卒業式イメージ

【女子大学生必見】卒業式の服装は袴?スーツ?専門家が選び方をご紹介!

はじめに

【女子大生必見】卒業式の服装についての基本知識

卒業式は、大学生活の終わりを飾る特別な日です。この日に着る服装は、その後の思い出に大きく影響することでしょう。卒業式の服装といえば、多くの方が思い浮かべるのは「袴」「スーツ」ですね。しかし、どのようにしてこれらを選び、どのように着こなすかは、意外と知られていないものです。

まずは、袴とスーツの基本的な違いから見ていきましょう。袴は、伝統的な和装で、華やかさと格式を兼ね備えています。一方、スーツは、もう少しカジュアルでありながらも、正装としての役割を果たします。どちらを選ぶかは、あなたの大学や式典の雰囲気、個人の好みに大きく関係します。

大学生活の終わりを飾る特別な一日

卒業式は、大学生活を象徴するイベントの一つです。友人や教授たちと共に過ごした時間、試験や課題に努力した日々、そして成長した自分自身を祝福する日です。この日の服装は、これまでの学生生活を締めくくるとともに、新しい社会人としての一歩を踏み出すための準備でもあります。

大学の卒業式では、一般的に女性は振袖や袴、またはスーツを着用します。

振袖は未婚女性の第一礼装であり、とても格式が高い服装です。一方袴は振袖とは異なり、ややカジュアルな印象。しかし、袴の下に振袖を着用する場合が多いため、式典に着用できる格式のある服装となります。スーツはリクルートスーツとは異なり、もう少し華やかなデザインや色が選ばれることが多いです。この日の服装を選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 式典の格式:大学や式典によって、求められる服装の格式は異なります。事前に確認しましょう。
  • 自分らしさの表現:卒業式は、大学生活の集大成です。自分らしさを表現できる服装を選びましょう。
  • 着心地と動きやすさ:長時間の式典や、その後のイベントにも参加することを考えると、着心地の良さも重要です。
  • アクセサリーや小物の選び方:服装に合わせた、バッグやアクセサリー選びも大切です。

ここでは、これから卒業式を迎える女子大学生の皆さんに、服装選びの基本と、その重要性についてお伝えしました。続いて、袴とスーツの選び方に焦点を当て、より具体的なアドバイスをお届けします。

【袴?スーツ?】大学卒業式:女子の服装選びのポイント

袴とスーツ、どちらを選ぶ?

大学卒業式の服装選びは、多くの女子学生にとって悩みの一つです。主に選択肢となるのは「袴」と「スーツ」。どちらもそれぞれに魅力があり、卒業式の雰囲気に合わせた選び方が求められます。

まず、袴を選ぶ理由としては、伝統的な美しさと華やかさが挙げられます。もともと袴は、明治時代の女学校の制服として着用されていました。そのため「女性が学ぶ象徴」として長く愛され、卒業式にもふさわしい服装となっています。また写真映えもするので、記念に残る素晴らしい姿を残すことができます。和装特有の着付けが必要ですが、多くのレンタルショップでは着付けサービスを提供しています。

一方、スーツを選ぶ場合、その利点は実用性があることです。スーツは卒業式の後、社会人としても着用できるため、一度の投資で長く使えるという利点があります。また、色やデザインの選択肢が豊富で、自分のスタイルに合わせやすいのも魅力です。スーツは動きやすく、一日中快適に過ごすことができるため、卒業後のイベントにも適しています。

セレモニーにふさわしいフォーマルスーツの選び方

卒業式にスーツを着用する場合、通常のビジネススーツとは異なる、もう少し華やかなフォーマルスーツを選ぶことが望ましいです。選び方のポイントを以下にまとめました。

  • 色とデザインの選択:卒業式に適したスーツは、落ち着いた色合いが基本ですが、淡い色のアクセントやデザイン性の高いものもすてきです。
  • 着心地とサイズ感:長時間着用することを考えると、着心地は非常に重要。体にフィットしすぎず、動きやすいサイズ感を選ぶことが大切です。
  • アクセサリーとの合わせ方:スーツスタイルをさらに引き立てるためには、アクセサリーの選び方もポイントです。シンプルながらも存在感のあるアクセサリーや、スタイリッシュなバッグを合わせることで、全体の印象を高めます。

スーツを選ぶ際には、その後の社会人生活でも使えるようなスタイルを意識すると、より長期的な視点で選択することができます。また、卒業式は新しいスタートの日でもあります。そのため、新しい自分を表現するスーツを選ぶことで、より自信を持って卒業式に臨むことができるでしょう。

以上のポイントを踏まえて、袴かスーツかを選ぶ際には、自分のスタイルや好み、さらには式典の雰囲気を考慮することが重要です。どちらを選んでも、卒業式は大学生活の集大成となる日。自分らしい選択をして、すてきな一日を過ごしましょう。

卒業式で女子がスーツ姿をすてきに見せるコツとは?

スーツの着こなし方とアクセサリーの選び方

大学生としての最後の日をすてきに、そして印象深く過ごすためにも、卒業式におけるスーツスタイルはその着こなし方とアクセサリー選びが重要です。ここでは卒業式にふさわしいスーツの着こなし方と、それを引き立てるアクセサリーの選び方を紹介します。

まずスーツの選び方ですが、卒業式用のスーツは日常的なビジネススーツとは異なり、少し華やかさが求められます。色合いは、落ち着いた色味の中にも明るさや柔らかさを感じさせるものを選ぶとよいでしょう。

例えば、ジャケットの下に着るシャツに淡いピンクやパステルカラーを取り入れることで、若々しさと華やかさを演出できます。また、ジャケットのデザインにも注目し、少し形の変わったものや、ユニークな衿のデザインなど、個性を出せるアイテムを選ぶのも一つの方法です。

次に、アクセサリーの選び方です。アクセサリーは、スーツスタイルを引き立てる重要な要素。シンプルながらも存在感のあるアクセサリーを選ぶことで、全体の印象をぐっと高めることができます。

例えば、華奢なネックレスや、小ぶりながらもデザイン性の高いイヤリングを選ぶと、スーツ姿に上品な女性らしさを加えることができます。バッグに関しては、スーツの色に合わせたトーンで、フォーマル感のあるデザインを選ぶとよいでしょう。

大人っぽさとかわいらしさを兼ね備えたスタイリング

卒業式のスーツスタイルは、大人っぽさとかわいらしさをバランスよく取り入れることが大切です。大学生としての区切りとなる卒業式では、これまでの学生生活を振り返りつつ、新たな社会人としての一歩を踏み出す意味もあります。そのため、スタイリングには次のようなポイントを取り入れるとよいでしょう。

  • カラーの選択:淡いカラーやパステルカラーを取り入れることで、かわいらしさをプラス。しかしながら、全体的には落ち着いた色味を基調にすることで、大人っぽさも演出できます。
  • ヘアスタイルとメイク:ヘアスタイルは、すっきりとまとめつつも、少しゆるふわさを加えることで、柔らかな印象に。メイクはナチュラルながらもポイントを押さえた、洗練されたスタイルがおすすめです。
  • 小物使い:小物はスタイリングのアクセントになります。シンプルながらもデザイン性のあるアイテムを選ぶことで、個性を表現できます。

卒業式のスーツスタイルをすてきに見せるためには、細部にまで気を配ることが大切。自分らしさを表現しつつ、その日のために特別なスタイリングを楽しんでみてください。記念すべき卒業式の日を、すてきなスーツ姿で彩り、美しい思い出に残しましょう。

【卒業式を和装で彩る】袴スタイルの魅力と着こなし術

伝統とモダンが調和する袴の種類と特徴

袴は、日本の伝統的な服装であり、多くの女性が大学の卒業式で選ぶスタイルです。その魅力は、伝統的な美しさと現代の感覚が融合している点にあります。袴の種類は大きく分けて、伝統的な柄が入ったものと、モダンでシンプルなデザインのものがあります。どちらもそれぞれに特色があり、選ぶ人の個性を映し出します。

伝統的な柄の袴は、華やかな花柄や古典的なデザインが特徴です。これらは、卒業式という特別な日に華を添えるのに最適で、格式高い印象を与えます。一方で、モダンなデザインの袴は、シンプルで洗練された印象を与え、現代的な感覚を取り入れたい女性に適しています。色合いも豊富で、自分の好みや個性に合わせて選ぶことができます。

袴を選ぶ際には、以下のポイントを考慮するとよいでしょう。

  • 色合いと柄:自分の好みはもちろん、着用する場の雰囲気や、合わせる着物の色とのバランスを考えて選びましょう。
  • 形とサイズ:袴は身長に合わせて選ぶ必要があります。長すぎず、短すぎない適切な長さを選ぶことが大切です。また、袴に合わせて履く靴によっても長さが異なります。草履にするか、ブーツにするか、前もって考えておきましょう。

ここで、アンティーク着物レンタルゆめやの卒業式にふさわしい袴スタイルをご紹介しましょう。
左端「カラフルな竹垣に菊の花が毬のように踊る小振袖」卒業式を華やかに迎えたい方には、カラフルな小振袖はいかがでしょう。若さあふれる可愛らしさがあります。中央「きれいなワインレッド地に花薬玉の振袖」卒業して大人の第一歩をこれから迎える方。シックなワインレッドの着物に金茶の袴。落ち着いきと華やかさを兼ね備えたコーディネートです。右端「グリーンの鹿の子柄に扇面が膨れ織りされた小紋」珍しいグリーンの小紋ですね。無地のように見える部分は鹿の子柄で立体的な生地になっていて、大変上品な袴コーディーネートです。

注目を集める袴の着こなし術3選

卒業式で袴を着ることは、周囲から大いに注目を集める機会になります。袴の着こなしで重要なのは、振袖と袴とのバランスと全体の調和。以下に、袴をより魅力的に見せるコツを紹介します。

  • 小物の選び方:袴スタイルを引き立てる小物の選び方が重要です。例えば、髪飾りやバッグ、草履など、袴に合わせた色やデザインを選びましょう。
  • ヘアスタイル:袴に合わせたヘアスタイルも大切なポイント。伝統的な髪型からモダンなアレンジまで、袴のスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。
  • 着付けと姿勢:袴を美しく着こなすためには、正しい着付けが必須です。また、美しい姿勢を心がけることで、袴の魅力を最大限に引き出すことができます。

袴姿ではヘアスタイルも大切なポイントです。人気のアップスタイルから、ボブ・ショートスタイルにもおすすめのかんざしをご紹介させていただきます。左端のようにヘアスタイルに金箔を貼るスタイルも人気がありますが、定番での人気は花かんざし。中央「シックなグリーン系に黒の、つまみ細工と造花のかんざし」グリーンのお花は珍しいですね。グリーンといえば、葉っぱの色ですので、こちらの花かんざしはレアですね。からし色の着物や赤の着物にも合わせていただけます。右端「紫のグラデーションに白の牡丹や菊の造花かんざし」柔らかい雰囲気の紫色のかんざしは、黒やピンクの着物の他、アイボリーの着物に合わせていただいてもきれいにまとまります。

袴は、卒業式という特別な日に、伝統と現代の美しさを兼ね備えたスタイルを演出することができます。自分らしい袴を選び、上手に着こなして、卒業式の思い出をより色鮮やかなものにしましょう。大学卒業式の袴スタイルは、あなたの新しい門出を祝福するすてきな装いとなるはずです。

【コーディネートで迷ったら?】選び方のポイントをご紹介

性別や体型に合わせた服装の選び方3例

大学の卒業式での服装選びにおいて、自分の性別や体型に合わせた選び方は非常に重要です。女性の場合、特に袴やスーツを選ぶ際には、以下の3つのポイントを考慮するとよいでしょう。

  • 体型に合ったサイズ選び:服装を選ぶ際は、自分の体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。特に袴の場合は、長さや着付けが体型によって異なるため、事前に試着して適切なサイズ感を確認しておきましょう。
  • 体型を活かしたスタイリング:スーツを選ぶ際は、自分の体型の良さを活かすスタイルを選びましょう。例えば、スリムな体型の場合は、タイトなシルエットのスーツが似合いますし、丸みを帯びた体型の場合は、少しゆとりのあるデザインが適しています。
  • 小物の活用:バッグやシューズ、アクセサリーを上手に活用して、全体の印象を整えることも大切です。体型に合わせた小物選びで、スタイル全体をより美しく見せることができます。

卒業式の服装でよくある質問と回答3選

卒業式の服装に関しては、多くの質問が寄せられます。ここでは、よくある質問3つと、その回答を紹介します。

Q1: 卒業式にはどんな色のスーツが適していますか?
A1: 卒業式では、一般的に落ち着いた色のスーツが適しています。しかし、明るい色や柄物のスーツも、式の雰囲気や個人の好みに応じて選ぶことができます。

Q2: 身長が低い場合、袴はどのように選べばよいですか?
A2: 身長が低い場合、袴の丈は短めのものを選ぶとバランスが取れます。また、着物の柄や色を工夫することで、スタイルを良く見せることができます。

Q3: 卒業式でのドレスコードはありますか?
A3: 卒業式のドレスコードは、大学や学部によって異なる場合があります。一般的にはフォーマルな服装が求められますが、具体的なドレスコードについては、事前に学校側の指示や慣例などがあるか確認することが大切です。

卒業式の服装選びは、自分らしさを表現する絶好の機会です。体型や性別、そして個人の好みに合わせた服装を選び、大切な日をすてきに彩りましょう。服装選びで迷った場合は、ここで紹介したポイントや質問を参考にして、自信を持って選択してください。

大学生活を振り返る:卒業式における服装の意味を知ろう

卒業と新たな人生への背中を押す言葉

卒業式は、大学生活の終わりと新たな人生の始まりを象徴する重要な節目です。ここでの服装は、ただのファッション以上の意味を持ちます。卒業という大切な日に、過去の自分を振り返りつつ、未来への一歩を踏み出す勇気を与えるようなスタイルを目指しましょう。

「これまでの努力を誇りに思い、新しい道へ踏み出そう」というのが、この大切な日に贈りたい言葉です。服装を通じて、自分自身の成長と変化を表現し、新しい一歩への期待を胸に、自信を持って卒業式に臨むことが大切です。

服装を通じて見る大学生活の思い出

卒業式の服装は、大学生活の思い出と密接に関連しています。袴やスーツを選ぶ際、大学で経験したこと、学んだこと、成長したことを思い起こしてください。例えば、キャンパスでの日常、友人との出会い、学びの時間、そして今日に至るまでの全てが、服装の一つ一つに込められた物語となります。

卒業式の服装は、自分自身のアイデンティティーや大学生活の集大成を表現する手段です。袴の伝統的な柄は、日本の文化や歴史への敬意を表しつつ、自分自身のルーツや価値観を反映します。一方、モダンなスーツスタイルは、新しい社会人としてのスタートを象徴し、これからの自分の新しい人生を彩るでしょう。

卒業式の日に着る服装は、これまでの大学生活の中で築き上げた自己像を映し出すものです。大切なこの日には、過去を振り返りつつ、未来への期待を込めた服装を選びましょう。卒業式の服装は、大学生活の思い出とともに、いつまでも心に残る宝物となるでしょう。

まとめ

卒業式の服装選びのエッセンス

大学の卒業式は、学生生活の締めくくりであり、新たな人生の始まりを告げる重要な日です。この日の服装選びは、自分自身の成長を祝福し、これからの人生に向けた自信と希望を持つための大切な一歩となります。

服装選びのポイントをまとめると、次のようになります。

  • 自分らしさの表現:自分の個性や好みに合ったスタイルを選び、自分らしさを表現しましょう。
  • 快適さと動きやすさ:長時間の式典やイベントに備え、快適で動きやすい服装を選びましょう。
  • 体型や性別に合わせた選び方:自分の体型や性別に合った服装を選ぶことで、スタイルをより美しく見せることができます。
  • 卒業式の意義とスタイル:卒業式の意義を理解し、それに合ったスタイルを選びましょう。

これからの人生へ向けてのメッセージ

卒業式の服装選びは、ただ単に服装を選ぶことではありません。それは、自分の過去を振り返り、未来への希望を胸に新たなスタートを切るための準備です。自分の大学生活を思い返し、これから始まる新しい人生に向けた期待を込めて、袴やスーツ、その他の服装を選びましょう。

これまでの大学生活は、これからの人生の土台となっています。卒業式の服装選びを通じて、これまでの成長を祝い、新しいステージへの自信と希望を持ってください。

卒業式は、過去への感謝と未来への希望を胸に迎える日。卒業式のために選んだ服装が、特別な日を美しく彩り、記憶に残るものになることを願っています。これから始まる新たな人生の旅路が、幸多きことを祈っています。

〈参考記事〉
https://kimono-rentalier.jp/column/kimono/sotsugyouhakamatoha/
https://www.maimu.co.jp/contents/hakama/42165/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

明るい紺色に亀甲の大島紬アンサンブル・袴付き【men10】

男性用袴の基本|着物としての特徴と選び方、着用シーン別着こなし術

はじめに 袴は、日本の伝統的な男性用フォーマルな衣装の一つで、成人式や卒業式、結婚式などの特別な場で広く用いられています。袴にはさまざまな種類やデザインがあり、色や素材の違いなど多くの選択肢があります。この記事では、男性 […]

ひとつ前の記事

振袖イメージ

【婚礼】結婚式のお呼ばれに振袖を着たい!レンタルの相場と利用方法

はじめに 結婚式にお呼ばれした際に、振袖を着たいと思う方も多いでしょう。その際におすすめなのが、振袖レンタルの利用です。ですが、初めて振袖レンタルを利用する方のなかには、相場やレンタルの流れが分からず、不安に感じている方 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!