【着物のプロ監修】七五三レンタル着物の完全ガイド!小物選びのコツも伝授

【着物のプロ監修】七五三レンタル着物の完全ガイド!小物選びのコツも伝授

はじめに

日本の伝統的な通過儀礼である「七五三」は、子どもの成長を神様に感謝し、その後の健やかな成長を祈る大切なイベントです。

この特別な日には、子どもにすてきな着物を着せて、家族みんなでお祝いしたいものですよね。

でも、着物をあまり着たことがない多くの皆さんにとって、どう選べばいいのか、何を準備すればいいのか、迷ってしまうということもあるでしょう。

そこで、この記事では、そんなお悩みを持つ方々に向けて、七五三のレンタル着物と小物の選び方について詳しくご紹介します。

セット内容やサイズ選び、価格についても触れながら、お子さまにとっても、親御さんにとっても忘れられない七五三にするためのポイントをわかりやすく解説します。

着物や和装に詳しくない方でも、この記事を読めば、七五三のレンタルに関する基本が分かり、安心して準備を進めることができますよ。

七五三とレンタル着物選びの基礎知識

七五三とは、子どもの健やかな成長を願う日本の伝統行事です。この大切な節目に、着物を着る手段として、レンタルサービスは特に注目されています。

しかし、多くの親御さまは、どのようにレンタルを選べば良いのか、何を基準にすればいいのか分からないことも多いでしょう。

ここでは、七五三とはそもそもどんなイベントなのか、またレンタルで七五三にふさわしい着物を選ぶ方法や必要な小物について、分かりやすくご案内します。

七五三とは?:伝統と意味を知ろう

七五三とは、日本の伝統的な通過儀礼で、3歳、5歳、7歳のお子さまたちの成長を祝う特別な日です。

3歳では「髪置き」として、子どもが初めて髪を長く伸ばすことを意味し、5歳の男の子は「袴着」として初めて袴を着用します。7歳の女の子は「帯解き」を迎え、初めて本格的な着物に袖を通し、大人の女性の象徴である帯を結ぶことを学びます。

この祝い事には、特にお子さまの健康と長寿を願う意味が込められています。家族や親戚が集まり、子どもたちを美しい伝統的な衣装で飾り立てて、地域の神社に参拝します。この時、子どもたちは、色とりどりの着物や袴を身に着けます。

七五三の着物は、華やかな色合いや柄が特徴的で、子どもたちの無邪気な美しさを一層引き立てます。

女の子の着物は一般にピンク、赤などの明るい色が選ばれ、花や鳥、蝶などの自然をモチーフにした柄が好まれます。

一方、男の子の着物は紺や黒、灰色など落ち着いた色彩が主流で、シンプルながらも力強いデザインが特徴です。

また、七五三では、着物だけでなく、髪飾りや草履、足袋などの小物も大切な役割を果たします。

このように、七五三では、伝統的な日本文化を現代に伝え、子どもたちの大切な成長の節目を家族みんなで祝うことができます。この特別な日には、美しい着物でお参りをすることで、子どもたちにとって忘れがたい記憶として残ることでしょう。

レンタル着物の選び方:女の子・男の子別ガイド

七五三での着物レンタル選びは、子どもたちにとっても親御さんにとっても、特別な体験です。ここでは、女の子と男の子別に、適切な着物を選ぶポイントをご紹介します。

【女の子の着物選び】

女の子の着物は、色鮮やかで華やかなデザインが特徴です。以下の点に注意して選んでみてください。

  • 色選び:ピンク、赤、紫など、明るく華やかな色が好まれます。お子さまの好きな色を選ぶと喜ばれるでしょう。お子さまと一緒に選ぶのもおすすめですよ。
  • :花柄や蝶柄など、自然をモチーフにした柄が人気です。季節やお子さまの個性に合った柄を選ぶのがポイントです。

ここでアンティークきものレンタルゆめやの七五三着物の中から、三歳と七歳の祝い着をご紹介しましょう。左側「錦紗縮緬に花々が踊る五つ紋付き三歳祝着」明るいオレンジ色に濃い赤の被布が映える可愛らしい祝い着ですね。三歳の幼いお子さまには帯の締め付けも苦しくない被布がおすすめです。右側「珊瑚色に菊や南天、蛤紋様の七歳祝着」七歳ともなると大人の振袖のような雰囲気があります。珊瑚色のグラデーションがとても華やかで可愛らしさがあります。菊や南天の柄が大きめですので、少し大人っぽい雰囲気ですね。

【男の子の着物選び】

男の子の着物は、シンプルで落ち着いた色合いが基本です。以下のポイントをおさえて選んでみてください。

  • 色選び:紺、黒、グレーなどの落ち着いた色が一般的です。袴とのコーディネートも考えて選びましょう。
  • デザイン:シンプルながらも、格好良いデザインを選ぶことが大切です。特によく選ばれる柄としては、鷹や兜などの勇ましくかつ縁起がいい柄になります。着物は袴とのセットレンタルが多いため、バランスを考慮して選ぶといいでしょう。

ここで、男の子の袴スタイル三歳五歳の祝い着をご紹介しましょう。
左側「忍者ブルーの三歳祝着(男の子用)」黒とブルーの大胆なストライプ。袴のように見えて、実はゴム色のパンツスタイルになっていますので、動きの多い三歳にはぴったりです。華やかさも必要ですがお子さまですので着心地も重要です。右側「黒紋付に仙台平袴のアンサンブル 五歳祝着」大人の正装と同じスタイルの黒紋付に仙台平の袴。最近ではカラフルな袴もありますが、黒は凛とした佇まいがあります。

さらに、七五三の着物をレンタルする際には、サイズの確認が重要です。お子さまの成長に合わせて、適切なサイズの着物を選ぶ必要があります。

また、レンタル期間や価格についても、予め確認し、ご家庭の予算に合わせて選ぶことが肝心です。

このように、七五三の着物をレンタルする際には、お子さまの年齢や性別、個性を反映させた選択が重要です。美しい着物を選ぶことで、家族にとって忘れがたい記念の一日となるでしょう。

七五三着物に合わせる小物の魅力と選び方

七五三では、着物だけでなく、それを引き立てる小物が重要な役割を果たします。色々な小物を組み合わせることで、子どもたちの着物姿は一層魅力的になります。

ここでは、七五三での小物選びのポイントと、セット内容について詳しく解説します。レンタルする際の参考にしてみてくださいね。

小物セットの重要性:何が含まれるのか

七五三の着物姿を引き立てる小物は、子どもたちの装いに欠かせません。小物セットには通常、以下のアイテムが含まれています。

  • :装いの中で特に目立つ小物の一つです。着物のデザインや色に合わせて選びましょう。女の子は華やかな色や柄のものを、男の子はよりシンプルで落ち着いたスタイルが好まれます。
  • (男の子用):5歳の男の子が着用する、着物に合わせた色や柄の袴が一般的です。袴は、男の子の成長を象徴する重要なアイテムです。
  • 被布(主に女の子用、特に3歳用):被布は、着物の上にかぶることで子どもたちのかわいらしさを強調し、着物の装いを一層華やかに見せます。
  • 草履:着物との色合わせはもちろん、サイズが子どもの足にぴったり合うものを選ぶことが大切です。快適な歩行と見栄えの両方を重視しましょう。
  • 足袋:着物の着こなしに欠かせない足袋は、草履とのバランスも重要。サイズと素材に注意して、快適なものを選びましょう。
  • 髪飾り:女の子の着物姿を引き立てる髪飾りは、色とりどりの花や蝶などが人気。髪型とのバランス、全体のコーディネートを考えて選びましょう。

小物の選び方によって、七五三の着物スタイルが大きく変わります。特に、七五三の撮影やお祝いの場では、小物一つ一つが大切な役割を果たします。

ここでは、七五三の着物スタイルに合わせるかんざしをご紹介しましょう。左端「グラデーションの八重梅と絞りのぽんぽんのかんざし(こども用)」淡いピンクやイエロー・グリーンが可愛らしいですね。三歳の被布に合わせてはいかがでしょうか?ぽんぽんも動きがあり、柔らかい雰囲気の三歳のお子さまにはぴったりです。中央「薄桃色の桜にピンクの房下がりとビラビラのかんざし(こども用)」淡いピンクのつまみ細工のかんざしは房下がりとビラビラがポイント。こちらも動きの多いお子さまには可愛らしさを増してくれます。右端「紅白梅の房下がりとビラビラのかんざし(こども用)」赤い梅のつまみ細工が印象的な可愛らしいかんざしです。三歳でも七歳でもご利用いただけます。

これらのアイテムは、七五三という、子どもたちの成長を祝う日において、伝統とモダンスタイルの融合を表現するすてきな手段です。サイズや色、柄の選び方をしっかりと把握し、お子さまにぴったり合った小物セットを選んでみてくださいね。

着物に合わせる小物のコツ

着物と小物を上手に組み合わせることで、七五三の着こなしが一層華やかになります。以下のポイントに注意して、小物を選んでみてください。

  • 色合いのバランス:着物の色調に合わせて小物を選びます。例えば、鮮やかな赤やピンクの着物には、同系色の髪飾りや帯が映えます。
  • 柄のバランス:柄のバランスも重要です。着物が大胆な柄であれば、小物は控えめにすると良いでしょう。逆に、着物がシンプルな場合は、小物でアクセントを加えると華やかさが増します。
  • 年齢に合ったスタイル:3歳、5歳、7歳と、各年齢で伝統的な装いがあります。例えば、7歳の女の子には大人びた帯や草履が似合いますが、3歳の子にはよりカジュアルなスタイルが適しています。
  • アイテム同士の相性:帯や草履、髪飾りなど、各アイテムの相性を考慮してください。全体の調和が七五三の装いを一層引き立てます。
  • 快適さの確保:見た目の美しさだけでなく、子どもが一日快適に過ごせることも大切です。特に、草履や足袋は正しいサイズを選び、歩きやすいことを確認してください。

小物選びは、七五三を彩る大切な要素の一つです。これらのポイントを押さえて、子どもたちにとって特別な一日を彩るすてきな小物を選んでください。

着物に合わせた小物の選び方は、七五三の記念写真や家族の思い出にも大きな影響を与えます。この日だけの特別な装いを、心を込めて選んでみてはいかがでしょうか。

フルセットレンタルのメリット

七五三を迎えるご家庭にとって、フルセットレンタルは時間と労力の節約だけでなく、トータルコーディネートの美しさも実現してくれる力強い味方です。

フルセットレンタルを利用すれば、着物から小物まで全てが揃い、当日の準備が格段に楽になります。特に、着物や和装に不慣れな方には、このサービスを活用することをおすすめします。

ここでは、フルセットレンタルの内容や、レンタル時の注意点についてご紹介していきます。

時間と労力を節約するフルセットレンタル

七五三の準備は、思いのほか時間と労力がかかります。特に、着物や小物の準備は煩雑で、適切な組み合わせを考えるだけでも一苦労です。

フルセットレンタルを利用するメリットは、こうした手間を大きく削減できる点にあります。一般的に、フルセットには、以下のようなアイテムが含まれています。

  • 着物:年齢に合わせたサイズの着物。3歳、5歳、7歳用が用意されており、柄や色も豊富に揃えられています。
  • :女の子用の華やかな柄や男の子用のシンプルなデザインの帯。着物にぴったり合うものが選ばれています。
  • :男の子専用。5歳の重要な節目である袴着のためのものです。
  • 被布:主に、3歳の女の子用。被布は、着物をより一層かわいらしく見せるアイテムです。
  • 草履と足袋:歩きやすさと見た目の美しさを兼ね備えたもの。サイズは子どもの足に合わせて選ばれます。
  • 髪飾り:女の子の着物に合わせた華やかなアクセサリー。色々なデザインから選べます。

これらのセットは、専門家によってコーディネートされており、色やデザインのバランスも考慮されており、自分で選ぶよりも洗練されたスタイルが完成します。

また、全てが一つのセットとして提供されるので、どのアイテムを選べば良いか悩む時間も省いてくれます。

フルセットレンタルを利用すれば、七五三の準備がよりスムーズに、そして楽しく行えるでしょう。

レンタル時にチェックしたいポイント

フルセットレンタルを選ぶ際、以下のポイントに注目しましょう。

  • サイズの確認:お子さまの現在のサイズに合った着物を選ぶことが重要です。予約時と当日とで子どもの成長によるサイズ変更があるかもしれませんので、レンタル店と相談しましょう。
  • 色や柄の選択お子さまの好みやイベント、また参拝する神社の雰囲気などに合わせて、色や柄を選びましょう。女の子の場合、華やかなピンクや赤の着物が人気ですが、落ち着いた色合いの着物もすてきです。男の子は、伝統的な紺や黒の袴が定番です。
  • アクセサリーの種類:髪飾りや足袋のスタイルも重要です。着物のスタイルと合わせて、全体のバランスを考えましょう。
  • レンタル期間:イベントの日程に合わせて、レンタル期間を確認します。余裕を持って予約すると、万が一の時にも対応しやすいです。
  • 追加オプション:肌着や扇子、筥迫(はこせこ)やお守り袋など、さらに七五三の装いを華やかにしてくれる追加オプションも用意されています。予算と好みに合わせて選んでみるといいでしょう。

これらのポイントに注意しつつ、お子さまにぴったり合うフルセットを選んでください。きちんとポイントを把握し、事前に準備を整えれば、当日はスムーズに七五三の準備が進みます。

オリジナルスタイルを作る

七五三の日は、お子さまにとってもご家族にとっても特別な一日。レンタル着物と小物を選ぶ際、どうせならお子さまの個性が光るオリジナルスタイルを作りたいですよね。

七五三の着物選びでは、伝統的なスタイルもすてきですが、お子さまの個性や好みに合わせたアイテムを選ぶことで、一層記憶に残る日になることでしょう。

ここでは、お子さま一人一人に合わせたオリジナルスタイルの作り方をご紹介します。

お子さまの個性を引き立たせるアイテム選び

お子さまの個性を生かすためのポイントは以下の通りです。

  • 色と柄の選択:まず第一に、お子さまが好きな色や、個性を反映する柄を選びましょう。例えば、元気な女の子には明るい赤やピンク、落ち着いた性格の男の子にはシックな紺や黒がおすすめです。
  • 着物のサイズ:お子さまの身体にぴったり合うサイズを選ぶことで、より着やすく、動きやすい着物になります。サイズが合っていると、着姿も美しく見えます。
  • アクセサリーの選び方:着物だけでなく、帯や髪飾りも個性を表現する重要な要素。お子さまの好きなモチーフやカラーを取り入れましょう。

【選び方の例】

年齢おすすめの色・柄アクセサリー
3歳女の子明るいピンクや花柄花の髪飾り
5歳男の子落ち着いた紺地に鷹や兜などの勇ましいデザイン懐剣や白扇子
7歳女の子華やかな赤や紫、伝統的な吉祥文様の柄豪華な帯や草履

ユニークな小物で差をつける

七五三で他の子と差をつけるためには、ユニークな小物選びが鍵です。

  • 髪飾り:髪飾りは女の子の着物スタイルに大きな影響を与えます。花や蝶、色とりどりの飾りで、お子さまの髪型を華やかに演出しましょう。
  • 足袋と草履:足元も重要なポイント。かわいらしい柄の足袋や、着物に合わせた色の草履で、一歩進んだコーディネートを。
  • :帯は着物の印象を大きく左右します。個性的な柄や色を選んで、お子さまだけのスタイルを作りましょう。

このように、個性を引き立たせるアイテム選びと、ユニークな小物での差をつける工夫をすることで、七五三はより特別な日となります。

お子さまにとって忘れられない七五三を迎えるために、ぜひこれらのポイントを参考にしてください。

着物レンタルの予約と準備

七五三を迎えるご家族にとって、子どもの着物選びは一大イベントです。特に初めての場合、何から始めれば良いのか、予約はいつ頃するべきなのか、さまざまな疑問が湧いてくるでしょう。

着物の選択から予約、そして当日までの準備に至るまで、スムーズに準備していただくための流れをご紹介します。

いつ予約すべき?早期予約のススメ

七五三のレンタル着物を予約する最適なタイミングは、遅くともイベント日の3カ月前です。シーズン(一般的に11月)前は予約が殺到するため、余裕を持って準備を始めましょう。

以下は、早期予約をおすすめする理由とメリットをまとめたものです。

  • 品揃えの豊富さ人気のデザインは早めに予約が埋まってしまうことがあります。早期に予約することで、より多くの種類からお子さまにピッタリの着物を選べます。
  • サイズの確実性:成長が早いお子さまに合わせて、ジャストサイズを確保できます。
  • 準備期間の確保:小物選びや、当日のスケジュール調整に余裕をもって取り組めます。

【早期予約チェックリスト】

  • イベント日の3カ月前には予約を開始
  • 希望する着物の種類、色、柄を事前にリストアップ
  • 子どものサイズを正確に測定
  • 予算を明確に設定

早期予約は、お子さまにとってもご家族にとっても、安心して当日を迎えるための重要なステップです。事前に計画を立て、七五三の日にお子さまが輝ける、最高の着物を見つけましょう。

七五三当日のアイテム準備リスト

七五三当日を迎えるにあたり、スムーズに進行するためのアイテム準備リストを作成しました。このリストを参考にして、忘れ物なく当日を迎えましょう。

【七五三当日の準備リスト】

  • 着物セット:事前にレンタルした着物、袴(男の子)、帯、被布(女の子)などの基本セットを確認
  • 小物類:草履、足袋、髪飾り、扇子などのアクセサリー。前日にセットしておくと安心です。
  • 着付け用品:着付け師がいる場合は必要ありませんが、自分で着せる場合は、腰紐や伊達締めなどを準備しておきましょう。
  • 予備の肌着:特に小さなお子さまは慣れない着物で汗をかくこともあるので、替えの肌着を用意しておくと便利です。
  • カメラやビデオカメラ:大切な一日の記録を残すために、充電をしておきましょう。
  • 初穂料:神社に御祈祷を依頼している場合は初穂料を納める必要があります。神社によって金額が決まっている場合があるので、あらかじめ確認して用意しておきましょう。

事前にリストを作成し、準備を進めることで、家族みんなが心から七五三を楽しめるようにしましょう。

小さな準備から始まるこの一日は、お子さまにとっても、ご家族にとっても忘れられない思い出となるはずです。

写真撮影と七五三を楽しむアイディア

七五三は子どもの健やかな成長を祝う日本の伝統的な行事です。この特別な日には、家族での写真撮影を通じて、一生の思い出を刻み込むことができます。

撮影のポイントを把握し、オリジナルの記念アイディアを取り入れることで、より豊かな七五三の経験を創り出すことができます。

七五三の写真撮影のポイント

七五三の写真撮影では、以下のポイントを心掛けることで、思い出深い写真を残すことができます。

  • 撮影場所の選定:神社や自宅の和室、家族でよく行く公園など、意味のある場所を選びましょう。特に神社では、伝統的な日本の美を背景に撮影できます。
  • 衣装のチェック:レンタルした着物や小物が完璧に整っているか事前に確認しましょう。色鮮やかな着物は、写真をより引き立てます。
  • 自然な表情を引き出す:子どもの自然な笑顔や仕草を捉えるために、リラックスした雰囲気作りが大切です。お気に入りのおもちゃや話題で笑顔を誘うことも効果的です。
  • 光の利用:自然光を活用することで、柔らかく美しい写真を撮影できます。屋外での撮影では、朝早めの時間帯や夕方の柔らかい光を狙いましょう。
  • 家族写真を忘れずに:七五三は家族全員で祝う行事です。全員が写った家族写真は、後々の宝物となります。

家族で楽しむ記念のアイディア

七五三の記念には、写真だけでなく以下のようなアイディアもあります。

  • 足形や手形アート:成長の記録として、着物を着たその日の子どもの足形や手形を残すのはいかがでしょうか。色紙に印をつけて、額装するとすてきな記念になります。
  • フォトブックの作成:撮影した写真を使って、オリジナルのフォトブックを作成することも特別な記念になります。オンラインサービスを利用すると、簡単に美しいフォトブックが作れます。
  • 家族の思い出タイムカプセル:七五三の日の小物や写真、そしてその日のエピソードを綴った手紙を箱に入れて保管するのもすてきです。将来、一緒に箱を開けて、その日のことを家族で振り返ることができます。

七五三は、子どもの一大イベントですが、それを通じて家族の絆を深める機会にもなります。写真撮影のポイントを抑え、オリジナルのアイディアを取り入れることで、より豊かな記念にすることが可能です。

伝統を大切にしながらも、現代の家族に合った新しい形の記念作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

七五三の準備は、お子さまの成長を祝う重要なイベントです。

レンタル着物や小物選びから写真撮影のアイディアまで、この記事では七五三を迎える家族に役立つ情報を詳しくご紹介しました。

着物選びでは、サイズや色、柄に注意し、お子さまの個性を引き立たせるアイテムを選ぶことが大切です。

また、小物の選び方一つ取っても、その日の装いを格段に引き立てる力があります。

写真撮影では、自然な表情を引き出す工夫や、家族全員での記念撮影の大切さをお伝えしました。

七五三は、ただのフォーマルなイベントではなく、家族の絆を深め、子どもの成長を祝う貴重な機会です。

準備段階から当日の撮影、そして記念アイテムの作成に至るまで、この一日を最大限に楽しむためのポイントをお伝えしました。

本記事が、お子さまの七五三をより特別なものにするための参考になれば幸いです。

〈参考記事〉
https://www.studio-alice.co.jp/shortcut/753_s/column/detail01.html
https://kidsna.com/magazine/article/lifestyle-event-191029-00008675
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-color-girl/
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-color-boy/

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

七五三・家族プラン お子さま2人とご両親のセット(計4点)【set22】

【着物のプロ監修】華やかなレンタル衣装で彩る!明治神宮での七五三

はじめに 七五三は、お子さまの健やかな成長を願うお祝いで、神社へのお参りが中心となります。近年、七五三のお参りに明治神宮を選ぶ家族が増えています。明治神宮は、明治天皇をお祀りする皇室ゆかりの神社として知られ、都心にありな […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!