着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

濃いピンク色にグレーの縦ストライプの袴 (L)【hal014】

【着物のプロが監修】卒業式にぴったりの振袖と袴レンタル選びのコツ!

はじめに

振袖と袴は、日本の伝統的な衣装であり、特に成人式や卒業式などの節目に着用されます。これらの衣装は、豊かな色彩や繊細な柄で、特別な日を一層華やかに彩ります。本記事では、振袖と袴についての基礎知識から、卒業式やその他の特別な日における着用の意味まで、幅広くご紹介します。

振袖と袴の基礎知識

振袖は、袖が長いことが特徴の着物で、一般的には成人式で若い女性が着用することで知られています。しかし、卒業式など他のフォーマルな場でも着用されることがあります。振袖の色や柄は、古典的なものからモダンなデザインまで、非常に多様です。
一方、袴は元々古代の男性の衣装として生まれましたが、現在では女性が卒業式などの正式な場で着用するスタイルが一般的です。女性用の袴は、振袖と合わせて着ることが多く、振袖の美しさを引き立てる役割を果たします。

卒業式や成人式など、一生に一度の特別な日に着用するこれらの衣装は、その人の新たな門出を祝い、未来への期待を象徴します。自分の身長や体型、さらには好みの色や柄を考えて選びましょう。

卒業式と特別な日に着る和服の意味

卒業式に和服、特に振袖や袴を着用することには、これまでの学生生活を振り返り、これから社会に羽ばたいていく決意を新たにするという意味合いがあります。また、自分自身を美しく見せるだけでなく、家族や友人、教員など多くの人々への感謝の気持ちを表現することもできます。

和服を着ることは、日本の文化や伝統を尊重し、継承する行為であり、着る人にとっては自身のルーツやアイデンティティを再確認する機会となるのです。特に、卒業式という一生に一度の特別な瞬間に和服を選ぶことは、新しい人生のスタートを華やかに飾るための選択といえるでしょう。

振袖と袴の歴史的背景

日本の伝統的な衣装である振袖と袴は、単なるファッションアイテムではなく、日本の歴史、文化、そして社会的な価値観を映し出しています。この章では、振袖と袴がなぜ日本の伝統であるのかを探り、和服としての進化について詳しく見ていきます。

振袖と袴が日本の伝統である理由

振袖と袴の歴史は、平安時代にまでさかのぼります。この時代、貴族の女性たちは、特別な式典や行事の際に、長い袖を持つ衣装を着用していました。これらの衣装は、その後の時代にも引き継がれ、特に女性の成人式や結婚式などの節目に着用されるようになりました。振袖は、未婚の成人女性の象徴として、また新たな社会的なスタートを切る若い女性の美しさと希望を表現する衣装として重宝されてきました。

一方、袴はもともと武士や男性が着用する衣装でしたが、時代が下るにつれて女性用の袴も登場しました。学生服として、また卒業式などのフォーマルな場で女性が着用する衣装として定着しました。

和服としての振袖と袴の進化

振袖と袴は、時代と共に変化してきました。振袖は、より洗練されたデザインや色使い、そして細やかな刺繍や柄が施されるようになりました。また、着付けの技術も進化し、より多様なスタイルが可能になりました。

袴に関しても同様に、従来の男性用から女性用へとそのスタイルは広がり、より豊富な色彩や素材から選べるようになりました。特に女性用の袴は、振袖とのコーディネートを意識したデザインが増え、よりフォーマルな場でも個性を表現できるアイテムとして人気を集めています。

和服としての振袖と袴の進化は、ただのファッションの移り変わりではなく、日本の文化や伝統、そして現代のライフスタイルとの調和を象徴しています。古典的な美しさを保ちながらも、現代のニーズに合わせた新しいスタイルが生まれ続けていることは、振袖と袴が、いかに日本人の心に根ざしているかを物語っています。

このように、振袖と袴は、その歴史的背景と進化を通じて、日本の伝統文化を今に伝える重要な役割を担っています。次は、これらの衣装を選ぶ際のポイントや、美しいコーディネートのためのアドバイスを詳しく見ていきましょう。

振袖と袴の選び方

振袖と袴を選ぶ際には、見た目の美しさだけでなく、着用する本人にとっての快適さや動きやすさも重要です。特に、卒業式などで長時間着用する場合には、これらの点を考えて選びましょう。ここでは、振袖と袴を選ぶ際の基本的なポイントや、素材と色の選び方についてご紹介します。

身丈、裄、袖の長さの基本

振袖や袴を選ぶ際に最も重要なのは、サイズの合うものを選ぶことです。着物のサイズは一般的に、身丈(肩から裾までの長さ)、裄(背中の中心から袖先までの長さ)、袖丈(袖の長さ)で決まります。これらのサイズは、身長や体型に合わせて選ぶ必要があります。

  • 身丈: 身丈は、着物を着た時に足首が隠れる程度の長さが一般的です。特に振袖の場合、少し長めに作られていることが多く、豪華な印象を与えます。
  • : 裄は、肩幅と袖の長さに関わります。適切な裄の長さは、動いたときに窮屈感がなく、美しいシルエットを保てることがポイントです。
  • 袖丈: 振袖は名前の通り「振る袖」が特徴ですので、袖丈は長めが一般的です。しかし、長すぎると動きにくくなるため、バランスが重要です。

これらのサイズを正確に測ることで、着用時の美しい姿と快適な着心地を両立させることができます。

素材と色で感じを表現する

振袖や袴の素材や色は、着用する場の雰囲気や本人のイメージに合わせて選びましょう。素材には、シルク、ポリエステル、綿などがあり、それぞれに特徴があります。シルクは高級感があり、美しい光沢が特徴ですが、価格が高く、お手入れも大変です。ポリエステルは扱いやすく、価格も手頃で、近年人気が高まっています。綿はカジュアルな印象を与え、着心地が良いですが、しわになりやすい点に注意が必要です。

色は、着用する本人の肌色や好み、場の雰囲気に合わせて選びましょう。明るい色は若々しく華やかな印象を、深みのある色は落ち着いた大人の雰囲気を演出します。また、柄に関しては、古典的な梅や桜、鶴などの和柄から、モダンで抽象的なデザインまで幅広く選ぶことができます。

アンティークきものレンタルゆめやでは、色鮮やかな「濃いピンク色にグレーの縦ストライプの袴(L)【hal014】」をご用意しております。こちらは、濃いピンク色にグレーの縦ストライプが入った袴です。小振袖と合わせて、大学・短大の卒業式のほか、小学校の卒業式にも着用いただけます。

振袖や袴の素材や色、柄は、自分がどのような印象を周囲に与えたいか、どのようなイメージでその日を迎えたいかを考えながら選びましょう。また、レンタルを利用する場合には、事前の下見や予約をおすすめします。

振袖選びと袴選びは、卒業式や特別な日を迎える準備の一環として楽しむことができます。サイズ選びや素材、色を選ぶときに、これらのポイントを参考にしながら、自分にぴったりの一着を見つけてください。

卒業式における振袖と袴のコーディネート

卒業式は、学生生活の終わりと新たな門出を祝う大切な日です。コーディネートにも特別な注意を払いましょう。ここでは、卒業式の振袖と袴の選び方から、スタイルを決めるポイント、色合いや柄の選び方まで、卒業式にふさわしい装いを完成させるためのヒントをご紹介します。

スタイルを決めるポイント

卒業式の振袖と袴のコーディネートは、以下のポイントを参考にして決めましょう。

  • 季節感のある選び方: 卒業式は春に行われることが多いため、季節感を反映した明るい色や柄を選ぶと良いでしょう。桜や梅の花など、春を象徴する柄が特におすすめです。
  • 着用者の個性を生かす: 自分の好みや個性に合ったスタイルを選ぶことが重要です。古典的なデザインからモダンなものまで、幅広い選択肢の中から、自分に合ったスタイルを見つけましょう。
  • バランスの良いコーディネート: 色や柄はもちろん、小物選びにも気を配り、全体のバランスを考えましょう。帯や帯締め、足袋や草履の色を振袖や袴に合わせることで、統一感のあるコーディネートが完成します。

色合いと柄の選び方

卒業式の振袖と袴の色や柄を選ぶ際には、以下のアドバイスを参考にしてください。

  • 色の選び方: 明るい色は若々しさを、深みのある色は落ち着いた印象を与えます。自分の肌色や卒業式の場の雰囲気に合わせて、振袖と袴の色を選びましょう。例えば、淡いピンクや淡い青などの柔らかい色合いは、春の訪れを感じさせ、卒業式にふさわしい華やかさを演出してくれます。
  • 柄の選び方: 振袖や袴にはさまざまな柄がありますが、卒業式には華やかで上品な印象の柄を選ぶと良いでしょう。花柄や古典的な柄は特に人気がありますが、最近ではモダンで個性的なデザインの振袖も増えています。

アンティークきものレンタルゆめやでは、卒業式にぴったりな「薄紅色に水仙、牡丹、菊の花丸紋の小振袖【hak34】」をご用意しております。
こちらは、大正時代から昭和にかけての一つ紋付きアンティーク小振袖です。御簾、桐、橘の花が織り出された正絹の地が薄紅色に染められ、丸紋の中には水仙、菊、牡丹などが手描きされています。

卒業式当日に着る衣装の細部にまでこだわり、自分らしいスタイルを完成させることで、この特別な日をより思い出深いものにしましょう。

振袖と袴の着付けと合わせ方

振袖と袴の着付けとコーディネートは、見た目の美しさはもちろん、一日中快適に過ごすために重要です。ここでは、着付けにおける紐と衿の正しい使い方と、無地や白系、矢絣などと小物の合わせ方について解説します。

紐と衿の正しい使い方

  • 紐の使用方法: 着物や袴の着付けには、複数の紐を使用します。これらの紐は、着物の形を整え、美しいシルエットを保つために欠かせません。腰紐は、使用することで着物の身丈を調節します。袴を着る際にも、袴の位置を固定するために紐を使用し、きちんとフィットさせます。
  • 衿の合わせ方: 振袖の衿元は、清楚で美しい印象を与えるために重要です。衿は左側が外に来るように合わせ、首筋がきれいに見えるように少し抜くのが一般的です。衿元を美しく見せるためには、衿芯を入れて衿の形を整えると良いでしょう。

無地や白系、矢絣などと小物の合わせ方

  • 無地や白系の振袖の合わせ方: 無地や白系の振袖は、シンプルで上品な印象を与えます。これらの振袖を選ぶ際には、帯や小物で色を加えると良いでしょう。例えば、鮮やかな色の帯や花柄の帯締めを使用することで、全体のコーディネートに華やかさをプラスできます。
  • 矢絣や古典柄の振袖の合わせ方: 矢絣や古典柄の振袖は、日本の伝統美を感じさせるデザインです。これらの振袖を着る際には、柄を生かしたコーディネートを心がけましょう。帯や小物は振袖の柄と調和する色やデザインを選ぶことが大切です。また、アンティークな雰囲気を出したい場合には、レトロ感のある帯や古典的なデザインの小物を合わせると、より一層その魅力を引き立てることができます。

振袖と袴の着付けとコーディネートにおいては、細部にまで注意を払い、全体のバランスを考えましょう。

下見と予約の大切さ

卒業式などの特別な日に振袖や袴を着用する際、事前の下見と予約は非常に重要です。特に、卒業式シーズンになると、多くの人が振袖や袴を探し始めるため、希望する衣装やアクセサリーが早期に予約で満員となることがあります。ここでは、早めの下見と予約がなぜ必要なのか、そして予約時に注意すべき点について解説します。

なぜ早めの下見と予約が必要なのか

  • 希望の振袖や袴を確実に確保するため: 卒業式シーズンは、全国の学生が同時に振袖や袴を探し始めます。早めに下見と予約をすることで、希望するデザインや色、サイズの衣装を確実に確保できます。
  • 十分な準備時間を確保するため: 事前に衣装を選び予約しておくことで、着付けの練習や小物選び、さらには当日のスケジュール調整など、その他の細かな準備に十分な時間を確保できます。
  • 予算管理をしやすくするため: 早期に衣装を選び、レンタル料金や購入費用を把握しておくことで、卒業式にかかるトータルの予算計画を立てやすくなります。

予約時に注意すべき点

予約をする際には、以下の点に特に注意しましょう。

  • キャンセルポリシーの確認: 予約をする際には、キャンセルポリシーを事前に確認しておくことが重要です。万が一の事態に備えて、キャンセル料が発生する期間や条件を把握しておきましょう。
  • サイズやデザインの再確認: 予約時には、サイズやデザイン、色など、希望する衣装の詳細を再確認することが大切です。可能であれば、予約確定前に試着を行い、着心地や見た目を実際に確認しましょう。
  • 小物やアクセサリーの選定: 振袖や袴と合わせる小物やアクセサリーも重要なポイントです。予約時には、帯や草履、バッグなど、衣装とのコーディネートを考え、必要なアイテムを一緒に予約することをおすすめします。

事前の下見と予約には、衣装を選ぶ上での多くのメリットがあります。特に、卒業式のような一生に一度の大切な日には、万全の準備をしておくことが重要です。希望する振袖や袴を着て、自信を持って卒業式を迎えられるよう、早めの行動を心がけましょう。

注意点とマナー

卒業式などのフォーマルな場で和服を着用する際は特に、着物の美しい着こなしとともに、適切な立ち振る舞いやエチケットも非常に重要です。ここでは、着物での正しい立ち振る舞いと卒業式における和服のエチケットについて、詳しく解説します。

着物での正しい立ち振る舞い

着物を着用する際には、以下の点に注意して、品のある振る舞いを心がけましょう。

  • 歩き方: 着物や袴を着るときは、足を大きく開けずに小さな歩幅で歩くのが基本です。また、足を地面にそっと着くように意識すると、優雅な歩き方になります。
  • 座り方: 正座は和服を着用した際の基本的な座り方です。椅子に座る場合には、膝をそろえて背筋を伸ばし、姿勢良く座ることが大切です。袴の裾をきちんと整え、座布団を使用する際には正中に座るようにしましょう。
  • 挨拶の仕方: 和服を着た際の挨拶は、立ち姿勢でも座り姿勢でも、軽く頭を下げる程度で十分です。大げさに深くお辞儀をする必要はありませんが、相手に敬意を示すためにも、目線は下げるようにしましょう。

卒業式における和服のエチケット

卒業式という特別な日に和服を着る際には、以下のエチケットを守ることで、より一層の品格を演出できます。

  • 服装の選択: 卒業式にふさわしい振袖や袴を選ぶことが大前提です。派手すぎるデザインや色は避け、格式高い場にふさわしい落ち着いた色合いや柄を選びましょう。
  • 小物使い: 和服の小物一つ一つにも気を配り、全体のコーディネートに調和するように選びましょう。帯締めや帯揚げ、草履やバッグなど、細部にまでこだわることで、洗練された印象を与えることができます。
  • 言葉遣いと態度: 和服を着用しているときは、その装いに合った落ち着いた言葉遣いと態度が求められます。特に卒業式などの公の場では、穏やかで優雅な振る舞いを心がけましょう。

着物や袴を着用する際の正しい立ち振る舞いやエチケットを守ることで、自分自身の美しさはもちろん、周囲への配慮も示すことができます。卒業式という一生に一度の特別な日に、和服の魅力を最大限に引き出し、すてきな思い出を作りましょう。

まとめ

卒業式は人生の大切な節目の一つです。最後に、振袖と袴を選ぶ際の最終チェックリストと、和服での卒業式をより特別なものにするためのポイントをまとめます。

振袖と袴を選ぶ際の最終チェックリスト

  • サイズとフィット感: 振袖と袴のサイズが正しく、快適に着用できるかを再確認してください。着付けの際に不自由を感じないよう、事前に試着を行い、必要であれば調整を依頼しましょう。
  • 色合いとデザイン: 選んだ振袖や袴の色が自分の肌色に合っているか、またデザインが卒業式の雰囲気に適しているかを確認します。自分自身が最も輝ける色とデザインを選びましょう。
  • 小物とのコーディネート: 帯、帯締め、草履、バッグなど、振袖や袴と合わせる小物が適切に選ばれているかをチェックしましょう。小物一つ一つが全体の印象を大きく左右するため、細部にまで注意を払ってください。
  • 予算: 振袖や袴、小物のレンタルまたは購入にかかる総費用が予算内に収まっているかを最終確認します。無理のない範囲で選びましょう。

和服での卒業式をより特別なものにするために

  • 事前の準備を怠らない: 卒業式の数カ月前から振袖や袴の下見を始め、早めに予約を済ませることが重要です。また、着付けの練習やヘアスタイルの相談など、事前の準備を入念に行いましょう。
  • 自分らしさを大切にする: 振袖や袴を選ぶ際は、流行だけでなく自分自身の個性や好みを反映させましょう。自分らしいスタイルで卒業式を迎えることで、より一層の自信と満足感を得られます。
  • エチケットとマナーを守る: 和服を着用する際は、正しい立ち振る舞いやマナーを意識しましょう。品のある振る舞いが、和服の美しさをさらに引き立てます。

和服で迎える卒業式は、一生の思い出に残ります。この記事が、振袖や袴を選ぶ過程から当日の振る舞いに至るまでの準備をサポートし、卒業式をより輝かしいものにするお手伝いとなれば幸いです。

〈参考記事〉
https://kashikimono.com/content/hakamanorekishi
https://furisode.joyful-eli.com/blog/choice/102/
https://obebeya.jp/column/column03/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

黒色の無地の袴 (L)【hal013】

【卒業式必見】黒袴の選び方と着物レンタルのコツ | 安心のプロ監修

はじめに:黒の袴の魅力とは 卒業式と聞いて思い浮かべるのは、華やかな振袖や袴の姿ではないでしょうか。数ある選択肢の中で、黒の袴はシックで上品な色合いのため、多くの人々を魅了しています。ここでは、黒の袴の魅力と、卒業式をは […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!