着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

若苗色に織り柄の一つ紋付色無地【hou81】

【着物のプロが監修】結婚式のお呼ばれに色無地を! その特徴と魅力

はじめに

着物は日本の伝統的な衣装として、多くの人々に愛されてきました。とても華やかで、さまざまな場面で着用できます。結婚式という特別な日に、それぞれの立場や役割に合わせた着物を選ぶのは、とても大切なことですね。この記事では、結婚式での着物に焦点を当て、特に「色無地」という種類の着物について詳しくご紹介いたします。

色無地とは何か?

色無地は、着物の中で格の高い礼装の一つです。主に結婚式などのフォーマルな場で着ることが多いのですが、その名のとおり、無地で絵柄がなく黒以外の一色のみで染められた着物です。色無地の色は比較的落ち着いたものが多いですが、季節や場の雰囲気、コーディネートに合わせて、さまざまな色彩を選択できます。

色無地の特徴

  • 全体が黒以外の一色で染められている
  • 家紋入りであれば準礼装として、格式が高い
  • 結婚式や披露宴などのフォーマルな場での着用が多い
  • 色は落ち着いたものが多いが、場の雰囲気やコーディネートに合わせて選択が可能

色無地に家紋を入れると準礼装、セミフォーマルの格になります。紋は、家紋や、特定の模様を表すもので、色無地においては背に一つだけ紋を入れる「一つ紋」が一般的です。家紋以外の紋、花紋や洒落紋は色無地の格を高めません。家紋入りの色無地は礼装、家紋無しの色無地は普段着と覚えておいてください。

結婚式での色無地の役割

結婚式という華やかなイベントでは、出席する人々の装いにも注目が集まります。特に女性の着物選びは、その場の雰囲気や役割に応じて、さまざまな種類や色、柄のものが選ばれます。ここで、着物の種類と着用する場面を整理しておきましょう。

着物の種類着用する立場や場面
留袖新郎新婦の母や、親族の既婚女性
振袖未婚女性や新婦
色無地親族や友人、ゲスト(未婚・既婚問わず)
訪問着親族や友人(未婚・既婚問わず)
小紋カジュアルな場や普段のおでかけ(未婚・既婚問わず)

結婚式では、新郎新婦の母や親族の既婚女性は黒留袖が多いですね。一方、未婚の女性や新婦は華やかな振袖を選びます。そして、色無地は親族や友人、ゲストの女性が着る着物です。

色無地は、振袖や留袖とは異なり、絵柄が無く、色だけで印象を作るので、上品でありながらも控えめなイメージを持っています。結婚式の場では、主役である新郎新婦を引き立てつつ、自身もきちんとした装いで出席したい、という方に色無地はぴったりの選択です。

色無地は一色のみの着物なので、結婚式では帯や小物とのコーディネートがとても大切です。帯は、袋帯で二重太鼓を締めます。帯揚げや帯締めも色合いを考えて、全体のバランスを取ってください。

上品で控えめな印象を持つ色無地は、結婚式のようなフォーマルな場での装いとして、多くの女性たちに選ばれています。結婚式の衣装で悩んでいる方は、家紋入りの色無地を一度検討してみてはいかがでしょうか。

色無地の基本知識

結婚式や披露宴などの特別な場で、その美しさと格式を存分に発揮するのが「色無地」です。では、色無地とはどのようなものなのでしょうか。その特徴や色の選び方について、詳しく解説していきます。

色無地の特徴

「色無地」という言葉を聞くと「何の柄もないシンプルな着物?」とイメージなさるかもしれません。ですが、近づいてみると精緻な地紋が全体に織り込まれているものが多く、格を維持するには十分な着物です。色無地に染められる色は無限に存在し、日本の高い染色技術に、誰もが目を見張ることでしょう。

ゆめやの色無地の地紋様を拡大してみましょう。五弁の小花やつる草が織られています。正絹の糸は、もともとが光沢を持っているうえに、絵柄を織り込むことによって、糸に動きが生まれ、光の加減でゆらゆらと模様が浮かび上がります。たいへん品が良く、格式の高い生地ですね。

  • 種類:礼装から普段着まで
  • 用途:紋付は結婚式・披露宴・正式な場など。紋無しは普段着
  • 特徴:地紋は入ることも、入らないことも
  • :さまざまな色が存在するが、一定のマナーあり
  • :家紋があればフォーマル、家紋無しは普段着

一般的には、結婚式や披露宴、フォーマルな場での着用が多いです。特に、新郎新婦の親族や友人として出席する際に選ばれることが多く、ゲストの服装となります。汎用性が高く、入学式、卒業式の出席、お茶会や表彰式などにも、家紋入りの色無地は大活躍です。

色無地の最たる魅力は、そのシンプルな美しさと、上品な雰囲気です。地紋があると、控えめでありながらも、繊細で気品あふれる装いとなります。地紋がない色無地でも、豪華な帯や小物とのコーディネートで、礼装として着ていただくことができます。

色の選び方とその意味

着物には、色による意味やマナーがあります。特に、色無地の場合は、その色が持つ意味や、どのような場にふさわしいのか、というのはとても大切な要素となります。

基本的な色の意味

  • :純粋、清楚、無垢(花嫁の色)
  • :格式、厳格、落ち着き(弔事の色)
  • 赤系:華やか、お祝い、元気
  • 青系:涼しさ、穏やか、安心
  • 緑系:自然、平和、癒し
  • 黄系:明るさ、活気、楽しさ

これらの色の意味を基に、出席するイベントや場の雰囲気、自身の気分や好みに合わせた色選びが推奨されます。たとえば、結婚式やお祝いの場では黄系、赤系の色を選ぶと、その場の華やかさや明るい雰囲気に合うでしょう。一方、フォーマルな場や、ある程度の格式を持つ場では、緑や青系の色がポピュラーです。

また、帯や小物とのコーディネートも考慮する必要があります。色無地の場合は、帯や帯揚げ、帯締めなどの小物でアクセントをつけることが多く、その際の色の選び方や組み合わせ方にも注意が必要です。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。色無地のご用意は少ないのですが、ご紹介いたしましょう。

若苗色に織り柄の一つ紋付色無地」は、アンティークというほど古くはなく、40年ほど前の着物です。若苗色に花やツルの地模様が織り込まれ、たいへん上品な印象です。一つ紋付ですので準礼装となります。画像のような格のある帯を締めれば、式典やパーティー、結婚式のお呼ばれ、ご親族の行事などでお召しいただけます。名古屋帯で、観劇やお食事などのちょっとしたお出かけに着ていただくこともできます。

色無地の色は無限、自分に似合う色探し

色による意味やマナーは、色無地を選ぶ際の重要なポイントですが、個人の好みや似合い方も大切にしたいものです。日本人は、繊細で複雑な色彩感覚を持っています。これまで数えきれないほどの色を生み出し、名前をつけてきました。古来から、色無地に使用される色は日本人の顔色を美しく映し出し、華やかさと落ち着きを印象づけるものです。色無地によく染められる古典的な色を一部紹介しましょう。

  • 臙脂色(えんじいろ):濃い紅色が印象深い色です。すこし黒味を帯びていて、大人っぽく見える色なので、若い女性に愛されています。
  • 薄水色(うすみずいろ):薄い青色で涼やかな色です。夏場の絽の色無地におすすめします。
  • 浅葱色(あさぎいろ):明るい青緑ですが、深みがあります。格式を感じさせる色で、冬から春にかけての結婚式、卒業式の出席にぴったりです。

色無地は一色のみで染めた着物ですから、色目の選択はとても重要です。無限にある色の中から、深い意味を理解し、自分に似合う色をみつけるのは、至難の業かもしれません。顔映りの良し悪しは、実際に色を身につけてみないと分からないものです。

洋服で選ぶ色とは全く違った色が、色無地では似合うことがあります。色無地を選ぶ際はディスプレイ上で判断せず、実際に店舗に出向いて、顔映りを確認してください。深い意味と歴史を持った、あなただけに似合う色が必ず見つかるはずです。

日本の伝統文化としての着物は、その深い歴史や意味を持つ色、そして美しい柄やデザインが魅力です。色無地も、その中で独特の魅力と格式を持つものとして、多くの人に愛されています。フォーマルな場での出席を考えている方は、ぜひ色無地の美しさとその色の意味を知り、自分に最も似合う一着を選んでください。

結婚式における色無地の着こなし

結婚式といえば、人生の中でも特別な場面。一生の思い出となるお祝いの日に、ゲストとして出席する皆さんにとっても、素敵な装いを選びたいものですね。そんな時によく選ばれるのが「色無地」の着物。ここでは、結婚式における色無地の着こなしと、そのコーディネートの秘訣についてお話しします。

結婚式での色無地の適切なシーン

着物は、種類や柄、色によってその格や着る場面が異なります。特に結婚式では、場の華やかさやフォーマルな雰囲気に合わせて、適切な着物を選ぶことが求められます。

結婚式での適切なシーン
色無地は、以下のような場面での着用がおすすめです。

  • 新郎新婦の親族や親しい友人として出席する挙式、披露宴
  • ゲストとして友人の結婚式に参列するとき
  • 挙式のみの参列や、少人数の結婚式での出席

ただし、結婚式では家紋入りの色無地を着用しましょう。家紋無しの色無地は普段着と同格になってしまい、フォーマルシーンでは着られません。また、結婚式の主役である花嫁の母親が着る着物は、五つ紋入りの黒留袖です。

花嫁の母や、叔母、伯母など近しい親族は黒留袖がふさわしく、色無地を着ると格を落としてしまいます。友人、知人、遠縁の親族は準礼装として一つ紋入りの色無地を選ぶのがルールです。

帯や和装小物のコーディネート

色無地の魅力は、シンプルながらも色の組み合わせや小物使いで、印象を大きく変えられる点にあります。特に結婚式のような華やかな場では、帯や小物のコーディネートが重要です。

帯の選び方
結婚式で色無地に合わせる帯は、袋帯です。袋帯は、華やかでおめでたい模様があり、結婚式にふさわしい選択となります。色の組み合わせによっては、豪華な印象や控えめな印象の、どちらもを楽しめるでしょう。ゆめやの袋帯ですと、画像のような袋帯が色無地に似合いそうです。

和装小物のコーディネート
帯だけでなく、帯締めや帯揚げ、草履やバッグなどの小物も大切。特に帯揚げや帯締めは、色や素材に変化を加えると、全体の印象ががらりと変わります。

フォーマルシーンではシルクの帯揚げが基本です。金や銀の糸を使ったものを選ぶと、より華やかな印象になります。

また、草履やバッグは、正式な場では白、金、銀が基本です。布地やエナメル素材で、かかとの高いものを選びます。草履、バッグは帯の地色に合わせるのもよいでしょう。

結婚式は、自分らしい装いで、大切な人の幸せをお祝いする特別な日。色無地の着物を選ぶ際は、シーンやコーディネートを意識して、最もふさわしい装いを楽しんでくださいね。

色無地の素材とその魅力

色無地の着物は、その名のとおり、絵柄のない美しい一色の着物です。ですが、一色であるからと言って、その深さや魅力が少ないわけではありません。実は、色無地の背景にはさまざまな織りや素材、技術が隠されていて、それが色無地の大きな魅力となっています。ここでは、そんな色無地の素材について詳しく解説していきます。

伝統的な織りや柄の種類

着物には、織りや染めの技法によって、さまざまな表情が生まれます。色無地も例外ではありません。以下は、色無地の着物に見られる主な織りや柄の種類です。

  • 平織り:素材を縦と横に交差させて作る基本的な織り方です。シンプルでありながらも、糸の質感や光沢が生きるのが特徴です。
  • 綾織り:縦や横の糸を交差させることで、美しい光沢や模様が生まれます。華やかなシーンにぴったりです。
  • 絽・紗:どちらも夏用の絹織物です。使用する糸が少なく涼しく着られます。

これらの織りや柄は、色無地の着物の深さや魅力をさらに引き立てます。一見シンプルに見える色無地でも、近くでよく見ると、その織りや地紋の美しさが感じられ、日本の伝統的な技術の素晴らしさを実感できるでしょう。

素材の選び方

着物の素材は、その質感や風合い、季節によって変わります。色無地の着物を選ぶ際にも、素材選びはとても大切です。

  • シルク:高級感があり、光沢感が特徴的。四季を問わずに着用でき、フォーマルな場にもふさわしい素材です。
  • :夏向けの素材として人気。さらっとした質感があり、涼しげな印象を与えます。
  • ポリエステル:扱いやすく、お手入れも簡単。カジュアルな場や日常の着用に向いています。

どの素材を選ぶかは、主に着る場やシーン、また季節によって変わってきます。結婚式や披露宴、重要なイベントなどのフォーマルな場では、シルクの色無地を選ぶと良いでしょう。一方、日常のお出かけやカジュアルな場には、ポリエステル、夏のおでかけには麻の色無地がおすすめです。

素材選びに迷ったときは、何のために、どのような場所やシーンで着るのか、そして、自身の好みや予算を考慮しながら選んでみてください。色無地の着物は、シンプルながらもその深さや魅力が詰まったものです。素材や織り、地紋の違いを楽しみながら、自分にとっての一番の色無地を見つけてみてくださいね。

色無地のサイズや仕立てについて

色無地は日本の伝統的な着物の一つで、さまざまなシーンで活躍するアイテムです。ですが、初めて色無地を選ぶ際は、サイズや仕立てについての知識がないと、どう選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。ここでは、色無地のサイズの選び方や仕立てに関する情報を詳しくご紹介します。

着物を美しく着るためには、サイズ選びがとても重要です。自身の体型や身長に合った着物は着やすく、美しい着姿に仕上がります。

  • 身長に合わせる:色無地のサイズは主に身長によって選びます。例えば、身長が155cmの場合の身丈は155cmが理想です。適切なサイズの着物を選びましょう。
  • 体型を考慮する:着物は直線的な構造をしているため、体型によるサイズの違いは少ないです。ですが、バストやウエスト、ヒップのサイズによって、少し違いが出ることも。胸の大きい人は、抱き幅(胸の寸法)を多めにとりましょう。身長が低い人はできるだけ帯を高い位置で結ぶなど、細かい点に気を配ってください。
  • 長襦袢のサイズも忘れずに:長襦袢も着物の一部として大切です。着物のサイズと同じように、長襦袢のサイズも身長や体型に合わせて選びましょう。袖丈は着物のサイズに合わせて、長襦袢のサイズを決定します。
  • シーンに応じて:結婚式や披露宴、フォーマルな場では、きちんとしたサイズ感が求められます。一方、カジュアルな場や友人とのお出かけなどでは、少しゆとりのあるサイズを選ぶのも良いかもしれません。

お誂えで着物を仕立てる際は、正しい採寸が不可欠です。レンタルプレタ着物(仕立て上がった着物)を着る場合は、最高のフィット感にたどりつくまで、何度も試着を繰り返しましょう。

着物は日本の伝統的な文化を持つ衣服です。サイズ選びや仕立てに気を付けると、より一層その魅力を楽しむことができます。ぜひ、この情報を参考に、自分らしい色無地の着物を見つけてください。

季節に合わせた色無地の選び方

日本の四季は、それぞれの魅力がありますね。結婚式の装いも、季節に合わせて選ぶと、より一層の華やかさと上品さを感じられるでしょう。

  • :春は新しい始まりの季節。淡いピンクや緑、水色など、優しい色の色無地は、春らしい柔らかい雰囲気が出せます。
  • :真夏の結婚式は、爽やかな印象が求められます。涼しげな水色や青を基調とした色無地がおすすめ。涼しげな絽の色無地を選ぶと良いでしょう。
  • :秋は豊かな収穫の季節。深みのある赤や茶、黄色など、落ち着いた色の色無地を選べば、秋らしい雰囲気を楽しむことができます。
  • :冬の結婚式には、華やかで暖かみのある色を。深紅、紺などがおすすめです。

色無地ではないのですが、ドロンワークという透かし刺繍が入った「ライムグリーンにドロンワークと手刺繍の訪問着 」には色無地の雰囲気があります。模様を入れたい部分の経緯どちらかの糸を抜き、残った糸をかがって、模様を描いていく技法で、レース模様のように見えます。控えめな色糸ばかりですので、一見すると色無地のような品の良さの着物です。家紋は入っていませんので、どこへでも気軽にお召しいただけます。

季節に応じて色無地を選ぶ際は、素材や色のバランスを考えながら、その季節らしい装いを楽しむことが大切です。日本の四季を感じながら、結婚式に華を添える色を選んでください。

まとめ

色無地を結婚式で上手く活用するためのポイント

日本の伝統的な衣装、着物。特に結婚式などのフォーマルな場では、その装いが大変重要となります。今回、特に焦点を当てた「色無地」について、結婚式での活用のポイントをまとめてみました。

  • 用途と場のバランスを考慮する:結婚式では、出席する立場や関係性によって適切な着物が異なります。例えば、新郎新婦の親族であれば留袖がふさわしいですが、友人やゲストとして参列する場合は、一つ紋の色無地や訪問着が良い選択となります。
  • 季節と色の選び方:着物の色は季節によっても異なります。春夏は涼しげな薄色、秋冬は落ち着いた色合いが基本です。また、華やかな場である結婚式には、少し明るめの色を選ぶのも良いでしょう。
  • 小物とのコーディネート:着物だけでなく、帯や帯締め、帯揚げなどの小物も大切な要素です。色無地の着物には、豪華な柄の帯や華やかな帯揚げを合わせると、全体のバランスが整います。
  • マナーを守りながらも自分らしさを:結婚式ではマナーも大切ですが、自身のスタイルや好みを取り入れることも忘れずに。例えば、数ある古典色の中から、自分に似合う色を選ぶと、日本の伝統的な美しさを感じつつ、自分らしいコーディネートにたどり着きます。

結婚式での着物選びは、少し難しそうに思えるかもしれません。ですが、基本的なポイントを押さえれば、自分らしい着こなしを楽しめるでしょう。特別な日に、一番美しい自分を見せられるよう、色無地の着物を上手に活用してください。

これからの色無地の選び方と着こなしに期待すること

色無地の着物は、日本の伝統的な美しさを持つ一方で、現代のライフスタイルやファッションにもしっかりと対応できるアイテムです。これからの色無地の選び方や着こなしには、さらなる可能性が広がっています。

まず、色無地の着物は、カジュアルからフォーマルまで幅広く使えるのが魅力です。伝統的な結婚式やフォーマルな場所はもちろん、少しカジュアルな場所やイベントでも、色無地の着物は幅広く活用できます。また、異なる素材や柄の小物と組み合わせると、多様なコーディネートが楽しめるでしょう。

次に、色無地の着物を選ぶ際には、自分の体型や好み、さらには着るシーンに合わせて、最もふさわしいものを選びましょう。例えば、華やかな結婚式では、少し明るめの色や豪華な柄の帯を選ぶと、さらに華やかさが引き立ちます。

また、これからの時代には、着物をレンタルするサービスも増えてきています。価格が高く購入をためらう方でも、レンタルを利用すれば、さまざまな色無地を何色でもお試しになれるでしょう。

最後に、着物は日本の伝統的な文化ですが、それだけでなく、現代のファッションアイテムとしても楽しめる衣装です。色無地の着物を始めとして、これからも日本の伝統と現代のスタイルを融合させた着こなしを楽しんでみてはいかがでしょうか。

とても特別な結婚式の日、自分らしい色無地の着物を選んで、最も美しい瞬間を迎えていただきたい、と心から願っています。

色無地は汎用性が高く、末永く着られる着物です。色無地についてもっとよく知りたい! お友達の結婚式には色無地で出席したい! という方は、以下のサイトも参考にしてください。

【参考記事】
https://www.yumeyakimono.jp/
https://kiraku-web.jp/products/muji/
https://irocore.com/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

【bag040】

【婚礼衣装】留袖用の草履・バッグをセットで準備! レンタルも便利

はじめに 日本の伝統的な装いとして多くの人々に親しまれている着物。その中でも、特に新郎新婦の母親の衣装として選ばれるのが「留袖」です。ですが、着物だけでなく、その着物に合わせる小物もとても大切。今回は、留袖に欠かせない「 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!