着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

ゆめやTOP画像_卒業式イメージ

【卒業式準備】袴を試着するときは、どんな服装や髪型で行けばいい?

はじめに

袴の試着の基本を押さえる

卒業式や特別な日に袴を着用する前に必ずしておくべきことは、袴の試着です。袴の試着は、いくつかのポイントがあります。

まず、試着の流れを知っておきましょう。一般的には、以下のステップで進めます。

  1. 予約: 試着には事前予約が必要な場合が多いです。特に卒業式シーズンは混雑するので、早めに予約をしましょう。
  2. 服装の選び方: 試着時には、着替えやすい服装で行くことをおすすめします。例えば、タートルネックや脱ぎにくい上着は避けましょう。洋服の上から試着する店舗もありますので、袴に加えて着物も試着するようでしたら、V首のシャツだと仕上がりのイメージが損なわれることがありません。
  3. 持ち物: 必要な小物は事前に用意しておきましょう。あらかじめヘアアクセサリーなどを考えておくと全体のコーディネートをイメージすることができます。

袴の選び方についても、いくつかのポイントがあります。着る人の体型や好み、式のテーマに合わせて選ぶようにしましょう。例えば、スッキリとしたシルエットが好みの場合は、柄が少なく、色が落ち着いた袴を選ぶとよいでしょう。また、袴の丈も大切で、自分の身長に合った長さのものを選ぶことが重要です。袴の丈はブーツの場合と草履の場合で異なりますので、どちらを選ぶか想定しておくと試着の際に役立ちます。

袴選びの第一歩:袴の基礎知識

袴を選ぶ前に、まずは袴の基礎知識を学んでおきましょう。袴は、伝統的な日本の衣服で、特に卒業式や結婚式などのフォーマルな場において着用されます。

袴は種類がいくつかあり、それぞれ異なる特徴があります。例えば、女性用の袴は一般的に長いスカート型で股がありません。このような袴を行燈袴と呼びます。一方、男性用の袴はパンツ型で股が割れています。このような袴は馬乗り袴と呼ばれます。また、袴に合わせる振袖や着物の色や柄も、全体の印象を大きく左右します。

選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  • 色と柄: 自分の好みに合わせて選びましょう。明るい色のものや華やかな柄は、写真映えします。
  • サイズ: 体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。着付けの際にも、適切なサイズの袴だと着付けがスムーズに行えます。
  • スタイル: 袴のスタイルは多種多様です。自分の卒業式のイメージに合ったスタイルを選ぶとよいでしょう。

袴の着付け方法や選び方には、着物の着付けと異なる点があります。例えば、袴の紐の結び方や、袴の下に着用する帯の結び方などです。着物とは異なる点を事前に押さえておくと安心です。

以上の情報を踏まえて袴の試着ができると、卒業式当日をより特別なものにすることができるでしょう。

アンティークきものレンタル ゆめや は、上質な絹糸100%の正絹に、職人が手作業で絵付けや刺繍をほどこしたアンティーク着物をメインにしたレンタルショップです。100年ほども前に仕立てられ、しっとりとした深みを帯びた小振袖に、日本の色の袴を組み合わせると、厳かな式典である卒業式にぴったりの装いになります。まずは1着見てみましょう。

オリーブ色に四君子が咲く小振」は、昭和時代のアンティーク小振袖です。ぼかしの入ったオリーブ色地に、竹・梅・蘭・菊の四つを揃えた、四君子と呼ばれる紋様が描かれ、たいへん高貴な色柄です。この高貴な小振袖には、同じく高貴な色である紫の「紫色の無地の袴 (L)」をコーディネートしました。同じ紫色でも、濃淡の違いや、グラデーションなどたくさんの色がありますので「ゆめやの卒業式」からぜひご覧になってください。

次の章では、具体的な袴の試着プロセスについて詳しく説明します。

袴の試着プロセス

試着の流れ:予約から試着まで

袴の試着は、卒業式で着用する袴を選ぶためにとても重要です。このプロセスは、一見すると単純に見えますが、細かな手順を理解しておくことが大切です。

まず、試着の基本ステップを見てみましょう。

  1. 予約の重要性: 袴の試着は、特に卒業式シーズンになると混雑します。事前に予約をしておくことで、スムーズに試着ができます。予約時には、希望する試着日時、袴や振袖の種類についての希望を伝えましょう。
  2. 試着の服装: 試着時の服装は、着替えやすく、動きやすいものを選びます。例えば、複雑な洋服よりも、シンプルなTシャツとスカートやパンツが適しています。洋服の上から試着する店舗もありますので、袴に加えて着物も試着するようでしたら、V首のシャツだと仕上がりのイメージが損なわれることがありません。
  3. 持ち物と準備: 必要な小物やアクセサリーを事前に用意しておくことが大切です。
  4. 試着時の流れ: 店舗に到着したら、まず受付を済ませ、予約内容を確認します。その後、指定されたブースや部屋に案内され、試着が始まります。

試着の際は、以下のポイントに注意しましょう。

  • サイズの確認: 身長や体型に合った袴を選ぶことが重要です。不安な場合は、店員に相談しましょう。
  • 色と柄の選択: 袴や振袖の色や柄は、自分の好みや卒業式のテーマに合わせて選びます。
  • 着心地の確認: 試着する際には、動きやすさや着心地もチェックしましょう。

試着時の注意点:袴と振袖の組み合わせ

振袖の組み合わせは、卒業式の服装を選ぶ上で最も重要なポイントの一つです。適切な組み合わせを選ぶことで、袴の着姿がより一層美しくなります。組み合わせを選ぶ際のポイントは以下のとおりです。

  • 色の調和: 袴と振袖の色が調和していることが大切です。例えば、振袖が華やかな場合は、袴は落ち着いた色を選ぶと良いバランスになります。
  • 柄の相性: 振袖の柄と袴の柄がぶつからないように選びます。シンプルな振袖には、柄のある袴が映えることがあります。
  • 着物とのバランス: 振袖の袖の長さや、重ね衿のデザインを考慮に入れると、全体のバランスが取れたコーディネートになります。
  • アクセサリーとの組み合わせ: 小物やアクセサリーも重要です。例えば、帯や髪飾りを、振袖や袴のカラーに合わせることで、統一感のあるスタイルになります。

アクセサリーを足さなくても、袴の紐の結び方でアクセントを加えることができますよ。下の二つは同じ袴「山吹色の無地の袴 (L)」「山吹色の無地の袴 (M)」ですが、紐の裏柄に模様があります。模様をたくさん見えるように結ぶか、表の色だけにするかで、印象がずいぶん変わりますね。合わせた着物は、左「グリーンの鹿の子柄に扇面が膨れ織りされた小紋」、右「ぼかしの縮緬に牡丹と揚羽蝶の小振袖」です。どちらも手仕事の温かさに満ちたアンティークの正絹100%で、軽く柔らかい着心地です。

試着時の注意点は、自分のスタイルや好みに合わせて、着心地の良い組み合わせを見つけることです。また、袴と振袖の組み合わせは、自分のオリジナリティを表現する絶好のチャンス。いろいろな組み合わせを試してみることで、自分にとって最適な選択ができるでしょう。

次の章では、袴の試着時の服装とヘアスタイルについて詳しく説明します。

袴の試着時の服装とヘアスタイル

どんな服で行く? 試着時の適切な服装

袴の試着の際には、適切な服装を選ぶことが大切です。これにはいくつかの理由がありますが、主に着替えのしやすさや、着用した際の袴の見栄えを確認しやすいようにするためです。多くの店舗では、袴を試着するときは、服の上から行います。そのため、着付けに影響が出るような服を着ていくと、実際に袴を着用した時と差が生じてしまう可能性があるので注意しましょう。

試着時の適切な服装選びのポイントを紹介します。

  • シンプルなデザイン: 複雑なデザインや装飾が少ない服を選ぶと、袴とのバランスが確認しやすくなります。また、横に広がってしまうようなボリュームのある服装で試着をすると、正しい着姿を確認できないため、シンプルなものを選びましょう。
  • 着替えやすい服装: タートルネックやレイヤードスタイルなど、脱ぎ着が面倒な服は避けましょう。シンプルなTシャツやボタンシャツが理想的です。
  • 動きやすさを考慮: 試着中にさまざまな動きをするため、動きやすい服装を選びましょう。ストレッチが効いた素材やパンツが適しています。
  • 色と柄の選択: できるだけ無地かシンプルな柄の服を選ぶと、袴の色や柄との相性を確かめやすくなります。
  • 衿の深い服装: 試着する際に重要なポイントの一つが衿合わせです。洋服の上から着物を試着する場合は、首周りの感じを確認するために、首元を隠さないような衿の深い服装で試着に臨みましょう。V首のシャツだと、仕上がりのイメージが損なわれることがありません。

これらのポイントを踏まえることで、袴の試着時に快適で、適切な選択をすることができます。試着をすることで卒業式の日のイメージを事前にしっかりと描くことができるため、どんな服装で試着をするかがたいへん重要です。

試着に適したヘアスタイルとは?

袴の試着の際には、ヘアスタイルも重要な要素です。卒業式当日の髪型を想定しておくと、全体の印象をよりリアルにイメージすることができます。

試着に適したヘアスタイルのポイントは以下のとおりです。

  • シンプルなスタイル: 試着時は、複雑なヘアスタイルよりもシンプルなものが適しています。例えば、ロングヘアの場合はポニーテールやハーフアップなど、顔周りがすっきり見えるスタイルがよいでしょう。
  • 卒業式のイメージに合わせる: 卒業式当日に想定しているヘアスタイルがあれば、それに近い形で試着に臨んでみましょう。これにより、ヘアスタイルと袴との相性を確かめることができます。
  • ヘアアクセサリーの使用: 試着の際に、卒業式で使用する予定のヘアアクセサリーを持参すると、より具体的なイメージが湧きます。ただし、試着中に簡単に外せるものを選ぶことが望ましいです。

袴の試着では、試着時の服装とヘアスタイルが全体の印象に大きく影響します。適切な服装とヘアスタイルを選ぶことで、卒業式当日を想定した着姿を確認し、自分らしく、かつ華やかに過ごせる袴を選ぶことができるでしょう。

次章では、袴レンタルのポイントについて詳しく説明します。

袴レンタルのポイント

レンタル袴の選び方:価格とデザイン

袴のレンタルを考える際に、価格とデザインは重要な選択基準です。卒業式という特別な日にふさわしい袴を選ぶためには、これらの要素をバランスよく考慮することが必要です。

価格の考慮

  • 予算設定: まずは予算を設定しましょう。レンタル料金は店舗や袴の種類によって異なります。
  • コストパフォーマンス: 価格と品質のバランスを考え、コストパフォーマンスの良い選択を目指しましょう。
  • 追加料金の確認: 付属品や特別なデザインの袴には追加料金がかかる場合があるので、事前に確認しておくことが重要です。

デザインの選択

  • 個性とトレンド: 自分の個性を表現できるデザインと、流行を取り入れたトレンドデザインの両方を考慮しましょう。
  • 色と柄の選び方: 色や柄は、自分の好みはもちろん、振袖や着物とのバランスを考慮して選びます。
  • 試着の重要性: 実際に試着してみて、着心地や見た目をチェックすることが大切です。写真やカタログだけで選ばず、直接試着してみることをおすすめします。

袴レンタルの予約と時期:卒業式に向けて

袴のレンタルにおいて、予約と時期はたいへん重要です。特に卒業式シーズンは予約が込み合うため、早めに行動することがポイントです。

予約のポイント

  • 早めの予約: 卒業式の1年〜半年前には予約を済ませることが理想的です。人気のデザインやサイズは早期に埋まることが多いためです。
  • 詳細の確認: 予約する前に、レンタル期間、返却方法、キャンセルポリシーなどの詳細を確認しましょう。
  • サイズとデザインの確認: 予約時には、サイズやデザインの希望を明確に伝えることが大切です。

レンタル時期の考慮

  • 卒業式の日程: 卒業式の日程を確認し、それに合わせてレンタル期間を設定します。
  • 前撮りのスケジュール: 卒業式前に写真撮影を予定している場合は、撮影日に合わせてレンタル日を調整します。
  • 余裕を持ったスケジュール: 万が一のために、卒業式の数日前からレンタルすることをおすすめします。

袴のレンタルは、卒業式を彩る大切な要素の一つです。価格とデザインのバランスを考慮し、適切な時期に予約することで、スムーズで満足のいくレンタルができます。

ゆめやでも、1年前から半年前にかけてのご試着が多いです。半年前までですと、ある程度、着物や袴が揃っていますので、かなり豊富な種類の中から選んでいただくことができます。ゆめやのレンタルは、ネットや電話で試着のお申し込みをいただき、東京店や山梨店またはご自宅にて試着。お気に召したら正式にご予約を入れていただき、小物は全てゆめやのベテランスタッフがコーディネートしてお届けいたします。

ご自分で小物を選んでいただくこともできますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。かんざし/髪飾りだけは、ヘアスタイルやお好みにより、要不要の分かれるところですので、別オーダーとさせていただいております。ご着用後は専用の伝票で返送いただくだけでOKです。

次の章では、試着での持ち物と準備について詳しく説明します。

試着での持ち物と準備

試着に必要な持ち物リスト

袴の試着には、忘れてはならないいくつかの持ち物があります。これらを準備することで、試着をスムーズに行えるようになります。

必要な持ち物

  • メモ帳やカメラ: 試着中の感想や気に入った点、改善したい点をメモするためのメモ帳や、着姿を写真に収めるためのカメラ(スマートフォンでも可)。
  • 必要な小物: 袴に合わせたい巾着小物類もあれば持参しましょう。これにより、全体のコーディネートをより具体的にイメージできます。

持ち物の準備ポイント

  • 事前の準備: 試着日の前日までには、必要な持ち物を全て揃えておくことが大切です。
  • 忘れ物防止: 出かける前にリストを作成し、持ち物を確認しましょう。
  • 持ち運びやすさ: 大きな荷物にならないよう、必要最小限の持ち物にすることが望ましいです。

試着前の事前準備:意外と知らないポイント

試着前の準備は、スムーズに試着を行うためには欠かせません。特に、以下のポイントに注意して準備を行いましょう。

事前準備のポイント

  • 身体のケア: 試着前には、身体のケアも忘れずに。特に、ネイルやスキンケアは袴着用時の見た目に影響を与える可能性があります。
  • リラックスすること: 試着は思ったよりも時間がかかることがあります。リラックスして臨めるよう、前日は早めに休むことをおすすめします。
  • 事前のリサーチ: 試着に行く店舗の場所やアクセス方法、試着に関するポリシーを事前にリサーチしておくと安心です。

準備の重要性

  • スムーズな試着: 事前準備を行うことで、試着当日がスムーズに進行しやすくなります。
  • 不安解消: 事前に心の準備をしておくことで、当日の不安を軽減できます。
  • 自分のイメージに合った選択: 事前にイメージを固めておくことで、よりイメージに合った選択ができるようになります。

試着での持ち物と事前準備は、袴選びのプロセスにおいてたいへん重要なステップです。これらを適切に行うことで、卒業式のための袴選びをより楽しく、効率的に進めることができるでしょう。

次の章では、袴の着付けと脱ぎ方について詳しく説明します。

袴の着付けと脱ぎ方

袴の着付けの基本

袴の着付けは、美しい装いを完成させるために重要なプロセスです。着付けが初めての方には少し難しく感じられるかもしれませんが、基本的な流れを理解しておくと、安心して着付けができます。

着付けの基本ステップ

  1. 下着類の着用: 着物用の下着を身につけます。これには肌襦袢や裾除けなどが含まれます。
  2. 着物の着用: 着物を正しく着用します。衿元はきれいに整え、左衿が上にくる(右前)ように注意します。
  3. 帯の結び方: 帯をしっかりと結びます。結び目は後ろにくるようにして、前でしっかりと調整します。
  4. 袴の着用: 袴の前紐は後ろで、後紐は前で結び、適切な位置に調整します。袴の丈は、草履の場合は足のくるぶし辺りになるようにします。ブーツの場合はブーツを見せたい長さで丈を調整します。

着付けのポイント

  • サイズの確認: 袴のサイズが自分の体に合っているかどうかを確認します。サイズが合わないと、着付けが難しくなります。
  • 着物とのバランス: 着物の袖と袴の丈がバランス良くなるように調整します。
  • 動きやすさの確認: 着付け後に、歩いたり座ったりして動きやすさを確認します。

袴を脱ぐ際の注意点:安心して脱ぐ方法

袴を脱ぐ際にも、いくつかの注意点があります。袴や着物を傷めないように、また次に着る時のためにも、正しい方法で脱ぎましょう。

脱ぎ方の基本ステップ

  1. 袴の紐の解き方: 袴の紐を、丁寧にほどきます。
  2. 袴の脱ぎ方: 袴を腰からゆっくりと下ろしていきます。この際に、着物を傷めないように注意します。
  3. 帯の解き方: 袴を脱いだら、着物の帯を解きます。帯結びをゆっくりと解いていくことが大切です。
  4. 着物の脱ぎ方: 着物を傷めないように、丁寧に脱ぎます。

脱ぎ方の注意点

  • 丁寧に扱う: 袴や着物はデリケートな素材で作られていることが多いので、丁寧に扱うことが大切です。
  • 汚れの確認: 脱ぐ際に、袴や着物に汚れがついていないか確認し、汚れがあればすぐに対処します。
  • 保管の準備: 脱いだ後の袴や着物は、次に着るために適切に畳んで保管します。

袴の着付けと脱ぎ方をマスターすることは、卒業式などの特別な日に自信を持って袴を着こなすために重要です。正しい方法を学び、慎重に脱ぎ着することで、袴を美しく着こなし、大切に保管することができます。

次の章では、試着後の検討と決定について詳しく説明します。

試着後の検討と決定

試着後の検討:肝心なのは?

袴の試着後、実際にレンタルや購入を決める前に、いくつかのポイントを慎重に検討する必要があります。試着で気付いたことをもとに、最終的な選択を行う際に考えるべき点を見ていきましょう。

検討すべきポイント

  • フィット感: 体にしっくりくるサイズ感や着心地は、長時間の着用を考えるとたいへん重要です。
  • 色やデザイン: 自分の好みはもちろん、振袖や着物とのバランスも考慮して選びます。
  • 動きやすさ: 卒業式では動く場面がたくさんありますので、動きやすさも重要な判断基準です。
  • 全体の印象: 試着時の写真を見返して、全体の印象やスタイルが自分のイメージに合っていることを確認します。
  • 価格: 最終的な予算と照らし合わせて、価格が適切かどうかを考えます。

重要なのはバランス

  • 自分らしさ: 自分の個性を反映した、自分らしい選択をすることが大切です。
  • イベントに適したスタイル: 卒業式などのイベントに適したスタイルかどうかも考慮しましょう。
  • 総合的な満足度: いろいろな要素を総合的に考えた時に、満足できる選択をすることが重要です。

試着結果を元にした袴選び

試着結果を踏まえた上で、袴を選ぶ際には、以下のポイントを頭に置いて決定するとよいでしょう。

選び方のポイント

  • 試着時のフィードバック: 試着時の感触や、メモした点を参考にします。
  • スタイルの再検討: 試着時の写真を見返し、スタイルを再検討します。特に、全体のバランスや色の組み合わせを注意深く見ます。
  • 着用シーンを想像: 卒業式当日を想像し、そのシーンに合った袴を選びます。
  • アドバイスの活用: 店員のアドバイスや友人の意見も参考にしましょう。

決定に至るまで

  • じっくり時間をかける: 焦らず、十分に時間をかけて検討しましょう。
  • 最終的な確認: 全てのポイントを再確認し、納得できる選択を心がけます。
  • 予約や購入: 決定したら、レンタルや購入の手続きを進めます。

袴選びは卒業式という一生の思い出に残る日のための大切な準備です。試着をすることによって分かることがたくさんあります。それにより、自分にとって最適な選択をすることが、満足のいく卒業式を迎えるための鍵となります。

これから広い大空に羽ばたく卒業式では、「唐草の青地に雲取薬玉の小振袖」と袴の組み合わせもお似合いです。唐草紋様が織り出された青い地に、「花くす玉」が描かれた、大正時代から昭和にかけての、贅を尽くしたアンティーク小振袖です。NHK朝の連続ドラマ「とと姉ちゃん」でも使用されました。くす玉にはおめでたい花々が描かれ、牡丹の花芯には丁寧な刺繍もほどこされ、卒業式にふさわしい小振袖です。袴は、左のようなあずき色から、もっと深い赤まで色幅がございますし、紺・紫・白でも合うでしょう。

まとめ

袴の試着の重要ポイント再確認

袴の試着は、卒業式の袴を選択する上で欠かせないプロセスです。袴の試着における重要なポイントを再確認しましょう。

重要なポイント

  • 試着の予約と準備: 事前の予約と試着に適した服装、持ち物の準備が重要です。
  • フィット感と着心地の確認: 体に合ったサイズ感と快適な着心地であることを確かめます。
  • 色とデザインの選択: 自分の好みや着物との調和を考えた色とデザインの選択が大切です。
  • 動きやすさ: 卒業式の日に動く場面を考え、動きやすさを確認します。
  • 全体の印象: 試着時の写真を参考に、全体の印象をチェックしましょう。

試着の重要性

  • 自信を持てる選択: 試着を通して、自信を持って選ぶことができます。
  • イメージの具体化: 自分がどのように見えるかの具体的なイメージを持つことができます。

無事に卒業式を迎えるための最終チェック

袴選びは終わりに近づきましたが、卒業式当日を無事に迎えるために最終的なチェックを行いましょう。

最終チェックのポイント

  • レンタルまたは購入の確認: 選んだ袴のレンタルまたは購入が完了していることを確認します。
  • 着付けの予約: 必要であれば、着付けのプロフェッショナルに予約を入れます。
  • アクセサリーや小物の準備: 卒業式当日に必要なアクセサリーや小物を準備します。
  • 試着時のメモの再確認: 試着時にメモしたポイントを再確認し、準備が整っているかどうかチェックします。

安心して迎えるために

  • 余裕を持った準備: 慌てず、余裕をもって準備を進めましょう。
  • 当日のスケジュール確認: 卒業式当日のスケジュールを確認し、時間に余裕をもって行動します。

この記事を参考に、袴の試着の重要ポイントを押さえ、自分らしい袴を選び、特別な卒業式の一日を過ごしましょう。準備をしっかり整えて、当日を心から楽しんでください。

〈参考記事〉
https://hakama.mai-jp.net/blog/2022/08/15/
https://www.saganokan.com/hakama/content/8092/
https://www.yumeyakata.com/hakama/hakama_sizeinfo.html

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

白地に大きなバラの総絞りの色振袖【fui112】

【着物のプロ監修】安心の振袖レンタル!成人式向けセット選びの秘訣

はじめに 成人式は、日本の伝統的行事で、多くの若い女性にとっては特別な意味をもちます。成人式の日には、華やかで美しい振袖を着用することが一般的ですが、振袖を一式揃えることは、高い費用がかかるだけでなく、反物から仕立てる場 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!