振袖イメージ

【結婚準備】顔合わせに振袖を着たい! 安いのは着物レンタルの活用

はじめに

振袖は、成人式・結納・顔合わせ・結婚式といった人生における特別なシーンで着用される、日本の伝統的な衣装です。これらのイベントはいずれも一生に一度のことですから、その日にふさわしい振袖を選ぶことがたいへん重要になってきます。ですが、振袖一式を購入するとなるとかなりの高額になってしまうのが困りもの。そこで、振袖のレンタルサービスを利用するという選択肢について考えてみましょう。

顔合わせに用いる振袖のレンタル

顔合わせとは、結婚を控えた二人が家族と一堂に会し、お互いの家族と顔を合わせるための行事です。この時、女性はワンピースなどの洋装や訪問着などのほか、晴れ着の代表格である振袖を着用することもできます。

振袖レンタルの基本は、まずどのようなシーンで着用するかを考えることから始まります。顔合わせにおいては、その会場の雰囲気がどうか、フォーマルかカジュアルかの判断が求められます。振袖は未婚女性の第一礼装であり、ほかの和装と比べても格の高い着物です。両家の出席者と服装の格が違いすぎて浮いてしまうことがないよう、前もって振袖を着用したい旨を告げておくと安心です。

顔合わせで振袖を着用する場合は、古典的な柄や落ち着いた色のものが選ばれるのが一般的です。そのほか振袖レンタルではサイズや小物のセット、着付けの有無も重要なポイント。レンタルする際は身長や体型に合ったサイズ選びが大切です。帯や草履・バッグなどの小物もセットでレンタル可能な場合が多く、これらの小物も振袖の雰囲気を大きく左右します。

なぜ振袖レンタルの「安さ」が重宝されるのか

振袖は購入するとなると高価な衣装です。特に正絹や繊細で鮮やかな柄、細かな刺繍が施された振袖は、購入価格で数十万円以上になることも珍しくありません。その点、振袖レンタルを利用すれば、こうした高価な振袖を手頃な価格で着用することが可能になります。

また、レンタル振袖のもう一つの魅力は、多様な種類から選べることです。レンタルショップには古典的な柄からモダンなデザインまで、さまざまな色柄の振袖が揃っています。予算に合わせて複数の選択肢から選べるため、自分に最適な一着を見つけやすいのも強みです。さらにレンタルならではの魅力である、クリーニングや保管の手間が不要である点も、普段、着物を着る機会のない人にとっては安心できる材料といえるでしょう。

顔合わせなどの特別な日に振袖を着ることは、日本の美しい文化を尊重する行いです。ですが、そのためだけに高価な衣装を購入するのは現実的とは言いがたいもの。その点、振袖レンタルのサービスを利用すれば、美しい振袖を気軽に着ることができるというわけです。

アンティークきものレンタルゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。上質な絹糸100%の正絹に、職人が手掛けた絵付けや手刺繍が光る逸品ばかりを取り揃えて、プレ花嫁さまのお越しをお待ちしています。

振袖レンタルの基本と、なぜ安価なレンタルサービスが重宝されているのかについてご紹介しました。続いては、顔合わせに適した振袖の特徴について詳しく解説していきます。

顔合わせに適した振袖の特徴

結婚を控えたカップルにとってたいへん重要な行事である顔合わせ。そんな顔合わせの場で着用する振袖は、その日の印象を大きく左右します。顔合わせに適した振袖は、伝統と現代のエッセンスが融合したデザイン。ここでは、顔合わせに最適な振袖の特徴と選び方のポイントを紹介します。

伝統とモダンが融合した振袖スタイル

顔合わせに着用する振袖は、古典的な美しさと現代的なセンスが調和したデザインが好まれます。伝統的な柄にモダンな色使いを取り入れることで、新しいスタイルの振袖が生まれます。また、伝統的な振袖でも小物の選び方や帯の結び方に現代的な工夫を加えることで、独自のスタイルを作り出すことができます。

振袖は、結納や結婚式といったフォーマルな場でも活躍します。伝統的な雰囲気を保ちつつ現代的なデザインを加えることで、着る人の個性を引き立てます。顔合わせにおいては、相手方の家族に好印象を持っていただくことが何よりも重要なので、適切な振袖のチョイスが求められます。

振袖選びのポイント:色・柄・素材

振袖を選ぶ際のポイントは、色・柄・素材の三つ。まずに関しては、顔合わせにおいては落ち着いた色合いが適しています。淡い藤色や優しい桜色など、上品で控えめな色が好まれます。親族が集まる場では、赤や紫などの明るい色も選ばれることがあります。

次にの選び方ですが、古典的な花柄や自然の風景を描いたものがよいでしょう。桜や梅、菊などの伝統的な花柄は、日本の美しさを象徴します。季節感を表す柄も顔合わせには適していて、春ならば桜、秋ならば紅葉の柄などが良い例です。

素材の選び方としては、正絹の振袖が一般的です。正絹は肌触りが良く光沢があり、豪華な印象を与えます。一方でポリエステルの振袖は通気性や高級感でこそ正絹に劣るものの、価格面やお手入れのしやすさで軍配が上がります。レンタル振袖に関しては保管のしやすさなどは重要ではないため、レンタル価格が正絹の振袖に比べて安いという点がポイントとなるでしょう。

ご説明した三つの条件にしっかりと当てはまる振袖をご紹介しましょう。「ピンクホワイトの御簾紋様に華やかな鼓の中振袖」は、御簾紋様に、たくさんの鼓が華やかに描かれた正絹の中振袖です。御簾の縁には菊や花菱が描かれ、鼓には、梅・菊・青海波などの吉祥紋様が丁寧に手描きされています。上前の鼓には豪華な金駒刺繍が施されています。たいへん控えめな淡い地色に吉祥紋様で、顔合わせにふさわしい振袖です。ゆめやの着物は全てが品質の高い正絹です。ふんわりと柔らかく身体に添い、夢見心地のままで一日をお過ごしいただけますよ。

顔合わせで着用する振袖は、色や柄、素材をよく吟味し、その日の雰囲気に合った振袖を選ぶことが大切です。続いては、振袖レンタルの流れと注意点について詳しく解説していきます。

振袖レンタルの流れと注意点

振袖をレンタルする際には、その流れと注意点について理解しておくことが大切です。ここでは振袖レンタルのプロセスと、レンタル時に気を付けたいポイントをご紹介します。

振袖レンタルの手順

振袖レンタルは、以下のような流れで進行します。

  1. 店舗への予約
    まず、レンタルを希望する店舗に予約を入れます。この際に、顔合わせや結婚式など、振袖を着用するシーンや日時を伝えましょう。
  2. 振袖の選定
    店舗では色や柄、サイズなどの希望を伝えながら振袖を選びます。振袖は種類も豊富なので、自分の好みやシーンに合ったものを選びましょう。
  3. 小物の選択
    振袖に合わせる帯や草履・バッグなどの小物も重要です。トータルでのコーディネートを考え、セットでレンタルするのも一般的です。
  4. 着付けの予約
    日頃着物を着慣れない人にとっては、振袖の着付けは難しいもの。多くの場合は、プロの着付け師に依頼をします。顔合わせ当日の着付けの予約をしておきましょう。
  5. 最終確認と受け取り
    レンタル日の前に、振袖や小物の最終確認を行います。この際に、全てのアイテムが揃っているかどうかをチェックしましょう。
  6. 返却
    顔合わせ終了後は、指定の日までに振袖セットを返却します。ほとんどの店舗ではクリーニングは必要ありませんが、返却方法については事前に確認しておくことが大切です。

レンタル時の重要なチェックポイント

レンタルする際には、以下のポイントに注意してください。

  • サイズとフィット
    体型に合ったサイズの振袖を選ぶことが重要です。特に裄丈や身丈はご自身の体型に合わせて細かな調整が必要となる場合があります。
  • 色と柄の選定
    会場の雰囲気や自分の肌の色に合った色柄を選ぶことが大切です。伝統的な柄やモダンなデザインなど、振袖の種類は多岐にわたります。
  • 小物の組み合わせ
    振袖と一緒にレンタルする小物も重要な要素です。帯や草履・バッグなどは振袖との調和をよく考えて選びましょう。
  • 予約のタイミング
    人気のある振袖やシーズンによっては、早めの予約が必要です。特に成人式や結婚式の人気シーズンなどは振袖の需要が増すため、早めの確保が求められます。
  • 返却条件の確認
    レンタルした振袖は、指定の日に返却する必要があります。返却日やクリーニングの有無など、契約時に条件を確認しておきましょう。

振袖レンタルの流れを理解し、注意点に留意して、スムーズにレンタルを進めましょう。

ゆめやのレンタルは、ネットや電話で試着のお申し込みをいただき、店舗またはご自宅にて試着。お気に召したら正式にご予約を入れていただき、かんざし/髪飾り以外の小物は全てゆめやのベテランスタッフがコーディネートしてお届けいたします。ご自分で小物を選んでいただくこともできますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。ご着用後は専用の伝票で返送いただくだけです。レンタルの詳しい流れは「ご利用の流れ」をご覧ください。ご不明点は「よくあるご質問」でご確認いただくか、「お問い合わせ」からお聞かせください。折り返しお返事させていただきます。

次の章では、サイズの選び方とフィッティングの重要性について詳しく解説していきます。

サイズの選び方と着付けの重要性

振袖を選ぶ際の、サイズの選び方と着付けはたいへん重要です。日本の伝統的な衣装の一つである振袖は、適切なサイズとフィット感がその美しさを引き立てます。ここでは、身長や体型に合わせた振袖の選び方と、快適な着用をかなえるサイズ調整のテクニックをご紹介します。

身長別・体型別の振袖選びのコツ

振袖を選ぶ際には、まず身長と体型に合ったサイズを選ぶことが大切です。以下、身長別・体型別の選び方のポイントを紹介します。

  • 身長が低い方
    身長が低い方は、縦のラインを強調する柄やデザインを選ぶとよいでしょう。振袖の裾を調整してスタイルが良く見えるようにすることもできます。
  • 身長が高い方
    身長が高い方は、振袖の裄丈や身丈が十分にあるものを選ぶことが大切です。柄の大きさや色使いでバランスを取ることがポイント。
  • 細身の方
    細身の方は、柄や色が豊富な振袖を選ぶことで華やかさを出すことができます。帯や小物でアクセントを加えてもよいでしょう。
  • ふくよかな方
    ふくよかな方は、シンプルな柄や落ち着いた色の振袖を選ぶとスマートに見えます。帯の結び方で体型をカバーするテクニックもあります。

快適な着用のためのサイズ調整のテクニック

振袖を快適に着用するためには、細かなサイズ調整も重要です。以下に、サイズ調整のためのテクニックを紹介します。

  • 身丈と裄丈の調整
    おはしょり部分を調整することで、身長に合わせて着付けます。振袖を自分の体型にぴったりフィットさせ、歩きやすくするためにも欠かせません。裄丈も着付けによってある程度の調整が可能です。
  • 帯の結び方
    帯の結び方にもさまざまな種類があります。体型に合わせた結び方を選ぶことで、スタイルを良く見せることができます。
  • 補正下着の活用
    補正下着を適切に使用することで体型を整え、振袖の着姿を美しく見せることができます。特にバストやウエスト周りのフィット感は重要です。
  • 着付けのプロのアドバイス
    着付けのプロに相談することで、自分の体型に最適な着付け方法や小物の使い方を学ぶことができます。補正下着の使い方などもプロの方の意見が参考になるでしょう。

アンティーク振袖は、大正時代や昭和初期の小柄な女性の着物だというイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょうが、縫い込みを出すことによって身丈・裄丈・袖丈・身幅などを長くすることができます。ゆめやでは、小さい着物の丈をいっぱいに出すことによって、現代の女性にもお召しいただけるように蘇らせています。和裁を知っているゆめやだからこそ、できる技です。

丈をいっぱいに出して蘇らせた「桃花色に花車の振袖」をご覧いただきましょう。大正時代のモダンで大胆なデザインが日本古来の伝統的な美意識と交わり、新たな洗練を加えた「古典美」が生まれた、昭和初期の着物です。牡丹・菊・橘・鉄仙などが花車いっぱいに咲き誇り、まさに百花繚乱。10cmほど丈を長くしましたので、背の高いお嬢さまでも、おはしょりを十分に出して着ていただくことができます。

適切なサイズ選びと着付けは、振袖を美しく着こなすためにも欠かせません。自分の体型に合った振袖を選び、快適かつ美しい着こなしを目指しましょう。続いては、振袖アクセサリーとコーディネートについて詳しく見ていきましょう。

振袖アクセサリーとコーディネート

振袖を着る際は、アクセサリーや小物の選び方もその着こなしを大きく左右します。特に顔合わせなどのTPOが求められる場では、適切なアクセサリー選びが重要です。ここでは、和装小物の選び方と、顔合わせなどのシーンにおける振袖コーディネートを紹介します。

和装小物の選び方:草履・バッグ・帯締め

和装小物を選ぶ際は、振袖の色や柄、そしてシーンに合わせることがポイントです。以下に、主要な和装小物の選び方を紹介します。

草履
草履は、フォーマルな場においては金や銀を基調としたものが適しています。履き心地も重要なので、可能であれば事前に試し履きをして選ぶのがおすすめです。

バッグ
バッグは草履とセットでレンタルされることが多く、色や素材も草履とバッグで統一されたものになっています。小ぶりで上品なデザインのバッグがよいでしょう。

帯締め
帯が崩れないように帯の上から締める帯締めも、振袖や帯の色に合わせて選びます。色のコントラストを出すなどコーディネートの一部として楽しめますが、顔合わせにおいてはあまり奇抜でない定番のものを心がけるのがおすすめです。

顔合わせに映える振袖コーディネート

顔合わせのシーンにおいても、振袖と小物のコーディネートが大切です。顔合わせにおける振袖コーディネートのポイントを以下にご紹介します。

色の調和
振袖・帯・小物の色が調和していることが重要です。色彩のバランスを考え、全体の印象が統一されているようにします。

柄のバランス
振袖の柄と小物のデザインが互いに引き立てあうように選びます。大きな柄の振袖にはシンプルな小物を合わせるなど、バランスを取ることが大切です。

アクセサリーの選択
振袖に合わせて髪飾りや帯飾りを選びます。華やかな雰囲気の会場では、金や銀の装飾が施されたアクセサリーも映えます。

トータルコーディネート
振袖・小物・髪型・メイクまでトータルでコーディネートします。全体のバランスを見ながら、一つ一つの要素を調整しましょう。

ゆめやのレンタルは、着物を選んでいただくだけで、帯・帯揚げ・帯締め・草履・バッグなど、実際のご着用に必要な全ての小物が含まれます。かんざし/髪飾りだけは、ヘアスタイルやお好みによって要不要の分かれるところですので、別オーダーとさせていただいています。

ゆめやのモデルさんが着ている振袖もご紹介しておきましょうね。「たまご色に刺繍丸紋、鳳凰獅子の振袖」は、たまご色地に丸紋鳳凰獅子の手刺繍が施され、花唐草が手描きされた、昭和時代のアンティーク色振袖です。衝撃の総手刺繍の作品で、刺繍によって着物の表面が盛り上がっています。高級なレストランや料亭、結婚式場の一室など、格式の高い場所で顔合わせをなさる場合におすすめの振袖です。

もう一人のお嬢さんが着ているのは「フランボワーズと薄藍に檜扇の振袖」です。対照的な2色が1枚のきもので表現されています。これぞまさに「大正ロマン」。振袖でなければ着られない、若さと大胆さにあふれた配色です。お相手のご家族に、明るく元気なお嬢さんだという印象を持っていただけるでしょう。

振袖と小物の選び方、そしてコーディネートは、顔合わせでの印象を大きく左右します。色や柄、素材などさまざまな要素を考慮しながら、最適なコーディネートを目指しましょう。次章は、着付けの基礎知識とテクニックについて解説していきます。

着付けの基礎知識とテクニック

振袖の着付けは、見た目の美しさと着心地の良さを両立させるためにも重要なポイントとなります。自分自身で着付けに挑戦する場合もあれば、プロの着付け師に依頼するケースも一般的です。ここでは、振袖の着付けの基本と、プロに依頼するメリットについて解説します。

自分で挑戦! 振袖の着付け

自分で振袖の着付けに挑戦する場合は、以下を参考にしてください。

1.下着の着用
適宜、和装下着を着用しましょう。着物のラインがきれいに見え、着崩れを防ぐことができます。

2.補正
補正パッドやタオルも適度に使用して、体のラインを整えます。振袖が美しく見えるようにする効果があります。

3.長襦袢の着用
長襦袢を着て、衿元の調整をします。衿元は振袖の美しさを左右するポイントです。

4.振袖の着用
振袖本体を着ます。袖の長さや裾の位置を確認しましょう。

5.帯を結ぶ
帯を結ぶ際にはバランスを考慮して丁寧に。帯結びにはさまざまな種類があり、選んだスタイルによって印象が大きく変わります。フォーマルな場ならふくら雀や文庫結びがマッチするでしょう。

6.小物の装着
帯締め・帯揚げ・草履・バッグなどの小物を振袖に合わせてコーディネートします。

自分で着付けを行う場合は、事前の練習が肝心です。着付けの基本を学ぶために、教室やワークショップに参加してみるのもよいでしょう。

プロの着付け師に依頼するメリット

プロの着付け師に振袖の着付けを依頼することには、以下のようなメリットがあります。

完璧な着こなし
プロの着付け師は、完璧な着こなしを実現してくれます。細かな部分まで丁寧に調整し、美しい着姿を作り出します。

着崩れの防止
長時間着用しても着崩れしにくい着付けを行ってくれますので、顔合わせ中も安心して過ごせます。

時間の節約
プロに任せることで、準備時間を大幅に短縮できます。特に顔合わせ当日は忙しいので、時間を有効に使えるのは大きなメリットです。

アドバイスの提供
着付け師から着姿や小物使いに関するプロの目で見たアドバイスを受けることもできます。

プロの着付け師に依頼すれば、大切な顔合わせの日も安心して迎えることができますよ。以下では、この記事のまとめとして、振袖レンタルの重要ポイントをおさらいします。

まとめ

今回の記事では、顔合わせなどの特別な日に振袖を着用する際の情報を提供してきました。振袖レンタルの流れから、適切なサイズと着付けの重要性、小物の選び方、着付けのテクニックまで解説しました。記事のまとめとして、振袖レンタルで特に重要なポイントをおさらいし、顔合わせを成功させるためのアドバイスを記しておきます。

振袖レンタルで重要なポイントのおさらい

レンタルのプロセスを理解する
振袖をレンタルする際は、予約から返却までの流れを把握しておくことが大切です。

サイズと着付け
自分の体型に合ったサイズの振袖を選び、快適な着心地を確保するために適宜補正を行うことも重要です。

小物選び
振袖と調和する草履・バッグ・帯締めなどの小物を選び、トータルコーディネートの完成度を高めるようにしましょう。

着付け
自分で着付けに挑戦する場合は、あらかじめ基本的な手順を学んでおき、事前に練習しておくことが大切です。プロに依頼すれば、完璧な着こなしと着崩れの防止を期待できます。

顔合わせの日を特別なものにするために

顔合わせは、一生に一度の特別なイベントです。礼装である振袖を着ることで、その日の記憶をより美しく、特別なものにすることができるでしょう。

振袖を選ぶ際は、自分の好みはもちろん、その日の雰囲気やシーンに合ったスタイルを考慮することが大切です。小物や着付けにもこだわり、トータルコーディネートでその日を彩りましょう。

振袖を着る際は、その美しさだけでなく、着物が持つ伝統や文化も感じ取っていただければと思います。日本の伝統的な衣装である振袖を着て、特別な日を心に残るものにしましょう。

最後までお読みいただいた皆さまにお得な情報です。ゆめやの振袖を安くレンタルするなら「振袖オフシーズンだからお得なセット。選んだ振袖にプロがコーディネートするレンタルプラン」がおすすめ! どうぞ2月~12月に婚礼にまつわる色々な行事(顔合わせ・結納など)を組み込んで、振袖をお得にレンタルなさってくださいね。

〈参考記事〉
https://www.niwaka.com/ksm/radio/betrothal-meeting/clothes/base/08/
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/furisode/2601/
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/furisode/663/
https://narita-hanamura.com/kaoawase-yuinou-fukuaou/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

黒地に市松やたたき模様の粋な訪問着【hou93】

入学式にグレーの着物を着たい! | 色としての特徴と魅力、選び方

入学式は、お子さまの新しいスタートを祝う特別な日です。この日、母親としてどんな着物を着ていくかは、お子さまの記憶にも刻まれる大切な選択になります。特にグレーの着物が、お母さまが入学式に着るのにふさわしいという理由を、以下 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!