着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

白から紫メインの洋花のビーズ細工かんざし【kzs131】

結婚式での留袖着用時の髪型とヘアスタイルについて - 最新トレンドから基本的なマナーまで詳しく解説

はじめに

結婚式での留袖着用の重要性

留袖とは、華やかで格式高い和装の一つで、結婚式における母親や親族のフォーマルな装いとして多く選ばれます。結婚式は新郎新婦だけでなく、ゲストにとっても大切な日。そのため、留袖を着用する際は、適切な着付けから髪型、そして小物使いなど、細部にまで気を配ることが求められます。

まず、留袖とは一体どのようなものなのでしょうか。留袖は、黒をベースカラーとした上品な着物で、主に結婚式や式典などのフォーマルな場で着用されます。黒留袖は、着物の中でも最も格式高く、豪華な装飾が特徴です。ただし、留袖を着用するためには、一定のマナーを守る必要があります。

その一つが、ヘアスタイル選びです。和装に合う髪型というと、アップスタイルが一般的で、トップにボリュームを持たせ、全体的にすっきりとしたシルエットを作ることが多いです。ショート、ボブ、ミディアム、ロングなど、髪の長さによっても選ぶべきスタイルは異なります。また、髪飾りやかんざしの使い方も重要で、着物の柄や色、全体のバランスを考えながら選ぶことが求められます。

さらに、ヘアスタイルだけでなく、ヘアカラーも意識する必要があります。留袖は黒が基本色なので、明るすぎるヘアカラーは避けるのが一般的です。一方、ブラウンやシルバーなどの自然なカラーは、黒留袖とも相性がよく、年齢を問わず似合うカラーとされています。

この記事で学べること

この記事では、結婚式で留袖を着用する際の髪型とヘアスタイルについて詳しく解説します。具体的なヘアスタイルの提案や、それぞれの髪型が留袖とどのように相性が良いのか、どんなポイントに注意すべきなのかについても詳しく紹介します。

また、留袖に合うヘアスタイル選びだけでなく、ヘアアレンジやアクセサリーの選び方、そしてヘアメイクのポイントについても触れていきます。髪型だけでなく、全体的なコーディネートが大切な留袖。この記事を読めば、和装である留袖にふさわしいヘアスタイルを選ぶための基本的な知識と、具体的なスタイリングのヒントを得ることができます。

留袖を着る機会は、人生でそう多くないかもしれません。だからこそ、その瞬間は自分らしさを最大限に表現し、美しく、自信に満ちたスタイルで臨むことが大切です。本記事はそんなあなたの一助となる情報を提供します。

結婚式で留袖を着ることが決まった方、着る可能性がある方、または単純に和装やヘアスタイルに興味がある方など、留袖に関わるすべての方にとって有益な情報が満載です。どんな髪型が留袖に合うのか、どのようなヘアアレンジをすれば良いのか、また留袖とヘアスタイルの間にどのような関係性があるのかなど、基本的な情報から具体的なヘアスタイルの提案まで、多岐にわたる内容をお届けします。

さあ、一緒に留袖という美しい和装をより一層引き立てるヘアスタイルの世界を探求しましょう。

留袖の基本とマナー

留袖とは何か - 質と着用のポイント

留袖とは、その名のとおり袖が「留まっている」ことから名付けられた格式高い着物です。最もフォーマルな和装の一つで、結婚式や式典などのお祝いの場に適しています。その特徴は、黒を基調とした地色に、色とりどりの豪華な柄が施されていることです。特に結婚式では、新郎新婦の母親や親族が着用することが一般的で、華やかな装いとして非常に人気があります。

ゆめやでは、大正時代から昭和の初めに仕立てられた、アンティークの留袖をレンタルしていただけます。絹100%の上質ななめらかさと輝き、職人の手仕事による緻密な絵付けや刺繍が圧巻の留袖ばかりです。ぜひご覧ください。

結婚式参列 お母様・ご親族様向け留袖

黒はお母さまがお召しになる黒留袖で、カラーのものはおばあさまや既婚のご姉妹さまがお召しになることが多い色留袖です。どうぞいっしょにご覧ください。

留袖は格式が高い一方で、着用する際には一定のマナーを守る必要があります。まず、留袖は結婚式のようなフォーマルな場所で着用するため、全体の装いも一貫して高級感と上品さを保つことが求められます。これにはヘアスタイルも含まれ、留袖に合う髪型を選ぶことが大切です。

また、動きやすさや美しさを考えるとアップスタイルが適しています。特に、シニヨンや夜会巻きなどの古典的なスタイルは、留袖の格式に合う上品さと華やかさを両立させることができます。しかし、髪の長さや量によって選べるスタイルが限られることもあり、ロング、ミディアム、ショートといった自分の髪型を考慮した上で、適切なスタイルを選ぶことが大切です。

その他にも、留袖の豪華な柄を引き立てるために、ヘアアクセサリーの選び方も重要なポイントです。大ぶりなアクセサリーや、鮮やかな色彩のものは避け、シンプルで上品なものを選びましょう。パールや金属製のシンプルなかんざしは、留袖と相性が良いとされています。

結婚式における留袖の適切な着用時

結婚式において留袖を着用する際には、特に注意が必要なポイントがいくつかあります。まず一つめは、留袖は新郎新婦の親族が着用するものであるという点です。親族でないゲストが留袖を着用するのはマナー違反とされています。そのため、結婚式に参列する際には、自分の位置づけを確認してから留袖を選ぶようにしましょう。

さらに、ヘアスタイルとメイクについてです。和装の場合、一般的には髪をアップにするスタイルが多く、和装の美しさを引き立てるとされています。また、メイクについても派手すぎるものは避け、自然なものが好ましいとされています。ただし、これらのルールは厳密なものではなく、自分のスタイルや好み、そして結婚式の規模や雰囲気に合わせて調整する余地があります。

結婚式における留袖は、格式と美しさを兼ね備えた特別な装いです。そのため、適切な着付けやヘアスタイル選びなど、細部にわたるマナーを守ることで、一層その美しさを引き立てることができます。この記事では、そのような留袖の基本的な知識やマナー、そしてヘアスタイルの選び方について詳しく解説していきます。

結婚式でのヘアスタイル選びのポイント

髪型の選択の基本 - 長さ・型・顔の形

留袖を着用する際のヘアスタイル選びは、華やかさと上品さを両立させることが求められます。そのためには、自分の髪の長さや型、顔の形を考慮に入れて髪型を選ぶことが重要となります。

髪の長さは、ヘアスタイル選びの最も基本的なポイントの一つです。長い髪であれば、シニヨンや夜会巻きといったアップスタイルが可能で、これらのスタイルは留袖との相性が非常に良いとされています。一方、ショートやボブの方でも、ピンを使用して髪を上にまとめたり、カールをつけることで華やかさを演出することができます。

また、髪型には人それぞれ個性があります。直毛、くせ毛、太い髪、細い髪など、自分の髪質を理解し、それに合わせたアレンジをすることが大切です。例えば、直毛の人はカールをつけてボリュームを出すと良いでしょう。逆に、くせ毛の人はそのくせを活かしてナチュラルなウェーブスタイルにするのも一つです。

さらに、顔の形に合ったヘアスタイルを選ぶことも重要なポイントです。たとえば、丸顔の人はトップにボリュームを出して顔をすっきり見せるスタイルがおすすめです。逆に、面長の人は前髪を出して顔の縦の長さをカバーすると良いでしょう。

また、髪の色も留袖との相性を考える上で重要な要素です。一般的には、黒やブラウンなど自然な色合いが留袖との相性が良いとされています。明るすぎるカラーは避け、落ち着いた色味のヘアカラーを選ぶことで全体のバランスを保つことが可能です。

TPOを意識したヘアスタイル選び

結婚式におけるヘアスタイル選びでは、その場のTPO(Time、Place、Occasion)を意識することが重要です。例えば、式典では厳粛さを求められるため、シンプルで上品なヘアスタイルが適しています。一方、披露宴では華やかさも求められるため、より凝ったアレンジや、派手な髪飾りを使用するのも一つです。

ゆめやでいち押しのお母さま向けかんざしは、べっ甲に白い牡丹が手描きされています。金銀の彩色や金粉がほどこされ、花の中央には真っ青なトルコ石があしらわれています。

べっ甲に牡丹とトルコ石のバチ型かんざし

べっ甲に白い牡丹が手描きされたかんざしです。金銀の彩色や金粉がほどこされ、花の中央には真っ青なトルコ石があしらわれています。結い上げた黒い髪に、しっかりと映える色合いと大きさです。

また、自分の役割もヘアスタイル選びに影響します。花嫁の母であれば、新郎新婦を陰で支える役割を果たすため、派手すぎず落ち着いたスタイルが好ましいとされています。一方、親族ならではの華やかさも必要なため、適度なアクセサリーを使用するなどして華やかさを出すことも考慮に入れましょう。

さらに、結婚式の開催時間帯によっても適したヘアスタイルは変わります。昼間の結婚式では、明るい雰囲気に合わせたナチュラルなスタイルが求められます。一方、夜の結婚式では、少し派手なアレンジや髪飾りも許容される場合が多いです。

以上のようなTPOを考慮したヘアスタイル選びをすることで、結婚式における留袖とのコーディネートが一層引き立ちます。ヘアスタイル選びは自分のスタイルや好みだけでなく、その場の雰囲気や自分の役割、時間帯などさまざまな要素を考慮に入れて決めることが求められます。この記事が、結婚式で留袖を着用する際のヘアスタイル選びの参考になれば幸いです。

おすすめの髪型とヘアスタイル

ロング・ミディアムヘア向けのおすすめスタイル

ロングヘアとミディアムヘアは、その長さを活かした豊富なアレンジが可能です。留袖に合わせる場合は、伝統的で上品なスタイルが求められますが、その一方で華やかさも必要です。ここではロング・ミディアムヘア向けのおすすめヘアスタイルをいくつか紹介します。

夜会巻きスタイル

夜会巻きは、和装において最もフォーマルなヘアスタイルとされています。すべての髪を上にまとめ、ふんわりとした雰囲気を出すことが特徴です。留袖との相性も良く、上品さと華やかさを両立できます。

シニヨンスタイル

フレンチな雰囲気が特徴のシニヨンは、和装にも合わせやすいスタイルです。特に留袖の華やかさとバランスが取りやすく、エレガントな雰囲気を出すことができます。

ローズブーケアップスタイル

髪をいくつかの部分に分け、それぞれをバラのようにまとめるスタイルです。その名のとおり、頭全体がバラのブーケのように見えるため、華やかな印象を与えます。適度なボリューム感が上品さを保つため、留袖とも相性が良いです。

これらのスタイルは、ロング・ミディアムヘアの方が特に試してみる価値のあるものです。ただし、留袖との組み合わせを考える際には、髪飾りの選び方も重要です。派手なものは避け、シンプルで高級感のあるものを選びましょう。

ショート・ボブヘア向けのおすすめスタイル

ショートヘアやボブヘアの方でも、工夫次第で素敵なヘアスタイルを作ることが可能です。以下に、留袖に合わせた際におすすめのスタイルをいくつか紹介します。

フェミニンウェーブスタイル

ショート・ボブヘアにカールをつけることで、フェミニンで華やかな印象を与えることができます。これにより、留袖の格式にも十分に対応することができます。

ピンアップスタイル

髪の一部をピンで留め、残りを自然に垂らすスタイルです。ショートヘアでも華やかさを出すことが可能で、留袖にも適しています。

エレガントショートアップスタイル

ヘアワックスやヘアスプレーを使用して、髪全体を上に持ち上げ、エレガントな印象を出すスタイルです。このスタイルは、留袖とのバランスが取りやすいです。

これらのスタイルは、ショート・ボブヘアの方でも十分に取り入れることができます。ただし、ショートヘアやボブヘアの場合、髪の長さが不足しているため、髪飾りを上手に活用することが大切です。シンプルな金属製のカンざしや、ディスクリートなパールの髪飾りなどがおすすめです。

以上が、留袖に合わせる際のおすすめのヘアスタイルです。ただし、これらはあくまで一例であり、自分の好みや髪の特性に合わせてアレンジを加えることが重要です。その上で、留袖との相性を考え、結婚式にふさわしい上品さと華やかさを兼ね備えたヘアスタイルを選びましょう。

髪型とメイクの相性

ヘアスタイルに合うメイクの選び方

ヘアスタイルとメイクは、それぞれの全体像を構成する重要な要素です。そのため、どちらも統一感があると、より一層洗練された印象を与えることが可能になります。ここでは、留袖を着用する際に、どのようにヘアスタイルに合ったメイクを選ぶべきかについて解説します。

ヘアスタイルとメイクの選び方は、主にヘアスタイルの特徴と、その日の装いによって決まります。全体のバランスを考えると、ヘアスタイルが派手な場合は、メイクはシンプルに。逆に、ヘアスタイルがシンプルな場合は、メイクで華やかさを出すのが基本です。特に、顔とヘアスタイルのバランスを保つために、メイクは重要な役割を果たします。

アップスタイルの場合は、顔がより目立つため、メイクは落ち着いた色味と自然な仕上がりを心掛けると良いでしょう。逆に、ショートヘアやボブの場合は、顔の印象が軽くなるため、少し強めのメイクでもバランスが取れます。また、夜会巻きやシニヨンなどの伝統的なヘアスタイルの場合は、日本人らしい上品さを出すために、ナチュラルな色味のメイクがおすすめです。

また、ヘアアクセサリーの使用も考慮すると良いでしょう。大ぶりのアクセサリーを使用する場合は、メイクはシンプルに抑えてアクセサリーを引き立てるのがおすすめです。一方、アクセサリーを控えめにする場合は、メイクで一点豪華な印象を出すのも良いでしょう。

黒留袖に合うメイクのポイントと注意点

黒留袖は最も格式高い和装の一つで、結婚式などのフォーマルな場に着用します。そのため、メイクもまた、落ち着いた雰囲気を保つことが求められます。ここでは、黒留袖に合うメイクのポイントと注意点について解説します。

まず、黒留袖に合うメイクのポイントは、「上品さ」と「自然さ」です。和装は洋装とは異なり、肌の透明感や自然な美しさが重視されます。そのため、肌は透明感のあるベースメイクで仕上げ、アイメイクやリップは落ち着いた色味を選びましょう。特に、目元はパール感のあるアイシャドウで優しく彩り、口元は色味を抑えたリップで自然な印象に仕上げると良いでしょう。

次に、注意点ですが、黒留袖のメイクでは派手な色使いや強い印象のメイクは避けましょう。目元や口元を強調しすぎると、全体のバランスが崩れ、格式高い黒留袖の印象を損なう可能性があります。また、ネイルについても、和装に合う落ち着いた色味を選び、デザインもシンプルにすることをおすすめします。

以上のポイントと注意点を踏まえ、ヘアスタイルとメイクの相性を考えながら、自分自身を最も美しく魅せるスタイルを探してみてください。そのためにも、事前に試行錯誤を重ね、自分に最も合うメイクを見つけ出すことが大切です。また、美容室やメイクアップアーティストに相談するのも良いでしょう。プロの意見を取り入れつつ、自分だけのスタイルを確立してください。

留袖に合うアクセサリーの選び方

かんざしや髪飾りの使用方法

留袖に合うアクセサリーといえば、何と言っても「かんざし」があります。伝統的な美しさを引き立てるかんざしは、特に和装のヘアスタイルには欠かせないアイテムです。ここでは、かんざしや髪飾りの使用方法について解説します。

まず、かんざしの選び方についてですが、黒留袖に合うかんざしは、シンプルで上品なデザインがおすすめです。かんざしの色味は金や銀など、派手すぎない色を選びましょう。また、かんざしの形状や大きさも重要で、全体のバランスを考えながら選びましょう。一般的には、大きすぎず小さすぎない、程よい大きさのかんざしを選ぶと良いでしょう。

椿と鉄線のトップが丸いバチ型かんざし

1月~6月ころの結婚式にはコチラがおすすめです。描かれているのは椿とクレマチスです。先が尖ったバチ型は多いですが、コチラは丸いフォルムで、お母さまをふんわりと優しい人柄に演出してくれます。

次に、かんざしの正しい挿し方についてです。かんざしの挿し方一つで、全体の雰囲気や印象は大きく変わります。かんざしはヘアスタイルを固定するだけでなく、装飾としての役割も果たすため、挿す位置や角度には注意が必要です。特にアップスタイルの場合は、かんざしをどの位置に挿すかで印象が大きく変わるため、自分の顔立ちや髪の量、髪型に合わせて最適な位置を見つけることが大切です。

唐草の透かし彫りのべっ甲調のかんざし

かんざしをあまり目立たせたくない方や、粋に決めたいお母さまには、小振りのかんざしもご用意しています。

また、留袖には髪飾りも合わせることもあります。パールやビーズを用いた小さなヘアアクセサリーや、繊細な金属製のヘアピンなども、全体のスタイルに華やかさを加えます。ただし、これらのアクセサリーも控えめで上品なものを選び、過度に華やかになりすぎないように気をつけましょう。

金色の葉っぱに真珠や宝石デザインのかんざし

パール調ならコチラ。土台がゴールドですので、留袖の絵柄や帯に金色が含まれていると、一体感が生まれます。

ビーズもご用意しています。洋風のかんざしですが、黒留袖に似合うように、黒いビーズや石のものをチョイスしてみました。

黒地に小花のワイヤーアートの洋風かんざし

色留袖でしたら、華やかなビーズでもお似合いです。黒留袖でも、絵柄によってはしっくりと来るかもしれません。全体のバランスや、結婚式の時間帯・参列者の雰囲気によってお選びください。

白から紫メインの洋花のビーズ細工かんざし

黒地にピンクの小花のワイヤーアート洋風かんざし

ヘアアクセサリーとメイク・ヘアスタイルのバランス

ヘアアクセサリーの選び方も大切ですが、それだけでなく、メイクやヘアスタイルとのバランスも重要です。ここでは、ヘアアクセサリーとメイク・ヘアスタイルのバランスについて解説します。

メイクやヘアスタイルとのバランスを考える際のポイントは、「主張がぶつからないこと」です。例えば、強めのメイクや華やかなヘアスタイルには、シンプルなヘアアクセサリーを選ぶとバランスがとれます。逆に、ナチュラルなメイクやシンプルなヘアスタイルには、少し主張のあるヘアアクセサリーを選ぶと良いでしょう。

また、ヘアスタイルの種類によっても、適したヘアアクセサリーは変わります。例えば、アップスタイルやシニヨンの場合は、華やかなかんざしやヘアピンが合います。一方、ショートヘアやボブの場合は、シンプルなヘアピンやバレッタがおすすめです。長さやスタイルに合わせて、最適なヘアアクセサリーを選ぶことで、全体のバランスを保つことができます。

留袖を着用する場合は、ヘアアクセサリーの選び方だけでなく、その使用方法にも注意が必要です。一つのアクセサリーが主張しすぎると、全体のバランスが崩れてしまうため、控えめに使用することを心掛けましょう。また、留袖の上品さを引き立てるためにも、ヘアアクセサリーはシンプルで高級感のあるものを選ぶことが大切です。

以上、留袖に合うアクセサリーの選び方と、その使用方法について解説しました。ヘアスタイルとメイク、そしてアクセサリーの三者が一体となって初めて、全体のスタイリングが完成します。和装ならではの上品さと華やかさを大切に、自分自身を最も美しく見せるスタイリングを見つけてください。

まとめ

結婚式での留袖着用時のヘアスタイル選びのポイント

この記事では、結婚式や式典など、フォーマルな場における留袖の着用時のヘアスタイルの選び方について詳しく解説しました。まず、留袖とは何か、そして留袖に適したヘアスタイルの基本とマナーについて説明しました。黒留袖は最も格式高い着物であり、その着用は一生に数回あるかないかの大切な機会です。そのため、ヘアスタイル選びも重要となります。

次に、結婚式でのヘアスタイル選びのポイントとして、髪型の選択の基本やTPOを意識したヘアスタイル選びについて説明しました。また、ロング・ミディアムヘア向けのおすすめスタイルからショート・ボブヘア向けのおすすめスタイルまで、各髪型に対するアレンジ方法を詳しく紹介しました。

そして、ヘアスタイルとメイクの相性についても触れ、ヘアスタイルに合うメイクの選び方と、黒留袖に合うメイクのポイントと注意点をお話ししました。ヘアスタイルとメイクは相互に影響を与え、一方が他方を引き立てる存在となります。

最後に、留袖に合うアクセサリーの選び方について説明しました。特に、かんざしや髪飾りの使用方法と、ヘアアクセサリーとメイク・ヘアスタイルとのバランスについて詳しく解説しました。

髪型選びで注目すべきキーワード

結婚式での留袖着用時のヘアスタイル選びにおいては、以下のキーワードを頭に入れておくと良いでしょう。

"合わせる":留袖のデザイン、メイク、アクセサリーなどとヘアスタイルが調和しているかどうかを確認しましょう。

"上品さ":留袖は最も格式高い着物です。そのため、ヘアスタイルもまた、上品で落ち着いたものを選ぶことが求められます。

"自分らしさ":華やかさや上品さを保ちつつ、自分らしさを忘れずに、自分自身を最も美しく見せるスタイルを選びましょう。

"マナー":留袖を着るということは、一定のマナーが求められます。そのマナーに従いつつ、自由な表現を試みることが大切です。

"プロの意見":美容室でプロのスタイリストに相談することも一つの手段です。その際に、自分の好みや希望をしっかり伝えることが重要です。

以上のような視点を持つことで、留袖着用時のヘアスタイル選びがより楽しく、かつ成功することでしょう。この記事が皆さんの留袖着用時のヘアスタイル選びの一助となれば幸いです。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【実績豊富】七五三レンタル着物で男の子を輝かせる!選び方とコツ

はじめに 七五三は、子どもの健やかな成長を祝う大切な日本の伝統行事です。特に、男の子が5歳になるこの節目には、格式高い着物を身にまとい、家族で神社へお参りすることが一般的です。しかし、着物は種類が豊富で、選ぶのが難しいも […]

ひとつ前の記事

相良刺繍で梅・牡丹・鳥の白打掛一式【utk17】

【2023年最新版】白無垢と角隠し: 和風花嫁の正しい選び方

はじめに 結婚式における花嫁の装いと言えば、一般的には白無垢や打掛などの伝統的な和装が思い浮かびます。その中でも特に白無垢は、清楚で上品なイメージがあり、日本の結婚式でよく見かけます。そして、白無垢には「角隠し」というア […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!