白無垢イメージ

【着物のプロ監修】白無垢レンタルと着付けで理想の結婚式を!

はじめに:白無垢レンタルと着付けの基本

結婚式は、人生の中で最も記憶に残る瞬間の一つです。特に日本の伝統的な結婚式では、花嫁の衣装として白無垢が選ばれることが多く、その美しさと格式高さは、見る人すべてを魅了します。しかし、白無垢をはじめとする和装のレンタルや着付けには、知っておくべき基本知識があります。この記事では、白無垢レンタルと着付けの基本について詳しく解説していきます。

白無垢レンタルの選び方:和装での結婚式を彩る衣裳選び

結婚式は人生の中で最も記憶に残るイベントの一つです。特に和装での挙式を選ばれる方にとって、白無垢や色打掛けなどの衣裳選びは、その日の印象を大きく左右します。和装での結婚式には、格式高い伝統と現代のエッセンスが融合した美しさがあり、花嫁の装いはその中心となります。ここでは、白無垢レンタルの選び方と、結婚式のテーマに合わせた衣裳選び、レンタル衣裳の試着と予約のポイントについて詳しくご紹介します。

白無垢と色打掛けの違いとは?

白無垢は、文字通り「白い無垢(むく)の衣」を意味し、純白で清楚なイメージを持つ和装です。結婚式において花嫁が着用することで、新たな人生の始まりを象徴します。伝統的には、白無垢の下には赤い裏地が用いられることが多く、これは「幸福」と「縁起の良さ」を意味しています。

一方、色打掛けは、赤や黒、金などさまざまな色と豪華な柄が特徴で、結婚式の披露宴などで着用されることが多い衣装です。白無垢は神前式や仏前式など、格式高い挙式にふさわしい装いとされています。色打掛けは、より華やかな場に合わせて選ばれ、花嫁の個性や挙式のテーマに合わせたデザインが可能です。

左が白無垢、右が色打掛です。

結婚式のテーマに合わせた白無垢選び

結婚式のテーマや会場の雰囲気に合わせて白無垢を選ぶことは、和装婚礼を一層引き立てます。例えば、伝統的な神社での式では、純白の白無垢に金や銀の刺繍が施されたものを選ぶと、格式高い雰囲気にふさわしいです。一方、自然光が差し込む明るい会場では、繊細な刺繍や柄が入った白無垢が、柔らかく美しい印象を与えます。また、挙式と披露宴で衣装を変える「色直し」を考えている場合は、白無垢から色打掛けへの変更を検討すると、ゲストに二度美しいサプライズを提供できます。

レンタル衣裳の試着と予約のポイント

レンタル衣裳を選ぶ際は、試着が必須です。和装は洋装と異なるため、着付けによって大きく印象が変わります。事前の試着で衣装が自分の体型に合っているか、希望通りのイメージになるかを確認することが大切です。試着の際は、挙式当日に着用する予定の小物や帯、草履も一緒に試すことで、トータルのコーディネートを確認しましょう。

予約については、特に人気のシーズンや日にちは早めに埋まってしまうことが多いため、早めの予約が推奨されます。結婚式の日程が決まったら、すぐにレンタル店舗に連絡を取り、希望の衣裳が利用可能かどうかを確認しましょう。また、前撮りや式当日以外にも試着できる日を設けてもらえるか事前に確認しておくと安心です。

アンティークきものレンタルゆめやでは、2種類のお得な婚礼和装プランをご用意しています。「結婚式向け和装プラン」は、アンティーク婚礼衣装をお得な価格でレンタルしていただけるプランです。撮影はプランに含まれないため、遠方の方にも気軽にご利用いただけます。「和装レンタル前撮りプラン」は、婚礼衣装レンタルとロケーション撮影がセットになったお得なプランです。着付け・ヘアメイクから撮影・データお渡しまで、全て込みの明瞭な価格設定です。

着付けの重要性:白無垢を美しく着こなすために

結婚式という一生に一度の大切な日、特に和装での挙式を選ばれる花嫁さまにとって、白無垢の着こなしは非常に重要です。白無垢はその名の通り、純白で清楚なイメージを象徴する和装ですが、ただ美しいだけでなく、その着こなしには深い意味が込められています。ここでは、白無垢を美しく着こなすための着付けの重要性と、そのために知っておくべきポイントを詳しくご紹介します。

プロの着付け師に任せるメリット

和装、特に白無垢の着付けは、洋服とは異なり、専門的な技術が必要です。プロの着付け師に任せることで、以下のようなメリットがあります。

  • 完璧な着こなし:プロの技術により、白無垢を美しく、そして正しく着こなせます。白無垢は多くの部分が見えないように見えても、細部にわたって美しく整える必要があり、これが全体の印象を大きく左右します。
  • 着崩れの防止:結婚式という長時間にわたるイベントで、着崩れを防ぎ、常に美しい状態を保てます。プロの着付け師は、動きやすさも考慮しながら着付けを行います。
  • 時間の節約:着付けには意外と時間がかかりますが、プロに任せることでスムーズに準備を進められ、当日のスケジュールに余裕を持たせることが可能です。

着付け時間と当日のスケジュール計画

結婚式当日は、想像以上に時間が早く過ぎていきます。特に和装の場合、着付けには時間がかかるため、以下のポイントを押さえておくことが大切です。

  • 着付けにかかる時間の確認:事前に着付け師と相談し、着付けに必要な時間を確認しておきましょう。通常、白無垢の着付けには1時間から1時間半程度かかる場合が多いです。
  • 余裕を持ったスケジュール計画:着付けだけでなく、ヘアセットやメイク、写真撮影などの時間も考慮に入れ、余裕を持ったスケジュールを立てることが重要です。特に、前撮りを行う場合は、その準備時間も忘れずに計画に入れましょう。

和装特有の小物使いと足袋の選び方

白無垢の着こなしをさらに美しく見せるためには、和装特有の小物使いも重要です。特に、以下のポイントに注意して選びましょう。

  • 小物の選び方:白無垢に合わせる帯や帯締め、帯揚げなどの小物は、全体のコーディネートを考えて選びます。白無垢は、基本的に小物も白で統一しますが、最近では差し色として青やピンクなどの華やかな小物を選ぶ女性も多いです。挙式の場所やテーマに合わせて、最適な小物を選びましょう。
  • 足袋の選び方:白無垢には白い足袋が一般的ですが、サイズ選びが非常に重要です。足のサイズに合わない足袋は見た目にも影響しますし、長時間履いていると不快感を感じることもあります。また、式場が寒い場所であれば、裏地があるものを選ぶなど、季節や場所に合わせた選び方をしましょう。

白無垢を着ることは、多くの女性にとって特別な経験です。その美しさを最大限に引き出し、結婚式という大切な日をさらに輝かせられます。小物使い一つ一つにもこだわり、自分だけの特別な和装スタイルを完成させましょう。

和装ウェディングの流行:モダンから伝統的なスタイルまで

和装ウェディングは、その格式高い美しさと、日本の伝統を感じさせる趣深さで、多くのカップルから選ばれています。近年では、伝統的なスタイルだけでなく、モダンな要素を取り入れた和装ウェディングも人気を集めており、白無垢や色打掛けなどの選択肢も豊富になっています。ここでは、現代風モダン白無垢の魅力から、伝統的な神前式での衣裳選び、挙式と色直しでの衣装変更のアイデアまで、和装ウェディングの最新トレンドをご紹介します。

現代風モダン白無垢の魅力

現代風モダン白無垢は、伝統的な白無垢に現代的なデザインや色使いを取り入れたもので、若い花嫁から特に人気があります。伝統的な白無垢は全体が白色で統一されているのに対し、モダン白無垢では、ピンクや青などの色をアクセントとして加えることで、より華やかで個性的な印象を与えます。また、柄にも革新的なデザインが取り入れられ、鶴や松などの伝統的なモチーフに加え、洋風の花柄や幾何学模様をあしらったものも見られます。

モダン白無垢を選ぶ際のポイントは、挙式の場所やテーマ、新郎の衣装とのバランスを考えることが大切です。神社での厳かな神前式にも、洋風の式場での挙式にもマッチするデザインが多く、花嫁の個性に合わせて選べる幅が広がっています。また、小物選びも重要で、帯締めや帯揚げ、草履やバッグなどのアイテムで色や柄を取り入れることで、全体のコーディネートに統一感を出せます。

オフホワイトに鶴や松のビーズやスパンコールが輝く白打掛」鶴や松、牡丹や藤を織り出した正絹地に、ビーズやスパンコール、刺繍で加飾したアンティーク白打掛です。和の美しさに満ちた装いに洋の素材が溶け込み、特別な日を華やかに彩ります。

伝統的な神前式での衣裳選び

伝統的な神前式では、格式高い和装が求められます。白無垢はその代表的な衣裳で、神聖な白色は新たな人生の始まりと純潔を象徴しています。

神前式での衣裳選びのポイントは、式場や神社の雰囲気に合わせて、伝統的な美しさを重視することです。また、着付けには時間がかかるため、式の流れやスケジュールを事前に確認し、余裕を持った準備をすることが必要です。着付け師との打ち合わせでは、希望するスタイルや小物の使用について詳しく話し合い、当日のイメージを共有しておくことが大切です。

クリーム色やピンク色にも輝く、鶴と花々の白打掛」七色に輝く糸で織られた、華麗なアンティーク白打掛です。光によってピンク色にもクリーム色にも見え、屋内外で全く異なる印象を演出します。

相良刺繍で梅・牡丹・鳥の白打掛一式」全ての絵柄を相良刺繍で表現した、豪華なアンティーク白打掛です。立体感のある絵柄が遠目にも際立ち、特別感のある白無垢姿を叶えます。

挙式とお色直しでの衣装変更のアイデア

和装ウェディングでは、挙式と披露宴で衣装を変更する「お色直し」が一つのハイライトとなります。白無垢から色打掛けへの変更はもちろん、洋装への変更を取り入れることで、ゲストに新たな印象を与えられます。お色直しの際には、髪型やメイク、小物も合わせて変更することで、完全に異なる雰囲気を演出することが可能です。

お色直しでの衣装変更のアイデアとしては、挙式では伝統的な白無垢を着用し、披露宴ではゲストとの写真撮影に適した華やかな色打掛けに変更するという流れが一般的です。さらに、披露宴の後半で洋装に変更し、ダンスなどのアクティビティに参加するという選択も人気があります。また、新郎新婦で衣装のテーマを統一することで、より印象的なウェディングにすることもできます。

和装ウェディングは、その準備やコーディネートに多くの労力が必要ですが、日本の美しい伝統を感じさせる結婚式は、新郎新婦にとってもゲストにとっても忘れられない思い出となるでしょう。

松竹梅に舞鶴遊亀紋様刺繍の打掛一式」松竹梅や鶴亀を全て手刺繍で表現した、豪華絢爛なアンティーク色打掛です。重厚な存在感があり、他とは一線を画す花嫁姿を実現できます。

グリーン地に鳳凰と花丸紋の色打掛一式」深いグリーンと金のコントラストが美しい地に、色とりどりの糸を用いて鳳凰や花を織り出した色打掛です。まるで刺繍のような繊細な立体感があり、インパクトのある色柄が花嫁をいっそう輝かせます。

枝垂桜とオシドリ 総刺繍の色打掛一式」さまざまな刺繍技法を駆使して絵柄を表現した、総手刺繍のアンティーク色打掛です。仲良し夫婦の象徴とされるオシドリを描いた縁起の良い一着は、人生の門出にふさわしい艶やかな装いです。

費用と相場:白無垢レンタルと着付けの費用を抑えるコツ

結婚式は人生の中で最も記憶に残るイベントの一つです。特に和装での挙式を選ばれる方にとって、白無垢レンタルと着付けはその準備の中心となります。しかし、美しい和装を選ぶ過程で気になるのがその費用です。ここでは、白無垢レンタルと着付けの相場を理解し、費用を抑えるためのコツをご紹介します。

白無垢レンタルの相場とは?

白無垢レンタルの相場は、一式で10万円から30万円程度が一般的です。この価格には、白無垢本体のほか、帯や草履などの小物セットが含まれます。また、地域や店舗によって価格に差があるため、複数の店舗を比較することが重要です。

費用を抑えるためのレンタル衣裳選びのコツ

白無垢のレンタル費用を抑えるためには、以下のポイントに注意してレンタル衣裳を選びましょう。

  • 早期予約の活用:早期に予約することで、割引サービスを利用できる場合があります。
  • フルセットでのレンタル:白無垢だけでなく、小物一式をセットでレンタルすることで、個別にレンタルするよりも総額を抑えられます。
  • 平日やオフシーズンの利用:挙式や前撮りを平日やオフシーズンに行うことで、レンタル料金が割引されることがあります。
  • 必要なアイテムのみレンタル:すべてをレンタルするのではなく、必要なアイテムのみを選んでレンタルすることで、無駄な出費を避けられます。

着付けサービスの選び方と節約術

着付けサービスにもさまざまな価格帯があります。一般的には、着付けのみで50,000円から80,000円程度が相場です。節約するためのコツは以下の通りです。

  • パッケージプランの利用:衣裳レンタルと着付けをセットで提供するパッケージプランを利用すると、個別に依頼するよりもお得になる場合が多いです。
  • 式場やホテルのサービスを利用:式場やホテルには、衣裳レンタルと着付けを含むウェディングパッケージが用意されていることがあります。これらを利用することで、トータルでのコストを抑えられる可能性があります。
  • 地元の着付け師を探す:地元で活動している着付け師を探すことで、移動費などの余計な費用を抑えられます。

和装での結婚式は、日本の美しい伝統を感じられる素晴らしい体験です。白無垢レンタルと着付けの費用について事前にしっかりと調べ、上手に節約しながら、理想の結婚式を実現しましょう。

着物フルセットレンタルのメリット:新郎新婦の和装を完璧に

フルセットレンタルは、結婚式や前撮りなどの特別な日に必要なすべての和装アイテムを一括でレンタルできるサービスです。このセットには、白無垢や色打掛け、紋付き袴などの主要な衣装のほか、小物類(帯、草履、バッグ、帯締め、帯揚げ、足袋など)も含まれます。

フルセットレンタルの最大のメリットは、結婚式の和装に必要なアイテムを一つ一つ選び出す手間が省けること、そして統一感のあるコーディネートが可能になることです。また、専門の着付け師による着付けサービスがセットに含まれている場合も多く、当日の準備をスムーズに進められます。

新郎の紋付き袴レンタルのポイント

新郎の和装では、格式高い紋付き袴が一般的です。紋付き袴レンタルを選ぶ際には、挙式の場所やスタイル、新婦の衣装との調和を考えて選ぶことが重要です。また、色や柄だけでなく、着用する季節に合わせた素材選びもポイントとなります。新郎の身長や体型に合わせたサイズ選び、足袋や小物の色合わせも、全体の印象を左右するため、細心の注意を払いましょう。事前の試着や専門家のアドバイスを活用することで、最適な選択が可能になります。

ゆめやでは、多彩なサイズの羽織袴をご用意しています。羽織の丈や袴の長さは、新郎様の装いの印象を大きく左右します。身長や体格に合った羽織袴を着用することで、より格調高く美しい装いで結婚式に臨んでいただけます。

新婦の白無垢と色打掛けの組み合わせ

新婦の和装では、白無垢から始まり、披露宴やお色直しで色打掛けに衣装替えをすることが一般的です。白無垢と色打掛けを選ぶ際には、挙式のテーマや会場の雰囲気、さらには新郎の衣装との調和を考慮することが大切です。また、小物選びも全体の印象を大きく左右しますので、衣装とのバランスを考えた上で、草履や帯などを選びましょう。

ゆめやでは美しい花嫁姿を完成させる婚礼小物も、こだわりの逸品を取り揃えています。アンティークの婚礼小物は今では手に入らない貴重な素材を使ったり、精緻な手刺繍を施したりするなど、大変な手間暇をかけて作られています。単に婚礼衣装を引き立てるものとしてだけではなく、一つひとつに「幸福」「豊かさ」などの願いが込められた温かみや深みを感じていただけます。

注意点とよくある質問:白無垢レンタルと着付けで気をつけるべきこと

結婚式は人生で一度きりの大切なイベントです。特に和装での挙式を選ばれる方にとって、白無垢レンタルと着付けはその準備の中でも特に重要な部分を占めます。しかし、初めての経験であることが多く、何をどう準備し、どのような点に注意すれば良いのか分からないことも多いでしょう。この章では、白無垢レンタルと着付けにおける注意点と、よくある質問について詳しく解説していきます。

レンタル契約時の注意点

白無垢をレンタルする際には、以下の点に特に注意してください。

  • 契約内容の確認:レンタル契約を結ぶ際は、契約内容を細かく確認することが必須です。返却期限、キャンセルポリシー、追加料金が発生する可能性のある条件など、細部にわたってしっかりと理解しましょう。
  • サイズと状態のチェック:白無垢はサイズ調整が可能なものが多いですが、自分の体型に合うかどうか、また、衣装の状態が良好かどうかを事前にチェックすることが大切です。可能であれば、実際に試着してみてください。
  • 小物一式が含まれているか:和装の場合、帯や草履、帯締めなどの小物も重要な役割を果たします。これらがレンタルセットに含まれているか、また、自分のイメージに合ったものかを確認しましょう。
  • 予約のタイミング:人気のある時期や土日などは予約が混み合うため、できるだけ早めに予約を入れることをおすすめします。特に、春や秋の結婚式シーズンは早めの行動が必要です。

着付け当日に準備しておくべきもの

着付け当日は、以下のものを準備しておくとスムーズです。

  • 肌着:和装用の肌着を用意しましょう。通常の下着ではなく、和装用のものを使用することで、着物の着崩れを防げます。
  • 足袋:サイズの合った足袋を用意してください。足袋も和装の一部として大切な要素です。
  • ヘアスタイルに必要なもの:洋髪にする場合は、事前にヘアスタイルを決めておき、必要なアクセサリーを用意しておくと良いでしょう。
  • 化粧品:式場や美容室でメイクをしてもらう場合でも、自分で使用したい化粧品があれば持参しましょう。

よくある質問とその回答

Q. 白無垢レンタルの相場はどれくらいですか?

A. 白無垢レンタルの相場は地域や店舗、レンタルする衣装の品質によって大きく異なりますが、一般的には20万円程度が相場となっています。詳細はレンタルを検討している店舗に直接お問い合わせください。

Q. 着付けにかかる時間はどのくらいですか?

A. 着付けには通常、1時間から1時間半程度かかります。しかし、ヘアセットを含む場合や、衣装によってはもう少し時間がかかることもありますので、余裕をもって準備することをおすすめします。

Q. 前撮りと当日の着付けは別々に予約した方が良いですか?

A. 前撮りと当日の着付けは、同じ店舗で予約することでスムーズに進められる場合が多いです。また、セットで予約することで料金的なメリットがあることもあります。事前に店舗に相談してみましょう。

まとめ:白無垢レンタルと着付けで理想の結婚式を

結婚式は人生の中でも特別な日の一つです。特に和装での挙式は、その美しさ、格式、そして伝統によって、多くの人々にとって忘れられない瞬間を作り出します。この記事では、白無垢レンタルと着付けに焦点を当て、花嫁が結婚式の日に最高の自分を表現できるように、必要な情報を解説しました。

最後に、重要なポイントをまとめて紹介します。

白無垢レンタルの選び方

白無垢を選ぶ際には、式場の雰囲気や自身の体型に合ったデザインを選ぶことが大切です。また、レンタルする際には、料金やレンタル期間、セット内容を事前に確認し、予算内で最適な選択をしましょう。

着付けと小物選び

着付けは、和装の美しさを最大限に引き出すために非常に重要です。プロの着付け師に依頼することで、当日の忙しさの中でも安心して準備を進められます。小物選びにおいては、帯や草履、帯締めなど、細部にまでこだわり、全体のコーディネートを完成させることが大切です。

結婚式当日の流れ

結婚式当日は、事前に計画したスケジュールに沿って進めることが重要です。着付けには予想以上の時間がかかることもあるため、余裕を持ったスケジュールを組むことが大切です。また、前撮りや披露宴でのお色直しも計画に含めることで、さまざまなスタイルを楽しめます。

最後に

和装での結婚式は、日本の美しい伝統と文化を感じられる素晴らしい機会です。白無垢レンタルと着付けを通じて、花嫁は自身の美しさを最大限に表現し、人生の新たな門出を祝えます。この記事を通じて、理想の結婚式を実現するお手伝いができれば幸いです。

婚礼

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

長い羽根の鳳凰と桐、青海波の黒振袖【fuk10】

【成人式の着物】黒の振袖が選ばれる理由|レンタル方法と注意点

成人式は一生に一度の特別な日。この重要な日に多くの女性が選ぶのが、黒の着物です。黒の着物はそのシックで洗練された雰囲気に加え、伝統と現代の美しさを兼ね備えています。その大きな魅力は、選んだ人はもちろん、その着姿を見る人を […]

ひとつ前の記事

白無垢 文金高島田 髪型 イメージ

白無垢で魅せる古風な髪型ガイド!おしゃれでアレンジ豊富なヘアスタイル集

結婚式という人生の大切な節目に、花嫁は特別な衣装を身に纏います。その中でも、白無垢を選ぶ方は少なくありません。白無垢とは、純白で一面に装飾が施された、日本の伝統的な結婚式の衣装です。この衣装を選ぶことで、花嫁は日本ならで […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!