着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

深紫色に菊尽くしの紋付き七歳祝着【kod05】

七五三の10月撮影ガイド:暑い時期の撮影テクニックとポイント

はじめに

七五三とは: 家族の大切な記念日

七五三とは日本の伝統的な行事の一つであり、お子さまたちの健やかな成長を祝う大切な日です。一般的に、3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子が対象であり、家族で神社にお参りに行きます。

特にこの日は、お子さまが着物を着て家族での写真撮影を楽しむすてきな機会となります。日本の家庭では、お子さまの成長を祝うこの日は非常に意義深いものとされています。

七五三は本来11月15日に行われることが多いですが、最近では日程をずらして行う家庭も増えています。10月に七五三を行うメリットとして、暑さが和らぐ時期である点や神社が混雑していないためにゆったりとした時間を過ごせる点が挙げられます。また着物を着る小さなお子さまにとって、暑すぎず寒すぎない気候もメリットといえます。

10月の七五三: 暑さへの対応がカギ

10月は気候が安定していて過ごしやすい月ですが、まだ暑さを感じる日もあります。そのため七五三で着物を着る際には、暑さへの対応が重要です。

特に小さなお子さまは熱中症になりやすいため、十分な水分補給や休憩を取ることが必要です。着物の素材やデザインを選ぶ際にも、暑さを考慮して軽やかで通気性の良いものを選ぶとよいでしょう。

また10月の七五三では、熱中症対策グッズを持参することも大切です。例えば、扇子や小さな携帯扇風機、冷却シートなどを用意しておけば、安心して行事を楽しめます。

さらに神社によっては、屋外でのお参りが中心となるため、日陰が少ない場合があります。そのため、日傘や帽子などの日除けグッズも用意しておくとよいでしょう。

七五三は、お子さまの成長を祝う家族にとって大切なイベントです。10月にお祝いを行う場合、気候に合わせた準備をして快適に過ごせるようにしましょう。そしてこの特別な日を家族で楽しく過ごして、すてきな思い出を作ってください。

10月の七五三のメリット

過ごしやすい気候と家族での撮影

10月は七五三を行うのに向いている月の一つです。この時期の一番の魅力は、何といってもその過ごしやすい気候です。

例年10月は日本全国で温暖な気候が続くため、小さなお子さまが着物を着ても快適に過ごせます。特に着物は暑さや寒さに敏感なお子さまにとっては、気候が大きく影響する服装です。そのため10月ならば、涼しくて快適な着物姿を選ぶことで家族みんなで楽しく過ごすことができます。

またこの時期の天候は撮影にも最適です。自然光がやわらかく、写真の仕上がりがより美しくなるため、プロのカメラマンや家庭での撮影に適しています。例えば、屋外での家族写真や神社の美しい風景と一緒に撮影すれば、七五三の思い出がよりいっそう特別なものとなります。

混雑を避けるための時期選び

七五三のシーズンは通常11月に集中するので、10月に行うことで混雑を避けることができます。11月は多くの家庭が七五三で神社を訪れるため、特に週末や祝日は非常に混雑します。

しかし、10月に行うと比較的人出が少ないため、ゆったりとした時間を過ごせます。この点は、特に小さなお子さまがいる家庭にとって大きなメリットです。

混雑を避けることで、神社でのお参りや撮影にかかる時間も短縮されます。また待ち時間が少ないのでお子さまの体調管理がしやすく、ストレスなく七五三の行事を楽しめます。さらに混雑が少ないことで家族だけでの撮影が可能になり、家族だけの特別な時間を過ごせる点もメリットです。

10月に七五三を行うことは、このように多くのメリットがあります。家族でこの大切な日を迎えるにあたって、10月を選ぶことは快適で心に残る七五三を実現するための選択肢の一つといえるでしょう。

暑い10月における七五三の注意点

着物選びと暑さ対策

10月に七五三を行う際、特に気を付けるべき点は暑さに対する対策です。特に着物選びは大切なポイントとなります。

着物はその美しさと伝統的なデザインで知られていますが、暑い日にはお子さまたちにとってストレスに感じてしまう場合があります。そのため10月の七五三では、以下のポイントに注意して着物を選ぶことが重要です。

  • 素材選び: 暑い日には、通気性の良い素材の着物を選ぶことが大切です。例えば、綿や麻などの軽い素材は暑さを和らげてくれます。
  • デザイン: 着物のデザインも、暑さ対策に一役買います。薄手の生地や涼しげな色合いの着物は、暑い日におすすめです。
  • 着付けの工夫: 着付けにも工夫が必要です。締め付けを少なくして、ゆとりを持たせて着付けすることで体温調節がしやすくなります。

水分補給と休憩の重要性

暑い10月の七五三では、お子さまたちの体調管理が重要です。特に水分補給と休憩は、熱中症予防に欠かせません。水分補給と休憩の計画を、以下のように立てることが大切です。

  • 水分補給: お子さまには、定期的に水分を摂取させてください。特に暑い日は、普段よりも多くの水分が必要です。持ち運びできる水筒に冷たい飲み物を入れておくと便利です。
  • 休憩の計画: 神社訪問や撮影中も、定期的な休憩を取るようにしましょう。特に直射日光下での活動は避けて、影のある涼しい場所で休憩を取ることが望ましいです。

10月の七五三では、これらの注意点に気をつけることで快適で楽しい記念日となるでしょう。これらの準備をしっかりと行い、家族全員ですてきな七五三を迎えましょう。

七五三の撮影: プロと家庭での違い

プロのカメラマンによる撮影のメリット

七五三の記念写真を残す際、プロのカメラマンに依頼することには多くのメリットがあります。プロによる撮影は、家族の大切な瞬間を芸術的に捉えることができます。プロのカメラマンによる撮影の主なメリットは以下のとおりです。

  • 専門的な技術と経験: プロのカメラマンは、光の使い方や構図の選択、ポーズの指示など高度な技術を持っています。そのため、お子さまの自然な表情や家族の温かみを美しく捉えることができます。
  • 高品質な写真: プロの撮影機材は高品質で、細部まで鮮明に撮影することができます。そのため、色鮮やかで生き生きとした記念写真が残せます。

家庭での撮影のコツと楽しみ方

家庭での七五三撮影も、家族にとって特別な思い出を残す素晴らしい方法です。家庭での撮影のコツと楽しみ方についてのポイントは、以下のとおりです。

  • 自然な瞬間を捉える: 家庭での撮影の魅力は、何よりも自然な瞬間を捉えられる点です。お子さまがリラックスしている時や家族が自然に交流している瞬間を撮影しましょう。
  • 撮影の準備: 撮影の前にカメラの設定や場所の準備をしておくことをおすすめします。例えば、自然光を活用するために窓辺での撮影の準備をするなどです。
  • 家族みんなで撮影を楽しむ: 家庭での撮影には家族全員が参加できます。お子さまをメインにしつつ、兄弟や親御さんも一緒に写ることで家族の絆を感じられる写真が撮れます。

七五三の撮影は、プロのカメラマンに依頼するか家庭で行うかにかかわらず、家族の大切な記念日を形に残す素晴らしい機会です。どちらの方法を選ぶにしても、その日の特別な瞬間を捉えて大切な家族の思い出として残しましょう。

七五三の日程をずらす理由

混雑回避と家族だけでの撮影

七五三の日程を伝統的な11月15日からずらす主な理由の一つは、混雑を避けることにあります。特に神社や撮影スタジオでは、11月に入ると七五三で訪れる家族でごった返します。この混雑を避けることには、以下のようなメリットがあります。

  • より快適な神社訪問: 混雑を避けることで、神社でのお参りがゆったりと行えます。そのため、家族での特別な時間を心ゆくまで楽しめます。
  • 家族だけでの撮影体験: 混雑の少ない時期にスタジオやロケーションでの撮影を行うことで、家族だけでリラックスした撮影が行えます。

神社の混雑状況と最適な時期

七五三のシーズンには、特に神社は多くの家族で賑わいます。混雑を避けるためには、日程を慎重に選ぶことが重要です。日程を選ぶ際のポイントは、以下のとおりです。

  • 混雑状況の確認: 七五三を行う神社の混雑状況は、事前にウェブサイトや問い合わせをして確認しておくと良いでしょう。
  • オフシーズンの活用: 七五三の伝統的なシーズン時期である11月15日前後以外ならば、混雑を避けられます。

七五三の日程をずらすことは、家族にとってより快適で心に残る想い出を残すための賢い選択の一つです。混雑を避けてプライベートな時間を大切にしながら、特別な日を祝いましょう。

七五三を神社で行う意味

神社でのお参りの意義

七五三のお祝いで神社を訪れることには、大きな意義があります。この行事は、お子さまたちの健やかな成長と幸せを祈る日本の伝統的な行事です。神社でのお参りは、以下のような意義を持っています。

  • 健康と幸福の祈り: 七五三は、お子さまたちの健康と幸福を祈る儀式です。神社でのお参りは、お子さまたちがこれからも元気に成長することを願う特別な時間です。
  • 伝統の継承: 神社でのお参りは、日本の美しい伝統と文化をお子さまたちに伝える機会となります。着物姿で格式ある神社の境内を歩くことは、日本の伝統文化を体験する貴重な時間です。
  • 家族の絆の強化: 神社でのお参りは、家族全員が集まりお子さまたちの成長を共に祝うことで、家族の絆を深める機会となります。

家族での神社訪問のコツとポイント

家族で神社を訪れる際には、いくつかのコツとポイントがあります。これらを意識することで、七五三のお参りをよりスムーズで心に残るものにできます。

  • 事前の準備: 神社を訪れる前に、お参りのマナーや着物の着付けについて予習しておくことをおすすめします。また混雑を避けるために、神社の混雑状況を事前に調べておくことも大切です。
  • 時間の管理: 七五三のシーズンは神社が混雑することが多いです。そのため早めに行動を開始すれば、ゆったりとお参りすることができます。
  • お子さまの体調管理: 神社訪問の際は、お子さまの体調に気を配ることが重要です。十分な水分補給や休憩を取ることで、快適に過ごすことができます。

七五三を神社で行うことは、家族にとって大切なイベントであり、お子さまたちの成長を祝う特別な時間です。これらのコツを活用して、家族全員で心に残るすてきな七五三を迎えましょう。

一生の宝物: 七五三の写真

記念写真の大切さとその意味

七五三の記念写真は、単なる写真以上の価値を持ちます。特別な日の記念写真は、お子さまたちの成長の瞬間を捉えた家族の宝物であり、後に大きな意味を持つようになります。記念写真の重要性は、以下のとおりです。

  • 成長の記録: 七五三の写真は、お子さまたちの成長における一つの節目の記録です。成長が早いこの時期に、お子さまの現在の姿を写真に残すことは、家族にとってかけがえのない価値があります。
  • 家族の絆の象徴: 家族全員が集まってお子さまの成長を祝うことで、その時の家族の絆や幸せな雰囲気を記念写真に残せます。
  • 伝統の継承: 七五三の写真は、日本の伝統的な文化や着物の美しさを後世に伝える手段となります。これらの写真を通して、家族の歴史や日本の文化が次世代に伝わります。

家庭に残る特別な記念日の記録

家庭で撮る七五三の写真も、特別な意味を持ちます。家庭での撮影は、プロのスタジオ撮影とは異なり、よりリラックスした環境で自然な表情を捉えることができます。家庭での撮影のポイントは、以下のとおりです。

  • リラックスした雰囲気: 家庭での撮影では、お子さまたちが最も自然な状態でいられます。そのため、リラックスした表情や日常的な瞬間を捉えることができます。
  • 個性の表現: 家庭での撮影では、お子さまの個性や家族のスタイルを反映させられます。例えば、好きなおもちゃや家族のペットと一緒に撮影するなど、家庭ならではの工夫が可能です。
  • 貴重な家族の記録: これらの写真は、家族の歴史の一部となります。日常の中の特別な瞬間を捉えた写真は、将来、家族みんなで見返す貴重な記録となります。

七五三の写真は、単なる一枚の写真を超えた価値を持ちます。これらは、お子さまの一生における大切な節目や成長の証としての役割を持ち、家族にとってかけがえのない宝物となります。

お子さまたちが着物を着て家族と一緒に神社でお参りをし、その瞬間を写真に収めることは、日本の美しい文化と伝統を称える行為といえます。お子さまの笑顔や家族の温かい表情は、七五三の写真を通して未来へと受け継がれる大切な記憶となります。

これらの写真はお子さまたちが成人した後も、家族の思い出として大切に保管されます。両親や祖父母はこれらの写真を見てお子さまたちの成長を振り返り、家族の愛と絆を再確認することができます。またお子さまたち自身も大人になった時に、自分がどのように成長してきたかをたどり直すことができるのです。

このように七五三の写真は、家族の記憶を保存するための手段としてだけでなく、日本の文化や伝統を次の世代に伝えるための重要な役割を担っています。七五三の写真は、家族の愛と絆、お子さまの成長、そして日本の美しい伝統を未来に受け継ぐための大切な媒体です。七五三の写真撮影を通じて、家族の特別な瞬間を大切に記録し、未来へと伝えていきましょう。

深紫色に菊尽くしの紋付き七歳祝着【kod05】
アンティーク色振袖から仕立て直した、五つ紋付き7歳用の祝着です。深い紫色の錦紗縮緬に、たくさんの種類の菊の花が手描き、手刺繍で描かれています。地色と対照的な淡い色合いで、とても華やかです。衿、裾回し、振りは赤い絞りの羽織の生地を使っています。色振袖と羽織の両方を使い、帯、巾着バッグ、髪飾りも仕立てています。

まとめ

10月の七五三を成功させるポイント

10月の七五三を成功させるためには、いくつかの重要なポイントを心にとどめておく必要があります。この特別な日を快適かつ思い出深いものにするための要点は、以下のとおりです。

  • 事前の準備と計画: 七五三の日程や着物の選択、神社や撮影場所の予約などの事前の計画はとても重要です。特に10月はまだ暑さが残る日もあるので、着物の素材やデザイン選びは快適性を考慮して行いましょう。
  • 暑さ対策: 水分補給の用意や日除け対策など暑さに備えて対策を講じることも大切です。特に小さなお子さまの体調管理には、十分注意しましょう。
  • 混雑を避ける工夫: 混雑が予想される場所では、時間帯をずらすなどして混雑を避ける工夫をしましょう。快適な環境でのお参りや撮影は、家族全員の楽しい思い出作りにつながります。

家族で過ごす特別な一日の思い出作り

七五三は、家族で過ごす特別な一日です。この日の思い出作りには、以下のようなポイントがあります。

  • 家族全員の参加: 七五三はお子さまだけではなく、家族全員にとって特別な日です。祖父母や親戚を含め家族全員でこの日を楽しむことで、より深い絆が育まれます。
  • 撮影を楽しむ: 記念写真の撮影は、この日のハイライトの一つです。プロのカメラマンに頼んだり、家庭で自然な雰囲気の中で撮影したりして、家族のスタイルに合わせて撮影を楽しみましょう。
  • 特別な一日を大切に: 七五三は、日常から離れて家族で過ごす特別な時間です。この日を通じてお子さまの成長を祝い、家族の愛を確かめ合うことができます。

10月の七五三は、家族にとって特別な意味を持つ日です。この季節は、日本の多くの地域で気候が穏やかで、お子さまたちが着物を着ても快適に過ごせる絶好の時期です。

また七五三は、お子さまたちの成長を祝う重要な行事であり、家族全員が集まり幸せな時間を共有する機会です。この日を忘れられないものにするためには、万全な計画を立てることが不可欠です。

さらに七五三の日は、家族全員で協力し合うことが大切です。お子さまたちが主役の日ですが、家族全員が一緒に楽しむことでより深い絆を感じることができます。兄弟や親戚も巻き込んでお参りをする、家族全員で写真を撮る、一緒にお祝いの食事を楽しむなど、家族みんなで楽しめるプランを考えましょう。

このように七五三の日は、家族の協力と計画的な準備によって、お子さまたちの成長を祝うすてきな日になります。大切なこの日を心から楽しみ、家族全員で美しい思い出を作りましょう。お子さまたちの笑顔と家族の幸せがあふれる一日になることを願っています。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

七五三イメージ

七五三の新トレンド:10月に選ぶ、理想の服装と準備のポイント

はじめに 七五三とは?10月の特徴 七五三とは、日本の伝統的な行事の一つであり、3歳、5歳、7歳のお子さまたちの成長を祝い、無病息災を祈願します。11月15日は「七五三の日」として知られていますが、近年ではこの伝統的な日 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!