の鍵は、しっかりとした事前の打ち合わせにあります。事前の打ち合わせや相談で満足度を高めるためのポイントをいくつか紹介します。

  • イメージの共有: どのような写真を撮りたいのか、どんな雰囲気や背景を希望するのかを、フォトグラファーとしっかり共有しましょう。
  • 衣装や小物の相談: 着用する和装の種類や小物、さらにはヘアメイクについても、事前に希望を伝えることで当日のスムーズな進行が期待できます。
  • 撮影場所の事前リサーチ: 事前にロケーション撮影を希望する場所をリサーチして、アクセス方法や撮影ポイントを確認しておくと良いでしょう。

撮影当日の流れと注意点

撮影当日は、事前の準備が生きてきます。当日の流れと注意点を以下に紹介します。

  1. 早めの到着: 撮影場所やスタジオには、指定の時間よりも少し早めに到着しましょう。余裕を持って準備することができます。
  2. ヘアメイクと着付け: 美容師や着付け師との打ち合わせを行い、希望するヘアスタイルや和装の細かな調整を行います。
  3. 撮影の開始: フォトグラファーの指示に従いながら、リラックスして撮影を楽しんでください。
  4. 注意点: 撮影中に、自分の希望や不安な点があれば、遠慮なくフォトグラファーに伝えるよう心掛けましょう。

スムーズな撮影のための準備と手軽な方法

撮影をスムーズに行うための準備と、手軽に撮影を楽しむための方法を紹介します。

  • 持ち物リストの作成: 事前に、必要なものや、持ちたい小物などのリストを作成し、忘れ物がないようにしましょう。
  • 衣装やアクセサリーの準備: 撮影に合わせた衣装やアクセサリーは、前日までに準備しておくと安心です。
  • リラックスするための工夫: 撮影は緊張することも。好きな音楽を聴けるように準備したり、リラックスできるアイテムを持参すると良いでしょう。

撮影は一生の思い出となる特別な時間。この日を最高のものにするために、事前の準備や当日の流れをしっかりと把握して、心から楽しんでください。

まとめ

ウェディングフォトの撮影は、一生の思い出を残す特別な時間です。そして、この撮影を最も美しく、最も心地よく進めるためには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

安くても満足のいくウェディングフォトを叶えるためのポイント

  • 計画的に: 早めの予約や、平日の利用など、計画的に行動することで、リーズナブルな価格での撮影が可能です。
  • 衣装の選び方: 和装のレンタルにはさまざまなプランがあります。シンプルなものからこだわりたい方向けのものまで、希望と予算に合わせて選びましょう。
  • ロケーションの選択: 有名な撮影スポットや神社、庭園など、さまざまな場所での撮影が考えられますが、予算や希望を考慮して選択することが大切です。
  • コミュニケーション: フォトグラファーとのコミュニケーションを大切にし、撮影のイメージや希望をしっかりと伝えることで、思いどおりの写真を手に入れることができます。

最後に、忘れてはいけないこと

  • 心の準備: どんなに準備をしても、心の準備ができていなければ最高の写真は得られません。撮影当日は、心を穏やかにして、この特別な時間を存分に楽しみましょう。
  • アフターケア: 撮影が終わった後も、アルバムの選び方や写真データの受け取り方など、後の流れをしっかりと確認しておくことが大切です。
  • 感謝の気持ち: 撮影に関わるすべての人々、そして撮影をサポートしてくれる家族や友人に、感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。

ウェディングフォトは、新郎新婦の二人だけのものではありません。家族や友人、そしてこれからの人生を共に歩む二人の大切な思い出となります。そんな大切な時間を、最高のものにするために、今回紹介したポイントを心に留めて、準備や撮影を楽しんでください。

今回はウェディングフォトについて解説してきました。いかがでしたか? ゆめやの婚礼前撮りプランが、かなりお得なプランなのだと、お気づきいただけたでしょうか? 

撮影は東京都内のみとはなりますが、衣装を選んでいただくだけで、かんざし/髪飾りを除く小物は全てセット。着付け・ヘアメイクも、カメラマンや撮影場所の手配も、当日の介添えも、まとめてゆめやにおまかせいただけます。お渡しする写真は、データで200枚以上。アルバムやご挨拶状、結婚式当日のパネルなどに、ご自由にお使いいただけますよ。大自然、洋風庭園、洋風建築物などでの撮影が、アンティーク着物に合います。

東京近郊の方はもちろんすぐにご連絡ください。遠方の方は、新婚旅行の1日目に東京に立ち寄って、婚礼後撮りをなさるという手段もあります。どうぞご検討くださいね。

〈参考記事〉
https://www.the-kimonoshop.jp/pages/price
https://rentalpoem.jp/irouchikake-rental
https://smakon.jp/marrial/2017/04/13/19938
https://photo.decollte.co.jp/plans/18
https://weddingphoto.onestyle.co.jp/location-photo/location-kimono
https://orifuri.com/sblog/weddingterm/hikifurisode.php

婚礼

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

卒業式イメージ

【2024年卒業式】袴セットをお安いレンタルで!着付け方法も紹介

はじめに 卒業式は、多くの思い出や努力が詰まった学び舎から巣立つ特別な日です。卒業という特別な日を彩る袴は、日本の伝統的な服装として知られています。卒業式に袴を着ることで、より一層卒業の特別さを感じられるでしょう。 この […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!