松竹梅に御所車の黒振袖【fuk09】

御所車柄ってどんな文様?和装における柄の意味と魅力、着物の選び方

はじめに

着物を着る時、目を惹くのはその美しい柄。中でも「御所車」という名前を耳にしたことがある方も多いかと思います。これは、着物の文様の中でも特に人気のあるものの一つで、平安時代から続く伝統的なデザインとして知られています。

「御所車」とはどのような意味か

「御所車」(ごしょぐるま)とは、平安時代の貴族が乗った豪華な牛車をモチーフにした文様のことを指します。牛車は、高貴な貴族が四季の移ろいと共に楽しむための乗り物であり、美しい花々や自然を象徴するものが描かれていました。

具体的には、桜や牡丹、松などの四季折々の花や植物、そして鳳凰や蝶などの吉祥文様が組み合わされ、縁起の良い意味を込めてデザインされています。この御所車の柄は、その華やかさと高貴さから、特に成人式の振袖や結婚式の黒留袖などの大切な場で着用される着物の柄に多く見られます。

この記事で伝えたい情報とは

この記事では、御所車の文様が持つ意味や由来、そして着物におけるその使用例や組み合わせのヒントを紹介していきます。着物には、多くの伝統的な文様や柄が存在し、それぞれが異なる背景や象徴を持っています。その中でも、御所車は特に人気が高いため、多くの方にその魅力や背後にあるストーリーを知っていただきたいと思います。

また、着物の選び方や、帯との組み合わせ、色の選び方など、御所車の柄をより引き立てるためのポイントも解説します。初めて着物をレンタルする方や、自分の着物を選びたいと思っている方に、この記事が少しでも参考になればうれしいです。

さて、そんな御所車の魅力を存分に味わっていただくために、次の章から詳しくその背景や意味、そして使用例を見ていきましょう。一緒に、着物の奥深い世界を楽しみながら、あなた自身のスタイルを見つける手助けをしていきたいと思います。

御所車の由来と歴史

日本の文化は、その深い歴史と伝統によって形成されています。特に、着物の柄や文様は、長い時間をかけて磨かれてきました。ここでは、そんな着物の柄の中でも、特に注目を集める「御所車」に焦点を当て、その由来と歴史を深く探ることにします。

御所車の起源: 古典からの風景

御所車、聞き慣れない方も多いかもしれませんが、実は日本の伝統文様の中でもたいへん古い歴史を持っています。御所車は「ごしょぐるま」と読み、貴族の乗り物、特に平安時代の高貴な人々が乗った牛車を指します。

平安時代は、貴族文化が花開いた時代として知られています。この時代には、美しい風景や四季の変化を楽しむことが、貴族たちの間でたいへん人気でした。そして、その風景を楽しむための乗り物として、牛車が使用されました。牛車の形や装飾は、当時の貴族たちの高い美意識や風雅な生活を象徴していました

御所車の文様は、この牛車を模したもので、その形や装飾が着物の柄として描かれています。特に振袖や留袖のような格式の高い着物には、この御所車の文様がよく用いられることが多く、その華やかさや高貴な印象が、多くの人々に愛されてきました。

このような背景から、御所車の文様は、幸せや縁起の良い意味合いを持つとされています。そのため、成人式や結婚式といった大切な節目の日には、この御所車の文様を持つ着物を選ぶ方も少なくありません。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。ゆめやの婚礼衣装から、「松竹梅に御所車の黒引き振袖」をご覧いただきましょう。前身頃いっぱいに御所車が大きく描かれ、その御所車を覆い尽くすように松・竹・梅がところ狭しと友禅で手描きされた五つ紋付のアンティーク黒振袖です。100年近く前の振袖だと思われます。下の画像のとおり、おはしょりを取らずに「松竹梅に御所車の黒振袖」として着ていただくこともできます。

愛され続ける理由とは

御所車の文様が、今でも多くの人々に愛され続けている理由を考えると、その独特の美しさや意味合いが大きな魅力となっています。まず、御所車の文様は、四季の花や風景を組み合わせて描かれることが多いです。桜や梅、菖蒲や牡丹など、四季折々の花が美しく描かれています。

また、御所車は高貴な意味を持つとともに、幸せや縁起の良さを象徴する意味も持ち合わせています。このような意味合いから、成長や新しい門出を祝う成人式や結婚式などの大切な日に、御所車の文様の着物を選ぶ方も多いのです。

そして、御所車の文様は、さまざまな色や形で表現されることがあります。淡い色合いで優雅に描かれるものから、鮮やかな色で華やかに描かれるものまで、豊富なバリエーションが楽しめます。このため、自分の好みや雰囲気にピッタリのものを選ぶことができます。

御所車の文様の着物は、レンタルすることも可能です。これにより、特別な日のために、手間や準備をかけずに美しい御所車の文様の着物を着ることができるのです。

以上のような理由から、御所車の文様は、多くの人々に愛され続けています。その美しさや意味合い、そして選びやすさが、その人気の秘密と言えるでしょう。

御所車柄の具体的な意味

着物は日本の伝統的な衣服であり、数多くの柄や文様が存在します。それぞれの絵柄や文様の背景には、美しい意味や歴史が込められていて、その中でも「御所車」の柄は特に注目される存在です。

「繁栄」や「吉祥文様」の象徴

「御所車」の柄は、平安時代の貴族の乗り物、牛車や花車が描かれたものです。平安時代には、このような乗り物に乗ることができるのはたいへん高い地位の人たちだけでした。そのため、この柄を身にまとうことは、繁栄や高貴な身分を象徴するとされています。

また、御所車柄の中には、さまざまな花や四季をテーマにしたモチーフが用いられることが多いです。桜や梅、松など、四季を感じさせる植物たちが描かれていることがよくあります。これらの花や植物たちもまた、吉祥文様の一部として知られ、幸せや縁起の良さ、長寿を願う意味が込められています。

例として、桜は新しい始まりや若々しさ、梅は忍耐や希望、松は永遠の青春や長寿を象徴しています。これらの花や植物たちと御所車の組み合わせは、多くの女性たちにとって、希望や夢、幸せへの願いを持って振袖や留袖として選ぶ価値があると言えるでしょう。

さらに、色の組み合わせや帯の選び方、同じ御所車柄でもその描かれ方やモチーフの配置によって、異なる印象や意味を持つことも。たとえば、赤や桃色を基調としたものは、より華やかでおめでたい印象を持ち、結婚式や成人式などのお祝いの場にピッタリです。

御所車の色打掛も見応えがあります。「立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式」は、「高貴」という言葉が浮かんでくるアンティーク打掛です。気品にあふれ、まるで後光が差しているかのような美しさです。立涌紋様、花丸紋、桐が織り込まれた白い絹地の上に、金色で立涌があしらわれ、御所車・桜・梅・紅葉・桔梗・菊・桐などの花々が手描きされています。背中に回ると、御所車・檜扇・つづら・宝尽くし・鼓が手刺繍で施してあります。

他の吉祥文様との関連性

御所車の柄は、繁栄や高貴な意味を持ちますが、着物の世界にはさまざまな吉祥文様が存在します。ここでは、いくつかの代表的な吉祥文様との関連性について紹介します。

  • 松竹梅:これは日本の代表的な吉祥文様の一つです。松は長寿や繁栄、竹は強さや節度、梅は忍耐という意味を持ちます。この三つを組み合わせることで、さまざまな幸せや繁栄を願う意味が込められています。
  • :蝶は新しい生命や再生を象徴しています。その繊細な姿は多くの女性たちの心を捉え、特に成人式などの大切な節目に選ばれることが多いです。
  • 熨斗(のし):これは祝い事やおめでたい場面でよく用いられる文様です。熨斗は、人々の幸せや繁栄を願うシンボルとして知られています。

これらの吉祥文様と御所車の関連性を知り、着物を選ぶ際には、どのような意味や願いを込めたいのか、どのような雰囲気や印象を出したいのかを考慮することが大切です。御所車の柄には繁栄や高貴さ、そして四季の美しさが込められているため、他の吉祥文様と組み合わせることで、さらに深い意味や印象を持つ着物を選ぶことができるでしょう。

ここまで、御所車柄の具体的な意味とその背景、そして他の吉祥文様との関連性について紹介しました。着物を選ぶ際には、これらの意味を知り、自分の気持ちや願いを込めて最適なものを選んでくださいね。

御所車柄を持つ衣装の種類

着物の世界は幅広く、さまざまな柄や文様があります。中でも、歴史の深い御所車柄は特に注目を浴びています。この章では、御所車柄を持つ衣装の種類や、その楽しみ方について紹介します。

振袖や成人式での使用

振袖は、日本の伝統的な衣装の一つで、特に成人式・結婚式などの大切な日に着ることが多いものです。その振袖にもさまざまな柄や色が存在しますが、御所車柄は、その中でもとても人気があります。

  • 意味合い:御所車は平安時代の貴族の乗り物で、高貴さや繁栄を象徴しています。そのため、新しい門出を祝う成人式や結婚式にはぴったりの柄です。
  • 色の組み合わせ:御所車柄の振袖は、赤や桜色を基調としたものが多いです。ですが、最近ではモダンな雰囲気を求める女性のために、青や緑など他の色を用いたものも増えてきました。
  • 文様の種類:御所車柄の中には、桜や牡丹、松竹梅などの花や植物を組み合わせたものも多いです。これにより、四季を感じることができ、さらに華やかな印象を持つことができます。

振袖の選び方一つで、その日の雰囲気や自分自身を表現することができます。御所車柄を選ぶことで、伝統的な美しさを持ちつつ、華やかで高貴な印象を放つことができます。

亀甲七宝紋様の扇に松や波の黒振袖」は、前身頃の檜扇の中に御所車が描かれています。華やかですね。赤・黒・青・ベージュなどで、松の木が流れるように描かれています。重くなりがちな絵柄ですが、胸元に白い檜扇が描かれているので、軽やかにまとまっています。成人式にも花嫁衣装にもおすすめの黒振袖ですよ。

通年での楽しみ方とは

御所車柄は、振袖だけでなく、他の着物や帯にも用いられています。そのため、年間を通してさまざまな場面で楽しむことができます。

  • 礼装:結婚式や成人式など、特別な日には礼装としての着物に御所車柄を選ぶことで、一層華やかな雰囲気を持つことができます。
  • 日常:一般的な日常の中で、少し華やかさを持たせたい日には、御所車柄の帯や小物を取り入れることで、上品な印象を与えることができます。
  • 四季の変わり目:日本は四季の変わり目を大切にする文化が根付いています。春には桜の花を、秋には紅葉を組み合わせた御所車柄の着物や帯を選ぶことで、季節感を出すことができます。
  • レンタル:最近では、多くのレンタルショップが増えてきました。そのため、購入することなく、特別な日やイベントで御所車柄の着物を楽しむことができます。

御所車柄は、その深い歴史や意味合いを持つ一方で、現代の生活の中でもさまざまな形で取り入れられています。どんな場面であっても、御所車柄の着物や帯を選ぶことで、特別な日をさらに特別にすることができるでしょう。

御所車と他の柄・文様の組み合わせ

美しい着物の世界には、数え切れないほどの柄や文様が存在します。その中でも、平安時代からの歴史を持つ「御所車」は、特におめでたい場面で好まれる柄の一つとして知られています。ですが、御所車だけではなく、他の柄や文様との組み合わせによって、より一層華やかで印象的なスタイルを楽しむことができます。ここでは、御所車と他の柄・文様の組み合わせについてのヒントをお伝えします。

着物の色ごとの柄の選び方

着物の色によって、合う柄や文様があります。例えば、赤やピンクの着物には、桜や牡丹などの華やかな花の柄がよく合います。また、御所車の高貴なイメージは、深みのある色との組み合わせが特に美しいです。

以下に、主な着物の色ごとのおすすめの柄を一覧でご紹介します。

白系の着物:雪輪や扇、梅など、清楚で上品な柄
御所車と組み合わせることで、純粋さと高貴さの両方を感じることができます。

赤系の着物:桜、牡丹、蝶など、明るく華やかな柄
御所車との組み合わせは、祝い事やおめでたい場面での印象をより一層高めてくれます。

青系の着物:菊、流水、雪輪など、涼しげで落ち着いた柄
御所車の貴族的な雰囲気と、青の冷ややかさがマッチします。

このように、着物の色に合わせて柄を選ぶことで、全体のバランスや印象が大きく変わります。御所車との組み合わせを楽しみながら、自分の好みやシチュエーションにピッタリの着物を選びましょう。

他の吉祥文様や植物、季節との組み合わせるポイント

御所車は、四季折々の柄や文様とも組み合わせやすい柄です。以下に、吉祥文様や季節ごとの柄との組み合わせポイントをご紹介します。

  • 桜、牡丹、蝶など、新しい生命を感じる柄との組み合わせがおすすめです。
  • 御所車と桜の柄を組み合わせることで、春の新たな始まりや希望を感じることができます。

  • 竹、扇、流水など、涼しげな柄との組み合わせが好ましいです。
  • 御所車と涼しげな柄との組み合わせは、夏の暑さを忘れさせてくれるような涼やかさを楽しむことができます。

  • 紅葉、菊、稲穂など、実りの秋を感じる柄と相性が良いです。
  • 御所車と共に、秋の豊かさや収穫の喜びを感じることができます。

  • 雪輪、松竹梅、雪の結晶など、冬の静寂と厳しさを感じる柄がマッチします。
  • 御所車との組み合わせで、冬の高貴さや格調高さを感じることができます。

このように、御所車の柄は、四季折々の柄や吉祥文様と組み合わせることで、さまざまな印象や雰囲気を楽しむことができます。自分の好みやシチュエーションに合わせて、着物の柄や文様の組み合わせを楽しんでください。

選び方と使い方のポイント

着物を選ぶとき、ただ好きな柄を選ぶだけではなく、その日の目的や雰囲気に合わせることが大切です。特に、御所車のような歴史的な柄を選ぶ際には、いくつかのポイントを押さえると、より美しく、かつ適切な着こなしができます。

優美で雅やかな雰囲気を表す方法

御所車は、平安時代の貴族文化を代表する文様の一つとして、その優美さと雅やかさが魅力です。そのため、御所車の柄を取り入れた着物を着る際には、以下の点に注意すると、よりその魅力を最大限に引き出すことができます。

  • 色の選び方:御所車の柄には、たくさんの色が用いられていますが、全体の色合いを落ち着いたものにすることで、御所車の細やかな文様が際立ちます。特に、深い赤や青、そして緑は、御所車の高貴な雰囲気をさらに引き立てます。
  • 帯の選び方:帯は、着物の中でも特に目立つ部分。そこで、帯の色や柄と着物の柄が大きくかぶらないように注意し、対照的な色や柄を選ぶと、全体のバランスが取れます。
  • 小物の使い方:着物をより一層華やかにするためには、帯留めや扇子、そして髪飾りなどの小物も大切。特に、御所車の柄を生かすために、シンプルで上品なものを選ぶと、全体の品格が高まります。

成人や慶事、嫁ぐ時に着る際のアドバイス

御所車の柄の着物は、特別な日や慶事にぴったりです。成人式や結婚式などのおめでたい行事には、以下のアドバイスを取り入れると、さらにすてきな着こなしが楽しめます。

  • 振袖との組み合わせ成人式では、多くの女性が振袖を選びます。御所車の柄が入った振袖は、伝統的な美しさとともに、成長と新しい門出の喜びを表すことができます。特に、深い赤やピンクの振袖に、金や銀の糸で織りなされた御所車の柄は、華やかさと格式を感じさせます。
  • 礼装としての着用:結婚式やおめでたい席では、礼装としての着物を選ぶことが多いです。御所車の柄を持つ着物は、その高貴な雰囲気で、まさに礼装として最適です。その際は、帯や小物も同じく格式のあるものを選ぶと、一段と格式の高い装いとなります。
  • その他の慶事:御所車の柄は、幸せや繁栄を象徴するもの。そのため、新しい家を持ったお祝いや、長寿のお祝いなど、さまざまな慶事にもぴったりです。その際には、その日の雰囲気やテーマに合わせて、帯や小物を選び、御所車の柄をより一層際立たせる工夫をすると良いでしょう。

サーモンピンクに扇と御所車の紋付き引き振袖」をご紹介しましょう。こちらも扇の中に御所車が描かれています。たいへん清楚で品のある地色ですね。質の良い錦紗縮緬がサーモンピンクにぼかしで染められています。花嫁さんのお引き摺りに着付けましたが、おはしょりを取って成人式の振袖としてもお召しいただけます。

着物を着ることは、日本の伝統や文化を体感することです。特に、御所車のような伝統的な柄を選ぶ際には、その歴史や背景を感じながら、自分らしい着こなしを楽しんでください。

まとめ

あたたかな日差し、四季の変わり目に風に舞う花々。日本の美しさを映し出すような、それが着物の魅力です。中でも、平安時代の風情を感じさせる御所車の柄は、着る人に特別な気分をもたらします。本記事を通して、その深い意味と、これからの楽しみ方について触れていきたいと思います。

御所車柄の深い意味とは

御所車の柄には深い意味が込められています。平安時代の貴族が乗ったとされる牛車や花車が描かれていて、それぞれが持つ意味や象徴性を知ることで、より一層その柄を深く愛でることができるでしょう。

  • 牛車:平安時代の貴族が乗った乗り物として知られる牛車。この牛車は繁栄や高貴さを象徴しています。また、牛車には四季の花が描かれていて、日本の美しい四季を感じることができます。
  • 花車:花車には多くの花々が描かれています。桜や梅、牡丹など、日本の代表的な花が美しく描かれていて、それぞれの花が持つ意味や願いが込められています。例えば、桜は成長や新しい始まりを、梅は希望や忍耐を、牡丹は繁栄や美しさを象徴しています。

このように、御所車の柄はただの模様ではなく、深い意味や歴史が込められているのです。そのため、この柄を選ぶことで、その深さや歴史を自身の身にまとうことができるのです。

今後の御所車柄の楽しみ方の提案

御所車の柄は、伝統的なものとして多くの人々に愛されていますが、その楽しみ方は一つではありません。以下、これからの御所車柄の楽しみ方の提案をいくつか紹介いたします。

  • 組み合わせの工夫:御所車の柄の着物に合わせる帯や小物を変えることで、異なる印象を楽しむことができます。例えば、華やかな帯を選べば、特別な日の装いとして、シンプルな帯を選べば、日常のお出かけにもピッタリのスタイルを楽しむことができます。
  • レンタルの利用:最近では、高価な着物を購入することなく、レンタルすることで特別な日の装いを気軽に楽しむことができます。成人式や結婚式など、特別な日には御所車の柄の着物をレンタルして、華やかな一日を過ごすのもおすすめです。
  • 異なる柄との組み合わせ:御所車の柄だけでなく、他の古典的な柄やモダンな柄と組み合わせることで、新しい魅力を引き出すことができます。御所車と松竹梅や蝶など、異なる柄を組み合わせることで、より個性的な装いを楽しむことができます。

このように、御所車の柄の着物にはさまざまな楽しみ方があります。伝統的な美しさを持つこの柄を、さまざまな方法で楽しんでみてはいかがでしょうか。

締めくくりとして、御所車の柄は日本の伝統や歴史を感じさせるものです。その深い意味を知り、さまざまな楽しみ方をすることで、日本の美しさや魅力をもっと深く感じることができるのではないでしょうか。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

婚礼イメージ・立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

結婚式の写真だけ撮りたい!フォトウェディングの準備・選び方ガイド

はじめに 結婚式という一生に一度のイベントに対するカップルの価値観は多様であり、それぞれが理想とする形式を追求しています。中でも、「写真だけ撮りたい」というニーズを反映したフォトウエディングは、そのシンプルさと経済性、そ […]

ひとつ前の記事

帯揚げ【oba025】

【着物のプロが監修】帯揚げの歴史と種類、絞り帯揚げの格と合わせ方

はじめに 着物を身にまとうと、時の流れを忘れて、日本の美しい伝統と文化を感じることができます。その中で、「帯揚げ」という小物が存在します。帯揚げは、名前は少し聞き慣れないかもしれませんが、着物のコーディネートをより一層魅 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!