着物を着た女性の画像 着物を着た女性の画像
10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する 10%OFFキャンペーン実施中!LINE経由でご試着申し込みをいただいたのち予約となった場合は、全ての商品がレンタル定価より10%オフとなるキャンペーンを実施しております。LINEで登録する

スクロールして記事を読む

【2024年卒業式】袴の準備を便利で安いレンタルで!相場と選び方

【2024年卒業式】袴の準備を便利で安いレンタルで!相場と選び方

はじめに

卒業式というのは、一生の記憶に残るものです。そんな特別な日には、やっぱり袴を着てみたい!というのが多くの女性の願い。でも、袴や着物って高いイメージがあるし、購入するには予算も大きくなりますよね。そこでオススメしたいのが、袴の「レンタル」。まずは、袴をレンタルすることの魅力や、どうして安くレンタルできるのかについて詳しくご紹介します。

袴レンタルの魅力とは?

袴をレンタルする魅力、それはなんと言ってもコストパフォーマンスの良さ。購入するとなると価格が高い袴も、レンタルなら手頃な価格で利用することができます。では、袴レンタルの具体的な魅力を見てみましょう。

  • 気軽に高級な袴を楽しめる: 購入すると高価になる袴も、レンタルならリーズナブルな価格で楽しめます。
  • 一度きりの使用にも最適: 卒業式などで一度しか使用しないことが明らかなのであれば、やはり購入よりもレンタルの方が合理的です。
  • サイズや柄の選び放題: 豊富な種類から、自分の好きな袴を選ぶことができます。黒を基調とした落ち着いた袴や、レトロなデザインのもの、鮮やかな赤や紫の袴まで、好みの柄や色を選べます。
  • 必要な小物一式もレンタル可能: 草履や帯、バッグなどの小物も一緒にレンタルすることができ、コーディネートの手間が省けます。
  • 専門の着付け師による着付けサービス: 和装の一番の悩みである「着付け」も、専門の着付け師にお願いすることもできます。

以上のように、袴レンタルにはさまざまな魅力があります。袴をきちんと選び、すてきな卒業式を迎えたい方にこそ、レンタルがおすすめなのです。

ここで、アンティークきものレンタルゆめやおすすめの袴レンタルをご紹介しましょう。ゆめやの着物はアンティークですので、1点ものばかり。他の誰とも被らない個性的な袴をお探しの方にはおすすめです。

左端「コーラルピンクに折鶴と手鞠の小振袖」レンタルだからこそ着れる華やかな小振袖です。コーラルピンクのグラデーションに手鞠と折り鶴が可愛らしいですね。
中央「マラカイトグリーンに花薬玉と扇の小振」こちらも鮮やかな小振袖です。着物だけで着ると派手すぎるかなという着物も、落ち着いたパープルの袴を合わせることで、着物もさらに引き立ちバランス良い袴コーディネートができあがります。
右端「紺桔梗色の矢羽根紋様に四季の花の小振袖」袴の定番の矢絣柄に四季の花を散りばめた着物です。さらにシックなグレーの袴を合わせることでひと味違う袴コーディネートになります。

安く袴をレンタルするメリット

「袴をレンタルするなら、なるべく安く!」という方も多いのではないでしょうか。袴レンタルを安く抑える方法やそのメリットについて、詳しく見てみましょう。

  • 早めの予約で割引: 早めに予約をすることで、割引率が増える場合があります。時期によっては大学生向けの特別プランが提供されることも。
  • 単品でのレンタル: 袴だけや、小物だけのレンタルも可能。手持ちでいくつかの品は揃っているという方は、必要なものだけを選ぶことでコストを抑えることができます。
  • 平日やオフシーズンの利用: 本来は卒業式当日に着用したいものなのでシチュエーションは限られますが、オフシーズンに予約をすると価格が安くなることがあります。
  • シンプルな袴を選ぶ: 豪華な刺繍や柄、あるいは高級品よりもシンプルな袴を選ぶことで、料金を抑えることが可能です。

安く袴をレンタルするメリットとしては、なにかと物入りな卒業シーズンに予算を他のものに充てることができることや、節約しながらも卒業式を華やかに迎えられることなどが挙げられます。袴を安くレンタルして、思い出に残る卒業式を迎えましょう。

卒業式は人生の大切な節目です。今回の記事では、袴を着てその特別な日を迎えるための情報をお伝えしていきます。袴のレンタルを利用して、一生の思い出を作ってくだされば幸いです。

袴レンタルの基本的な流れ

その美しさや格式に惹かれる女性も多い袴。卒業式という大切な日に袴を着ることは、日本の美しい伝統を感じることができる貴重な経験となるはずです。ただ、その袴をどのようにレンタルすれば良いのか、その流れが分からないという方も少なくないでしょう。ここでは袴のレンタルの基本的な流れをお伝えいたします。

袴選びから返却までの流れ

袴の選び方

  • 袴をレンタルするには、好きな袴を選ぶことから始まります。袴は種類や柄、色が豊富に用意されています。落ち着いた黒や白を基調としたもの、レトロなデザインの袴、鮮やかな赤や紫、青などのカラフルなものまで、選ぶ楽しみはいくつもあります。
  • 袴の選び方の一つのポイントとして、着物や振袖の色とのコーディネートを考慮することが大切です。また、身長や体型に合わせたサイズ選びも忘れてはいけません。

着付け

  • 袴の着付けは、専門の着付け師や先生にお願いするのがベターです。着付けには技術が必要なので、初めての方は安心できるプロに任せるのが良いでしょう

小物のコーディネート

  • 袴の魅力を引き立てる小物選びも大切です。草履や帯、バッグなど、袴に合わせた小物を選ぶことで、より一層おしゃれに卒業式を迎えることができます。
  • また、足袋や肌襦袢などの下着類も用意しておく必要があります。

せっかくの袴レンタルですので、小物にもこだわりたいところです。ここではゆめやのビーズバッグをご紹介します。
左端「色とりどりのお花畑のビーズバッグ」ピンクやブルー、本物のお花畑のような色とりどりのビーズバッグ。どんな色の着物や袴にも合わせていただきやすいです。持ち手もカラフルなビーズでとても可愛いらしいですね。
中央「濃桃に花絵の熨斗目が舞うビーズバッグ」濃いめピンクの大胆な熨斗目柄がインパクトのあるビーズバッグは、シンプルな袴コーディネートや大正ロマン風のコーディネートにおすすめです。
右端「乳白色に赤い椿のビーズバッグ」アイボリーに赤い椿の大胆な柄使いのビーズバックは赤の着物はもちろん、黒の着物やグリーンの着物に合わせても素敵です。半幅帯に赤を使用し、こちらのバッグを合わせるなどしてもおしゃれですよ。

返却

  • 卒業式が終わったら、レンタルした袴を返却します。返却の際は、袴が汚れていないか、破れなどのダメージがないかをしっかりと確認し、問題がなければ店舗へ返しましょう。

以上が、袴のレンタルから返却までの流れとなります。余裕を持って事前に準備をして、スムーズに卒業式を迎えたいものですね。

袴の予約方法とポイント

袴のレンタルについては、予約方法やその際のポイントも知っておきたいものです。以下、袴の予約方法とその際の注意点を詳しくご紹介します。

袴の予約方法

  • 袴のレンタルは、ほとんどの店舗で事前予約が必要です。特に卒業シーズンは混雑が予想されるので、早めの予約をおすすめします。
  • 予約は、店舗へ直接訪れる方法や、電話、インターネットのサイトを利用する方法などがあります。

袴の選び方のポイント

  • 袴の選び方の一番のポイントは、自分の好みや卒業式の雰囲気に合わせることです。色や柄、袖の長さなど、細かい部分までこだわりたい方は、多くの種類が揃っている店舗を選ぶと良いでしょう。
  • サイズ選びも大切です。袴は、フィットするサイズでないと動きづらかったり、見た目にも美しくない可能性が出たりします。自分のサイズにしっかり合った袴を選ぶことを心掛けましょう。

袴の長さは身長によりサイズを合わせます。着付けの仕方で多少上下することはできますが、丈感は重要です。短めの袴を選ぶ場合は、足元をブーツでコーディネートするなど工夫してみてはいかがでしょう。逆に長めの場合は、草履を合わせましょう。ここではアンティークきものレンタルゆめやのレンタル袴をご紹介しましょう。

左端「紺色と紫色の縦ストライプの袴」個性的なストライプの袴。女性用の袴では珍しいですね。こちらの袴に合わせるなら、柄のシンプルな赤やグリーン、カラシ色の着物がおすすめです。
中央「抹茶色の無地の袴」人気のくすみカラーの袴は、淡いピンクの着物を合わせると可愛らしい雰囲気になります。また、すっきりとした黒や濃紺の着物を合わせると個性的なコーディネートになります。右端「灰色味がかった緑色の無地の袴」灰色味がかった緑色とは珍しいお色ですね。海の底のようなお色でしょうか?サーモンピンクやベージュの着物と相性が良さそうです。またカッコよく着こなしたい方には、グレーの着物など合わせてみてはいかがですか?

予約時の注意点

  • 予約する際は、必要な日時やサイズ、柄や色などの希望をしっかりと伝えることが大切です。また、返却の際の手続きや料金についても、事前に確認しておくのがおすすめです。

予約の際はこうしたポイントを参考に、スマートなレンタルができるようにしましょう。

袴レンタルの価格と相場

袴の美しさや伝統を身にまとい、卒業式という特別な日をより華やかに彩りたい。でも、やっぱり気になるのが「袴のレンタル価格」ではないでしょうか。そこで、この章では袴のレンタルの一般的な価格や、安い袴の探し方についてお伝えします。

一般的な袴レンタル料金の範囲

袴のレンタル料金は、種類や柄、サイズ、レンタル期間などによって異なります。卒業式に着ることを考えると、一般的な価格帯としては以下のようになります。

  • 基本的な袴のレンタルセット
    価格帯: 10,000円~30,000円
    内容: 袴、着物(振袖や一尺三寸袖など)、草履、帯、バッグなど一式が含まれることが多いです。
  • 高級な袴や特別な柄、刺繍入りの袴
    価格帯: 30,000円~50,000円
    内容: 袴の素材や柄、刺繍の詳細にこだわりたい方向け。上質な素材や独特のデザインが特徴です。
  • 小学生や中学生向けの袴
    価格帯: 5,000円~15,000円
    内容: お子さま用のサイズの袴。学校によっては小中学校で卒業式に袴を着用する例も見られます。

価格は店舗やブランド、お住まいの地域などによっても変わるため、具体的な価格を知りたい場合は事前に各店舗へ問い合わせるとよいでしょう。

また袴のレンタルには、着付けの料金が別途必要な場合もあります。専門の着付けの先生にお願いする場合、3,000円〜10,000円程度が一般的です。こちらも事前に確認して、予算内に収められるように計画しましょう。

安い袴レンタルの探し方

袴のレンタルをお探しの際は、予算は抑えつつもかわいくておしゃれな袴を選びたいのは当然ですよね。そこで、安い袴レンタルを探すポイントを以下にまとめました。

  • 早めの予約
    卒業式シーズンよりできるだけ前に予約をすると、割引や特典がある場合があります。早めの予約でお得にレンタルすることが可能です。
  • セットレンタルを利用
    袴と着物、小物などを一式でセットでレンタルすると、単品でレンタルするよりも割安になることが多いです。ただしお手持ちのものがいくつかある場合は、揃わないものだけを単品レンタルする方が安いこともあるためよく検討してみてくださいね。
  • 店舗を比較する
    複数の店舗やサイトを比較して価格やサービス、内容を見比べることで、自分の希望する条件に合ったお得な店舗を見つけることができます。
  • オフシーズンの下見
    卒業シーズン以外の時期であれば店舗にも豊富に袴が揃っています。オフシーズンに店舗を訪れれば袴の種類や価格、サービスなどを冷静に比較できますので、卒業式シーズンに向けてもスムーズにレンタルの手続きを進めることができます。

袴のレンタル価格や相場などは、卒業式前に知っておくと安心です。そして袴を安くレンタルするためには、しっかりとした事前のリサーチと計画が大切。自分の予算や好みに合わせて、最適な袴をレンタルしたいものですね。

袴の種類と選び方

一生に一度の大切な卒業式、その大切な日を演出する袴はどんな色や柄を選んだらいいのか迷われる方も多いでしょう。ここでは、袴の種類や選び方、着物との合わせ方について詳しくご紹介します。

色や柄、着物との合わせ方

袴を選ぶ際の一番のポイントは、言うまでもなく自分の好みのものであること。ですが、着物とのバランスや卒業式の雰囲気も考慮に入れた上で、最も似合う袴を選ぶのも一つの方法です。

  • 色の選び方
    袴の色は、まずは自分の好きな色を基本に考えると良いでしょう。定番の色としては、黒や紫、赤、青、緑などがあります。フォーマルな場である卒業式では、比較的シンプルで落ち着いた色合いのものが多く選ばれます。黒などはどんな着物とも相性が良く、卒業式の格式ある雰囲気にもぴったりです。
  • 柄の選び方
    袴にはさまざまな柄が存在します。古典的な柄や、レトロな雰囲気の柄、シンプルな単色のものなど、レンタルでも豊富な選択肢から選ぶことができるでしょう。卒業式には、華やかな柄が人気。選ぶ際には着物の柄と袴の柄がぶつかってしまわないよう、バランスを取ることも大切です。
  • 着物とのコーディネート
    袴と着物の組み合わせは、まさにトータルコーディネート。両者の色や柄のバランスを考えることが必要です。例えば、色柄の鮮やかな振袖に合わせる袴はシンプルなものがおすすめ。一方、着物がシンプルな場合には袴は少し華やかな柄を選んでもよいでしょう。

袴レンタルするなら、普段着ることのできない着物をレンタルすることをおすすめいたします。レンタルだからこそ大胆な柄に挑戦できます。ここでは、ゆめやおすすめの大正ロマン風の袴コーディネートをご紹介しましょう。
左端「ダイヤ柄にモノクロの菊紋様の小振袖」大胆なダイヤ柄ですね。色も鮮やかなオレンジ色です。ウエストより下は袴の色になりますので、華やかな着物を合わすことで袴コーディネートが完成します。中央「青海波柄の紫苑色に菊や紅葉の小振袖」何度も染められた深い紫苑色に鮮やかな菊や紅葉が映える小振袖。合わせている灰色味がかったグリーンの袴が素敵ですね。落ち着いた雰囲気ですので、学校の先生にもおすすめのコーディネートです。
右端「大胆なぼかしの縦縞模様に源氏車、藤の小振袖」白とブルーの大胆なぼかしのストライプ。さりげなく描かれた源氏車と藤の花が上品さを出しています。

袴と着物のコーディネートの組み合わせ方は無限大です。自分の好みや卒業式の雰囲気、それぞれ価格が異なるようであれば予算も考慮しながら、最も自分に似合う組み合わせを見つけてくださいね。

袴のサイズと適切な着付け

大学などの卒業式では、実際に多くの女性が袴を選んでいます。袴の美しい見た目は、特別な日の装いを一層引き立ててくれるもの。ただ、袴のサイズ選びや着付けは初めての方にとってはかなり難しいもの。ここでは、袴のサイズの選び方や、袴をきれいに着るためのコツについて詳しくお伝えします。

袴のサイズ選びのポイント

袴を選ぶ際の一番のポイントは、やはり「サイズ感」です。適切なサイズの袴を選ぶことで、自分の体型に合った美しいシルエットを引き出すことができます。

  • 身長に合わせる: 袴のサイズ選びの基本は身長です。身長に応じて適切な袴の長さや大きさが変わってくるので、まずはしっかりと身長を測定しましょう。
  • 体型に合わせる: 袴は基本的には身長に合わせて選ぶものですが、体型に合わせてサイズを選択することも大切です。特にウエストやヒップのサイズはフィット感という意味でも大切なポイントとなります。
  • 動きやすさを確認: 袴をレンタル(あるいは購入)する前に、可能であれば試着をして動きやすさを確認しましょう。歩く、座る、立つといった動作を行い、窮屈さを感じないか確かめることが大切です。
  • 長襦袢とのバランス: 袴を選ぶ際は、長襦袢とのバランスも考慮する必要があります。長襦袢の丈やデザイン、色との相性を確認し、全体のバランスが取れた組み合わせを選びましょう。

適切なサイズの袴を選んだら、次は着付けのコツ。より美しい袴姿を目指しましょう。

袴をきれいに着るためのコツ

袴の着付けは、初めての方にとっては難しそうに感じるかもしれません。しかし、基本的なコツを掴むことで、誰でも美しい袴姿になれるのです。

  • 着物の着付けを確認: 袴をきれいに着るためには、正しく着物の着付けを行うことが第一です。着付けがしっかりとできていれば、袴のシルエットもおのずと美しく見えてきますよ。
  • 袴の裾を気を付ける: 袴の裾は、足首のすぐ上までくるのが理想的です。裾が短すぎると足首が見えてしまい、全体のバランスが崩れてしまいます。逆に裾が長いと素足で歩くときに少々不恰好であるほか、裾を踏んで転んでしまう危険も。
  • 足袋と草履の選び方: 袴には足袋と草履も欠かせません。足袋は白が主流ですが、色柄や刺繍の入ったデザインも。草履は袴の色やデザインに合わせて選びましょう。草履の代わりにブーツを履く和洋折衷のスタイルも人気があります。
  • 小物でアクセントを: 袴のコーディネートには、帯やバッグ、髪飾りなどの小物も大切です。小物を上手く取り入れることで、袴姿に華やかさや個性をプラスすることができます。
  • 専門家に相談: 袴の着付けに自信がない場合は、着付けの先生や専門家に相談するのもおすすめです。プロのアドバイスを受けながら、美しい袴姿を楽しむことができます。

サイズ選びや着付けのコツを掴むことで、一生の思い出に残る美しい袴姿を楽しむことができるでしょう。

袴と合わせる和装小物

袴を着る時に、その印象を大きく左右する和装小物たち。袴だけではなく、それを引き立てる小物の選び方やコーディネートが、より一際華やかな卒業式を演出してくれます。

草履や帯、足袋の選び方

袴を美しく見せてくれる名脇役が、草履や帯、そして足袋です。

  • 草履
    草履は、袴や振袖とのバランスが大切。特に卒業式などのフォーマルな場では色や柄を注意して選ぶのがポイントです。袴の色や柄と合わせたり、あえてコントラストをつけたりといったことが可能ですよ。

  • 袴に合わせる帯は袴下帯と呼ばれるもので、こちらも袴とのデザインや色との相性を考えて選ぶとよいでしょう。シンプルな袴ならば、柄入りの帯でアクセントを。袴の色とのコントラストを楽しむのも面白いかもしれません。
  • 足袋
    袴を着る際の足袋は、白が主流。ただ、足袋の先にちょっとした刺繍が入っているものや色足袋もあり、これらも意外と足元を華やかにしてくれます。

一つひとつの小物を選ぶ際には、卒業式の場としての格式や自分の好きなスタイルを念頭に置きつつ、全体のバランスを見ながら選ぶことが大切です。選び方に迷ったら、レンタルショップのスタッフさんや友人にもお願いして、アドバイスをもらうのも一つの方法ですね。

和風アクセサリーでのコーディネート

袴のスタイルをさらに華やかにするためのアイテムとして、和風のアクセサリーも取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 髪飾り
    卒業式に袴を着る場合、髪型も非常に重要です。その髪型を引き立てるための髪飾りは、和装の華とも言えるアイテム。色や形、大きさを選ぶ際には、袴や帯、草履とのコーディネートを考えることで、全体の雰囲気がぐっと引き締まります。
  • バッグ
    和装バッグは、袴や振袖と合わせることで、一段と格式のあるスタイルを演出することが可能です。こちらも、色や柄を選ぶ際に他のアイテムとのバランスを考慮すると、統一感のあるコーディネートが楽しめます。
  • ブローチやピン
    和装に合わせるブローチやピンも、アクセサリーとしての役割を果たします。帯部分や袖に取り付けることで、アクセントとしての効果を発揮します。

袴コーディネートでの重要な役割を果たす、髪飾り。洋風なコーディネートも和風のかんざしを合わせることで、モダンな袴コーディネートができます。ゆめや厳選の袴コーディネートにおすすめのかんざしをご紹介します。
左端「黒と黄金色の大輪の菊をアレンジ豊かな小花が囲むつまみ細工かんざし」大きな菊の周りに小花があしらわれたつまみ細工のかんざしは、アップスタイルだけでなく、ボブやショートのヘアスタイルにも合わせていただけます。
中央「白黒市松の梅と手毬のつまみ細工に白い造花のかんざし」モノトーンの市松模様がとてもおしゃれですね。どんな色の着物にも合わせることができ、かんざしを合わせることでおしゃれさがアップします。右端「シックなグリーン系に黒の、つまみ細工と造花のかんざし」シックなグリーンと黒のつまみ細工はくすみカラーの袴コーディネートや黒やカラシ色の袴コーディネートにおすすめです。

袴を着る際の小物やアクセサリー選びは一見すると細かな部分かもしれませんが、その選び方一つで袴の印象が大きく変わることも。是非ご自身のスタイルに合わせて、すてきなコーディネートを楽しんでみてくださいね。

袴レンタルのデメリットと注意点

ここまで袴のレンタルの便利さをお伝えしてきましたが、そんな袴レンタルにも注意点やデメリットがあります。安心して袴をレンタルするために知っておきたいポイントについて、詳しくご紹介します。

袴レンタル時のよくあるトラブル

  • サイズの不一致
    最も多いトラブルかもしれません。袴や着物のサイズは一般的な洋服とは異なり、身長や体型によって適切なサイズがシビアに変わってきます。できる限りレンタル前にしっかりと試着をして、サイズの不一致を防ぎたいところです。
  • 柄や色の違い
    予約時に選んだ袴や振袖の色や柄が、実際に受け取った際にイメージと異なることがあります。インターネットで画面越しに見る商品などは特に詳しく柄や色を確認することが大切です。
  • 返却時のトラブル
    袴や小物の返却忘れ、返却遅延による追加料金の発生も気をつけたいポイントです。返却日時や方法を事前に確認し、紛失にも注意しましょう。
  • 品質の問題
    袴が古くて色褪せている、小紋や刺繍がほつれているなど品質の問題が発生することも。品質の確認は、受け取ってすぐの時点でしっかりと行いましょう。
  • 価格の不明瞭さ
    袴のレンタル料金に含まれるものと含まれないものをしっかりと確認することで、後から高い料金を請求されるようなことがないようにしましょう。

安心して袴レンタルを利用するためのポイント

  • 情報を収集
    袴や振袖のレンタルに関する情報は、大学や学校、地域の情報誌などでも詳しく紹介されています。前もって情報収集をしっかりと行い、安心してレンタルできるようにしましょう。
  • 事前の試着は必須
    着物や袴のサイズ感は一般の洋服とは異なるため、事前の試着は可能な限りしておきたいところです。試着によってサイズや色、柄の確認ができます。
  • 返却についての確認
    袴や小物の返却方法、日時をしっかりと確認しておくことで、返却時のトラブルを防ぐことができます。
  • 価格や料金についての確認
    レンタル料金に含まれるもの、含まれないものを事前に確認しておくことで、後から予期せぬ料金を請求されることを避けられます。
  • 品質の確認
    受け取った袴や小物の品質をしっかりと確認し、問題がある場合は速やかに対応を依頼することが大切です。

袴をレンタルする際には上記のポイントをしっかりと押さえて、トラブルなく安心して着用当日を迎えられるように心がけましょう。

まとめ

卒業式は一生の思い出に残る大切な日です。袴の選び方やレンタルについてもしっかりと理解し、納得のいく選択をしたいものですね。この記事を通して、袴の魅力やレンタルのメリット・デメリットについて詳しく説明してきました。

袴レンタルを成功させるための要点

袴をレンタルする際のポイントを、もう一度おさらいしてみましょう。

  • 予約のタイミング: 卒業式の数カ月前からレンタルの予約を始めるのがベストです。
  • サイズ感の確認: 袴のサイズは、身長や体型に合わせて選ぶことが大切。足袋や草履のサイズも忘れずに確認しましょう。
  • コーディネートの選び方: 帯や小物、バッグとの合わせ方にも注目。全体のバランスを考えて色や柄を選ぶのがおすすめです。
  • 価格と内容の確認: レンタル料金の安い袴は魅力的ですが、セットなどであればその内容に何が含まれているのかをしっかりと確認することも重要です。
  • 振袖など着物との相性: 袴をレンタルする際、振袖など着物との組み合わせも考慮に入れることで、より一層卒業式の装いが華やかになります。

このようなポイントを押さえた上で袴レンタルを利用することで、卒業式当日に安心して袴を着用することができるでしょう。

卒業式を華やかに彩る袴選び

最後に、卒業式の日、目を引く袴を選ぶためのヒントをいくつかご紹介します。

  • 色の選び方: 明るい色の袴は、春らしさを感じさせるので、卒業式にはぴったりです。淡い紫や黄色、緑など、春を感じさせる色も良いでしょう。
  • 柄や刺繍の工夫: 古典的な柄やかわいい刺繍入りの袴も人気。自分の好きなデザインを選んで、オリジナリティを出すのもすてきな方法です。
  • 合わせる小物の選び方: 足袋や草履、バッグなどの小物も袴全体の印象を変える要因となります。袴とのバランスを考えて小物を選びましょう。

大学生活の思い出を彩る卒業式。その特別な日に着用する袴選びも、思い出の一部として楽しい時間となることでしょう。安心して袴のレンタルサービスが利用できるよう、ぜひ今回の記事を活用してくださいね。

〈参考記事〉
https://kimono-nagami.com/sotugyousiki-kimono/
https://kimono-haregi.com/hakama-content/select_hakama2023/
https://www.wafukan-ichi.jp/rental/hakama-rental/hakama_column-top/hakama-coordinate-hint/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

露芝と、縮緬に辻が花模様の片身替わり訪問着【hou174】

【2024年最新版】訪問着レンタルで叶える、レトロモダンな着姿!

はじめに 訪問着は、日本の伝統文化を象徴する和装の一つであり、結婚式、七五三、成人式など、人生の節目や特別な日に着用されます。中でも、レトロモダンな訪問着は、その古典美と現代の感性が融合したデザインで、多くの女性たちの心 […]

ひとつ前の記事

振袖イメージ

【成人式】後撮りのメリットは?料金は安い?費用の相場と撮影の流れ

はじめに 成人式後撮りについての基本情報 成人式という一大イベントを迎えるにあたり、多くの方々が準備を始める中、注目されているのが「成人式後撮り」です。これは、成人式の当日ではなく、別の日に改めて振袖を着て撮影を行うとい […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!