着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

七五三イメージ

七五三の新トレンド:10月に選ぶ、理想の服装と準備のポイント

はじめに

七五三とは?10月の特徴

七五三とは、日本の伝統的な行事の一つであり、3歳、5歳、7歳のお子さまたちの成長を祝い、無病息災を祈願します。11月15日は「七五三の日」として知られていますが、近年ではこの伝統的な日程にとらわれず、10月に七五三を行う家庭が増えています。

その理由として、10月は特に過ごしやすい季節という点が考えられます。気候が穏やかで紅葉が始まるこの時期は、屋外での写真撮影にも最適です。また、七五三のメインシーズンである11月よりも混雑が少ないため、神社での参拝やレストランでの食事がスムーズに行える点も大きなメリットです。

七五三で着用する衣装は、主に着物や袴です。また10月の気候を考慮すると、厚手の衣装よりも少し薄手の素材が適している場合があります。またレンタルサービスを利用する場合でも、11月のピークシーズンを避ければより豊富な選択肢から希望に合った衣装を選べます。

なぜ10月に七五三を考慮するか

10月に七五三を行う理由はさまざまです。まず、11月に比べて参拝者が少ないので、神社での混雑を避けてゆったりとした時間を過ごすことができます。そのため、特に小さなお子さまを連れての参拝には大きな利点となります。

また10月は、成長著しいお子さまのサイズに合わせた衣装を早めに選べます。さらに、着物や袴のレンタル予約も11月の繁忙期を避けることでスムーズに行えるため、希望に近い衣装を確保しやすくなります。

10月に七五三を行うことのもう一つの理由は、写真撮影です。この時期の日本は美しい自然景観が広がり、記念写真を撮る時も魅力的な背景で撮影することができます。神社の周辺に広がる紅葉は、お子さまの晴れ姿をよりいっそう引き立ててくれます。

このように10月に七五三を行うことには、混雑の回避や衣装選びの自由度、写真撮影の際の美しい背景といった多くのメリットがあります。伝統的な11月15日を選ぶのもいいですが、10月に七五三を行うのも特別な思い出となるでしょう。

七五三の時期とは?10月と他の月の比較

11月と10月の違い

七五三における10月と11月の違いを理解することは、この行事を計画する際に重要なポイントになります。一般的に七五三は11月15日を中心とした11月に行われることが多いですが、10月に行う家庭も増えています。

11月の特徴:

  • シーズンのピーク: 伝統的な七五三の月であり、多くの家族がこの時期に参拝します。
  • 混雑度: 神社や写真館は非常に混雑し、予約が必要な場合が多いです。
  • 気候: 比較的涼しく、着物や袴を着るには適した気候です。

10月の特徴:

  • 混雑の少なさ: 11月のピークを避けるため、神社や写真館が比較的空いています。
  • 気候の穏やかさ: 温暖で過ごしやすく、屋外での写真撮影に最適です。
  • 柔軟な衣装選び: 11月に比べてレンタル衣装の選択肢が豊富で、予約しやすいです。

10月に七五三を行う最大のメリットは、混雑を避けられる点です。この月にはまだシーズンが始まっていないため、神社での参拝や写真撮影がスムーズに行えます。また気候が温暖なので、小さなお子さまでも着物が着やすくなります。

12月七五三の特徴と比較

12月に七五三を行うことも可能です。しかし、この時期にはいくつかの留意点がありますのでご紹介します。

12月の特徴:

  • 冷たい気候: 12月は寒さが厳しくなるため、着物や袴を着る際には暖かい下着が必要です。
  • 予約の容易さ: 11月のピークが過ぎると、神社や写真館の予約が取りやすくなります。
  • 年末の忙しさ: 年末に向けて忙しくなる時期なので、家族のスケジュール調整が難しい場合があります。

12月に七五三を行う場合、寒い気候を考慮して衣装を選ぶ必要があります。また年末は忙しくなりがちなので、家族全員が参加できる日を見つけるのが難しい可能性もあります。しかし、11月の繁忙期が終わった後なので、落ち着いた環境で七五三を行える点がメリットとして挙げられます。

10月、11月、12月という異なる月での七五三はそれぞれに特色があり、家庭の状況やお子さまの体調、好みに合わせて最適な時期を選ぶことが重要です。それぞれの月の特徴を理解し、家族にとって最良の選択をすることが七五三を成功させる鍵となります。

10月の七五三のメリット

混雑を避けるメリット

10月に七五三を行う最大のメリットは、混雑を避けられる点です。11月は七五三のメインシーズンであり、多くの家族が神社を訪れて、写真館も予約でいっぱいになりがちです。しかし、10月は比較的空いているため、以下のようなメリットがあります。

  • 神社での穏やかな参拝体験: 10月は11月に比べて神社が空いているため、落ち着いた雰囲気で参拝できます。特に小さなお子さま連れの家族にとっては、混雑の中での参拝はストレスになりがちですが、10月ならお子さまも安心して行事を楽しめます。
  • 写真撮影のスムーズな進行: 10月は写真館の予約が取りやすく、お子さまの撮影に最適な時間帯を選ぶことが可能です。また写真館も、落ち着いた環境でじっくりとお子さまの最良の一瞬を捉えることができます。
  • 衣装レンタルの豊富な選択肢: 11月の繫忙期を避けることにより、レンタル着物や袴の選択肢が広がります。人気のあるデザインやサイズも、10月ならば比較的容易に予約できる可能性が高まります。

気候と日柄を考慮した選択

10月の七五三では、気候と日柄を考慮した選択ができる点も大きなメリットです。

  • 穏やかな気候: 10月の日本は、気候が穏やかで過ごしやすいです。そのため、お子さまが着物や袴を着て過ごすには理想的な環境といえます。特に着物は季節によって選ぶ素材やデザインが異なるため、10月の温暖な気候はお子さまが快適に過ごせる衣装を選ぶのに役立ちます。
  • 美しい自然景色: 10月は紅葉の始まる時期なので、七五三の写真撮影には最適です。美しい自然の中で撮影すれば、お子さまの成長を祝う特別な日の記憶を、より美しく残せます。
  • 日柄の選択の自由: 伝統的な11月15日にこだわらず、10月の中で吉日を選ぶことができます。そのため、家族の都合やお子さまの体調を最優先に考慮した日程調整が可能になります。

これらのメリットを考慮すると、10月に七五三を行うことは家族にとって有意義な選択肢といえます。特にお子さまが主役のこの日を記憶に残るものにするには、混雑の少なさや気候の良さ、日程の選択肢を考慮することが重要です。

10月の七五三のデメリット

一般的なシーズンとの違い

10月に七五三を行うことには多くのメリットがありますが、一般的なシーズンである11月と比較するといくつかのデメリットも存在します。

  • 伝統的なタイミングとのズレ: 七五三は伝統的に11月15日を中心に行われることが多く、10月に行うとこの伝統的なタイミングからずれてしまいます。家族や親戚の中には伝統を重視する方もいるため、10月に行うという選択は理解を得にくい場合があります。
  • 周囲との共有体験の欠如: 11月は多くの家庭が七五三を祝うため、同じ時期に祝うことで共有体験や交流の機会が生まれます。10月に行うと、このような交流のチャンスを逃す可能性があります。
  • 関連行事のスケジュール調整: 七五三に合わせて行われる関連行事やサービス(写真撮影のセットプランなど)は11月に特化しているケースが多いです。そのため10月に行う場合は、これらのサービスの利用に制限が生じたり、スケジュール調整が必要になることがあります。

準備と予約の注意点

10月に七五三を行う際には、準備と予約においてもいくつか注意点があります。

  • 事前の確認が重要: 10月は七五三のメインシーズンではないため、神社や写真館、着物レンタルショップなどの予約状況が11月と異なります。事前に確認して、必要な予約を早めに行うことが重要です。
  • 着物や袴の選択肢: 10月には、まだ秋の気候に適した薄手の着物が選ばれるケースが多いです。そのため朝晩の冷え込みを考慮して、防寒対策も必要になることがあります。適切な衣装の選択には、その年の気候やお子さまの体調を考慮する必要があります。
  • 予約のタイミング: 11月のピークシーズンを避けられるメリットがありますが、それでも10月は徐々に予約が増える時期です。特に週末や吉日は予約が集中しやすいので、計画的な予約が必要です。

10月に七五三を行うことには独自のメリットがありますが、同時に一般的なシーズンとの違いや準備と予約に関する注意点を理解しておく必要があります。これらのデメリットを考慮した上で、家族にとって最適な選択をすることが七五三を成功させる鍵となります。

七五三の服装選び: 10月に適した衣装

着物と袴の選び方

七五三における衣装選びは、特別な日の記憶を美しく彩る重要な要素です。特に10月に七五三を行う際は、季節に合った適切な着物や袴の選択が肝心です。

着物の選び方: 10月の気候に合わせた着物を選ぶことが重要です。この時期はまだ暖かい日が多いので、夏物の着物よりも、少し厚手の秋物の着物が適しています。

色合いは秋らしい落ち着いた色や、季節の花をあしらった柄が人気です。女の子の場合は華やかな色合いのものが選ばれることが多く、男の子の場合はシックな色合いのものが好まれます。

袴の選び方: 男の子の場合、5歳の七五三では袴が一般的です。10月の気候を考慮すると、薄手の生地の袴を選ぶと良いでしょう。色や柄は着物に合わせるか、季節感を考慮した色合いを選ぶのがポイントです。

気候に合わせた服装の考え方

10月の気候は、七五三の服装選びにおいて重要な要素です。以下の点を考慮して、お子さまが一日快適に過ごせるような服装を選ぶことが大切です。

  • 気温の変化に対応: 10月は日中は暖かく、朝晩は少し冷える傾向があります。そのため、着物の下に着る肌着は薄手で調節可能なものを選ぶと良いでしょう。また外での写真撮影を考慮して、上着や羽織を準備すると安心です。
  • 足元の工夫: 草履や下駄を履く場合は、足が冷えないように足袋を着用します。足袋の素材も季節に合わせたものを選ぶとよいでしょう。
  • アクセサリーの活用: 季節感を出すために、髪飾りや帯締めなどのアクセサリーを秋らしいデザインのものにすると、全体のコーディネートが引き立ちます。

七五三の服装選びは、お子さまの成長を祝う大切な行事の一環です。10月の気候を考慮して、お子さまが快適に過ごせるような服装を選べば、この特別な日をよりいっそう楽しむことができます。また着物や袴選びには、季節の風情を感じさせるデザインを取り入れればお子さまの晴れ姿がより際立って、美しい思い出として残るでしょう。

10月の七五三における参拝と写真撮影

参拝の流れとタイミング

七五三の参拝は、この特別な日の中心となる重要な儀式です。そのため、参拝の流れとタイミングについて知っておくことが大切です。

  • 参拝の事前準備: まず参拝する神社を事前に選んでおきましょう。10月は比較的混雑が少ないので予約なしで参拝できる神社も多いですが、事前に確認しておくことが重要です。着付けやヘアセットは、自宅で済ませてから出発するか、近くの美容院に予約を入れておくのが一般的です。
  • 神社での参拝: 神社に到着したら、まずは手水舎で手と口を清めます。次に本殿へ向かい、二礼二拍手一礼の作法で祈りを捧げます。お子さまが主役のため、作法が完璧でなくても心配ありません。参拝の際は、お子さまの成長と健康を願いつつ、家族の幸せを祈願しましょう。
  • 参拝のタイミング: 10月は天気が良い日が多く、屋外での過ごしやすい時間帯は午前中から午後早めまでです。写真撮影を考慮するなら、自然光が豊富な午前中がおすすめです。

カメラマン選びと写真撮影のポイント

七五三の思い出を美しく残すためには、写真撮影も重要な要素です。特に10月は自然の美しさを活かした写真が撮れるため、カメラマン選びと撮影のポイントを押さえておきましょう。

  • カメラマンの選び方: 七五三では、プロのカメラマンを選ぶことが大切です。事前にポートフォリオをチェックし、お子さまの雰囲気や家族の希望に合った撮影スタイルを持つカメラマンを選びましょう。また10月は撮影の依頼が増える時期なので、早めの予約が必要です。
  • 写真撮影のポイント: 屋外での撮影では、自然光を活かして明るく柔らかい写真が撮れます。紅葉など秋の風景を背景にすれば、季節感が出て特別感が増します。

またお子さまの自然な笑顔や表情を引き出すために、リラックスできる環境作りが重要です。カメラマンと事前に打ち合わせを行い、撮影の流れや希望を伝えておくとスムーズです。

10月の七五三では、神社での穏やかな参拝と自然豊かな背景での写真撮影が魅力です。お子さまの成長を祝うこの特別な日を心に残る美しい記念にするために、これらのポイントを生かして準備しましょう。

10月に七五三を行う家庭の事例と考察

早める理由と家庭の状況

10月に七五三を行う家庭が増えている背景には、さまざまな理由と家庭の状況が関わっています。

  • 混雑回避: 伝統的な11月の七五三では神社や写真館が混雑するため、より静かな環境で七五三を行いたいと考える家庭が10月を選ぶケースがあります。
  • 気候の良さ: 10月は気候が穏やかで、特に小さなお子さまたちが着物を着て長時間過ごすのに適しています。暑すぎず寒すぎない天候は、七五三の記念撮影にも最適です。
  • 家族のスケジュール: 家族の仕事や学校のスケジュールに合わせて、11月よりも10月が都合がよいという理由で選ばれる場合もあります。

年齢別(3歳、5歳、7歳)の事例紹介

年齢によって、七五三の祝い方にも違いがあります。10月に七五三を行う各年齢の事例を見てみましょう。

  • 3歳の事例: 3歳のお子さまたちは着物を初めて着る場合が多く、動きやすい軽い素材の着物を選ぶ家庭が多いです。10月の温暖な気候は、お子さまたちが着物に慣れるのに最適な環境を提供します。
  • 5歳の事例: 男の子の場合、5歳は初めて袴を着る機会となります。10月は袴を着ても快適に過ごせる気候で、屋外での活動も楽しむことができます。
  • 7歳の事例: 7歳のお子さまたちは着物や袴にすでに慣れていることが多く、より格式あるスタイルを選ぶ傾向があります。10月には落ち着いた色合いの着物が選ばれるケースが多く、紅葉などの秋の風景とマッチします。

10月に七五三を行う家庭は、それぞれの理由と状況に応じてこの時期を選んでいます。混雑の回避や気候の良さ、家族のスケジュールの都合などさまざまな要因が考慮される中で、お子さまたちの成長を祝うこの大切な日を家族で楽しむ姿が見られます。

紅色と紫色のエ霞紋様に四季の花丸紋の七歳祝着【kod04】
大人用の長襦袢から仕立て直したアンティーク7歳用の祝着です。やわらかい正絹にぼかしでエ霞紋様が描かれており、花丸紋様の中に牡丹や水仙、菊の花が華やかに咲き誇っています。朱色と緑の手の込んだかわいらしい絞りの正絹で、袖の振り、裾回し、帯を作りました。長襦袢なしでお召しいただける一着です。

まとめ

10月七五三のまとめと最終チェックリスト

10月に七五三を行うことは、混雑を避けて穏やかな気候の中で特別な日を過ごす選択といえます。この大切な行事を成功させるための最終チェックリストをご紹介します。

  1. 神社の予約確認: 事前に選んだ神社の参拝予約が必要かどうかを再確認しましょう。
  2. 衣装の準備: 季節に合った着物や袴を準備し、必要ならレンタルの手配を行います。
  3. 着付けとヘアセット: 自宅で準備するか、美容院で予約します。
  4. 写真撮影の予約: カメラマンやスタジオの予約を確認して、撮影のプランを再確認します。
  5. 当日のスケジュール: 参拝の時間や写真撮影の時間など当日のスケジュールを整理しましょう。

七五三を成功させるための最終アドバイス

最後に、七五三を成功させるためのいくつかのアドバイスをご提供します。

  • お子さまの体調管理: 行事の数日前からお子さまの体調を整えて、快適に過ごせるようにしましょう。
  • リラックスした雰囲気作り: 当日はお子さまが緊張しないように、家族でリラックスした雰囲気を作りましょう。
  • 思い出作り: 七五三はお子さまの成長を祝う大切な日です。記念写真だけでなく、家族での会話や神社でのひとときも大切にしましょう。
  • 天候への対応: 秋の天候は変わりやすいので、雨具や防寒具を準備しておきます。

10月の七五三は、家族にとって忘れがたい特別な思い出となります。この大切な日を存分に楽しむためには、事前の準備と計画が鍵となります。

まず参拝や写真撮影のための予約を早めに済ませ、当日のスムーズな進行を確保しましょう。季節に合わせた着物や袴を選び、お子さまが一日中快適に過ごせるような準備をすることも大切です。またお子さまが緊張しないように、リラックスした雰囲気を作ることを心がけましょう。

七五三の日は、お子さまの成長を祝う大切な日です。家族で過ごすこの時間を大切にして、神社での参拝や写真撮影を通じて一生の思い出を作ってください。

また快適に過ごせるように、小物や必要な備品も事前にチェックしておくことが重要です。雨が降る可能性も考慮して、雨具を準備しておくと安心です。

この特別な日は、お子さまにとっても家族にとっても大切な節目となります。準備を万全にし、七五三の日を最高の一日にしましょう。

小さなお子さまの成長を祝うこの日が、家族全員にとって幸せに満ちた時間となることを心から願っています。何よりも、お子さまがこの日を楽しむことが大切ですので、家族で支え合って素晴らしい一日をお過ごしください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]

ひとつ前の記事

白地にオシドリと青い鳥の訪問着【hou01】

【2024年最新版】おしゃれ訪問着レンタルガイド!着物初心者も安心!

はじめに 訪問着は、日本の伝統的な美を体現する装いの一つです。結婚式や七五三、入学式など、特別な日のための特別な衣装として、多くの女性に選ばれています。しかし、美しい訪問着を一から揃えるには、高いコストがかかります。ここ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!