ゆめやTOP画像_成人式イメージ

【2024年最新版】結婚式の振袖ガイド!友人としての着こなし術と選び方

はじめに

振袖を着て結婚式に参加する魅力

結婚式という特別な日に、華やかな振袖を着ることは、参加者にとっても、一生の記念に残る瞬間です。特に、未婚の女性の礼装である振袖は、成人式以外には着る機会が少ないため、友人の結婚式での振袖姿は、自分自身を特別に演出するチャンスとなります。

振袖はその豪華な装いと、多彩な柄や色合いによって、華やかな雰囲気を演出します。結婚式という幸せな場にふさわしい、おめでたいイメージを持つ振袖は、他の参列者の目を惹き、写真にも美しく映ります。また、振袖を着ることで、日本の伝統文化を体験し、古典的な美しさを感じることができます。

振袖を選ぶ際には、結婚式の格式や会場の雰囲気、新郎新婦の衣装に合わせた配慮が必要です。例えば、格式が高い式では、落ち着いた色合いや古典的な柄の振袖を選ぶことが望ましいでしょう。また、友人として出席する場合は、主役である花嫁を引き立てるような、控えめながらも華やかな装いを心がけることが大切です。

結婚式のゲストとして振袖を選ぶ意義

結婚式に振袖を着て参加することは、ただお祝いするだけでなく、自分自身のファッションセンスを表現する機会でもあります。振袖は多種多様なデザインが存在し、自分の個性や好みに合わせた選択が可能です。振袖一つを選ぶことで、その人のセンスや価値観が表れるため、自己表現の手段としてもたいへん有効です。

また、結婚式の振袖は、レンタルサービスを利用することで、さまざまなスタイルを手軽に試すことができます。レンタルの場合は、価格の心配を軽減し、高品質な振袖を身にまとうことができるため、経済的にも負担が少なくなります。さらに、プロの着付け師による着付けサービスを利用すれば、振袖を美しく着こなすことが可能で、当日の準備も安心です。

振袖を着ることは、日本の伝統と格式を重んじるマナーの表れでもあります。結婚式というフォーマルな場での振袖着用は、新郎新婦への敬意を示すとともに、ゲストとしての立場を美しく装う方法です。友人の結婚式に振袖で参加することは、祝福の気持ちを形にすることでもあり、和装の美しさを堪能しながら、特別な日を彩ることができます。

この記事で、振袖を着て結婚式に参加する際の魅力と意義を見つけていただければ幸いです。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。お蚕さんが紡ぎ出してくれた絹糸から、上物だけを選りすぐって織り上げた正絹は、平織りでも美しく、さらに、織り柄が入った生地はゆらゆらと揺らめく輝きを放ちます。生地だけでも見応えがあるうえに、手染め・手描き・手刺繍で描き出された絵柄に職人の技術の高さと真心を感じる逸品ばかりですよ。

お友達の結婚式や披露宴へのご参列でしたら、ゆめやの色振袖と、結婚式参加に人気の着物レンタル(未婚女性)に小振袖や訪問着をご用意しています。まずは色振袖を見てみましょう。

成人式の振袖や花嫁衣裳とは違い、主役ではないことを意識して選びます。「 錦紗縮緬の水色に花丸紋様の色振袖」は、織り柄が入った錦紗縮緬が水色に染められ、花丸紋様が手描き・手刺繍された、アンティーク色振袖です。花丸紋様をつなぐように梢が配置され、芯のある絵柄になっています。絵心のある職人さんによる絵付けですね。家紋は無し、裏は紅絹で仕立てられています。

結婚式に振袖を着用する際の基本マナー

振袖選びの基本ポイント

結婚式に振袖を着用する際は、いくつかの重要なポイントを心に留めておくことが大切です。まず、結婚式の場としてふさわしい振袖を選ぶことが重要です。結婚式は、新郎新婦の大切な日であり、その雰囲気や格式に合わせた振袖を選ぶ必要があります。

  • 色選び:結婚式に適した振袖の色は、落ち着いた色合いや、優美な柄が特徴的です。奇抜な色合いは結婚式の場にそぐわないことがあります。また、意外かもしれませんが、色にも格式があります。古くから、赤・白・黒は改まった場で使われてきた色です。赤は魔除けや新たな門出の意味として、白は神聖にして純真の象徴として、黒は品格と高級感で尊ばれてきました。ただし、赤・白・黒は花嫁の色とされていますので、赤・白・黒がメインになった振袖は避けましょう。絵柄にこの三色がうまく取り入れられていると品格が上がりますよ。
  • 柄の選択:古典的な柄や、上品なデザインを選ぶことが望ましいです。一口に古典柄と言っても、四君子文様、有職文様、吉祥文様、元禄文様などさまざまあります。柄には一つ一つめでたい意味が込められており、結婚式にはぴったりです。柄の色数が増えたり金糸が増えたりしてくると豪華な印象に、色数を抑えたり金の数を減らしたりしていくと落ち着いた印象になるので、そういった部分でも着物の雰囲気は変わります。
  • 小物のコーディネート:振袖と一緒に使用する帯やバッグ、その他の小物も重要です。特に帯はコーディネート全体のバランスをコントロールします。極端な例でいえば、色無地の振袖の場合は、主役は帯だと言ってもいいでしょう。また、帯揚げ、帯締めのコーディネートへの影響力を甘く見てはいけません。調和させるように合わせるのか、アクセントとして使うのかで、それまで積み上げたバランスを壊すこともあります。コツは奇をてらい過ぎず、品のある選択を心がけることです。

ゆめやでは、80年から100年ほど前の着物をアンティークと呼んでいて、昭和中期以降の着物を現代物と呼んでいます。昭和中期に仕立てられ、70年ほど経っている着物も現代物と呼んでいます。ちょうど今流行のレトロな着物ですね。時代にこだわりをお持ちの方は、どうぞスタッフにお尋ねください。

モノトーンの縮緬にエンジ色の桜が咲く色振袖」は、シックな色の縮緬地にエンジ色の桜が描かれた現代物の色振袖です。絞りや手刺繍がほどこされた上品な印象です。エンジ色の半衿に、黒地に金銀の桜の帯を締め、絞りの丸ぐけ帯締めと、大きな絞りの帯揚げを結び、レトロな雰囲気に仕上げました。桜の花がたいへん大きく描かれていますので、帯締めの大きなシボと絶妙にマッチしましたね。結婚式のお呼ばれにふさわしいコーディネートです。

結婚式における和装のエチケット

結婚式において和装を選ぶ際は、マナーとエチケットを守ることが重要です。特に、振袖の装いはゲストとしての立場を象徴するため、適切なマナーを身につけることが求められます。

  • 新郎新婦への配慮:主役である新郎新婦を引き立てるような服装を心がけ、二人を上回るような過度な装いは避けましょう。特に、新婦のお色直しは注意が必要です。色が被ってしまう振袖では、折角の演出が台無しになってしまいます。事前に新婦に衣装を確認をして、最悪の事態を避けましょう
  • 振袖の着付け:正しい着付けは和装のマナーの基本です。事前に着付けの練習をするか、プロの着付け師に依頼することが推奨されます。美容室で着付けができる場合もありますが、できれば着付けの先生や着物専門店で着付けることをお勧めします。美容室の中には、着付けの上手な方もいらっしゃいますが、やはり餅は餅屋です。より精度の高い仕上がりを求める場合は、検討してみましょう。また、美容室にプロの着付け師さんがいらっしゃる場合や、呼んでいただける場合もありますので、ぜひ美容室に相談なさってください。
  • 振る舞い:振袖を着た際の所作にも気を配りましょう。立ち振る舞いや座り方など、品のある振る舞いが求められます。そして、そういった美しい所作が着物の着崩れ防止にも繋がります。遠くのものを取る際に、袖口にそっと反対の手を添えることや、段差を上る際は裾を少し持ち上げることなど、一つの動作が着物美人の第一歩です。

振袖選びのコツとポイント

20代女性に人気の振袖の種類

20代の女性にとって、振袖は特別な存在です。結婚式や成人式などの華やかな場で着用することが多いため、選び方には特に注意が必要です。結婚式の雰囲気にもよりますが、現代の20代女性に人気の振袖は、以下のような特徴を持っています。

  • 洗練されたデザイン:現代のセンスを取り入れたモダンなデザインの振袖が人気です。伝統的な柄を現代風にアレンジしたものや、洗練されたカラーリングが特徴的です。
  • 華やかさとエレガンス:華やかさを保ちつつ、エレガンスも大切にしたいと考える女性には、シンプルながらも上品な装いが求められます。控えめながらも存在感のある柄や色使いが好まれます。
  • 個性を引き立てるアイテム:自分の個性を表現するため、振袖に合わせたオリジナルの小物を選ぶことも重要です。帯やバッグ、アクセサリーなどで自分らしさを演出しましょう。

着物の柄や色の選び方

多くの振袖の中から一着を選び出すことは、思ったよりも大変な作業です。ですが、まずは以下のポイントに絞って考えてみることで、理想の一枚に出会えます。

  • 場の雰囲気に合わせる:何と言ってもまずは、結婚式場やその日のシーンに合わせた柄や色を選ぶことが大切です。他の参列者を含めて可能な限り情報収集をしておき、傾向と対策を練りましょう。レストランなどでのカジュアルウエディングで、参列者の多くがフランクでドレッシーな衣装の中、最高級の古典柄の振袖では浮いてしまうことでしょう。
  • 自分の肌色や体型を考慮パーソナルカラーと骨格を知ることも、振袖選びのヒントになります。パーソナルカラー診断とは自身の肌や瞳の色から、自身の得意な色の傾向を分析する方法です。同じ赤でも明度、彩度などが違います。骨格も小柄で細身なのか、ぽっちゃりなのか、高身長で細身なのかぽっちゃりなのか、それによって似合う柄の大きさや柄の密度は変わります。
  • トレンドを取り入れつつ個性を大切に:流行を取り入れつつ、自分らしさを忘れないことが重要です。流行の柄や色を取り入れつつも、自分に似合うものを選びましょう。最後は自分の感性を信じましょう。

カジュアルな結婚式なら、小振袖もすてきです。「からし色の市松に花丸紋様の小振袖」は、大きな市松紋様になっている、からし色の地に、花丸紋があしらわれた、乙女のアンティーク小振袖です。古都・金沢のお蔵からゆめやに来ました。紗綾形が織り出された正絹地に鹿の子絞りをほどこすことにより大きな市松紋様を浮かび上がらせた地紋様の上には、花丸紋が描かれ、四君子や藤・つつじ・梅・牡丹などの花々が競い合う、贅沢な一着です。オレンジ色の相良刺繍の帯を結びました。

着付けとヘアスタイルの注意点

セルフでできる着付けの基本

結婚式に振袖を着る場合は、プロの着付け師に頼むのも良いですが、セルフの着付けの良さもあります。

  • コスト面:セルフで行えば着付け代金がかかりません。徹底的なコストダウンを目的とするなら価値があります。
  • 将来性:今後、振袖や着物を着る機会が確実にある場合に、毎回着付けを頼むのは大変です。自分で行うことはコスト以外にも、着物の理解自体が深まるというメリットもあります

地道に練習することで、着付けは必ず自分でもできるようになります。

  • 着付けの準備:まずは着物や帯、補正用のタオル、帯枕、腰紐、伊達締めなど、必要なアイテムを整えましょう。
  • 基本の手順
    ①補正用のタオルや下着で補正をします。
    ②長襦袢を着ます。
    ③着物を着ます。まず右手側を身体に添わせ、左手側を上に重ねてください。
    ④帯を締めます。帯を締める際は、緩みがなく、身体にフィットするように心がけましょう。
    ⑤帯締め、帯揚げなども身に着けて完成です。
  • 完成度を高めるコツ:着崩れを防ぐために、コーリンベルトなどを使い、しっかりと固定することが大切です。また、鏡を見ながら全体のバランスを確認し、細部にまで気を配りましょう。

結婚式に適したヘアスタイルのアイデア

結婚式で振袖を着用する際は、ヘアスタイルもたいへん重要なポイントです。和装に合うヘアスタイルを選ぶことで、全体の印象がぐっと引き立ちます。

  • 和装に合うヘアスタイルアップスタイルハーフアップなど、首元がすっきり見えるスタイルがおすすめです。和装に合わせたヘアアクセサリーを使い、エレガントな雰囲気を演出しましょう。
  • シンプルかつ上品:振袖自体が華やかなので、ヘアスタイルはシンプルで上品なものが好ましいです。派手すぎるヘアスタイルは避け、全体のバランスを考えましょう。
  • ヘアアクセサリーの選び方:髪飾りやかんざしは、振袖や帯との色合わせを考えて選ぶと良いです。控えめながらも存在感のあるアイテムを選びましょう。

ゆめやにもたくさんのかんざしや髪飾りをご用意しています。お呼ばれのルールとしては、生花は使わないこと、花嫁さんよりも地味にすること。「赤いダリアに金銀紅の水引がアレンジされたかんざし」は、シンプルな中に水引があしらってあり、おめでたいかんざしです。

レンタル振袖の選び方と価格のリアル

レンタル振袖のメリットと選び方

結婚式に出席する際に、振袖をレンタルすることは多くのメリットがあります。レンタル振袖の主なメリットと、適切な選び方について考えてみましょう。

メリット

  • コストパフォーマンス高品質な振袖を手頃な価格で借りられるため、経済的です。
  • 多様な選択肢:1着しか持っていなければコーディネートにも限界がありますが、レンタルであれば着用の機会ごとに幅広い種類の中から選べるため、自分の好みや結婚式の雰囲気に合った適切な振袖が見つかります
  • プロの着付けサービス:レンタルの際は、着付けサービスが付いている場合が多く、安心して当日を迎えられます。

選び方

  • 自分に合ったスタイルを選ぶ:体型や好みに合わせた振袖を選びましょう。着たいイメージを明確にして選ぶことが大切です。
  • 結婚式のテーマに合わせる:式の場所やテーマ、時間帯に合わせて振袖を選びます。落ち着いた色合いやシンプルな柄が無難です。
  • 事前の試着:実際に試着してみることで、着心地や見た目の印象を確かめることができます。

価格帯別レンタル振袖の選び方

レンタル振袖を選ぶ際には、価格帯によって異なるポイントがあります。各価格帯の特徴を理解し、自分の予算に合った選択をしましょう。

エコノミークラス(数万円台の安価なクラス)

  • 基本的なデザイン:シンプルなデザインや伝統的な柄が多いです。
  • 必要最低限の小物:帯や帯締めなど基本的な小物が含まれますが、高価なアクセサリーは含まれないことが多いです。

スタンダードクラス(十万円から数十万円台の中価格帯)

  • 多様な選択肢:トレンドを反映したデザインや色使いが豊富です。
  • 高品質な小物:帯やバッグなどの小物も質が高く、コーディネートの幅が広がります。

プレミアムクラス(数十万円から数百万円台の高価格帯)

  • 最新のトレンド:最新のデザインや、一流デザイナーの振袖が含まれます。
  • フルセットの小物:小物一式が揃い、高級感のあるトータルコーディネートが可能です。

もしも、招待された結婚式が2月~12月なら、「振袖オフシーズンだからお得なセット。選んだ振袖にプロがコーディネートするレンタルプラン」で振袖をレンタルなさるとお得です。80年以上の歴史があるアンティーク振袖を中心に集めた200点超の振袖から着物をお選びいただき、帯・帯締め・帯揚げ・重ね衿・草履・バッグなど、振袖に必要な衣装小物はすべてゆめやスタッフがコーディネートしてお届けいたします。髪飾り(かんざし)は、ヘアスタイルによる要・不要やお好みに差がありますので、別途料金とさせていただいております。

結婚式当日の流れと時間管理

振袖での移動方法と注意点

結婚式に振袖で出席する場合の、移動方法の計画はたいへん重要です。振袖は動きづらいことが多いので、以下のポイントに注意して、快適に移動しましょう。

移動手段の選択

  • 公共交通機関:バスや電車を利用する場合は、混雑を避けるために時間帯を考慮しましょう。また、振袖の裾が汚れないように注意が必要です。
  • タクシーや車:ドアからの乗り降りの際に振袖が引っかからないように気をつけましょう。座席に座る際も帯や裾に気を配る必要があります。

振袖の保護

  • カバーの使用:持ち運びの移動中は振袖を保護するために専用のケースや着物バッグを使用することをお勧めします。
  • 着崩れに注意:長時間の移動で着崩れしないよう、定期的に振袖の状態をチェックしましょう。

一番のポイントは、着物の着付けを行う専門店と美容室、そして会場の動線をなるべく最短にすることです。可能であれば、事前に移動ルートを実際に歩いてみることをお勧めします。

披露宴での適切な振る舞い

披露宴では、振袖を着た状態でのマナーや振る舞いにも注意が必要です。以下のポイントを意識して、品のある振る舞いを心がけましょう。

振る舞いの基本

  • 座席での姿勢:振袖を着ているときは、背筋を伸ばして座ることが大切です。帯が乱れないように、ゆっくりと座席に着くことを心がけましょう。
  • 料理の取り分け:料理を取る際は、振袖の袖が料理に触れないよう注意しましょう。

会話や対応

  • 適切な会話マナー:披露宴では、新郎新婦や他のゲストとの会話が重要です。振袖を着ていることを意識しつつも、リラックスして会話を楽しみましょう。
  • 写真撮影:写真撮影時は、振袖を美しく見せる姿勢を意識してください。正面からの撮影では、帯の美しさを、横からの撮影では、振袖の裾の流れを意識するとよいでしょう。

まとめ

振袖を着て結婚式に参加する際のポイント

結婚式に振袖を着て出席する際には、いくつかの重要なポイントがあります。これらを意識することで、より楽しく、快適な時間を過ごすことができます。

  • 振袖選びのポイント:自分の体型や肌色に合う振袖を選ぶこと、式の場にふさわしいデザインを選ぶことが大切です。レンタルの場合は、予算内で最適な振袖を見つけることも重要です。
  • 着付けとヘアスタイル:着付けはプロに任せるか、セルフで丁寧に行うこと。ヘアスタイルは振袖に合わせて、華やかすぎないように上品にまとめることがポイントです。
  • 移動時の注意:移動方法を事前に計画し、振袖の着崩れや汚れに注意すること。タクシーや車を利用する場合は、乗り降りの際の注意が必要です。
  • 披露宴でのマナー:披露宴では、座席での姿勢や料理の取り分け方に気を配りましょう。また、新郎新婦や他のゲストとの会話を楽しみながら、振袖を着る特別感を味わいましょう。

友人としての振袖での参加の楽しさ

友人として結婚式に振袖で参加することは、特別な楽しさがあります。振袖を着ることで、結婚式の雰囲気をより一層華やかにし、記念に残る瞬間を作ることができます。

  • 特別な存在感:振袖を着ることで、他のゲストとは一線を画す特別な存在感を放つことができます。
  • 文化的な魅力の体験:日本の伝統的な衣装である振袖を着ることは、日本の文化を身近に感じる貴重な体験です。
  • 写真映え:振袖は写真映えするので、SNSなどでのシェアにも最適です。記念撮影での美しい姿は、後から見返すときの楽しみにもなります。

結婚式での振袖着用は、ただの服装以上の意味があります。友人としての参加はもちろん、自分自身のための特別な時間として、振袖を楽しむことができます。この記事を参考にして、振袖での結婚式参加を存分に楽しんでください。

〈参考記事〉
https://www.niwaka.com/ksm/radio/wedding/clothes/kimono/02/

婚礼

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

振袖イメージ

振袖&草履のサイズ選び!成人式にぴったり合うレンタル選択ガイド

はじめに:振袖と草履の重要性 成人式や特別な日に着物を着る際、振袖と草履の選び方は、その日の装いを左右する大きなポイントです。特に、成人式は一生に一度の大切な節目。美しい振袖を着て、人生の新たなスタートを切るこの日にふさ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!