クリームイエローに大胆な手描き薔薇の中振袖【fui34】

【結婚式】お呼ばれの和装に振袖は恥ずかしい?立場に合わせた選び方

はじめに:結婚式で振袖を着る際の一般的な不安

結婚式に振袖を着て出席することは、多くの女性にとって特別な経験です。ですが、振袖を着るという行為には、さまざまな不安が伴うこともあります。特に、着物に慣れていない方やフォーマルな場に出席する機会が少ない方にとっては、振袖選びや着付け、マナーに関して疑問や心配が生じることが多いです。

まず、振袖とは、未婚女性のフォーマルな着物の一種で、袖が長く豪華な装飾が施されているのが特徴です。成人式や結婚式などお祝いの場で着用されることが多く、華やかで美しい衣装として知られています。ですが、その華やかさゆえに「恥ずかしくないか」「場に合っているか」といった不安を感じる方もいます。

結婚式で振袖を選ぶ理由とは?

結婚式で振袖を選ぶ理由は、主に伝統と格式を重んじる意味があります。江戸時代に成立したとされる振袖は、若い未婚女性の正礼装、最も格の高い装いとして現代にまで続く文化です。特に、親族として出席する場合は、和装を選ぶことで礼儀正しさや格式を表現することができます。また、若々しさと華やかさを表す振袖は、結婚式というお祝いの場にふさわしい装いとされています。

振袖は、色や柄の選び方によって、個人の好みや立場に合わせたコーディネートが可能です。例えば、成人式などでは主役として鮮やかな色や大胆な柄を選ぶことで、華やかな雰囲気を演出できます。一方で結婚式のゲストの場合は、あまり派手すぎるのはマナー違反ですので、落ち着いた色味の振袖を選ぶことで、新婦を立てつつ魅力のあるスタイルを演出することができます。

着物を着ることに対する一般的な誤解

一般的に、着物を着ることに対する誤解として、「難しい」「動きにくい」「時間がかかる」というイメージがあります。確かに、着物は洋服と比べて着付けに時間がかかることは事実ですが、プロの着付け師によって適切に着付けられていれば、美しくかつ思ったよりも動きやすく、長時間着用していても快適に着用することができます。

着物を着ることに関するもう一つの誤解は、「着る機会が少ないため、レンタルが基本」というものです。確かに、振袖は高価なため、購入するよりレンタルする方が一般的です。ですが、特別な日のために購入し、家族の中で大切に受け継いでいくという考え方もあります。着物は日本の美しさと伝統を象徴する衣装であり、結婚式などの特別な日に着ることで、その価値をより一層感じることができます。

結婚式で振袖を着ることには、多くの理由と魅力があります。そして、一般的な不安や誤解を解消することで、より自信を持って振袖を着用することができるでしょう。続いて、振袖を着る際の基本的なポイントについて詳しく見ていきます。

結婚式で振袖を着る際の恥ずかしさの原因

結婚式で振袖を着用する際に、多くの女性が感じる恥ずかしさには、いくつかの具体的な原因があります。特に和装に不慣れな方や、フォーマルな場に出席する経験が少ない方にとって、振袖を着ることは緊張や不安を引き起こすことがあります。それでは、その主な原因を探り、それにどう対処するかを見ていきましょう。

振袖を着ることの社会的な意味

振袖は、日本の伝統的な衣装として、特別な意味を持っています。結婚式などのフォーマルな場での振袖の着用は、自身の立場や社会的な状況を表現します。このような社会的な意味合いが、振袖を着る際のプレッシャーにつながることがあります。

  • 立場の表現: 未婚の若い女性が振袖を着ることは、その社会的な立場を象徴しています。結婚式における親族や友人としての役割が、服装を通じて表現されます。
  • 格式と礼装: 振袖は格式高い礼装としての役割を果たします。結婚式という重要な場にふさわしい衣装としての期待があり、それに見合った振る舞いが求められることも、恥ずかしさの原因となります。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。出席なさる方のお立場や、会場の雰囲気に合わせて、適切な振袖コーディネートを選ぶお手伝いをさせていただきます。

濃紅色に刺繍の花々と誰が袖紋様の振袖」は、濃い紅色に花・梅・宝尽くしなどの模様が手刺繍された、可愛さあふれるアンティーク色振袖、昭和時代の加賀友禅です。たいへん可憐で、お友達の結婚式や披露宴にぜひ着ていただきたい1着です。帯は少し重厚感を持たせる意味もあり、金糸に七宝が赤で縁取られ、松・宝尽くし・梅・菊などが細く織り出された、艶やかで豪華な丸帯を結びました。小さな結婚式では、二重太鼓に結ばれるとしとやかな印象になります。

振袖を着ることは、若さや清らかさを象徴し、また、成人としての責任や社会的な役割を果たす準備ができていることを示します。そういった期待が若い女性の恥ずかしさにつながるのです。

着物の着方に関する不安と疑問

着物の着方に関する不安も、恥ずかしさを感じる大きな要因です。着物は特殊な着付けが必要であり、正しく着こなすことは初心者にとって難しいと感じられることが多いです。

  • 着付けの難しさ: 振袖の着付けは複雑で、きちんとした方法で行わなければなりません。着付けが不十分だと、着崩れを起こす恐れがあり、これが恥ずかしさにつながります。
  • 動きの制限: 着物は動きを制限するという誤解があります。正しい着付けと適切なサイズの振袖を選べば、快適に動くことができますが、この点についての知識不足が不安を招き恥ずかしさを引き起こすことがあります。
  • マナーの不安: 着物には独自のマナーがあります。たとえば、帯の結び方や歩き方、振る舞い方など和装特有のマナーを心得ていないと、不安を感じることがあります。

これらの不安や疑問は、知識や準備をしっかりとすることで解消されます。そこで、振袖を着る際の基本的なポイントや、着付けのコツについて詳しく見ていきます。これにより、結婚式での振袖着用時の恥ずかしさを減らし、より自信を持ってその日を楽しむことができるでしょう。

振袖を着る際の基本的なポイント

結婚式に振袖を着用する際には、いくつかの基本的なポイントを押さえることが大切です。振袖を選ぶ際の色や柄の基準、そして正しい着方と着崩れを防ぐ方法を知ることで、より美しく、そして自信を持って振袖を着こなすことができます。

振袖の選び方:色や柄の基準

振袖を選ぶ際には、色や柄に特に注意を払う必要があります。以下は色や柄を選ぶ際の基準です。

立場に合わせる
前述のとおり、成人式や卒業式など自身が主役の場合は豪華で派手な柄の振袖が適していますが、結婚式の場合は花嫁より目立ちすぎないように注意しましょう。また、ゲストとして着用する場合でも近親者と友人とでは立場が違います。あくまで、主催者側の衣装は格が高く、ゲストは格の低いものを選ぶことがポイントです。
一般的に古典柄は格が高いといわれます。色でいえば、赤、白、黒地が最も伝統的で格があるとされますが、柄との兼ね合いがありますので一概には言い切れません。

結婚式のテーマや雰囲気に合わせる
結婚式のテーマや会場の雰囲気に合わせた色や柄を選ぶことも重要です。例えば、格式高いホテルでの結婚式なら、伝統的な四君子文様や有職文様、吉祥文様などの古典柄が適しています。

季節感を意識する
振袖の色や柄は季節によっても変わります。春は桜や梅などの花柄、秋は紅葉や菊の柄が季節感を演出します。

春から初夏に向けての結婚式や披露宴におすすめの、さわやかな色振袖をご紹介しましょう。「空色の総絞りに波、菊、雲取紋様の振袖」は、現代物の総絞りの色振袖です。波と雲取り文様の中に、花菱の吉祥文様が総手絞り・手刺繍で施されたゆめや自慢の逸品です。この総絞りの振袖に「龍村美術」の緻密な織りが施された帯を結びました。淡いお色の振袖に、重みのある色の帯を合わせて、品のある大人のコーディネートになりました。

正しい着方と着崩れを防ぐ方法

振袖を美しく着こなすためには、正しい着方を身につけることが重要です。以下は着崩れを防ぐためのポイントです。

正しい着付けを学ぶ
着付けの基本を理解し、適切な方法で振袖を着ることが大切です。プロの着付け師に教わるか、着付け教室で学ぶのがおすすめです。

身体に合ったサイズを選ぶ
体に合わないサイズの振袖は着崩れの原因となります。自分の体型に合ったサイズを選ぶことが重要です。

動き方に注意する
着物は西洋のドレスとは異なり、動き方に制約があります。例えば、大きな一歩で歩くのではなく、小さな歩幅で歩くと美しく見えます。

着付け小物を適切に使用する
腰紐や伊達締めなどの着付け小物を正しく使用することで、振袖がきれいに整い、着崩れを防ぐことができます。特に、補正下着などでの体型補正は着崩れ予防以外に出来上がりの美しさも左右します。

振袖の選び方と着方にはいくつかのポイントがあります。これらの基本を押さえることで、結婚式での振袖着用がより楽しく、心地よいものになります。続いて、結婚式参列者としての振袖の立場について詳しく見ていきます。

結婚式参列者としての振袖の立場

結婚式に参列する際の振袖選びは、その立場関係性に大きく左右されます。特に、新郎新婦や親族との関係、未婚女性と既婚女性の違いが、選ぶ着物に影響を与えます。ここでは、これらの関係性に応じた着物の選び方を詳しく見ていきましょう。

新郎新婦や親族との関係における振袖の選び方

新郎新婦や親族との関係性は、振袖選びの際に重要な要素です。以下は、それぞれの関係性に応じた振袖選びのポイントです。

新郎新婦の直接の親族
親族としての振袖は、格式を重んじ、伝統的なデザインを選ぶことが望ましいです。落ち着いた色合いで、優雅さと品位を表現することが大切です。

ゆめやの振袖から、ご親族にもふさわしい「落ち着いたピンク地に花唐草が描かれた色振袖」をご紹介しましょう。紗綾型が織り出されたピンクの地に、金泥と手描きで花唐草がデザインされたレトロな色振袖です。着物に使われた寒色を活かして、深みのあるブルーグリーンに金糸の手刺繍がほどこされた帯を合わせました。

友人や遠い親族
新郎新婦の友人や遠い親族の場合は、式に華を添える多少華やかで明るい色の振袖を選ぶことができます。そのため披露宴の雰囲気を盛り上げるような、明るく派手なデザインが適しています。ただし、あまり華美にならないように注意をしましょう。

5月~6月の結婚式にぜひとも着ていただきたいのが「クリームイエローに大胆な手描き薔薇の中振袖」です。吉祥紋様が織り出されたクリームイエロー地に、手描きのバラが咲き誇る中振袖です。勢いがあり、伸びやかで、生命力に満ちあふれた手描きです。後ろ袖や背中、胸元のあしらいも華やかです。お友達の結婚式にお召しになると、会場中が季節感に満ち華やぎますよ。

グリーンのぼかしに菊と牡丹の総絞りの色振袖」もおすすめです。グリーン系のぼかしに、菊や牡丹の花が総絞りで描き出されたレトロな振袖です。着物の色柄が淡いので、しっかりとした龍村の帯を合わせました。牡丹の織りの袋帯です。帯締め・帯揚げ・重ね衿も帯に合わせてしっかりとした色を選びました。格式の高い会場でも通用する装いです。

マナーとエチケット
どの立場であっても、振袖選びにおいてはマナーとエチケットを守ることが重要です。特に主役である新郎新婦を引き立てるような選び方を心がけましょう。新婦が大振袖を着用する場合は、色が被らないようにする、中振袖にするなどがポイントです。

未婚女性と既婚女性の着物の違い

未婚女性と既婚女性の着物には、それぞれ異なる特徴があります。

未婚女性の着物
未婚女性は、長い袖が特徴的な振袖を着用します。これは若さと未婚の象徴であり、鮮やかな色や大胆な柄が選ばれることが多いです。そのため、20代前後の方が着用するのが一般的です。30代での着用も可能ではありますが、世間的には訪問着の着用が好ましい年齢になってきます。

振袖は袖の長さにより格が変わり、最も袖が長い大振袖が格が高く、次いで中振袖、最も袖の短い小振袖が格も低いとされます。ちなみに、紋付の色無地という着物も正装として結婚式で着用が可能です。ただ、文字通り柄のない着物であるため、華やかな場である結婚式では帯や小物を工夫して彩りを出す必要があります。

既婚女性の着物
既婚女性の正礼装は留袖と呼ばれる裾にのみ柄付けされた紋付きの着物です。黒地を黒留袖と呼び、新郎新婦の母親や祖母が着用することが一般的です。他の色の留袖は色留袖と呼ばれ、五つ紋付は黒留袖と同様の扱いとなります。三つ紋以下は紋付きの訪問着と同様に準礼装にあたる着物です。訪問着は色無地と同様に既婚、未婚を問わずに着用できる正装です。

ゆめやの留袖から「牡丹の大彦に鶴松扇の龍村の帯、三つ紋付色留袖」をご覧いただきましょう。こちらも大彦と龍村の、芸術品のようなコーディネートです。ぼかし染めと手刺繍で、やわらかく牡丹が描き出されています。三つ紋ですので、五つ紋付黒留袖よりも格下になり、新郎新婦のお祖母さまやご姉妹さまにおすすめの色留袖です。お揃いの黒留袖「大彦と龍村の組み合わせ、五つ紋付黒留袖」もございますので、いっしょにご紹介しておきますね。

結婚式における着物の選び方は、参列者の立場や関係性と密接に関連しています。自分の立場を考慮しながら、適切な振袖を選ぶことで、結婚式に華を添えることができます。続いて、振袖を着る際の注意点について詳しく見ていきます。

振袖を着る際の注意点

結婚式で振袖を着る際には、いくつかの重要な注意点があります。これらを理解し、適切に対応することで、振袖を美しく着こなし、式の雰囲気を高めることができます。ここでは、特に着用時のマナーとエチケット、一般的な失敗例とその解決法に焦点を当ててみましょう。

振袖着用時のマナーとエチケット

振袖を着用する際のマナーとエチケットは、次のようにまとめることができます。

  • 適切な着付けと姿勢: 繰り返しにはなりますが、振袖は正しく着付けることがたいへん重要です。また、着物を着る際は姿勢も重要で、背筋を伸ばし、優雅な動作を心がけましょう。
  • 帯の種類と結び方: 帯は袋帯など礼装用のものを選びます。結び方も振袖の全体的な印象を大きく左右するため、伝統的な結び方で、整った美しい形にすることが大切です。
  • 小物の使い方: 振袖に合わせる小物(草履やバッグなど)も、トータルのコーディネートに影響します。振袖に合った上品で洗練された小物を選びましょう。

振袖での参列における一般的な失敗例とその解決法

振袖を着る際にありがちな失敗例とその解決法は以下のとおりです。

  • 色や柄の選び方の誤り: あまりにも派手な色や柄の振袖を選ぶと、新郎新婦を引き立てるどころか、場にそぐわない印象を与えかねません。選ぶ際には、結婚式の雰囲気や自分の役割を考慮し、控えめでエレガントなデザインを選びましょう。
  • 着崩れ: 振袖が着崩れると、見た目にも美しくなく、不快感を与える可能性があります。事前にしっかりと着付けの練習をするか、プロの着付け師に依頼しましょう。
  • 不適切なアクセサリーの使用: 振袖にはかんざしといった髪飾りなどの繊細で伝統的なアクセサリーが適しています。アクセサリーの使用はあくまで最小限とし、使用する場合も派手すぎるアクセサリーやモダンすぎるデザインは避け、和装に合う上品なものを選ぶことが大切です。

振袖を着る際にこれらのポイントに注意を払うことで、結婚式において適切で美しい振る舞いを実現することができます。続いて、結婚式で振袖を着ることのメリットについて詳しく見ていきます。

結婚式で振袖を着ることのメリット

結婚式に振袖を着ることには、数多くのメリットがあります。特に、振袖がもたらす華やかさと印象は、結婚式という特別な日にふさわしいものです。また、振袖を選ぶ際のポジティブなアプローチも、その体験をより豊かなものにします。

振袖を着ることで得られる華やかさと印象

振袖を着用する最大のメリットは、その圧倒的な華やかさと美しい印象です。

  • 伝統的な美しさ: 振袖は日本の伝統的な美しさを象徴する衣装です。長い袖や繊細な柄は、日本の文化と歴史を感じさせます。
  • 目を引く装い: 振袖はその豪華さで、どんな場面でも注目を集めます。結婚式のような華やかなイベントに最適で、着る人の魅力を引き立てます。
  • 特別な記念に: 結婚式での振袖着用は、一生の思い出となります。写真や映像に残るその美しい姿は、後々まで大切な記念となるでしょう。

振袖を選ぶ際のポジティブなアプローチ

振袖を選ぶ過程自体も、楽しい経験となります。ポジティブなアプローチをすることで、次のような利点があります。

  • 自己表現の機会: 振袖選びは、自分の個性や好みを表現する絶好の機会です。色や柄を選ぶプロセスは、自己表現と自己発見の旅となります。
  • コーディネートの楽しさ: 振袖に合わせる帯や小物選びは、トータルコーディネートの楽しさを提供します。総合的な美しさを創出することができます。
  • 文化的なつながり: 振袖を選び、着ることは、日本の文化や伝統へのつながりを感じることができます。この経験は、自分自身のルーツやアイデンティティーに対する理解を深めることにもつながります。

結婚式で振袖を着ることは、単なる服装として以上の意味を持ちます。それは、美しさ、文化、そして個性を表現する方法として、特別な日をさらに際立たせる選択です。

まとめ:振袖を着ることで結婚式をより特別に

結婚式で振袖を着ることは、単なる伝統的な習慣以上の意味を持ちます。この美しい和装を身にまとうことで、精神的な満足感を得られるとともに、多くの教訓と経験を学ぶことができます。最後に、この特別な日に振袖を選ぶことの意義を振り返りましょう。

振袖を着ることの精神的な満足感

振袖を着ることは、以下のような精神的な満足感をもたらします。

  • 特別感の創出: 振袖を着ることで、日常とは異なる特別な感覚を味わうことができます。これは、招待してくれた方の結婚式という、一生に一度のイベントにふさわしい豪華さと優雅さを持っています。
  • 自己表現の機会: 自分の好みや個性を表現する振袖を選ぶ過程は、自己表現の喜びを感じさせてくれます。自分だけのスタイルを見つけることは、大きな満足感につながります。
  • 文化的なつながり: 日本の伝統的な衣装を身に着けることは、文化的アイデンティティーとのつながりを感じさせ、先祖や歴史への敬意を表現する手段となります。

振袖を着用した経験から学ぶこと

振袖を着用する経験は、次のような学びを提供します。

  • 着付けと和装の知識: 振袖の着付けは、和装の深い知識を要します。この過程を通じて、日本の伝統的な衣装に関する知識と技術を身につけることができます。
  • マナーとエチケットの理解: 振袖を着用することは、適切なマナーとエチケットを学ぶ良い機会です。これは、他のフォーマルな場面でも役立つ知識となります。
  • 自信と品格の向上: 振袖を美しく着こなすことは、自信を高め、品格ある振る舞いを促進します。これは、自己肯定感を高める効果があります。

結婚式で振袖を着用することは、ただ美しいだけでなく、精神的な充足感や文化的な経験を得ることができます。この伝統的な衣装を選ぶことは、結婚式をより華やかで意味深いものにし、一生の思い出を形作ります。振袖は、特別な日を祝うための素晴らしい選択です。

最後までお読みいただいた皆さまにお得な情報です。ゆめやの振袖を安くレンタルするなら「振袖オフシーズンだからお得なセット。選んだ振袖にプロがコーディネートするレンタルプラン」がおすすめ! 2月~12月のお呼ばれで振袖をお召しになるなら、お得にレンタルいただけますよ。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

振袖イメージ

【プロ監修】写真だけの結婚式を和装で彩る!理想をかなえるポイント解説

はじめに 結婚式と言えば、多くの方が挙式や披露宴を思い浮かべるかもしれません。しかし、最近では、写真だけで結婚の記念を残す「フォトウェディング」が注目を集めています。特に和装でのフォトウェディングは、その美しさと日本の伝 […]

ひとつ前の記事

フランボワーズと薄藍に檜扇の振袖【fui08】

【結婚準備】顔合わせに振袖を着たい! 安いのは着物レンタルの活用

はじめに 振袖は、成人式・結納・顔合わせ・結婚式といった人生における特別なシーンで着用される、日本の伝統的な衣装です。これらのイベントはいずれも一生に一度のことですから、その日にふさわしい振袖を選ぶことがたいへん重要にな […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!