着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

赤地にパステルカラーの鶴、松、菊の七歳祝着【kod02】

なぜ11月が七五三の時期?11月15日の意味と由来をわかりやすく解説!

はじめに

日本の伝統的な行事である七五三は、お子さまの成長を祝う大切な儀式です。この記事では、七五三の基本的な概念と、なぜ多くの家庭が11月にこの行事を行うのかを解説します。

七五三とは?

七五三は、お子さまの健やかな成長と長寿を祝う日本の伝統的な行事です。具体的には、5歳の男の子、そして3歳と7歳の女の子の成長を祝います。地域によっては、男の子も3歳のお祝いをすることがあるようです。七五三は、お子さまを特別に美しく着飾り、家族と共に地元の神社へお参りをし、無事に成長したことを感謝する儀式です。

お子さまが華やかな着物や袴を着て、髪を丁寧に結い上げるなど、特別な衣装を身にまといます。着物は日本の伝統的な衣装で、色鮮やかな布地に美しい柄が施されています。この日のために特別に着物をレンタルする家庭も多いです。神社でのお参りの後には、多くの家庭が写真スタジオで記念撮影を行い、お子さまの成長を美しく残します。

なぜ11月に行うのか?

七五三が11月に行われる理由には、いくつかの説があります。身体の弱かった徳川徳松が、11月15日に健康祈願を行ったら、健康に成長できたことから、11月15日に七五三が祝われるようになったとする説や、陰陽道に由来するとした説、収穫祭を由来とする説などが有名です。

また、昔の日本では、旧暦が用いられていました。11月は、冬至を含む月という規程があり、冬至は二十四節気の起点と位置づけられています。11月に十二支を当てはめると子(ねずみ)が割り当てられるため、縁起のいい月とされていたようです。また、旧暦の15日はほぼ満月になります。縁起のいい月にやってくる満月の日である11月15日は、お子さまの健やかな健康を祈る儀式の日に最適といえるでしょう。
このように、七五三は日本の長い歴史と伝統の中で形成された行事であり、現代でも多くの家庭にとって大切なイベントとなっています。次の章では、七五三の由来と歴史について詳しく解説していきます。

七五三の由来と歴史

日本の伝統的な行事である七五三。この節目の儀式は、古くから多くの日本人に愛されてきました。しかし、その起源や歴史、なぜ特定の年齢のお子さまが祝われるのか、詳しく知る機会は意外と少ないものです。ここでは、七五三の由来と、年齢を数える方法の違いについて掘り下げてみましょう。

数え年と実年齢の意味

七五三で祝われる「3歳」「5歳」「7歳」という年齢には、実は二つの異なる数え方が存在します。一つは「数え年」、もう一つは私たちが普段使っている「実年齢」です。

数え年は、生まれた時を1歳と数え、その後、毎年の正月に1歳を加える古い日本の年齢の数え方です。例えば、生後9か月で迎える初正月には既に2歳になります。この数え方は、昔の日本において一般的でした。

一方、実年齢は、生まれてからの実際の経過年数を数える方法です。現代の日本では、この実年齢が主に用いられています。

七五三では、伝統的に数え年が用いられてきましたが、現代では実年齢で祝う家庭も増えています。数え年で行う場合、3歳のお祝いは2歳の子が、5歳は4歳の子が、7歳は6歳の子が対象となります。これらの年齢は、お子さまの成長段階において重要な節目とされ、特に健やかな成長を願う意味合いが込められています。

七五三の起源と変遷

七五三の起源については、諸説ありますが、一般的には平安時代まで遡るとされています。当時、子どもの死亡率が高く、無事に成長することが稀であったため、特定の年齢に達したことを祝い、これからの健康を祈る習慣が生まれました。

平安時代には、貴族の間で子どもの髪を伸ばし始める「髪置き」という儀式がありました。これが現在の七五三の起源と考えられています。その後、江戸時代には将軍家や武士の間で広まり、さらに明治時代になると一般庶民にも広がりました。特に、江戸時代には子どもの成長を祝う風習として、今日に似た形の七五三が行われるようになりました。

髪置きの議が行われた時代の、子どもたちは、衛生面や病気予防のために髪を短く剃っていました。しかし、3歳になると、髪を剃るのを辞めて伸ばし始めます。その際に、髪が白くなるまで健康で長生きできることを願って、髪に白粉をつけ、櫛で梳かす髪置きの儀が行われていました。
時代が変わるにつれて、七五三の風習も変化してきました。現代では、写真撮影や家族での食事会など、さまざまな形でこの日を祝う家庭が増えています。しかし、その本質は変わらず、お子さまの成長を祝い、家族の絆を深める大切な日として、多くの日本人に親しまれています。

七五三の着物について

七五三において、お子さまが身にまとう着物は、この特別な日の華やかさを象徴するものです。ここでは、七五三に適した着物の選び方と、レンタルと購入それぞれのメリットについて掘り下げてみましょう。

選び方とカテゴリー

七五三に適した着物を選ぶ際には、お子さまの年齢、性別、そして祝いの趣旨を考慮することが重要です。年齢に応じて、3歳、5歳、7歳のお子さまにはそれぞれ異なるスタイルの着物が用意されます。

  • 3歳:女の子は主に「被布」と呼ばれる特別なコートを着用します。これは、着物の上に羽織る短い上着で、カラフルな色彩とデザインが特徴です。
  • 5歳:男の子にはこの年齢が初めての着物を着る機会となり、伝統的に「袴」を着用します。袴は、着物の上に履くズボンのような着物で、格式のある華やかさを演出します。
  • 7歳:女の子はより成熟したスタイルの着物を着ます。この年齢では、多くの場合、長襦袢とともに本格的な着物が着用され、鮮やかな色と複雑な柄が特徴です。

これらの着物は、お子さまの成長と健やかな未来を象徴するため、色鮮やかで縁起の良いデザインが好まれます。また、着物選びの際には、お子さまが快適に過ごせることも重要なポイントです。肌触りの良い素材や、動きやすさを考慮した選択が求められます。

ゆめやでは、7歳の女の子向けに「赤地にパステルカラーの鶴、松、菊の七歳祝着」をご用意しています。アンティークの嫁入り衣装から仕立てた7歳用の祝着です。真っ赤な平絹に淡いトーンの鶴、松や菊が描かれ、手刺繍が施されています。振りや裾回しには淡いピンク色の絞り生地を使用し、同じ生地からおそろいの巾着バッグを仕立てました。興味のある人は、ぜひホームページをチェックしてみてください。

レンタルと購入のメリット

七五三の着物を準備する際には、レンタルと購入のどちらかを選ぶ必要があります。どちらにもメリットがあり、家族の状況や希望によって選択が異なります。

レンタルのメリット

  • コスト:着物は比較的高価であり、特に成長が早い子どもたちにとっては数回しか着用しないことが多いため、レンタルは経済的です。
  • 多様な選択肢:レンタルショップでは、多くのスタイルやデザインから選ぶことができ、最新のトレンドを取り入れた着物も手軽に選べます。
  • 便利さ:着付けのサービスやアクセサリーの一式が含まれていることが多く、準備が簡単です。

購入のメリット

  • 記念品としての価値:購入した着物は、成長の記念として保管することができ、将来的に感慨深い思い出となります。
  • オーダーメイドの可能性:購入することで、おこさまの体型に合わせたオーダーメイドの着物を作ることが可能です。
  • 家族伝統の創造:購入した着物を兄弟姉妹や親戚の子どもたちに受け継ぐことで、家族の伝統を作ることができます。

七五三の着物選びは、お子さまの特別な日を彩る重要な要素です。各家庭の事情や希望に合わせて、最適な選択をすることが大切です。次の章では、七五三のお祝いの流れと、その中での着物の役割について詳しく見ていきましょう。

七五三のお祝いの流れ

七五三は、お子さまの成長を祝う日本の伝統的な行事であり、家族でのお祝いと神社でのお参りが中心となります。この章では、神社でのお参りの流れと家族でのお祝いのスタイルについてご紹介します。

神社でのお参りの流れ

七五三の神社でのお参りは、お子さまの成長に感謝し、これからの健康と幸せを祈願する重要な行事です。以下は、お参りの一般的な流れです。

事前準備

  • 事前に参拝する神社を決め、必要であれば予約をします。
  • 神社によっては、特別な祈祷や祝詞がある場合もありますので、事前に確認しましょう。
  • 着物や袴などの衣装を準備し、着付けの時間を考慮して当日のスケジュールを立てます。

神社での行動

  • 神社に到着したら、まずは手水舎で手と口を清め、心を清らかにします。
  • 本殿や拝殿に向かい、二礼二拍手一礼の作法で参拝します。
  • お子さまの名前と年齢を告げ、成長に感謝し、今後の健康や幸せを祈願します。

記念撮影

  • 神社の境内や鳥居の前で、家族やお子さまの記念撮影をします。これは、成長の大切な思い出となります。

お参りの後

  • 神社でのお参りの後、家族で食事をすることが一般的です。
  • また、お守りや絵馬を購入し、家族の幸せを祈るのも良いでしょう。

家族でのお祝いのスタイル

七五三のお祝いは、家族での時間を大切にすることが重要です。以下は、家族でのお祝いのスタイルについてです。

お祝いの食事

  • 神社でのお参りの後、家族での食事会を開くことが多いです。この時、子どもの好きな料理を中心にメニューを考えると良いでしょう。
  • レストランでの食事や、自宅での手作り料理も、家族にとって特別な時間を提供します。

家族での時間

  • 家族や親戚が集まり、お子さまの成長を祝うことが伝統的なスタイルです。
  • お子さまへのプレゼントやお祝いの言葉を交わすことで、家族の絆を深めることができます。

写真アルバムの作成

  • この日の思い出を写真に残し、アルバムを作ることで、家族の記憶として残すことができます。
  • お子さまが成長した際に、このアルバムを見返すことで、家族の大切な思い出として受け継がれます。

七五三のお祝いは、ただの形式ではなく、家族の愛と絆を深める貴重な機会です。お子さまの成長を祝うこの日に、家族での時間を大切にし、幸せな思い出をたくさん作りましょう。

七五三の写真撮影

七五三の記念撮影は、お子さまの成長を祝うこの特別な日の重要な一部です。ここでは、撮影のタイミングと準備、さらにプロのカメラマンと連携する方法について詳しく見ていきましょう。

撮影のタイミングと準備

七五三の写真撮影における最適なタイミングと準備は以下の通りです。

撮影タイミングの選定

  • 一般的に、七五三の記念撮影は11月15日やその周辺で行われますが、混雑を避けるために、事前にスタジオやロケーションの予約が必要です。
  • また、神社でのお参りと同じ日に行うことも多いですが、天候や混雑状況によっては、別の日に前撮りを行うことも一つの選択肢です。

撮影の準備

  • お子さまが着用する着物や袴は事前に準備し、当日は着付けの時間を考慮してください。
  • ヘアスタイルや小物も、写真に映えるように事前に計画します。
  • お子さまがリラックスして撮影に臨めるように、十分な休息と食事を心掛けます。

撮影場所の選定

  • スタジオでの撮影は、天候に左右されず、プロのライティングや背景を活用できます。
  • 屋外での撮影は、自然光と美しい景色を背景に、より自然体の写真が撮れることが魅力です。

プロカメラマンとの連携方法

プロのカメラマンと連携することで、七五三の思い出を美しく残すことができます。

カメラマンの選定

  • 事前にカメラマンのポートフォリオを見て、そのスタイルが自分たちの希望に合っているかを確認します。
  • 口コミや評判も参考にし、信頼できるカメラマンを選びましょう。

事前の打ち合わせ

  • 撮影のコンセプトや希望するスタイルについて、カメラマンと事前に打ち合わせを行います。
  • お子さまの性格や好みについても伝え、リラックスした状態で自然な表情を引き出せるようにします。

当日の流れ

  • 撮影当日は、お子さまが疲れないように、十分な休憩時間を設けることが大切です。
  • カメラマンの指示に従いつつ、お子さまが自然体でいられるような雰囲気を作ります。

写真の選定とアルバム作成

  • 撮影後は、撮った写真からお気に入りのものを選び、アルバムや写真集を作成します。
  • デジタルデータの提供がある場合は、SNSやデジタルフレームでの共有も楽しめます。

七五三の写真撮影は、家族にとってかけがえのない思い出を作る機会です。プロのカメラマンとの連携により、この特別な日を美しく記録しましょう。

時期をずらしての七五三

七五三は伝統的に11月15日に行われることが多いですが、最近では時期をずらして行う家庭も増えています。このセクションでは、12月や10月に七五三を行うメリットと、六曜や日柄を考慮した日程調整についてご紹介します。

12月や10月に行うメリット

10月や12月に七五三を行うことのメリットは以下の通りです。

混雑を避けられる

11月は多くの家庭が七五三を行うため、神社や写真スタジオが混雑します。10月や12月に行うことで、混雑を避け、ゆったりとした雰囲気でお祝いができます。

気候の違いを楽しむ

10月は比較的暖かく、屋外での撮影に適しています。一方、12月は冬の装いでの撮影が可能で、季節感を出すことができます。

スケジュールの柔軟性

11月に予定が合わない場合、10月や12月にずらすことで、家族の都合に合わせやすくなります。また、お参りや写真撮影の予約が取りやすくなることもメリットです。

六曜と日柄を考慮した日程調整

六曜や日柄を考慮して七五三の日程を調整することは、日本の伝統的な考え方を尊重する方法です。

六曜の意味と重要性

  • 日本の暦には「六曜」と呼ばれる吉凶を表す暦注があります。これには「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」があり、おのおのが異なる意味を持ちます。
  • 「大安」は最も吉とされる日で、お祝い事に適しています。逆に「仏滅」は凶とされ、避ける傾向にあります。

日柄の選定

  • お祝い事に良い日柄を選ぶことは、お子さまの幸せを願う心から来ています。
  • 六曜以外にも、節目の日とされる「節分」「立春」などの日も吉日とされる場合があります。

日程調整のコツ

  • 六曜や日柄を調べるためには、暦やインターネットのカレンダーを参考にします。
  • 家族のスケジュールや予約の状況と照らし合わせながら、最適な日を選びましょう。

七五三を時期をずらして行うことは、家族にとって柔軟で心地よい選択肢となるでしょう。伝統的な六曜や日柄を考慮しつつ、家族の都合に合わせたお祝いを計画することが大切です。

七五三での特別な体験

七五三は単なる儀式ではなく、お子さまにとって一生の思い出となる特別な体験です。東京の特別な神社でのお参りや、記憶に残るアクティビティを通じて、この日をより特別なものにしましょう。

東京の特別な神社

東京には、七五三のお参りにふさわしい多くの神社があります。以下は、特に人気のある神社の一例です。

明治神宮

東京の中心部に位置し、広大な森に囲まれた静かな環境が特徴です。子どもたちの成長と健康を祈るには最適な場所です。

浅草寺

歴史と伝統が息づく浅草寺は、色鮮やかな仲見世通りを通って参拝することができ、七五三の思い出に色を添えます。

増上寺

東京タワーを背景にした増上寺は、都会の中の静寂な雰囲気と美しい庭園が魅力です。写真撮影にも最適なロケーションを提供します。

思い出に残る体験とアクティビティ

七五三をより特別な日にするために、以下のようなアクティビティを取り入れることができます。

伝統文化体験

着物を着たまま、日本の伝統的な遊びや工芸体験をすることで、お子さまに日本文化の魅力を伝えます。例えば、折り紙や習字、お茶会などが挙げられます。

ファミリーフォトツアー

専門のカメラマンを同行させ、名所を巡るフォトツアーを企画することで、七五三の記念撮影をより特別なものにします。

お祝いの食事

七五三の日は特別な食事で祝いましょう。お子さまが喜ぶレストランや、伝統的な和食を味わうことで、家族の絆を深める時間となります。

これらの特別な体験は、七五三をただの儀式ではなく、家族全員にとって忘れられない記念日に変えるでしょう。七五三を最大限に楽しみ、素晴らしい思い出を作りましょう。

まとめ

この記事では、七五三の準備から当日の祝い、特別な体験までを網羅的にご紹介しました。最後に、七五三を楽しむためのチェックリストと、親御さんの心得について触れて締めくくりましょう。

七五三を楽しむための最終チェックリスト

七五三当日をスムーズに過ごすために、以下のチェックリストをご確認ください。

着物と小物

着物や袴、小物類は完備していますか?必要なものが全て揃っているか最終確認しましょう。

予約の確認

神社でのお参りや写真撮影の予約は確定していますか?前日には確認の連絡を入れると安心です。

スケジュールの確認

当日のスケジュールは家族全員に共有されていますか?時間に余裕を持って行動することが大切です。

体調管理

当日を元気に迎えるために、前日の休息は十分ですか?お子さまの体調を最優先に考えましょう。

親御さんの心得と成長を祝う意味

七五三は、お子さまの成長を祝うとともに、親御さんの役割を再認識する機会でもあります。

感謝の気持ち

この日は、お子さまの健やかな成長に感謝するとともに、育児に尽力してくれた家族や周囲の人々への感謝の気持ちも忘れずに。

主体性を尊重

お子さまが自分で選んだ着物やアクセサリーを尊重することで、お子さまの自己表現を育みます。

記念日としての意義

七五三は、家族の絆を深め、お子さまの成長を祝う大切な記念日です。この日を通じて、家族の絆を再確認しましょう。

このように、七五三は日本の美しい伝統を守るとともに、家族の絆を深める特別な日です。準備から当日の祝いまで、心を込めて取り組むことで、お子さまにとっても、親御さんにとっても忘れられない思い出となるでしょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

御所車と帳幕の上を鳳凰が舞う黒引き振袖【fuh07】

【2024年最新版】引き振袖に最適な帯の選び方とコーディネートのコツ

はじめに 引き振袖とは何か? 引き振袖は、日本の伝統的な婚礼衣装の一つです。特に結婚式における花嫁の衣装として知られており、その豪華さと格式の高さで、多くの女性たちの憧れを集めています。伝統的な振袖と異なり、引き振袖はそ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!