銀鼠色に幻想的な花々が辻が花で描かれた訪問着【hou62】

【着物のプロが監修】 袋帯の太鼓結び・二重太鼓の結び方完全ガイド

はじめに

袋帯とは何か?

日本の伝統的な装いといえば、やはり「着物」ですよね。着物姿に欠かせないアイテムが「帯」です。今回は、フォーマルな場面、礼装に使われる「袋帯」について、詳しくご紹介いたします。

袋帯は、一般的な帯の中でも特に長く、装飾が豪華で重厚感があります。留袖や振袖、訪問着などのフォーマルな着物と合わせる礼装帯と、普段着に合わせる洒落帯があると、覚えておいてください。どちらも、背中で大きな「お太鼓」を作る、お太鼓結びが人気です。お太鼓結びは、帯のたれ部分を大きく折り畳んで、手先で押さえ、その上から帯締めでしっかりと締めます。

袋帯の魅力は、その長さと幅、そして豊富なデザインや色使いから、自分のお好みや着物の色・柄とのコーディネートを楽しめる点にあります。また、着物の身頃をまとめるだけでなく、全体の格式をより一層高める大切な役割も果たしています。「全体の格式を高める」とは、着る人の品格、品性も高めるという意味です。

記事の目的とポイント

この記事では、袋帯の基本知識から、おすすめの結び方、そして袋帯をさらに楽しむためのコーディネートやアレンジ方法について、初心者の方にも分かりやすく説明していきます。

着物を着る機会は、一生の中でもそれほど多くはないかもしれません。ですが、その数少ない機会を大切にし、しっかりとした知識と技術を持って、着物を着る喜びを味わっていただきたいと思います。袋帯の結び方や、その他の小物の使用方法など、着物の着付けに関する基礎知識をしっかりと身につけると、自分自身で着物を着る楽しみが広がります。

着物や袋帯の結び方に関する教室や体験教室も多く開催されています。実際に自分の手で袋帯を結ぶ体験をしてみると、その魅力をより深く感じられるでしょう。

この記事を通して、袋帯の魅力を再発見し、次回着物を着る際の参考にしていただければ幸いです。また、記事の最後には、関連情報や、着物や帯に関する教室の情報もご紹介していますので、ぜひ最後までお読みいただき、着物や袋帯の世界を深く楽しんでください。

袋帯の種類と特徴

袋帯と名古屋帯の違い

着物を着る楽しみの一つは、コーディネート。中でも帯の選び方や結び方は、着物の雰囲気や格を大きく左右します。今回は、帯の中でも特に人気のある「袋帯」と「名古屋帯」の違いについてご紹介します。

袋帯とは、表地と裏地を袋のように縫い合わせた帯で、高い格式を持つ帯です。礼装用の袋帯は金糸、銀糸をふんだんに使い、色鮮やかで豪華に仕立てられています。結婚式の留袖や成人式の振袖には、格の高い袋帯が最適なのです。結婚式で締める袋帯は、おめでたい吉祥柄が多く、留袖の裾模様に合わせて選びます。成人式では、個性あふれるアーティスティックな結び方が好まれるため、少し長めの4m50cm前後のものが良いでしょう。留袖で二重太鼓を結ぶには、袋帯は4m20cm前後の長さが必要です。

一方、名古屋帯は名古屋が発祥の地。この帯の最大の特徴は、手先(帯の先端)が半分の幅で仕立てられていること。これにより、着付けが楽になり、初心者の方でも取り扱いやすいのが魅力です。長さは3m60cm前後で、幅も袋帯よりやや細めの約30cmとなります。この長さでは礼装用の二重太鼓は結べないため、名古屋帯は普段着用の一重太鼓を結びます。日常的に着物を楽しみたい方や、着付け初心者の入門用としておすすめです。

丸帯、半幅帯との関連性

袋帯の仲間には、他にも「丸帯」や「半幅帯」があります。これらと袋帯との関連性を知ることで、帯選びの幅も広がるでしょう。

丸帯は、たいへん長い帯で重さが3キロ以上あります。全体に豪華な柄が施されており、実は袋帯よりも格が高い帯なのです。丸帯は袋帯の原型で、江戸時代の礼装に使われていました。重くて締めにくいので、自分で着付けるには不向きです。そのため、次第に数が少なくなり、少し短めに改良した袋帯が一般的になりました。今でも結婚式の花嫁衣装、本振袖や白無垢、色打掛には丸帯が使われています。舞妓さんのだらり帯にも丸帯が活躍しているので、知らずに目にしているかもしれません。

アンティークきものレンタル ゆめや は、大正時代から昭和初期にかけての着物をメインに取り扱うレンタルショップです。着物の時代が古いので、帯も時代を合わせることが大切です。特に、振袖花嫁衣裳には、丸帯を多くコーディネートしています。自慢の丸帯コーディネートを見てみましょう。

梅の花に檜扇、御所車の黒引き振袖」に、鶴が羽ばたく、大正時代の丸帯を結びました。鶴を上向きにするために、立て矢にして、手先を反対から持って来るという工夫をしています。丸帯はご自分ではなかなか結べないものです。着付け師さんに、丸帯の結びが可能かどうかを確認なさってくださいね。

半幅帯は、幅が半分程度の帯。約16cmの幅で長さは3m60cm前後です。カジュアルな着物や浴衣に合わせる帯で、根強い人気を誇っています。結び方もシンプルで、夏のお祭りや花火大会などでよく見かけます。遊び心満載の帯なので、最近はさまざまな形に結んだ半幅帯が見られるようになりました。浴衣姿の背中で映える、粋な帯です。

どの帯を選ぶべきか?

さて、袋帯と名古屋帯、どちらを選ぶかは、その日の着物やシーンによって異なります。

正式な場や格式の高い席に出席する場合は、豪華で繊細な柄の袋帯を選ぶと良いでしょう。また、普段のおでかけ、初めて着物を着るという場面では、取り扱いやすい名古屋帯がおすすめ。

春にお召しいただきたい「ストロー色に藤の花尽くしの訪問着」に、イワツバメが描き出された名古屋帯を結びました。藤の花が4月~5月、イワツバメが飛んでくるのが4月ですので、3月からお召しいただけます。一重のお太鼓ですので軽やかな着こなしですね。街歩きやお食事などの、ちょっとしたお出かけには、名古屋帯を結ばれるとよろしいでしょう。

結婚式の花嫁衣装には丸帯を選ぶのも一考です。丸帯は需要がないため、余り生産されていません。もしもご自宅に丸帯があるようでしたら、たいへん貴重品です。帯以外の花嫁衣装はレンタルで、帯はおばあさまから譲られた丸帯で、という花嫁さんも素敵ですね。

着物を着る際の帯選びは、少し複雑に感じるかもしれませんが、知識を持ってさえいれば着物の楽しみはぐっと広がります。この記事を参考に、自分に合った帯を見つけて、素敵な着物ライフをお過ごしください。

袋帯の結び方の基礎知識

日本女性の美しさは背中に表れます。美しく着物を着こなした女性の後姿、帯結びの美麗さに街ゆく人は振り返るもの。美しい結び方を身につけると、着物の魅力とあなたの美しさはさらに磨きがかかるでしょう。

袋帯は基本的に礼装用であり、帯結びの基本です。そんな袋帯の結び方について、優しい言葉でお伝えしていきます。

結び方の基本ポイント

袋帯の結び方にはさまざまな種類がありますが、特に初心者の方におすすめしたいのが「お太鼓結び」です。お太鼓結びは着物の中で最も基本的な結び方で、その名前のとおり太鼓のような形に仕上げます。結び方のポイントは以下のとおりです。

  • 帯の長さの確認: 袋帯は長さがありますので、結ぶ前にしっかりと長さを確認しましょう。短すぎると結びにくく、長すぎると締めるのが大変です。
  • 帯締めと帯揚げの使用: 結び方には帯締めや帯揚げが必要です。これらの小物を使用して、帯をしっかりと固定させます。
  • お太鼓の形を整える: 結んだ後は、太鼓の部分やたれ(帯の最後部)をきれいに整えます。左右や上下のバランスを見ながら、お太鼓の形を整えましょう。

着物とのコーディネート

袋帯を結ぶ際は、ただ結ぶだけではなく、着物とのコーディネートも楽しんでいただきたいものです。着物の色や柄、場面や季節に合わせて、最もふさわしい袋帯を選びます。

例えば、小紋や紬など、比較的シンプルな着物の場合は、鮮やかな色柄の帯を選ぶと、全体のバランスが取りやすいです。普段着の帯は、豪華過ぎてもいけません。お太鼓柄(腹と背に柄がある帯)で場の雰囲気に合う帯を選びましょう。また、振袖や留袖といった格式の高い着物には、金銀糸を使った古典柄の帯を合わせると、上品な雰囲気になります。

ゆめやの袋帯コーディネートを見てみましょう。「銀鼠色に幻想的な花々が辻が花で描かれた訪問着」に、アジアンテイストな花唐草が織り出された袋帯をコーディネートしてみました。一気に品格が高まりますね。全体に同じ柄が織り出されていますので、体形を気にすることなく結んでいただけます。

着付けのチェックポイント

袋帯を結ぶ際の着付けのチェックポイントをいくつか紹介します。

  • 帯の位置: 着物を着る際に、帯の位置はたいへん大切です。背中の中心に太鼓の部分がくるように心がけましょう。また、個人の身長に合わせ、適切な位置に帯を締めることが大切です。振袖の帯結びは、衿下から指4本下の位置に結びます。
  • 帯枕の使用: 帯枕はお太鼓を結ぶ際の必須アイテムです。帯枕を使用しないと、お太鼓の形がきれいに仕上がりません。
  • 結びの強さ: 強く締めすぎると、着物が崩れる原因になることも。ですが、緩すぎると帯がずれてしまいます。適切な強さで結びましょう。適切な強さとは「ぎゅっ!と結んで気持ちいいくらいです。

袋帯を結ぶ際は、これらのポイントを心がけ、美しい着姿を目指しましょう。また、教室やワークショップでの体験もおすすめです。先生や経験者の方から直接アドバイスを受けると、結び方のコツがつかめます。

とても難しそうに感じるかもしれませんが、何度も練習を重ねていくと、自分だけの結び方やコーディネートを楽しめるようになります。着物と帯、それぞれの魅力を最大限に引き出す結び方を、自分なりにみつけてください。

着物姿の基本! 袋帯、二重太鼓の結び方

袋帯は留袖、訪問着、色無地など礼装の着物に合わせて、二重太鼓を結びます。「おめでたいことは、二度重なるように」との意味があるためです。入学式や卒業式にも、袋帯の二重太鼓が一般的なので、使用頻度はかなり高いでしょう。一度、基本をマスターしてしまえば、技術は一生ものの財産です。袋帯の二重太鼓、結び方を簡単に解説します。

  1. 袋帯の手先を半分に折り、帯板の下線にあてて、一巻きします。引き締めて二巻目を巻いてください。後の脇に近い部分を斜めに折りあげます。たれを上にして一度結びましょう。結び目はいっぱいに開きます。
  2. 手先を前に戻し、帯に挟んで落ちないように入れ込みます。持っている人は着付けクリップで留めてもよいです。
  3. たれをきれいに伸ばし、広げます。たれ先から30cmの位置に帯枕を当て、上から崩れないように持ってください。帯を巻く前に帯揚げとガーゼを帯枕にかけておきます。慣れないうちは、ゴムなどで帯揚げを帯枕に留めておきましょう。
  4. たれを帯枕に二重に重ねます。きれいに重ねて片手で帯の山(お太鼓の最上部)を持ってください。持ったまま、背中に廻し、巻いた帯の上線まで両手で持ち上げます。ガーゼと帯枕の紐を前に廻してしっかり結びましょう。帯揚げもじゃまにならないよう、一時的に前で結びます。
  5. 二重になったたれの内側に仮紐を当て、指1本分が見えるように中に折り込みます。仮紐は前で結んでください。仮紐を伝って手先を戻し、両側から約2cm見えるようにお太鼓の中へ入れます。
  6. 戻した手先を帯締めで押さえます。帯締めは体の前中心で本結びにしましょう。帯揚げの仮結びをほどき、本結びにして完成です。

袋帯の二重太鼓は、汎用性が高く、礼装の基本といえる帯結びです。ぜひともマスターし、お子さまの結婚式や入学式、卒業式に出席してください。家族やお友達に結んであげると、確実に女子力、家庭力がアップします。

袋帯をさらに楽しむための情報

結び方の教室やスクール

最近、着物や帯の結び方に興味を持ち始めた方も多いでしょう。全国各地には帯の結び方を専門に教える教室やスクールがあります。着物の美しさを引き立てる結び方は数多く、初心者から上級者まで、自分のスキルや知識に合わせた授業が受けられるので、着物の楽しみ方が広がります。

また、無料で体験レッスンを受けられる教室も増えてきています。最初は基礎的な知識から始めて、次第にスキルアップを図るのも良い方法と言えるでしょう。

袋帯を引き立てる、おしゃれな帯締め

袋帯をさらに魅力的に見せるためには、帯締めや小物のアレンジが欠かせません。特に帯締めは、着物や帯の色とのコーディネートが楽しめるアイテムとして、多くの女性に愛用されています。

帯締めの種類も豊富で、シンプルなものから、きらびやかなもの、伝統的なデザインからモダンなデザインまでさまざま。2023年のトレンドとしては、無地の着物や帯との対比が美しい、鮮やかな色の帯締めが注目されています。また、石やビーズを使用したものも人気があります。

ゆめやの「ブルーやマゼンダの染め分けの本紋地に、手描き・手刺繍で花車の色振袖」に結んだ帯締めをご覧いただきましょう。カラフルで可愛らしい、手組みの帯締めです。つまみ細工の菊の花や、花芯の透明ビーズがすてきですね。圧倒的な迫力のある振袖のなかで、この帯締めは、埋もれることなく存在を主張しています。

また、帯の締め方も、自分の好みや出掛ける場所に合わせて変えてみましょう。たとえば、普段着の着物に締める帯は、お腹部分にワンポイントが入っているものがおすすめです。こうした帯を締めるときは、帯締めは柄を避け、色柄が目立つ位置に帯締めを結びましょう。着物姿の主役は帯ですから、帯締め、帯揚げは引き立て役として上手に使ってください。

袋帯選び方のポイントと人気のカテゴリー

袋帯の魅力を最大限に引き出すためには、自分に合った袋帯の選び方が重要です。ここでのポイントは、帯の長さや幅、色、柄、素材など。また、どのようなシーンで着用するのか、どんな着物に合わせるのかも考慮しましょう。

例えば、振袖や留袖、訪問着に合わせる場合は、華やかで格式のある袋帯がおすすめ。一方、紬や小紋には、シンプルで落ち着いた色合いの袋帯が好ましいでしょう。普段着には、礼装用以外の袋帯を締めてください。日常の着物に合わせる場合は、カジュアルな洒落袋帯が適しています。

「この袋帯は礼装用? それとも普段着のおしゃれ帯?」「振袖に使えるの?」など、よくわからないときはプロに聞くのが一番の早道です。ゆめやのスタッフなどプロの目利きに相談し、お目当ての袋帯に合ったシチュエーションを教えてもらいましょう。

さらに、袋帯の人気カテゴリーとしては、黒や紺、白を基調としたものが多いです。また、季節感のある古典柄、おめでたい吉祥柄、大きめの柄を配した現代風のデザインなども注目されています。

最後に、袋帯の選び方のコツとして、実際に店舗で試着することをおすすめします。実際に自分の体に巻き付けてみると、その袋帯が自分に合っているかどうかが分かるからです。体型によって柄の出方、見え方が違います。できれば合わせる予定の着物も一緒に持ち込んで、コーディネートを確認しましょう。

以上、袋帯をさらに楽しむための情報をお伝えしました。着物や帯の結び方、アレンジ方法など、日々の楽しみ方は無限大。自分だけのスタイルを見つけて、さらに深く着物の世界を楽しんでくださいね。

まとめ

袋帯の結び方をマスターするポイント

袋帯は、着物姿の主役の1つですね。今回の記事で袋帯の結び方について学びましたが、締めのポイントや結びの技法、帯締めや帯揚げの使い方について、もう少し深く掘り下げてみましょう。

まず、袋帯の結び方を学ぶ際の大切なポイントとして、基本的な技法をしっかりと身につけることが挙げられます。何種類かの基本的な結び方を知っておけば、その他のアレンジや変わった結び方も楽しめます。特に、お太鼓結びは、初心者から上級者までの着物愛好者には必須の結び方です。お太鼓結びの技法を身につけると、その他の結び方も比較的簡単に習得できるでしょう。「繰り返し、練習!」が上達の早道です。

次に、帯締めや帯揚げ、帯枕といった小物の使い方もポイントです。これらの小物を適切に使用すると、結びの形が綺麗に仕上がります。帯揚げで帯枕を包み、枕や紐類を上手に隠してください。帯締めは、帯の上からきっちりと締め、帯結びの仕上げとします。

さらに、着付けの際には体の形に合わせた調整が必要です。人それぞれ体型が異なるため、袋帯の長さや幅、結びの位置など、細かな部分の調整が求められます。巻き始めの段階で、手先は帯板の下線~中央に決めますが、個人の体型に合わせてこの位置をずらすと、巻きやすく、美しく仕上がります。着る際のコツとして、結びの位置を背中の中央に合わせ、左右のバランスを整えることを心掛けましょう。

着物と袋帯の魅力をたっぷりと詰め込んだこの記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。これからも、着物愛好者の皆さまにとって、役立つ情報をお届けしますので、ぜひご期待ください。

袋帯の二重太鼓を、自分で結んで楽しみたい! という方は以下のサイトや動画も参考にしてくださいね。

〈参考記事〉

https://nihon-kekkon.com/article/dress/id38647/
https://nihon-kekkon.com/article/dress/id32638/
https://www.youtube.com/watch?v=ibipmXOBr10
https://www.youtube.com/watch?v=Xb-HSY5wc3o

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

明るい紺色に亀甲の大島紬アンサンブル・袴付き【men10】

男性用袴の基本|着物としての特徴と選び方、着用シーン別着こなし術

はじめに 袴は、日本の伝統的な男性用フォーマルな衣装の一つで、成人式や卒業式、結婚式などの特別な場で広く用いられています。袴にはさまざまな種類やデザインがあり、色や素材の違いなど多くの選択肢があります。この記事では、男性 […]

ひとつ前の記事

七五三イメージ_kzs

【2023年最新版】七五三の髪型ガイド | 年齢別のヘアアレンジ

はじめに 家族にとっての大切な行事の一つ、それが七五三ですね。日本の伝統的なお祝いであり、家族全員が集まって子どもの成長をお祝いするこの日。特に親御さんにとっては、その準備も楽しみの一つとなるかもしれません。今年も多くの […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!