松に鶴、宝尽くしに源氏車と鼓の黒引き振袖【fuh13】

【2024年最新版】引き振袖で魅了する!和装花嫁のための披露宴ガイド

はじめに:引き振袖で行う結婚式・披露宴の魅力

結婚式や披露宴は、人生の中で最も記憶に残る美しい瞬間の一つです。とりわけ花嫁の衣装は最も参加者の注目を集め、式を華やかに彩ります。和装における花嫁衣裳の代表格といえば「白無垢」や「色打掛」ですが、実は最近「引き振袖」を選ぶ方も増えているのです。ここでは、引き振袖を着て行う式の魅力を詳しくご紹介します。

伝統的な花嫁衣裳の一つ、引き振袖とは?

引き振袖は、「おひきずり」や「本振袖」などとも呼ばれるもので、成人式の際に着用する中振袖よりも袖が長く、格式の高い振袖です。また、裾に「ふき綿」と呼ばれるものが入っており、裾が長く地面を引くように設計されています。

大ぶりな袖や厚みのある裾が花嫁の動きに合わせて優雅に揺れ動く様は、大変絵になります。最も格式が高いのは黒の引き振袖だとされていますが、近年では白や赤などの華やかな色のものも多いです。
また、帯や筥迫(はこせこ)、角隠し(つのかくし)などの小物も、引き振袖の美しさを一層引き立てる重要な役割を果たします。

レトロブームで再び注目を集める引き振袖の魅力

江戸時代後期頃に和装の婚礼衣装として用いられるようになった引き振袖は、実は昭和初期頃までは、白無垢や色打掛よりも主流だったそうです。中でも最も格式が高いとされているのが、黒引き振袖。諸説ありますが、御殿(貴族の邸宅)で働く女中の装いに似せて作られているそうです。御殿の女中は当時の女性にとって憧れの職業だったため、その装いを真似たとされています。

黒色といえば現代では“喪”のイメージが強く、徐々に婚礼衣装としては主流ではなくなっていきました。しかし、最近では華やかな色合いの引き振袖も非常に多くなっていて、選択の幅も広がっています。例えば、「アンティークきものレンタルゆめや」で取り扱っているものには、伝統的な黒引き振袖でありながらもオレンジを基調とした、色鮮やかなものもあります。

松に鶴、宝尽くしに源氏車と鼓の黒引き振袖【fuh13】

多彩な色で染められた鶴が目を引く、アンティークな黒引き振袖です。艶やかなオレンジ系の色使いの中に、源氏車、鼓、鶴の羽など、青、紫、緑が使われ、全体を引き締めています。

見ていただくとわかるとおり、引き振袖には「レトロなのに新しい」「大人っぽい雰囲気」「スタイリッシュ」などといった声もたくさんあり、その魅力が再認識されています。「他の人とは違った、自分だけの特別な結婚式にしたい!」そんな思いのある方にはぴったりの選択肢かもしれませんね。

和装婚ならどれが最適?引き振袖と白無垢・色打掛との違い

そうはいっても、和装婚といえばやはり、白無垢や色打掛のイメージが強い方も多いのではないでしょうか。そこでここでは、和装婚の代表格である白無垢や色打掛と、引き振袖との違いをわかりやすく解説します。

白無垢と引き振袖の比較

白無垢と引き振袖の大きな違いは、やはり色に由来する印象の違いが最も大きいでしょう。

白無垢は婚礼衣装の中で最も格式が高く、純白で統一された装いには清廉さや純粋さを感じます。白無垢の白色には、結婚する「お相手の色に染まる」という意味合いもあります。また、白無垢には基本的に日本髪を合わせます。

一方で、引き振袖の基本色となるのは、黒色です。黒色はどんな色にも染まらないことから、結婚する「お相手の色以外には染まらない」という意味も込められています。さらに引き振袖は、洋髪との相性も良いのが特徴です。

また、白無垢は体のラインを隠してしまうのに対し、引き振袖はどちらかというと、体のラインやスタイルを引き立てる装いである、といった違いもあります。

色打掛と引き振袖の比較

婚礼衣装としては白無垢と同格となる色打掛。白無垢以外の打掛はすべて、色打掛と呼ばれます。色打掛の最も大きな特徴はやはり、華やかで豪華な柄やカラフルな色合いです。

打掛が着物の柄を魅せる装いであるとしたら、引き振袖は帯の柄や特徴的な結び方を魅せる装いであるといえますね。ただ、引き振袖のカラーといえば以前は黒基調のものが多かったのですが、近年ではよりカラフルな色合いの引き振袖も増えており、選択肢は豊富です。

その他の違いとしては、引き振袖は比較的軽い装いであることが特徴です。白無垢も色打掛も、引き振袖の装いにさらに一枚羽織るような形になるので、着たときにはかなりずっしりとした重さを感じます。色打掛の場合、重い物では総重量が5kgを超えることもあるようです。

いずれにしても、どの衣装を選ぶかによって花嫁のイメージは大きく異なります。清廉潔白な花嫁のイメージなら白無垢、豪華絢爛で華やかなイメージなら色打掛、スタイリッシュでクールなイメージなら引き振袖といったように、イメージで選ぶのも一つです。

花嫁の印象を左右する引き振袖の選び方

近年の引き振袖は、カラーやデザインも多様化しており、たくさんの選択肢があります。ここでは、色やデザインの観点から、どのように引き振袖を選べばいいのかについて解説していきます。

メインの色次第で印象が大きく変わる

引き振袖を選ぶ際に最も重要な要素の一つは、色です。ここでは伝統的でお祝いにもふさわしい3色とその他の色をご紹介します。気になる色があればいくつか試着をしてみて、似合うものを選んでみてください。

  • 伝統的な「黒」でスタイリッシュな印象に
    引き振袖の最も伝統的なカラーである黒色は、やはり品や格を感じさせます。「あなた意外に染まらない」という色に由来した意味合いも、とても素敵ですよね。
    黒をメインカラーに据えると、全体的に引き締まった印象でスタイルが良く見える利点もあります。伝統を重んじる方や派手な色味を好まない方に最適です。
  • 華やかな「赤」で色打掛のような鮮やかさを
    日本ではお祝いの定番色である赤色。赤色の引き振袖には、色打掛のような華やかさもあります。結婚式や披露宴らしくより華やかな装いにしたい場合は朱色に近い赤、大人っぽい雰囲気にまとめたい場合は茜色に近い赤がおすすめです。
  • 縁起の良い「金」で見る人にも幸福を
    目を見張るような輝かしい金色は縁起も良く、昔からお祝い事には大変重宝されてきた高貴なカラーです。特に、引いて歩く裾の部分にメイン色として金色があしらわれた引き振袖は、非常に豪奢で目を引きます。
  • パステルカラーで清廉さや純真さを演出
    近年人気を集めているのは、黒や赤、金といった伝統的なカラーではなく、淡いパステルカラーの引き振袖です。柔らかで優しい雰囲気があり、かわいらしい装いを好む方におすすめです。特に、ピンクや水色といったカラーには人気があります。

花嫁を引き立てるデザインの選び方

引き振袖を選ぶ際にもう一つ重要な要素となるのが、デザインです。特に、引き振袖は白無垢や色打掛と違ってスタイルを活かした装いになるので、ご自身のスタイルに合わせてデザインを選ぶのも重要です。

例えば、身長が高い方やスポーツをされている方には、引き振袖のメインの色がしっかりと活かされているデザインのものがおすすめです。柄は少ないながらもポイントにあしらわれており、一つ一つの柄が大ぶりのものがよく映えます。

身長が低めの方や小柄な方には、小ぶりの柄がたくさんあしらわれているものがおすすめ。全体のバランスが良くなります。

和装婚に必要な知識:小物の選び方や当日のマナー

結婚式や披露宴を和装で執り行う際、衣装だけでなく、小物選びや当日の流れについての知識も不可欠です。和装での結婚式は洋装に比べて独自のルールや伝統があり、それらを理解することで、スムーズかつ印象深い式を実現できます。ここでは、引き振袖に合った小物の選び方や式当日の流れ、マナーについて掘り下げていきます。

引き振袖に合う和装小物の選び方

引き振袖で最も重要になるのは、帯の選択です。帯の上に打掛を羽織る白無垢や色打掛の装いとは異なり、引き振袖は帯を魅せる装いでもあります。また、立ち姿の美しさが際立つ装いでもありますので、全体のバランスが非常に重要です。

引き振袖の色やデザインを考慮して、帯の色、デザイン、結び方を決定しましょう。コーディネートの肝となる引き振袖と帯が決まったら、全体のバランスを考慮しながら、筥迫(はこせこ/引き振袖の胸元に入れるポーチのような和装小物)、帯締め、帯揚げ、扇子などの小物を選んでいきます。

例えば、筥迫は引き振袖と同じ系統の色で統一感を出すと良いでしょう。また、帯締めや帯揚げは、帯と調和する色を選ぶと全体のバランスが取りやすくなります。

さらに、引き振袖の場合はヘアセットとの調和も重要なポイントの一つです。引き振袖の場合は白無垢と同様に角隠しも着用できますし、洋髪で整えることも可能です。引き振袖の色やデザイン、花嫁のイメージに合わせて最適なものを選びましょう。

和装婚には独自の流れやマナーがある

和装の結婚式には、神前式や人前式(披露宴の流れの中で挙式を行う形式)などさまざまなスタイルがあります。どのスタイルを採用するかによって参列する方や当日の流れが大きく異なってくるため、それぞれの式の流れを理解し、計画的に進めることが大切です。

特に伝統的な神前式では、参列者にも一定の作法やマナーが求められます。神前式というと以前は家族や親族のみで行うことほとんでしたが、近年では友人を呼ぶケースも多いようです。参列者が増えれば増えるほど、事前に作法やマナーなどをしっかりと共有しておくことが大切です。

着物を着る機会も少なくなった現代、和装での結婚式は参列者にとっても、日本の美しい伝統と文化を感じさせる特別な体験です。この機会に、和装の魅力を最大限に活かし、一生の思い出に残る結婚式や披露宴を計画しましょう。

撮影のポイント:引き振袖で永遠の思い出を残す

結婚式の中でも特に重要な瞬間の一つが、写真撮影です。引き振袖は特に立ち姿が美しい装いですから、写真映えもバッチリ。このセクションでは、前撮りと当日撮影のポイント、プロに撮影をお願いする際のポイントについて解説します。

前撮りと当日撮影のポイント

前撮り
結婚式の数週間から数ヶ月前に行われる前撮りは、当日の忙しさから解放され、ゆったりとした雰囲気の中で撮影できる機会です。前撮りでは、自然光を活かした屋外撮影や、特別なロケーションでの撮影が可能です。このとき、引き振袖の豪華さを引き立てるために背景や小物を工夫すると良いでしょう。

ただし、小物類の持ち込みには別途料金が発生する場合もあります。また、前撮りの際に家族を呼ぶ場合も追加料金が必要な場合があるため、事前に確認しておきましょう。

前撮りの日は式当日に比べて時間的な余裕はありますが、和装での撮影は特に花嫁にとって、少なからず負担となります。短い時間で効率よく済ませるのがポイントです。撮影したいロケーションやポーズが決まっている場合は、あらかじめ整理して撮影前にカメラマンに伝えておくと◎。もちろん、すべてカメラマンにお任せするのも一手です。

当日撮影
結婚式当日の撮影では、式の雰囲気やゲストとの一瞬一瞬を大切に捉えます。挙式や披露宴の間の限られた時間の中で、効率よく撮影を行うことが重要です。引き振袖の美しさを最大限に引き出せるよう、導線や照明に関して式場スタッフと、当日の流れや撮影のタイミングを参列者と、事前に相談しておくと安心です。

結婚式や披露宴でプロに撮影をお願いする際のポイント

前撮りだけでなく式当日の撮影もプロにお願いすれば、より印象的な写真を残すことができます。特に引き振袖といえば、大ぶりな裾や袖の動きが他の和装にはない魅力です。そうした特徴を活かしたダイナミックな撮影も、プロにお願いすれば可能になるでしょう。

式場にプロのカメラマンを呼んで撮影をお願いする場合は、事前の共有が最大のポイントになります。最高の一瞬を逃さないように、式当日の流れ、どのタイミングでどのような瞬間を切り取ってほしいかなど、入念に打ち合わせをしておきましょう。

和装婚で両家の親族との絆を深めよう

結婚式や披露宴は、2人の結びつきを祝うだけでなく、両家の親族間の絆を深める大切な機会です。特に和装での式は、日本の伝統に根ざした格式高い演出が可能で、両家の親族が一堂に会する貴重な時間を豊かにします。ここでは、和装婚だからこそできる結婚式や披露宴での特別な演出について詳しくご紹介します。

両家の絆を深める和装婚ならではの演出

和装婚で式を執り行うのであれば、日本の伝統を取り入れつつ親族も交えて行えるような演出がおすすめです。例えば、会場全体が一体となって盛り上がれる「鏡開き」や、みんなで順番に餅をついていく「餅つきリレー」などがあります。

また、新郎新婦がそれぞれの実家から汲んできた水を一つの盃に注ぐ「水合わせの儀」といった伝統的な儀式もあります。混ざり合った水は再び分けられないことから、夫婦の新たな門出を祝う意味が込められています。

伝統を活かした演出は他にもさまざまありますので、式場の方にも相談しながら和装婚を活かした特別な演出ができるといいですね。

和装婚ならではの父との特別な瞬間

父との歩み:結婚式や披露宴において一際感動を呼ぶのは、花嫁が父親と共に登場するシーンではないでしょうか。花嫁が引き振袖を着用するのであれば、お父さまにも合わせて和装をお願いするといいかもしれません。

その際、お互いに実家の家紋が入った小物を身につけたりするのも、粋な演出です。花嫁が新たな人生を歩み出す象徴的な瞬間を、さらに印象的なものに彩ってくれるでしょう。

和装婚の実践的アドバイス:衣装の費用を含めた予算の考え方

結婚式や披露宴の準備において、衣装代を中心とした全体の予算計画は最重要ポイントの一つ。特に和装を選ぶ際には、衣装や小物、式場の選定など、多くの要素を考慮に入れる必要があります。ここでは、引き振袖に関する費用の考え方と、結婚式や披露宴全体の予算計画、節約のヒントについてご紹介します。

コスト削減につながる引き振袖の費用の考え方

引き振袖の費用は、新調、レンタル、手持ちのリメイクなど、どれを選択するかによって大きく異なります。新調する場合、オーダーメイドの引き振袖は非常に高額になりがちですが、一生に一度の特別な日に最高の品質を求める方には最適です。生地の選択から始まり、柄の入れ方や仕立てに至るまで、細部にわたって自分好みにカスタマイズできる利点があります。

一方、レンタルする場合は、比較的低コストで多様な選択肢から選べます。全体の価格を抑えられるので、引き振袖そのものはもちろん、帯やその他の小物に至るまで、妥協せずに希望を優先できるかもしれません。ただし、レンタル品は早い段階で予約が必要な場合が多く、特にブライダルシーズンには希望のものが予約できない可能性も考えておかなければなりません。

家族から受け継いだものなど、既存のものを利用する場合も、比較的低コストで抑えられます。小物などそのまま使えるものはそのまま利用し、自分好みにリメイクしたいものは手を加えてみましょう。リメイクが必要な場合は式の日取りに合わせ、余裕を持った早めの準備が重要です。

結婚式・披露宴全体の予算計画と節約のヒント

結婚式・披露宴の予算を計画する際には衣装以外にも、食事や飲み物、会場の装飾、エンターテイメント、写真撮影など、多くの要素を考慮に入れる必要があります。以下に、費用を節約するためのヒントをいくつかご紹介します。

  • 会場選び:高級ホテルや有名な式場は魅力的ですが、費用も高額になりがちです。予算に合わせて、公共の施設やレストラン、自然豊かな屋外など、代替の会場を検討することが節約につながります。
  • 食事と飲み物:高級なコース料理ではなく、ビュッフェスタイルや地元の料理を選ぶことで、食事関連の費用を抑えられます。また、飲み物についても、無制限のオープンバーではなく、セレクトされた飲み物を提供することでコストを削減できます。
  • 装飾とエンターテイメント:装飾に関しては、シンプルかつスタイリッシュなアプローチを取ることで、見た目に妥協せず大幅な節約が可能です。自分たちで装飾品を作るDIYや、季節の花を利用するのも良い方法です。エンターテイメントに関しては、地元のアーティストを雇う、友人や家族の伝手を頼るといったことで費用を抑えられます。
  • 写真撮影:プロのカメラマンを雇う代わりに、才能のある学生や趣味で写真を撮る友人に頼むのも一つの選択肢です。重要なのは特別な瞬間を捉えることであり、必ずしも高額なプロのサービスに頼らなくても、美しい写真は撮影できます。

費用と予算の計画は、結婚式や披露宴を成功させるための重要なステップです。節約は必要ですが、同時にこの特別な日を最大限に楽しむことも大切です。しっかりと計画を立て、賢く選択することで、忘れられない美しい結婚式・披露宴を実現しましょう。

まとめ:引き振袖を活かした結婚式・披露宴の魅力と成功への道

最後に、引き振袖で彩る結婚式・披露宴を成功に導くための、最終的なチェックポイントを以下にまとめます。

引き振袖で行う結婚式・披露宴の特別な魅力

和装婚は、その伝統的な美しさと格式で特別な魅力を持っています。特に、引き振袖にはモダンな魅力があり、スタイリッシュなその装いは花嫁を一段と際立たせます。日本の美しい文化と伝統を体現し、新郎新婦の特別な日をさらに印象深いものとしてくれるでしょう。

また、現代では身につけることも見かけることも少なくなった和装は、ゲストにも新鮮な驚きを与え、式の思い出をより鮮明なものにしてくれるはずです。

結婚式・披露宴を成功させるための最終チェックリスト

引き振袖での結婚式・披露宴を成功に導くための、チェックポイントを改めて以下にまとめます。

  • 衣装の最終確認:引き振袖やその他の装いが完璧な状態であることを確認し、必要な小物やアクセサリーがそろっているかもチェックします。事前の試着や前撮りの際にチェックしておくのも◎。
  • 会場の装飾と設営:会場の装飾が計画通りに進んでいるか、また当日の設営スケジュールが確定しているかを確認します。
  • タイムスケジュールの最終確認:式と披露宴のタイムスケジュールが確定しており、関係者全員がスケジュールを理解しているか確認します。
  • ゲストリストと座席の最終確認:ゲストリストを再確認し、座席の配置が適切に行われているかを確認します。特に重要な親族やVIPゲストの座席に注意を払います。また、和装での結婚式・披露宴であることを、ゲストへ事前に周知しておくことも大切です。
  • 食事と飲み物の確認:披露宴で提供される食事と飲み物のメニューが最終的に決定しているか、特別な食事制限やアレルギーに対応しているかを確認します。
  • エンターテイメントの確認:音楽やパフォーマンス、余興などのエンターテイメントが計画通りに進むか、事前にリハーサルを行って問題がないかをチェックします。
  • 不測の事態への対応:起こり得るトラブルを予測し、あらかじめ対応方法を関係者と共有しておきましょう。

引き振袖をはじめとする和装での結婚式や披露宴は、新郎新婦の幸せな門出を華やかに彩り、ゲストにも忘れられない思い出を提供します。最後に、この特別な日を心から楽しむことを忘れずに!

〈参考記事〉
https://www3.yumeyakata.com/bridal/item_hikifuri_/W020.html
https://wakon-style.jp/iroha/6339/#5-5
https://wakon-style.jp/iroha/6553/#i-5
https://wakon-style.jp/iroha/6526/#i-13
https://kimono.tagaya.co.jp/news/kimono_rental/detail/8328/
https://wakon-style.jp/iroha/6404/#5
https://www.hitotoki-online.com/shopdetail/000000020959/
https://wedding-sawaragi.com/kuro-hikifurisode/
https://orifuri.com/sblog/weddingterm/hikifurisode.php
https://rental.madoi.co.jp/wedding/knowledge/style/#:~:text=%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%A1%E3%82%89%20%E2%86%92-,%E5%BC%95%E3%81%8D%E6%8C%AF%E8%A2%96%EF%BC%88%E3%81%B2%E3%81%8D%E3%81%B5%E3%82%8A%E3%81%9D%E3%81%A7%EF%BC%89,%E3%81%AA%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%92%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/dress/japanese-style/13/
https://selady.jp/articles/145?page=2#bid-1579678382686

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

婚礼イメージ・立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

結婚式の写真だけ撮りたい!フォトウェディングの準備・選び方ガイド

はじめに 結婚式という一生に一度のイベントに対するカップルの価値観は多様であり、それぞれが理想とする形式を追求しています。中でも、「写真だけ撮りたい」というニーズを反映したフォトウエディングは、そのシンプルさと経済性、そ […]

ひとつ前の記事

白黒市松の梅と手毬のつまみ細工に白い造花のかんざし【kzs051】

【2024年版】成人式で輝く!ボブヘアにぴったりの髪飾りと髪型ガイド

はじめに 成人式は、若者が大人の仲間入りをする重要な日です。この特別な日には、伝統的な振袖や着物を身にまとい、華やかに飾り立てた髪型で参加します。特にボブヘアは、そのシンプルさと洗練されたスタイルで、多くの注目を集めてい […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!