黒色の無地の袴 (L)【hal013】

【卒業式必見】黒袴の選び方と着物レンタルのコツ | 安心のプロ監修

はじめに:黒の袴の魅力とは

卒業式と聞いて思い浮かべるのは、華やかな振袖や袴の姿ではないでしょうか。数ある選択肢の中で、黒の袴はシックで上品な色合いのため、多くの人々を魅了しています。ここでは、黒の袴の魅力と、卒業式をはじめとする特別な日に黒の袴を選ぶ理由について掘り下げていきます。

黒の袴が持つ独特の魅力

黒は、落ち着いた色味でありながら、どこか優美さも兼ね備えています。着物の世界では、黒は格式高い色とされ、特別な日の装いにふさわしい重厚感を演出してくれます。また、どんな色とも相性が良く、着物の色や柄を選ばず、幅広いスタイルにマッチするのも特徴です。これが、黒の袴が多くの方に選ばれる理由の一つです。

卒業式における黒の袴の役割

卒業式は、学生生活の終わりと新たなスタートを祝う大切な日。そんな節目の日に黒の袴を選ぶことで、一つの時代の終わりを感じさせつつ、新しい未来への期待と希望を表現できます。黒の袴は、卒業生の成長と成熟を感じさせる装いとして、卒業式の厳粛な雰囲気にぴったり合います。

黒の袴を選ぶ際のポイント

黒の袴を選ぶ際には、セットや単品、サイズ、価格など、いくつかのポイントを確認することが重要です。セットであれば、着物や帯、小物までトータルでコーディネートされているため、統一感のある装いを楽しめます。また、単品で選ぶ場合は、自分の持っている着物や帯との組み合わせを考えることも楽しみの一つ。袴のサイズは、自分の身長や体型に合ったものを選ぶことで、美しい着姿を実現できます。価格についても、レンタルや購入を検討する際には、予算に合わせた選択が可能です。

黒の袴と合わせる着物の選び方

黒の袴に合わせる着物は、色や柄によって印象が大きく変わります。紺や紫などの落ち着いた色合いの着物は、黒の袴と合わせることで、よりフォーマルな雰囲気を演出できます。一方で、赤や緑、黄色など鮮やかな色の着物は、黒の袴とのコントラストで華やかさが際立ちます。柄に関しても、花や古典的な模様が入った着物は、黒の袴との組み合わせでエレガントなスタイルを作り出します。

アンティークきものレンタルゆめやでは、黒の袴に合わせる着物コーディネートを紹介しています。ここで袴に合わせる着物はクリームイエローに牡丹や菊が咲く小振袖【hak11】です。

これは、立涌の地紋様に、牡丹や菊などの春秋柄が手描き、手刺繍された、アンティーク小振袖です。艶のある綸子地にも、春秋柄の手描き、手刺繍にも、熟練の技が光る一品です。

この着物に合わせる黒の袴が黒色の無地の袴(L)【hal013】です。

黒色の無地の袴で、小振袖と合わせて、大学・短大の卒業式のほか、小学校の卒業式にも履くことができます。学校の先生にもおすすめの袴です。

黒の袴の着付けとアクセサリーの選び方

黒の袴の着付けは、基本的な流れを押さえることで、自分で挑戦することもできます。着付けの際には、帯の結び方や袴の長さの調整に注意し、美しいシルエットを作り出しましょう。アクセサリー選びでは、シンプルながらも存在感のあるものを選ぶことで、黒の袴の魅力をより引き立てることができます。髪飾りや草履、バッグなど、細部にまでこだわることで、卒業式の装いを一層特別なものにすることができるでしょう。

黒の袴は、卒業式をはじめとする特別な日に選ぶことで、その日の記憶をより美しく、より印象深いものにしてくれるでしょう。上品で落ち着いた雰囲気の中にも、個性を表現できる黒の袴は、多くの方々にとって魅力的な選択肢です。

黒の袴の基本知識:種類と特徴

卒業式を控えた皆さんにとって、袴選びは特別なイベントの一つです。黒の袴は、落ち着いた色合いと格式高い雰囲気によって、多くの女性に選ばれています。黒の袴にはさまざまな種類があり、それぞれに独特の魅力があります。この章では、黒の袴の種類とその特徴、さらには選び方のポイントについて詳しく解説していきます。

黒の袴の種類:無地から刺繍入りまで

黒の袴には、シンプルな無地タイプから、華やかな刺繍が施されたタイプまで、幅広い種類があります。無地の黒の袴は、シンプルさからどんな着物にも合わせやすく、幅広いシーンで活躍します。一方、花や菊、桜などの伝統的なモチーフが刺繍された黒の袴は、より華やかな装いを求める方におすすめです。また、最近では、モダンなデザインや幾何学模様を取り入れた新感覚の黒の袴も人気を集めています。

黒の袴の選び方:サイズとデザインのポイント

黒の袴を選ぶ際に最も重要なのは、サイズとデザインです。サイズ選びでは、袴の丈とアンダーバストのサイズがポイントになります。一般的に、袴の丈は、履き物を草履にするかブーツにするかで異なります。草履の場合は袴の丈が足のくるぶしの中心くらいが理想的とされています。一方でブーツの場合は、ブーツを見せたい長さで丈を決めるのがよいでしょう。サイズが合わないと見た目にも影響しますし、動きにくさを感じることもあるため、試着をして自分に合ったサイズを選ぶことが大切です。

デザインを選ぶ際は、着る場面や合わせる着物の色、柄を考慮することが重要です。卒業式などのフォーマルな場では、伝統的なデザインやシンプルな無地の黒の袴が適しています。また、振袖や小紋など、合わせる着物の種類によっても、選ぶべき黒の袴のデザインは変わってきます。振袖には華やかな刺繍入りの袴が、小紋にはシンプルな無地の袴がよく合います。

黒の袴を選ぶ際は、自分の身長や体型、着物の色や柄とのバランスを考えながら、最適な一着を見つけることが大切です。また、レンタルを利用する場合は、事前に多くの種類から選べるよう、早めに予約を入れることをおすすめします。レンタルなら、価格を抑えつつ、高品質な黒の袴を着ることができます。

黒の袴選びは、卒業式という特別な日を彩る大切な準備の一つです。サイズやデザインをしっかりと確認し、自分にとって最適な袴を選びましょう。

卒業式におすすめの黒の袴スタイル

卒業式は、学生生活の大切な節目です。黒の袴は格調高さと普遍的な美しさで、多くの卒業生に選ばれています。黒の袴を選ぶ際には、着物やセット、サイズ、そして価格など、多くの要素を考慮する必要があります。ここでは、大学生と高校生、そして小学生向けの黒の袴スタイルをご紹介します。それぞれの年齢に合わせた選び方やコーディネートのポイントを解説していきましょう。

大学生と高校生のための黒の袴コーディネート

大学生や高校生の卒業式において、黒の袴は格式ある選択肢として人気があります。黒の袴は、紺や紫、さらには黄色や白などの色との組み合わせで、さまざまな表情を見せてくれます。ここでは、大学生と高校生におすすめの黒の袴スタイルと、それに合わせる着物やアクセサリーについてご紹介します。

  • 着物の選び方:黒の袴に合わせる着物は、華やかなものがおすすめです。黒はどの色とも調和しやすいため、白やピンクなど鮮やかな色ともよく合いますし、紺や紫などの深みのある色は、黒袴とのコントラストが美しく、卒業式にふさわしい落ち着いた印象を与えます。
  • アクセサリーの選び方:黒の袴スタイルを引き立てるためには、帯や髪飾りの選び方も重要です。帯は、黒の袴に合わせてシンプルなものから、華やかな柄が入ったものまで幅広く選べます。髪飾りには、桜や菊などの和の花をモチーフにしたものを選ぶと、より一層、卒業式の装いを引き立たせることができます。
  • サイズと価格の確認:黒の袴を選ぶ際には、自分に合ったサイズを選ぶことが大切です。また、レンタルを利用する場合は、価格やレンタル期間も事前に確認しておきましょう。フルセットでのレンタルが可能な場合もありますので、必要なアイテムが全て含まれているかを事前にチェックすることが重要です。

小学生の卒業式にぴったりな黒の袴セット

小学生の卒業式においても、黒の袴は人気の選択肢です。小学生には、動きやすさや着心地の良さも重要なポイント。ここでは、小学生向けの黒の袴セットの選び方と、おすすめのコーディネートをご紹介します。

  • 黒の袴セットの選び方:小学生用の黒の袴セットでは、袴と着物がセットになっているものを選ぶと便利です。サイズは、身長や体型に合わせて選びましょう。また、小学生には、動きやすさを考慮した、ブーツや草履の選び方も大切です。
  • コーディネートのポイント:小学生の黒の袴スタイルには、明るい色の着物や、花柄が入ったかわいらしいデザインのものがおすすめです。帯や髪飾りは、子どもらしさを感じさせる、色鮮やかなものや、リボンをモチーフにしたものを選ぶと喜ばれます。
  • 着付けと準備:小学生の場合、着付けが簡単なセットを選ぶと、当日の準備が楽になります。また、卒業式当日は、髪型や髪飾りでさらに華やかさを添えることができます。当日スムーズに準備を進めるために、事前に着付けの練習をしておきましょう。

大学生や高校生、小学生それぞれに合わせた黒の袴スタイルは、卒業式をより特別なものにしてくれるでしょう。黒の袴を選ぶ際には、着物やアクセサリー、サイズや価格など、さまざまな要素を考慮して、自分にとって最適な一着を見つけてみてください。

黒の袴の着こなし術:着物の合わせ方

黒の袴は、卒業式などのフォーマルな場において、堂々とした印象を与えます。そして、着物の組み合わせ方一つで、見た目の印象が大きく変わります。ここでは、黒の袴を着用する際の基本的な色合わせと、アクセサリーの選び方について解説します。

着物と袴の色合わせの基本

黒の袴を選んだ場合、着物の色や柄によって、洗練された雰囲気や華やかさを演出できます。基本的に、黒はどんな色とも相性が良いため、着物選びに迷ったら、以下のポイントを参考にしてみてください。

  • 基本の色合わせ
    黒の袴は、紺や紫といった深みのある色の着物と非常によく合います。これらの色は、黒の落ち着いた雰囲気を引き立てつつ、着物特有の上品さを表します。また、白や灰色の着物を選ぶと、モダンで洗練されたスタイルを演出できます。
  • 柄の選び方
    黒の袴には、花や古典的な柄が入った着物がおすすめです。特に、桜や菊といった花柄は、卒業式という特別な日に華やかさを加えてくれます。また、小紋や格子柄などのシンプルなデザインも、黒の袴との組み合わせで洗練された印象を与えます。
  • 季節感のある選び方
    春に行われる卒業式には、桜や梅といった春の花がモチーフの着物がぴったりです。季節感を感じさせる柄を選ぶことをおすすめします。

アクセサリーとの組み合わせ

黒の袴を着用する際には、アクセサリー選びも重要です。アクセサリーによって、着こなしに華やかさや個性を加えることができます。


  • 帯は着物の印象を大きく左右するアイテムです。黒の袴には、赤や金、銀などの華やかな色の帯を合わせると、全体のコーディネートが引き締まります。また、シンプルな無地の帯を選ぶことで、落ち着いた印象に仕上げることもできます。
  • 髪飾り
    髪飾りは、卒業式の着物スタイルに欠かせないアクセサリーです。黒の袴には、赤やピンク、白などの花をモチーフにした髪飾りがよく合います。また、シンプルな着物には、小さな簪(かんざし)をさりげなく加えることで、上品な印象を与えます。
  • 足元のアクセサリー
    草履や足袋も、着物スタイルを完成させる重要な要素です。卒業式はフォーマルな式典ですので、白の足袋を着用することが基本です。黒の袴に白い足袋が美しく映えることでしょう。また、草履は、帯や髪飾りと色を合わせることで、統一感のある着こなしになります。

黒の袴を着用する際は、着物やアクセサリーの色合わせに注意を払うことで、より洗練されたスタイルを楽しむことができます。自分の好みや卒業式の場の雰囲気に合わせて、最適な組み合わせを見つけましょう。

黒の袴レンタルガイド:選ぶ際の注意点

卒業式は、学生生活の集大成として、特別な日です。そんな記念すべき日に選ぶ袴は、自分を最も美しく魅せる大切な要素の一つ。その中でも黒の袴は、格式高く、どんな着物にも合わせやすいため、多くの方に選ばれています。しかし、黒の袴をレンタルする際には、いくつかの注意点があります。ここでは、黒の袴をレンタルするメリットと、良いレンタルショップの選び方について詳しく解説します。

レンタルするメリットとは

黒の袴をレンタルする最大のメリットは、コストパフォーマンスの高さです。卒業式用の袴セットを購入するとなると、価格は数万円から数十万円と非常に高額になりがちです。しかし、レンタルであれば、一式をずっと手頃な価格で借りることができます。また、レンタルショップでは、小学生から大学生、さらには大人の女性向けまで、さまざまなサイズやデザインの黒の袴を取り揃えています。これにより、自分にぴったり合ったサイズや、好みのデザインを選ぶことが可能です。

さらに、レンタルならではのメリットとして、着付けサービスやアクセサリーのレンタルも一緒に利用できることが挙げられます。卒業式当日は忙しく、着付けに自信がない方も多いでしょう。そんな時、プロの着付け師によるサービスを利用できると、安心して式に臨むことができます。また、帯や髪飾りなどのアクセサリーもセットでレンタルできるため、トータルコーディネートを楽しむことができます。

良いレンタルショップの選び方

良いレンタルショップを選ぶためには、以下のポイントを確認することが重要です。

  • 品揃えの豊富さ:サイズやデザインのバリエーションが豊富にあるかどうかをチェックしましょう。黒の袴に関しては、無地のものから、格子柄、花柄などの装飾が施されたものまで、幅広い選択肢があるかを確認することが大切です。
  • 価格の透明性:レンタル料金が明確に表示されているか、追加料金が発生する可能性があるかどうかを事前に確認しましょう。また、キャンセルポリシーについても確認しておくと安心です。
  • サービスの質:着付けサービスやアフターサポートの質も重要なポイントです。事前にレビューや口コミをチェックし、サービスの質を確認しておきましょう。
  • 試着の可否:可能であれば、実際に店舗に足を運び、試着をしてみることをおすすめします。実際に着てみることで、サイズ感や着心地を確認できます。
  • 予約のしやすさ:卒業式シーズンはレンタルの需要が高まるため、早めの予約が必要です。予約がオンラインで簡単にできるかどうかも、選択の際の一つの基準になります。

黒の袴をレンタルする際には、これらのポイントを踏まえて、自分にとって最適なレンタルショップを選ぶことが大切です。適切なレンタルショップを選ぶことで、卒業式をより美しく、そして快適に過ごすことができるでしょう。

黒の袴の着付けとお手入れ方法

卒業式などの特別な日に選ばれる黒の袴を、美しく着こなすためには正しい着付け方法を知り、日頃からの適切なお手入れが欠かせません。この章では、黒の袴を着付ける際の基本ステップと、長く愛用するためのお手入れ及び保管方法について詳しく解説します。

着付けの基本ステップ

黒の袴の着付けは、基本的な手順に従うことで誰でも美しく仕上げることができます。以下に、そのステップを紹介します。

  1. 下準備:着物と袴を着る前に、肌着と裾除けを身につけます。これらは着物が直接肌に触れるのを防ぎ、着崩れを防ぐ役割をします。なお、足袋は着物を着る前に履いておくことをおすすめします。
  2. 着物の着付け:まず着物を正しく着ます。背中心に着物の縫い目がくるように調整し、左前が上にくるようにして衿合わせを整えます。その際、着物の裾は足首が出るくらいに短めに着付けます。その後、帯を文庫結びのように結びます。
  3. 袴の着付け:着物を着た後、袴を身につけます。前側の袴の紐を帯結びにたすき掛けをするようにしっかりと結び、固定します。この際、草履の場合は袴の丈が足のくるぶしの中心あたり、ブーツの場合はブーツを見せたい長さになるように調整します。
  4. 小物の調整:髪飾りで装いを整えます。そして最後に草履やバッグなどを身につけましょう。黒の袴には、白や赤、紺などの小物が映えます。

黒の袴のお手入れと保管方法

黒の袴を長く美しく保つためには、適切なお手入れと保管が必要です。以下に、そのポイントを紹介します。

  • 汚れた場合の対処法:袴を着用した後は、汚れがないか確認し、汚れていた場合は早急に専門のクリーニング店に相談します。自宅での洗濯は避け、素材を傷めないように専門家に任せるのが最適です。
  • 保管方法:袴はひだを揃えて三つ折りにして保管します。湿度が高い場所を避け、通気性の良い箪笥などで保管しましょう。また、直射日光が当たらないようにすることで、色褪せを防ぐことができます。
  • シーズンオフの保管:長期間着用しない場合は、防虫剤を利用し、袴を清潔な状態で保管します。また、時々風通しを良くするために取り出し、折り目などをチェックするとよいでしょう。

黒の袴は、卒業式をはじめとする特別な日の装いに欠かせない着物です。正しい着付けと丁寧なお手入れによって、美しさを長く保ちましょう。

黒の袴を用いたスタイルの提案

黒の袴の魅力は、どんな色や柄の着物にも合わせやすい汎用性の高さにあります。ここでは、モダンなスタイルからレトロモダンなスタイルまで、黒の袴を用いたスタイルの提案をしていきます。また、イベントごとに異なる黒の袴スタイルのアイデアもご紹介します。黒の袴を選ぶ際のポイントや、着こなしのコツを押さえて、大切な日をさらに特別なものにしましょう。

モダンからレトロモダンまで

黒の袴を使ったスタイルは、シンプルさが魅力です。しかし、ただシンプルなだけではなく、どのようにアクセサリーや着物と組み合わせるかによって、幅広いスタイルを楽しむことができます。

  • モダンスタイル:黒の袴には、シンプルな無地の着物や、モダンな幾何学模様、ストライプ柄の着物を合わせることで、現代的な雰囲気を演出できます。特に、白や灰色、水色などの淡い色の着物と合わせると、黒の袴の引き締め効果でスタイリッシュな印象に。足元はブーツやシンプルな草履を選ぶと、よりモダンなスタイルが完成します。
  • レトロモダンスタイル:古典的な柄の着物に黒の袴を合わせることで、レトロながらも現代的な雰囲気を持つスタイルが可能です。紺や紫、赤などの色鮮やかな着物や、花柄、鹿の子柄などの伝統的な柄の着物を選ぶとよいでしょう。足元には、色や柄が入った草履を合わせることで、レトロモダンな雰囲気をより強調できます。

イベント別黒の袴スタイル

  • 卒業式:卒業式では、格式を重んじたスタイルが求められます。黒の袴には、振袖や小紋などの正統派の着物を選びましょう。色は、紺や紫、赤などの落ち着いた色合いが好ましいです。帯は、華やかな柄のものを選ぶことで、全体の印象を華やかに仕上げることができます。髪飾りなどの小物も、全体のバランスを見ながら選んでください。
  • 入学式やその他のフォーマルなイベント:入学式など、卒業式ほどではないものの、フォーマルな場では、黒の袴にシンプルなデザインの着物を合わせるとよいでしょう。色は、白や灰色、淡いピンクなどの優しい色合いが適しています。小物は控えめにして、清楚で上品な印象を目指しましょう。

どのスタイルを選ぶにしても、黒の袴は多様なスタイルと調和するため、自分好みのスタイルを実現することができます。大切な日の装いに、黒の袴を取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ:黒の袴で卒業式を彩る

卒業式は、学生生活の集大成を飾る大切な日です。特に、袴はその日の主役である卒業生をより一層引き立てる伝統的な衣装です。中でも黒の袴は、落ち着いた色合いと格式高い雰囲気で、多くの方に選ばれています。ここでは、黒の袴を選ぶ際のポイントや、卒業式をより特別なものにするためのコツをご紹介します。

黒の袴の選び方

黒の袴を選ぶ際には、まずセット内容やサイズ、価格を確認することが重要です。フルセットのレンタルを選ぶと、着物、帯、草履など必要なものが一式揃っているため、準備が簡単です。サイズに関しては、身長や体型に合ったものを選ぶことで、卒業式当日を快適に過ごすことができます。また、価格もさまざまなので、予算に合わせて選びましょう。

卒業式におすすめの黒の袴スタイル

黒の袴は、紺や紫、赤などの着物と組み合わせることで、さまざまなスタイルを楽しむことができます。特に、赤やピンク、黄色などの柄物着物と合わせると、華やかさが加わります。また、白や水色の小紋と合わせると、清楚で上品な印象になります。足元は、ブーツまたは草履から選ぶことができます。自分の好みに合わせて、より一層のおしゃれを楽しみましょう。

黒の袴で卒業式を彩るためのポイント

卒業式に黒の袴を着用する際には、髪飾りや帯の色を工夫することで、より一層の華やかさを演出できます。例えば、髪には花やリボンなどの飾りを加えると、顔周りが華やかになります。帯に関しては、着物の色や柄に合わせて、色鮮やかなものを選ぶとよいでしょう。

また、着付けは、事前に練習しておくことで、当日スムーズに準備できます。不安な場合は、プロの着付け師に依頼するのも一つの方法です。さらに、レンタルサービスを利用する際には、式の日程に余裕を持って予約することで、希望の黒の袴を確実に予約することができます。

まとめ

卒業式は人生の中でも特別な日の一つです。そんな大切な日には、黒の袴を選んで、自分らしさを表現してみてはいかがでしょうか。黒の袴は、どんな着物とも相性が良く、上品で落ち着いた印象を与えてくれます。この記事で紹介したポイントを参考に、すてきな袴を選んで卒業式を最高の思い出にしましょう。

〈参考記事〉
https://www.kimono-365.jp/rental/hakama/black/
https://www.yumeyakata.com/hakama/hakama_sizeinfo.html
https://kyoto-kashiisyo.jp/item/hakama-junior/junior-girls/
https://blog.kimonomachi.co.jp/life_event/graduation_ceremony/12906/
https://blog.kimonomachi.co.jp/item/18317/
https://kasya.jp/blog/blog-9507/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

婚礼イメージ・立涌に吉祥紋様四季の花刺繍の打掛一式【utk02】

結婚式の写真だけ撮りたい!フォトウェディングの準備・選び方ガイド

はじめに 結婚式という一生に一度のイベントに対するカップルの価値観は多様であり、それぞれが理想とする形式を追求しています。中でも、「写真だけ撮りたい」というニーズを反映したフォトウエディングは、そのシンプルさと経済性、そ […]

ひとつ前の記事

卒業式イメージ

【着物のプロが監修】教師必読!卒業式での袴レンタル・選び方とコーディネート

はじめに 教師にとって、卒業式は一年で最も特別な日の一つです。卒業式の日、教員たちが着用する袴は、その式典の格式を高め、記憶に残る瞬間を演出します。では、袴とはどのような衣装なのでしょうか?また、教師におすすめの袴スタイ […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!