婚礼イメージ

和装花嫁の神秘的な魅力を深める【角隠し】徹底ガイド:選び方、着け方、撮影まで完全網羅

はじめに

結婚式とは、二人の新たな門出を祝う大切な儀式です。その中でも、和装での結婚式は、日本の伝統美を感じさせる独特の魅力があります。古来から受け継がれる和装は花嫁をより美しく、格調高く見せてくれるため多くの女性が憧れる選択肢の一つです。特に、白無垢や打掛といった伝統的な衣装に身を包むことで、一生の記念に残るほどの美しさを演出できます。

和装結婚式には欠かせないアイテムの一つが「角隠し」です。角隠しは、花嫁の頭に着ける特別な飾りで、結婚式の和装に華を添える重要な役割を果たします。しかし、角隠しについて具体的に知っている人は少なく、その意味や由来、着け方について悩む方も多いのではないでしょうか。

和装での結婚式とその魅力

和装での結婚式は単に美しいだけでなく、日本の伝統や文化を感じさせる深い意味を持っています。白無垢は純白で清楚な花嫁の象徴であり、打掛は豪華な色彩と布地で花嫁の美しさを際立たせます。これらの伝統的な衣装は、新郎新婦の幸せな未来と、二人がこれから歩んでいく人生の豊かさを象徴しています。

和装での結婚式のもう一つの魅力は、細部にまでこだわったヘアスタイルやアクセサリーです。特に角隠しは、花嫁の顔立ちや髪型、着物とのバランスを考えて選ばれ、総合的な美しさを高める役割を担います。角隠しを含めた和装での結婚式は、見る人すべてを魅了し、結婚式の印象をより一層深く残します。

角隠しとは?基本知識を紹介

角隠しは、和装結婚式において花嫁が頭に着ける伝統的なアクセサリーです。由来は古く、花嫁の角(嫉妬や怒りなどの悪い感情を象徴するとされる)を隠し、しとやかで優しい妻になるようにとの願いが込められています。形状は、一般的には帯状の布や装飾品で、花嫁の髪型や頭の形に合わせて調整されます。

角隠しを選ぶ際には、着物の色や柄、その他のアクセサリーとの調和を考えることが重要です。また、髪型にも合わせる必要があり、日本髪はもちろん、洋髪に合わせたモダンな角隠しも人気があります。花嫁の顔立ちや髪の長さ、頭のサイズによっても選び方が異なるため、専門家のアドバイスを受けながら選ぶことがおすすめです。

角隠しは、和装結婚式の花嫁をより美しく、そして意味深い存在に変える特別なアイテムです。その歴史や文化的背景を知ることで、角隠しの持つ価値をより深く理解し、自身の結婚式をより特別なものにできるでしょう。

角隠しの歴史と文化的背景

角隠しは、和装結婚式における花嫁の装いに欠かせないアイテムの一つですが、その起源や文化的背景を詳しく知る人は意外と少ないかもしれません。このアクセサリーには、単に美しさを加えるだけでなく、深い意味が込められています。その歴史を遡ることで、角隠しのもつ価値と和装結婚式における、その役割の理解を深めることができます。

角隠しの起源と日本の結婚式における役割

角隠しの起源は、古代日本にまでさかのぼります。元々は、鬼や悪霊から花嫁を守るため、または花嫁自身の持つ悪しき感情、例えば嫉妬や怒りといった「角」を隠す象徴的な意味合いで使用されてきました。この伝統は、時代が変わるにつれて形を変え、現在では美しさを際立たせるための重要なアクセサリーとして位置づけられています。

結婚式において角隠しは、花嫁の純潔と美徳を象徴するアイテムです。和装、特に白無垢や打掛を身にまとう花嫁の頭上に優雅に配される角隠しは、花嫁がこれまで歩んできた人生の清らかさと、新たな門出に対する純粋な心を表現しています。また、角隠しは花嫁の顔立ちをよりはっきりと美しく見せる効果もあり、全体のバランスを整える役割を果たします。

角隠しをまとう花嫁の意味

角隠しをまとう花嫁は、ただ美しいだけではありません。その背後には、豊かな文化と伝統が息づいています。角隠しは、新郎への深い敬愛と尊敬、そして新たな生活への希望と期待を象徴しているのです。この伝統的なアクセサリーを通じて、花嫁は自らの内面の美しさと純粋さを外に表現し、結婚という新しい章の始まりを世界に宣言します。

角隠しを選び、着ける過程には多くの準備と注意が必要です。その形状や色、素材は着物の種類や色、そして花嫁の個性に合わせて慎重に選ばれます。また、角隠しは花嫁の髪型や頭の形、サイズによっても異なり、完璧なバランスを実現するためには、プロのヘアメイクアーティストの手による微細な調整が必要になります。

和装結婚式における角隠しの役割は、単に花嫁を美しく見せることだけではありません。それは、花嫁が新しい生活を始めるにあたって、幸せと和やかな家庭を築くための願いも込められています。角隠しを纏うことで、花嫁は自らの内面から溢れる美しさと純粋さを示し、結婚式という特別な日に、伝統と文化を尊重する心を表現するのです。

このように、角隠しは和装結婚式における美の象徴であり、花嫁を美しく、かつ意味深く飾るための重要なアクセサリーです。その背後にある歴史と文化を理解することで、角隠しの真の価値を知り、和装結婚式の深い魅力をより一層感じることができるでしょう。

ここで、アンティークきものレンタルゆめやの「角隠し」に合う花嫁衣装をご紹介しましょう。
左側「相良刺繍で梅・牡丹・鳥の白打掛一式」相良刺繍は着物では最高級と言われる豪華な刺繍です。手の込んだ職人技が感じられる刺繍ですので、真っ白な中にも立体感があります。そんな白無垢には日本髪を結い角隠しをつけてみてはいかがでしょうか?
右側「鶴尽くし、金尽くしの黒引き振袖」白黒のコントラストがはっきりした引き振袖ですね。黒の日本髪に白の角隠しですと、雰囲気もピッタリあいます。

角隠しの種類と特徴

角隠しは、和装結婚式における花嫁の装いに不可欠なアイテムです。その形状や素材、色合いは、結婚式のスタイルや花嫁の個性によってさまざまです。角隠しの種類を理解し、それぞれの特徴を知ることは、和装選びにおいて非常に重要です。また、綿帽子との違いを把握することで、より深く日本の結婚式の伝統に触れることができます。

綿帽子と角隠しの違い

角隠しと綿帽子は混同されがちですが、実は全く異なるアイテムです。角隠しは、結婚式において花嫁の頭に着けられる装飾品であり、花嫁の「角」、つまり悪しき感情を隠す象徴的な意味を持っています。一方、綿帽子はもともと平安時代の貴族の女性が日常生活で使用していた帽子であり、結婚式に限らず幅広いシーンで使用されていました。綿帽子は、頭全体を覆う形状で主に白色の布でできており、外出時の日焼け防止や、身分の高さを示すために使用されていました。

角隠しは、形状にもさまざまな種類がありますが、基本的には髪飾りや装飾布で作られ、花嫁の髪型をより美しく見せるために工夫されています。綿帽子とは異なり、角隠しは装飾的な要素が強く、結婚式の和装に合わせて選ばれます。

現代のブライダルシーンで見る角隠しのスタイル

現代のブライダルシーンでは、伝統的な角隠しのスタイルから、よりモダンで個性的なデザインまで、幅広い種類の角隠しを見ることができます。伝統的な白無垢や色打掛に合わせるクラシカルな角隠しはもちろん、洋髪に合わせたシンプルで現代的なデザインの角隠しも人気があります。また、花嫁の個性や結婚式のテーマに合わせて、カスタマイズされた特注の角隠しを選ぶカップルも増えています。

現代の角隠しは、素材や色、形状のバリエーションも豊富です。伝統的な布や金属製のものから、ビーズやクリスタル、フラワーモチーフを用いたものまで、さまざまなスタイルがあります。これらの角隠しは、花嫁のドレスや和装、ヘアスタイルと完璧に調和し、結婚式の全体的な印象を豊かにします。

角隠しを選ぶ際には和装の色やデザイン、結婚式の場所や季節、そして何よりも花嫁の個性や好みを考慮することが重要です。現代のブライダルシーンでは、角隠しを通じて自己表現をすることができるため、多くの花嫁にとって、選ぶ過程自体が結婚式準備の楽しい一部となっています。

ここでは、角隠しと綿帽子の違い、そして現代のブライダルシーンでの角隠しのスタイルについて紹介しました。角隠しは、日本の結婚式における花嫁の美しさを際立たせるための重要なアイテムであり、その選び方一つで結婚式の印象が大きく変わることがあります。伝統的なものからモダンなデザインまで、自分に合った角隠しを見つけることで、一生の思い出となる結婚式を創り上げることができるでしょう。

角隠しの正しい着け方と位置

角隠しは、和装結婚式における花嫁の装いを完成させる重要なアクセサリーです。その美しさを最大限に引き出すためには、正しい着け方と位置が非常に重要になります。ここでは、角隠しを美しく見せるためのポイントと、着ける際の共通の誤りについて解説します。

角隠しを美しく見せるポイント

角隠しを着ける際に最も重要なのは、その位置と角度です。適切な位置に角隠しを着けることで、花嫁の顔立ちをより美しく見せ、全体のバランスを整えることができます。一般的に、角隠しは頭のやや後ろ寄りに着けるのが基本ですが、花嫁の頭の形や髪型によって微調整が必要になることもあります。

  • 位置の基本: 角隠しは、頭頂部から少し後ろに下がった位置に着けます。この位置は、花嫁が前方を向いた時に角隠しが直接視界に入らず、かつ横から見た時に美しいシルエットを作るのに適しています。
  • 角度の調整: 角隠しは、ただ直接頭に乗せるのではなく、顔のラインに沿うように若干前傾させると良いでしょう。これにより、顔立ちが引き締まり、より洗練された印象を与えることができます。

角隠しを着ける際の共通の誤り

角隠しを着ける際には、以下のような共通の誤りに注意することが重要です。これらの誤りを避けることで、角隠しの美しさを最大限に引き出し、和装結婚式の装いを完璧にすることができます。

  • 位置が高すぎる、または低すぎる: 角隠しを頭のてっぺんに着けすぎたり、逆に後頭部に近すぎる位置に着けたりすると、バランスが悪く見えてしまいます。適切な位置を見つけるために、鏡の前でさまざまな角度から確認しながら調整しましょう。
  • 角隠しの角度が不適切: 角隠しを平らに着けすぎると、顔の形が生かされず、全体の印象が重たく見えてしまうことがあります。また、角度をつけすぎると不自然に見える可能性があるため、自然なカーブを意識して着けることが大切です。
  • 髪型との調和が取れていない: 角隠しを選ぶ際は、花嫁の髪型に合わせることも重要です。日本髪や洋髪、どちらのスタイルにも合うデザインを選ぶことで、全体の調和が取れた美しい仕上がりになります。

角隠しを着ける際は、これらのポイントと注意点を心がけることで、花嫁の美しさを一層引き立てることができます。結婚式は一生に一度の特別な日です。角隠しを正しく美しく着けることで、その日の思い出をより美しいものにしましょう。

角隠しを引き立てる和装とアクセサリー

和装結婚式において花嫁の装いは、その日の中心となる大切な要素です。角隠しは、この装いを完成させる上で欠かせないアイテムの一つですが、それを最大限に引き立てるためには、和装とアクセサリーの選び方が重要になります。特に、白無垢や打掛といった和装との組み合わせ、さらに髪型や他のアクセサリーとの調和を考えることで、花嫁の美しさを一層際立たせることができます。

白無垢と角隠しの組み合わせ

白無垢は、その名の通り「純白の無垢」を意味し、花嫁の清らかさや新しい生活への純粋な願いを象徴する伝統的な和装です。この白無垢に合わせる角隠しは、シンプルながらも華やかさを添えるデザインが好まれます。白無垢の純白に合わせて、金や銀の糸で繊細に編まれたものや、控えめながらも存在感のある花のモチーフをあしらったものが選ばれることが多いです。

  • 色と素材の選び方: 白無垢には、光沢のある素材や繊細な金銀の装飾が施された角隠しを選ぶと、和装の美しさを引き立てることができます。また、白無垢自体に柄が少ないため、角隠しで少し色を加えることも一つの方法です。例えば、淡いピンクや緑の小花があしらわれた角隠しは、全体の装いに優しさと華やかさをもたらします。
  • 形状の工夫: 角隠しの形状にもこだわり、白無垢のシンプルさを生かしつつ、花嫁の髪型や顔立ちに合わせたデザインを選ぶことが大切です。例えば、高い位置で結んだ日本髪には、縦長の角隠しを選ぶとバランスよく見せることができます。

アクセサリーや髪型との調和

角隠しを和装に合わせるだけでなく、髪型や他のアクセサリーとの調和も重要です。花嫁の髪型は、和装の一部として全体のバランスを考える必要があり、角隠しはその重要なポイントになります。

  • 髪型との調和: 日本髪や洋髪、どちらのスタイルにも合う角隠しを選ぶことで、和装と髪型の美しさが一層引き立ちます。特に、日本髪には伝統的な形の角隠しを、洋髪にはモダンでシンプルなデザインの角隠しを選ぶと、スタイルに合った美しさを演出できます。
  • 他のアクセサリーとの組み合わせ: 耳に着ける簪(かんざし)や首元の装飾品といった他のアクセサリーとも調和を考えることが重要です。角隠しと同じ素材や色、モチーフを選ぶことで統一感のある装いとなり、全体の印象がより一層洗練されます。

アンティークきものレンタルゆめやでは着物の他に、アンティークきもの似合わせていただけるアイテムのレンタルもしております。今回は、角隠しにおすすめのかんざしをご紹介します。
左「べっ甲調に金や赤の蒔絵の漆塗り風、花嫁かんざし」は、真っ赤な漆塗り風のかんざしですので、白無垢でしたら、裏地の赤いものや淵が赤く装飾されているものに合わせていただけます。また、黒引き振袖に合わせてもきれいです。
右「黄色いべっ甲調の菊の花に珊瑚調の花芯の花嫁かんざし」単色でとても上品なサンゴ調のかんざしは、真っ白な白無垢に合わせると、品のある装いになります。

角隠しを美しく引き立てるためには、和装との組み合わせはもちろん、髪型や他のアクセサリーとの調和も考慮することが必要です。白無垢や打掛といった和装に合わせた角隠しの選び方、そして髪型や他のアクセサリーとの組み合わせ方を工夫することで、花嫁の美しさを最大限に引き出し、結婚式の記憶をより特別なものにすることができます。

和装撮影での角隠しの役割

和装結婚式の写真撮影では、角隠しは単なるアクセサリー以上の重要な役割を果たします。撮影環境によって角隠しの使い分けがあり、前撮りと当日撮影では角隠しを活かしたフォトジェニックなアイデアが求められます。角隠しの選び方や着け方一つで、写真の印象が大きく変わるため、撮影シーンに合わせて最適な角隠しを選択することが重要です。

撮影環境における角隠しの使い分け

スタジオ撮影では、コントロールされた照明と背景を利用して、角隠しのディテールを際立たせることができます。光の反射を活かして角隠しの素材感や色味を強調するために、光沢のある素材や繊細な装飾が施された角隠しを選ぶと良いでしょう。また、背景との色のコントラストを考慮して、角隠しの色を選定することも大切です。

ロケーション撮影では、自然光の下での撮影となるため、角隠しの色や形が自然環境に溶け込むように選ぶことが推奨されます。例えば、海辺や緑豊かな庭園での撮影では、自然の要素を反映したデザインや、風になびくような素材の角隠しを選ぶと、よりロマンティックな雰囲気を演出できます。

角隠しを活かしたフォトジェニックなアイデア

前撮りでは、時間に余裕があるため、角隠しを含めた和装全体をじっくりと撮影することが可能です。ここでのポイントは、角隠しのディテールや和装の美しさを存分に表現すること。例えば、角隠しの装飾部分をクローズアップした写真や、角隠しと和装が一体となった全身のショットは、前撮りならではの記念になります。

当日撮影では、式の進行と並行して撮影が行われるため時間が限られます。このような場合、角隠しと花嫁の表情が美しく映るポーズを事前に準備しておくと効果的です。また、挙式や披露宴の場で角隠しを含めた和装が、ゲストや新郎との相互作用の中で自然に映る瞬間を捉えることが大切です。

角隠しは和装結婚式の写真撮影において、花嫁の美しさを引き立てるだけでなく、撮影全体の雰囲気やテーマを豊かにするアイテムです。スタジオとロケーションの撮影環境に応じた使い分けや、前撮りと当日撮影でのフォトジェニックなアイデアを取り入れることで、一生の記憶となる美しい写真を残すことができます。

角隠し選びのポイント

角隠しを選ぶ際には、和装全体の印象を左右する重要な要素がいくつかあります。特にサイズと形状、そして和装との色とデザインのマッチングは、角隠し選びにおいて最も重視すべきポイントです。適切な角隠しを選ぶことで、花嫁の美しさを一層引き立てることができます。

サイズと形状で変わる印象

角隠しのサイズと形状は、花嫁の顔立ちや髪型、さらには体型によっても印象が大きく変わります。適切なサイズの角隠しを選ぶことで、顔のバランスを整え、より美しい姿を演出することが可能になります。

  • サイズ選びの重要性: 角隠しは大きすぎると顔が小さく見えすぎたり、逆に小さすぎると和装全体のバランスを損ねる原因になります。花嫁の顔の大きさや髪型に合わせて、最適なサイズを選ぶことが大切です。
  • 形状と花嫁の個性: 角隠しの形状は、直線的なものから曲線的なものまでさまざまです。直線的なデザインはモダンな印象を、曲線的なデザインはクラシカルで優雅な印象を与えます。花嫁の個性や好み、そして和装のスタイルに合わせて形状を選ぶことが重要です。

和装と角隠しの色とデザインのマッチング

角隠しを和装とマッチさせることは、統一感のある美しい装いを完成させる上で非常に重要です。色とデザインの選び方一つで、和装全体の印象が大きく変わるため、慎重に選ぶ必要があります。

  • 色の調和: 白無垢や打掛など、和装の色に合わせて角隠しを選ぶことが基本です。白無垢には、金や銀などの落ち着いた色の角隠しを合わせると、上品で神聖な印象を与えることができます。色打掛には、打掛の色や柄に合わせた色の角隠しを選ぶことで、和装全体の調和を保つことができます。
  • デザインの一致: 和装のデザインやテーマに合わせた角隠しを選ぶことも大切です。例えば、伝統的な和装には古典的なモチーフやデザインの角隠しを、モダンな和装にはシンプルで現代的なデザインの角隠しを選ぶと良いでしょう。

角隠し選びは、和装結婚式における花嫁の装いを決定づける重要な選択です。サイズと形状、そして和装との色とデザインのマッチングに注意を払うことで、花嫁は自分にふさわしい最適な角隠しを見つけることができるでしょう。正しい選択によって結婚式の記憶をより美しく、より特別なものにすることが可能です。

まとめ

和装結婚式において、角隠しは花嫁の美しさと伝統を象徴する重要なアクセサリーです。この記事を通して、角隠しの選び方から着け方、そして和装全体との調和に至るまで、角隠しを美しく魅力的に見せるためのさまざまなポイントを探求してきました。ここでは角隠しを選び、着ける際の最終チェックリストと和装結婚式を彩る角隠しの魅力を再確認します。

角隠しを選び、着ける際の最終チェックリスト

最終的に角隠しを選び、着ける前に確認すべきポイントは以下の通りです。

  1. サイズと形状: 花嫁の顔立ちや髪型、和装のスタイルに合ったサイズと形状を選びます。
  2. 色とデザインのマッチング: 角隠しの色とデザインは和装と調和させましょう。
  3. 着け方と位置: 角隠しは正しい位置に、適切な角度で着けます。
  4. 全体のバランス: 角隠しを含む和装全体のバランスを整える。
  5. 快適さ: 角隠しを安定させ、長時間着けていても快適なものとする。

これらのチェックポイントを確認することで、角隠しを含む和装が花嫁にとって最も美しく、快適なものになります。

和装結婚式を彩る角隠しの魅力再確認

角隠しは、和装結婚式における花嫁の装いに深い美しさと意味を加えるアクセサリーです。伝統的な意味を持ちながらも、現代のブライダルシーンにおいてもその価値を失うことなく、花嫁を一層輝かせてくれます。角隠しの選び方一つで、結婚式のスタイルや花嫁の個性が表現され、記憶に残る美しい瞬間が創り出されます

和装結婚式を選ぶすべての花嫁にとって、角隠しはその特別な日を彩る鍵となるアイテムです。角隠しを通じて、花嫁自身の美しさを最大限に引き出し、伝統と現代の美を融合させた結婚式を実現しましょう。角隠しの持つ深い魅力を再確認し、和装結婚式の準備を楽しむことで、一生の思い出となる結婚式を創り上げてください。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

手描き友禅春秋柄の淡い花浅葱色の訪問着【hou07】

【着物のプロ監修】大きいサイズのレンタル訪問着選び|失敗しないコツを解説

はじめに 大きいサイズの訪問着レンタルをお探しの方へ。この記事では、着物のプロが監修する、大きいサイズの訪問着選びのコツをご紹介します。 以下のような悩みを抱えている方に、ぜひ参考にしていただきたい内容です。 上記のお悩 […]

ひとつ前の記事

珊瑚色に花々が染められた小紋【hou135】

【初心者歓迎】レンタル着物で特別な日を!選び方&おすすめスタイル

はじめに 和服のレンタルは、特別な日をより美しく、そして心に残るものにするための素晴らしい選択肢です。1985年に創業して以来、私たちの店では、東京と山梨で、混じりけのない絹100%の正絹アンティーク着物を中心に、多くの […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!