神前式イメージ

【初心者向け】神前式のみで挙げる結婚式!神社での流れと費用ガイド

はじめに

神前式結婚式は、日本の伝統的な結婚式の形式の一つであり、多くのカップルにとって特別な意味を持つ儀式です。この記事では、神前式の基本から、その魅力や準備に必要なこと、さらには費用や流れについて詳しく解説していきます。着物や和装について詳しくない方でも理解しやすいように、平易な言葉を使って説明します。

神前式結婚式とは?基本を知ろう

神前式結婚式とは、神社で行われる結婚式のことで、新郎新婦が神前で結婚の誓いを立てる日本の伝統的な式です。この式では、和装が基本で新郎は羽織袴、新婦は白無垢や打掛を着用します。神前式では、厳かな雰囲気の中で、二人の結びつきを神様に誓います。儀式の流れは、神社や地域によって異なる場合がありますが、一般的には、修祓(しゅばつ)、誓詞奏上(せいしそうじょう)、玉串奉奠(たまぐしほうてん)などの儀式を行います。

神前式を選ぶカップルの増加傾向

近年、神前式を選ぶカップルが増えています。その理由の一つとして、日本の伝統や文化を重んじる気持ちが高まっていることが挙げられます。また、少人数で行うことが多いため、家族や親族との絆を深める機会としても選ばれています。神前式は、その厳かな雰囲気と、結婚式としての格式を重んじるカップルにとって、非常に魅力的な選択肢です。

この記事でわかること

この記事を通して、神前式結婚式の魅力や準備に必要なポイント、費用の相場や節約のコツ、そして式の流れや必要な手続きなど、神前式結婚式に関するあらゆる情報を提供します。また、和装についての基礎知識や、式当日に役立つマナーについても触れていきます。これから神前式での結婚式を考えているカップルや、日本の伝統的な結婚式に興味がある方にとって、有益な情報が満載です。

神前式の基本知識

神前式は、日本の伝統的な結婚式の形式の一つで、神社で行われる厳かな儀式です。この形式は、新郎新婦が神様に結婚の誓いを奏上し、神様の祝福を受けるという深い意味を持っています。神前式には、特有の流れやマナー、家族の役割があり、これらを理解することは、式をより意義深いものにするために重要です。

神前式の流れとは

神前式の流れは、一般的に以下のような手順で進みます。まず、新郎新婦と参列者が神社に集まり、厳かな雰囲気の中で式が始まります。式は、神聖な神殿で行われ、斎主(神職)による祝詞奏上から始まります。その後、新郎新婦は神前にて二礼二拍手一礼を行い、神様に対して結婚の誓いを新たにします。式のクライマックスは、三々九度の儀式で、これは三回ずつ三回の杯を交わすことで、夫婦の絆を深める伝統的な儀式です。最後に、新郎新婦が神様に感謝の言葉を述べ、式が終了します。

神前式での服装のマナー

神前式における服装は、伝統的な和装が基本です。新婦は通常、白無垢や打掛を着用し、新郎は黒紋付きの袴を着るのが一般的です。参列者も和装で出席することが望ましいとされていますが、特に親族には正装を求める場合が多いです。和装を選ぶ際には、衣装の色や柄が神前式の厳かな雰囲気に合っているかを考慮する必要があります。また、新郎新婦は事前に衣装の試着を行い、当日の動きやすさも確認しておくと良いでしょう。

神前式における家族の役割

神前式では、家族の役割が特に重要視されます。新郎新婦の両家の家族は、式の準備から当日の進行まで、さまざまな形で関わります。特に、両親は式の中心的な役割を果たし、三々九度の儀式に参加することもあります。また、家族は新郎新婦を支え、神前式を通して両家が一つになることを祝福します。家族写真の撮影は、この大切な日の記憶を残すためにも重要なイベントの一つです。神前式では、家族が新郎新婦の新たな門出を温かく見守ることで、絆を深める機会となります。

アンティークきものレンタルゆめやの着物を自由に選べる挙式当日用衣装レンタルプラン(新郎・新婦1着ずつ)【set01】は、ご新婦様のお好きな黒引き振袖(1点、筥迫、末広、抱え帯、草履などすべての小物が含まれます)とご新郎のお着物(1点 羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更も含まれます)のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

神前式の費用と相場

神前式の結婚式は、その厳かな雰囲気と日本の伝統を感じさせる美しさで、多くのカップルに選ばれています。しかし、どのような費用がかかるのか、相場はどれくらいなのかは、計画を始める上で非常に重要なポイントです。ここでは、神前式の費用構成を詳しく解説し、費用を抑える工夫と、相場より高くなるケースについても触れていきます。

神前式の費用構成を解説

神前式の費用は大きく分けて、神社への初穂料(お神酒や玉串料などの奉納金)、衣装レンタル費、写真撮影費、そして披露宴や会食の費用に分かれます。初穂料は神社によって異なりますが、一般的には10万円から数十万円程度が相場です。衣装レンタル費は、新郎新婦の和装一式を含めると、合わせて20万円から50万円程度が目安となります。写真撮影に関しては、式のみの記録から前撮りを含めたパッケージまでさまざまで、10万円から数十万円が相場です。披露宴や会食の費用は、参列者の人数や会場によって大きく変動しますが、一人当たり1万円から3万円程度を見積もっておくと良いでしょう。

費用を抑える工夫とは

神前式の費用を抑えるためには、いくつかの工夫が可能です。まず、衣装に関しては、レンタルではなく自家用の着物を使用する、または親族から借りることで、大幅にコストを削減できます。次に、写真撮影は式のみのシンプルなプランを選び、前撮りやロケーション撮影は省くことも一つの方法です。また、披露宴や会食を少人数で行う、または親しい人だけを招いて家族だけの食事会にすることで、費用を大きく下げることができます。さらに、式の装飾や演出をシンプルにすることで、余計な出費を抑えることが可能です。

相場より高くなるケースとその理由

一方で、神前式の費用が相場より高くなるケースもあります。特に、人気の高い神社で式を挙げる場合、初穂料が高額になることがあります。また、衣装を特別なものにしたい場合や、豪華な写真撮影パッケージを選ぶと、費用は上昇します。披露宴や会食においても、多くのゲストを招待したり、高級な会場を選んだりすると、当然ながら費用は増加します。これらのケースでは、特別な日をより豊かに彩るための費用と考え、事前にしっかりと計画を立てることが重要です。

神前式の結婚式は、日本の美しい伝統を今に伝える素晴らしい方法です。費用についてしっかりと理解し、計画を立てることで、二人の大切な日をより特別なものにすることができます。

神前式のメリットとデメリット

神前式は、日本の伝統的な結婚式の形式の一つで、多くのカップルに選ばれています。その魅力として、厳かな雰囲気の中で結婚の誓いを新たにすることが挙げられますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。ここでは、神前式を選ぶ際に考慮すべきメリットとデメリットを詳しく解説し、バランスの取れた選択を支援します。

神前式を選ぶメリット

神前式の最大のメリットは、日本の伝統と文化を色濃く反映した結婚式を挙げることができる点にあります。厳かな神社の境内で行われる式は、結婚という人生の大切な節目を、神様に誓うことで、夫婦の絆をより深めることができます。また、家族や親族が中心となって参列することが多く、両家の絆を深める機会ともなります。衣装には、伝統的な白無垢や色打掛を選ぶことができ、日本の美を堪能することも大きな魅力です。さらに、写真撮影では、神社の美しい自然や建築を背景に、一生の思い出となる写真を残すことが可能です。

考慮すべきデメリット

神前式には多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットも考慮する必要があります。まず、神社での式は、場所によっては参列者の数に制限がある場合が多く、多くの友人を招待したいカップルにとっては不向きな場合があります。また、伝統的な儀式や作法に従う必要があり、準備や当日の進行において、細かな注意点が多いこともデメリットと言えます。さらに、伝統的な衣装や装飾、儀式にはそれなりの費用がかかるため、予算が限られている場合は、費用面での負担が大きくなる可能性もあります。

メリット・デメリットを踏まえた選択

神前式のメリットとデメリットを踏まえた上で、カップルは自分たちにとって最適な結婚式の形式を選ぶことが重要です。伝統と文化を重んじ、家族や親族との絆を深めたい場合は、神前式が適しているでしょう。一方で、多くの友人を招待して盛大に祝いたい、または費用を抑えたい場合は、他の結婚式の形式を検討するのも一つの方法です。最終的には、二人の価値観や希望、予算をしっかりと話し合い、納得のいく結婚式を実現させることが大切です。神前式を選ぶ場合でも、工夫次第で費用を抑えたり、少人数でも心温まる式を挙げることが可能です。

神前式の準備と進め方

神前式の結婚式は、日本の伝統的な婚礼スタイルの一つであり、多くのカップルにとって特別な意味を持ちます。ここでは、神前式の準備から当日までの流れ、そして注意すべき点について詳しく解説します。神前式を選ばれた方々がスムーズに準備を進め、心に残る一日を迎えられるように、重要なポイントをご紹介いたします。

神前式の準備リスト

神前式の準備は、細部にわたり入念におこないます。まずは、以下のリストから準備を始めましょう。

  • 神社選び: 神前式を行う神社を選びます。地域の伝統や神社の雰囲気、アクセスの良さなどを考慮して選びましょう。
  • 日程と予約: 結婚式の日程を決め、神社に予約を入れます。人気の神社は早めに予約が必要です。
  • 衣装選び: 新郎新婦の衣装を選びます。伝統的な白無垢や色打掛、紋付袴など、神前式にふさわしい和装を選びましょう。
  • 必要な儀式用品の準備: 結納品、神前式で使う具足(ぐそく)など、必要な儀式用品を準備します。
  • 参列者の衣装: 家族や親族の衣装も和装が望ましいです。事前に打ち合わせをしておきましょう。
  • その他の準備: 招待状の作成や送付、披露宴や会食の場所の予約、写真撮影の手配なども忘れずに。

挙式までのスケジュール

神前式の挙式までのスケジュールは、以下のように進めると良いでしょう。

  • 6ヶ月前: 神社選び、日程の決定、予約
  • 4ヶ月前: 衣装選び、招待状の作成
  • 3ヶ月前: 招待状の送付、披露宴や会食の場所の予約
  • 2ヶ月前: 衣装の最終確認、美容院やメイクの予約
  • 1ヶ月前: 最終打ち合わせ、儀式用品の準備
  • 1週間前: 参列者への最終確認、準備物のチェック
  • 当日: 早めに神社に到着し、準備を確認。心を落ち着けて式に臨みましょう。

注意点と心構え

神前式を行うにあたり、以下の点に注意し、心構えを整えましょう。

  • 格式を重んじる心構え: 神前式は、神様に結婚を誓う厳かな儀式です。格式を重んじ、心からの敬意を表しましょう。
  • マナーを守る: 和装の着こなし方、挙式中の所作など、事前にマナーを学んでおくことが大切です。
  • プランの確認: 当日の流れや細かなプランは、事前に神社や式場としっかり確認しておきましょう。
  • 心からの感謝を忘れずに: 家族や親族、そして参列してくれるすべての人への感謝の気持ちを忘れずに。感謝の気持ちを形にして伝えることも大切です。

神前式の準備は大変ですが、その分、結婚式当日は一生の思い出に残る特別な日となります。準備の過程も楽しみながら、素敵な式を迎えましょう。

アンティークきものレンタルゆめやのセットでお得な婚礼・ご両親プラン(計2着)【set06】は、お母さまのお好きな留袖(1点、すべての小物が含まれます)とお父さまのお着物(1点、羽織・袴・草履など一式。家紋のご変更料金も含まれます)の計2点のお得なセットプランです。実際のお着物・小物はゆめや東京店でのご試着でお選びいただけます。 まずは、ゆめや東京店でのご試着からお申し込みください。

神前式における披露宴・会食の工夫

神前式の結婚式は、その厳かな雰囲気と伝統的な儀式で多くのカップルから選ばれています。しかし、挙式だけでなく、披露宴や会食にも同じくらいの注意を払い、ゲストにとって忘れられない一日にするための工夫が必要です。ここでは、神前式後の披露宴や会食での形式、服装とマナー、そして親族や参列者を祝福するための工夫について詳しく解説します。

神前式後の披露宴・会食の形式

神前式の後に続く披露宴や会食は、カップルの個性やゲストとの親密さを表現する絶好の機会です。伝統的な和の雰囲気を重視する場合、会場選びから料理、装飾に至るまで、日本の美意識を取り入れた演出が可能です。例えば、会場には和風の装飾を施し、料理は季節の食材を用いた日本料理でゲストをもてなすことができます。また、披露宴や会食の形式は、正式な座席式からカジュアルな立食パーティーまで、カップルの希望やゲストの人数に応じてさまざまにアレンジすることができます。

披露宴・会食での服装とマナー

神前式における披露宴や会食では、服装やマナーも大切な要素です。新郎新婦はもちろん、ゲストも和装で参列することが多いですが、その際のマナーにも注意が必要です。新郎新婦は、挙式での装いから少しカジュアルな和装に着替えることもあります。例えば、新婦は白無垢から色打掛に着替えることが一般的です。ゲストの服装も、披露宴や会食の雰囲気に合わせて、訪問着や略礼装など、場にふさわしい和装を選ぶことが大切です。また、和装の場合は着物の着方や小物の選び方にも気を配り、日本の伝統美を尊重する心構えが求められます。

親族・参列者を祝福する工夫

神前式の披露宴や会食では、親族や参列者への感謝の気持ちを表現するための工夫も重要です。例えば、個々のゲストに向けた手紙を読み上げる、名前入りの小さな贈り物を用意するなど、心からの感謝を伝える方法はたくさんあります。また、親族や親しい友人には、式や披露宴の中で特別な役割を与えることで、彼らの存在をより一層際立たせることができます。さらに、ゲスト全員が参加できるような演出を取り入れることで、一体感を生み出し、祝福の気持ちを共有することが可能です。例えば、全員での乾杯の瞬間を設ける、記念撮影を行うなど、ゲスト一人ひとりが特別な一日の一部であると感じられるような工夫をすることが大切です。

神前式にふさわしい神社の選び方

神前式の結婚式を挙げるにあたり、最も大切なのは神社選びです。神社によって、挙式の流れ、雰囲気、費用、そして許容される参列者の数が異なります。ここでは、神前式にふさわしい神社を選ぶ際のポイントと、地域ごとの特色、人気の神社とその魅力について詳しく解説します。

神社選びのポイント

神社選びにおいて最も重要なのは、その神社が神前式の結婚式をどのように行っているかを理解することです。まず、挙式可能な日時や費用、参列者の人数制限を確認しましょう。また、挙式後の披露宴や会食が神社内で可能か、近隣に適切な会場があるかも重要な検討ポイントです。衣装レンタルや写真撮影サービスの有無も、事前に確認しておくと良いでしょう。さらに、神社によっては、特別な儀式や演出を加えることができる場合もあります。これらの情報を集めることで、二人の理想とする結婚式を実現できる神社を見つけることができます。

地域ごとの神社の特色

日本各地には、それぞれ異なる特色を持つ神社があります。例えば、東京には格式高い歴史ある神社が多く、厳かな雰囲気で結婚式を挙げたいカップルに適しています。一方、京都や奈良などの古都には、古式ゆかしい儀式を重んじる神社が多く見られます。また、自然豊かな地域の神社では、四季折々の自然を背景にした結婚式が可能です。地域によって神社の特色が異なるため、カップルの希望する雰囲気やスタイルに合わせて選ぶことが大切です。

人気の神社とその魅力

人気の神社には、それぞれ独自の魅力があります。例えば、東京の明治神宮は、都心にありながら広大な緑に囲まれ、厳かながらも開放感あふれる挙式が可能です。また、伊勢神宮は、日本の神道における最高峰とされ、神聖な雰囲気の中で結婚式を挙げることができます。他にも、地元で信仰されている神社や、特定の神様を祀る神社など、カップルの願いや背景に合わせた神社選びが可能です。人気の神社では予約が必要な場合も多いため、早めの検討と予約が推奨されます。

これらのポイントを踏まえ、二人にとって最も意味のある場所で、忘れられない神前式を挙げましょう。

まとめ

神前式の結婚式は、その厳かな雰囲気と日本の伝統美を感じさせる独特の魅力があります。しかし、準備から当日の進行に至るまで、多くのポイントを押さえておく必要があります。ここでは、神前式を選ぶ上での最終チェックリスト、成功させるコツ、そしてその式を特別なものにするためのアドバイスをご紹介します。

神前式を選ぶ上での最終チェックリスト

神前式を選ぶ際には、以下のポイントを最終的に確認しておきましょう。

  • 神社の選定: 神前式を行う神社は、アクセスの良さ、施設の充実度、神職の対応など、複数の観点から慎重に選びましょう。
  • 費用と予算: 神前式の費用は、神社によって大きく異なります。事前にしっかりと見積もりを取り、予算内で収まるように計画を立てましょう。
  • 衣装の選択: 白無垢や色打掛など、伝統的な和装を選ぶ際には、レンタルか購入かを決め、事前に試着をしておくことが重要です。
  • 当日のスケジュール: 挙式の流れ、披露宴や会食のタイミングなど、当日のスケジュールを詳細に計画し、関係者と共有しておきましょう。
  • 参列者の管理: 参列者の人数や、遠方から来るゲストの宿泊施設の手配など、ゲストの管理にも注意が必要です。

神前式での結婚式を成功させるコツ

神前式の結婚式を成功させるためには、以下のコツを押さえておくと良いでしょう。

  • 事前準備を徹底する: 神前式特有の儀式や流れを理解し、必要な準備を事前に行いましょう。特に、初穂料や神職へのお礼など、細かい部分の準備も忘れずに。
  • プロのカメラマンを雇う: 神前式の美しい瞬間を残すために、プロのカメラマンに依頼することをお勧めします。特に、神社の雰囲気を活かした写真は、後々の大切な思い出になります。
  • ゲストへの配慮: 参列者が快適に過ごせるよう、事前に神前式の流れやマナーについての案内をすると良いでしょう。また、小さな子どもや高齢者のゲストがいる場合は、特別な配慮が必要です。

あなたの神前式を特別なものに

神前式をさらに特別なものにするためには、以下のようなアイデアがあります。

  • オリジナルの儀式を取り入れる: 伝統的な流れに加え、二人だけのオリジナルの儀式を取り入れることで、より記憶に残る式にすることができます。
  • ロケーションフォトを活用する: 神社の美しい境内でのロケーションフォトは、結婚式のハイライトになり得ます。事前に撮影場所を下見して、最適なショットを計画しましょう。
  • ゲストとの交流を大切にする: 披露宴や会食では、ゲスト一人一人との交流を大切にし、感謝の気持ちを直接伝える時間を持つと良いでしょう。

神前式の結婚式は、準備や進行に多くの注意点がありますが、それらを一つ一つクリアしていくことで、人生の中でも最も美しい日を迎えることができます。この記事が、あなたの神前式の結婚式準備の一助となれば幸いです。

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

七五三ヘアスタイルイメージ_kzs

【3歳女の子向け】七五三レンタル着物&被布セットの選び方ガイド

はじめに:3歳女児の七五三レンタル完全マニュアル 日本の伝統行事の七五三では、特に3歳の女の子の晴れ姿が注目されます。この年齢で初めて着物を着ることは、お子さまの人生の大切な節目を彩る大きな出来事になります。七五三の着物 […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!