サーモンピンクに扇・菊・牡丹の三歳祝着【kod108】

【初心者向け】七五三で3歳の女の子に着せたいレンタル着物の選び方

はじめに

七五三は、子どもの成長を祝う大切な日本の伝統行事です。特に3歳の女の子にとって、この日は人生で初めて着物を身にまとう特別な機会となります。

しかし、着物や和装に詳しくない方にとって、どのように準備を進めれば良いのか、何を基準に選べば良いのかは、なかなか難しい問題です。

そこで、この記事では、3歳の女の子の七五三用の着物選びからレンタルの流れ、着付けの仕方や、写真撮影のコツ、当日の準備まで、初めての方でも安心して七五三の準備を進められるような情報をご紹介します。

1985年創業、東京と山梨で正絹のアンティーク着物を中心に取り扱う私たちの経験から、3歳の女の子の七五三にふさわしい着物選びのポイント、レンタルサービスの利用方法、そして当日までの準備の流れをわかりやすく解説していきます。

七五三の着物レンタルに関する疑問や不安を解消し、お子さまの大切な一日をすてきに彩るための第一歩として、ぜひこの記事をご活用ください。

七五三用レンタル着物の基礎知識

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な日本の伝統行事です。特に3歳の七五三は、人生で初めての着物を着る機会となります。

しかし、着物に詳しくない方にとっては、どのように準備を進めればよいのか、選び方や着付け方法など、分からないことが多いでしょう。

この章では、3歳の女の子の七五三にふさわしい着物の選び方と、着物をレンタルするメリットについて解説します。

なぜ3歳の七五三で着物を選ぶのか

3歳の七五三で着物を選ぶ理由は、単に伝統を守るためだけではありません。着物は、お子さまの成長と健康を願う親御さんの愛情を表現する重要な手段なのです。

特に、3歳の女の子にとっては、被布セットや色鮮やかな着物を着ることで、一生に一度の特別な瞬間を演出できます。

また、着物はそのデザインや色合いによって、お子さまの無邪気さや純粋さを引き立て、家族や親戚との絆を深める役割も担っています。

着物を選ぶ過程では、赤やピンク、水色など、明るく華やかな色が選ばれることが多く、桜や菊、鶴といった吉祥の柄がお子さまの幸せを願う気持ちを象徴しています。

着物レンタルのメリットとは

着物を着るためにレンタルサービスを選択するメリットは以下のようなものがあります。

  • コスパの高さ: レンタル最大のメリットは、コストパフォーマンスの高さにあります。特に、成長が早い子どものために高価な着物を購入するのは経済的に負担が大きいものです。レンタルならば、購入するよりもはるかに低い価格でフルセットを借りることができ、着付け小物や足袋まで揃える必要がありません。
  • 種類豊富な着物から選べる: レンタルショップでは多種多様なデザインや色、サイズの着物が揃っているため、お子さまの身長や好みに合わせて最適な一着を選ぶことが可能です。
  • 保管やクリーニングの手間いらず: 着物を購入した場合は、保管やクリーニング、メンテナンスが大変ですが、レンタルならばその手間を省くことができます。
  • 試着や相談: 予約制であれば、事前に試着や相談ができるため、当日の準備も安心です。

このように、着物のレンタルサービスを利用することで、七五三の準備をより簡単に、そして経済的に進めることができるのです。

3歳女の子のための着物選び

3歳の女の子の七五三は、一生に一度の大切なイベントです。この特別な日には、お子さまにとっても親御さんにとっても忘れられない一日になるよう、最適な着物選びが重要です。

着物はただ美しいだけでなく、その日の気持ちや思い出を形にするもの。

ここでは、3歳の七五三を迎えた女の子のための、着物の色と柄、そしてサイズ選びのポイントをご紹介します。これらのポイントを押さえることで、お子さまにとっても、見る人にとっても心に残る着物を選ぶことができるでしょう。

色と柄で選ぶ七五三の着物

七五三の着物を選ぶ際に最初に考えたいのは、色と柄です。

  • 色選びについて: 3歳の女の子には、明るく華やかな色合いが人気です。特に、赤やピンク、水色といった明るい色は、お子さまの無邪気さや元気さを表現し、お祝いの場にふさわしい雰囲気を作り出します。お子さまの肌色に合わせて選ぶことも大切です。明るい肌色には、赤やピンクが映え、やや日焼けしている肌色には、水色や緑がよく似合います。
  • 柄選びについて: 柄に関しては、桜や菊、梅といった花柄が定番で、日本の伝統美を感じさせる選択肢となります。しかし、最近ではモダンなデザインや西洋風の柄を取り入れた着物も増えており、お子さまの個性に合わせて選ぶことが可能です。また、お子さまが好きな動物や花があれば、それをモチーフにした着物を選ぶと、着る際の喜びもひとしおです。

ここで、ゆめやで取り扱っている3歳の女の子用の七五三着物レンタルセットから、明るくかわいらしい色合いがお子さまの無邪気さを引き立ててくれること間違いなしの、「サーモンピンクに扇・菊・牡丹の3歳祝着」をご紹介します。

こちらは、牡丹、七宝、雲取りなど、たくさんの絵柄が織り出されたサーモンピンクの正絹地に、扇と菊や牡丹の花が手描きされた、3歳用の祝い着です。肩上げ、腰上げをして、かわいらしく着ていただけます。お宮参りの掛けきものとしてもお召しいただけます。

サイズ選びのポイント: 身長と体型に合わせて

着物のサイズ選びは、見た目の美しさだけでなく、お子さまが一日中快適に過ごせるかどうかにも直結します。

3歳の女の子の場合、成長の速さによって身長や体型に大きな差が出ることがあります。そのため、レンタルする際は、直近のお子さまの身長や体重を正確に測定し、提供されるサイズ表と照らし合わせて選ぶことが重要です。

また、着物は大人と違い、子ども用のものは「調整可能な仕立て」が多く見られます。これにより、多少のサイズ違いでも調節して着用することが可能になります。しかし、大きすぎると着崩れの原因になり、小さすぎると動きにくくなるため、できるだけお子さまに合ったサイズを選ぶことが望ましいです。

着物選びでは、色や柄だけでなく、サイズ選びも非常に重要です。お子さまが着物を着ることで、七五三の日がより特別なものになるよう、慎重に選んでください。

そして、この大切な日のために、事前の準備としてしっかりとサイズを確認し、お子さまにとって最適な着物を選ぶことが、すてきな思い出作りにつながるでしょう。

レンタルプランの選び方

七五三で3歳の女の子に着せる着物をレンタルする際、どのプランを選ぶかは大切なポイントです。レンタルプランにはさまざまなオプションがあり、ご家庭のニーズや予算に合わせて最適なものを選ぶことができます。

ここでは、フルセットレンタルの内容と、追加できる小物やアクセサリーについて詳しくご紹介します。これから七五三を迎えるお子さまがいるご家族にとって、役立つ情報を提供します。

フルセットレンタルの内容とは

フルセットレンタルとは、七五三に必要な着物や被布、帯、草履(ぞうり)などの基本的なアイテムが一式揃ったレンタルプランです。このプランを選ぶことで、別途小物を探す手間が省け、準備がぐっと楽になります。

具体的には、以下のようなアイテムが含まれます。

  • 着物: 3歳の女の子に適したサイズとデザインのもの
  • 被布(ひふ): 着物の上に羽織る、七五三の伝統的な衣装
  • 兵児(へこ)帯: 着物を美しく引き立てる彩り豊かな帯。お腹をしめつけないよう柔らかな素材を使用
  • 帯揚げ: 帯の上を飾る、色とりどりの布
  • 草履: 足元を飾る、着物に合わせた草履
  • 足袋: 着物に合わせる白い足袋

これらのセット内容は、あくまで一般的なもので、レンタルショップによってはさらに小物が追加されている場合などもあります。

ここでご紹介したアイテムは、七五三の日にお子さまが着用するために必要なものばかりです。

このようなアイテムが一式で揃ったフルセットレンタルを選ぶことで、準備の手間を大幅に削減し、当日を迎えることができるでしょう。

追加できる小物とアクセサリー

お店によってはフルセットレンタルに含まれる場合もありますが、すでにご紹介したアイテムに加えて、さらにお子さまの着姿を引き立てるための小物やアクセサリーを追加することも可能です。

これらのアイテムを加えることで、より一層個性的で華やかな装いを実現することができます。追加できるアイテムには以下のようなものがあります。

  • 帯締め: 帯を美しく固定するためのアクセサリー
  • 扇子: 着物姿を一層エレガントに見せる小物
  • 和装バッグまたは巾着: 着物に合わせたデザインの小さなバッグ、小物入れ
  • 髪飾り: 髪を華やかに彩る小物
  • お守り袋: 神社でもらうお守りを入れる袋
  • 重ね衿: 着物の首元に加える、色彩豊かな布

これらの小物やアクセサリーを選ぶ際は、着物の色や柄、お祝いのシーンに合わせて、全体のバランスを考えることが大切です。

また、レンタルショップによっては、事前の相談や試着を通じて、最適なアイテムを提案してくれる場合もあります。お子さまの七五三をより特別なものにするために、ぜひ検討してみてください。

着付けと準備

七五三という特別な日に、3歳の女の子が着る着物は、ただ美しいだけでなく、その日の記憶を色鮮やかに残す大切な役割を果たします。

しかし、多くの親御さんにとって、特に着物に慣れていない方にとっては、着付けと当日の準備は少し難しく感じるかもしれません。

そこで、ここでは、自宅での簡単な着付け方法と、当日スムーズに進めるための準備チェックリストをご紹介します。これらのステップをフォローすることで、お子さまを美しく、そして快適に着飾ることができます。

自宅での簡単着付け方法

着物を着る過程は、一見複雑に思えるかもしれませんが、基本的な流れを理解すれば、自宅でも比較的簡単に着付けることができます。

まず、着物を着る準備として、お子さまに肌着と裾除けを着せ、足袋を履かせましょう。さらに、長襦袢を着用します。

着物を肩からかけ、左衿が上になるように調整します。帯を締める前に、着物の衿元がきれいに整うようにし、背中心に衿がくるように注意してください。

着物の裾を整えた後、帯を締めます。3歳の女の子の場合、帯結びはシンプルなもので十分ですが、華やかさを出したい場合は、飾り紐や帯締めを加えると良いでしょう。

最後に、被布を着せれば、基本的な着付けは完了です。着物の着付けには、小物を使ってさらに華やかさを加えることもできます。例えば、髪飾りや草履などを選ぶ際は、着物の色や柄に合わせて、全体のバランスを考えましょう。

当日の準備チェックリスト

七五三当日を迎えるにあたり、スムーズに準備を進めるためのチェックリストを作成しました。このリストに沿って準備を進めることで、当日の朝に慌てることなく、安心してお出かけいただけます。

  • 着物と被布セット: 前日にもう一度、シワがないか確認しましょう。
  • 肌着と裾除け: お子さまが快適に過ごせるよう、清潔なものを準備してください。
  • 足袋: 足のサイズに合ったものを選び、快適に歩けるか事前に確認しておきましょう。
  • 髪飾り: 着物の色や柄に合わせた髪飾りを選んで、和装に合うヘアスタイルを考えておきましょう。
  • 草履: 草履も着物に合わせて選び、事前に履かせて歩きやすさを確認してください。
  • 小物類: 扇子や巾着など、必要な小物があれば準備しておきましょう。
  • カメラやビデオカメラ: 大切な瞬間を残すために、充電やメモリーカードの空きを確認しておきましょう。

このチェックリストを参考に、七五三の当日を迎える準備を整えてください。準備が整ったら、あとはお子さまと一緒にその特別な日を楽しむだけです。美しい着物を着て、家族での記念撮影や神社でのお参りを存分にお楽しみください。

おしゃれな着物スタイルガイド

七五三といえば、お子さまの成長を祝う大切な行事です。特に3歳の女の子にとって、その日に着る着物は、人生で忘れられない思い出の一部となります。

ここでは、お子さまが主役の七五三で、どのようにしておしゃれな着物スタイルを選べばよいのか、モダンから古典までのスタイル別コーディネートと、足袋や草履を選ぶ際のコツをご紹介します。

モダンから古典まで、スタイル別コーディネート

七五三で3歳の女の子に選ぶ着物には、モダンなデザインから古典的な柄まで、さまざまなスタイルがあります。

最近では、伝統的な柄に現代的な色使いを取り入れた「レトロモダン」スタイルが人気です。また、アンティーク着物を選ぶことで、一味違ったおしゃれを楽しむこともできます。

  • モダンスタイル: 明るい色合いやシンプルなデザインが特徴。現代的な感覚に合わせた着物は、お子さまをより一層かわいらしく見せてくれます。
  • 古典スタイル: 桜や菊、鶴といった伝統的な柄が特徴。歴史ある日本の美を感じさせる着物は、格式高い雰囲気を演出します。
  • レトロモダン: 古典的な柄に現代的な色使いを融合させたスタイル。古典とモダンの良さを併せ持ち、個性的なコーディネートが楽しめます。

スタイルを選ぶ際には、お子さまの個性や好み、さらには参拝する神社の雰囲気にも合わせて選ぶことが大切です。

また、着物だけでなく、帯や被布、小物の組み合わせもスタイルを左右する重要な要素です。全体のバランスを考えながら、お子さまにとって最も輝けるスタイルを選びましょう。

ここで、ゆめやで取り扱っている七五三用の着物レンタルセットから、大胆な色づかいでお子さまの個性を際立たせてくれること間違いなしの、アンティーク着物セット「桃から黄へのぼかしに絵羽模様の一つ紋付3歳祝着」をご紹介します。

こちらは、裾のピンクから肩の黄色にかけてぼかしがほどこされ、梅・菊・牡丹・桜の花などが手描き・手刺繍された3歳祝い着です。手描き・手刺繍に加え、金泥もほどこされた豪華な祝い着です。ところどころ葉に配色されたブルーが効果的で、甘すぎず、しっかりとしたお家柄がしのばれるデザインです。お宮参りの掛けきものとしてもお召しいただけます。

足袋や草履を選ぶコツ

着物スタイルを完成させるには、足元のコーディネートも欠かせません。足袋や草履は、見た目の美しさだけでなく、お子さまが一日中快適に過ごせるかどうかにも影響します。

  • 足袋の選び方: 足袋は着物の色や柄に合わせて選ぶのが基本ですが、3歳のお子さまの場合は、履きやすさや歩きやすさも重要です。伸縮性のある素材や、滑りにくい底面のものを選ぶと良いでしょう。
  • 草履の選び方: 草履は、着物や帯との色合わせが重要です。また、3歳のお子さまには、足のサイズに合ったものを選び、脱げにくく、歩きやすいデザインのものがおすすめです。草履の鼻緒が柔らかい素材でできていると、足への負担が少なくなります。

足袋や草履を選ぶ際には、デザインだけでなく、機能性にも注目してください。

お子さまが一日中快適に過ごせるように、見た目の美しさと履き心地の良さを兼ね備えたアイテムを選ぶことが大切です。

また、レンタルする場合は、サイズの選択肢が豊富な店舗を選ぶと良いでしょう。

七五三写真撮影のコツ

七五三は、お子さまの成長を祝う大切な節目です。特に3歳の七五三は、人生で初めての大きなイベントの一つとなります。

この特別な日には、美しい着物を着て、記念写真を残すことが多くの家族にとって重要な儀式となっています。写真は、その瞬間、その時の美しさを未来に伝えるためのもの。

だからこそ、七五三の写真撮影には特別なコツがあります。以下では、美しい記念写真を残すためのポーズと、背景や小物を使った撮影アイデアについてご紹介します。

美しい記念写真を残すためのポーズ

七五三の写真撮影で最も大切なのは、お子さまが自然体でいることです。緊張していると、その表情が写真にも反映されてしまいます。

まずは、リラックスしてもらうことが重要です。お子さまが楽しんでいる様子を捉えるために、以下のポーズがおすすめです。

  • 自然な笑顔を引き出す: お気に入りのおもちゃを持たせる、好きな歌を歌う、面白い話をするなどして、自然な笑顔を引き出しましょう。
  • 和装に合わせた優雅なポーズ: 着物や被布セットが映えるように、手を膝の上に置く、少し顔を傾けるなど、優雅なポーズを取らせてみてください。
  • 花と一緒に: 七五三の着物には花の柄が多く用いられます。その柄と同じ種類の花を持たせると、統一感のある美しい写真になります。

背景と小物を使った撮影アイデア

背景と小物は、写真に深みと物語性を加える重要な要素です。七五三の写真撮影では、以下のアイデアを取り入れてみてください。

  • 自然光を活用する: 屋外での撮影を選ぶ場合は、自然光を上手く利用しましょう。朝早くや夕方は、柔らかい光が得られ、肌の色を自然に美しく見せてくれます。
  • 和風の背景を選ぶ: 神社の境内や日本庭園など、和風の美しさを背景にすることで、着物の魅力を一層引き立てることができます。
  • 小物を使った演出: 扇子や和傘を小道具として使用すると、写真に動きと色彩が加わり、より華やかな印象になります。また、季節の花を背景や小物として取り入れることで、その時期ならではの美しさを写真に残すことができます。

七五三の写真撮影は、お子さまの成長を祝う大切な瞬間を捉える機会です。上記のポーズや撮影アイデアを参考に、お子さまの自然な美しさ、着物の魅力を最大限に引き出した写真を残してください。

まとめ

この記事を通じて、七五三で3歳の女の子にぴったりの着物レンタルについて、基礎から応用まで幅広くご紹介してきました。

レンタル着物を選ぶことで、手軽に、かつ経済的に、多種多様な着物からお子さまにぴったりの一着を選ぶことができます。

レンタルショップでは、古典的なデザインからモダンなデザインまで、さまざまなスタイルの着物を取り揃えています。これにより、お子さまの個性や好みに合わせた着物を選ぶことができるのです。

着物を選ぶ際には、色や柄だけでなく、サイズや着付けの簡単さも重要なポイントです。3歳のお子さまには、動きやすさも考慮して選ぶ必要があります。

また、レンタルする際には、セット内容を確認し、必要な小物が全て含まれているかもチェックしましょう。予約は早めに行うことで、希望の着物を確実にレンタルできます。

七五三の日は、お子さまにとっても家族にとっても忘れられない一日になります。美しい着物を身にまとい、家族揃ってのお参りは、写真に残すだけでなく、心にも深く刻まれる思い出となるでしょう。

この記事が、七五三の着物選びに役立つ情報を提供できたなら幸いです。お子さまの成長を祝う七五三の準備を、楽しみながら行ってください。

〈参考記事〉
https://www.hareginomarusho.co.jp/contents/753/1356/
https://kashikimono.com/content/753_3sai_size
https://snow-in.cc/post/blog/2464/
https://kimono-rentalier.jp/column/shichigosan/shichigosan-kitsuke-3sai/
https://photobook.ikuji-park.com/how-to-take-pohoto-753.html

著者情報

ゆめや通信編集部

執筆者

この記事はゆめや通信編集部が執筆しています。編集部では、企画・執筆・編集・入稿の全工程を担当・チェックしています。
田村芳子プロフィール画像

監修者 田村芳子

「アンティークきものレンタルゆめや」店主 着物コーディネート・着付け・和裁歴50年余。1985年に「アンティークきものレンタルゆめや」を創業。多くの人にアンティーク着物を着て頂くため、日々接客やコーディネート、着物の手入れを行っています。

最新記事

七五三イメージ

【2024年最新版】七五三!3歳の草履&バッグセットの選び方

はじめに 3歳の七五三を控えた親御さんにとって、お子さまの装いは、七五三という特別な日を彩るための大切なポイントです。着物やもちろん、草履とバッグといった和装小物も、その日の装いを華やかに演出する必需品と言えます。そこで […]

ひとつ前の記事

振袖イメージ

【2024年最新】顔合わせの振袖選び!レンタルでかなえる東京での着物体験

はじめに 顔合わせは、結婚式を控えた二人にとって大切なイベントです。 婚約が決まったカップルが、それぞれの両家にあいさつをし、顔を合わせる場となります。そのような人生の節目となる場に臨むからこそ、美しい振袖姿で両家に良い […]
試着予約フォームへ|絹100%のアンティーク着物を特別な日に、無料試着、簡単4項目の入力で完結!