着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

ゆめやTOP画像_成人式イメージ

人気色はサーモンピンク?和装のトレンドと魅力、振袖の選び方を知る

はじめに

着物は日本の伝統的な衣装として、長い歴史を持ちながらも、現代のファッションシーンにもしっかりと根付いています。特に、成人式や卒業式などの大切な節目の日には、多くの女性が振袖や袴を選び、その美しさを楽しんでいます。そしてそんな和装のトレンドとして、これまでの伝統を受け継ぎつつ、新しい風を取り入れたスタイルが注目されています。

和装トレンドとは

和装トレンドを一言でいえば、「新しさの中の伝統」です。近年、多くの女性が振袖や袴を選ぶ際に、伝統的な柄や色を基調としつつも、現代のエッセンスを取り入れたデザインを求めています。

  • 色のトレンド: 色のトレンドは、サーモンピンクやベージュ、そして定番の赤や紫が中心となっています。特にサーモンピンクは、その優雅で上品な色合いが多くの女性から支持を受けています。また、ピンクや白を基調とした柔らかい色合いの振袖も人気があります。
  • 柄のトレンド: 桜や椿、牡丹といった花柄はもちろんのこと、熨斗や菊、そして古典的な市松模様など、伝統的な柄が再評価されています。特に桜は、その日本らしさと春の訪れを感じさせるデザインが多くの女性に愛されています。
  • 素材と刺繍: 正絹を使用した振袖や袴は、その質感と光沢が特徴です。また、金や金彩を用いた刺繍は、豪華さを引き立てる要素として注目されています。絞りの技法を取り入れたデザインも、その繊細さと美しさで人気があります。
  • 小物のトレンド: 和装のアクセントとして、帯や帯揚げ、そして草履やバッグなどの小物選びも重要です。特に、帯はその柄や色で和装の印象を大きく変えられます。また、レトロなデザインの小物や、伝統的な柄を取り入れたアイテムもトレンドとなっています。

和装は、その一つ一つのアイテムやデザインが、長い歴史と伝統の中で培われてきたものです。しかし、それをそのまま受け継ぐだけでなく、新しい風を取り入れることで、より多くの女性が和装の魅力を感じられるのです。トレンドを取り入れつつ、伝統的な美しさを大切にした和装が多くの場所で輝くことでしょう。

成人式と振袖の魅力

成人式は、多くの日本の若者たちが大人としての第一歩を踏み出す大切な日です。この日のために、多くの女性が振袖を選び、その美しさと格式を楽しんでいます。振袖は、その華やかな色や柄、そして伝統的なデザインが特徴で、一生に一度の特別な日にふさわしい衣装として選ばれます。

成人式での振袖の選び方

成人式の日には、多くの女性が振袖を身に纏い、その美しさを披露します。しかし、振袖を選ぶ際には、いくつかのポイントを考慮しなくてはいけません。

  • 色の選び方: 色は、振袖の最も目を引く部分です。赤やピンクは、若々しさや元気な印象を与えるため、成人式には特に人気の色です。また、白やベージュは、上品で落ち着いた印象を与えます。
  • 柄の選び方: 振袖の柄は、花や桜、椿、牡丹など、日本の四季を感じさせるものが多いです。また、古典的な柄や、金や金彩を用いた刺繍が施されたものも人気です。
  • 素材の選び方: 正絹の振袖は、その質感や光沢が特徴で、高級感があります。また、絞りの技法を取り入れたものや、刺繍が施されたものも、その繊細さで多くの女性から愛されています。
  • 予算と価格: 振袖は、デザインや素材、ブランドによって価格が異なります。レンタルの場合や、中古の振袖を選ぶことで、予算内での高級な着物を選ぶことが可能です。

サーモンピンクや桜色、人気のカラートレンド

成人式のカラートレンドとして、サーモンピンク桜色が特に注目されています。サーモンピンクは、その優雅で上品な色合いが多くの女性から支持を受けており、桜色は、春の訪れを感じさせる爽やかな色として人気です。

また、赤や紫といった伝統的な色も、その華やかさと格式を持つ色として、多くの女性に選ばれています。特に、金や金彩を用いた刺繍が施された振袖は、その豪華さで注目されています。

ゆめやからサーモンピンク地の振袖をご紹介します。左端「深緋色のぼかし辻が花の振袖」金銀の糸が織りこまれた朱色と白に染め分けた地に、辻が花を手描きした振袖です。肩から袂にかけて枝垂れ桜が舞う、幻想的な雰囲気を活かした一枚。高度な技術力を堪能できる希少なデザインです。

中央「桃花色に花車の振袖」牡丹、菊、橘、鉄仙など四季折々の花を描き、部分的に金糸の刺繍を施した百花繚乱の華やかな振袖です。吉祥文様の一つである花車を大胆にあしらい、ドレス感覚でお召しいただけます。もっとも格式の高い九曜の五つ紋付きで、成人式はもちろん格式の高い式典にもおすすめです。

右端「ピンク地の紗綾形に豪華な扇の五つ紋付色振袖」檜扇に御所車や鳳凰、柏や松などのおめでたい柄をダイナミックに描いた振袖です。光に合わせて綾形の地紋が浮かび上がり、随刺繍や金駒刺繍を施した豪華な仕立てです。蔓柏の五つ紋と裾のふき綿が、正装の格式を高めます。

158cm・165cmなどを例に、身長別の振袖の選び方

振袖を選ぶ際には、身長に合わせて適切なデザインや長さを選ぶことが大切です。一例として、158cmや165cmといった身長の女性であれば、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • 158cmの女性: 身長が低めの女性は、縦のラインを強調するデザインや、小柄なデザインを選ぶことで、スタイルアップを目指せます。
  • 165cmの女性: 身長が高めの女性は、大柄なデザインや、ボリュームのある帯を選ぶことで、バランスの良いコーディネートが可能です。

また、身長に合わせて、帯の位置や長襦袢の長さなど、細かな部分にも注意を払うことで、より美しい着こなしができるでしょう。

結婚式と和装のコーディネート

結婚式は、人生の中で最も特別な日の一つと言えるでしょう。日本では、結婚式での和装の伝統が受け継がれており、神前式を行う新郎新婦が多いです。せっかくの神前式に参列するなら、それに合わせた和装のコーディネートがおすすめです。

この章では、結婚式に参列する際におすすめの、和装のコーディネートを紹介します。

結婚式での和装の彩り

結婚式での和装は、その華やかさが特徴です。特に、振袖は、色とりどりの美しい柄が施されたもので、結婚式の場に華やぎを添えます。以下は、結婚式での和装の特徴をいくつか挙げてみました。

  • 色の彩り: 振袖は、赤やピンク、紫など、鮮やかな色が特徴です。
  • 柄の美しさ: 花や桜、椿、牡丹など、日本の四季を感じさせる柄が多く、その繊細さと美しさが特徴です。
  • 小物のコーディネート: 和装の小物として、帯や帯揚げ、草履やバッグなどがあり、これらを組み合わせることで、より一層の美しさを引き立てられます。

「紅紫色と灰青色の片身変わりに花丸紋の振袖」紅紫色とグレーを配した、片身替わりの振袖です。菱の地模様に牡丹や菊、梅や桜などを花の丸に描いたアンティーク着物らしい華やかな意匠です。七宝文様に色糸で花々を織り出した丸帯を合わせて、古典を活かした配色に。立ち姿が映える、晴れの日にふさわしいコーディネートです。

結納や親族との式典での和装のポイント

結納や親族との式典では、その場にふさわしい格式のある和装を選ぶことが大切です。以下に、結納や親族との式典での和装の選び方のポイントをいくつか挙げています。

  • 色の選び方: ベージュ、薄いピンクなど、落ち着いた色を選ぶことが多いです。これは、格式のある場にふさわしい色とされています。
  • 柄の選び方: 古典的な柄や、桜や菊などの伝統的な柄を選ぶことが一般的です。
  • 小物のコーディネート: 結納や親族との式典では、帯や帯揚げ、草履やバッグなどの小物も、より格式のあるものを選ぶことが推奨されます。

「ピンクホワイトの御簾紋様に華やかな鼓の中振袖」暖簾を描いたピンクホワイト地に、華やかな鼓をあしらった中振袖です。御簾の縁に菊や花菱を取り合わせ、いかにもお嬢さまの居室という風情を感じさせます。鼓には梅や菊、青海波といった吉祥文様を丁寧に描写し、上前には金駒刺繍を施した豪華な仕上りです。亀甲模様が浮かびあがる赤地の帯を合わせて、さりげなく個性を添えました。

和装の小物とアクセサリーの魅力

和装を着る際、その美しさを引き立てるのは、実は小物やアクセサリーです。着物や振袖だけでなく、足元の草履や帯締め、帯揚げなどの小物が、和装のコーディネートを完成させる大切な要素となっています。ここでは、和装の小物とアクセサリーの魅力について、詳しくご紹介します。

草履や足袋、和装の足元を彩る

和装の足元を彩る草履足袋は、和装の美しさを一層引き立てるアイテムです。以下に、草履や足袋の魅力と選び方のポイントをいくつか挙げてみました。

  • 草履の種類: 草履には、フォーマルな場に合わせるものや、カジュアルな場に合わせるものなど、さまざまな種類があります。
  • 足袋の役割: 足袋は、和装の足元を美しく見せるだけでなく、歩きやすさを向上させる役割もあります。
  • 色や柄の選び方: 草履や足袋の色や柄は、着物や振袖の色や柄と合わせることで、全体のコーディネートが引き立ちます。

帯締めや帯揚げ、和装のアクセント

和装の中でも、帯締め帯揚げは、特に目を引くアクセサリーとなっています。以下に、帯締めや帯揚げの魅力と選び方のポイントをいくつか挙げています。

  • 帯締めの役割: 帯締めは、帯をしっかりと固定するだけでなく、和装のアクセントとしての役割も果たしています。
  • 帯揚げの美しさ: 帯揚げは、帯の下からちらりと見える部分で、その色や柄が和装の一部として美しさを引き立てます。
  • 色や柄の選び方: 帯締めや帯揚げの色や柄は、着物や振袖の色や柄とのバランスを考えながら選ぶことが大切です。

和柄や花柄、帯のデザイン選び

和装を華やかに彩るにはさまざまなデザインがあるため、選ぶ楽しさがあります。以下は、帯のデザインの選び方のポイントです。

  • 和柄の帯: 和柄の帯は、桜や椿、牡丹などの伝統的な柄が施されており、その繊細さと美しさが魅力です。
  • 花柄の帯: 花柄の帯は、さまざまな花がデザインされており、季節や場所に合わせて選べます。
  • 色の選び方: 帯の色は、着物や振袖の色とのバランスを考えながら選ぶことが大切です。特に、振袖との組み合わせでは、帯の色が全体のコーディネートを引き立てる役割を果たします。

和装のヘアスタイルと髪飾り

和装を着る際、その美しさをさらに引き立てるのがヘアスタイル髪飾りです。特に、成人式や結婚式などの特別な日には、ヘアスタイルや髪飾りにもこだわりたいものです。ここでは、和装に合うヘアスタイルと髪飾りの魅力について、詳しくご紹介します。

成人式や結婚式のヘアスタイルのポイント

成人式や結婚式は、一生に一度の特別な日です。その日のためのヘアスタイル選びは、とても大切です。以下は、成人式や結婚式のヘアスタイルのポイントです。

  • アップスタイル: 成人式や結婚式では、振袖や留袖などの和装を着ることが多いため、アップスタイルがおすすめです。首元や背中の美しさを引き立てます。
  • 束ね方の工夫: 一つにまとめるだけでなく、部分的に束ねたり、編み込みを取り入れたりすることで、より華やかな印象になります。
  • 髪の長さに合わせたスタイル: 髪の長さに合わせて、最も似合うヘアスタイルを選ぶことが大切です。

簪や髪型、和装に合わせる髪飾り

和装に合わせる髪飾りは、その日のコーディネートを一層華やかにしてくれます。以下は、和装に合わせる髪飾りの魅力と選び方のポイントを紹介しています。

  • 簪の美しさ: 簪は、伝統的な髪飾りとして、和装の美しさを引き立てます。桜や椿、牡丹などの花柄の簪は、特に人気です。
  • 髪型に合わせた髪飾り: アップスタイルには、大ぶりな髪飾りがおすすめです。ダウンスタイルの場合は、控えめな髪飾りを選ぶと、バランスが取りやすいでしょう。
  • 色や柄の選び方: 髪飾りの色や柄は、和装の色や柄と合わせることで、全体のコーディネートが引き立ちます。

シンプルから豪華まで、ヘアアクセサリーの選び方

和装に合わせるヘアアクセサリーは、シンプルなものから豪華なものまでさまざまです。以下に、ヘアアクセサリーの選び方のポイントを紹介します。

  • シンプルなヘアアクセサリー: シンプルなヘアアクセサリーは、どんな和装にも合わせやすく、上品な印象を与えてくれます。
  • 豪華なヘアアクセサリー: 豪華なヘアアクセサリーは、特別な日や、華やかな和装に合わせると、一層の華やかさを加えてくれます。
  • 色やデザインの選び方: ヘアアクセサリーの色やデザインは、和装の色やデザインとのバランスを考えながら選ぶことが大切です。

和装の素材とその魅力

和装は、日本の伝統的な服装として、長い歴史を持っています。その魅力は、素材や装飾技法、デザインなど、多岐にわたります。ここでは、和装の素材とその魅力について、詳しくご紹介します。

正絹や縮緬、和装の素材の特徴

和装の素材として、特に代表的なのが「正絹」「縮緬」です。以下は、それぞれの素材の特徴をいくつか挙げています。

  • 正絹: 正絹は、シルク100%の素材で、光沢があり、滑らかな肌触りが特徴です。また、通気性が良く、四季を通して快適に着られます。
  • 縮緬: 縮緬は、シルクの中でも特に高級なものとされています。独特の凹凸があり、縮れたような表面が特徴的です。
  • その他の素材: 和装には、他にも麻や綿、ポリエステルなど、さまざまな素材が使用されています。それぞれの素材には、独自の特徴や魅力があります。

左から縮緬、地紋、絞りです。着物は生地の織りや染め、絞りの有無によって印象が大きく変わります。地紋は生地に織り込まれた模様のことです。地紋があると光を受けて柄が煌めき、華やかな雰囲気が高まります。振袖や訪問着はもちろん、一色で染め上げる色無地にも積極的に地紋が施されます。絞りは生地を糸でつまんだり、くくったりして防染し、さまざまな模様を表す技術です。絞りの着物はどっしりとした立体感があり、豪華さが引き立ちます。

刺繍や金糸、和装の装飾技法

和装の美しさをさらに引き立てるのが、装飾技法です。以下は、和装の装飾技法の中でも特に代表的なものをいくつか挙げてみました。

  • 刺繍: 和装に施される刺繍は、桜や椿、牡丹などの花柄が多く、色鮮やかで繊細なものが多いです。
  • 金糸: 金糸を使用した装飾は、豪華で華やかな印象を与えます。特に、正絹の和装に金糸の装飾が施されると、一層の高級感が出ます。
  • その他の装飾技法: 和装には、絞りや金彩など、さまざまな装飾技法が施されています。それぞれの技法には、独自の魅力や特徴があります。

古典的なデザインからモダンなデザインまで

和装のデザインは、古典的なものからモダンなものまで、幅広く存在します。以下は、和装のデザインの特徴をいくつか挙げてみました。

  • 古典的なデザイン: 古典的なデザインの和装は、伝統的な柄や色使いが特徴的です。桜や菊、椿などの伝統的な花柄が多く使用されています。
  • モダンなデザイン: モダンなデザインの和装は、現代のファッションセンスを取り入れたものが多いです。サーモンピンクやベージュなど、トレンドの色を取り入れたものや、シンプルなデザインのものが人気です。
  • その他のデザイン: 和装には、レトロ感のあるデザインや、異文化の要素を取り入れたデザインなど、さまざまなデザインが存在します。それぞれのデザインには、独自の魅力や特徴があります。

「白松に花薬玉と鼓の黒振袖」花くす玉や鼓、白松を大胆に描いた大正時代のアンティーク振袖です。たっぷりと刺繍を施した立体感のある絵柄は、職人の卓越した技術が光る豪華で格調高い意匠です。あざやかな古典柄が黒地に映え、華やぎを醸し出します。

「黒白菱形紋様に金色草花柄の振袖」白と黒の菱形に草花柄を金色で表した、モダンなデザインの振袖です。金泥で描かれた草花柄は、上前のみオレンジと金色の金駒刺繍を施して艶やかに仕上げています。白、黒、金のコントラストが美しく、合わせる帯や小物によって多彩な着こなしをお楽しみいただけます。

和装の着こなしとポイント

和装は、日本の伝統的な服装として、多くの人々に愛されています。その魅力は、素材やデザインだけでなく、着こなし方やディテールにもあります。この章では、和装の着こなしとそのポイントについて、詳しくご紹介します。

和服や和装の基本的な着こなし方

和装を美しく着こなすためには、基本的な着こなし方を知ることが大切です。以下は、和装の基本的な着こなし方を紹介しています。

  • 裾の長さ: 和装の裾は、足元が見えないように長めにするのが一般的です。特に、振袖や袴を着る際は、この裾の長さに注意してください。
  • 帯の結び方: 帯の結び方は、和装のポイントとなる部分です。帯の結び方には、さまざまなバリエーションがあり、シーンや好みに合わせて選べます。
  • 半衿の折り方: 半衿は、和装の顔とも言える部分です。半衿の折り方や位置によって、和装の印象が大きく変わります。

半衿や和装のディテールの魅力

和装の魅力は、ディテールにもあります。以下は、和装のディテールの中でも特に代表的なものをいくつか挙げてみました。

  • 半衿: 半衿は、和装の衿元を飾る部分です。半衿には、さまざまな色や柄があり、金糸や刺繍などの装飾が施されていることが多く、和装のアクセントとなります。
  • その他のディテール: 和装には、他にも帯締めや帯揚げ、帯留めなど、さまざまなディテールがあります。それぞれのディテールには、独自の魅力や特徴があります。

フォーマルからカジュアルまで、シーン別の和装の選び方

和装を選ぶ際には、シーンや目的に合わせて選ぶことが大切です。以下に、シーン別の和装の選び方をいくつか挙げているので、参考にしてください。

  • フォーマル: フォーマルなシーンでは、正絹や金糸を使用した格の高い和装を選ぶことがおすすめです。ただし、結婚式の場合、新郎新婦との間柄も考慮する必要があります。
  • カジュアル: カジュアルなシーンでは、シンプルなデザインや柄の和装を選ぶことがおすすめです。また、レンタルを利用することで、さまざまな和装を気軽に楽しめます。
  • その他のシーン: 和装は、四季を通して楽しめます。春には桜の柄、夏には涼しげな色、秋には紅葉の柄、冬には雪の柄など、季節に合わせて和装を選ぶのがおすすめです。

まとめ

和装は、日本の伝統と文化を体現する美しい服装です。そんな格式ある和装にもトレンドがあり、その魅力は、素材やデザイン、着こなし方やディテールなど多岐にわたります。当記事のおさらいとして、和装の魅力を存分に楽しむためのポイントをいくつかご紹介します。

  • 季節感を大切に: 和装は四季折々の美しさを表現するものです。春には桜や花の柄、夏には涼しげな色や絞り、秋には紅葉や菊、冬には雪や椿など、季節に合わせた和装を選ぶことで、その魅力を最大限に引き出せます。
  • 素材の選び方: 正絹や縮緬など、和装の素材にはさまざまなものがあります。特に、正絹はその光沢感や滑らかな質感が魅力です。また、縮緬はしっかりとした素材感が特徴です。
  • ディテールを楽しむ: 和装のディテール、例えば半衿や帯揚げ、帯締めなどは、その魅力をさらに引き立てます。特に、刺繍や金糸を使用した装飾技法は、和装の豪華さや繊細さを感じられるでしょう。
  • シーンに合わせた選び方: 和装は、フォーマルからカジュアルまで、さまざまなシーンで楽しめます。例えば、成人式や結婚式などのフォーマルなシーンでは、正絹や金糸を使用した豪華な和装を選ぶとよいでしょう。一方、カジュアルなシーンでは、シンプルなデザインや柄の和装を選ぶことで、日常的に和装を楽しめます。
  • アクセサリーや小物のコーディネート: 和装の魅力をさらに引き立てるためには、アクセサリーや小物のコーディネートも大切です。例えば、バッグや草履、髪飾りなど、和装に合わせた小物を選ぶことで、全体のコーディネートを引き締められます。

和装は、日本の伝統と文化を感じることができる美しい服装です。和装の魅力を存分に楽しむためのポイントを心に留めて、和装を楽しんでください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

赤地に大きな梅と雲取紋様の五つ紋付色振袖【fui105】

【プロ監修】​十三詣りの和装選び! 女の子用着物のレンタル活用法

はじめに 着物は日本の伝統的な衣服で、特別な日や行事で着ることが一般的です。特に、十三参りでは数え年で13歳になるお子さまが家族と一緒に神社に参拝し、成長を祝います。この際に、着物をレンタルする方が増えています。 十三詣 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!