神前式・婚礼・親族イメージ

【結婚式】家族婚の魅力&和装で行う家族挙式(神前式)のメリット

はじめに

家族婚とは、家族や親族などの限られた人々のみを招待して行う結婚式のことを指します。この形式は、新郎新婦と参列者との距離が近く、アットホームで温かみのある雰囲気を作り出すことができるため人気の結婚式スタイルの一つとなっています。

そんな家族婚に日本の伝統的な衣装である和装を取り入れると、より一層特別感を演出することができます。

家族婚とは?和装で行う魅力は?

家族婚では、新郎新婦が直接ゲストと交流できる機会も多く、結婚式の意義や喜びを共有しやすいという特徴があります。

そうした場の衣装に和装を選ぶことで、このような家族婚の温かみをさらに深めることができるというわけです。特に神社での神前式など和装が映える場所での挙式は、日本の美しい伝統と文化を大いに感じさせてくれるものです。

和装にも女性なら白無垢や色打掛、男性なら紋付羽織袴とさまざまな種類があり、花嫁の美しさ、花婿のたくましさを引き立てるとともに、結婚式の雰囲気を一層華やかにしてくれます。

和装による家族婚を選ぶメリット

和装での家族婚を選ぶ最大のメリットは、その格式高い美しさと、日本の伝統を感じられる点にあります。結婚式という特別な日にふさわしい厳かさと神聖さを和装が演出し、式を一生ものの思い出に残るものにしてくれるはず。

また、家族婚ならではの少人数による挙式を選ぶことで細部にまでこだわる余裕ができ、一つ一つの物事にじっくりと時間をかけて選ぶことができるため、自分たちの理想とする結婚式を実現しやすくなります。

さらに家族や親族との絆を深める意味でも、和装は大切な役割を果たします。

家族婚で和装を選ぶ際のポイント

和装を選ぶ際には、挙式の場所や季節、ご自身の理想などに合ったものを選ぶことが大切です。例えば神社での挙式を予定している場合は、伝統的な白無垢や色打掛が好適。

挙式や披露宴の時期に合わせて、季節感を表現できる色や柄を選ぶというのも、和装ならではの魅力を生かせるポイントといえるでしょう。

着付けやヘアメイクも和装専門のプロにお願いすれば、当日も美しくスムーズに着姿を整えることができます。

家族婚での和装選び

家族婚において和装を選ぶことは、結婚式という特別な日をさらに印象深いものにします。

和装はそれ自体の美しさと伝統によって、結婚式の雰囲気を一層引き立てることができます。ただ、和装にも多くの種類と特徴があり、どのように選べばよいのか迷うという人も少なくないはず。ここでは結婚式にふさわしい和装の選び方と、花嫁のための衣装選び、さらに挙式を彩るアイテムなどについてご紹介します。

和装の種類と特徴:結婚式にふさわしい選び方

婚礼衣装として花嫁が着用する和装だけでも白無垢や色打掛、引き振袖など、いくつかの種類があります。

白無垢はその名の通り白色を基調とする衣装で、着用する花嫁の純潔や邪気払い、婚家に染まるといった意味合いを象徴しています。色打掛はその華やかな色と柄で、幸せと繁栄を願う衣装です。未婚女性の第一礼装としても知られる振袖は、特に引きずるほど裾が長い引き振袖が結婚式の婚礼衣装として用いられています。

結婚式にふさわしい和装を選ぶ際には、式のテーマやご自身の好み、さらには神社や寺院、結婚式場やレストランなど式場の特性なども考慮することが大切です。和装を選ぶ際には専門店で試着も行い、自分の身体に合うものを見つけることも重要です。

着物での家族婚:花嫁のための衣装選び

家族婚で着物を選ぶ際には、花嫁の個性や結婚式のテーマに合わせた衣装を選ぶことが大切です。伝統的な結婚式にふさわしい選択肢としては白無垢や色打掛が代表格ですが、挙式や会食のスタイルによっては、よりカジュアルな引き振袖も選択肢に入ります。

和装選びにおいては衣装だけでなく、髪型や和装小物などに至るまでトータルでのコーディネートを考えることが大切です。また、家族や親族の衣装についても事前に話し合う機会があれば、そうした参列者との色合わせも考慮してみてもよいでしょう。

和装小物:挙式を彩るアイテム

和装をさらに美しく見せるためには、和装小物選びも重要です。

例えば髪飾りに生花を使ったものや伝統的な簪(かんざし)を選んで、花嫁の美しさを一層引き立てたり。末広(扇子)筥迫など、花嫁衣装にセットで用いられる伝統的なアイテムもセンス良く取り入れることで、より格式高い雰囲気を演出できるはずです。

和装における小物選びでは、衣装との色合わせや素材、デザインなどの調和も考える余地があります。全体のコーディネートを考える際には、専門店のスタッフなどのアドバイスも参考にしてみましょう。

神前式の準備のポイント

和装での家族婚の中でも神社で行う挙式である「神前式」は、その格式高い雰囲気と日本の伝統を感じさせる美しさで現代でも多くの新郎新婦に選ばれている結婚様式です。

厳かな雰囲気の中で二人が神前に誓いを立てる、特別な時間となる神前式。神前という場で挙式を行うにあたり、準備やマナー、衣装選びには特に注意が必要となります。

ここでは神社での家族婚を考えている方々に向けて、挙式の流れや準備、マナーについてのポイントを紹介します。

神前式の流れと準備

神前式には、一般的な結婚式とは異なる流れと準備が必要です。

まずは挙式を希望する神社を選び、予約を行うところから始まります。有名な神社の場合は神前式の日程も早くから埋まってしまう可能性もあるため、結婚が決まったら早めの予約を心がけましょう。

次に挙式での衣装選びです。神前式においては花嫁は白無垢を、新郎は黒五つ紋付き羽織袴を選ぶのが最も一般的です。神社によっては婚礼衣装を指定している場所もあるため、事前によく確認を取っておきましょう。

挙式当日の流れについても事前に確認しておき、準備を進めることが大切です。神社ごとに式中に行う儀式やその順序が異なるため、こちらも詳しいことは神社に確認しておきましょう。

「着物を自由に選べる挙式当日用衣装レンタルプラン(新郎・新婦1着ずつ)【set01】」は、ご新婦様のお好きな黒引き振袖(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履など全ての小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も含まれます)のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

神前式における家族や親族の服装とマナー

神前式に参列する側の立場としても、服装とマナーに注意が求められます。

神前式だからといって和装が必須というわけではなく、洋装で参列することも問題はありませんが、神社は神聖な場所。参列者も格式高い場にふさわしい服装を心がける必要があります。

男性の場合、父親なら黒紋付羽織袴モーニングコート。親族なら紋付袴かダークスーツに白やグレーのネクタイがよいでしょう。

女性であれば母親は五つ紋付黒留袖アフタヌーンドレス、親族は黒留袖や色留袖あるいはフォーマルなワンピース、未婚なら振袖や訪問着などといった具合です。

ご家族の利用に便利な「セットでお得な留袖・ご姉妹プラン(計2着)【set07】」をご紹介します。お母さまのお好きな留袖(1点、全ての小物が含まれます)とご家族またはご親族の振袖/訪問着(1点、全ての小物が含まれます)の計2点のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。 まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

挙式中は静かに進行を見守るようにしましょう。写真撮影については制限されている場合も多いため、許可されている場合のみ行うこと。神前で行われる厳かな儀式であるため、参列者全員がその雰囲気を尊重することが大切です。

神前式の美しさ:荘厳な雰囲気を和装で

和装を着用して行う神前式は、日本の伝統美を最も感じられる結婚式の形式といっても過言ではないでしょう。

白無垢や色打掛を身に纏った花嫁は、日本の伝統美の象徴ともいえるもの。その姿が多くの人に感動を与えます。また、神社の荘厳な雰囲気と和装の組み合わせも式自体を一層特別なものにしてくれるものです。

和装での挙式では、衣装だけでなくヘアメイクや小物選びにもこだわり、伝統的な美しさを追求することが大切です。和装による神前式は二人の新しい門出を、日本の美しい伝統と共に祝福する忘れられない時間となることでしょう。

家族婚における会食とおもてなし

家族婚では、親しい家族や親戚を招いて行う会食も楽しみの一つ。親しい間柄で行う小規模ながらも心温まる会食は、和装を纏った新郎新婦を中心に、特別な時間を過ごす絶好の機会となります。

和装に合わせた会場選びやおもてなしの工夫は、家族婚ならではの魅力をさらに引き立てます。ここでは、会食におけるアットホームな雰囲気作りのポイントと、心温まるおもてなしのアイデア、家族や親族が心地よく過ごせる会場選びのポイントなどをご紹介します。

家族婚の会食:アットホームな雰囲気作り

家族婚の会食では、アットホームな雰囲気作りが重要です。

身内だけで集う少人数での会食ならではの温かみを感じられるよう、テーブルのデコレーションには手作りの小物を取り入れたり、家族や親戚で集まったときの写真を飾ったりするなど、家族や親族の色を反映させられるような工夫をしましょう。

着る予定の和装に合わせ、日本の伝統を感じさせる料理のメニューを選ぶのも、特別な一日を彩る要素となります。食事の際は新郎新婦から参列者への感謝の言葉を述べる時間などを設けると、きっと絆を深める機会にもなるはずです。

和装での挙式後:心温まるおもてなしのアイデア

和装による挙式を終えた後のおもてなしとしては、日本の四季を感じさせる季節の花を使った装飾や、伝統的な日本の遊びを取り入れた余興など、どこか「和」を感じられるような要素を取り入れるのがポイントです。

例えば会食の場へ移る前にお抹茶と和菓子で一服のひとときを提供したり。例えば和装にちなんだ小さな記念品をゲストに贈ったり。など、すてきな発想とおもてなしの心でアイデアを挙げてみてください。

会場選びのポイント:家族が心地よく過ごせる空間

家族婚での会食会場は、和装との調和はもちろん、家族や親族がリラックスして過ごせる空間であることが大切です。

せっかく和装にこだわったのですから、伝統的な日本庭園があるレストランや歴史を感じさせる建物が魅力の会場など、和の雰囲気を楽しめる場所を選ぶのもよいでしょう。

会場の広さも重要です。家族や親戚だけを招く家族婚では、ゲスト全員が一体感を持てるようなコンパクトな空間が最適です。事前に会場を訪れ、実際に空間を下見をしてみることで、当日のイメージがより明確になるはずです。

家族婚では、新郎新婦と参列者が共に過ごす時間の質が何よりも大切。和装を通じて日本の伝統美を感じられ、心温まる一日となるような準備と工夫を楽しんでくださいね。

まとめ

家族婚を選ぶこと、そしてその場の婚礼衣装に和装を選ぶことは、日本の伝統と文化を大切にできるすばらしい選択であるように思います。

和装による家族婚はシンプルながらも深い意味を持ち、参加する家族や親族にとっても忘れられない一日となるはず。最後に、今回の記事でお伝えした内容をおさらいしてみます。

家族婚で和装を選ぶことの魅力と、そのための準備

家族婚で和装を選ぶ最大の魅力は、その格式高い美しさと、日本の伝統を感じられることにあります。白無垢や色打掛は、花嫁を大いに美しく見せてくれる衣装です。

家族婚の準備は当日着用する和装だけでなく、結婚式場の予約、参列者への案内、着付けやヘアメイクの手配など多岐に渡ります。また、家族婚だからこそ家族や親族との事前の打ち合わせも必要になります。

和装での結婚式を計画する際には、着物の伝統に則ったマナーや儀式を理解し、尊重することが大切。入念な準備を経てこそ、和装による家族婚、結婚式当日をより特別なものにしてくれます。

和装での家族婚を成功させるポイント

和装での家族婚を成功させるためのポイントは、細部にまできちんとこだわり、計画をしっかりと立てることです。

式場は、和装が映える伝統的な日本の美を感じられる場所選びを。衣装選びでは、花嫁の美しさを最大限に引き出すことのできる和装を探し求め、面倒がらずに試着を行うことも大切です。

当日の流れも事前によく確認しておき、余裕を持ったスケジュールを組むことでスムーズに式や会食を進めることができます。家族や親族とのコミュニケーションも大切にしながら、皆が一体となる気持ちで特別な日を創り上げましょう。

最後に:和装での家族婚、特別な一日を

和装での家族婚は、ただの結婚式以上の意味を持ちます。

二人の新しい門出を気心の知れた家族や親戚だけで祝い、日本の伝統的な衣装で演出することは、新郎新婦だけでなく参列する家族や親族にとっても忘れられない一日となるでしょう。

和装を通じて日本の美しさや伝統の重み、ひいては家族や親族の絆をも感じ取ることができるはずです。準備の段階から式当日、そしてその後の人生においても、和装での家族婚は、皆さんの心に深く刻まれる特別な思い出となります。どうか、最高の一日を迎えられることをお祈りしています。

〈参考記事〉
https://wakon-style.jp/iroha/6526/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

【2024年最新版】神前式の流れと費用!初心者でも安心の和装ガイド

はじめに 結婚式は、二人の新しい門出を祝う大切な儀式です。中でも、日本の伝統的な結婚式である神前式は、その厳かな雰囲気と格式高い演出で、多くのカップルに選ばれています。この記事では、神前式と和装の魅力に迫り、なぜ多くの人 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!