珊瑚色に菊や南天、蛤紋様の七歳祝着【kod03】

11月15日は七五三!由来となぜこの日に祝うのかを徹底解説!

はじめに

日本の伝統的な行事である七五三は、家族にとって特別な意味を持ちます。この行事は、お子さまの成長と健康を祝うために行われ、日本全国で親しまれています。特に11月15日は、七五三の中でも重要な日とされており、多くの家族がこの日を選んでお祝いをします。ここでは、七五三の起源と11月15日の意味について掘り下げてみましょう。

七五三の起源:日本の伝統的なお祝い

七五三の歴史は、平安時代にまで遡ります。当時の公家の間で、特定の年齢に達した際に、無事成長したことを祝う儀式が行われていました。この風習が、江戸時代に入ると武家や商人にも広がり、今日に至るまでの「七五三」として定着しました。

この行事では、3歳の「髪置き」、5歳の「袴着」、7歳の「帯解き」という節目があります。3歳で髪を伸ばし始め、5歳で袴を着始め、7歳で乳幼児向けの着物についた帯を解くことは、それぞれお子さまの成長段階を象徴しています。これらの年齢は、昔の数え年に基づいており、現代でも同じく数え年で考えられています。

七五三では、お子さまが晴れ着を着て神社へお参りします。これは、お子さまが無事に成長したことへの感謝と、これからの健康と幸せを祈願するための儀式です。家族は、この日のために特別な衣装を用意し、写真撮影を行ったり、家族で食事を楽しんだりすることも一般的です。

11月15日の意味:なぜこの日に祝うのか

では、なぜ七五三は11月15日に行われるのでしょうか?実は、11月15日に七五三を行う具体的な起源は明確ではありませんが、いくつかの説があります。

一つの説は、旧暦に基づくもので、11月15日は「鬼宿日」と呼ばれる吉日であったため、この日にお祝いを行うことが良いとされていました。また、徳川綱吉が彼の息子、徳松の七五三を11月15日に祝ったという記録もあり、これが一般に広まったとも言われています。

もう一つの説は、11月15日が、秋の収穫を終えた後の暦上の節目であるため、農作業から解放された家族が集まりやすい時期であったことから、この日が選ばれたというものです。当時の人々は、この時期に収穫の感謝を込めて神社に参拝し、同時にお子さまの成長を祝う習慣が生まれたと考えられています。

現代においては、11月15日が平日であっても、この周辺の日に七五三のお祝いを行う家庭が多いです。特に週末は、多くの神社で七五三を祝う家族で賑わいます。この日は、日本の伝統と家族の絆を感じることができる特別な日であり、世代を超えて大切にされています。

七五三の起源と11月15日にお祝いを行うようになった背景を知ることで、七五三のお祝いがより一層特別なものになることでしょう。次の章では、七五三の基本的な流れについて詳しく見ていきます。

七五三の基本的な流れ

七五三は、日本の伝統的なお子さまの成長を祝う行事です。この章では、七五三に向けた事前の準備から当日の流れについて、具体的な手順を紹介します。七五三は、お子さまの大切な節目ですので、しっかりと準備をして、すてきな一日にしましょう。

事前の準備:着物選びから神社予約まで

着物選び
七五三では、お子さまが晴れ着、すなわち着物を着ます。着物選びは、七五三の準備の中でも特に重要な部分です。着物は、お子さまの年齢や性別、さらには家庭の好みに応じて選びます。3歳や7歳の女の子は色鮮やかな振袖を、5歳の男の子は華やかな袴を選ぶのが一般的です。

着物は購入することもできますが、最近ではレンタルを利用する家庭も増えています。レンタルの場合、事前にサイズやデザインを選んで予約し、必要なアクセサリーも一緒に準備します。また、着付けが自分でできない場合は、美容院や着付けサービスを予約することも忘れずに。

神社の予約
七五三でのお参りは、通常、地元の神社で行います。特に11月15日周辺は多くの家族で賑わうため、事前に神社に予約を入れておくことをおすすめします。予約時には、お参りの時間や、神社での写真撮影が可能かどうかも確認しましょう。

写真撮影の予約
七五三の記念撮影は、家族にとって大切な思い出になります。スタジオでの撮影を希望する場合は、事前に予約をしておくことが重要です。11月は特に予約が取りにくくなるので、早めの準備が必要です。

当日の流れ:お祝いの手順と注意点

当日の朝
七五三当日は、朝早くから準備を始めます。着物の着付けやヘアセットには時間がかかるため、余裕を持って行動しましょう。また、小さなお子さまがいる場合は、ご機嫌を損ねないように配慮が必要です。

神社でのお参り
神社でのお参りは、お子さまの成長と健康を祈願する大切な儀式です。お参りの際は、神社の作法に従って、静かに礼儀正しく行動しましょう。多くの神社では、七五三のお参りに特別な祈祷が用意されており、この際には、お神酒やお守りが授与されることがあります。

写真撮影
お参りの後は、神社の境内や庭園で家族写真の撮影を楽しみます。天候にも左右されますが、晴れた日の記念撮影は、お子さまの輝く笑顔を捉える絶好の機会です。事前に予約したプロのカメラマンに撮影してもらうこともできます。

家族での食事
七五三のお祝いは、家族での食事で締めくくります。この日は、お子さまが主役ですので、お子さまの好きなレストランや料理を選んで、家族みんなで楽しい時間を過ごしましょう。

以上が、七五三の基本的な流れと事前準備から当日の流れにおける重要なポイントです。七五三は、お子さまの成長を祝う素晴らしい日です。計画的に準備し、家族全員で楽しい思い出を作りましょう。次の章では、七五三の伝統と現代の融合について掘り下げていきます。

着物と七五三:伝統と現代の融合

七五三の祝いにおいて、着物は中心的な役割を果たします。古くから続く日本の伝統に、現代の便利さとスタイルが融合しています。この章では、七五三にふさわしい着物の選び方と、近年人気の着物レンタルサービスの利点について詳しくご紹介します。

着物の選び方:お子さまに合ったスタイルを

七五三で着用する着物は、お子さまの年齢や性別、さらには家族の好みに応じて選びます。3歳、5歳、7歳という七五三の節目ごとに、それぞれ異なるタイプの着物が用意されています。

  • 3歳の女の子は、色鮮やかな被布(ひふ)を着用します。被布は、着物の上に羽織る短いコートのような衣装で、華やかさをプラスします。
  • 5歳の男の子は袴を着ます。袴は、着物の下に履くズボン状の衣服で、勇ましさと格式を感じさせるスタイルです。
  • 7歳の女の子は、一段と格式のある振袖を着用します。振袖は、長い袖が特徴的で、女の子の成長を象徴する華やかな衣装です。

着物の選び方には、色や柄の選択が重要です。七五三の着物は、一般的に明るく華やかな色合いが好まれます。また、季節感を表す柄や、縁起の良いモチーフを選ぶのも一般的です。例えば、桜や菊、松などの自然をモチーフにした柄が人気です。

ゆめやでは、7歳の七五三祝いに最適な「珊瑚色に菊や南天、蛤紋様の七歳祝着【kod03】」をご用意しています。アンティークの訪問着から仕立てた7歳用の祝着です。珊瑚色のぼかし地におめでたい蛤の貝合わせと菊や梅などが描かれ、手刺繍が施された豪華な柄です。家紋をそのまま生かすように仕立てました。また、同じ生地で帯と髪飾りを仕立てました。7歳のお祝いを彩る衣装に悩んでいる人は、ぜひチェックしてください。

着物レンタルの利点:手軽さと多様性

近年、七五三での着物レンタルサービスが注目されています。レンタルの最大の利点は、何と言ってもその手軽さにあります。着物を購入すると、高価なうえにサイズアウトが早いため、一度きりの使用になりがちです。しかし、レンタルであれば、必要な時に必要なサイズとデザインを選んで利用することができ、コストパフォーマンスに優れています。

レンタルのもう一つの利点は、デザインの多様性です。さまざまな色や柄、スタイルから選ぶことができるため、お子さまの好みや家族の希望に合わせた着物を選ぶことが可能です。さらに、多くのレンタルサービスでは、着物だけでなく帯や小物もセットでレンタルしてくれるため、トータルコーディネートを気軽に楽しむことができます。

また、着物レンタルサービスの中には、着付けやヘアセット、写真撮影まで一括で行ってくれるところもあります。これにより、忙しい家族でも、準備の手間を減らしながら、七五三を存分に楽しむことができます。

七五三の着物は、お子さまの成長を祝う大切な記念になります。伝統的なスタイルと現代の便利さを融合させ、この特別な日を豊かに彩りましょう。次の章では、神社でのお参りに焦点を当ててみます。

神社でのお参り:七五三の核心

七五三での神社へのお参りは、お子さまの健やかな成長を祝福し、家族の絆を深める大切な儀式です。このセクションでは、七五三におすすめの東京の人気神社と、神社でのお参りの正しい作法について詳しく解説します。

東京の人気神社:七五三でのおすすめスポット

東京には、七五三のお参りに適した多くの神社があります。以下は、特に人気のある神社をいくつか紹介します。

  • 明治神宮(渋谷区)
    明治神宮は、東京でも特に有名な神社の一つです。広大な境内と荘厳な雰囲気が魅力で、七五三のお参りには最適です。毎年、多くの家族が訪れます。
  • 浅草神社(台東区)
    浅草寺の隣にある浅草神社も、七五三のお参りに人気です。浅草寺のにぎやかな雰囲気とは対照的に、落ち着いた空気が流れています。
  • 湯島天満宮(文京区)
    学問の神様を祀る湯島天満宮は、お子さまの知恵と成長を祈願するのにぴったりの場所です。歴史ある神社で、多くの家族に親しまれています。

これらの神社は、七五三の季節には特に華やかな雰囲気に包まれます。事前に予約や準備が必要な場合もあるので、訪れる前には各神社に確認しておくことをおすすめします。

神社での作法:お参りの正しい流れ

神社でのお参りには、基本的な作法があります。以下は、お参りの際の一般的な流れです。

  1. 神社の門をくぐる時
    神社の境内に入る際は、一度立ち止まり、深く一礼するのが作法です。これは、神様の領域に入る際の敬意を表します。
  2. 手水舎での清め
    境内にある手水舎(ちょうずや)で、手と口を清めます。これは、身を清めて神様にお参りするための重要な儀式です。
  3. 本殿でのお参り
    本殿前で、二拝二拍手一拝(にはいにはくしゅいっぱい)を行います。まずは二回深くお辞儀をし、次に両手を胸の前で二度打ち鳴らし、最後にもう一度お辞儀をします。
  4. お賽銭を入れる
    お賽銭は、神様に対する感謝と敬意を表すためのものです。お賽銭箱にお金を入れた後、再び二拝二拍手一拝を行いましょう。
  5. お祈りをする
    お辞儀をした後、心の中でお子さまの成長や家族の健康を祈ります。お祈りの際は、心を落ち着け、誠実な気持ちで行いましょう。

神社でのお参りは、七五三の最も重要な部分の一つです。作法を守りながら、お子さまの成長を祝福し、家族での絆を深める素晴らしい時間を過ごしましょう。次の章では、七五三の記念撮影について詳しく見ていきます。

七五三の記念撮影:思い出を形に

七五三の記念撮影は、お子さまの成長の大切な瞬間を永遠に残すための重要なイベントです。美しい着物を身にまとったお子さまの姿を、最高の形で記録するためには、プロのカメラマンの選び方や撮影のバリエーションを理解することが重要です。この章では、記念撮影を成功させるためのポイントをご紹介します。

プロカメラマンの選び方:特別な日のために

プロのカメラマンによる撮影は、七五三の思い出を美しく残すための最良の方法の一つです。以下に、カメラマンを選ぶ際のポイントを挙げます。

  • ポートフォリオを確認する
    カメラマンのポートフォリオや過去の作品を確認し、そのスタイルや技術を把握することが大切です。特に子どもの撮影に慣れているカメラマンを選ぶと良いでしょう。
  • 経験と専門性
    七五三の撮影経験が豊富なカメラマンは、お子さまの自然な表情を引き出す技術を持っています。また、着物や和装の撮影に特化した専門性も重要なポイントです。
  • コミュニケーション能力
    撮影中、お子さまや家族とのコミュニケーションを取りながら、リラックスした雰囲気を作ることができるカメラマンを選ぶことが大切です。
  • 価格とパッケージ
    費用と提供されるパッケージ内容を確認し、予算内で最適なサービスを提供するカメラマンを選びましょう。

自然光とスタジオ:撮影のバリエーション

七五三の記念撮影には、自然光を活用した屋外撮影と、スタジオでの撮影という二つの選択肢があります。

  • 自然光を活用した屋外撮影
    神社の境内や公園など、自然の光があふれる屋外での撮影は、お子さまの自然な表情や動きを捉えることができます。季節の花々や緑豊かな背景は、写真に温かみと豊かな色彩を与えてくれます。
  • スタジオ撮影
    スタジオでの撮影では、照明や背景をコントロールすることで、よりアート性の高い写真を撮ることが可能です。特に、着物の色や柄を際立たせるために、照明や背景の調整が重要です。

どちらの撮影方法を選ぶにしても、お子さまの年齢や性格、家族の希望を考慮して決めることが大切です。また、天候や季節によって撮影の可否が決まるため、屋外撮影の場合は予備の日程を設定しておくと安心です。

七五三の記念撮影は、家族の宝物となる写真を残す特別な機会です。プロのカメラマンを上手に選び、最適な撮影方法を選んで、一生の思い出を形にしましょう。次のセクションでは、写真アルバムの魅力について探っていきます。

写真アルバムの魅力:成長の記録

七五三の写真アルバムは、お子さまの成長を記録し、家族の大切な思い出を保存するための重要なアイテムです。アルバムを作ることで、その日の感動や喜びを後世に伝えることができます。このセクションでは、アルバム作りのコツと、写真選びの重要なポイントについて解説します。

アルバム作りのコツ:七五三の思い出を美しく

七五三のアルバムを作る際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • テーマを決める
    アルバムのテーマを決めておくと、写真選びやレイアウトがスムーズになります。例えば、「七五三の日の成長記録」というテーマにすると、その日の流れに沿った構成にしやすくなります。
  • レイアウトを工夫する
    同じようなポーズの写真ばかりではなく、表情やシーンの違いが感じられる写真を選ぶことで、アルバムに動きが出ます。また、ページごとに異なるレイアウトを試すことで、視覚的な魅力が増します。
  • コメントを付ける
    写真に日付や場所、その時のエピソードを記載することで、写真に深みが増します。お子さまの言葉や反応も記録しておくと、後で読み返した時にその時の雰囲気がよみがえります。
  • 品質の良い素材を選ぶ
    アルバムや印刷には、色褪せにくく長持ちする高品質な素材を選びましょう。これにより、長年にわたって美しい状態を保つことができます。

写真選びのポイント:感動を伝える一枚

アルバムに収める写真を選ぶ際には、以下のポイントが重要です。

  • 感情が伝わる写真を選ぶ
    自然な笑顔や家族の暖かい交流が伝わる写真は、感動を呼び起こします。お子さまの純粋な反応や家族の愛情が感じられる瞬間を捉えた写真は、特に価値があります。
  • 画質が良い写真を選ぶ
    高解像度で明るく鮮明な写真は、アルバム全体の質を高めます。ぼやけたり暗い写真は避け、クリアで生き生きとした写真を選びましょう。
  • バラエティ豊かな写真を選ぶ
    神社でのお参り、家族での集合写真、着物の細部など、さまざまなシーンを収めた写真を選ぶことで、アルバムはより豊かな内容になります。
  • 感動的な瞬間を選ぶ
    お参りの際の祈りの表情や、家族との抱擁など、心に残る感動的な瞬間を捉えた写真は、アルバムに深い感動を加えます。

写真アルバムは、七五三の記念としてだけでなく、家族の歴史としても価値があります。これらのポイントに注意しながら、心に残るアルバム作りを楽しみましょう。次のセクションでは、七五三にまつわる風習と小話について探っていきます。

七五三にまつわる風習と小話

七五三は日本の伝統的なお祝い事で、その背後には興味深い風習や小話があります。このセクションでは、七五三に関連する数え年と満年齢の違い、そしてお参りの日取りを決める際の六曜について詳しく見ていきます。

数え年と満年齢:違いとは?

七五三で祝う年齢には、「数え年」と「満年齢」の二つの計算方法がありますが、これらは異なる意味を持ちます。

  • 数え年
    数え年は、生まれた年を1歳と数え、その後毎年1歳ずつ加えていく計算方法です。例えば、生まれたばかりの赤ちゃんも1歳と数え、次の正月を迎えると2歳になります。この計算方法は、昔の日本では一般的でした。
  • 満年齢
    満年齢は、現在の日本で一般的に使用される年齢の計算方法です。これは生まれてからの実際の経過年数で、誕生日を迎えるごとに1歳ずつ加えていきます。

七五三では、伝統的に数え年で年齢を数えますが、現代では満年齢で祝う家庭も多いです。この違いを理解することで、七五三のお祝いの意味がより深まります。

六曜と日取り:最適なお参り日は?

七五三のお参り日を選ぶ際には、昔から六曜を参考にする習慣があります。六曜は、吉日や凶日を表す伝統的な暦注です。

六曜の種類

  • 先勝(せんしょう):午前は吉、午後は凶とされる。
  • 友引(ともびき):友を引き寄せる日。正午のみが凶とされる。
  • 先負(せんぷ/さきまけ):午前中は凶、午後は吉とされる。
  • 仏滅(ぶつめつ):すべてのことに不吉な日。
  • 大安(たいあん):何をしても吉とされる最も良い日。
  • 赤口(しゃっこう):午前中は吉、午後は凶とされる。

七五三の日取り選び

七五三の日取りを決める際には、「大安」や「友引」のような吉日を選ぶことが望ましいとされています。特に大安は、最も縁起が良いとされる日で、多くの家族がお参りを行います。

六曜に基づいて日取りを選ぶことは、日本の伝統文化を尊重するという意味でも重要です。現代では、必ずしも六曜に従う必要はありませんが、風習を知ることは七五三の理解を深める一助となります。

以上のように、七五三には古くからの風習や小話が色濃く残っています。これらの知識を持つことで、七五三のお祝いがより豊かなものになるでしょう。次の章では、七五三を締めくくる「まとめ」についてご紹介します。

まとめ

七五三は、単にお子さまの成長を祝う行事ではなく、家族の絆を深める貴重な機会です。この章では、七五三を通じて家族が感じる絆の強さと、お子さまの成長を祝う意義についてまとめます。

七五三を通じて家族が感じる絆

七五三は、家族が集まり、お子さまの成長と健康を願う日本の伝統的な行事です。この日は、家族間の愛情を再確認し、共に過ごす時間の価値を認識する機会となります。祖父母や親戚も参加することが多く、世代を超えた家族の絆が深まります。

  • 共有の記憶
    七五三は、家族の共有の記憶として残ります。特に、写真やアルバムは、家族の歴史を語る貴重な証となります。
  • 伝統の継承
    七五三を通じて、日本の伝統や文化を次世代に伝えることができます。お子さまが着物を着ることで、日本の美意識や礼儀作法を学ぶ機会にもなります。

お子さまの成長を祝う意義

七五三は、お子さまの成長と健康を祝い、将来への期待を込める行事です。このお祝いは、お子さま自身の自己肯定感を高め、家族からの愛とサポートを実感させる重要な役割を果たします。

  • 成長の節目
    七五三は、3歳、5歳、7歳というお子さまの成長の重要な節目を祝います。これは、お子さまにとって自己成長の認識と自信の向上に繋がります。
  • 家族の支援と愛情
    この日に家族がお子さまを祝福することで、お子さまは家族からの愛情と支援を感じ、安心感を得ることができます。

七五三は、お子さまの成長を祝う美しい日本の伝統です。この日を通じて家族の絆が深まり、お子さまの健やかな成長が促されます。次の七五三も、家族で幸せな時間を共有し、お子さまの輝く未来を祝福しましょう。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

振袖イメージ

【プロ監修】写真だけの結婚式を和装で彩る!理想をかなえるポイント解説

はじめに 結婚式と言えば、多くの方が挙式や披露宴を思い浮かべるかもしれません。しかし、最近では、写真だけで結婚の記念を残す「フォトウェディング」が注目を集めています。特に和装でのフォトウェディングは、その美しさと日本の伝 […]

ひとつ前の記事

大きな熨斗目に吉祥柄の総絞りの色振袖【fui73】

【着物のプロ監修】成人式の振袖レンタル相場は?コストの抑え方も紹介!

はじめに 成人式は、成人を祝う日本の伝統的な行事です。この日の女性にとって、自身を着飾るための着物は、一生の思い出となる大切なアイテムです。最近では、着物を購入するのではなく、レンタルで済ませる方が増えているようです。本 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!